表示ページ内の検索は、
[Ctrl+F]コマンドを
ご利用下さい。
質問者ID:FAQ−255
-
2017/4/17
No.693
BEST専門版を利用し、天井放射空調のシミュレーションを行っているのですが、建築データとしての放射パネルの入力などがわからずうまく検討を進められておりません。

検討にあたり、HPにアップロードされていたH28年度 第5回講習会の資料を参考にしているのですが、講習会の現場では”放射パネル建築データ.zip”という作成済みの連成計算用建物データが配布されていたようでした。
検討の参考に、そのデータをいただくことはできませんでしょうか。
ご検討のほど、よろしくお願いいたします。
回答者ID:03
2017/4/20
No.693
講習会で使用したデータを送付いたします。

質問者ID:FAQ−254
-
2017/4/17
No.692
先日BESTの会員登録申請を行う際に、MACアドレスを送信し、登録完了メールを頂いたのですが、急遽新しいパソコンに変えようと思っています。その場合、MACアドレスはどうすればよろしいでしょうか?
その手順について教えていただけたらありがたいです。
お手数ですが、よろしくお願いいたします。
回答者ID:20
2017/4/17
No.692
BESTアカデミックユーザーの登録PC変更をご希望の際は、以前に頂戴いたしました申請書のMACアドレス記入欄に新・旧のアドレスを併記いただき、余白に変更の理由をお書き添えの上、再度、「best-ac@ibec.or.jp」あてにご提出ください。

質問者ID:FAQ−035
-
2017/4/12
No.691
拡張アメダス気象データをネットワークライセンスで利用している場合(社内サーバー上にデータがある場合)、BESTでの気象データの読み込みは可能でしょうか。
回答者ID:10、22
2017/4/17
No.691
ネットワークライセンスからのBESTの気象データを読み込みには対応しておりません。DVDのみとなっております。

質問者ID:FAQ−043
-
2017/4/7
No.690
社内でPCのOSを新しくWIN10にしたところ、ドングルのインストールが上手くいかないのですが、新しいドングルインストールソフトをいただけませんでしょうか。
回答者ID:16、20
2017/4/13
No.690
シェアステージに新しいドングルのドライバーをアップいたしました。

質問者ID:FAQ−253
-
2017/4/5
No.689
御社のBEST専門版プログラムを導入していきたいと考えているのですが、パンフレットよりもっと具体的に、どこまでできるかや、どうのうように算定していくのか、といったことをわかる資料を頂けますでしょうか。
回答者ID:10、15
2017/4/5
No.689
専門版のマニュアルを以下URLに公開しておりますので、そちらをご覧ください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/

例題演習テキスト(TRY-BEST 2015-10(改訂版))や、講習会のビデオとテキストもご覧になれます。

質問者ID:FAQ−247
簡易版1.2.5
2017/3/13
No.688
BESTプログラムで戸建住宅および集合住宅の負荷計算を行うことは可能でしょうか。

現在、Windows7(Service Pack1)にて簡易版(Ver.1.2.5)を使用させていただいておりますが、建物用途の選択候補に住宅系がありません。専門版でなければ、行うことはできませんか。
回答者ID:10、15
2017/3/13
No.688
BESTプログラムで戸建住宅および集合住宅の負荷計算を行うことは可能です。
簡易版には、住宅用途の選択肢はありませんが、外皮仕様や空調運転スケジュール、内部発熱等をを調整して利用することは可能です。
また、省エネ基準対応ツールや専門版では、室ごとの、より詳細な設定も可能です。

質問者ID:FAQ−251
-
2017/3/6
No.686
BESTを利用したいのですが、どのような手続きをすればよろしいのでしょうか?
回答者ID:20
2017/3/7
No.686
BESTのご利用に際しては、ユーザー登録が必要となります。
ユーザーの種類には「フルユーザー」「省エネ基準対応ツールユーザー」の2種があり、 利用できるツール、費用等が異なります。

下記URLで公開している資料(PDF)にて詳細をご案内しておりますので、ご参照の上、所定の様式、お手続きにてお申し込みください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/user.html

質問者ID:FAQ−250
-
2017/3/6
No.685
お世話になります。カタログの請求は可能でしょうか。
回答者ID:10、15
2017/3/7
No.685
カタログ等の郵送などは行っておりませんが、資料につきましては、ホームページにアップされておりますので、そちらをご覧ください。
■パンフレット
http://www.ibec.or.jp/best/about/pdf/pamphlet_131212.pdf
■登録方法
http://www.ibec.or.jp/best/program/user.html
■マニュアル
・専門版
http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/
・BEST省エネ基準対応ツールの概要・登録方法・マニュアル等
http://www.ibec.or.jp/best/eco/index.html


質問者ID:FAQ−249
-
2017/2/27
No.684
「BEST研究成果報告書の提出に関して」
現在利用しております「BESTアカデミック版」の平成28年度研究成果報告書の提出に際して、2点ほど質問があり、メール致しました。

(1)報告書内に使用したBESTのバージョンを記入する欄がありますが、現在使用してい るBESTのバージョンはどこを見れば分かりますでしょうか。

(2)BEST起動時に起動用パスワードの入力が求められますが、以前メールにて送られた起動用パスワードを入力しても、「パスワードが間違っています」となってしまいます。
また、BESTプログラム内のBEST-MACアドレス-表示ツールで表示されるMACアドレスとメールにて送られてきたMACアドレスが異なっております。

以上2点に関して、お忙しいとは思いますが返信よろしくお願い致します。
回答者ID:10、15、20
2017/2/17
No.684
(1)BESTのバージョンについてですが、ご使用のプログラムが、BEST専門版なのか、省エネ基準対応ツール版なのか、簡易版なのかを、まずご確認頂けますでしょうか。概要は、以下PDFのパンフレットをご覧ください。
http://www.ibec.or.jp/best/about/pdf/pamphlet_131212.pdf

それぞれのバージョンは、プログラムを起動して、画面(右)上の「ヘルプ」→「バージョン情報」をクリックすることで確認が可能です。

(2)当方では、メールで提出頂きました添付の申込書の内容に基づき、起動用パスワードを生成し、メールにてご案内申し上げております。
もし、お申し込み時のMACアドレスが有効なものでは無かった場合は、添付の申込書のMACアドレス記入欄に、変更前・変更後の二つのアドレスを併記して頂き、再度ご申請ください。
有効なMACアドレスに基づく起動用パスワードを再発行いたします。

質問者ID:FAQ−248
-
2017/2/23
No.683
365日×24時間の熱負荷をアウトプットしたいのですが、BESTで可能でしょうか。マイクロピーク・IPACなどでは月別・時間帯別では出力可能でしたが、365日×24時間の熱負荷の推移のアウトプットが必要です。可能かご回答お願いします。
回答者ID:10、15
2017/2/27
No.683
ご使用中のプログラムに関するお問い合わせは、以下URLよりお願いいたします。
https://www.ibec.or.jp/best/contact02/contact_frm.cgi
BESTの種類及びバージョンは、どちらでしょうか。

BEST専門版では、以下のBEST-P建築操作マニュアル(2016年10月)P96の「2.8. 計算出力ファイル」に示している通り、時刻毎の熱負荷が出力可能です。
http://www.ibec.or.jp/best/program/pdf/manual/C_031_kenchiku_20161209.pdf


質問者ID:FAQ−202
専門版1505
2017/2/20
No.682
担当者様
弊社にて、ライセンス取得しており、HPよりダウンロードが可能な、8ゾーンオフィスのモデルで、シミュレーションを行ってきましたが、下記について、3点ご質問です。
ご返答の程、よろしくお願い申し上げます。

1. 住宅モデルでのシミュレーションを行いたく、付録2-3に例示されている、RC構造の住宅モデルのサンプルデータをいただくことは可能でしょうか。または、どのように入手できますか?

2. その他、提供、購入可能なモデルサンプルはありますか?

3. 顧客から、先方の間取りでシミュレーションしてほしいとの要請を受けています。
新規物件データの作製依頼、または、自身での作製は可能でしょうか?
可能であれば、段取りについて、ご教示いただきたく。
以上、よろしくお願いいたします。
回答者ID:18
2017/2/27
No.682
(1)付録2-3は数年前に古いバージョンのプログラムで作成したデータをもとにしており、その後、内容が更新されておりません。

本日は、ご要望により、古いバージョンのプログラムで作成したデータを応急的に現行バージョンのプログラムで計算できるようにしたものをお送りいたしますが、幾つか注意していただきたい点が有ります。

・本日お送りするデータを使用する際には、BESTプログラムは最新のバージョン(1610 2016/11/9)をお使いください。バージョンが違うと、データが読み込めなかったり、正常に計算できない場合があります。

・計算するプログラムのバージョン違いにより、計算結果が付録2-3の内容と一致しないことがあります。また、現行のプログラムによる計算の結果等は精査しておりません。

・計算するプログラムのバージョン違いにより、予期せぬ不具合が発生する可能性がございます。

(2)BESTホームページで公開している例題演習テキスト「TRY-BEST 2015-10」の中に、住宅負荷計算を題材にした例題が掲載されています。テキストと例題データがダウンロードできるようになっていますので、ご利用ください。
ダウンロード先URL:http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/

(3)BESTによる計算の請負先の有無については把握しておりません。
ご自身でデータを作成する場合には、上述の例題データを参考にすると良いと思います。

質問者ID:FAQ−247
簡易版1.2.5
2017/2/9
No.681
お世話になっております。
BESTの計算結果の出力についての質問になります。

計算結果に「消費電力・ガス・油」の項目があり、結果の値が棒グラフで表示されておりますが、この棒グラフのデータを時刻ごと(5分or10分)に数値でExcelファイル等に出力することは可能でしょうか。

万が一不可能な場合でしたら、簡潔に数値を全て読み込むことが可能な方法はありますでしょうか。よろしくお願い致します。
回答者ID:10、15
2017/2/16
No.681
計算結果の「消費電力・ガス・油」の棒グラフにつきましては、時刻ごと(5分or10分)の結果出力機能は用意しておりませんが、計算実行終了直後、以下のsimulationフォルダ内に”best_result.csv”というファイルが出力されますので、こちらをご利用ください。
[出力場所]$ユーザデータ作成ディレクトリ/BEST-ES/simulation

例えば、電力(合計)の時系列結果は、”グラフ トレンド 1次エネルギー消費量 用途別20081212_消費 電力#W#-”という項目名です。
その内訳(詳細)として、空調熱源本体の時系列結果の場合は、”グラフ トレンド 1次エネルギー消費量 用途別20081212_消費 電力 空調熱源本体#W#-”です。

質問者ID:FAQ−246
-
2017/2/14
No.680
確認させて頂きたいのですが、本年4月からの「建築物省エネ法」の開始に当たり、「BEST」「BEST簡易版」のソフトの内容に変化はあったのでしょうか。よろしくお願いします。
回答者ID:10、15
2017/2/14
No.680
本年、4月からの”建築物省エネ法”の開始に当たり、「BEST誘導基準対応ツール」が新たにリリースされます。
尚、「BEST簡易版」や「BEST専門版」等のソフトの内容には、”建築物省エネ法”による変更はありません。

質問者ID:FAQ−201
1406
2017/1/30
No.679
お世話になっております。

BEST専門版の昼光照度の計算における庇の計算について2点お伺いしたいことがあります。
(1)建築操作マニュアルを拝見しますと、「4.昼光の計算法」の「表4-1.昼光照度の計算式」において「ρcc:庇・サイドフィンの反射率」とあるのですが、BESTの入力画面には庇の反射率の設定がありません。
ここでの庇の反射率はどう考慮されているのでしょうか。

(2)「表4-1.昼光照度の計算式」における ブラインド開のとき・閉のとき とは ブラインドなしのとき・ありのとき ということでしょうか。
そうであれば、ブラインド閉のとき=ありのとき には庇の反射は考慮されていないということでしょうか。

以上、宜しくお願いいたします。
回答者ID:18
2017/2/14
No.679
(1)庇の反射率について、現在BESTプログラムでは、「地表面反射率」(「建築データ」>「基本条件」>「軒高など」もしくは「外表面」内にある入力項目)で入力した数値を利用して計算を行っています。

(2)マニュアルの「表4-1.昼光照度の計算式」における「ブラインド開のとき」、「ブラインド閉のとき」という記述は、それぞれ「ブラインドを下ろしていないとき」、「ブラインドを下ろしているとき」と読み替えてください。
また、「ブラインド閉のとき」の計算では、室内の照度計算点からは直接庇が見えないので、窓面の平均的な透過光束量に立体角投射率を乗じる形で算出しており、庇の反射は考慮しておりません。

質問者ID:FAQ−217
-
2017/1/30
No.678
窓の性能値の入力についてお伺いしたく、ご連絡いたしました。
BESTにおいてはエアフローウィンドウは直接入力できますが、プッシュプルウィンドウは入力できないと思います。
過去のQ&Aには「それ相当の性能値を入力」とありましたが、従前の解説書「平成25年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説」にあるプッシュプルウィンドウの補正値を用いて算出すればよいでしょうか。
この補正値は今後も使える数値なのか、教えていただけますでしょうか。
回答者ID:7、18
2017/2/6
No.678
ご質問文中の『解説書「平成25年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説」にあるプッシュプルウィンドウの補正値』というのが、「表2.1E.6a プッシュプルウィンドの熱貫流率補正値」と「表2.1E.6b プッシュプルウィンドの日射侵入率補正値」のことであれば、BESTでの入力値に適用しても問題ありません。(これらの補正値は、もともとBESTプログラムの開発者が発表したものです。)

また、その補正値については、表に記載されているガラス種であれば、今後とも使用できます。

質問者ID:FAQ−245
1602
2017/1/26
No.677
ご担当者様
BEST省エネ基準ツールで作成したモデルを専門版に取り込み、
海外の気象データを利用した最大熱負荷計算を行いたいと考えています。

気象データ形式はWEADACを使用しているのですが、実際に専門版で計算を回そうとすると、「設計気象タイプが不適です」というエラーが出てしまいます。

ちなみに月代表日の計算は問題なくできております。
上記のエラーが出る原因として、何か思い当たることはありますでしょうか?
回答者ID:7、18
2017/2/8
No.677
BESTをご利用いただきありがとうございます。
回答に時間がかかりご迷惑をおかけいたしましたが、WEADACデータの開発元である(株)気象データシステムに問い合わせたところ、現在公開されているWEADACプログラムで出力した気象データは、BESTプログラムに正しく読み込まれない可能性があることが判りました。

BESTプログラムは、現在、昨年公開された新しい拡張アメダス気象データDVDに対応すべく改良作業中で、これとともにWEADACデータにも対応できるようにする予定です。

近日中にその改良版を公開できる見込みで、公開時にはBESTホームページ等で告知いたしますので、今しばらくお待ちください。

質問者ID:FAQ−244
-
2017/1/26
No.676
BEST省エネ基準ツール、簡易版、専門版を使用予定です。
windows10での動作確認は完了済みでしょうか。
回答者ID:10、15
2017/1/30
No.676
動作することを確認しています。

質問者ID:FAQ−158
専門版1610
2017/1/25
No.675
全国の気象データですが、以前、(株)気象システムが提供している「標準年EA気象データ2000年版」を、BESTで使用できるとお聞きしました。
昨年末に、(株)気象システムでデータが改定され「【標準年】EA気象データ 2010年版」が提供されていますが、気象データシステムに問い合わせたところ、今回の更新データは、BESTでは使用できないとの回答でした。
他に利用できる新しい気象データはありますか?
回答者ID:7、18
2017/2/6
No.675
現在、2010年版標準年と2006年から2010年までの実在年の拡張アメダス気象データDVDが利用を可能になるようにプログラムを改良中です。

近日中に改良版を公開できる見込みで、公開時にはBESTホームページ等で告知いたしますので、今しばらくお待ちください。

お問い合わせの文中にある「他に利用できる新しい気象データ」というのは今のところ無いと思います。

質問者ID:FAQ−243
専門版
2017/1/20
No.674
空調機器について、BESTプログラムの活用を検討しております。
BESTで組み込まれている空調熱源・空調機の機器特性はメーカーではなく、日本冷凍空調工業会の製品委員会から、各機種の代表特性を提供されているものということですが、各機種の具体的な特性式については公開されているのでしょうか。
公開もしくは提供いただけるのであれば、ユーザー登録の必要等も含めて教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いします。
回答者ID:06、08
2017/1/23
No.674
ご指摘の通り、BESTで組み込まれている機器特性は、日本冷凍空調工業会の製品委員会から、各機種の代表特性として提供されているものです。
各機種の具体的な機器特性については、
http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/
の「M_機器特性マニュアル」に記載がございます。

ユーザー登録の方法につきましては、以下のURLをご覧ください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/user.html

質問者ID:FAQ−242
専門版
2017/1/6
No.673
BEST[専門版]を使用しております。
現在「共通データ」「建築データ」を入力して「計算実行」→「シミュレーション実行」にて年間負荷計算を実行すると、

***** BEST 共通・建築 エラー・警告メッセージ ***** 2017/01/06@13:47:00
wallLibraryName:空気調和・衛生工学会HASPEE

上記のようなエラーメッセージが現れますが、原因がわかりません。
初歩的な質問なので恐縮ですが、対策等、是非答えていただければと思います。
回答者ID:18
2017/1/20
No.673
“wallLibraryName:空気調和・衛生工学会HASPEE”というエラーメッセージは、「壁体構造」に登録されている"IW07"が原因と考えられます。
当方のプログラムで設定内容を見てみようとしたところ『外筒ダイアログの読込みに失敗しました。』というメッセージが出て、開くことができません。新たに"IW07"という設定(内容は任意)を作成して計算すると、“wallLibraryName:空気調和・衛生工学会HASPEE”というエラーメッセージは出なくなりましたので、既存の"IW07"という設定を一旦削除し、再登録していただくのが良いかと思います。

