イベントのお知らせ

第2回 《BEST省エネツール》の特徴と使い方

《BEST省エネツール》 は、特別な調査または研究の結果に基づき、建築主等の判断の基準と同等以上の性能を有する計算として認められているため、平成28年度中(平成29年3月31日まで)の省エネ法の届出およびエコまち法の低炭素建築物認定申請において使用可能です。
また、平成28年4月1日から施行されている建築物省エネ法の性能向上計画認定申請(誘導基準)において、審査体制の整備が図られた際には 《BEST省エネツール》 が建築物の一次エネルギー消費性能を総合的に算出出来る方法として利用可能になるよう現在準備を進めているところです。(建築主等が認定基準への適合性を確認するために必要な外皮性能の算出機能についても開発進行中です。)
※ 基準省令第8条第1項第1号に規定する国土交通大臣がエネルギー消費性能を適切に評価できる方法と認める方法
《BEST省エネツール》 は、BEST専門版よりも簡便なデータ入力で様々なエネルギー消費シミュレーションが可能です。申請用計算とは別に、設定内容に自由度を持たせた設計用計算の機能を持っていますので、申請業務だけでなく基本計画のためのシミュレーションツールとしても利用することができます。
当講習では、《BEST省エネツール》 の位置づけや特徴、H25年省エネ基準対応ツールからの変更点、例題に沿った具体的な使い方を解説します。

対象ユーザーの方々は、ぜひお誘い合わせのうえ奮ってご参加ください。
     第2回講習会の[対象]は、《BEST省エネツール》の利用が可能な次のユーザーの方々です。
           ● BEST省エネツールユーザー登録者
           ● BESTフルユーザー登録者
           ● BESTアカデミックユーザー登録者
                → ユーザー登録に関するご案内はこちらでご覧になることができます。

     

■プログラム(予定)■  (プログラムは、予告なく変更となる可能性があります)
10:00~10:10 1)挨拶
10:10~10:30 2)BESTの全体像

BESTの概要、特徴を説明し、「省エネツール」の位置付けを明らかにします。
10:30~11:50 3)BEST省エネツールの特徴

BEST省エネツール(BEST(誘導基準認定ツール))の概要と特徴を、初めて使う人にも分かりやすく説明します。また申請作業での利用方法やツールでの入力方法と計算結果の見方などついて解説します。
11:50~12:50     昼休み(60分)
12:50~14:20 4-1)実在建物での計算事例 Aビル(セントラル空調)

実在建物(事務所ビル、14階建、延床20,000m2)を対象とした建築及びセントラル空調システムの簡易な入力方法のデモと演習を行います。
14:20~14:30     休憩(10分)
14:30~16:00 4-2)実在建物での計算事例 Bビル(パッケージ空調)

実在建物(学校、B1-4階建、延床9,000m2)を対象とした建築及びパッケージ空調システムの簡易な入力方法のデモと演習を行います。
16:00~16:30 5)質疑、アンケートなど

BEST省エネツール(BEST(誘導基準認定ツール))の概要と特徴を、初めて使う人にも分かりやすく説明します。

▼ 講習会テキスト▼ ※当日は以下《3点》をダウンロードして印刷の上ご持参下さい。

対 象

《BEST専門版》の利用が可能な次の方々が対象です。
     ・BEST省エネツールユーザー登録者
     ・BESTフルユーザー登録者
     ・BESTアカデミックユーザー登録者

日 程

平成28年8月19日(金)10:00~16:30

会 場 一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構1階 大会議室

(東京都千代田区麹町3-5-1 全共連ビル麹町館)

会場案内図 会場案内図はこちら
参加費

無料

定 員

24名

受付状況

※ 受付を終了いたしました。

備 考

(1) 当日は、講習会で使用するBESTをインストール済みのPCをご持参いただく予定です。
   詳細は、受講票送信時に併せてご案内いたします。
(2) 8月10日(水)より順次、受講票をメールでお送りしますので、講習当日はメールを
   印刷の上、会場へご持参下さい。
(3) 8月17日(水)17時までに受講票のメールが届かない場合は、お手数ですが
   BEST事務局(03-3222-6693)までお電話にてお問い合わせください。

初めての方へ(BESTはじめてガイド)