ホーム | CASBEEの概要 | 建築(新築) | 戸建 | Q&A | サポート | 評価員登録制度 | 建築物認証制度 | 図書販売  

 

このページではCASBEEの評価ソフトの不具合情報やアップデータの提供等を行っております。
ここに載っていない情報や、その他の問題等については、インフォメーション(casbee-info@ibec.or.jp)までご連絡下さい。

■Contents

1.2014年版マニュアル 正誤表のダウンロード (2015.9.8更新)
CASBEE-建築(新築)2014年版マニュアルの正誤表の提供を行っています。こちらよりダウンロード頂けます。
なお、ダウンロード版は2015/9/8付で修正を行い、正誤表の内容を反映しております。

2.2014年版の評価ソフトについて
2014年版については、評価ソフトのCDROMはありません。CASBEE-建築(新築)のページ等から最新版のソフトがダウンロードできますのでそちらをご利用ください。
→CASBEE-建築(新築)のページへ

3.2014年版の改訂内容について (2014.8.7掲載)
CASBEE-建築(新築)2014年版の改訂内容について、CASBEE新築(2010年版)からの変更概要をこちらに掲載致しました。

 

<以下の項目は2010年版に関する内容です>

.2010年版マニュアル 正誤表のダウンロード (2012.10.25更新)
2010年版マニュアルの正誤表です。こちらよりダウンロード頂けます。

5.2010年版CASBEE評価ソフト アップデータの提供 (2012.4.13更新)
2010年版のCASBEE-新築、既存、改修のソフトウエアのアップデータを提供しています。
→ダウンロードはこちらから。

 

<以下の項目は2008年版に関する内容です>

6.2008年版 正誤表のダウンロード(2009.5.22更新)
2008年版マニュアル(初版)の正誤表です。こちらよりダウンロード頂けます。

7.2008年版CASBEE評価ソフト アップデータの提供(2011.4.14更新)
2008年版のCASBEE-新築、-既存、-改修のソフトウエアのアップデータを提供しています。
ダウンロードはこちらから。


1.2014年版マニュアル 正誤表のダウンロード

NEW(2015.9.8更新)
下記マニュアルについて正誤表の提供を行っています。下記リンクを右クリックして「ファイルに保存」を選択して下さい。現在公開しているダウンロード版については、正誤表の内容が反映されています。

CASBEE-建築(新築)(2014年版) 正誤表

CASBEE-建築(既存)(2014年版) 正誤表

CASBEE-建築(改修)(2014年版) 正誤表


4.2010年版マニュアル 正誤表のダウンロード

(2012.10.25更新)
下記の各マニュアルについて正誤表の情報の更新を行いました。下記リンクを右クリックして「ファイルに保存」を選択して下さい。

CASBEE-新築(2010年版)【初版】 正誤表
※表紙に「改訂」とないマニュアル(H22.7.29発行)が対象です。

CASBEE-新築(2010年版)【改訂版】 正誤表
※表紙に「改訂」と記載されているマニュアル(H23.1.21発行)が対象です。

CASBEE-既存(2010年版)【初版】 正誤表
※表紙に「改訂」とないマニュアル(H22.9.30発行)が対象です。

CASBEE-既存(2010年版)【改訂版】 正誤表
※表紙に「改訂」と記載されているマニュアル(H23.3.30発行)が対象です。

CASBEE-改修(2010年版)【初版】 正誤表
※表紙に「改訂」とないマニュアル(H22.9.30発行)が対象です。

CASBEE-改修(2010年版)【改訂版】 正誤表
※表紙に「改訂」と記載されているマニュアル(H23.3.30発行)が対象です。

CASBEE-新築(簡易版)(2010年版) 正誤表
※現在ダウンロードできるマニュアルには、この内容が反映されています。

CASBEE-既存(簡易版)(2010年版) 正誤表
※現在ダウンロードできるマニュアルには、この内容が反映されています。

CASBEE-改修(簡易版)(2010年版) 正誤表
※現在ダウンロードできるマニュアルには、この内容が反映されています。


5.2010年版CASBEE評価ソフト アップデータの提供

CASBEEの評価ソフトの最新版は以下の通りです。

CASBEE新築(2010年版) ver1.7 (2012.4.13改訂)
CASBEE既存(2010年版) ver1.6 (2012.4.13改訂)
CASBEE改修(2010年版) ver1.5 (2012.4.13改訂)
CASBEE新築(簡易版)(2010年版) ver1.8 (2013.4.5改訂)
CASBEE既存(簡易版)(2010年版) ver1.6 (2012.4.13改訂)
CASBEE改修(簡易版)(2010年版) ver1.4 (2012.4.13改訂)