また、お送りいただいた計算データを、当方にて同じバージョンのプログラムに読み込ませて計算実行したところ、ご指摘のエラーメッセージの他に、“wallLibraryName:IPAC仕様 wallID:1”というメッセージが13行出てきました。
“wallLibraryName:IPAC仕様 wallID:1”というエラーメッセージは、「壁体構造」に登録されている"OW**"や"OR**"の中の部材構成に「空気調和・衛生工学便覧」ライブラリーの「空気(静止)」(材料番号1)を使用していることが原因と考えられます。通常、「空気調和・衛生工学便覧」ライブラリーの「非密閉空間」を使用すると、熱抵抗値は表示されないのですが、お送りいただいたデータでは熱抵抗値が表示されているので、この行を同じ内容で入力しなおすと、“wallLibraryName:IPAC仕様 wallID:1”というメッセージは出なくなりました。(対象:OW05,OW08,OW09,OW12,OW13,OW15,OW16,OR02,OR05,OR08,OR10,OR12,OR13 以上13か所)ただし、このエラーメッセージの意味は、『wallID(材料番号):1(1番は)wallLibraryName:IPAC仕様(ライブラリ名がIPAC仕様)』と読み取れ、プログラムの標準状態と異なっていますので、お使いのプログラムには何らかの改良が加えられているのかもしれません。

質問者ID:FAQ−241
専門版
2016/12/15
No.672
★[BEST専門版]各種設備プログラムの使い方(平成28年12月15日開催)におけるご質問
CGSのご講義の最後にご紹介いただいた、実測データのcsvファイルを外部から境界条件として読み込む方法について、差しつかえない範囲で教えてください。
回答者ID:23
2016/12/26
No.672
実測データの読み込みには「境界条件モジュール」を使用します。消費電力や発電電力の情報を読み込む「境界条件ele2015」モジュールと、空気、水、日射等のデータを読み込む「境界条件5air_wat_bri_val_swc_mod_sun2011」モジュールの2種類があります。
それぞれ、BEST入力画面左側の「マスター」の「設備」タブの「設備2015→媒体境界条件2015」の中にモジュールがあります。所定の形式でCSVファイルを用意し、「\BEST-P\work\userXML」フォルダにファイルを保存します。
境界条件モジュールでCSVファイルのファイル名を指定し、各実測データをどのモジュールに渡すかシーケンス接続で指定します。詳しい使用方法については、BESTウェブサイトに掲載されているマニュアル([HOME]>[プログラムの活用]>[マニュアル]>[(BEST-P)プログラムマニュアル]>[X_付録])をご参照ください。

質問者ID:FAQ−240
専門版
2016/12/15
No.671
★[BEST専門版]各種設備プログラムの使い方(平成28年12月15日開催)におけるご質問
コージェネ計算について
ガスタービンCGS、マイクロCGS(ガスエンジン)、燃料電池の計算をする際、講習会で利用したガスエンジンモジュールで計算可能でしょうか?
回答者ID:23
2016/12/26
No.671
マイクロガスエンジン、燃料電池については、ガスエンジンモジュールに各機器固有の部分負荷時(発電の負荷率50%、75%、100%時)の発電効率および排熱回収効率を入力することで、模擬することが可能です。ただし、この方法では燃料電池特有の起動時の特性は模擬できませんので注意が必要です。なお、放熱を冷却塔ではなくラジエータ等で行う空冷式の場合は、放熱用の冷却水流量に仮の値を入れ、冷却水ポンプの揚程を0Paとすることで模擬できます。また、講習会で利用したガスエンジンモジュールは排熱を温水で回収するタイプですので、蒸気を回収するガスタービンを模擬することはできません。現在、蒸気関連機器モジュールの開発を順次行っておりますので、今後の情報にご注目ください。

質問者ID:FAQ−176
-
2016/12/26
No.670
自然換気オフィスのサンプルデータをみて疑問点がいくつかあります。
重力換気について
1)重力換気のみの計算をしてbestNvU.csvの換気回数を見たのですが、出力データの内外温度差を用いて表計算したものと換気回数が合いません。次の項目の設定に疑問が生じました。

2)開口位置は天井高の半分の位置とありますが、床位置にしたほうが合いました。

3)上部の排気開口の高さは32mより高くしないと合いません。

4)開口率が1のときの換気回数が内外温度差に対し結構ばらつきます。

換気回数[回/h]=Q[m3/s]*3600/5/2.7
Q[m3/s]=(αA)*(2*9.8*儺/T*(z-0.6h))^0.5
T:室温
z:開口部高さ
h:軒高−1階開口高さ

風力換気について
1)出口はどこの設定となっているのでしょうか。
2)同一階の通風的な設定は可能でしょうか。
回答者ID:7、18
2017/1/6
No.670
重力換気について
計算結果の不一致は、中性帯位置の仮定と使用する式の違いによるものと推定されます。

BESTでは、中性帯位置は軒高の2/3の高さと仮定しています。
参考まで、BESTで使用している式を最後に示します。

風力換気について
1)正確ではありませんが、計算対象の換気口と180°反対側にも換気口があり、風力により侵入した空気は180°反対側の出口から流出するというような想定です。式をご参照ください。
2)通風的な設定はできません。風量収支を考慮する検討は、熱・換気平衡を解く他のプログラムをご利用頂く必要があります。

(式)
換気量
Q=(αA)*(2*g*ΔP/ρs)^0.5

無風時
ΔP=ΔPs=(ρo−ρr)*((2/3)Hb−z)

有風時
ΔP=ΔPs+(Pw−ΔPr)
 ΔPr=(Pw+Pw2)/2

αA:有効開口面積
ΔP:内外差圧
g:重力加速度(9.8m/(sec*sec))
ρs:空気密度基準値(1.2kg/m3)
ρo、ρr:外気、室空気の密度
Hb:軒高
z:換気口代表高さ(=対象ゾーンの床面高さ+天井高/2)
ΔPs:無風時の内外差圧
ΔPr:有風による室内圧変化の仮定値
Pw:換気口外表面風圧
Pw2:換気口と180°反対側方位の外表面風圧

質問者ID:FAQ−239
-
2016/12/26
No.669
今研究で住宅を対象とした熱負荷計算を行おうとしており、BESTの活用を検討しております。
その上で入力データに関して分からないことがありましたので連絡させていただきました。
計算に使用する気象データをソフト付属のものではなく、こちらで実測した実気象データを用いたいと思っています。その場合EPWデータが使用可能ということですが、1時間データではなく1分間隔データでの入力は可能でしょうか、よろしくお願いいたします。
回答者ID:18
2016/12/26
No.669
BESTで計算が可能なEPWデータは1時間間隔の気象データでありますので、1分間隔の気象データを使用しても、60分ごと(毎正時)の気象データが反映された計算しかすることはできません。
BEST専門版の建築マニュアルの「5.1.EPWデータの作成方法」に、データの作成方法や注意点に関する記述があります。マニュアルはBESTホームページで見ることができますので、ご参照ください。

質問者ID:FAQ−158
-
2016/12/26
No.668
BESTシリーズは、Windows10に対応しているでしょうか?
回答者ID:10、15
2017/1/5
No.668
動作することを確認しています。

質問者ID:FAQ−238
専門版
2016/11/11
No.667
大規模オフィス(間仕切のない大きな執務室)の放射空調、または他の空調モデルを作成する場合、ゾーニングはどの程度細かくする必要がありますか?それとも、例題と同じように、室と天井裏さえ分ければ、基準階としての評価は問題ないでしょうか?
回答者ID:03
2016/12/20
No.667
設計上のゾーニングに対応するようにゾーンを設定します。室温等の室内環境はゾーンごとに計算されるので、各ゾーンについて温度制御ができるようにする必要があります(各ゾーンごとに空調機を配置する、ゾーンごとに放射パネルモジュールを配置する等)。

質問者ID:FAQ−237
その他
2016/11/11
No.666
(2)BESTの住宅版は開発されるでしょうか?
回答者ID:06
2016/12/20
No.666
現在開発中です。2017年4月公開予定です。

質問者ID:FAQ−237
専門版
2016/11/11
No.665
(1)空気式の放射パネルおよび床吹出空調(吹出口も考慮されるか含め)のシミュレーションは可能でしょうか?(空気式の放射パネルとは、天井チャンバーに冷温風を流し、天井金属有孔パネルから室内にしみ出させるような方式)講習会の最後にも質問・回答がありましたが、あらためて文面にてご教授いただけると幸いです。
回答者ID:03
2016/12/20
No.665
有孔パネルを用いた空気式の放射パネルは、天井チャンバーを室として入力し、有孔パネルを(放射パネルモジュールではなく)通常の天井として建築計算で入力した上で、天井チャンバーと居室との間に「ゾーン間換気」を設定すれば計算は可能です。また、居室の室温を監視して天井チャンバーへの吹き出し温度を調節するといった制御を自分で組む必要があります。

質問者ID:FAQ−236
専門版
2016/11/11
No.664
放射空調と一般空調を併用した計算は可能でしょうか?
可能な場合、どのように制御されるのか教えていただけると助かります。
熱源設備とつなげた場合、ポンプによる流量制御も可能でしょうか?
回答者ID:03
2016/12/20
No.664
一般空調との併用は可能です。ただし、放射パネルモジュールと空調機テンプレートを登録・接続した上で、制御は自分で組む必要があります。また、放射パネルの変流量制御も可能です(この場合も、例えば表面温度が設定値となるように二方弁を調整するといった制御を自分で組む必要があります)。

質問者ID:FAQ−235
専門版
2016/11/11
No.663
H28省エネ法に対応したものがあるとのことでしたが「BESTH28年省エネ基準対応ツール」等のソフトがあるのでしょうか。
また各時間スケジュールのデフォルト値は何を基準にしているのでしょうか。恐らく、このスケジュールもcsvファイルに出力されるかと思うのですが、どこを参考にすれば良いのでしょうか?
回答者ID:10
2016/12/19
No.663
平成28年4月1日から施行されている建築物省エネ法の性能向上計画認定申請(誘導基準)に対応した、BEST誘導基準認定ツール(試行版)があります。(http://www.ibec.or.jp/best/eco/index.html)、審査体制の整備が図られた際にはBEST誘導基準認定ツールが建築物の一次エネルギー消費性能を総合的に算出出来る方法として利用可能となります。
201ある室用途毎の照明・機器・人体などの各熱負荷原単位・スケジュールは、H25年省エネ基準対応ツールと同じく、「平成25年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説 T非住宅建築物」と同じものとなります。csvファイルへの出力は出来ません。

質問者ID:FAQ−234
専門版
2016/11/11
No.662
BEST省エネ基準対応ツールでモデリング→BEST専門版へインポートという手順が現実的と思いますが、モデリングとインポートの作業区分を明確にできる資料が欲しいです。
現在、実物件で既存の建物を、省エネ基準で建築モデリング→専門版へインポート設備のモデリングをしようと試みているのですが、上手くいかないことが多く、ご教唆いただけると助かります。BEST省エネ基準対応ツールで設備を入力した方が良いのでしょうか。
回答者ID:08
2016/12/19
No.662
BEST省エネ基準対応ツールでモデリング→BEST専門版へインポートし、様々な検討を行った例として、例題演習テキスト TRY-BESTに「3.3 建物のZEB 化検討計算にTRY してみよう」があります。(http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/)
ここでは、設備仕様だけでなく、運用スケジュールについても設定変更したものが事例として紹介されています。

質問者ID:FAQ−233
-
2016/12/19
No.661
私は店舗に天窓を採用した場合の省エネルギー化を目的とした研究をしており、、天窓を採用した場合の昼光の導入量の増加による熱負荷の計算を目的としています。以前、質問させていただいたときに、BESTアカデミック版は天窓の昼光利用計算に対応していない、との回答を頂きました。この詳細をお尋ねしたく問い合わせさせていただきました。
回答者ID:18
2016/12/19
No.661
BESTの利用をご検討くださいまして、ありがとうございます。
BEST専門版で計算できる昼光利用計算は、外壁窓(垂直窓)から入射する太陽光によって得られる机上面照度に応じて、窓のある外壁面に平行なライン状照明設備の出力を調整するモデルを想定しています。
(「BEST-P建築操作マニュアル」の「4. 昼光の計算法」を参照してください。)
従いまして、天井に窓を設けた場合の計算には適用できないと考えております。
また、現状ではその機能について開発する予定は、残念ながらありません。
以上は、アカデミック版に限らずBEST専門版全体についての話であります。

※「BEST-P建築操作マニュアル」はBESTホームページでご覧になることができます。
URL:http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/
「マニュアル」>「(BEST-P)プログラムマニュアル」>「C_建築操作マニュアル」

質問者ID:FAQ−225
簡易版1.2.5
2016/11/24
No.660
★2016/11/16お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
BEST(簡易版)-Ver.1.2.5(アカデミック版) に関して、bestBuilM内のデータに関しての質問です。

1)計算したbestBuilMのデータでは、室負荷S(顕熱)と室負荷L(潜熱)を合計しても、室負荷T(全熱)になりません。設定上の問題でしょうか?

2)計算したbestBuilMのデータでは、コアを設定しましたが、インテリアのゾーンDのデータが表示されません。設定上の問題でしょうか?

回答者ID:7、18
2016/12/8
No.660
1)月別負荷計算値("bestBuilM.csv"内の数値)は、冷房/暖房別に集計されていますので、各計算時間での負荷結果値("bestBuilU.csv"内の数値)を集計する場合にも、正の値(顕熱が冷却負荷もしくは潜熱が除湿負荷の場合)と負の値(顕熱が加熱負荷もしくは潜熱が加湿負荷の場合)と別々に集計する必要があります。
それから、各時間の負荷値に乗じる時間(時間間隔)ですが、月別負荷計算値("bestBuilM.csv"内の数値)は、その値が出る前後の時間間隔の1/2ずつを使用しています。

従いまして、集計方法は以下のようになります。
[("bestBuilU.csv"の中の各計算時間での負荷値[W/m2])×{0.5*(後方の計算時間間隔+前方の計算時間間隔)[sec]}/1E+6[MJ/Wsec]]
※上記の集計を「"bestBuilU.csv"の中の各計算時間での負荷値」の符号(±)別に行う。

BEST専門版講習[建築・初級]で使用した例題を使って集計してみた例をアップロードしておきますので、必要に応じて、下記の指示に従いダウンロードしてみてください。
各時間の負荷値に、その負荷値が出た時間間隔を乗じて集計した方("bestBuilU集計値とbestBuilMの値の比較A(後時間間隔集計).xlsx")は結果に差が出ますが、値が出る前後の時間間隔の1/2ずつを使用して集計("bestBuilU集計値とbestBuilMの値の比較B(前後時間間隔集計).xlsx")するとほぼ差は出ないことが判ると思います。

2)インテリアゾーンがコア(非空調)になっている場合は、計算対象外となるため、出力はされません。

質問者ID:FAQ−229
-
2016/11/28
No.659
今後、BEST専門版を利用するか検討中なのですが、コージェネと太陽熱の複合システムに関する論文でBEST専門版で太陽熱を空調で利用するようなことが記載されていたのですが、実際に可能なのでしょうか?また、可能な場合のその方法を教えていただけるとありがたいです。
回答者ID:06、10、15
2016/12/2
No.659
BEST専門版では、システム構築に必要なモジュールは用意されておりますので、太陽熱を空調で利用することも可能です。
但し、構築方法を詳しく説明する資料やモデルは御座いませんので、ご自身でご作成頂くことになります。
太陽熱集熱器周りのシステムにつきましては、衛生設備操作マニュアルp33-41、P51-52を参考にしてください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/
尚、システム構成はやや異なっていますが、BEST専門版のセットアップの”テンプレート2011”の”太陽熱”に、太陽熱利用のテンプレートがございますので、こちらも参考にしてください。

質問者ID:FAQ−228
-
2016/11/24
No.658
Windows10(32bit/64bit)環境での動作対応について、教えていただけますでしょうか。
回答者ID:16
2016/11/30
No.658
動作することを確認しています。

質問者ID:FAQ−227
-
2016/11/22
No.657
1.太陽熱利用に対応した空調はありますか?具体的にどういった入力方法(項目)になるのでしょうか?(マニュアルなどあると助かります。)

2.太陽集熱器で得た熱を給湯と太陽熱利用空調の両方に回すことは可能でしょうか?
回答者ID:10、15
2016/11/24
No.657
ご使用中のプログラムに関するお問い合わせは、以下のURLよりお問い合わせください。
https://www.ibec.or.jp/best/contact02/contact_frm.cgi

ご質問は、専門版に関する内容ということで宜しいでしょうか。
BESTでは、太陽熱利用に対応した空調は用意しておりません。予めご了承ください。
尚、太陽熱利用給湯は計算可能です。

質問者ID:FAQ−226
1602
2016/11/16
No.656
下記2点質問させて下さい。
・BESTホームページに公開されているマニュアル「D_01_空調設備導入マニュアル.pdf」のP.48では、D_040_ 空調設備セントラル建物データ201109.zipを読み込んでいますが、現在ホームページでダウンロードできるのはD_040_空調設備セントラル データ20120220.zipです。2011年版を提供して頂けないでしょうか。
(2012版だと、マスター_設備_テンプレート_建物全体の中に用意されているテンプレートは4種類のみですが、2011版は種類が多いようなので、こちらの.zipデータを使って作業したいため。)

・問合せに添付資料を送付したい場合、どのような方法をとればよいでしょうか。
回答者ID:06、15
2016/11/18
No.656
2011のデータを添付いたします。
尚、旧バージョンデータを読み込む場合は、入力項目の変更等によりスムーズに計算できない場合もありますので、予めご了承ください。

添付資料を送付頂く場合は、以下をご覧いただき、メールに添付してお送りください。
http://www.ibec.or.jp/best/utility/contact_mail.html

質問者ID:FAQ−225
簡易版1.2.5
2016/11/16
No.655
BEST(簡易版)-Ver.1.2.5(アカデミック版) に関して、bestBuilM内のデータに関しての質問です。
1)出力項目の室負荷(S、L、T)(MJ/m2)は室負荷(顕熱、潜熱、全熱)でしょうか?
2) 室負荷S(顕熱)+室負荷L(潜熱)は、室負荷T(全熱)ではないのでしょうか?
3) bestBuilM内にインテリアのゾーン5のデータが記載されてないのですが、ゾーン5は計算しているのでしょうか?
回答者ID:10、15
2016/11/18
No.655
1)ご指摘の通りで宜しいです。
2)室負荷S(顕熱)+室負荷L(潜熱)は室負荷T(全熱)となります。
3)プログラム側でペリメータ奥行5mのゾーンを自動的に生成しますが、
全てのゾーンがペリメータとなる場合やインテリアが非空調室で占められている場合はゾーン5のインテリアが存在しなくなります。

