イベントのお知らせ

2020年2月21日 BEST設計ツール 講習会≪受付終了≫

《BEST設計ツール》 は、グラフィックやビジュアル表示を多用したユーザーインターフェイスにより、BEST専門版よりも簡便なデータ入力で様々なエネルギー消費シミュレーションが可能なプログラムです。
《BEST設計ツール》 は、最大負荷計算や年間負荷計算から、さまざまな種類の設備システムを使ったZEBの検討まで行うことが出来ます。設計用計算として自由度の高い機能と汎用性を持っており、概略検討を行う基本設計段階から、設計図書を基に入力する実施設計段階、さらには運用段階でも活用が出来る、設計実務者向けのシミュレーションツールです。
当講習では、《BEST設計ツール》 の概要や特徴について解説し、午後は実在の事務所ビルを題材にした例題を使ってプログラムの操作方法の実習と計算結果の活用方法の解説を行います。

対象ユーザーの方々は、ぜひお誘い合わせのうえ奮ってご参加ください。
     本講習会の[対象]は、《BEST設計ツール》の利用が可能な次のユーザーの方々です。
           ● 省エネ基準対応ツールユーザー登録者
           ● BESTフルユーザー登録者
           ● BESTアカデミックユーザー登録者
                → ユーザー登録に関するご案内はこちらでご覧になることができます。

     

■プログラム(予定)■  (プログラムは、予告なく変更となる可能性があります)
10:00~10:10 1)はじめに
10:10~10:30 2)BESTの全体像

BESTの概要、特徴を説明し、「BEST設計ツール」の位置付けを明らかにします。
10:30~11:50 3)省エネ建築を推進するBEST設計ツールの解説

BEST(設計ツール)の概要と特徴を、初めて使う人にも分かりやすく説明します。 またツールでの入力方法と計算結果の見方などについて解説します。
              昼休み(60分)
12:50~14:50 4)実習① プログラム操作の解説

プログラム操作を実際に行いながら、セントラル空調を主に採用した事務所ビルの入力と計算を行います。空調設備の入力だけでなく、照明、換気、給湯、昇降機、太陽光発電についても解説・実習を行います。
              休憩(10分)
15:00~16:00 5)実習② 計算結果の活用

実習①で作成した事務所ビルを題材にして、高度な省エネ技術や運用改善など各種省エネルギー手法を導入した場合の入力方法や計算条件などについて解説・実習を行います。
16:00~16:30 6)質疑、アンケートなど

▼ 講習会テキスト▼ ※当日は以下をダウンロードして印刷の上ご持参下さい。

対 象

ユーザーのうち、《BEST設計ツール》の利用が可能な方
・省エネ基準対応ツールユーザー登録者
・フルユーザー登録者
・BESTアカデミックユーザー登録者

日 程

2020年2月21日(金)10:00~16:30

会 場 一般財団法人建築環境・省エネルギー機構 1階大会議室

東京都千代田区麹町3-5-1 全共連ビル麹町館

参加費

無料

定 員

20名(最少催行人数5名)

申込方法

対象ユーザーに対して、開催3週間前を目途に、「募集要項」と「申込書」をメールで送信します。

初めての方へ(BESTはじめてガイド)