アップデータは下記よりダウンロードできます。
お持ちのCDROMにより4種類のアップデータがあります。CDROMのレーベル面にソフト名とバージョン番号が記載されていますので、良くご覧になりお間違えのないようダウンロードして下さい。
なお、簡易版については、最新版のソフトを各簡易版のページからダウンロードできます(アップデータはありません)。

(2012.4.13)
CASBEEの各評価ソフトにバグがありました。これを修正するアップデータを公開しました。

CASBEE新築(2010年版)アップデータ(v1.0 -> v1.7)

CASBEE-新築(2010年版)アップデータ(v1.3 -> v1.7)
※改訂版のマニュアルに付属のCDROM(ver1.3)をお持ちの方はこちら

CASBEE-既存(2010年版)アップデータ(v1.0 -> v1.6)

CASBEE-既存(2010年版)アップデータ(v1.4 -> v1.6)
※改訂版のマニュアルに付属のCDROM(ver1.4)をお持ちの方はこちら

CASBEE-改修(2010年版)アップデータ(v1.0 -> v1.5)

CASBEE-改修(2010年版)アップデータ(v1.4 -> v1.5)
※改訂版のマニュアルに付属のCDROM(ver1.4)をお持ちの方はこちら

 

<アップデータの使用方法>

  1. CASBEE-新築、-既存、-改修の評価ソフトのCD-ROMをコンピュータに入れ、その中のExcelデータをデスクトップ等の任意のフォルダにコピーします。(注:コピーしたファイルは開いたり入力しないで下さい)
  2. 上記よりダウンロードしたアップデータファイルを起動します。
  3. 「差分ファイルを適用するフォルダを入力して下さい」と表示されますので、1.でコピーしたファイルがあるフォルダを選択( デスクトップにコピーした場合はデスクトップを選ぶ)を選択し、OKして下さい。
  4. しばらくして「終了しました」と表示が変われば正常にアップデートが終了しています。「閉じる」を押してダイアログを終了させて下さい。
  5. 1.でコピーしたファイルは既に修正されています。ファイル名は自動的に変更されませんが、ファイルを開き、「メイン」シート上部のバージョン番号が新しくなっていることを確認して下さい。

※ファイル名は自動で修正されませんので、必要な方は CASBEE-NC_2010v1.6.xls などのように手動で変更して下さい。(変更しなくても使用上の問題はありません)

<修正履歴>

(1) CASBEE-新築
(v1.6 -> v1.7)
・集合住宅の給湯設備について、対象外を選択した場合に発生するバグを修正
・LR2「2.1材料使用料の削減」について、「その他これに準ずるもの」に該当する対策が複数がある場合に、点数を加算できるように修正
(v1.5 -> v1.6)
・「LR2 2.1材料使用量の削減」について、「主要構造躯体におけるその他の対策」で2ポイントが選択できない点を修正
・「LR1 2.1自然エネルギーの直接利用」について、学校と住宅の入力欄において対象外を選ぶとLCCO2の計算がエラーになる点を修正
(v1.4 -> v1.5)
・集合住宅において、共用部が無い建物の場合に評価結果がエラーになる点を修正
・Q2「2.4.3電気設備」について、2000u未満の学・物・飲・住の評価が正しく反映されない点を修正
(v1.3 -> v1.4)
・計画書シートについて、学校の空気調和設備のΔCECの計算式を修正
・スコアシートのLR1「3.設備システムの高効率化」の表示項目を修正
(v1.2 -> v1.3)
・計画書シートについて、PAL低減率(ΔPAL)の計算式を修正
・計画書シートについて、工場においてPAL値の入力を求められてしまう点を修正
・その他計画書シートについて、計算式を一部修正
・結果シートについて、Qの値が50未満でもSランク表示(赤5つ★)される点を修正
・LR1「2.自然エネルギー利用」の採点項目が、新築版と同じ構成となっていた点を修正
・Q3「3.2敷地内温熱環境の向上」のIII-1)の評価基準と、V-1),2)の内容をマニュアルの訂正に合わせて修正
(v1.0 -> v1.2)
・集合住宅において、LR1「3.設備システムの高効率化」の評価結果が正しく表示されない点を修正
・一部の評価項目で、マニュアルの内容と記載が異なる点を修正
・一部の評価項目で、プルダウンの選択メニューを修正
・一部のセルに書き込みロックが掛っていた点を解除
・計画書シートに、PAL規模補正係数の入力欄を追加

