表示ページ内の検索は、
[Ctrl+F]コマンドを
ご利用下さい。
質問者ID:FAQ−026
1.0.1
2017/12/11
No.0051
去る12月1日にBEST-H講習に参加させてもらいました。その会場で気象データの取り込みについて質問し、返答も受けたのですが、読みこむことができません。おそらく気象データのファイル形式があると思われますが、その形式名(HASPやSMASH)や場合により、気象データがあるパソコン上のホルダー名を教えてください。

状況は以下の通りです。
1.気象データEPWフォーマット無料版(鹿児島)ダウンロード済み
2.マニュアルおよび去る12/1研修時の説明の通り操作も取り込み不可
回答者ID:10、15
2017/12/12
No.0051
BEST-Hでは、現在のところはEPWフォーマットの取り込みは行えません。
ご利用頂ける気象データにつきましては、下記URLの「BESTご購入・ユーザー登録のご案内(2017年9月)」p3〜4(B その他関連事項 その他関連事項)をご覧ください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/pdf/user/information_v7.pdf

質問者ID:FAQ−050
1.0.1
2017/12/1
No.0050
浴室空気を全熱交換器に戻すときに湿度の計算をしているでしょうか?
LPG、灯油を使った住宅の場合の一次エネルギーが計算できるでしょうか?
回答者ID:10、15
2017/12/11
No.0050
浴室の湯はりやシャワー等に拠る発湿の設定は行えませんが、全熱交換器の還気側の湿度は考慮して計算しています。

LPGや灯油を使った機器は用意しておりません。ガス機器にて代替してご計算ください。

質問者ID:FAQ−049
1.0.1
2017/12/1
No.0049
断熱・気密・換気等に拠る建物性能を高めた住宅づくりへの提案になるような仕様変更がどこまでできるのでしょうか?
(床下エアコン設置、サーマスラブ(基礎内への熱源設置)、基礎断熱、全館冷暖房)
回答者ID:10、15
2017/12/11
No.0049
部材構成の変更や、隙間風(換気回数)、排気ファン及び換気ルートの設定により、様々な建物性能の検討が可能です。
・床下エアコンは、専用の機能は御座いませんが、床下空間へエアコンを設置し、排気ファンを利用して床下空間と室との間に空気の流れを設定する等で代替して計算することは可能です。
・サーマスラブ、全館冷暖房の計算には対応していません。
・基礎断熱は、床下空間を作成することで設定・計算が可能です。

質問者ID:FAQ−048
1.0.1
2017/12/1
No.0048
・吹き抜けにある開口部(トップライト)等の考慮はどこまで可能でしょうか?
・不整形なプランの場合は、どこまで対応可能でしょうか?
回答者ID:10、15
2017/12/8
No.0048
・屋根面に開口部(トップライト窓)を設定することで、壁面に設定する開口部と同様に計算が可能です。
但し、本来は床に当たる透過日射も「吹抜上部」の空間内に当たる計算となり、吹き抜け空間の上下温度分布(浮力等の影響)は計算しておりません。(尚、「吹抜上部」と「室」間は、相互換気(自動設定)により、ある程度均一な温度になります。)

・直方型のプランのみに対応していますが、部分的に方位や面積を変更することが可能です。但し、平面図には反映されません。
方法は、左側のメニュー画面の[部位]⇒[一括編集]⇒[外壁]⇒右上の「詳細入力を有効にする」にチェックを入れることで変更できます。
BEST-Hマニュアル2017年10月「2.5 部位」p23 を合わせてご覧ください。

質問者ID:FAQ−036
1.0.1
2017/11/28
No.0047
共同住宅・集合住宅等で上下左右に隣戸がある場合、それらの隣戸(室)の設定、もしくは戸境壁の設定はどのようにすればよろしいでしょうか。
回答者ID:10、15
2017/11/29
No.0047
共同住宅や集合住宅の隣戸専用の入力機能などは用意しておりませんので、隣戸の状況に合わせて、室及び戸界壁を設定頂くことになります。

暖冷房が無い隣室を想定する場合は、「収納」等の内部発熱が無い室を選択し、実際の戸界壁を設定します。
また、暖冷房がある室(熱負荷が無い)を想定する場合は、戸界壁を断熱性の高い外壁として設定する等の方法が考えられます。

質問者ID:FAQ−041
-
2017/11/27
No.0046
BEST-H では、拡張アメダスの実在年データを使用して計算することはできるのでしょうか?
2010年版の標準年EA気象データしかできないのでしょうか?
回答者ID:10、15
2017/11/29
No.0046
現在リリースしているバージョンは、2010年版の標準年拡張アメダス気象データのみに対応しております。そのため、実在年データはご利用頂けません。

質問者ID:FAQ−034
-
2017/11/27
No.0045
12月1日のセミナーに日程の関係で参加できないので、2月16日のセミナーには参加させていただきたいと思っています。
来年の話になりますが、開催詳細が決まりましたら、お手数ですが、メールなどでご連絡いただきたいので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
回答者ID:20
2017/11/27
No.0045
来年2018年2月にBEST-H講習会につきましては、非ユーザーの方の参加について検討中の段階ですので、募集方針が確定いたしましたら、お知らせ頂きましたメールアドレス宛にご連絡を差し上げます。

また、BEST関連のイベント情報は、以下のURLに随時掲載いたします。
http://www.ibec.or.jp/best/event/index.html

質問者ID:FAQ−044
-
2017/11/22
No.0044
BEST-Hの講習会(東京-12月)が都合が付かず断念しますが、その後の開催予定等あれば案内頂きたいと思いましたのでメールさせていただきました。H30夏ごろに実務での使用が予想されるためです。
回答者ID:10、15、20
2017/11/27
No.0044
来年2018年2月にBEST-H講習会を予定しておりますが、非ユーザーの方の参加については検討中の段階です。
募集方針が確定いたしましたら、お知らせ頂きましたメールアドレス宛に改めてご案内を差し上げます。

イベント情報は、以下のURLに掲載しております。
http://www.ibec.or.jp/best/event/index.html

質問者ID:FAQ−043
1.0.1
2017/11/22
No.0043
日本建築学会から出している拡張アメダス気象データ(1981-2000)が取り込めません。DVDをセットしてツールから気象データ取込を選ぶと、「気象データが見つかりません」と表示されます。
指定できるのがドライブ名までのため、取り込めるDVDとフォルダ構成が異なる可能性があるのではと考えましたが、取り込めるようであれば、その方法を教えていただけないでしょうか?
回答者ID:10、15
2017/11/22
No.0043
現在リリースしているバージョンは、2010年版の標準年拡張アメダス気象データのみに対応しております。そのため、2000年版のDVDはご利用頂けません。

質問者ID:FAQ−042
-
2017/11/14
No.0042
BESTを利用させていただいております。BEST-Hを利用し、研究しております。
現在パソコン1台でBEST-Hを回して、計算しているのですが、複数台での利用は可能でしょうか。
計算量が多いため、複数台での使用をさせて頂けると幸いでございます。
回答者ID:10、15
2017/11/16
No.0042
原則、アカデミックバージョンは、1つの申請に対してPC1台のご利用になります。研究内容が複数となる場合は、別々に申請頂くことが可能ですが、その場合は、報告書も複数となりますので、ご了承ください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/pdf/user/academic_faq.pdf

質問者ID:FAQ−041
-
2017/11/13
No.0041
拡張アメダス設計用気象データ は、BEST ツールに内蔵されており自由に利用可能であるということは、設計用気象データを新たにダウンロードしなくても大丈夫ということでしょうか?
回答者ID:10、15
2017/11/16
No.0041
BEST-Hには、設計用気象データで計算する機能が御座いません。
標準年EA気象データ(2010年版)に含まれる12地点(旭川、札幌、盛岡、仙台、前橋、東京、静岡、名古屋、富山、大阪、鹿児島、那覇)のデータにつきましては、デフォルトでご利用頂けます。
また、標準年EA気象データ(2010年版)のDVD(別途購入)を読み込むことも可能です。
設計用気象データにて最大負荷計算を行う場合は、専門版をご利用ください。その場合、新たに気象データをダウンロードする必要はありません。

質問者ID:FAQ−040
-
2017/11/13
No.0040
BEST-Hについてですが、集合住宅で室内の快適性を検討したいのですが、使用可能でしょうか。
それともBEST専門版を活用した方が宜しいのでしょうか。ご教授頂きたくよろしくお願いいたします。
回答者ID:10、15
2017/11/16
No.0040
BEST-Hは、戸建て住宅向けのツールですので、複数戸の入力には向いていませんが、集合住宅のうち代表1戸の入力で、セントラルの設備システムが無い場合は、こちらを活用することが可能です。