質問者ID:FAQ−224
1602
2016/11/16
No.654
・建築計算をせずに、空調および蓄熱システムの計算をすることは可能ですか?
・シミュレーション対象建物の、1時間毎の室負荷kwh(顕熱、潜熱)の情報は提示されており、この負荷情報を使用して、BESTで空調および蓄熱システムのシミュレーションを行いたいと考えています。
・上記のような計算方法は可能なのか、可能な場合どのような入力手順で行えばよいか、ご教示頂けますでしょうか。
また、関連するマニュアルなどありましたら教えて下さい。
回答者ID:06、15
2016/11/18
No.654
空調及び蓄熱システム等の設備システムは、境界条件として空気や水の条件をcsvファイルにて時刻別に指定することは可能ですが、室負荷kwhの情報にて、直接 空調および蓄熱システムのシミュレーションを行うことは出来ません。

境界条件の設定方法は、例題演習テキスト TRY-BEST 2015-10(改訂版)p118の”2.1.9 熱源サブシステムの部分負荷特性をチェックしよう”をご覧ください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/pdf/manual/TRY-BEST201510_full.pdf

質問者ID:FAQ−002
1406
2016/11/14
No.653
最近販売されている断熱フィルム(赤外線を反射するフィルム)を窓に貼り付けた場合について熱負荷計算したいと考えていますが可能でしょうか?
http://www.sumitomoriko.co.jp/refle-shine/
フィルムの日射熱取得率、遮蔽係数、日射透過率、熱貫流率などのパラメータが分かりますので、数字を入れれば計算できるような気がするのですが、特に断熱フィルムの特長である暖房時の室内の赤外線を反射する効果がBESTで再現できるのか知りたく思います。
回答者ID:7、18
2016/11/18
No.653
断熱フィルムを貼った場合の熱性能の補正は簡単ではありません。
熱貫流率は断熱フィルムの放射率から推定する放射熱伝達率によって補正可能ですが、日射熱取得率などの補正は困難です。
断熱フィルムのメーカーにご相談頂くのがよいと思います。

入力画面の選択肢(データベース)にない窓ガラスを使用する場合の入力方法については、BESTホームページの『よくあるご質問 〜 Q8.操作方法(マニュアルなど)に関するお問い合わせ』(http://www.ibec.or.jp/best/faq/operate/)の中の「8.1(建築) 壁体構成や窓ガラス種類の入力画面で、データベースにない材料やガラスを入力することはできますか?」に記載されておりますので、そちらをご参照ください。

質問者ID:FAQ−232
-
2016/10/17
No.652
お世話になります。御客様より、弊社経由で「The BEST Program」×1ライセンスの見積り依頼(必要な保守や役務などを含む)があり、こちらの製品が販社経由でお客様に提供できる製品かどうか知りたく、ご連絡させて頂きました。こちらの製品は、エンドユーザー様と貴社の直接の契約になりますでしょうか?販社経由での販売が可能であれば御見積を頂きたいのですが、その場合は何の情報が必要でしょうか?お手数お掛け致しますが、よろしくお願いいたします。
回答者ID:10、15
2016/10/18
No.652
エンドユーザー様との直接契約となります。
ユーザー登録に関しましては、以下のURLをご覧ください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/user.html

質問者ID:FAQ−197
1602(0331)
2016/10/6
No.651
★2016/9/20お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
いつもお世話になっております。

前回いただいた回答から、BEST専門版を用いて、HP給湯器の給湯計算を行うために、例題データから修正を行いシステムの構築を行いました。

しかし、衛生加熱装置-温水給湯HPの電力消費量の計算結果がえられません。

実行プログラムと計算結果をお送りさせていただきます。
衛生加熱装置周辺のシークエンス接続がおかしいと考えられます。
シークエンス接続の図が作成中となっており確認する手段がないため、こちらに問い合わせさせていただきます。計算結果がえられるように、ご指導のほどよろしくお願いいたします。
回答者ID:10、15
2016/10/6
No.651
頂戴した入力データを確認しました。
HP給湯器の場合にはボイラーと異なり、違う貯湯槽モジュールを用いるなど、モジュール構成が変わります。
ShareStageにサンプルデータ「20121114 給湯(HP給湯器).zip」をアップしましたので、お手数ですが、このファイルを用いて入力仕様を変更し計算実行いただけますでしょうか。
シェアステージにアップしておりますので、ここからダウンロードください。
http://www.the-best-program.sharestage.com/UA001
HOME / GroupDisk / 【共通】マニュアル・サンプルデータ / BEST専門版マニュアル&データ / サンプルデータ / 給湯(BEST1204)

質問者ID:FAQ−218
1602
2016/9/28
No.650
ビルマルチ空調機器においては中間性能に対する負荷率補正ができると聞きました。
操作画面において、以下の補正値を設定する方法を教えてください。
もし、設定不可であれば現状どういった値に設定されているか教えてください。

・代表能力補正Phpi(冷房、暖房共に)
・個別中間容量比φm(冷房、暖房共に)
・個別中間入力比Pm(冷房、暖房共に)
・個別中間性能補正β(冷房、暖房共に)
・室温能力補正Kti(冷房、暖房共に)
・室温入力補正Kwti(冷房、暖房共に)
・外気能力補正Kta(冷房、暖房共に)
・外気入力補正Kwta(冷房、暖房共に)
・配管長能力補正KLpi(冷房、暖房共に)
・高低差能力補正Khu(冷房、暖房共に)
回答者ID:06、08
2016/10/3
No.650
*中間性能についての負荷率補正の方法は、「機器特性マニュアル」の(4−7)ページ等で説明しています。
室外機の入力画面の「中間冷房能力、中間冷房入力(電力)」、「中間暖房能力、中間暖房入力(電力)」の入力値から冷暖房の
  中間負荷率φm=中間能力/定格能力
  中間入力比Pm=中間消費電力/定格消費電力
を算定しています。
その他の特性に係る設定値は現在非公開となっており、変更も行えません。

質問者ID:FAQ−197
1602(0331)
2016/9/20
No.649
いつもお世話になっております。
BEST衛生設備について、マニュアル通りに計算を行ったはずですが、計算途中でエラーが出て、そのエラー内容が不明のため問い合わせさせていただきます。

今回の計算では、衛生設備計算のみとしており、建築等の他の計算は「しない」に設定しております。
お忙しいところ大変申し訳ありませんが、どのような原因かを教えていただけないでしょうか?データをお送りさせていただきます。
回答者ID:10
2016/10/3
No.649
入力データを拝見しました。
衛生加熱装置が多種複数設定されており、このような複合給湯システムは計算が出来ません。
まずは、単一熱源として、システムを組んで計算をしていただけますでしょうか。
参考となる例題テキストと入力データは以下よりダウンロード出来ます。
http://www.ibec.or.jp/best/program/kosyu-items_H26.html
「平成26年度講習会の「各種プログラムの使い方」(平成26年10月10日開催)」
「給排水システム計算」をご参考ください。

質問者ID:FAQ−221
-
2016/9/7
No.648
BEST専門版の導入を検討しているものです。
カタログやパンフレットの郵送を希望いたします。
回答者ID:20
2016/9/9
No.648
BESTの導入をご検討頂いているとのこと、ありがとうございます。

BESTの関連情報は全てWeb上でご案内しております為、印刷物等での配付物を作成しておりません。

大変恐縮ですが、下記URLにて公開しておりますパンフレット等をご参照いただければありがたく存じます。

パンフレット
http://www.ibec.or.jp/best/about/index.html

ユーザー登録については、
「プログラムの活用」→「ユーザー登録」のページをご参照ください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/user.html

マニュアル、過去の講習会動画等については、
「プログラムの活用」→「マニュアル」のページをご参照ください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/

質問者ID:FAQ−220
1602
2016/8/31
No.647
お世話になっております。
先日、フルユーザー用のUSBライセンスキーが届けられましたので、動作チェックを行っているところですが、BEST専門版の起動が出来ずに困っています。
ライセンスキーのドライバと専門版の解凍までは順調に行えています。
ライセンスキーを指して専門版の起動を試みたところコマンドプロンプト・タイトル画面が表示された後に両方とも閉じてしまい、それ以降反応がありません。
ライセンスキーを差さない状態で起動した場合も同様の動作になるので、どうやらキーの認証がうまくできていないようです。

このような症状への対応をご教示願えますでしょうか。
よろしくお願いいたします。
回答者ID:16
2016/9/9
No.647
ウィルス対策ソフトによってお問い合わせ内容と同様の現象が発生したケースがあります。
オフラインにし、ウィルス対策ソフトを停止してからデバイスドライバーをインストールし直してみてください。

質問者ID:FAQ−219
-
2016/8/18
No.646
専門版の建築プログラム計算を請け負ってもらえる会社を探しています。ご紹介いただくことは可能でしょうか。
回答者ID:10、15
2016/8/23
No.646
申し訳ございませんが、計算の請負会社の紹介などは行っておりません。

質問者ID:FAQ−218
1602
2016/8/8
No.645
以下の2点についてご質問があります。
(1)国土交通省Webプログラムと同一条件でBESTにて計算したいと考えています。Webプログラムの入力シート(Excel形式)をそのまま使うことができますか?
できなければBESTの入力形式に変換するツールがありませんでしょうか。

(2)全熱交換機を含む空調計算サンプルで事務所を対象としてものを探しています。データベースの中にありませんでしょうか。
回答者ID:10、15
2016/8/8
No.645
(1)国土交通省Webプログラムの入力シートをそのままBESTへ利用することは出来ません。また、BESTの入力形式に変換するツール等もございません。

(2)BEST専門版には、全熱交換器を含む空調計算サンプルはございませんが、BEST平成25年省エネ基準対応ツールには、例題演習テキスト TRY-BEST 2015-10(改訂版)の「2.1. 空調システムシミュレーションを体験しよう」に、いくつかサンプルがございます。
http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/

また、BEST平成25年省エネ基準対応ツール若しくはBEST誘導基準認定ツールでは、設備機器を入力する際に(一部)Excelによる入力補助機能をご利用頂けます。

質問者ID:FAQ−230
-
2016/7/26
No.644
BESTアカデミック版の件についてですが、別のPCでBESTを起動しようとしたとき、コマンドプロンプトの画面が出てきた後にすぐに消えて、BESTが起動しないという症状が発生しています。
このような場合、どのように対処すればよろしいでしょうか?
ご助言の程、よろしくお願いいたします。
回答者ID:16
2016/7/26
No.644
下記についてお知らせください。
*ご使用のOS =
*ご使用のOSバージョン =
*Javaのバージョン =
*BESTの種類 =
*BESTのバージョン =

ご使用のプログラムに関するお問い合わせは、下記よりお願い致します。
https://www.ibec.or.jp/best/contact02/contact_frm.cgi

質問者ID:FAQ−216
1602
2016/7/26
No.643
・BESTのメモリーを増やす方法pdfより、”BEST-P.bat”を編集可能な形式で開き、(768)を(2048)へ変更しました。
※64ビットを使用しているのですが、(2048)へ変更すると【BEST専門版】のソフトが起動しません。
(2048)から(1024)へ変更すると、ソフトが起動しました。

Q1:なぜ、上限2048では起動しないのでしょうか。
・tsZACG 40系統AHUゾーン×1×1VAV のデータを登録することができませんでした。【(1024)で起動】
※BEST-P 空調設備導入マニュアル(例題12.空調系統数を変更する)のデータを読み込みました。手順を以下に示します。

(1)テンプレート 空調系統北 5系統 AHU+ゾーン×1×5 VAV20101111
↓ テンプレート入替
(2)テンプレート 空調系統 40系統 AHU+ゾーン×1×5 VAV20101111

(3)前回の質問内容同様、途中で止まってしまいます。(tmZACG tmゾーン空調_10 まで、読み込めます)

※画像上に出ているエラーメッセージをご確認下さい。

エラーメッセージ















Q2:対応策の回答をお願い致します。
回答者ID:16
2016/7/26
No.643
Q1について
64bitのJavaがインストールされていますでしょうか。
64bitであれば、PC環境に合わせて上限を設定することが可能です。

Q2について
パソコンの環境によってはスタックメモリの設定も必要となる可能性もあります。
以下の操作を追加で行って頂けますでしょうか。

専門版の起動バッチファイルに次のように「-Xss8192k」(←8メガ確保の場合の例)を追記してください。256の整数倍で設定してください。

java -XX:PermSize=128m -Xmx768m -Xss8192k -cp・・・・・・・・・・・・・・・

−Xmx768m  は前回回答させて頂いた通り、 -Xmx2048m(2ギガ)、-Xmx8192m(8ギガ)といった具合にPC環境にあわせて増やしてください。

上記の設定にて、40系統、80系統の場合のテンプレートも作成できることを確認しました。

質問者ID:FAQ−216
-
2016/7/20
No.642
内容:BEST専門版(1602版)を使用しております。
【設備】テンプレート2012より、(空調系統 _tsZACG)→tsZACG 40系統AHUゾーン×1 ×1VAV のデータ登録をすると、エラーになり途中で止まってしまいます。
空調系統5系統までは登録できるが、10系統以降はエラーが生じ登録できません。
こちらのパソコン容量が原因でしょうか、若しくは、テンプレートの不具合なのでしょうか。対応策をご教示頂きたいです。
回答者ID:06、15
2016/7/22
No.642
BEST1602版にてテンプレート2012の(空調系統 _tsZACG)→tsZACG 40系統AHUゾーン×1 ×1VAV のデータを登録できることを確認致しました。
テンプレートのモジュール数が多いため、PCスペックによって読み込めない可能性もあります。
BESTのメモリーを増やす方法.pdfを添付いたしますので、PCの能力に余裕がある場合は参考にしてください。
PCやご使用のプログラムバージョン等の情報が必要となりますので、ご使用中のプログラムに関するお問い合わせは、下記のURLよりお願いいたします。
https://www.ibec.or.jp/best/contact02/contact_frm.cgi
また、エラーログ(BestLog0.log)があれば、合わせてお送りください。
(添付資料がある場合は下記のURL参照)
http://www.ibec.or.jp/best/utility/contact_mail.html


質問者ID:FAQ−217
-
2016/7/22
No.641
ダブルスキンの熱貫流率計算ロジックについて質問です。
こちらで開示されている情報のなかで、「ダブルスキン、エアフローウィンドウの熱性能式の提案」(日本建築学会論文集 第77巻 第682号)にダブルスキンの熱貫流率の計算式が示されています。
表4に示された熱特性値を用いて計算した場合、ダブルスキンの熱貫流率は必ず非通気時(1.71W/m2K)以上の値をとると思います。
一方、「ダブルスキン熱性能値と実測値の比較」(空衛学会学術講演論文集2014.9.3-5)に示されたダブルスキンの熱貫流率は1.1W/m2K程度とかなり小さいです。ガラス単体での熱貫流率が示されていませんが、一般的な仕様と考えれば1.7W/m2K程度が妥当です。
とすると、ダブルスキンにすることで、非通気時の熱貫流率よりも改善していることになり、先述の性能式と矛盾します。
「計算値と実測値はよく一致した」との記載がありましたが、どのように計算されているのでしょうか。矛盾についてご説明いただけますでしょうか。
回答者ID:18
2016/8/29
No.641
「ダブルスキン、エアフローウィンドウの熱性能式の提案」(日本建築学会論文集 第77巻 第682号)の表4に示されている値と、「ダブルスキン熱性能値と実測値の比較」(空衛学会学術講演論文集2014.9.3-5)に示されている値が異なる主な理由は、窓ガラスの物性値(データベースの値)の違いと空気層の厚さの違いによるものです。

1)物性値データベース
現在BESTで使用しているデータベースは、板硝子協会との調整により熱伝達率などの物性値を変更して再計算したものです。最新の値は、BESTのホームページに掲載しています(http://www.ibec.or.jp/best/program/db/)。
日本建築学会論文集 第77巻 第682号に対して、全般的に断熱性能が高くなっています。

2)空気層厚さ
日本建築学会論文集 第77巻 第682号の表4の値は、内側ガラスの空気層が6oの場合ですが、空衛学会学術講演論文集論文では、実在建物の仕様に合わせて空気層厚さを12oとしています。具体的には、BESTの物性値データベースの材番=1414,空気層=12o、ガラス厚=12o、U値=1.0(ブラインド有)です。

質問者ID:FAQ−216
-
2016/7/12
No.640
BEST導入時の基礎講習会の実施をお願いできますでしょうか。
普及初期のCADソフトのように、導入時の講習を有料かつ個別で行っていただきたいです。
サポート体制は、メールでもよいが電話で直接サポートできる体制が整っているとよいと思います。
回答者ID:10、15
2016/7/22
No.640
講習会につきましては、プログラム毎に実施しております(以下のURL参照)。
http://www.ibec.or.jp/best/event/index.html
個別の有料講習は行っておりません。まずはIBECで開催の講習会へご参加ください。また、サポート体制につきましては、メールのみとなりますのでご了承ください。

