CASBEE-建築(新築)

CASBEE-建築(新築)は、建築物の新築時における設計内容に基づいて評価するツールです。戸建住宅を除く建築物一般に適用することが可能です。竣工前の評価及び竣工後の評価(竣工時の設計図書に基づく。竣工後3年まで適用することが可能)に使用することができます。詳細な適用条件については評価マニュアルをご確認ください。

CASBEE-建築(新築)2016年版に関する情報

NEW(2019.11.20)
改正建築物省エネ法に対応した、CASBEE-建築(新築)2016年版の評価ソフトの入力方法の解説を公開しました。(集合住宅共用部の一次エネルギー消費量の入力)

→CASBEにおける改正建築物省エネ法の共同住宅の省エネ性能評価方法の簡素化に関する対応


(2019.7.12)
CASBEE-建築(新築)2016年版の評価ソフトを修正致しました。

ver2.1→3.0(2019.7.12修正)

→評価マニュアルと評価ソフトはこちらよりダウンロードできます。

(2019.2.1)
CASBEE-建築(新築)2016年版に関する下記Q&Aを追加しました。

No. マニュアル名 項目 質問 回答
1 2016年版
新築
Q3.3.2:敷地内温熱環境、LR3.2.2:温熱環境悪化の改善 CASBEE-HIのマニュアルが2017年に改正され、「4.建築外装材料」に関するQHI-4、LRHI-4の外壁面等の材料への配慮において、その対策面積に再帰性反射材料を適用した面積を加えることができるようになりました。CASBEE-建築における同様の評価項目においても、再帰性反射材料を対策面積として加えることはできますか。 CASBEE-建築のシリーズは現在、2016年が最新版となっています。そのため、CASBEE-HIでの最新の検討状況が反映されていませんが、次期マニュアル改訂までの期間においても、同様の考え方を適用して構いません。具体的には、CASBEE-建築の該当の評価項目(Q3-3.2敷地内温熱環境[評価する取組みⅣの2)]、LR3-2.2温熱環境悪化の改善[評価する取組み4)の②)])において、外壁面対策面積率の計算に再帰性反射材料を施した面積を追加して構いません。なお、再帰性反射材料の定義はCASBEE-HIのマニュアルに準じます。
<外壁対策面積率>=(<外壁緑被面積>+<保水性対策を施した面積>+<再帰性反射材料を採用した面積>)/<全外皮面積>×100(%)

(2016.12.9)
CASBEE-建築(新築)2016年版の評価ソフトを修正致しました。

ver2.0→2.1(2016.12.9修正)

(2016.11.16)
CASBEE-建築(新築)2016年版の評価ソフトを修正致しました。

ver1.0→2.0(2016.11.16修正)

(2016.7.27)
CASBEE-建築(新築)2016年版を公表致しました。2016年版では、建築物省エネ法に対応するなどの改訂が行われています。2014年版からの改訂内容については下記リンクをご覧下さい。
なお、平成25年省エネルギー基準により省エネ計算が行われている建物については、2016年版ではなく2014年版を使用する必要がありますのでご注意ください。

→CASBEE-建築(新築)2014年版からの変更点一覧

CASBEE-建築(新築)2014年版に関する情報

2014年版についても引き続きご利用頂けます。2014年版に関する改訂情報は以下の通りです。
→評価マニュアルと評価ソフトはこちらよりダウンロードできます。

ver3.0→3.01(2015.11.13修正)

ver2.0→3.0(2015.9.14修正)

ver1.22→2.0(2015.2.13修正)

(2015.9.8)
CASBEE-建築(新築)2014年版マニュアルの改訂版を公表致しました。改訂内容についてはサポートのページに掲載されている正誤表でご覧頂けます。

(2015.4.30)
お問い合せが多い、2014年版の評価ソフトの使用方法を詳しく説明した、「CASBEE-建築(新築)2014年版 評価ソフトの使用方法」を公開しました。評価マニュアルと評価ソフトのダウンロードページにログインして、PDFファイルをダウンロードしてください。

(2014.10.8)
CASBEE-建築(新築)2014年版マニュアルについて、10月8日付で発行した正誤表の内容を反映しました。

自治体への届出について

現在、一部の自治体では、届出制度としてCASBEE-建築(新築)またはCASBEE新築(簡易版)の評価結果を提出することを求めておりますが、その際に使用する評価ソフト及びマニュアルの種類は、各自治体によって異なりますのでご注意ください。
当サイトでは現在、2016年版、2014年版、2010年版、2008年版の4種類を公開しておりますので、それぞれの自治体に確認の上、適切なツールをご使用下さい。
また自治体によっては、独自のツールを用意している場合があります。その場合には、当該自治体のホームページよりツールをダウンロードして下さい。(自治体版CASBEEのページもご覧下さい

CASBEEの使用に関する注意

CASBEEによる評価結果については、当財団で実施しているCASBEE評価認証制度による認証結果を除き、当方では一切の責任を負いかねます。認証以外の自己評価の結果を第三者に示す場合には、「この評価結果は○○による自己評価による結果です」などのような注意書きを付記して頂きますよう、お願いいたします。また、パンフレットやウェブサイト、広告物等にCASBEEの名称を使用する場合には、当財団に登録商標の使用許諾申請を行う必要があります。詳しくはこちらをご覧下さい。


CASBEE-建築(新築)のダウンロード

CASBEE-建築(新築)2016年版、2014年版の評価マニュアルと評価ソフトをダウンロード頂けます。その他、参考情報として2010年版と2008年版のCASBEE-新築(簡易版)ダウンロードできます。
また、マニュアルについては当財団にて印刷物の販売を行っております(内容はダウンロードによるものと同じです)。

(2016/3/14)
ダウンロードの方法とパスワードが変わりました。以前ユーザー登録を頂いた方も再度パスワード発行をお願い致します。

ダウンロードする場合には、下のボタンを押してください。ダウンロード用のパスワードをお持ちでない場合には、ボタンを押して表示される画面からメールアドレスの登録を行って下さい。

パスワードの発行とダウンロード

 

パスワードが送付されてこない場合、お手数ですが下記メールアドレスまでご連絡ください。
CASBEE全般にに関する連絡窓口: casbee-info@ibec.or.jp

 

[プライバシーポリシー] (個人情報の利用目的等に関する表示)
当財団が上記ユーザー登録によって取得する個人情報の利用目的は以下の通りです。

ユーザー登録いただいた情報は、CASBEEツールの開発等に関連した上記の目的に限り利用させていただきます。
これ以外の場合においてご本人の許可なく第三者へ情報公開することはありません。なお、個人情報保護法第24条第1項に定める事項については、当財団ホームページ(http://ibec.or.jp)をご覧頂くか、当財団までお問い合わせ下さい(TEL:03-3222-6681)。