省エネ計画

BEST誘導基準対応ツール


建築物省エネ法に基づく申請用ツール

平成28年4月1日から施行されている建築物省エネ法の性能向上計画認定申請(誘導基準)において、審査体制の整備が図られた際にはBEST誘導基準対応ツールが建築物の一次エネルギー消費性能を総合的に算出できる方法として利用可能なように、平成28年7月より各都道府県で開催された「建築物省エネ法の概要説明会」等において周知されました。

平成30年11月、BEST誘導基準対応ツール(試行版)を公開いたしました。
BESTユーザーにご登録いただくと、誘導基準で申請予定の方々や審査機関の方々のご準備のためにご利用頂くことができます。

本ツール(Ver.3.0.0以降)は、「BEST設計ツール」とデータ互換性があります。

BEST設計ツールのご紹介はこちら


以下より誘導基準対応ツールの操作編、理論編マニュアルを参照できます。

BEST誘導基準対応ツール解説書_操作編(2018年12月版/178頁/約9MB)

BEST誘導基準対応ツール解説書_理論編(2018年11月版/352頁/約10MB)



生のお問い合わせと回答


初めての方へ(BESTはじめてガイド)