質問者ID:FAQ−211
1602
2016/6/13
No.639
建築単独計算での年間負荷計算について、外気導入量はゾーン空調条件からCMH/m2で固定入力になっていますが、これを人員スケジュールに応じて、外気量を変化させたいです。
実際の制御はCO2制御ですが、BEST上では25CMH/人から、人員スケジュールによる外気量制御にて代替し、年間負荷計算しようと思いますが、どのようにしたら良いでしょうか。
また、外気負荷は全熱交換器を経由したものとして、計算させたいのですが、全熱交換器の入力はできるでしょうか。
回答者ID:18
2016/6/14
No.639
在室人員による取入れ外気量の制御は、空調設備によって行われるものですので、建築単独計算では取り扱うことができず、設備連成計算を行う必要が有ります。
建築単独計算では、ゾーン毎の隙間風の設定にて換気回数のスケジュール設定ができるようになっていますので、これを擬似的に利用する方法も有ります。ただし隙間風負荷は建物負荷として集計されてしまい、取入れ外気負荷だけを取り出してみることができませんので、ご注意ください。
全熱交換器による負荷削減効果の考慮は、ゾーン空調条件画面の外気取入量に対し、(1−熱交換効率)を乗じた値を入力することで対応できます。
質問者ID:FAQ−210
簡易版1.2.5
2016/6/7
No.638
BEST PROGRAM簡易版(Ver.1.2.5)に関して、計算結果の一次エネルギー消費量に関しての質問です。
BEST PROGRAMを用いて一次エネルギー消費量を出力しようとしているのですが、結果として出力されるエネルギー消費量の中で、「その他」の割合が非常に多くなっております。
「その他」項目について調べてみましたが、これは何のエネルギー消費が「その他」に分類されるのか、 何の入力値を変更すれば「その他」の値に影響を与えるのかわからない状態です。
どの様なパラメータ入力がこの項に効いてくるのか、ご教示いただけないでしょうか。
回答者ID:06、15
2016/6/13
No.638
非住宅のハンドドライヤーや温水便座の電力(固定値)が自動的に加算されています。不要の場合は無視してください。,
質問者ID:FAQ−209
1602
2016/5/25
No.637
以下の操作をすると、入力エラーが出ました。
どうしたら良いでしょうか。
@平成25年省エネ基準対応ツールver1.2.1にて建物モデルを作成し、計算を実行した後に専門版で結果を操作するため、simulation.zipを作成し専門版に取り込みました。
ATRY BESTに書かれている方法で計算を実行したところ、省エネ版では計算できていたのに、各ゾーンの床と天井の値がゼロまたは負の値となっているとのエラーが出ました。
回答者ID:10、15
2016/6/2
No.637
”天井、及び床面積が0あるいは負値です。”という警告メッセージは、無視して頂いて良いです。
平成25年省エネ基準対応ツールでは、自動的に上下階に挟まれた床と天井を作り出しているため、屋根若しくはピロティがある室では、これらの面積が0となります。
質問者ID:FAQ−043
-
2016/4/28
No.636
BEST-P専門版を使用しております。
ホームページにございます(BEST-P)プログラムマニュアルの例題データをダウンロードはできませんでしょうか。
D_01_空調設備導入マニュアルテンプレート機能を使用した建物全体の計算例についてについて 例題1〜例題16
回答者ID:06
2016/5/23
No.636
D_01_空調設備導入マニュアルのテンプレート機能を使用した建物全体の計算例のデータの公開は行っておりません。
以下の講習会データやTRYBESTにつきましては公開データがございますので、こちらをご利用ください。
・講習会のデータ
http://www.ibec.or.jp/best/program/kosyu-items_H25.html
・TRYBESTのデータ
http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/
質問者ID:FAQ−208
1307
2016/4/13
No.635
(株)バウ・フィジック デザインラボの田崎と申します。
床面地上高についてご質問です。
床面地上高=0とした場合と床面地上高>0(例えば0.05m等)にした場合では大きく結果が変わってきます。床面地上高が0かそれ以外で、どのような要素に影響を与えるのでしょうか。また、その際どのような計算をしているのか教えて頂けますでしょうか。
回答者ID:18
2016/4/14
No.635
プログラムバージョン1406までは、隣棟の設定が有り、かつ、ゾーンの床面地上高が0より大きい場合、日射の地表面反射が0として計算されておりましたが、次のバージョン1506からは、同じ設定条件でも日射の地表面反射を算入して計算するように修正しております。
これは、ゾーンの床面が地表面よりも高いところにあっても、現実には、日射は地表面で反射して外壁面に照射されると考えられることによるものです。
計算例としてご提示いただいたデータでも、床面地上高さが0mの場合には日射の地表面反射成分が計算に算入され、0.5mの場合には算入されなかったため、冬期暖房負荷は0.5mの方が大きく、夏期冷房負荷は0mの方が大きくなったのだと思われます。最新のプログラムの計算した結果では両者の負荷の値は同じであったので、庇の設定が床面高さに及ぼす影響はないと考えられます。

補足ですが、日射の地表面反射成分については、全天日射量の値に地表面反射率を乗じたものが外壁面や窓面に照射されるものとして計算されますが、隣棟(間隔、高さ)設定の内容や、ゾーンの床面高さによる影響は考慮しておりません。
質問者ID:FAQ−207
簡易版
2016/4/11
No.634
専門版までは考えてないのですが、平成25年省エネ基準対応ツールもパンフレットの簡易版に掲載されているような「一次エネルギー消費量内訳」「月別負荷」などは可能でしょうか。
基本的に簡易版でできることはできると考えてよろしいでしょうか。
回答者ID:10、15
2016/4/6
No.634
いくつか異なる部分もありますが、基本的に簡易版でできることは出来ると考えて宜しいです。
「一次エネルギー消費量内訳」・・画面上に表示されます。
「月別負荷」・・・年間熱負荷(PAL*)の画面表示はあります。
月別の結果は、計算結果出力という機能により、エクセルで結果出力を行うことが可能です。
BEST操作編解説書 P181(3.9.2 計算結果の出力)参照
http://www.ibec.or.jp/best/eco/pdf/BEST_kaiseitool_sousa_201505_2.pdf
質問者ID:FAQ−207
簡易版
2016/4/6
No.633
簡易版のみを利用できる申し込みはあるのでしょうか。
回答者ID:10、15
2016/4/6
No.633
簡易版のみ利用できる申し込みはございません。
簡易版をご利用いただくには、フルユーザーでお申込みいただく必要がございます。
以下のURLをご覧ください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/pdf/user/information_v4.pdf

尚、比較的簡易な入力での検討が可能なツールとして、平成25年省エネ基準対応ツール等が御座います。
こちらは、”省エネ基準対応ツールユーザー登録”にてご利用頂けます。
質問者ID:FAQ−198
1506
2016/4/1
No.632
例題13等にある連成計算中の一次エネルギー消費量のトレンドグラフや計算結果に含まれる「その他(電気/ガス/油)」の中身の内訳は何でしょうか?
厳密に言えば、それぞれ建物・設備モデルを作った際に、自らでシーケンス接続で振り分けるのかとは思いますが、例題の振分け方を参考にしたいです。
あるいは一次エネルギー消費量の項目名を任意の名称に変えることは出来ないでしょうか?
回答者ID:06
2016/4/19
No.632

機器分類

連成計算中の一次エネルギー消費量のトレンドグラフや計算結果に含まれる「その他(電気/ガス/油)」の中身の内訳は、例えば、衛生器具(温水洗浄便座、ハンドドライヤー)、変圧器損失、特別に入力した機器などです。
「空調熱源本体」や「空調熱源補機」の分類は、右図を参考にしてください。
一次エネルギー消費量の項目名については、平成25年省エネ基準対応ツール等に対応するために、モジュール内で固定としております。
質問者ID:FAQ−202
-
2016/3/3
No.631
専門版を使用しております。
シミュレーション結果を、参考情報として、弊社顧客に提供することを考えておりますが、規約上問題ないでしょうか?
御社ソフトを用いた点、引用の必要性など、制約がありましたらご教示いただけますでしょうか。
回答者ID:10、15
2016/3/9
No.631
シミュレーション結果をご利用いただくことについて、契約上の問題はありません。
ご利用条件につきましては、以下のPDFをご覧ください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/pdf/user/user_policy.pdf
質問者ID:FAQ−206
-
2016/2/25
No.630
TRY-BEST等の体験をしてみたいと考えていますが、どこか公開している場所はありませんでしょうか。
回答者ID:10、15
2016/3/1
No.630
TRY-BEST等の体験につきましては、現在のところユーザーになっていただく必要がございます。
テキストや入力データにつきましては、以下のURLより自由にダウンロードしてご利用頂くことが可能です。http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/

ユーザー登録に関しましては、以下のURLをご覧ください。
(フルユーザー若しくは平成25年省エネ基準対応ツールユーザーがございます。)
http://www.ibec.or.jp/best/program/user.html
質問者ID:FAQ−215
-
2016/2/17
No.629
講習会の例題 空調「2ゾーンオフィス」などで試行しているのですが、いくつか教えていただきたい点があります。よろしくお願い致します。
@外部からの設定について
「設定値を外部から与える」にチェックを入れる欄があります。このとき、「外部」とはどこで設定されるのでしょうか。(どの階層のどの設定画面でしょうか。)
(補足)
講習会の例題では、ペリメータ側VAVをCAVに変更しています。
テキストでは以下の画面のように、VAV PID制御が残っています。但し、以下のように、設定値を外気から与えるようになっており、活用されていないようにも見えます。シーケンス接続は残ったまま。
このとき、ペリメータの制御は、「外部」のどこの設定に依るのでしょうか。

A帳票出力について(入力データの確認方法)
共通データ、建築データの出力をしたいとき(入力した外壁や内壁の設定値、機器発熱などの値、スケジュールなどを確認するため)、以下の設定画面でチェックを入れると思うのですが、上から5つ(共通データ、建築データ)にチェックが入れられません。
(IBECホームページQ&A No.596で、「現在利用できないようになっています」と回答があります。)
共通データ、建築データのチェックをしたいとき、帳票出力以外の方法はありませんでしょうか。例えば、workフォルダなどに、生データ(csv形式など)で、共通データ、建築データを見ることのできるデータが作成されていませんでしょうか。

BPMV計算式、OT計算式について
IBEC ホームページQ&A No.525、467に出典の記載もありますが、計算式を確認させてください。(特にOT(作用温度))
●PMV計算式
空衛便覧 第14版 1基礎編、p.333に記載の下式(13.28)でよろしいでしょうか。
●OT計算式
空衛便覧 第14版 1基礎編、p.332に記載の下式(13.10)(@)において、BESTでは、平均放射温度をAST(周囲面温度の面積加重平均値)としている。
このhc、hrの式は、後述の石野、郡、佐藤(豊)(敬称略)の論文「人体Two-Node Modelの簡易化と応用に関する研究」(1993年9月)の式Aでよろしいでしょうか。
「人体Two-Node Modelの簡易化と応用に関する研究」(1993年9月)より抜粋
輻射熱伝達率hr=4 固定
対流熱伝達率hc=上記文献の式
回答者ID:06、7、16、18
2016/2/17
No.629
@PIDモジュール の 「設定値を外部から与える」 については次の動作となります。
これにチェックがないときは、 OPE1_設定値〜OPE3_設定値で入力した値となるように制御します。
これにチェックを入れた場合は、このモジュールの接続ノード「valInSP_ConOpe」の情報で制御します。
接続先は固定(固定のモジュール)ではないので、シーケンス接続画面で調べる必要があります。
*VAV用のPIDモジュールの場合、「空調機制御モジュール」から設定値を与えることがあります。

Aworkフォルダ内の以下のフォルダに画面入力値が保存されたCSVファイルが格納されています。
「work/Files_ObjectInfo/Object001/FloorData」

BPMVを求める最終式とOTの式は便覧に記載の式と同じで、OT計算用の平均放射温度はASTで代用しています。
熱伝達率等については簡易化モデルの式ではありません。

PMVは、Fangerの文献に忠実に計算しています。
便覧の式(13.27)にも示されていますが、PMV計算での放射熱伝達は一次元化しない式を使用していて、放射熱伝達率は使用しません。放射率0.97を使用してます。
PMVの計算が終了してから、OT計算用に、衣服の表面温度とASTを使って放射熱伝達率を求めています。
対流熱伝達率は、自然対流はニールセンらの式、強制対流はウィンスローらの式です。
質問者ID:FAQ−205
-
2016/2/4
No.628
BESTの資料請求とセミナーは福岡でも開催されているのか知りたくて連絡させて頂きました。宜しくお願い致します。
回答者ID:10、15
2016/2/8
No.628
福岡でのセミナーや講習会の予定はございません。
東京で開催している講習会は以下のホームページに記載しておりますので、宜しければこちらにご参加ください。
http://www.ibec.or.jp/best/event/index.html
カタログ等につきましては、ホームページにアップされておりますので、そちらをご覧ください。
■パンフレット
http://www.ibec.or.jp/best/about/pdf/pamphlet_131212.pdf
■登録方法
http://www.ibec.or.jp/best/program/user.html
■マニュアル
・専門版
http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/
・BEST省エネ基準対応ツールの概要・登録方法・マニュアル等
http://www.ibec.or.jp/best/eco/index.html
質問者ID:FAQ−204
簡易版1.2.5
2016/1/12
No.627
1時間ごとの全ゾーンの冷暖房負荷を知りたいのですが、どのファイルに入っているbestBuilHの、どこのゾーンデータを見ればよいでしょうか。bestBuildHは[building],[peakLoad],[system]の3つのファイルの中に入っていますがどれを見たらいいのでしょうか。また、ゾーンはPALと、PALがついていないものがありますが、どちらを見ればよいのでしょうか
回答者ID:15、16
2016/1/13
No.627
・ファイルの種類と出力先について
D:\Users\個人フォルダ名\AppData\Roaming\BEST-ES\workspace\result 
内にCSV形式で結果が出力されます。(※Windows7の場合)具体的な中間ファイル名称及び格納場所は、以下の通りです。best_result.csvが一次エネルギーの計算結果となっています。
◆項目 ◆場所(\result) ◆CSVファイル名称
◇最大負荷計算結果 ◇peakLoadフォルダ ◇bestBuilH.csv、buildingU.csv
◇年間熱負荷計算結果 ◇Buildingフォルダ ◇buildingM.csv、bestBuilH.csv、buildingU.csv
◇一次エネルギー計算結果 ◇systemフォルダ ◇best_result.csv

・bestBuilH.csvに出力されるゾーンの名称について
フロアの種類が1種類でかつ1階建ての場合、フロア0-Rゾーン・・・や、フロア0RPALゾーン・・・等の結果が出力されます。また、フロアの種類が2種類以上になると、フロア0…の、0の部分が1〜順に増えていきますが、この数字は階数とは異なります。
Rの部分がPの場合はピロティがある階、PもRもつかない場合は中間階(基準階)を示します。
尚、Rは建物全体の最上階ではなく各フロア(形状)の最上階の意味となります。よって、階数が1階しかない場合は、フロアXX−Rの結果が表示されます。
フロアゾーンの名称の「フロアー0ゾーン1-5」の最後の数字は、方位を表しています。  具体的には、「建物形状と方位 ‥」の画面の  PALの4方位(青:1、黄:2、赤:3、茶:4)と、インテリア(クリーム色:5)です。

・出力データの名称(PALが付いているものとついていないデータ)について
一次エネルギー計算を行うと、PALが付いているものとついていない結果が出力されるかと思います。
PALがついている結果は、CEC/ACの分母(年間仮想空気調和負荷)算出用のゾーンになります。
そのため、一次エネルギー計算を行った場合は、PALのついていない方をご覧ください。
質問者ID:FAQ−214
-
2016/1/12
No.626
BEST講習会 例題演習によるBEST体験 TRY BEST 2009-8.1【TRY BEST 2011-11 (更新:BEST110930版対応)】について質問させていただきたいと思ます。

この講習会での配布データである、「2.12 住宅の年間負荷計算を実行してみよう」のファイルを用いて、住宅用標準問題の計算を行っています。
今回質問させていただきたいのは、このサンプルデータにおける「内部発熱」、「人体発熱」及び「照明」の時刻変動スケジュール設定の元となっているデータについてです。

サンプルデータに入力してあるように時刻変動スケジュールを入力するには、それの元となる居住者の行動スケジュールが必要になると思うのですが、どのようなものを用いているのでしょうか。また、発熱機器の発熱量も機器ごとに設定された上で、スケジュール値を参照して設定していると思うのですが、各機器の発熱量として設定されているのはどのような値でしょうか。

数年前のデータに関しての質問なので恐縮ですが、是非答えていただければと思います。
回答者ID:18
2016/1/22
No.626
お問い合わせのサンプルデータで採用している諸設定は、テキストに付記されている通り、次の文献に拠っています。