BEST-Hでは、比較的簡易な入力で室内の快適性を確認することができます。より詳細な入力・検討を行う場合は専門版もご活用頂けます。

質問者ID:FAQ−039
-
2017/11/6
No.0039
BEST平成25年省エネ基準ツールを用いて、複合施設の集合住宅を計算したいと思います。また、近日、BEST-Hが公開されましたが、戸建住宅用のツールとなっているようです。

どのツールを利用すべきか、御指南いただけないでしょうか?
回答者ID:10、15
2017/11/13
No.0039
現在のところ集合住宅向けのツールは御座いませんが、目的に合わせて何れかのツールをご利用頂ければと思います。
「 BEST平成25年省エネ基準ツール」は、非住宅向けのツールですが、室用途やガラス性能は住宅向けに編集が可能ですので、非住宅と同様の設備システムを用いる場合は利用可能です。
詳しい内容は、以下の解説書(2015年5月版)をご覧ください。
http://www.ibec.or.jp/best/eco/pdf/BEST_kaiseitool_sousa_201505_2.pdf

「BEST-H」は、戸建て住宅向けのツールですので、複数戸の入力には向いていませんが、集合住宅のうち代表1戸の入力で、セントラルの設備システムが無い場合は、こちらも利用可能です。
詳しい内容は、以下の紹介をご覧ください。
http://www.ibec.or.jp//best/program/pdf/best-h/BEST-H_summary.pdf

質問者ID:FAQ−037
1.0.1
2017/11/2
No.0038
BEST-H住宅版のユーザー登録を予定していて、さらに、「第7回 (仮題)BEST-H(住宅版)の概要説明と実習(2)
日程:平成29年12月1日(金)」
に参加を予定しています。

そこで、下記の3つの質問があります。
上記イベントは、BEST-H住宅版ユーザーは対象外のようですが、そうなのでしょうか?(BEST-H住宅版の実習なのに)
また、1つのユーザー登録で、2人の参加は可能でしょうか?
実習(2)は、8/25の実習(1)の続きですか?同じ内容ですか?
よろしくお願いします。
回答者ID:10、15
2017/11/9
No.0038
BEST-Hユーザーも対象です。ユーザー登録者は無償で参加頂けます。
(尚、ホームページは修正致しました。)
1つのユーザー登録で2人の参加も可能です。
また「第7回 (仮題)BEST-H(住宅版)の概要説明と実習(2)
日程:平成29年12月1日(金)」では、8/25の実習と同じ内容を予定しています。

質問者ID:FAQ−038
1.0.1
2017/11/6
No.0037
BEST-Hにより住宅の熱負荷,電力負荷を計算しようと思っています。
電力負荷については,csvファイルに5分ごとのデータが表示されますが,熱負荷については月ごとのデータしか得られません。
熱負荷も5分ごとのデータを得たいのですが,bestBuilU内の室負荷やシステム除去熱のデータなどから算出可能なのでしょうか? 可能であれば計算方法を伺いたいです。
もしくはBEST-Hにより,表示あるいはcsvファイルへの出力が可能なのでしょうか?その場合,それらの方法を伺いたいです。
回答者ID:10、15
2017/11/9
No.0037
BEST-H(v1.0.1)では、結果の[一次エネルギ消費量]にて表示している[処理熱負荷]の計算及び表示が可能です。

この結果は、暖冷房・空調システムが、室内環境を設定条件に保つために実際に除去した熱量を示しています。

csv出力機能は用意しておりませんが、計算終了直後に、「simulation」フォルダ内に出力されている「best_result.csv」にて元データを参照することが可能です。

それぞれの機器の「○○処理潜熱○○」「○○処理顕熱」という項目がこれに該当します。

質問者ID:FAQ−036
1.0.1
2017/11/1
No.0036
お世話になっております。
BEST-H(住宅版)の気象データ取込で、2000年版のAMeDASデータを用いたいのですが、どのような方法がありますでしょうか。
データは、「拡張アメダス気象データ1981-2000」(日本建築学会)付属のDVDです。
お手数、ご面倒おかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。
回答者ID:10、15
2017/11/2
No.0036
現在リリースしているバージョンは、2010年版の標準年拡張アメダス気象データのみに対応しております。そのため、2000年版のDVDはご利用頂けません。

質問者ID:FAQ−035
-
2017/10/24
No.0035
アカデミックライセンスでBEST-H住宅版を利用したいと考えている者です。
住宅の平均熱貫流率は計算できるのでしょうか。
回答者ID:10、15
2017/10/26
No.0035
BEST-Hにて、住宅の平均熱貫流率を計算する機能はありません。
入力条件より別途、算出して頂く方法となります。

質問者ID:FAQ−034
試行版
2017/10/23
No.0034
お問い合わせ内容 =
◆「BESTーH (住宅版)の概要」を拝見して、伺いたいことがありましたので、教えてください。
p.10
モデル住宅でなく、実際のお施主様の住宅について計算できますか?
p.14
各室の室温だけでなく、床や壁の温度も出ますか?
p.18
建物名称一つについて、複数のケースを登録できますか?
(断熱などの変えながら、どれが最適か、確認するためなど)
p.25
床下エアコンの場合があるので、設備を設定するとき、その位置(高さなど)も登録できますか?
p.31
太陽光パネルの傾斜角は、10度単位ですか?(2寸5分勾配だと14度くらいですが、14と入力できますか?)

◆住宅版でないかもしれないのですが、御社のHPのどこかで、断熱改修のいろいろなパターンについてのグラフか何かを見たような記憶があるので、伺いたいのですが、断熱改修時に想定しうるいろいろな改修パターンそれぞれについて、改修後の一次エネルギーの比較や、室温・壁温・床温度なども比較できるのでしょうか?(どこをどのように改修したら、この程度になる、ということを、具体的に示せるのでしょうか?)

◆9月に、試用版をダウンロードできるメールをいただいたのですが、その後、ダウンロードしないまま時間が経ってしまいました。この場合、試用することは、もうできないでしょうか?
回答者ID:10、15
2017/10/26
No.0034

p.10 モデル住宅でなく、実際の住宅についても計算が可能です。
p.14 床の表面温度は計算されますが、壁面やその他の表面温度は計算されません。
p.18 同じ建物名称で、複数のケース名の物件を登録できます。
p.25 設備は、床下空間や屋根裏空間(室として設定)を含め、全ての室に設定することが可能です。但し、BESTは、室温などを1点(代表値)として計算するため、同じ室であれば設置位置や高さによる計算結果の違いが生じません。そのため、同じ室内で高さを設定する必要はありません。
p.31 太陽光パネルの傾斜角は、1°単位の設定が可能です。


様々な断熱パターンの結果を、一次エネルギー、室温、床表面温度などで比較することが可能です。尚、壁面温度は表示されません。


試用版の期限は2017年9月までですので、こちらをご利用頂くことはできません。10月以降は、正式にユーザー登録をすることで安価な値段でご利用頂くことが可能です。

質問者ID:FAQ−033
-
2017/10/19
No.0033
BEST-H試行版をダウンロードしていたものです。
BEST-H試行版では、一通りの住宅データを入力し、1次エネルギー計算を行いました。
今回、BEST-H詳細版をダウンロードしましたが、BEST-H試行版との具体的な差異はどのような点でしょうか。
回答者ID:10
2017/10/19
No.0033
10月よりリリースしたBEST-Hは、詳細版ではなく標準版としてリリースしております。
試行版からの変更点は、気象データ、部材の熱橋部、全熱交換器等が御座います。
詳しくは、同封されているリリースノートをご覧ください。
尚、不具合修正版v1.0.1もリリースしておりますので、そちらをご利用ください。

質問者ID:FAQ−032
-
2017/10/5
No.0032
BEST−Hをインストールしたので、BEST-H試行版をアンインストールしたいのですが、解凍したファイルを全て削除しても問題ないでしょうか?
回答者ID:10、15
2017/10/2
No.0032
ご推察の通り、解凍したBEST-H試行版のファイルを全て(フォルダごと)削除頂いて問題御座いません。

質問者ID:FAQ−019
-
2017/9/29
No.0031
BEST-Hを使っております。
このソフトは、ダウンロード&使用可能期間:2017年4月3日〜2017年9月30日と説明されていますが、10月1日以降、使用できなくなるのでしょうか?
現在、シミュレーションしている案件があり、10月1日よりプログラムが起動できなくなると業務に不具合が出来ます。
また、エネルギー供給主体社員様へ10月以降、提案に使用したいと思っております。
優勝版の案内などもございましたら、お知らせ願えないでしょうか。
回答者ID:10、15
2017/10/2
No.0031
試行版は、10月1日以降、使用できません。
有償版のユーザー登録について、以下のURLに記載が御座います。
http://www.ibec.or.jp/best/program/user.html

