Loading
English

IBEC 建築省エネ機構(一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構)

CASBEE-住戸ユニット

CASBEE-住戸ユニット(新築)は、集合住宅の1つの住戸を対象とした環境性能評価ツールです。集合住宅は、住戸の存する階数や位置等によって採光、通風、断熱性能や、設備仕様等が異なる場合があります。CASBEE-住戸ユニット(新築)は、住戸によって異なるこれらの環境性能を住戸単位で評価することができます。なお、集合住宅全体の環境性能については、「CASBEE-建築(新築)」を用い評価することができます。
評価ツールのダウンロードはこちら(日本サステナブル建築協会)

CASBEEの使用に関する注意

CASBEEによる評価結果については、当財団で実施しているCASBEE評価認証制度による認証結果を除き、当方では一切の責任を負いかねます。認証以外の自己評価の結果を第三者に示す場合には、「この評価結果は○○による自己評価による結果です」などのような注意書きを付記して頂きますよう、お願いいたします。また、パンフレットやウェブサイト、広告物等にCASBEEの名称を使用する場合には、当財団に登録商標の使用許諾申請を行う必要があります。詳しくはこちらをご覧下さい。


CASBEE-住戸ユニット(新築)の評価対象

CASBEE-住戸ユニット(新築)の評価対象は、住戸の専有部とバルコニー等の専用使用部を主な評価対象としています。その他、躯体や共用廊下、エントランスなど住戸の性能に関連する部分については評価対象に含めています。
また、本ツールは新築時だけでなく、住戸の改修時にも使用することが可能です。中古住宅は販売時に改修を行ってから流通させることが多く、その際に、改修による環境性能の向上を本ツールによって客観的に表示できるため、販売時において住戸の付加価値を示すツールとして、効果的にご活用頂けます。

CASBEE-住戸ユニットの評価を、公的な場面で結果を示す場合や、業務として評価を実施する場合などは、CASBEE戸建評価員またはCASBEE建築評価員の資格が必要となります。ただし、自社の物件を自己評価で行う場合や、社内での検討用、研究用などの場合には上記の限りではありません。

CASBEE戸建評価員、CASBEE建築評価員のための情報

住戸ユニット(新築)は、「CASBEE-戸建(新築)」と「CASBEE-建築(新築)」の評価内容をベースにして作成されており、制度上「CASBEE建築評価員」「CASBEE戸建評価員」が評価を行うことができます。それぞれの評価員資格をお持ちの方であれば、少し勉強していただければ「住戸ユニット(新築)」の評価基準に則って個々の住戸の評価が可能になります。

下記に、評価員の皆様に自己学習して頂くための資料をご提供しております。資料は、「1)住戸ユニット(新築)のご紹介」、「2)-1 建築評価員向け資料」、「2)-2 戸建評価員向け資料」、「3)知識確認演習問題」の4つがあります。

1) 住戸ユニット(新築)のご紹介
CASBEE-住戸ユニット(新築)の特徴や、CASBEE-建築(新築)、戸建(新築)との違い等について、スライド17枚で概要を説明した資料です。まず、全体の概要を理解する目的で、本資料に目を通してください。


2) 評価員向け資料
CASBEE建築評価員、戸建評価員の方に対して、従来のツールの相違点などを具体的に説明した資料です。「建築評価員」向けの資料と、「戸建評価員」向けの資料の2種類をご提供しています。各資料は、CASBEE-住戸ユニット(新築)のマニュアルに、CASBEE-建築(新築)またはCASBEE-戸建(新築)と異なる箇所に朱書き、またはハイライト表示をしたものとなっております。下記リンクより、建築評価員向け資料、または戸建評価員向け資料のどちらかをご覧ください。


3) 知識確認演習問題
上記1)、2)で学習した内容を復習・確認するための演習問題を用意しました。自己学習の一環として挑戦してみましょう。解答は上記1)、2)の資料や、CASBEE-住戸ユニット(新築)のマニュアルを参照しながらで構いません。標準的な解答時間は45分、8割以上の正解を目指しましょう。問題用紙の最終ページに正解と解説が付いています。

 

 

戻るボタン