(2) CASBEE-既存
(v1.5 -> v1.6)
・集合住宅の給湯設備について、対象外を選択した場合に発生するバグを修正
・LR2「2.1材料使用料の削減」について、「その他これに準ずるもの」に該当する対策が複数がある場合に、点数を加算できるように修正
(v1.4 -> v1.5)
・「LR2 2.1材料使用量の削減」について、「主要構造躯体におけるその他の対策」で2ポイントが選択できない点を修正
・「Q1 1.2.3界床遮音性能(軽量)」と「Q1.1.2.3界床遮音性能(重量)」について、病院用途において共用部分のみ評価するようになっていた点を修正
・「LR1 2.1自然エネルギーの直接利用」について、学校と住宅の入力欄において対象外を選ぶとLCCO2の計算がエラーになる点を修正
(v1.3 -> v1.4)
・集合住宅において、共用部が無い建物の場合に評価結果がエラーになる点を修正
・Q2「2.4.3電気設備」について、2000u未満の学・物・飲・住の評価が正しく反映されない点を修正
(v1.2 -> v1.3)
・スコアシートのLR1「3.設備システムの高効率化」の表示項目を修正
・計画書シートについて、PAL低減率(ΔPAL)の計算式を修正
・計画書シートについて、工場においてPAL値の入力を求められてしまう点を修正
・その他計画書シートについて、計算式を一部修正
・結果シートについて、Qの値が50未満でもSランク表示(赤5つ★)される点を修正
・Q3「3.2敷地内温熱環境の向上」のIII-1)の評価基準と、V-1),2)の内容をマニュアルの訂正に合わせて修正
(v1.0 -> v1.2)
・集合住宅において、LR1「3.設備システムの高効率化」の評価結果が正しく表示されない点を修正
・一部の評価項目で、マニュアルの内容と記載が異なる点を修正
・一部の評価項目で、プルダウンの選択メニューを修正
・一部のセルに書き込みロックが掛っていた点を解除
・計画書シートに、PAL規模補正係数の入力欄を追加

(3) CASBEE-改修
(v1.4 -> v1.5)
・集合住宅の給湯設備について、対象外を選択した場合に発生するバグを修正
・Q1「3.3照度」について、改修後の点数がスコアに反映されない点を修正
(v1.3 -> v1.4)
・集合住宅において、共用部が無い建物の場合に評価結果がエラーになる点を修正
(v1.2 -> v1.3)
・スコアシートにおいて、住宅系用途で住居・宿泊部分の点数が入力できない点を修正
・スコアシートのLR1「3.設備システムの高効率化」の表示項目を修正
・計画書シートについて、PAL低減率(ΔPAL)の計算式を修正
・計画書シートについて、工場においてPAL値の入力を求められてしまう点を修正
・その他計画書シートについて、計算式を一部修正
・結果シートについて、Qの値が50未満でもSランク表示(赤5つ★)される点を修正
(v1.0 -> v1.2)
・集合住宅において、LR1「3.設備システムの高効率化」の評価結果が正しく表示されない点を修正
・一部のセルに書き込みロックが掛っていた点を解除
・計画書シートに、PAL規模補正係数の入力欄を追加


6.2008年版正誤表のダウンロード

(2009.5.22)
2008年版の新築、既存、改修、新築(簡易版)の各マニュアル(初版)の正誤表をダウンロードできます。
マニュアル表紙に「改訂」の記載が無い場合には初版本になります。初版本お持ちの方は以下よりダウンロードして下さい。
なお、「改訂」版についての正誤表はありません。

下記リンクを右クリックしてファイルに保存を選択して下さい。

CASBEE-新築(2008年版) 正誤表

CASBEE-既存(2008年版) 正誤表

CASBEE-改修(2008年版) 正誤表

CASBEE-新築(簡易版)(2008年版) 正誤表


7.2008年版CASBEE評価ソフト アップデータの提供

(2011.4.14)
CASBEE新築、既存、改修のソフトについて、結果シートの星印が、Qの値が50未満の場合でも5つ星表示(ランクS)となってしまう点を修正するアップデータを公開しました。新築と既存はバージョン3.5、改修はバージョン3.6に更新されます。