「登録手続きと申請書様式」の1〜3をお読みいただき、お手続きをお願い致します。BEST-Hのみをご利用頂く場合は、「BEST-Hユーザー」となります。

質問者ID:FAQ−030
-
2017/9/25
No.0030
BEST-Hプログラムにおいて、間取りのモジュールを中国・四国間(950mmモジュール)にすることは可能でしょうか?
できない場合はメーターモジュールを選択した方がよろしいのでしょうか。どうぞよろしくお願いします。
回答者ID:10、15
2017/9/27
No.0030
尺モジュール若しくはメーターモジュールの選択式としておりますので、中国・四国間(950mmモジュール)にすることはできません。

どちらか近い方を選択頂けますと幸いです。(尺モジュール(910mmモジュール)の方が数値は近いです。)

質問者ID:FAQ−026
0.1.5
2017/9/19
No.0029
Sub, 試行版→住宅版 新規材料登録とその体験・170919_【BEST-Hお問い合わせ回答】
お世話になっております。早速ですが件名(Sub,)の件、以下の通り質問をさせて頂きます。

1.新規の材料登録
2.その体験方法(購入前です)
P.s.12/1(金)BESTーH第2回、説明会の前に体験できますと助かります。
回答者ID:10、15
2017/9/20
No.0029
正式な住宅版は、10月2日にリリース予定ですが、新規の材料登録につきましては未対応です。

今後、対応する予定ですが、リリースは半年に1回程度を予定しておりますので、来年の4月以降になる見込みです。

尚、購入前の体験方法につきましては、現在公開されている試行版か、BEST-Hの講習会にご参加頂く方法のみとなりますので、予めご了承ください。

質問者ID:FAQ−026
0.1.5
2017/9/13
No.0028
Sub, 【ご質問】BEST−H 試行版 新規の材料登録
お世話になっております。試行版の使用期限が今月一杯にせまり操作しております。
早速ですが件名(Sub,)の件、マニュアルやホームページを拝見しましたが、記載が見当たりません。
試行版に、この機能がないと思われますが、如何でしたでしょうか?
もし、機能ありましたら、その操作方法をご指示の程お願い致します。
回答者ID:10、15
2017/9/19
No.0028
現在のところ、「BEST-H(試行版)簡易マニュアル(2017年4月)」のp33(2.13 壁の編集)にある通り、部材構成の変更や登録は可能ですが、新しい材料を登録する機能はございません。

質問者ID:FAQ−026
0.1.5
2017/9/6
No.0027
★2017/9/5お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
タイトル:BEST−H起動Windows管理者権限が必要です・170912_【BEST-Hお問い合わせ・・・
尚、頂きましたご回答の確認は、以下の通りです。
【回答】
BEST-H_ver.○○○.zip というファイルは、ダウンロード頂いておりますでしょうか。※○○○は、バージョン名で、最新版は0.1.5です。
→BESTヘルプのバージョン情報も、ダウンロードしたホルダー名はも最新0.15Ver,です。
BEST-Hは、このzipファイルを、Lhaplus等の解凍ツールで解凍頂き、解凍したフォルダ内にあるbest-h.exeをダブルクリック頂ければ起動します。
解凍する場所は自由ですので、一度、デスクトップ等でお試し頂けますでしょうか。
→解凍場所が自由とのことですので、Windows管理者権限のデスクトップ→C:programへ移し、Windowsユーザー立ち上げでC:program〜BESTを起動させましたが…BEST専用のエラーメッセージが表示されました。
試行版は、使用できるのが9/30まで、ですので、しばらくWindows管理者権限にて使用いたします。
P.s.弊社は、セキリティー上、ソフトのインストールはWindows管理者権限でしか行えないのです。
以上、もし何かWindowsユーザー立ち上げでも、BESTを起動できる方法が見つかりましたら、ご連絡よろしくお願いいたします。
回答者ID:10、15
2017/9/13
No.0027
BEST-Hは、ZIPファイルを解凍するだけで利用することが可能ですので、ユーザーの書き込み権限があるフォルダに解凍してご利用ください。

尚、管理者権限は不要です。

質問者ID:FAQ−026
0.1.5
2017/9/5
No.0026
Sub,BEST−H(住宅版Windowsパスワード管理者権限→ユーザーパス立ち上げ
お世話になっております。早速ですが件名(Sub,)の件、Windows7へ管理者権限パスワードにてインストールを終えました。
その後、今度は、Windows7ユーザーパスワードにて立ち上げたところ、BEST-H(住宅版)のホルダーが見つからずソフトを立ち上げることが出来ない状態です。
この場合、どの様な手順でソフトを起動させたら、よろしいでしょうか?
例えばProgramホルダー内に、BEST−Hのアプリケーションがあると良いのですが。
回答者ID:10、15
2017/9/11
No.0026
BEST-H_ver.○○○.zip というファイルは、ダウンロード頂いておりますでしょうか。※○○○は、バージョン名で、最新版は0.1.5です。

BEST-Hは、このzipファイルを、Lhaplus等の解凍ツールで解凍頂き、解凍したフォルダ内にあるbest-h.exeをダブルクリック頂ければ起動します。

解凍する場所は自由ですので、一度、デスクトップ等でお試し頂けますでしょうか。

質問者ID:FAQ−019
-
2017/9/4
No.0025
★2017/8/31お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
Q11ですが、添付のデータで給水・給湯の入力後、「計算実行」で全て「OK」表示の後、「計算を開始します」に「はい」をクリック後、「計算エラーが発生しました」と表示されます。
入力のどの部分が間違っているのでしょうか、
回答者ID:10、15、16
2017/9/11
No.0025
Q11につきましては、全ての室に、床を設定して計算頂けますでしょうか。
また、床を設定してもエラーとなる場合は、アプリを再起動頂けますでしょうか。
今後は、計算エラーとならないよう対応致します。

質問者ID:FAQ−002
-
2017/9/4
No.0024
住宅版BEST-Hに関しまして、添付ファイルの2点、および燃料電池の設定方法の1点をお尋ねしたく、ご連絡させていただきました。

■質問1
エアコン必要容量の計算を再度確認・ご教示ください。

■質問2
グリッド設定画面で階情報設定後にグリッド設定欄のみを変更・保存した場合何か問題が発生するか、ご教示ください。

■質問3
燃料電池を設定する場合、給水・給湯タブでは、バックアップ熱源機の効率を入力、燃料電池の発電能力などは、燃料電池タブで入力でよろしかったでしょうか?
回答者ID:10、15
2017/9/7
No.0024
質問1について
計算方法として、誤りはございません。
しかし、以下の点で、室別処理熱量だけで瞬時に判断することが難しいということが分かりました。
(1)入力頂いているルームエアコンの能力は、定格時の値なのですが、実際には、定格以上の能力が出ます。
(2)空調開始直後は、室温が低下しているため、最大能力で運転する事が多いです。
現状では、実際にルームエアコンの能力を変更してみて、設定温度に制御されているかどうかで、ご判断頂けますでしょうか。

質問2について
階情報として、例えば「1F」を既に作成している場合、その「1F」の[グリッド設定]や[入力エリア]を後で変更することはできません。
新規作成時のみ変更が可能です。そのため、問題は生じません。

質問3について
ご推察の通りで宜しいです。

質問者ID:FAQ−002
-
2017/8/31
No.0023
いつもお世話になっております、パナソニック内藤と申します。
住宅版BEST-Hにつきましてお尋ねしたくご連絡させていただきました。

(1)壁がないゾーン間の温湿度の移動について
換気項目で明示的に設定しない場合でも温度・湿度のやり取りは発生しますか?
発生する場合は、どの程度の換気風量に対応しますか?
発生しない場合では、本来発生するような壁のないゾーン間には、全て風量設定が必要になるという認識でよろしいでしょうか?

また階段や吹き抜けについて現時点での設定案がありましたらご教示いただけますと幸いです。

(2)エアコンの必要容量について
先日の講習会でもご案内いただいておいたかと思いますが、
年間を通して確認した、室内環境の室別処理熱量のピーク値(W/m2)に対象の室の面積をかけたものが
必要な冷暖房能力になる、ということでよろしいでしょうか?