「宇田川:標準問題の提案(住宅用標準問題)、日本建築学会環境工学員会第15回熱シンポジウム、pp23-33、1985」

上記の文献では暖房負荷の計算に関する内容しかありませんので、その内容に準拠する形で冷房負荷計算に関する設定を付加しています。

同文献は戸建て住宅の負荷計算を行う際のモデルとして広く引用されているため、TRY-BESTの例題でも採用している次第です。
質問者ID:FAQ−213
-
2016/1/12
No.625
木造戸建住宅について、これまでSMASHを使用して熱負荷計算を行っていましたが、今後、温水床暖房の導入や、蓄熱材の採用等によるエネルギー消費量の検討を行いたいと考えています。
BESTを使用すればこのような計算は可能でしょうか。
(1)木造戸建住宅の熱橋部の入力は可能でしょうか。
(2)温水床暖房の設定は可能でしょうか。
  また、熱源はどの程度選択できますでしょうか。
(3)BESTは専門版が必要でしょうか。
回答者ID:18
2016/1/21
No.625
(1)一般の外壁と同じ扱いにすることで入力は可能ですが、BESTでは外壁を板状と想定して入力しますので、熱橋部の断面形状に即した伝熱状況を再現するように入力するのは困難と思われます。また、熱橋部とガラスおよび外壁との間の熱流は計算できません。従いまして、簡易的に影響を加味した計算ならば可能とお考えください。
(2)温水床暖房については、現バージョンでは、温水床暖房の設定・計算は行えません。尚、熱源につきましては、様々なものが用意されております。BEST省エネ基準対応ツール操作編解説書2015年5月版(P69(表1.4.1.1 空調設備の熱源機種))等をご覧ください。(解説書参照先:http://www.ibec.or.jp/best/eco/pdf/BEST_kaiseitool_sousa_201505_2.pd)
(3)BESTの専門版以外のプログラムは、定型簡易入力を旨としていますので、建物形状や設定条件入力については専門版以上に制限が有ります。様々な設定を行う必要があるのであれば、専門版を利用されることをお勧めします。
質問者ID:FAQ−212
1307
2015/12/17
No.624
お世話になっております。
現在、BESTを扱うにあたって、可能な入出力等の確認を行っているのですが、 マニュアル等を参照しても理解及ばず不明な点もございましたので質問させていただきます。
つきましては以下の内容について、BEST専門版もしくは平成25年省エネ基準対応ツールにて取り扱うことが可能か、また可能であるならばその方法についてお教えください。
@太陽熱利用型に対応する空調熱源機器の設定
A地中熱利用型チラ―に対応する空調熱源機器の設定
B中央熱源の各熱源機器の機器毎の年間稼働時間の出力(=各機器が処理している負荷を個別に出力)
Cスケジュールにおいて人体発熱負荷、外気負荷、照明負荷の時間毎の設定
D平日、休日、その他に加え、それら以外のモードによる運転スケジュールの設定
(=3種類以上の運転スケジュールを1つの解析上で設定可能か)
E異なる用途の室に各々の室内条件(人体発熱負荷、外気負荷、照明負荷等)を時間毎に設定すること
(例:コンコースとホール、事務室など、室内条件が明確に異なる室)
以上となります。
回答者ID:06、10、15、18
2015/12/22
No.624
<BEST専門版について>
(1)太陽熱利用についてですが、空調に太陽熱利用したシステムの計算例の報告が、空衛学会大会2011年に外皮・躯体と設備・機器の総合エネルギーシミュレーションツール「BEST」の開発(その92)コージェネレーションと太陽熱による複合システムの計算例として報告されています。
この中の図4にあるシステムはコージェネの排熱も含む複雑なものですが、このシステムを構成している機器、制御部品は専門版の各種設備モジュールから登録し、モジュール間のノードを接続しシステムをモデル構築して計算しています。
参考にしてください。
(2)地中熱利用型チラーについてですが、地中熱利用専用のチラーは用意していません。
水冷チラーを代用してください。尚、水冷HPチラーについては現在モジュールを開発中です。
(3)中央熱源の各熱源機器の機器毎の年間稼働時間の出力についてですが、熱源運転時間の出力項目はありません。
熱源のエネ消費が発生している時間をカウントして運転時間を算出してください。
(4)負荷計算だけでなく、設備シミュレーションまで行うのであれば、人体発熱負荷、照明負荷、外気負荷とも時間ごとのスケジュール設定は可能ですが、負荷計算だけの場合は、外気負荷に関して、外気取入量を時間毎に変化させることはできません。外気負荷の設定を行う箇所は、負荷計算のみの場合と、設備シミュレーションまで行う場合とでは異なりますのでご注意ください。
(5)「平日」、「休日」、「その他」の3モードでご対応いただくようお願いいたします。
(6)(4)で回答したように、負荷計算のみの場合は外気の取入量を時間ごとに変化させることはできませんが、それ以外であれば室用途別の単位負荷条件データと時刻変動スケジュールデータを用意して組み合わせることで可能になります。

<BEST平成25年省エネ基準対応ツールについて>
(1)太陽熱利用型に対応する空調熱源機器につきましては、特別に用意しているものはありません。熱源水温度を固定する場合は、「未利用(河川等)」を利用することは可能です。BEST操作編解説書(2015年5月版)のP82(1.4.1.8 セントラル/熱源・二次ポンプ の熱源/水冷チラー)をご覧ください。
http://www.ibec.or.jp/best/eco/pdf/BEST_kaiseitool_sousa_201505_2.pdf
(2)地中熱利用型チラーにつきましても、対応機器はございません。必要に応じて、上記をご利用ください。
(3)中央熱源各熱源機器の機器ごとの年間稼働時間の出力は行えません。
(4)スケジュールにおいて、外気負荷の設定は行えませんが、人体、照明負荷の時間ごとの設定は可能です。BEST操作編解説書のP60(1.3.5.2 室用途別スケジュール) をご覧ください。
(5)平日、休日、その他は可能ですが、更に、これ以外のモードによる運転スケジュールの設定は行えません。
(6)室用途を分けて入力すれば可能です。
質問者ID:FAQ−203
1506
2015/12/4
No.623
BEST専門版で給排水設備が正しく計算が出来ないため、ご質問させていただきました。
HP上の過去の講習のBESTデータをダウンロードして計算したところ、下記の問題がおきました。

・衛生器具負荷が過小に計算される。
(講習の動画だと衛生器具の合計水負荷が最大190g/s程度あるのに対して、自分で計算を回すと最大0.23g/s程度になる。グラフの形は講習とほぼ同じに見えるが、オーダーが異なる。)
回答者ID:06
2015/12/8
No.623
入力画面の入力データを設備モジュールへ渡す時に単位変換をしています。
その変換定義ファイルにおいて、衛生器具の給水原単位「L/回」が、そのままモジュールにわたっている不具合がありました。正しくは 1000倍して「g/回」で渡す必要がありました。
BEST1602にて修正済みです。
質問者ID:FAQ−211
1506
2015/12/3
No.622
ダブルスキンの入力にて、ダブルスキンファサードに垂直ルーバーがサッシのピッチ毎に入っているので、これを入力したいのですが、外表面ですでにダブルスキンを選択している場合、垂直ルーバーを併せて選択することができません。
どのようにすれば良いでしょうか。
回答者ID:7、18
2015/12/8
No.622
ダブルスキン内の垂直ルーバの設定はできませんが、ブラインドの使用法として、日射の強いときに閉める通常の使用法を想定すれば支障ないと考えて頂いて結構です。
ダブルスキン内のルーバとブラインドの日射遮蔽効果は似た性格のもので、ブラインドを閉めると、ルーバの有無の違いは実質的にほとんどありません。
質問者ID:FAQ−202
1506
2015/12/2
No.621
シミュレーションでは、窓に対する太陽の位置/角度の影響も反映されていますでしょうか?
夏場、南の地域(北回帰線上の地域など)では、真上から太陽光が差し込むため、ほとんど日光が室内に差し込まないかと思います。
また、太陽の角度が高く、ガラス面(地面に垂直に設置)に対し、水平に近い形で入射する光に対しては、垂直方向に入射する光に対して、ガラスの反射率が高いので、室内に入射する光が少なくなると思います。
この場合、窓の日射取得率などの影響は無くなるかと思いますが、そうした影響は考慮されているのでしょうか。
上海地区の物件のシミュレーションを行うため、EPWから上海地区の気象データを取得しております。


回答者ID:18
2015/12/7
No.621
BESTでは窓に対する太陽の位置(方位、高度)も考慮した計算を行っています。
気象データに含まれる緯度・経度、(窓が含まれる)外壁の方位と傾斜角、窓ガラスデータベースに含まれる光学的性能と日射の入射角特性を使用することによって実現しています。
「BEST-P 建築操作マニュアル」(BESTホームページから入手できます。URL: http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/ )の「3.4. 窓の計算方法」の説明も併せてご覧ください。
質問者ID:FAQ−201
-
2015/11/27
No.620
BEST[専門版]の昼光照度計算式に関して質問があります。
照明照度の計算について、過去の質問を拝見しますと、「照明の配光特性や器具タイプは考慮しておりません。」(質問者ID:FAQ-175 2014/10/24 回答者ID:02,07 )
とあるのですが、学会で発表されている資料には下記の記述があります。

■照明照度
Elanp(i)=Ed(i)+Er
Ed(i)=Σiα(j)・π・L・Flanp(i,j)
ここに記されているFlanpは照明の形態係数になると思うのですが、ユーザーでの入力がありません。どのような値になっているのでしょうか。
併せて、どのような照明形状を想定しているのかなどお教えいただけたらと存じます。
回答者ID:02、18
2015/12/2
No.620

天井面を面光源として扱う

右図のように、室内机上面計算点から主方位窓から室奥方向に分割された天井面要素を見る形態係数(立体角投射率)を計算しています。
照明器具の形状などは考慮しておらず、天井面を面光源として扱っています。








質問者ID:FAQ−200
-
2015/11/7
No.619
海外での年間の冷暖房負荷を計算したいのですが、WEADACの気象データを使用して、1時間ごとの計算をすることは可能でしょうか。
もしくは、WEADACの気象データでは、最大冷暖房負荷しか計算出来ないのでしょうか。
EnergyPlusのHPからダウンロード出来る、EPWフォーマットの気象データの中身を知りたいので教えて下さい。
回答者ID:18
2015/11/12
No.619
WEADACで作成可能な時別気象データは以下の3つです。
1.冷房設計用気象データ…夏季厳暑日の気象条件で冷房装置設計のための気象データ[TAC 5%,10%,20%]
2.暖房設計用気象データ…冬季厳寒日の気象条件で暖房装置設計のための気象データ[TAC 5%,10%,20% ]
3.各月代表日気象データ…各月代表日の気象条件で年間エネルギー消費量検討のための気象データ[ 1月〜12月 ]
(「株式会社 気象データシステム」のHPより)
従って、各月の代表日計算による年間冷暖房負荷計算ならば可能になります。

EPWフォーマットの内容については、「BEST-P 建築操作マニュアル」の「5.1. EPW データの作成方法」の項に説明されていますので、そちらをご覧ください。「BEST-P 建築操作マニュアル」は、BESTの会員でなくともBESTのホームページからダウンロードができます。(URL:http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/)
質問者ID:FAQ−199
1506
2015/10/23
No.618
ライセンスキーを認識できません。アプリケーションを終了しますとエラーになります。
USBのドライバー及びJAVAはインストール済なのですが、何が原因でしょうか?
回答者ID:15、16、20
2015/11/2
No.618
ウィルス対策ソフトによってお問い合わせ内容と同様の現象が発生したケースがあります。
オフラインにし、ウィルス対策ソフトを停止してからデバイスドライバーをインストールしてみてください。

尚、USBキー自体の経年劣化が原因の可能性もございますが、その際には再度ご連絡ください。
質問者ID:FAQ−208
1307
2015/10/23
No.617
お世話になっております。
BESTでの海外気象データを用いたシミュレショーンを試みています。
気象データはEnergyPlusのWeather Dataより、Asia→SAU - Saudi Arabia→Riyadh 404380 (IWEC)をダウンロードし、使用しております。
BESTにてダウンロードした気象データを参照し、シミュレーションしたところ、アプリが落ちてしまいます。
何か原因がわかりましたら、教えて頂けないでしょうか。
回答者ID:18
2015/10/26
No.617
計算途中でプログラムが強制終了してしまう原因は、ご使用の気象データの最初の時間(1月1日1時)の年表記がうるう年であるのに、2月29日のデータが無いことによるものです。
EPW気象データは標準年データ扱い(=特定年のデータではないということ)で年表記はデータ採用年を示しているだけで計算結果には影響しませんので、2月29日のデータが無いのであれば、Windowsに標準で付属している「メモ帳」やテキストエディタなどを使って、最初の時間(1月1日1時)の年表記をうるう年以外の任意の年に書き換えて使用してください。

ご質問の原因となった気象データ("SAU_Riyadh.404380_IWEC.epw")では、9行目の最初の時間(1月1日1時)の年表記は1988年となっており、うるう年です。しかし、そのデータに2月29日の気象データは含まれていませんので、プログラムが強制終了してしまいます。(この点については、次回のバージョンアップで改善される予定です。)
このデータの内容を日を追って見てみると、年表記は月ごとに異なっていることが判ると思います。つまり月単位で異なる年のデータをつなぎ合わせて一つの標準的と考えられる年間気象データに仕上げているわけです。従いまして、年表記自体には計算上意味はなく、最初の時間の年表記をうるう年以外の年(4で割り切れない4桁の整数)に変更しても問題は有りません。
質問者ID:FAQ−198
1506
2015/10/14
No.616
マニュアルですが、 「マニュアル目次」に記載されている「K:テンプレート作成マニュアル」と「L:設備モジュール作成マニュアル」が ダウンロードページに見当たりませんが こちらは現時点で存在していないのでしょうか?
回答者ID:06、15
2015/10/20
No.616
こちら2つのマニュアルにつきましては、一般公開はしておりません。
(BESTユーザー限定です。)
以下のシェアステージより、ダウンロードください。  
(HOME → GroupDisk → 【共通】マニュアル・サンプルデータ → BEST専門版マニュアル&データ → マニュアル)
http://www.the-best-program.sharestage.com/UA001
質問者ID:FAQ−161
-
2015/6/8
No.589
コージェネレーションシステムの運転評価を行えるソフトを探しております。
BESTでは設備や運転条件から現状の運転シミュレーションを行ったり、運用改善による省エネ効果の算出を行うことは可能でしょうか。
またこのような評価が可能なツールは開発されていますでしょうか。ご回答よろしくお願い致します。
回答者ID:10、15
2015/6/8
No.589
BESTを利用してご指摘のようなコージェネレーションシステムの運転評価を行うことは可能です。
BESTは、簡易版、平成25年省エネ基準対応ツール、専門版がありますが、この中で、平成25年省エネ基準対応ツールを利用することでこれらの評価は可能です。
http://www.ibec.or.jp/best/about/pdf/pamphlet_131212.pdf
質問者ID:FAQ−160
-
2015/6/2
No.588
BESTに関して、2つほど質問をさせて下さい。

(1)現在、災害などで、空調が停止した時の室内温湿度変化をBESTにより、算出しています。気密性が高い室を想定しているため、夏期において空調停止後、温度上昇に伴って、相対湿度が高まり、相対湿度100%を越えても相対湿度が上昇を続けます。通常、相対湿度が100%になったら、結露が発生し、それ以上の値を取ることはないです。今回のように、相対湿度100%を越える値が出力するのは、BESTの計算仕様上、そのように設定されているのですか?

(2)上記のように災害で空調が長時間停止した後、空調再開時の立ち上がりにどの程度の負荷や時間が掛かるか検討しました。その結果、立ち上がりにかなりの時間が掛かりました。その原因として、空調容量が考えられます。しかし、空調容量はBESTの最大負荷計算から算出しました。単純に、ピーク負荷を処理できるように空調容量を決定しているなら、空調立ち上がり時間は、ほとんどないと考えられます。そこで、最大負荷計算からどのようにして、空調容量を決定しているかご教授いただきたいです。
回答者ID:07
2015/6/4
No.588
(1) 相対湿度100%を越える値が出力されるのは、BESTの計算上の仕様です。BESTでは、今回ご質問のような限界状態を計算することは想定しておりませんので、隙間風がない空間がある場合でも少しの隙間風を入れて計算することをお勧めしています。

(2) 計算モデルの各ゾーンで設定している「ゾーン空調条件」の入力画面において、「装置容量の自動設定」の「最大負荷計算結果を装置容量に自動設定」にチェックを入れておくと、最大負荷計算を実行後、プログラムによって最大熱負荷の値 (冷房・暖房の顕熱・潜熱負荷)が装置容量(冷房・暖房の顕熱・潜熱容量)として自動的に設定されるようになっています。チェックを入れない場合には、デフォルト値(冷房顕熱150W/m2、同潜熱50W/m2、暖房顕熱130W/m2、同潜熱30W/m2)が空調容量として適用されますが、ユーザーが入力画面上で任意の数値に修正できるようになっています。(マニュアル「BEST-P建築操作マニュアル」(2014年6月版)の「2.6.14. ゾーン空調条件」をご覧ください。)

上記の機能は、平常時の空調を行っている状態を計算することを想定していますので、求められる最大負荷の値は平常時に毎日空調している条件でのものになります。今回ご質問のような条件での空調開始前の室内の状態は、平常空調時の状態と乖離していることが予想されますので、平常時の負荷をもとに設定した空調容量では、立ち上がりに要する時間も異なってくることと思われます。室内空気だけであれば割と早く設定温度に達しますが、建物躯体や室内の家具類にも蓄熱されていますので、これらの熱を処理するのに時間を要していることも考えられます。
質問者ID:FAQ−128
簡易版
2015/5/19
No.587
日射量データについて
BESTの計算で使用している拡張アメダス、標準年とNEDO日射量データベースの値は参照年、期間が違うため、異なっていることを知りました。
近年、日射量は多くなっているので、NEDO版の方が多めに出るようです。
NEDO日射量データベースは太陽光発電量の計算には多く使われているため、BESTでもNEDO日射量データベースで使用している気象データを利用できるとありがたいと思いました。
宜しくお願い致します。
回答者ID:10、15
2015/5/20
No.587
ご意見ありがとうございます。
現バージョンで対応することは出来ませんが、計算するには、BEST専門版にて、epw形式のデータとしてユーザーが作成する方法があります。
また、NEDO日射量データとは異なりますが、専門版の次回リリースバージョンより2001〜2005年等のEA年別データの利用が可能となります。そちらもご検討頂けますと幸いです。尚、リリース時期は未定です。
質問者ID:FAQ−159
-
2015/5/15
No.586
専門版で熱負荷計算を実施する場合、非連成計算の空調運転モードで設定室温を5℃や-5℃などにしても、普通に計算されます。この設定値についての下限などはなく、そのまま正しく計算されている考えてよいのでしょうか?
回答者ID:02、07
2015/5/18
No.586
まず、「非連成計算の空調運転モード」とお書きになっている点について、空調機のスペックは入力されていませんので、当然ながら運転可能温度かどうかは考慮していないことは、すでにお分かり頂けていると思います。