(2010.6.22)
CASBEE-改修のバージョン3.4について、集合住宅、ホテル、病院を含む用途の場合に、Q1とQ2のスコアが正しく表示されないバグがありました。これを修正するバージョン3.5を公開しました。

(2010.4.14)
CASBEE-改修のバージョン3.3について、集合住宅、ホテル、病院を含む用途の場合に、住居・宿泊部分の評価結果が正しく表示されないというバグがありました。これを修正するバージョン3.4を公開しました。

(2009.12.15)
CASBEE-新築、既存について、バージョン3.4へ修正するアップデータを公開しました。

(2009.9.29)
CASBEE-改修のバージョン3.2において、集合住宅の場合にLCCO2の値がエラーになるというバグがありました。これを修正したバージョン3.3を公開しました。

(2009.8.3)
CASBEE-新築のバージョン3.2において、病院、ホテルの場合に、「計画書」シートに入力できないというバグがありました。これを修正したバージョン3.3のアップデータを公開しました。

(2009.7.6)
2008年版のCASBEE-新築、既存、改修の3種類のソフトウエアについて、バージョン3.2へのアップデータを公開致しました。対象となるソフトをご使用の方は、必ずアップデータを適用して頂きますようお願い致します。

なお、(簡易版)については、最新版のソフトを簡易版のページからダウンロードできます(アップデータはありません)。

アップデータは下記よりダウンロードできます。
お持ちのCDROMにより6種類のアップデータがあります。CDROMのレーベル面にソフト名とバージョン番号が記載されていますので、良くご覧になりお間違えのないようダウンロードして下さい。

CASBEE-新築(2008年版) バージョン1.0用アップデータ (v1.0 -> v3.5)

CASBEE-新築(2008年版) バージョン3.0用アップデータ (v3.0 -> v3.5)

CASBEE-既存(2008年版) バージョン1.0用アップデータ (v1.0 -> v3.5)

CASBEE-既存(2008年版) バージョン3.0用アップデータ (v3.0 -> v3.5)

CASBEE-改修(2008年版) バージョン1.0用アップデータ (v1.0 -> v3.6)

CASBEE-改修(2008年版) バージョン3.0用アップデータ (v3.0 -> v3.6)


<アップデータの使用方法>

  1. CASBEE-新築、-既存、-改修の評価ソフトのCD-ROMをコンピュータに入れ、その中のExcelデータをデスクトップ等の任意のフォルダにコピーします。(注:コピーしたファイルは開いたり入力しないで下さい)
  2. 上記よりダウンロードしたアップデータファイルを起動します。
  3. 「差分ファイルを適用するフォルダを入力して下さい」と表示されますので、1.でコピーしたファイルがあるフォルダを選択( デスクトップにコピーした場合はデスクトップを選ぶ)を選択し、OKして下さい。
  4. しばらくして「終了しました」と表示が変われば正常にアップデートが終了しています。「閉じる」を押してダイアログを終了させて下さい。
  5. 1.でコピーしたファイルは既に修正されています。ファイル名は自動的に変更されませんが、ファイルを開き、「メイン」シート上部のバージョン番号がv3.1になっていることを確認して下さい。

※ファイル名は自動で修正されませんので、必要な方は CASBEE-NC_2008v3.4.xls などのように手動で変更して下さい。(変更しなくても使用上の問題はありません)

<修正履歴>

(1) CASBEE-新築
(v3.4 -> v3.5)
・Qの値が50未満の場合でも5つ星表示(ランクS)となってしまう点を修正。
(v3.3 -> v3.4)
・Q2「1.3維持管理」を全て対象外にする場合に対応。
・Q3の取組み表で、その他を選択した際に取り組み内容を記入できない点を修正。
(v3.2 -> v3.3)
・病院とホテルについて、計画書シートへの入力ができない点を修正。
(v3.1 -> v3.2)
・計画書シートにおいてERR以外の方法により数値を入力した場合にLCCO2の値にエラーが発生する点を修正。
(v3.0 -> v3.1)
・計画書シートの集合住宅の給湯設備の計算方法を修正。
・1.3維持管理の各項目に、対象外を選択できるセルを追加。
・CO2データシートの一部セルの参照先を変更。
・計画書シートの参照先のセルの一部を変更。
(v2.0 -> v3.0)
・省エネ法改正に伴う、寒冷地のPAL基準値を選択できるように修正。
・太陽光発電によるCO2排出削減量の計算方法を修正。
・計画書シートの参照先のセルの一部を変更。
(v1.0 -> v2.0)
・工場と集合住宅の評価において、LR1とLCCO2の結果表示がおかしくなる点を修正。
・LCCO2の計算式を修正。(正誤表に記載部分、及び住居宿泊部分を含む場合にCO2排出量が正しく表示されない点を修正)
・ マニュアルの評価基準の表記内容と異なる部分を修正。
・Q1を全て対象外とした際に、レーダーチャートの表示がおかしくなってしまう点を修正。