お手数をおかけしますが、
ご教示のほど、よろしくお願い申し上げます。
回答者ID:10、15
2017/9/4
No.0023
(1)壁がないゾーン間の温湿度の移動について
換気項目で明示的に設定しない場合でも、ゾーン間に相互換気(温度・湿度のやり取り)が発生します。その際は、以下の式にて設定しています。
 換気量Q[CMH]=40×H×H×W
  H:天井高さ[m]
  W:ゾーン同士が接する境界線の長さ[m]
(想定が難しいところなので、可能であれば、換気風量を設定する方法でご対応ください。)

階段や吹き抜けの設定案ですが、吹き抜けのある室と、上部の空間とを階をまたいで別々に作成し、排気ファンを利用して、空気が混合するように設定することでご対応ください。

吹き抜けの設定案





















(2)エアコンの必要容量について
講習会にてご紹介した室内環境の室別処理熱量[W]は、空調システムが処理した室内の熱負荷を表しています。
そのため、空調システムとしてルームエアコンしか設置していない場合は、ご推察の通り、室内環境の室別処理熱量のピーク値(W/m2)に対象の室の面積をかけたものが、ルームエアコンの必要な冷暖房能力になると考えて宜しいです。

質問者ID:FAQ−019
-
2017/8/31
No.0022
Q1
部位編集で高性能グラスウール16Kも24Kも32Kも同じ熱伝導率に設定されています。何か意図があるのでしょうか?

Q2
間取りに吹抜のある場合の入力方法はどうすればよろしいでしょうか。

Q3
勾配が付いている屋根断熱はどうのように入力すれば宜しいでしょうか。 (天井断熱の項目はありませんがどのように区別を付けたらよいのでしょうか。※外気側の熱伝達抵抗値が違うと思います。)

Q4
部位編集の熱貫流率計算は、簡略計算法Aで計算されていると考えてよろしいでしょうか。(※総合熱伝達率とは、どのようなものでしょうか?)

Q5
玄関ドアはどのように入力すれば宜しいのでしょうか?

Q6
屋内建具は入力しませんが、「室内環境」の計算は、どのような条件で計算されているのでしょうか?

Q7
「窓」の入力は、外壁を小分けに入力したスパンの中央に配置されると考えて良いでしょうか?(窓の設置位置調整はできないのでしょうか?)

Q8
窓の取り付け高さの設定は行うことができますか?

Q9
Q7、Q8と関連します。窓の設置位置によって太陽光の日射熱取得に影響があり、室温等に影響があると思いますが「室内環境」のシミュレーションに日射熱の入射による影響はどのように反映されているのでしょうか?

Q10
*12か所の気象データ以外のデータは、どのように取り込めばよろしいでしょうか?また、2000年より新しいデータを取り込むことができますか?

Q11
床暖房機器を室に設置した場合に入力項目エラーが出て、「給水・給湯画面の給湯機器一覧で暖房機を登録してください」と表示されますが該当項目が分かりませんでした。入力手法をご教授ください。
回答者ID:10、15
2017/9/4
No.0022
Q1
表示上は少数2桁で表示しているため同じ数値となっておりますが、計算では、以下URLの性能値を使用しております。
http://www.ibec.or.jp/best/program/pdf/db/material_3.pdf

Q2
現在のところ、計算機能は用意しておりませんが、吹き抜けがある場合は、吹き抜けのある室と、上部の空間とを階を跨いで別々に作成し、排気ファンを利用して、空気が混合するように設定することでご対応ください。

吹き抜けの扱い




















Q3
勾配がついている屋根の設定は現在は行えませんが、今後、一括編集画面にて変更ができるようにする予定です。
天井断熱の計算を行う場合は、以下の2つの方法が考えられます。
(1)天井部材、天井裏空間、屋根部材を合成した屋根を作成し、屋根部材として設定する。
(2)新たに階を追加することで、天井裏空間を作成する。
天井裏空間の床面に天井断熱部材を設定し、天井裏空間の屋根に断熱の無い屋根を設定する。

Q4
現在のプログラムは、簡略計算法Aではなく、表示している部材構成の熱貫流率にて計算を行っております。
今後は、熱橋の面積比率を考慮した計算(簡略計算法@を参考)が出来るよう検討致します。

Q5
玄関ドアの外壁の部材として入力ください。

Q6
屋内建具(ドア等)につきましても、内壁として入力ください。
開口があり、空間がつながっている場合は、内壁を設置しないことで、室間で一定の相互換気が自動的に設定されます。

Q7
ご推察の通り、「窓」は、外壁を小分けに入力したスパンの中央に配置されます。
但し、同じ壁面での窓の微妙な設置位置は、計算に影響しません。

Q8
庇の入力画面にて設定が可能です。

Q9
庇や隣棟がある場合は、窓の取り付け高さや位置によって、日影になるため、窓から入射する日射熱が変化します。
但し、庇や隣棟が無い場合は影響しないため、入力しなくても良いです。

Q10
画面左上の[ツール]→[気象データ取込(W)]をクリックすることで、DVDより読み込むことが可能です。

気象データの読み込み操作















尚、気象データは、2000年の標準年気象データです。
今後、2010年の標準年気象データが読み込めるように変更予定です。

Q11
床暖房の給湯熱源機は、[給水・給湯画面]の[給湯機器一覧]で登録する必要があります。
BEST-H(試行版)簡易マニュアル(2017年4月)P28「2.8 給水・給湯」に記載が御座いますが、以下の何れかの給湯暖房機を入力してください。
・ガス従来型温水暖房機…(用途)温水床暖房
・ガス潜熱回収型温水暖房機…(用途)温水床暖房

質問者ID:FAQ−021
1.0.4(試行版)
2017/7/31
No.0021
「BEST-H (試行版) (バージョン:0.1.4)」をダウンロードし,使用しています。
計算結果について質問があります。
一次エネルギー消費量や室内環境などの時間別データ(10分間隔,1時間間隔など)をCSVファイルへ出力することは可能でしょうか。
回答者ID:10、15
2017/8/3
No.0021
現在のところ、一般にご利用頂ける出力機能は用意しておりません。
但し、計算終了直後にsimulationフォルダに一時的に出力されるcsvファイルで、5分毎の結果を確認することは可能です。

・bestBuilU/M/H.csv・・・・・・・・・・温熱環境のシミュレーション結果
各項目につきましては、BEST-P操作マニュアル(2016/10)P96-97をご覧ください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/pdf/manual/C_031_kenchiku_20161209.pdf
尚、各部屋のコードの付与ルールは、以下のファイルに記載されています。
「zoneMapping.csv」

・best_result.csv・・・・・・・・・・一次エネルギー等の設備側のシミュレーション結果

質問者ID:FAQ−002
試行版
2017/7/31
No.0020
★2017/7/26お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
住宅版BEST-Hにつきましてお尋ねしたくご連絡させていただきました。

7/26にさせていただきました質問につきまして、「試行版では、開閉するカーテン等のスケジュールが反映されない不具合があったため、常閉で運用される。次回リリースにて修正予定。」とのことでした。この内容について、追加でご質問させてただきたく、ご連絡させていただきました。

(1)次回リリースはいつごろになりますでしょうか?正式版でしょうか?

(2)1.開閉するカーテン等に厚手のカーテン、常時閉にレースカーテン とした場合と2.常時閉に厚手のカーテン、レースカーテン とした場合では、温熱環境のシミュレーションの結果が異なりました。

今回のスケジュールが反映されない不具合の場合は、1、2は同じ結果になるように思いますが、計算結果に違いが発生したのはどういった理由によるものでしょうか?

(3)上記1.と2.について、性能値欄の()の数値を確認すると、日射熱取得率などの数値も異なった数値になっておりました。
カーテンの開閉に合わせて時間帯別に日射熱取得率が計算・使用されていると考えておりますが、ここに表示される数値はどのように使用されているのでしょうか?
回答者ID:10、15
2017/8/3
No.0020
(1)2017/8/1にリリースされております。試行版です。

(2)カーテン等を利用した場合の性能値に一部誤りがあり、1.開閉するカーテン等に厚手のカーテン、常時閉にレースカーテン とした場合と、2.常時閉に厚手のカーテン、レースカーテン とした場合では、異なる性能値となっておりました。(本来は、同じ性能値となります。)

計算では、表示されている上記の性能値にて計算を行っておりますので、試行版v0.1.4(0518)では、1.と2.とで異なる結果となっておりました。

尚、試行版v0.1.5(0801)においても、性能値の不具合が御座います。性能値の誤りにつきましては、次回(試行版v0.1.5(0801)の次)のバージョンにて、修正致します。
以下の場合は、正しく計算が可能です。

・[常時閉]なし [開閉するカーテン等]なし
・[常時閉]なし [開閉するカーテン等]レースカーテン+厚手カーテン
・[常時閉]なし [開閉するカーテン等]和障子+外部シャッター
・[常時閉]レースカーテン [開閉するカーテン等]なし
・[常時閉]和障子 [開閉するカーテン等]なし
・[常時閉]和障子 [開閉するカーテン等]外部シャッター