また、低温域における計算ですので、結露と蒸発、結氷と融解による状態変化を再現出来ているかご心配されているのかと思いますが、結露水や結氷の量は計算モデル内で保持していませんので、一度結露(結氷)してしまった水分は除湿された計算になります。
質問者ID:FAQ−158
全般
2015/5/13
No.585
BEST共通操作マニュアル13ページに、サンプルデータが、プログラムと一緒にアップされているとありますが、プログラムを解凍してデータを探しても見当たりません。どのフォルダーにあるのですか?解凍方法が悪いのでしょうか?
回答者ID:10、15
2015/5/14
No.585
マニュアルやサンプルデータは、以下のシェアステージの「HOME」 → 「GroupDisk」 → 「【共通】マニュアル・サンプルデータ」にアップしております。
尚、簡易版のサンプルデータは用意しておりません。
質問者ID:FAQ−158
簡易版1.2.5
2015/5/12
No.584
フルユーザーですが、専門版と25年省エネ対応ツールは起動しますが、簡易版は「JREがインストールされていません」と表示され起動できません。BEST専門版とは別のjavaが必要なのですか?
回答者ID:16
2015/5/11
No.584
Javaを同封した簡易版のセットアップ(ZIPファイル)をダウンロードサイトにアップしました。セットアップを再度取得し、試してみてください。
質問者ID:FAQ−158
1406
2015/5/8
No.583
HASPのデバイスドライバーをインストールしましたが、キーを指しても、「デバイスドライバーは正しくインストールできませんでした」と表示され、LEDは点灯しません。
再起動して、再度実行しましたが、結果は同じです。対処方法を教えてください。
回答者ID:16
2015/5/11
No.583
ウィルス対策ソフトによってお問い合わせ内容と同様の現象が発生したケースがあります。
オフラインにし、ウィルス対策ソフトを停止してからデバイスドライバーをインストールしてみてください。
質問者ID:FAQ−157
-
2015/5/1
No.582
建物側の熱負荷計算を行い、空調機容量や熱源機器容量を設定したのですが、暖房期間に室温が上昇し続けてしまうといった事態が起こります。
PID制御などの項目を見直してみたのですがどの点が間違っているのか判別がつきません。見たところAHUの冷温水コイルの二方便制御が作動していないように思います。
基本的な建物の構造は例題1のHPチラー2台の台数制御システムから全熱交換器などを導入しています。設定ファイルを送らせていただきますのでご確認をお願いいたします。
回答者ID:06、15
2015/5/8
No.582
使用しているゾーンおよび空調機テンプレートのモジュール名は「CAV方式」ですが、テンプレートの不具合により制御関連の接続が「VAV方式」の設定となっています。(VAVユニットモジュールの「CAVユニットとして使用する」のチェックを外すと、VAV方式として22℃程度に制御されます。)
以下はCAV方式の空調機とした場合の対策方法です。
・空調機テンプレート内の 冷温水コイル用PID制御モジュールのスペックのmode1とmode2の上下限値を設定する のチェックを外す。
・空調機テンプレート内の 冷温水コイル用PID制御モジュールのシーケンス接続のL0_valInCtrlOptimumTempConOpe の接続を切断する。

また、空調機2の方のOAチャンバーの L1_swcInOA の接続が2か所となっているのは間違いです。
どちらの信号を使用するのか・使用しているのか判断できません。
この場合は、空調機制御からのL1_swcOutOA(外気導入のスイッチ信号)との接続だけとしてください。

尚、プログラムのバージョン等の情報も必要ですので、
問い合わせフォームの「ご使用中のプログラムに関するお問い合わせ」よりお問い合わせください。
https://www.ibec.or.jp/best/contact02/contact_frm.cgi
また、BEST平成25年省エネ基準対応ツールでも同様の検討が行えますので、こちらもご検討ください。(但し、出力可能な結果は限定されます。)
質問者ID:FAQ−156
-
2015/4/10
No.581
下記、ご回答頂きありがとうございました。
度々の質問で恐れ入りますが、以下内容について教えて下さい。
SMASHの場合毎時の室毎の顕熱・潜熱負荷がテキストで出力できるようになっていますが、同様の事は可能でしょうか。
ご回答のほどよろしくお願い致します。
回答者ID:10、15
2015/4/14
No.581
同様のことが可能です。
毎時の室毎の顕熱・潜熱負荷がCSVファイルとして出力されます。
下記の試算例も合わせてご覧ください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/shisan/
質問者ID:FAQ−156
-
2015/4/3
No.580
何分素人なため、初歩的な質問をして申し訳ありませんが、BESTでは、smashで出来たことは全て出来ると考えてよろしいでしょうか。
smashでは、出来たことがBESTでは出来ないといった一覧等があると幸いです。以上、よろしくお願い致します。
回答者ID:10、15
2015/4/8
No.580
smashと比較した一覧はありません。
smashとは計算方法が異なりますが、BESTでも多数室の熱負荷計算が出来る他、設備との連成計算が出来るなど、さまざまな用途に対応したプログラムです。
BESTの概要を示したパンフレットがホームページにありますのでご参考ください。
http://www.ibec.or.jp/best/about/pdf/pamphlet_131212.pdf
質問者ID:FAQ−155
-
2015/4/2
No.579
BESTプログラムは、窓以外の壁、床、天井や室内での発熱等の影響を総合して熱負荷を計算します。したがって当然、窓の部分での熱移>動量も内部では計算していますが、その部分の結果だけを取り出すことはできません。

ご回答いただいた内容ですと、全体の熱負荷計算ということでしたが、例えば壁や床や天井の素材や構造はそのままで、窓の性能(可視光透過率、遮蔽係数、熱貫流率)だけを色々と変更した際の全体の熱負荷を比較することなどは可能でしょうか?
回答者ID:07
2015/4/6
No.579
可能です。
BESTプログラム(専門版)では、建物全体だけでなく部屋単位や空調制御などのゾーン単位でも熱負荷を算出できるので、条件を変えることによる熱負荷の変化を、部屋やゾーンのレベルで比較することが可能です。
質問者ID:FAQ−155
-
2015/3/30
No.578
お世話になります。
BESTプログラムで以下のシミュレーションが実行可能かお伺いしたく、問合せさせていただきます。
○窓(開口部)の遮蔽係数、熱貫流率、可視光透過率から、どれだけ室内外で熱の出入りがあるか計算したい。
○外気温、日射の入射角度から、どれだけ室内外で熱の出入りがあるか計算したい。
お手数おかけいたしますが、宜しくお願い申し上げます。
回答者ID:07
2015/4/1
No.578
BESTプログラムは、窓以外の壁、床、天井や室内での発熱等の影響を総合して熱負荷を計算します。したがって当然、窓の部分での熱移動量も内部では計算していますが、その部分の結果だけを取り出すことはできません。
質問者ID:FAQ−154
簡易版1.2.5
2015/3/26
No.577
お伺いしたい点がいくつかあります。
@基本情報の「デフォルメ後の補正面積」とは何のことですか。
Aコアの微妙な位置のずれは影響は少ないのでしょうか。例えばコアが外壁には接していないがど真ん中ではなく多少偏心している場合など。
Bドアがある場合はどこかで開口として入力するところがあるのでしょうか。
若しくは、壁として扱っているのでしょうか。
Cスケジュールのパターン表の値で0、0.5、1などの数値が入力されていますが何の値でしょうか。
D外気量の単位はm3/(m2・h)となっていますが、「m2」とは延床面積でしょうか。
換気をする部屋のみの合計面積でしょうか。
E照明はなぜ非空調室のみの合計で良いのでしょうか。
F計算実行をした時、入力データの検証ですべてOKが出たので計算を開始したのですが、「システムエラーが発生しました」というエラーが出てしまいます。何が問題なのでしょうか。
質問が多くなり申し訳ありませんが宜しくお願い致します。
回答者ID:10、15
2015/3/31
No.577
@デフォルメ後の補正面積」はデフォルメ後の面積ではなくデフォルメ後に面積が小さくなった場合にその差分の面積を入力するためのものです。
例えば、延床面積1200m2であるものをデフォルメした結果、デフォルメ後の面積が1000m2となった場合は「200m2」を入力します。
Aコアの微妙な位置のずれは計算への影響は少ないです。インテリア(外壁から5m以上離れた空間)のどの位置にコアがあっても計算にはほとんど影響ありません。
Bドアは、壁として扱っています。
C1を最大とした比率です。この比率に発熱量(例:照明 W/m2)を掛けます。
D外気量の単位のm2は、空調をする部屋の面積です。
E空調室の照明は、Cの原単位×面積にて算出するためです。
FJavaのバージョンを「7」として起動頂けますでしょうか。
下記サイトよりダウンロードください。
https://www.java.com/ja/download/manual_java7.jsp

それでもシステムエラーとなる場合は、ログファイルをお送りください。
BestLogging0.log
保存場所は、以下となります。
$ユーザフォルダ$/AppData/Roaming/BEST-SS/log/BestLogging0.log
質問者ID:FAQ−153
1307
2015/3/18
No.576
お世話になっております。
現在、BEST専門版1307を使用して中小規模(個別分散空調)のオフィスビルのエネルギーシミュレーションを行っております。
設備計算の参考にと「空調設備(パッケージ)操作マニュアル」を拝見させて頂いたのですが、サンプルデータが共有フォルダに見当たりませんでした。
もし可能なようでしたら、パッケージ空調のサンプルデータをいただけないでしょうか。また、その他にも個別分散方式を採用したデータがあればお教えいただけないでしょうか。
お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。
回答者ID:06、15
2015/3/27
No.576
専門版の個別分散空調のサンプルデータは用意しておりません。ご了承ください。
尚、最新版のBESTは1406版ですので、こちらをご利用ください。
質問者ID:FAQ−165
2015/3/6
No.575
早速ですが、
1.現在、Autodesk Revitを使用してBIMモデルを作成していますが、Revitで作成した図面 データの 拡張子 rvt.はBEST では読み込めるのでしょうか。それ以外に、ifc.などがありますが、如何でしょうか。
2.購入費用ですが、自治体職員の割引はあるのでしょうか。
3.CASBEE2010(簡易版)はRevit で対応できますが、それ以降のバージョンの予定はあるのでしょうか。
回答者ID:10、15、20
2015/3/10
No.575
1.BESTはBIMモデルを読み込む機能はありません。
2.大変恐縮ですが、自治体向けの割引制度は特にご用意しておりません。
なお、省エネ基準の届出措置ご担当部署が審査に利用される場合に限り、
「平成25年省エネ基準対応ツール」を無償でご提供しております。
3.現在のところ予定はありません。
質問者ID:FAQ−164
-
2015/2/20
No.573
何度のすみませんがご回答で不明点お教えいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

@ ペリメータ設置ファンコイルユニット
テンプレート2011 ? 空調 ? 空調機 ? テンプレート1コイル20101010
を使用しての計算であると思いますが、マニュアル等はありますか。 

A 放射パネル、床輻射冷暖房(温水または冷水)
2013/8建築学会大会学術講演梗概集エンジンの機能拡張例と
して紹介がありますが、公開されているプログラムの現在のバージョンのソフトでは行なうことができないということでしょうか。
回答者ID:03、06、15
2015/3/6
No.573
@FCUに関するマニュアルは、以下のURLの”機器特性マニュアル” 6.3.1.2. ファンコイルユニットをご覧ください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/

A2013/8建築学会大会学術講演梗概集エンジンの機能拡張例として紹介されているものは、建築側の計算が、放射パネル及び床放射冷暖房計算に対応したという紹介です。
設備側のモジュール(放射パネルや床放射冷暖房)は現在開発中ですので、現在のバージョンのソフトでは放射パネル及び床放射冷暖房計算は行えません。
質問者ID:FAQ−163
-
2015/2/20
No.574
お世話になっております。
(BEST-P)プログラムマニュアルの「K_テンプレート作成マニュアル」、「L_設備モジュール作成マニュアル」はどこから入手可能でしょうか。
ご回答、よろしくお願いいたします。
回答者ID:03、06、15
2015/3/6
No.574
会員用の以下のサイトよりダウンロードください。
(ID及びパスワードは、ユーザー登録の際に発行したものです。)
http://www.the-best-program.sharestage.com/UA001
以下にアップしています。
「HOME」→「GroupDisk」→「【共通】マニュアル・サンプルデータ」→「BEST専門版マニュアル&データ」→「マニュアル」
質問者ID:FAQ−162
BES1307
2015/2/10
No.572
いつもお世話になっております。

年間付加計算のエラー

2月6日付でご回答いただいた件について、実際に行ってみました。
>グラフの表示の仕方については、ホームページにて例題と一緒に公開されている「2.例題演習:2ゾーンオフィスの計算」のテキストを参照し、P.48の「2.3.2.2 グラフによる確認」や、P.54の「(a)月別装置負荷グラフ」に書かれている手順に従ってください。その手順のどこでどのような不具合が発生しているのかをお知らせください。

”例題U 2ゾーンオフィス 建築計算(最大・年間負荷).zip”を使用して年間負荷計算を行いました。p54に沿って行っています。

([計算実行(E)]→計算範囲を年間負荷計算に変更し[シミュレーション実行]→計算終了のログ→[結果出力(O)]→[結果グラフ出力]→[フォルダを開く]→bestBuilM.csvのみ表示され、それを選択し[読込]→表示期間を2006年1月99日99時99分から2006年12月99日99時99分までに変更→グラフ名称を「例題II 年間負荷計算 月別装置負荷」に変更→グラフ種別を棒グラフに変更→Y軸名称を「装置負荷」に変更→データ選択からペリメータ、インテリアでの冷暖房時における事務所ビルの装置負荷Tを四つ選択し[表示項目選択]→[グラフ表示]→メッセージ”取得期間のデータ見直し→デフォルト値に戻します!!"が表示され、グラフ表示されませんでした。)添付画像の通りです。

試しにワークスペース→[共通]→[計算範囲]→[年間負荷計算]で確認を行なってみたのですが、このメールに添付している画像ファイルの通り、OKを押すと正しい期間が設定されているにも関わらず”開始日≦終了日ではありません”と表示されます。

>また、先の回答で言及いたしました“例題U 2ゾーンオフィス 建築計算(最大負荷).zip”を使用して、最大熱負荷計算を試してみてください。このファイルは、プログラムに読み込んだ([ファイル(F)]→[開く(O)])後に、すぐ計算実行([計算実行(E)]→[シミュレーション実行])しても、結果が出るようになっています。この時、どのような事態になるのか、具体的にお知らせください。

(“例題U 2ゾーンオフィス 建築計算(最大負荷).zip”を使用し[計算実行(E)]→[シミュレーション実行]→[OK]→[異常終了]が表示され、「report(共通建築).log」ファイルは出力されませんでした。)これについても画像ファイルを添付しています。
よろしくお願いします。
回答者ID:07
2015/2/13
No.572
プログラムの操作報告をお送りくださいまして、ありがとうございました。
“例題U 2ゾーンオフィス 建築計算(最大負荷).zip”を使用した計算の結果が[異常終了]であったことから、プログラムが正常にインストールされていない可能性が高いと思います。
また、”例題U 2ゾーンオフィス 建築計算(最大・年間負荷).zip”を使用した年間負荷計算の結果も、“bestBuilM.csv”(月別集計データ)しか出力されていないようですが、正常に計算が行われると、“bestBuilM.csv”のほかに、“bestBuilU.csv”というファイルも出力されるはずです。
お手数をおかけして恐縮ですが、今一度、Javaプログラムも含め、インストールをやり直してみることをお勧めいたします。
また、今回のご相談で使用されているバージョン(BEST-P1307)よりも新しいバージョン(BEST-P1406)が公開されていますので、差し支えなければ、そちらをお使いになることもご検討ください。
質問者ID:FAQ−162
1307
2015/2/5
No.571
2月4日の質問の時点では「2.例題演習:2ゾーンオフィスの計算の例題データ」を用いる際にLhaplusを使って解凍していました。

BEST_K1_case2_2zoneoffice_20131018という名のzipファイルをLhaplusで解凍し、解凍後のフォルダーにあった「例題U 2ゾーンオフィス 建築計算(最大・年間負荷)」ファイルをBESTに取り入れ、最大熱負荷計算や年間熱負荷計算を行なおうとしていました。しかし最大熱負荷計算では計算エラーが生じ、年間熱負荷計算ではグラフ表示ができません。

そして試しに同じ「BEST_K1_case2_2zoneoffice_20131018」ファイルにある、「例題U 2ゾーンオフィス 建築計算(最大負荷)」に変更を試みたところ、BESTのワークスペースの横のファイルの名称が変更後のものに変わるべきものが変わっていないことが確認されました。

何か解決策はございますでしょうか。お返事お待ちしております。
回答者ID:07
2015/2/6
No.571
プログラムをインストールする際には、Lhaplusを使って解凍されたそうですので、インストールには問題が無い前提で話を進めさせていただきます。

ホームページで公開されている例題「例題U 2ゾーンオフィス 建築計算(最大・年間負荷)」を使用しても、計算がうまくいかないとのことですが、「最大熱負荷計算で生じるエラー」と「年間熱負荷計算でグラフが表示できない点」について、具体的な情報をいただけませんでしょうか。

エラーについては、具体的な状況、もしくはエラーメッセージの内容をお知らせください。

グラフの表示の仕方については、ホームページにて例題と一緒に公開されている「2.例題演習:2ゾーンオフィスの計算」のテキストを参照し、P.48の「2.3.2.2 グラフによる確認」や、P.54の「(a)月別装置負荷グラフ」に書かれている手順に従ってください。その手順のどこでどのような不具合が発生しているのかをお知らせください。

また、先の回答で言及いたしました“例題U 2ゾーンオフィス 建築計算(最大負荷).zip”を使用して、最大熱負荷計算を試してみてください。このファイルは、プログラムに読み込んだ([ファイル(F)]→[開く(O)])後に、すぐ計算実行([計算実行(E)]→[シミュレーション実行])しても、結果が出るようになっています。この時、どのような事態になるのか、具体的にお知らせください。

>「例題U 2ゾーンオフィス 建築計算(最大負荷)」に変更を試みたところ、BESTのワークスペースの横のファイルの名称が変更後のものに変わるべきものが変わっていないことが確認されました。

この件については、どちらの例題データとも、建物名称と検討名称([ファイル(F)]→[建物名称変更(M)]で開くダイアログ内の入力内容)が、同じ『例題U 2ゾーンオフィス』と『最大・年間負荷』となっているためで、プログラムの動作上は問題ありません。どちらかと言えば、「例題U 2ゾーンオフィス 建築計算(最大負荷)」の検討名称が『最大負荷』となっているべきでした。ご了承ください。
質問者ID:FAQ−162
BES1307
2015/2/4
No.570
以前使っていたPCが故障したので、再申請を行い、新たに用意したPCを用いてBESTによる計算を行ってみたのですが、計算を流す際にBESTの動作が固まり、うまく計算が流せない症状が現れています。
試しに過去の講習会の例題データを取り入れた計算を試みたのですが、物件データを取り入れる際にも動作が固まり、取り入れることもできません。
この症状は以前にも他ユーザーの間で起きたことがあるのでしょうか。
以前のPCでは年間負荷計算や最大熱負荷計算は通常通りに計算が行うことができました。