(2) CASBEE-既存
(v3.4 -> v3.5)
・Qの値が50未満の場合でも5つ星表示(ランクS)となってしまう点を修正。
(v3.2 -> v3.4)
・Q1「2.1.6個別制御」のスコアシートにおける集計の不具合を修正。
・Q3の取組み表で、その他を選択した際に取り組み内容を記入できない点を修正。
(v3.1 -> v3.2)
・計画書シートにおいてERR以外の方法により数値を入力した場合にLCCO2の値にエラーが発生する点を修正。
(v3.0 -> v3.1)
・計画書シートの集合住宅の給湯設備の計算方法を修正。
・1.3維持管理の各項目に、対象外を選択できるセルを追加。
・CO2データシートの一部セルの参照先を変更。
・計画書シートの参照先のセルの一部を変更。
(v2.0 -> v3.0)
・省エネ法改正に伴う、寒冷地のPAL基準値を選択できるように修正。
・太陽光発電によるCO2排出削減量の計算方法を修正。
・計画書シートの参照先のセルの一部を変更。
(v1.0 -> v2.0)
・工場と集合住宅の評価において、LR1とLCCO2の結果表示がおかしくなる点を修正。
・LCCO2の計算式を修正。(正誤表に記載部分、及び住居宿泊部分を含む場合にCO2排出量が正しく表示されない点を修正)
・ マニュアルの評価基準の表記内容と異なる部分を修正。
・Q1を全て対象外とした際に、レーダーチャートの表示がおかしくなってしまう点を修正。

(3) CASBEE-改修
(v3.5 -> v3.6)
・Qの値が50未満の場合でも5つ星表示(ランクS)となってしまう点を修正。
(v3.4 -> v3.5)
・集合住宅、ホテル、病院の場合に、Q1とQ2のスコアが正しく表示されない点を修正。
(v3.3 -> v3.4)
・集合住宅、ホテル、病院の住居・宿泊部分の評価結果が正しく表示されない点を修正。
(v3.2 -> v3.3)
・集合住宅の評価において、LCCO2の値がエラーとなる点を修正。
(v3.1 -> v3.2)
・計画書(前、後)シートにおいてERR以外の方法により数値を入力した場合にLCCO2の値にエラーが発生する点を修正。
(v3.0 -> v3.1)
・計画書前、後シートの集合住宅の給湯設備の計算方法を修正。
・CO2データシートの一部セルの参照先を変更。
・計画書前、後シートの参照先のセルの一部を変更。
(v2.0 -> v3.0)
・CO2計算前、後シートの参照先セルの修正。
・既存の重み(改修前、改修後)シートにおける集合住宅の自然エネルギーの重み係数の式を修正。
・改修前の重み、改修後の重みシートの集合住宅と実施設計段階の重み係数の一部の式を修正。
・省エネ法改正に伴う、寒冷地のPAL基準値を選択できるように修正。
・太陽光発電によるCO2排出削減量の計算方法を修正。
・計画書シートの参照先のセルの一部を変更。
(v1.0 -> v2.0)
・ホテルと集合住宅の評価において、LR2のスコアが間違って表示される点を修正。
・LCCO2の計算式を修正。(正誤表に記載部分、及び住居宿泊部分を含む場合にCO2排出量が正しく表示されない点を修正)
・ マニュアルの評価基準の表記内容と異なる部分を修正。
・Q1を全て対象外とした際に、レーダーチャートの表示がおかしくなってしまう点を修正

 

トップへ戻る

 

Home [ホームへ]


Copyright (C) 一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構 (IBEC), All Rights Reserved.