(尚、開閉するカーテン等が常閉となる不具合につきましては、試行版v0.1.5(0801)にて修正致しました。ご指摘ありがとうございました。)

(3)ご推察の通り、カーテンの開閉に合わせて、時間帯別に各性能値が使用されます。

[ガラス+サッシ]に記載されている数値が、「開閉するカーテン等」が開いてい場合の性能値であり、()内の数値が、「開閉するカーテン等」が閉まっている場合の性能値です。

質問者ID:FAQ−019
試行版
2017/7/26
No.0019
BEST-H(住宅版)について
(1)建物の間取りを入力する際、グリット寸法が決まっていて、モジュール外の寸法に対応できないのでしょうか?
建物情報のモジュールは、メーターモジュールで1m、0.5m、0.25mの3タイプしかない。尺モジュールは、0.91m、0.45m、0.22mの3タイプの中からの選択で、0.955m等のモジュール設定が出来ないのでしょうか。
そのため、例えば、3.02m×3.185mの室の入力ができないのでしょうか。

(2)断熱材などの熱伝導率について
ソフトの中で用意された熱伝導率を変更することは出来ないのでしょうか。(高性能グラスウール16kの場合でλ=0.04の設定しかない)
そのため、外皮計算結果やBELSの評価と食い違ってしまいます。

(3)窓の入力で、外付けブラインドを付ける場合の選択肢がありませんが、どのような入力を行えばよろしいでしょうか。

(4)エネルギー消費量等の計算結果を印刷するには、どのようにすればよろしいでしょうか。
回答者ID:10、15
2017/7/31
No.0019
(1)モジュール外の寸法の入力は行えない仕様となっておりますので、近い寸法のものを選択してください。
外壁や床面積を合わせたい場合は、BEST-H(試行版)簡易マニュアル(2017年4月)p21[2.5 部位]に記載されている[一括編集画面]にて、「詳細入力を有効にする」にチェックを入れることで、個別の面積を編集することが可能です。

(2)断熱材などの熱伝導率を自由に設定することは出来ません。
断熱材の性能値が異なる場合は、熱抵抗が同じになるよう厚みで調整ください。

(3)外付けブラインドにつきましては、対応しておりません。
開閉等は行えませんが、庇で代用して頂けますでしょうか。

(4)計算結果の出力や印刷機能は、現在のバージョンでは用意しておりません。
画面キャプチャのコピー等でご対応ください。

質問者ID:FAQ−002
試行版
2017/7/26
No.0018
★2017/7/25お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
住宅版BEST-H試行版に関しましてお伺いしたく、連絡させていただきました。

7月25日付けでさせていただきました質問に関しまして、試行版では、ヒートポンプ給湯機につきましては不具合ありとのご回答をいただきました点について確認をさせていただけますでしょうか?

(1)不具合の内容について、一次エネルギー消費量計算以外に影響する内容でしょうか?
不具合はどの計算結果にどういった影響がありますでしょうか?

(2)特に温熱環境のシミュレーション結果を活用していきたいと考えておりますが、ヒートポンプ給湯機に限らず現時点で判明している不具合などはございますでしょうか?
回答者ID:10、15
2017/7/31
No.0018
(1)給湯のエネルギー消費量(一次エネルギー、電力)に影響します。
室内の温熱環境には影響しません。

(2)現時点で分かっている計算不具合は、以下の2点です。
・ヒートポンプ給湯機
・カーテン等の開閉スケジュール(試行版では、常時閉となります。)
その他、入力画面の描画等で修正があります。

質問者ID:FAQ−002
試行版
2017/7/26
No.0017
住宅版BEST-Hにつきましてお尋ねしたくご連絡させていただきました。

■窓の仕様について
(1)ガラス厚みが3mmしか選択できないようになっておりますが、そのほかの厚みの場合は、日射熱取得率などの情報を個別入力して対応するということになりますでしょうか?

(2)カーテン仕様の『開閉するカーテン等』について、こちらを設定した場合に開閉するスケジュールはどのようなものとなりますでしょうか?
たとえば、室用途別スケジュールの何かのスケジュールと連携するのでしょうか?

■機器配置について
(1)入力エリアにあるグリッドのどこに機器を配置したかという位置の情報は計算に用いられるのでしょうか?
たとえば、エアコンのアイコンを室の真ん中にした場合と、室の端に配置し場合とで、計算結果に違いが生じるのでしょうか?

(1)(2)について、位置が関係ない場合は、たとえば、2台設置する機器をまとめて一台として入力することは可能でしょうか?
特に、照明器具は、そのように入力できますでしょうか?
回答者ID:10、15
2017/7/27
No.0017
■窓の仕様について
(1)選択したいガラス厚みが無い場合、ご推察の通り、日射熱取得率などの情報を個別入力して対応するということになります。

(2)カーテン仕様の『開閉するカーテン等』につきましては、夜間(18:00−7:00)は閉、昼間は開のスケジュールです。室用途別のスケジュール等とは連携しません。
但し、現在リリースしている試行版では、開閉するカーテン等のスケジュールが反映されない不具合がございました。そのため、常閉で運用されます。

■機器配置について
(1)エアコンにつきましては、入力エリアにあるグリッドのどこに機器を配置したかという位置の情報は計算に用いられません。そのため、室の真ん中にした場合と、室の端に配置し場合とで、計算結果に違いが生じません。

但し、床暖房につきましては、床下空間への熱流が生じますので、床下の環境が位置によって異なる場合は、結果が変わります。

(1)(2)について、エアコンにつきましては、例えば、2台の機器を纏めて一台として入力することは可能です。照明器具につきましても、同様です。

質問者ID:FAQ−002
試行版
2017/7/25
No.0016
住宅版BEST-H試行版に関しましてお伺いしたく、連絡させていただきました。

■スケジュールに関して
(1)機器配置の機器編集において、各設備のスケジュールについて、自動運転という選択肢がありますが、自動運転選択時にはどのようなスケジュールでの運転になりますでしょうか?室用途別スケジュールに従いますでしょうか?

(2)サンプルの寝室・空調スケジュールについて、長期間寝室が空調を使用しないスケジュールとなっていましたが、どういった仮定によるものでしょうか?

(3)室用途別スケジュールと換気・給湯などのスケジュールの優先順位はどのようになりますでしょうか?
たとえば、24h換気にしたら、室用途別スケジュールは無視されますでしょうか。
給湯は、室用途別スケジュールと個別のスケジュールの足し算になるのでしょうか?(特に給湯について、エネルギー使用量が建築研究所の一次エネルギー消費量計算より、非常に少ない結果となったため、詳細を確認したいと考えております。)

■室の設定について
(1)最下層の室について、床面はすべて土間床設定でよろしいでしょうか?

(2)サンプルデータの隙間風が、0.5回/hとなっております。少し多いように感じますが、この数値の根拠は何かありますでしょうか?
また、隙間風の換気回数は温度差の影響は考慮されていますでしょうか?

■その他
(1)日射熱取得率を直接入力した結果、日射透過率が高い旨のエラーメッセージがログに記載されておりました。
日射熱取得率と日射透過率の関連性はどのようになりますでしょうか?
回答者ID:10、15
2017/7/26
No.0016
■スケジュールについて
(1)機器配置の機器編集において、各設備のスケジュールに[自動設定]という選択肢がございますが、ご推察の通り、室用途別スケジュールの空調のスケジュールに従うという意味です。

(2)サンプルデータ(sample.best)の寝室・空調スケジュールについてですが、事業主基準の部分間欠運転スケジュールを参考としており、寝室での暖房は行わない設定となっております。
尚、サンプルデータは、事業主基準のモデルを参考としておりますが、一致するものではありません。

(3)室用途別スケジュールと換気・給湯などのスケジュールの優先順位についてですが、ご推察の通り、例えば、換気のスケジュールを「24時間運転」とすると、室用途別スケジュールは無視されます。

また、給湯につきましては、1台の給湯機で複数の水廻りに給湯する場合は、[用途]にて選択した水廻りスケジュール(例:洗面_大)の合成スケジュールが給湯機の運転スケジュールとなります。
尚、試行版では、ヒートポンプ給湯機につきましては不具合がございました。今後修正する予定ですが、予めご了承ください。

■室の設定について
(1)ご推察の通りです。

(2)サンプルデータでは、居室の換気として隙間風0.5回/hを設定しています。換気画面にて、全般換気を設定して頂くことも可能です。
尚、隙間風の換気回数は固定値です。温度差の影響は考慮しておりません。