----------------------
上記が以前起きた問題なのですが、Javaのバージョンを最新のものにすると動作が固まる症状はなくなりました。しかし依然、物件データの変更ができないことが時々あります。
IBEC機構様のホームページから平成25年度講習会のビデオ、テキストのページに進み、[専門版/建築] プログラムの使い方:初級(平成25年10月18日開催)の「2.例題演習:2ゾーンオフィスの計算の例題データ」を基に最大熱負荷計算をしようとしたのですが、計算エラーが出てしまい、計算が行えません。

年間負荷計算も試みたのですが、計算終了の画面はでたものの、いざグラフ表示を試みると「取得期間のデータ見直し→デフォルト値に戻します!!!」といった画面がでて、肝心のグラフが出ません。

以前、例題データを用いた際は訂正せずにそのままグラフ表示ができた記憶があったので、戸惑っています。
回答者ID:07、16
2015/2/5
No.570
・ホームページで公開されている講習会の例題データは講習会当日にも使用したものですので、正常に動作することが確認されています。“例題U 2ゾーンオフィス 建築計算(最大負荷).zip”などは、プログラムに読み込んで、すぐ計算することができるようになっています。

・お使いのプログラムの動作不具合の原因について思い当たる点が一つあります。
BEST専門版のインストールに使用するzipファイル(たとえば“BEST1307-academic-0809.zip”など)は、Windowsに標準装備されている機能では正しく解凍できませんので、解凍専用のソフト(Lhaplus等)を使用してください。
(Lhaplus:http://www.forest.impress.co.jp/lib/arc/archive/archiver/lhaplus.html)
(Lhaplus:http://lhaz.softonic.jp/)
質問者ID:FAQ−164
-
2015/1/23
No.569
BEST Program 専門版にて、下記の室温熱環境のシミュレーションは可能ですか。可能であれば、方法をお教えください。
@ペリメータ設置ファンコイルユニット
A放射パネル、床輻射冷暖房(温水または冷水)
回答者ID:03、06、15
2015/2/19
No.569
室内環境は、室内温湿度、PMV.OT(作用温度)等が計算可能ですが、詳しくは建築操作マニュアルをご覧ください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/C_031_kenchiku_20140820.pdf
@ペリメータ設置ファンコイルユニットの計算は可能です。
A放射パネル、床放射冷暖房につきましては、現在のバージョンではご利用になれません。
質問者ID:FAQ−043
-
2015/1/19
No.568
帳票出力で建築データを選択するにはどのような操作をすればよろしいでしょうか。
設備は選択できるのですが、建築関連はチェックができません。
回答者ID:16
2015/1/21
No.568
建築データの帳票出力機能は現在利用できません。
質問者ID:FAQ−182
-
2015/1/16
No.567
空調分野での利用を検討しています。
@空調機器や、熱源特性は各製造メーカーから提供された物しか利用できないのでしょうか。
A放射空調での利用は可能でしょうか。
B可能な場合、機器特性はどのように設定されているのでしょうか。以上、宜しくお願いします。
回答者ID:03、06、08
2015/1/23
No.567
@空調熱源・空調機の機器特性はメーカーではなく、日本冷凍空調工業会の製品委員会から、各機種の代表特性を提供いただいています。
ユーザー作成の機器特性に関しては、現在組み込むことはできません。
A放射空調は、現在のバージョンではご利用頂くことは出来ません。
B現在開発中の放射空調モデルは、以下の内容となる予定です。
計算に必要な放射パネルの特性値は以下のとおりです。
・パネル1枚あたりの面積[m2]
・パネル両面の付加熱抵抗値[m2K/W] (断熱されていない場合は0)
・パネル両面の長波放射率[-]
・パネル両面の対流熱伝達率[W/(m2K)] (冷却時、加熱時のそれぞれについての値)
・パネル単位面積当たりの熱コンダクタンス[W/(m2K)] (試験によるパネルの放熱・吸熱量を、「水温と、隣接する空間の温度(正確には環境温度)の差の絶対値」で除したもの)
・上記熱コンダクタンスの「隣接する空間の温度」が、パネル両側の温度を考慮したもの(簡易には両側の空気温度の平均値)なのか、あるいはパネルの片側の温度のみのことなのかを示すフラグ。もし後者の場合は、もう片方の側の空間との熱流は試験時には生じないものと仮定する。
質問者ID:FAQ−174
1307
2015/1/15
No.566
・建物、設備連成計算において、室温が30分間同値であるが、計算ステップは30分間固定でしょうか。最小間隔を5分と設定しております。

・連成計算時に建物側の負荷計算結果(外気含む)である装置負荷を出力できますでしょうか。また、システム除去熱C・R・Lとは何を指しますか?計算結果では全てゼロでした。
回答者ID:07
2015/1/16
No.566
(1)[共通データの設定]内の[計算範囲]において「最少計算時間間隔」を5分にしている場合、設備連成計算は5分間隔で行われます。ただし、外気、日射、内部発熱などの条件の時間変動は[共通データの設定]内の[時刻変動スケジュール]での設定に従いますので、その設定が30分間隔になっている時間帯で、空調が稼働していない場合などでは、30分間室温が変わらないこともあるかもしれません。

(2)設備連成計算は、設備側で設定した内容に従って稼働した実績を求めるものですので、装置負荷に相当するものが求めたいのであれば、設備側の必要なモジュール(熱源や空調機器)側で「記録を有効にする」という項目にチェックを入れて、“best_result_U.csv”というファイルに処理能力等が出力されるようにしてください。

「システム除去熱C・R・L」は、連成計算を行って、空調機以外でゾーンへ放熱する設備機器がある場合に、出力項目が追加されます。

候補としては、BESTで今後対応する予定の放射パネルや、室内に露出している配管類などが考えられます。C、R、Lは、それぞれ対流熱、放射熱、潜熱の種別を表しています。
質問者ID:FAQ−181
1406
2015/1/5
No.564
平素よりお世話になっております。
私たちは、独自に求めた生活スケジュールを用いて住宅の空調負荷を計算するために、BEST専門版の利用を検討しております。
具体的には、「建築の試算例(住宅負荷計算の条件と結果概要)」を参考にのスケジュール部分を変更して負荷計算を行う予定です。
こちらの試算例の際に利用されました入力データのサンプルがございましたらデータをいただけないでしょうか?
何卒よろしくお願いいたします。
回答者ID:07
2015/1/8
No.564
住宅に特化した資料は基本的に有りませんので、BESTホームページ(HP)で公開している「BEST-P建築操作マニュアル(2014年6月)」(HPでは「C_建築操作マニュアル」と表示されています)を参照してくださいますようお願いいたします。

例題およびサンプルデータは、唯一、2011年のBEST講習会で戸建住宅をモデルに取り上げたものがありますので、例題テキストの抄本とその中の例題「2.12 住宅負荷計算を実行してみよう」で使用しているサンプルデータをお送りいたします。

なお、このサンプルデータは、もともと古いバージョンのプログラムで作成したデータを応急的に現行バージョンのプログラムで計算できるようにしたもので、計算の結果を精査しておりません。よって、計算するプログラムのバージョン違いによる計算結果の不一致や、予期せぬ不具合が発生する可能性がございます。また、例題テキストの内容は古いバージョンのプログラムで説明されているので、現行のプログラムと操作内容が異なる部分もあることをご了承ください。
このデータを使用するときには、プログラムのバージョンが1406であることを確認してください。バージョンが違うと正常に計算できない可能性があります。
質問者ID:FAQ−180
1406
2015/1/5
No.565
BESTプログラムの計算結果についていくつか疑問が生じましたのでお尋ねします。
BEST側で配布されている[D_040_空調設備セントラル例題1データ201109]のような例題データがございますが、これらをダウンロードし何ら入力を変更することなく建物計算と設備計算を行ったところ、設備計算結果において、例えば冬季の室温が29度になっていたり室温が設定温度に維持されていなかったりといった結果が見られます。これは仕様でしょうか。そうでない場合私の方でなにか検討すべき事象はあるでしょうか。ご確認をお願いいたします。
また、同例題中で熱源制御と空調制御のswcを全日オフにして空調を一切動かさない場合の室温変動を検討しようとしたのですが、年間を通してほぼ同じ室温となっており、外気温の影響などが一切関与しているように見えません。
こちらについてもご確認をお願いします。度々の質問お手数をおかけいたします。どうぞ宜しくお願い致します。
回答者ID:06
2015/1/5
No.565
D_040_の例題は、CAV空調機方式ですので、空調機への還気の温度が設定温度(22℃)となるように制御します。
1台の空調機が複数のゾーンを空調している場合は、各ゾーンからの還気が混合したものが空調機の還気となります。
このため、ゾーンによっては設定温度を超える場合、設定温度に満たない場合などが生じています。
また、冬季は暖房運転の設定となっているので還気が設定温度を下回らないように暖房します。
還気が設定温度となるように冷暖房する運転ではありません。
空調制御のスイッチを全日オフにすると、外気温度に追従する結果となります。
質問者ID:FAQ−180
1406
2014/12/25
No.563
初歩的な質問失礼いたします。
BESTのダウンロードサイトで配布されておりますサンプルデータのうち「D_040_空調設備セントラル例題1データ201109」に関しての質問です。
同データは例題1を例通りに設定したデータだと認識しておりますが、同データで建築計算と設備計算を行った際、システム除去熱の項目が全て0になっているのは間違いないのでしょうか。
また、同データを元に平面方向を90度回転、ペリメータを外壁から3mとし、部屋の名称や床面積、壁面積、窓面積、壁方向のみを変更したうえで、設備側ゾーンのシステム接続を再び接続し直したのですが、建築計算のみだと問題なく動くにも関わらず、設備計算を行うと異常終了エラーを出してしまいます。またエラーメッセージも表示されないので何処に問題があるのか判別できません。システム接続以外に必要な要件などありますでしょうか。
お手数をおかけしますが御回答の程、宜しくお願い致します。
回答者ID:02、06、07
2015/1/6
No.563
■システム除去熱量について
設備連成計算は、設備側で設定した内容に従って稼働した実績を求めるものですので、建築計算の結果である"bestBuil*,csv"などには装置負荷は出力されません。装置負荷(装置稼働実績)に相当するものが求めたいのであれば、設備側の必要なモジュール(熱源や空調機器)の設定画面で「記録を有効にする」という項目にチェックを入れて、“best_result_U.csv”というファイルに処理能力等が出力されるようにしてください。

設備連成計算の結果、"bestBuilU,csv"などの結果ファイルに出力されている「システム除去熱量(C,R,L)」という項目は、連成計算を行って、空調機以外でゾーンへ放熱する設備機器がある場合に出力されるものです。候補としては、BESTで今後対応する予定の放射パネルや、室内に露出している配管類などが考えられます。C、R、Lは、それぞれ対流熱、放射熱、潜熱の種別を表しています。
設備側において該当する設定が無ければ結果は0となりますが、前述の通り空調システム全体での処理熱量が0というわけではありませんので、お間違えなきようお願いいたします。

■異常終了エラーについて
エラーログを送付ください。
BestLog0.log
質問者ID:FAQ−105
1307
2014/12/24
No.559
いつもお世話になっております。
建築>ゾーン>床面地上高 についてシンプルな箱型のモデルで、暖冷房負荷を計算した場合、GL±0と、GL+0.1以上を比較するとGL+0.1の方が、(誤差という範囲ではなく、はっきりと)暖房負荷が大きくなるのですが、この結果は、どのように理解すると良いでしょうか?
GL±0は、スラブが地面に接した条件での計算。
GL+0.1は、外気温同等の空気層がある条件下での計算結果であると理解するので正しいでしょうか?
床面地上高さについて、マニュアルを読むと、隙間風計算(外壁漏気係数法や室内外差圧を用いる場合)や隣棟の日陰計算に使われるとありますが、私は意匠設計者のため、基本的なことが分かっておりません。
結果をどのように理解すれば良いのか、簡単で構いませんので教えて頂けないでしょうか。お忙しいと思いますが、どうぞよろしくお願いします。
回答者ID:07
2014/12/25
No.559
ご指摘の「GLを0mにすると床の下面が地面に接し、0mより大きくすると外気温度相当の空気に接するようにする」ような設定をプログラムの方で勝手にすることはありませんので、たとえば、ゾーンの床面地上高さを「0m」から「0.1m」に変えただけでは、結果はほとんど変らないと思います。
建物の下方にある室と上方にある室とを比べた場合などでは、下記のような影響が考えられます。

「隙間風」の計算法で「@換気回数法」や「Bスケジュール」以外を選択すると、室内外差圧が考慮されます。
室内外差圧は、簡単にいうと、建物内外の温度差と建物内における室の高さ位置によって求められます。
建物内の温度より外気温度が低い冬などでは、建物内で煙突効果による空気の上昇が生じるので、建物下部(正確には建物の中性帯より下)では外気に対して室内が負圧になり、建物上部では室内の方が正圧になります。この時、建物下部にある室では上部にある室よりも隙間風の漏入が増えますので暖房負荷が増すことが予想されます。

隣棟の日影については、「外部日除け」の入力画面に示されている図を見ればお分かり頂けると思いますが、建物の上部にある室ほど隣棟が落とす日影の影響を受けにくくなる(=日射負荷が増える)ので、一般に暖房負荷は減り、冷房負荷は増える結果が予想されます。
質問者ID:FAQ−174
1307
2014/12/24
No.560
外気負荷について
BEST専門版で、建物の空調負荷計算を試みております。
年間熱負荷計算において、外気負荷はどのように入力すればよろしいでしょうか。
外気導入のスケジュールのみ入力項目があり、外気量の入力場所がありません。
入力したい条件は、人員1人当たりう30m3としたいと考えております。
また、入力が出来ない場合は、隙間風負荷として相当量を入力し、計算してもよいのでしょうか。
回答者ID:07
2014/12/24
No.560
外気取入れ量の設定は、「ゾーン空調条件」([建築]タブ>[要素]フォルダ内)で行います。
「隙間風」として設定して計算することもできますが、その場合外気負荷は、計算結果データ("bestBuilU.csv"など)内で「室負荷」として集計され、外気負荷のみを分離算出することができなくなります。「ゾーン空調条件」で設定した場合には、室負荷の方ではなく、装置負荷の方に算入されますので、「装置負荷」から「室負荷」を差引くことによって、外気負荷を算出することができます。
質問者ID:FAQ−171
簡易版Ver.1.2.5
2014/12/24
No.561
お世話になります。
計算を実行し(計算しています)の表示で30秒後ぐらいにシステムエラーと出ます。入力項目はすべてOKになっています。
回答者ID:10、15
2014/12/24
No.561
こちらでは問題なく計算終了致しました。
エラーが出力される場合は、エラーログを合わせて送付ください。\BEST-ES\log
質問者ID:FAQ−071
1406
2014/12/24
No.562
12月17日に回答していただいたモデルビル2についてですが、ソーン換気とスケジュール設定を修正し建築計算時のエラーもなく建築計算を行えることができるようになりました。

しかし、計算範囲において設備計算をするにチェックを入れシミュレーションを開始すると計算エラーが出てしまいます。
エラーログがでないため修正することができません。

すみませんが、設備計算が行えない原因を教えてください。
よろしくお願いします。
回答者ID:06
2015/1/8
No.562
専用部(10F)のテンプレート EHP室内機単線接続 PAC-10B-1-1  テンプレオート内のtmゾーン システムAir接続用20080909 モジュールのZoneName の入力が 定義していないゾーンとなっています。ここを修正してください。
質問者ID:FAQ−145
2014/12/17
No.558
BESTプログラムを用いて建物の形状を入力する上で、分からない点がございましたのでお答えいただければ幸いです。
画像を添付してご説明する必要があると判断致しましたので、サイト上の問い合わせフォームではなく、メールでのご質問になりましたことをご了承ください。

ゾーン分け

早速ですが、添付画像のようなゾーン分けは可能でしょうか?
下から上に稼動するタイプの特殊な窓の性能を把握する必要があり、図のようにゾーン1〜4で窓を4分割し、それぞれのスケジュールを設定することでそれぞれ異なるブラインドの挙動をする窓を入力しようと考えております。
図の通り、ゾーンごとに室は分かれておらず、全体で1つの室です。
ゾーン同士は「ゾーン間換気」の隣室ゾーン名を設定して繋げようと思います。
このように、ゾーンを縦に連結させ、またそれらと横方向に繋がるようなゾーニングは可能でしょうか?
また、そのようなモデルで計算を行った結果はこちらが意図したモデルを反映したものであると言えるのでしょうか?
この他に何か良いゾーニングの方法があれば、ご教示くだされば幸いです。

回答後の返信------
ご検討頂き、誠にありがとうございました。
やはり難しいということですので、こちらで検討し直したいと思います。
また質問させて頂く事があるかもしれませんので、その際はご回答頂けると幸いです。
本件は誠にありがとうございました。
回答者ID:07
2014/12/25
No.558
ご質問中の窓について、その構造と意図されている検討内容について、すべて理解しきれていないのですが、一般的に、ひと続きの空間を仮想的に縦横に切り分けてBESTで計算するのは適切ではないと考えます。
まず、仮想的に切り分けたゾーンとソーンの間は空気が自由に行き来できるのですが、その移動量はBESTが計算してくれるのではなく、設計者が決めなければなりません。
窓を介した室内外の状況によって、移動量や移動方向は多様に変化することが予想されますが、それを適切に設定するのは至難であろうと思います。
次に、日射の問題ですが、BESTでは、ご提示の図中の窓側の小さなゾーン(ゾーン1〜4)に侵入した日射熱のすべては他のゾーン(特にゾーン5)には行かないでそれぞれの小さなゾーンの負荷になってしまいます。小さなゾーンには窓からの対流熱と内外温度による貫流熱だけを入れて、透過日射による影響は他のゾーン(多くはゾーン5)に与えたいのだと思いますが、それはできません。
BESTでは、部屋内の空気全体を一様に空調して、それを評価することを主眼としていますので、負荷による影響が部分的に発生する様子を正しく再現して評価するのには向いていないと思います。
窓側のゾーン1〜4などは、別個に扱って異なる状態量が算出できないといけないのでしょうか?最終的に一つの負荷の値を算出するのであれば、まとめて一つのゾーンとしてモデルを組む途もあるのではないかと思います。

(追伸)
もし直接話し合う方がよければ、必ずご意向に沿った解決が見つかるという、お約束はできませんが、東京で開催されているBESTの建築SWG委員会にお出で頂いてご相談されても結構です。次回の委員会は、来年1月7日(水)午後6時から東京の麹町にて開催予定です。
質問者ID:FAQ−175
1307
2014/12/11
No.557
照明負荷に関して、いくつか質問があります。
@窓から室奥15mまで距離がある建物モデル内で、ペリメータゾーンを窓から5mの設定としてゾーンごとの床面積を定義していると仮定します。
その際、照明設定として、列数10列(調光5列)の照明間隔1.5mとした場合数値入力上は、照明だけがペリメータ側から飛び出る形となり、ペリメータゾーンに反映されるんですが、この計算結果は、室奥15mまで照明が配置されていると考えてよろしいのでしょうか?
また結果として算出される値は、室全体(15m)に調光制御された照明の消費負荷としていいのでしょうか?

