イベントのお知らせ

平成30年度 BESTシンポジウム

BESTを活用した最新研究と設計実務

今回のシンポジウムでは、『BESTを活用した最新研究と設計実務』をテーマに、研究機関、設計現場という二つの大きなシーンにおける活用事例をご紹介し、また、近年話題のSDGsにとの関わりから、2030年に向け日本の環境建築にBESTがどのように貢献できるかを念頭に、その活用方法について考えて参ります。
ぜひ、お誘い合わせの上ふるってご参加下さい。


主催:一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構
共催:一般社団法人 日本サステナブル建築協会


プログラム

※予告なく変更となる場合があります。

 開会の挨拶

(一財)建築環境・省エネルギー機構 理事長 村上周三
国土交通省

 Ⅰ.講演(予定)

(1)BEST誘導基準対応ツールの背景と今後
(株)日建設計総合研究所 代表取締役所長 野原文男 氏
(2)BESTを活用した最新研究

1)スマートウエルネス住宅の評価に向けたBESTの活用
芝浦工業大学 建築学部建築学科 教授 秋元孝之 氏

2)BESTと光環境シミュレーションの連携利用  ~BESTとRadianceの連携利用によるオフィス昼光利用の効果解析~
宇都宮大学大学院工学研究科 松山大介 氏

3)国内外の気象データを活用したシミュレーション手法
首都大学 名誉教授 石野久彌 氏
(3)BESTを活用した設計実務

1)CASBEE-ウエルネスオフィスにおけるBESTの活用
(株)日本設計 環境・設備設計群グループ長 佐々木真人 氏

2)建物の計画段階から運用段階に亘る継続的な活用
(株)日建設計 エンジニアリング部門 設備グループ設備設計部長 長谷川巌 氏

3)LCCM住宅先導プロジェクトにおけるBESTの活用
エコワークス(株) 代表取締役社長 小山貴史 氏

 Ⅱ.パネルディスカッション

「BESTのこれまでとこれから」 ~SDGsとパリ協定達成に向けたBESTの役割と展望~
モデレータ:長谷川巌 氏
パネリスト:石野久彌 氏
小山貴史 氏
国土技術政策総合研究所 宅研究部建築環境研究室 主任研究官 宮田征門 氏
(株)日本設計 常務執行役員 柳井崇 氏

 Ⅲ.ご案内

               

 閉会のご挨拶

東京都市大学 名誉教授 坊垣和明 氏



日 程

平成31年2月8日(金) 13:30~16:40(受付開始 13:00~)

会 場 【すまい・るホール】

東京都文京区後楽1丁目4-10 (住宅金融支援機構 本店1階)

会場案内図 会場案内図はこちら
参加費

2,000円/人(税込)

申込方法

下記の受付フォームより仮申込みを行って下さい。
その後、システムからの自動返信メールにより、参加費のお支払い等の詳細をご案内いたします。

初めての方へ(BESTはじめてガイド)