■その他
(1)一般的な概念と同じですが、日射熱取得率は、ガラス面に到達する日射のうち、透過するものと、吸収された後、室内側に放出されるものの割合として求められます。そのため、日射透過率が日射熱取得率より大きくなることはありません。日射透過率<日射熱取得率 となるよう入力してください。

質問者ID:FAQ−015
BEST-H (試行版)
2017/7/21
No.0015
【BEST-H試行版 計算結果熱負荷に関する質問】
BEST-H試行版にてシュミレーションを行ったところ、冬期に冷房負荷が0.6GJ/月ほど発生してしまいました。
人体・照明発熱、窓や壁からの熱取得(空調設定温度、期間)のいずれを変えても冷房負荷は減るものの0GJ/年にはなりません。
換気扇、熱交換器、床暖房を削除すると冷房負荷は0GJ/年になるのですが、住宅の仕様上これらの機器を消すことはできません。
解決策がありましたら教えて頂きたいです。
よろしくお願いします。
回答者ID:10、15
2017/7/21
No.0015
現在リリースしているバージョンでは、換気扇(給気)、全熱交換器、ルームエアコンの送風により、室温が低下(冷却)した場合に冷房(処理)負荷が表示される仕様となっております。

そのため、例えば、冬期にルームエアコン等が停止した後、換気扇(給気)や全熱交換器が運転することで室を冷却してしまうと、冬期でも冷房(処理)負荷が表示されます。
こちらにつきましては、今後、改善する予定です。

質問者ID:FAQ−014
BEST-H (試行版) 0.1.4
2017/6/22
No.0014
住宅の給湯計算においてガス給湯器を入力した場合Web一次エネルギー消費量と桁数が合いますが、エコキュートを入力した場合一次エネルギー消費量がガス給湯器より一桁小さくなります。1.0 kW = 9.8 MJ として 9.8倍すれば納得できるのですが。お尋ねいたします。
回答者ID:10、15
2017/6/22
No.0014
ヒートポンプ給湯機(エコキュート)につきまして、給湯負荷が計算に反映されない不具合があることが分かりました。次回リリースにて修正致します。

質問者ID:FAQ−002
試行版
2017/6/16
No.0013
★2017/5/15お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
いつもお世話になっております。
2017/5/15にご質問させていただきました、第一種熱交換の配置方法について、追加でお尋ねしたくご連絡させていただきました。

各部屋に全熱交換機の吸排気がある想定で、換気量を案分して
設置すればよいとのご回答をいただきました。

そこで、各部屋に全熱交換器を配置して計算など実施したのですが、1台の全熱交換機で各室へダクトを通した場合に生じる空気の流れができないため、隣接の部屋の温度がほとんど変わっていないのではないかと考えております。

再現方法があるか、または上記想定が間違っているかなどご教示いただけないでしょうか?
回答者ID:10、15
2017/6/22
No.0013
代替案としてご提案致しました方法(各部屋に全熱交換器を配置して計算)では、各室で給排気を行いますので、ご推察の通り、空気の流れは生じません。
ダクトを利用した全熱交換器の給排気は、今後の開発課題としております。
上記の仮定の下、別途、空気の流れを設定したい場合は、排気ファンを設置し、「換気」画面にて、設定することは可能です。

質問者ID:FAQ−002
試行版
2017/6/16
No.0012
★2017/6/13お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
いつもお世話になっております。
BEST-H(試行版)に関しまして以下5点についてお尋ねしたく、ご連絡差し上げました。

【1】基礎断熱について、6/13に回答いただきましたが、以下の図を含め再度確認をさせて頂けますでしょうか?
(図のスペースなどのずれはメモ帳などに張り付けていただくと改善するかと思います。)

前提:土間床部のみの基礎断熱を選択などは出来ないので、室:床下空間Aの隙間風を0回/hにして土間の状態を再現する

質問1:土間床再現部の1F床は(1)土間床という設定、および(2)外壁・(3)内壁を断熱材を使用したものにすることで、
基礎断熱を再現できないのでしょうか?(床下空間は換気回数0回/h)

質問2:質問1の対応が出来ない場合、基礎断熱により得られる熱貫流率を想定して参考床などのように適当な材質・厚みを持った床を仮定ということで対処できますでしょうか?

質問3:質問1の対応が出来ない場合、土間床部再現部と土間床でない部分の間に内壁を設ける必要はありますでしょうか?
この内壁はコンクリートのみなどで断熱材は入れないようにすることでよろしいでしょうか?

屋外 : 土間床部(土間床再現部)│ 土間床でない部分
…………:…………………………………│………………………………
:└────────────┴───────────┘ ←2F床
:│            │           │
:│ 室:居室など     │ 室:居室など    │ ←1F外壁・内壁
:│ 床:(1)土間床?    │ 床:参考床等    │
:└────────────┴───────────┘ ←1F床
:…………………………………│………………………………
:│ 室:床下空間A    │ 室:床下空間B   │
:│ 床:選択しない    │ 床:選択しない   │ ←床下外壁?:参考基礎断熱なし
(2)外壁?→│            │ ←(3)内壁?     │
:└────────────┴───────────┘ ←床下の床 = 地面
 床下空間Aは隙間風0回/hとする
 床下空間Bは隙間風0.5回/hなどとする

【2】窓仕様について
質問1 面積率についてサッシ面積/ガラス面積とのことですが、サッシ面積は枠だけで間違いないでしょうか?
(窓の絵が表示されている部分の灰色の枠部分のみと青色のガラス部分のみの比でしょうか?)

質問2 ガラス厚みや空気層が実際と異なる場合に、性能値に直接入力するべきかと思いますが、性能値を入れた場合は、タイプ種類などのパラメータはどのような値でもよいのでしょうか?
回答者ID:10、15
2017/6/19
No.0012
【1】
質問1.2,3:
代替方法として、質問1に記載頂いた方法で宜しいと思います。
但し、(1)は土間床ではなく、断熱材の無い床とし、床下空間Aの床を土間床としてください。

【2】
質問1:
「窓の編集」画面の、「面積率(サッシ/窓)」についてのお問い合わせということで宜しいでしょうか。
ご推察の通り、「サッシ」は、枠のみの面積ですが、「窓」は、窓ガラスとサッシ(枠)の合計面積です。

質問2:
タイプ・種類などの選択は、類似性能の窓を選択してください。
直接入力は、カーテンの開閉するカーテン等が”なし”の場合の性能値です。
開閉するカーテン等がある場合の性能値は、直接入力した性能値から、以下の式にて換算しています。
熱貫流率=1/(1/直接入力したガラス熱貫流率+類似窓の開閉するカーテン等による熱抵抗増分)
日射熱取得率=類似窓の開閉するカーテン等使用時の日射熱取得率
×直接入力したガラス日射熱取得率/類似窓のガラス日射熱取得率
※透過率も日射熱取得率と同様の推定法である。

添付資料など御座いましたら、以下の方法でお送り頂くことが可能です。
http://www.ibec.or.jp/best/utility/contact_mail.html

質問者ID:FAQ−002
試行版
2017/6/13
No.0011
いつもお世話になっております。
BEST-H(試行版)に関しまして以下5点についてお尋ねしたく、ご連絡差し上げました。

共通-壁の編集における熱貫流率について
1.基礎の熱貫流率が建築研究所の外皮計算プログラムと一致しないのですが、基礎用にプログラムされていないためかと考えております。
合わせるためには、断熱材厚みなどを変更して、外皮計算の内容と一致するように調整してもよろしいでしょうか?
別途反映する方法などありましたら、ご教示いただけますと幸いです。

2.壁の熱貫流率は柱などの熱橋部を考慮した数値を入れるべきでしょうか?
もしくは別途反映される計算内容になっておりますでしょうか?

3.建築研究所外皮計算プログラムと、部位の熱貫流率が多少異なる場合は、断熱材の厚みなどを変更して、数値が一致するようにしても、計算結果に熱貫流率以外の影響はないでしょうか?

4.各断熱材などの熱伝導率の有効数値は下二桁まででしょうか?

5.新しい断熱材などを追加する方法は有りますでしょうか?
回答者ID:10、15
2017/6/15
No.0011
1.省エネ法に準拠したプログラムでは御座いませんので、同じ計算とはなりませんが、ご推察の通りで可能かと思います。
但し、BEST-Hでは、基礎外周の他、基礎床下(地面)からの熱流についても考慮して熱負荷を計算します。基礎床下温度は、月別の平均外気温度を想定しています。

2.ご推察の通り、壁の熱貫流率は柱などの熱橋部を考慮した数値を入力してください。

3.建築研究所の計算プログラムとは異なるプログラムですので、計算結果は一致しません。但し、熱貫流率を合わせることで同等の結果が得られると思います。

4.表示上は下二桁までですが、実際には、以下URLのHASPEEのデータベースを利用しています。
http://www.ibec.or.jp/best/program/pdf/db/material_3.pdf

5.現在のところ、新しい断熱材の追加などは行えません。厚みで調整ください。

質問者ID:FAQ−010
試行版
2017/6/12
No.0010
この度は、BEST-H(試行版)について質問させて頂きたく、ご連絡申し上げました。

(1)「建物情報」や「部位」の入力画面で、屋根の勾配に関する項目が見受けられないのですが、屋根勾配はプログラミングされていないのでしょうか。

(2)住宅の断熱仕様が充填断熱の場合、熱橋部位が断熱性能に大きく関わってきますが、熱橋部位がBEST-Hの最小グリッドである0.22m以下の幅しかない場合、どのように部位を作成、配置したらよろしいでしょうか。

試行版ということで、もし上記の点について考慮されていない場合、今後、正規版では上記の点について検討する予定がございましたら、教えていただきたく存じます。
回答者ID:10、15
2017/6/12
No.0010
(1)現在は、水平屋根となっており、勾配等の設定は御座いません。
(2)熱橋を考慮した平均性能となる部材構成を、各部位にて入力して頂けますでしょうか。
尚、(1)(2)につきまして、今後の検討課題としております。

質問者ID:FAQ−002
試行版
2017/6/12
No.0009
BEST-H(試行版)に関しまして以下6点についてお尋ねしたく、ご連絡差し上げました。

(1)土間のみの基礎断熱の計算方法
・住宅省エネルギー技術 設計者講習テキスト(平成28年省エネルギー基準対応)のP43に記載のような玄関や浴室といった土間のみ 基礎断熱を行い、その他の部分を床断熱する場合に、1.外気に接する基礎と、2.床下に接する基礎を分ける必要があるかと思いますが、その場合の2.床下に接する基礎は内壁として部位を作成するということでよろしかったでしょうか?

・また、その際に床下の室は床下空間を選択すればよろしかった
でしょうか?

・また、その際に1階の床の指定として、土間床を選択すればよろしかったでしょうか?

(2)部位編集の一括編集ダイアログについて
・室の面積が入力可能となっておりますが、図面と異なる面積を入力した場合、その他の室との界面などの関係性が崩れるかと思います。どのように計算されるのでしょうか?

・天井高について、詳細入力を有効にした場合、デフォルトで0が入力される状態となりますが、建物情報で入力した高さが反映されず、0が優先されますでしょうか?

・隙間風の入力項目がありますが、こちらは計算にどういった影響がありますでしょうか?
例えば温度、湿度、冷暖房負荷などに影響がありますでしょうか?
また、C値の算出結果はどこかに表示されますでしょうか?

(3)屋根断熱の仕様について
・前回頂いたご回答の中で、基本的には屋根断熱になっているというご回答を頂いたのですが、屋根形状や勾配はどういったものが想定されておりますでしょうか?

・また、太陽光の傾斜角との連携などはありますでしょうか?

(4)蓄電池の運転モードについて
・どういった形で運転する想定になっておりますでしょうか?
たとえば太陽光の余剰分を夜間に使うような運転方法でしょうか?

(5)各種シミュレーションデータについて
・各結果ファイルの記載内容をご教示いただけますでしょうか?
 bestBuilU.csv・・・・・・・・・・温熱環境のシミュレーション結果
 coldestDate.csv・・・・・・・・・最寒日
 electricPower.csv・・・・・・・・・電力・ガスなど一次エネルギー消費量を5分毎に計算した結果
 energy.csv・・・・・・・・・・・・?
 energy_area.csv・・・・・・・・・?
 energyCategoryDetail.csv・・・・・?
 energyCategoryDetailArea.csv・・?
 floorSurfaceTemp.csv・・・・・・ファイル名から各部屋の床表面温度
 hottestDate.csv・・・・・・・・・最暑日
 monthLoad.csv・・・・・・・・・毎月、各居室ごとの負荷?
                  2行目 各部屋のコード?
                  3行目 ?
                  4行目 各部屋の名称
                  5行目 ?
                  6行目 各部屋の床面積
                  7行目 ?
                  8行目 1月の何らかの負荷?
 monthLoadBase.csv・・・・・・・?
 yearLoad.csv・・・・・・・・・・・monthLoad.csvと同じ内容で
                   8行目が年間のトータル

・各部屋のコードの付与ルールなどご教示いただけますと幸いです。

(6)BEST-Hを用いたシミュレーション結果の利用について
・BEST-Hを用いて自立循環型住宅 温暖地モデルを元にした、ゼロエネ住宅などの温熱環境シミュレーションを実施し、住宅会社様へゼロエネ住宅などのPRをしたいと考えております。上記シミュレーション結果を適切に加工し、PRする際に制限などはございますでしょうか?
回答者ID:10、15
2017/6/13
No.0009
(1)土間のみの基礎断熱の計算方法
床部材の種類によらず、最下階(床下空間がある場合は、床下空間)の床下が地面となる計算となります。
これ以外の階で、床下に室がない場合は屋外として計算します。
そのため、玄関や浴室のみが土間(その他は床下空間あり)とする計算は行えません。
この場合、玄関や浴室にも床下空間を作成し、床下空間の隙間風を0とする等、代替して計算ください。
尚、床部材の場合、部位は、常に”床”で良いです。

(2)部位編集の一括編集ダイアログについて
・図面と異なる室の面積を入力した場合も、その他の室との境界条件(面積等)は変更されません。必要であれば、適宜、面積の修正を行ってください。

・詳細入力を有効にするにチェックが入っている場合は、0が優先されます。

・隙間風で入力した換気回数[回/h]の外気がその室に流入する計算を行いますので、温度、湿度、冷暖房負荷に影響します。また、C値の算出結果は表示されません。

(3)屋根断熱の仕様について
・屋根の勾配は0となっております。

・また、太陽光の傾斜角との連携はありません。

(4)蓄電池の運転モードについて
・充電22:00-8:00、放電8:00-22:00というスケジュールで運転していますが、今後、太陽光発電などを含めて制御方法を改修する予定です。

(5)各種シミュレーションデータについて
resultフォルダ内のファイルは、プログラム側が利用するファイルのため、基本的には仕様を公開しておりません。今後、結果出力機能などを追加致しますので、そちらをご利用ください。

尚、BESTの計算エンジンから出力される結果は、計算終了直後に、simulationフォルダに一時的に保管されます。

・bestBuilU/M/H.csv・・・・・・・・・・温熱環境のシミュレーション結果
各項目につきましては、BEST-P操作マニュアル(2016/10)P96-97をご覧ください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/pdf/manual/C_031_kenchiku_20161209.pdf
尚、各部屋のコードの付与ルールは、以下のファイルに記載されています。
「zoneMapping.csv」

・best_result.csv・・・・・・・・・・設備側のシミュレーション結果

(6)BEST-Hを用いたシミュレーション結果の利用について
計算結果ご利用の際の制限等は特に御座いません。
但し、現在は試行版ですのでご了承ください。

質問者ID:FAQ−005
試行版
2017/5/31
No.0008
先日、専門版BESTをダウンロードしたのですが、起動することができません。
添付ファイルにある画像の画面から先に進むことができません。
何か対処法がございましたら教えていただけると幸いです。
お手数ですが、よろしくお願いいたします。
回答者ID:20
2017/6/1
No.0008
「BEST-P」(ファイルの「種類」は「Windows バッチファイル」)を クリックして頂ければ起動いたします。
お送り頂きましたフォルダの画像を拝見しますと、フォルダ内のファイル表示設定が、「拡張子」を表示するようになっていないために、「BEST-P.batをクリックして起動してください」に該当するファイルが表示上見あたらなかった、ということのようです。
以上、どうぞよろしくお願い申し上げます。

質問者ID:FAQ−008
試行版
2017/6/5
No.0007
BEST-Hは共同住宅に対応していますか。
回答者ID:10、15
2017/6/7
No.0007
BEST-Hは、戸建て住宅を対象としたプログラムです。
以下の点に留意頂き、ご利用いただくことは可能です。
・最下階の床下は「地面」として暖冷房の熱負荷計算を行います。
・戸建て住宅で採用される設備システムが利用できます。

質問者ID:FAQ−007
試行版
2017/6/5
No.0006
2点の質問があります。
1、今、BEST-H(住宅版)(試行版)を使って、住宅のエネルギー消費量を計算をしています。
部位情報のステップで新しい断熱材仕様の登録が出来ません。
また、換気ルートと機械配置のステップで、ダクト式換気システムの入力ができません。こらは試行版の制限なのでしょうか?
また、BEST-H(住宅版)(正式版)がありますでしょうか?

2、BEST専門版では入力と計算ができますか?
回答者ID:10、15
2017/6/7
No.0006
1.
新しい断熱材仕様(熱性能値)は登録できませんが、壁や屋根等の部材構成や厚みを変更することは可能です。BEST-H(試行版)簡易マニュアル2017年4月の「2.13
壁の編集」(P33)をご覧ください。尚、性能値のデータベースはHASPEEを採用しています。
ダクト式の換気システムにつきましては、対応しておりませんが、以下の入力にて代用出来れば、ご活用ください。
(1)機器配置画面にて、換気ファン(排気)を登録・配置(マニュアルP24)
(2)換気画面にて、換気ルートを入力(マニュアルP26)
換気ルートは、自由に設定できます。矢印の始点の室(又は屋外)から終点の室に送風することができますので、隣接しない室へ空気を送ることが可能です。
また、換気スケジュール(ON-OFF)は、設定した排気ファンの運転に連動します。
※換気ルートが設定できるのは、排気ファンのみです。

現在は、BEST-H(住宅版)(正式版)は御座いません、試行版のみとなります。

2.専門版でも、モデルを作成すれば同様の計算は可能です。
但し、窓の熱性能値につきましては、BEST-H独自のデータベースとなります。

質問者ID:FAQ−002
試行版
2017/5/31
No.0005
BEST-H(試行版)に関しまして以下4点についてお尋ねしたく、ご連絡差し上げました。

(1)断熱区画について
屋根面積などの記入項目がないように思いますが、通常は天井断熱になっているのでしょうか?
また、屋根断熱・天井断熱を選択・変更できますか?

(2)本ツールの紹介・引用について
住宅会社様訪問の機会に紹介したいと考えております。
集合研修などをする場合もあり、ホームページのキャプチャー画像などとBEST-Hの紹介をすることなどは可能でしょうか?
その際に必要な注釈などありましたらご教示いただけますでしょうか?

(3)熱還流率の表示について
サンプルプランの仕様に関しまして、前回質問時に外皮平均熱貫流率や冷房期・暖房期平均日射熱取得率は求めて(計算して)おりません。
とのご回答を頂きましたが、メニューバー⇒ツール⇒共通-壁の編集などで壁の名称の隣に熱貫流率が表示されますので、これと各面積を用いれば、外皮平均熱貫流を算出できると考えておりますが、間違いないでしょうか?

(4)シミュレーション結果ファイルについて
計算結果として算出されるデータにbestBuilU.csvがありますが、こちらはシミュレーション結果の生データということ間違いないでしょうか?
回答者ID:10、15
2017/6/7
No.0005
(1)断熱区画について
屋根の入力は、BEST-H(試行版)簡易マニュアル2017年4月の「2.5部位」(P21)に少し記載がございます。
セットアップに同封されているSampleデータは、屋根断熱を想定しています。
天井断熱の場合、マニュアルの「2.3建物情報」の画面にて、屋根裏空間(階)を追加し、屋根裏空間をマニュアルの「2.4室」の画面にて作成(収納や床下空間等の室を選択)し、この屋根裏空間の床を断熱部材として設定すれば良いです。

(2)本ツールの紹介・引用について
ホームページのキャプチャー画像等を利用して、BEST-Hの紹介をして頂くことは可能です。ただし著作権はIBECにあることに留意してください。

(3)熱還流率の表示について
ご推察の通りです。熱貫流率と各面積を用いれば、外皮平均熱貫流を算出できます。

(4)シミュレーション結果ファイルについて
ご推察の通りです。尚、Simulationフォルダ内のデータは、計算直後のみ作成されます。

質問者ID:FAQ−004
試行版
2017/5/29
No.0004
住宅版試用版を使っているのですが、データのインポート・エクスポートがBESTデータしか選べません。他の3次元CADデータ、シミュレーションツールデータなど取り込むことはできますか?
回答者ID:10、15
2017/5/30
No.0004
他の3次元CADデータ、シミュレーションツールデータなどの取り込み機能は御座いません、BESTのデータのみとなっております。

質問者ID:FAQ−003
試行版
2017/5/22
No.0003
BEST-H(試行版)のご案内をいただきダウンロードいたしました。
当方のパソコンはMACです。この試作盤がMACでは利用できないのでしょうか?
回答者ID:10、15
2017/5/22
No.0003
ご推察の通りです、WindowsOSへの対応となっております。

質問者ID:FAQ−002
試行版
2017/5/15
No.0002
BEST-H(試行版)に関しまして以下5点についてお尋ねしたく、ご連絡差し上げました。
(1)本計算プログラムでの計算内容について
建築研究所で公開されている一次エネルギー消費量計算と計算結果の差異はどの程度発生しますでしょうか?
計算内容にかかわる閲覧可能な資料などありましたら
ご教示いただけないでしょうか?

(2)第一種全熱交換気の場合の機器の配置選択方法について
第一種全熱交換気の場合にどのように機器を配置・選択などすればよいか、サンプルや説明の資料はございませんでしょうか?

(3)サンプルプランの仕様について
自立循環型住宅 温暖地版の住宅を仮定していただいているかと考えておりますが、以下の項目はどういった内容となっておりますでしょうか?
・外皮平均熱還流率、冷房期・暖房期平均日射熱取得率
・設備の運転スケジュール

(4)9/30以降の運用について
本プログラムは9/30以降、どういった扱いとなりますでしょうか?有償での運用となりますでしょうか?

(5)プログラムの使用方法の研修などについて
本プログラムの仕様に関しまして、研修やマニュアル以外の説明資料のご準備はございますでしょうか?
回答者ID:10、15
2017/5/17
No.0002
(1)本計算プログラムでの計算内容について
本計算プログラムは、建築物総合エネルギーシミュレーションツールとしてこれまで開発されてきたBESTprogramという計算エンジンを用いています。
http://www.ibec.or.jp/best/about/index.html

BEST-H(試行版)は、スマートウエルネス(健康・省エネ)住宅の検討に向けた総合的な建築・設備のエネルギー消費算出が可能なユーザーインターフェース(UI)として開発が行われました。概要につきましては、以下のpdfをご覧ください。
http://www.ibec.or.jp//best/program/pdf/best-h/BEST-H_summary.pdf

そのため、建築研究所で公開されている一次エネルギー消費量計算の方法とは異なります。(また、建築物省エネ法の申請には対応しておりません。)
空調の熱負荷及びエネルギーに関する比較は、以下の建築学会梗概にて報告があります。http://www.ibec.or.jp/best/information/pdf/2016_A_41486.pdf

BEST-Hの計算方法を纏めたものはまだ御座いませんが、 建築計算ロジックにつきましては、BEST-P建築操作マニュアル(2016 年10月)のp109〜(3. 熱負荷計算法)をご覧ください。

(2)第一種全熱交換気の場合の機器の配置選択方法について
全熱交換器(1台)から各室へダクトを通して第一種換気を行うシステムには対応できておりませんが、代替方法としましては、各室に全熱交換器をそれぞれ設置頂く方法が御座います。
各室で給排気を行う計算となりますが、それぞれに能力等を案分した全熱交換器を設置することで計算が可能です。

(3) サンプルプランの仕様について
自立循環型住宅 温暖地版の住宅のプランを参考に作成させて頂いておりますが、外皮仕様は、木造住宅の一般的な仕様としており、外皮平均熱貫流率や冷房期・暖房期平均日射熱取得率は求めて(計算して)おりません。
また、設備の運転スケジュールにつきましては、自立循環型住宅の各室の「冷暖房使用時間帯条件」の運転スケジュールを参考に設定しております。
具体的なスケジュールは、[スケジュール編集] 画面にて確認可能です。
(BEST-H(試行版)簡易マニュアルp36)

(4)9/30以降の運用について
9/30以降は、有償での公開となります。

(5)プログラムの使用方法の研修などについて
研修やマニュアル以外の説明資料につきましては、(1)で紹介致しました概要説明資料が御座います。

質問者ID:FAQ−001
試行版
2017/5/2
No.0001
マニュアルに従いソフトを起動しようとしましたが、「起動できません。ファイルが破損しています。」との表示が出てしまいます。
改善方法や確認すべき事項などありましたら教えてください。
よろしくお願い致します。
回答者ID:10、15
2017/5/9
No.0001
ダウンロードされたプログラムは、ご使用のPCと合っているでしょうか。
32bitであれば、”BEST-H(試行版)_ver.0.1.4_32bit”、64bitマシンであれば、”BEST-H(試行版)_ver.0.1.4”というファイル名です。