A上記の条件で算出される照明出力率(調光率)は全列平均でしょうか?
10列個々の調光率を算出するにはどうすればよいでしょうか?

B設定照度500lx、発光効率129(lm/W)、照明発熱7.75(W/m2)を設定した際に、夜間電力の調光率を見ました。
すると、調光率0.9%となっておりそこから照明の最大出力可能照度(=500/0.9)が550lxとなりました。
理論上は129(lm/w)×7.75(w/m2)=999≒1000lxが照明の最大出力可能照度となるのですが、なぜ計算上は大幅に下がるのでしょうか?
ちなみにスケジュールは夜間も1としています。
また照明条件としては下記のようになっています。
・器具効率:1
・保守率:0.8
・設定照度:500lx
・反射率(天井/壁/床):0.7/0.5/0.5
・放射成分比:0.5
・測定点:床から750mm
夜間電力で見ているので、窓条件が影響しないと推測しているのですが、ご意見お願いします。
回答者ID:07
2014/12/25
No.557
(1)BESTでは窓がついているゾーンについてのみ調光計算ができるようになっておりますので、ペリメータゾーンに設定した窓からの日射の影響を、隣接するインテリアゾーンに反映させることはできません。従いまして、ペリメータゾーンの奥行を超えて照明を設定しても、インテリアを含めた室全体に対する正しい計算結果になるとは言えないと思います。
昼光による調光の結果を算出するのであれば、部屋の奥行を15mとして計算されることをお勧めします。ただし、空調のゾーニングが窓から5mを境としているのであれば、それぞれの系統の空調設備に対する照明負荷の削減量を分けて求めることは難しいと思います。

(2)BESTで算出されている調光率は全列の平均の値です。各列の調光率を出力する機能はありません。

(3)ご質問の意図が正しく理解できていないかもしれませんが、照明器具の理論上の最大出力時に実現する照度は設計照度を上回っていることが考えられるのではないでしょうか。その意味では、設計照度から求めた最大出力と理論上の最大出力を比較することに意味があるのでしょうか。
質問者ID:FAQ−157
1406
2014/12/10
No.556
BEST専門版の計算方法について質問です。
室負荷と空調負荷を算出する際どのような補完をとっているのでしょうか。
折線状補完か階段状補完かと思います。
また、補完方法について設定する箇所はあるでしょうか。
ご回答お待ちしております。
回答者ID:07
2014/12/12
No.556
得られる負荷の値は各時間でのポイント値ですので、どちらかと言えば折線状補間に相当すると思います。
これを階段状補間のようになるように計算する設定はできません。
質問者ID:FAQ−174
1307
2014/12/8
No.555
気象データ取り込みについて。
BEST専門版にて、気象データの取り込みが出来ません。
取り込み元のCD−Rは、拡張アメダス気象データ(1981年〜1995年)近畿です。

気象画面にて、標準年データ、拡張アメダス60分値、近畿、大阪、大阪、Eドライブを選択し、計算を回すと、エラーで計算がとまります。(エラーメッセージ無し)
本ソフトは対応していないのでしょうか。どのようにすれば気象データを取り込めますでしょうか。
当方、大阪の気象データにて負荷計算を行いたいと考えております。
宜しくお願いいたします。
回答者ID:07
2014/12/11
No.555
「拡張アメダス気象データ(1981年〜1995年)」のCD-RはBEST専門版で使用できません。
「拡張アメダス気象データ1981-2000」(日本建築学会発行、現在廃刊)の付録DVDか、(株)気象データシステム(http://www.metds.co.jp/)が販売している「拡張アメダス気象データ1981-2000」をご利用ください。
質問者ID:FAQ−173
簡易版Ver.1.2.5
2014/12/2
No.554
社内ネットワークに接続するPCにBEST簡易版をインストールし、専用USBキーを差し込み、自分のPCよりリモートデスクトップ経由の遠隔操作でソフトを起動したところ、タイトル画面までは表示されたのですが、以下のエラーがでて終了してしまいます。[ライセンスキーを確認できません。アプリケーションを終了します。]。USBキー自体は赤点灯しており、きちんと接続されております。自分のPCでも試しましたが、問題なく作動します。(OS:WINプロVer6.1、JAVA:JAVA(TM)6UPDATE31、JAVA7UPDATE60(64-BIT)、ちなみに以前WIN-XPのPCにインストールし、遠隔で操作しましたが動作しました。
回答者ID:16
2014/12/3
No.554
遠隔操作はサポートしておりませんので、ハードウェアキーが接続されている実機にて操作ください。
質問者ID:FAQ−172
簡易版Ver.1.2.5
2014/11/18
No.552
BEST簡易版で算出されるPALは旧法のPALと考えてよいでしょうか。(PAL*ではない)
CECについても計算できますが、一次エネルギー消費量(MJ/m2・年)も計算できると思います。(基準も)
これは新省エネのBEIと同じものと考えてよいでしょうか。
新法のPAL*・BEIを概算で出したい場合、BESTで表現するにはどうするのが良いか見解があれば教えてください。
回答者ID:10、15
2014/11/26
No.552
ご推察の通り、BEST簡易版で算出されるPALは、旧法のPALです。
また、一次エネルギー消費量についても、旧法の結果となっておりますので、新省エネのBEIとはなりません。
BEST簡易版で新法のPAL*及び一次エネルギー消費量を計算することはできませんので、BEST平成25年省エネ基準対応ツールをご利用ください。
BEST平成25年省エネ基準対応ツールでは基準階のみ平面を入力し、概略の照明計画W/m2や、概略の空調システムを設計・及び各室に配置頂ければ、比較的簡易に計算結果を得ることができます。
質問者ID:FAQ−071
1406
2014/11/18
No.553
設備計算について
11月4日付けの質問への回答ありがとうございました。
無事に設備計算の結果が出力されるようになりました。
ありがとうございます。
現在違うモデルビルを作成しています。旧バージョンでモデルを作成し、新バージョンでゾーン分けの設定を行いました。
現状で下記の問題があります。

1.旧バージョンのファイルなので、ファイルを開くときに最新バージョンに変換して取込むにチェックを入れるとファイルを開くことができない。
現状、チェックをしなければファイルは開くため、すべての項目を開きOKを押し、登録を行っています。

2.建築計算は、計算可能なのですが、空調の設定のないゾーンに対して、「空調運転モード年間スケジュール名が未設定です」
とのエラーがログに残る。

3.設備計算をすると、計算開始時にエラーが出てしまう。エラーがログに出力されないためエラー内容の確認ができない。
計算順所は「設備連成」を使用。計算順序の最初に「計算結果の記録の指定200803」のモジュールも設定済み。
回答者ID:06、16
2014/12/17
No.553
文字コードの問題でデータの最新化時に文字化けが起きているようです。
文字コードの修正にて、データを最新化したものを送付します。
ゾーン間換気の設定にでエラーが出力されています。
ゾーン間換気の設定画面を開き、問題なければOKを押して閉じると、エラーメッセージは無くなります。
質問者ID:FAQ−168
-
2014/11/12
No.551
現在、給湯負荷を求めたくて使用しています。
共通、建築は入力し終わっています。
設備のワークスペースにはテンプレート衛生設備 給湯をいれています。
計算範囲も設定し、年間熱負荷計算を算出したいのですが、シミュレーション実行をおこなうとエラーが起きます。エラー内容も確認できません。どううればよいでしょうか。
よろしくお願いします。
回答者ID:10
2014/11/13
No.551
頂いたデータを調べたところ、給湯負荷パターンであるスケジュールファイルが無かったり、各機器モジュールの接続が出来ていませんでした。頂いたデータと類似する、BEST講習会で用いた温水ボイラーの例題データとテキストを送付しますので、こちらで機器仕様入力値を変更して、検討してみてください。
質問者ID:FAQ−071
1406
2014/11/5
No.550
2014年10月30日に回答いただいた内容で修正したモデルですが、「隙間風」の条件、及びAFWの年間スケジュールの見直し(削除)を行い、シミュレーションを行いました。計算中のエラーも表示されません。
しかし、計算はできるのですが、建築計算結果のみが保存され、設備計算の結果が保存されません。
計算範囲を、計算タイプ「通常計算」、建築計算「する」、設備計算「する」設定していますが、設備計算の結果が出力されません。

確認のため、設備のモデル中の空調室外機などのグラフを表示するにチェックを入れて計算すると、計算中はグラフは変動しており計算はされていると思います。
計算結果の出力としては、主に、電気電灯盤内の分電盤としており、電力の結果を集計しています。
作成したモデルを添付します。
お手数をおかけして申し訳ありませんが、ご回答のほどよろしくお願いします。
回答者ID:06
2014/11/17
No.550
計算順序にて、「計算結果の記録の指定200803」のモジュールを一番先頭において計算してください。
質問者ID:FAQ−175
1307
2014/10/24
No.548
初めまして。
いくつか質問が御座います。
@ブラインドの3種類用意されている反射率はわかりますでしょうか?
Aブラインド全閉の状態は、ブラインド角度は45度以上にできないのでしょうか?
B照明の配光特性などはどのようになっているのでしょうか?また照明は2灯タイプですか?
回答者ID:02、07
2014/10/30
No.548
(1)
ブラインドの反射率は下記の文献の内容に従い、プログラム内部で計算した値を使用しています。
その際に、スラット材の吸収率は、明色0.3、中間色0.5、暗色0.7、として計算しています。
(参考文献)石野久彌, 伊藤直明, 須永修通, 三浦満雄: 開口部の熱遮断機構に関する研究(第1報) ブラインドの熱遮蔽特性の基礎理論, 空気調和・衛生工学会学術論文集, pp.393-396, 1982 年10 月

(2)
日射熱計算は45度が前提です。
昼光計算用には、スラット角制御の場合の全閉は70度です。その他のブラインド操作の場合のスラット角(固定)は、「窓」の画面の「スラット標準角」を適宜入力すると、45度以上を想定した計算が可能です。

(3)
照明の配光特性や器具タイプは考慮しておりません。
照明の照度は、設定するゾーン内は均一の前提で、[照明]画面の[調光情報]欄で入力した諸条件に基づいて計算することになります。
質問者ID:FAQ−133
1209
2014/10/24
No.549
質疑@
同条件下で最大熱負荷計算と年間熱負荷計算を行いました。
「最大負荷計算値」と「年間負荷計算によって求めたグラフの最大値(w/m2)×面積(m2)」の値が等しくならず、値に大きな差が生じています。この要因は何でしょうか?

質疑A
年間負荷計算によって、室負荷と装置負荷が算出されるかと思います。このとき、室負荷と装置負荷にはそれぞれ、どのような負荷が含まれるのでしょうか?その内訳をご教示ください。
回答者ID:07
2014/10/30
No.549
(1)最大負荷計算と年間熱負荷計算では計算方法が違いますし、計算に使用する気象データの内容も異なりますので、それぞれの結果が一致することはまず無いと思います。

大まかにいうと、年間計算は日々気象要素の状態量が異なる気象データで日付順に計算するのに対し、最大負荷計算は気象要素が過酷な状態の一日分の気象データが何日か連続すると仮定して計算しています。

最大負荷計算は、通常空調設備容量を決めるための計算で、設備にとって安全側の結果が出るようにしますので、年間運転実績を求める年間熱負荷計算の結果との一致を検討すること自体が無意味といえます。

最大負荷計算の計算方法(「日周期定常計算」とよんでいます)とそれに使用する気象データ(設計用気象データとよんでいます)については、マニュアルに説明(BEST-P建築操作マニュアル「2.2.2.気象」)が記載されていますので参照してください。

(2)『室負荷』は、窓や壁(床、天井を含む)、人体、照明、機器、隙間風等に起因する熱負荷の合計で、『装置負荷』は、その室負荷に取入れ外気負荷を加えたものです。

【質疑Aの補足】
「室負荷」と「装置負荷」に含まれる要素などは、よく質問される内容なのですが、それらに対する回答集をホームページにて公開しておりますので、今後、そちらもご利用ください。
「よくあるご質問」・・・URL: http://www.ibec.or.jp/best/faq/index.html
(今回のご質問の回答が、Q9.2に掲載されています。)
「生のお問い合わせと回答(ユーザーの声)」・・・URL: http://www.ibec.or.jp/best/program/voice/voice_pro.html
(情報量が膨大ですので、ご質問の内容に含まれるキーワードで検索(Ctrlキー+Fキー)してください。)
質問者ID:FAQ−071
1406
2014/10/21
No.547
現在BEST(1307)を使用しています。
過去バーションのBEST(1209)で作成したデータをBEST(1307)で開くときに「最新のデータ形式に変換して取込み」にチェックを入れますが、ファイルを開くことができません。
チェック無しでファイルを開くことができたため、そのままファイルの編集を行っていました。編集の時には、すべて再登録を行いました。

問題としては、最大負荷計算と建築計算はできるのですが、設備計算も行うと計算開始時に計算エラーがでてしまいます。
計算エラー表示は出るのですが、ログが出力されず原因がわかりません。

下記の2点についてご回答していただけないでしょうか。

1. 旧バージョンのファイルの取込みができない原因。
2. シミュレーション実行時(建築計算をする,設備計算をする)のエラーの原因。

以上となります。
BEST(1307)で作成した「モデルビル1.zip」を添付いたします。
ご回答よろしくお願いします。
回答者ID:06
2014/10/28
No.547
次の点データを修正してください。
・名称に「〜」を使用していると 変換時にエラーとなります。
 共用部(2F〜8F)を共用部(2-8)に修正
 共用部(B1〜1F)を共用部(B1-1F)に修正
・内壁、床、天井の入力で 計算タイプCの部分の隣接ゾーンと壁名の入力を調整
・ゾーン間換気の相手ゾーンの入力を調整
・設備側の室内機等のゾーンシステムAir接続用モジュールのゾーン名部分の「F」が 全角「F」と半角「F」で建物側と不一致があります。

また、「隙間風条件」の外壁気密性の入力及び、AFWの年間スケジュール及び時刻変動スケジュールの入力に不備があるようですので、ご確認ください。
質問者ID:FAQ−171
簡易版Ver.1.2.5
2014/10/17
No.546
BEST(簡易版)-Ver.1.2.5(アカデミック版)で使用する、気象データは気象庁からデータをとってCDに焼いて使用するのでしょうか?
もしくはデータが入ったCDを建築環境・省エネルギー機構様のほうで管理しているのでしょうか。
教えていただけないでしょうか よろしくお願いします。
回答者ID:10、15
2014/10/20
No.546
気象データとは、拡張アメダスの気象データDVDを指します。
以下のホームページより気象データをご購入ください。
http://www.metds.co.jp/form-page/data/
標準年EA気象データ 1991〜2000年のEA気象データに基づく標準年
尚、お問い合わせは、以下のURLより行ってください。
https://www.ibec.or.jp/best/contact02/contact_frm.cgi
問い合わせフォームが利用できない場合は、下記をご覧ください。
http://www.ibec.or.jp/best/utility/contact_mail.html
質問者ID:FAQ−131
1307
2014/10/10
No.544
お世話になっております。
下記の2点についてお伺いしたいことがありますのでご回答よろしくお願い致します。

1.現在住宅モデルを用いて壁体構成を変えた際の蓄熱性について研究しております。その中でRC造と木造を比較した際に熱容量の大きいコンクリートでは室温は安定するのですが、冬期の装置負荷が木造より上がってしまいます。本来室温が安定し暖房設定温度に近づくので負荷も減ると思うのですが、何かお分かりになることはありますでしょうか?
(住宅モデルはサンプルデータをベースに行っております。)

2.全期間非空調にてシミュレーションを行った際に空調時と非空調時の温度が一致しないのですが、こちらもお分かりになることはありますでしょうか?
よろしくお願いいたします。
回答者ID:07
2014/10/20
No.544
1.サンプルデータのRC造住宅の外壁は外断熱になっていますので、断熱材よりも比熱の大きい躯体(コンクリート)が室内側にあります。したがって、躯体が一度温まると温度は安定しますが、間欠空調をする場合は、空調停止により冷えた状態からまた空調を開始して躯体が温まるまでは、内断熱の木造住宅よりも大きな暖房負荷が発生することが予想されます。

2.ご質問文の意味が理解できません。「全期間非空調にてシミュレーションを行った際に空調時と非空調時の温度が一致しない」について、「全期間非空調」と言っているのに「空調時の温度」というのが理解できませんし、空調時と非空調時の温度はそもそも違っているのが当たり前ではないでしょうか。
質問者ID:FAQ−157
1406
2014/10/10
No.545
初歩的な内容、失礼いたします。
BESTの空調関係で、ボイラの熱源テンプレートはございませんでしょうか。
探しても見つかりませんのでモジュールを用いて自らシステムを組む必要があると捉えてよろしいでしょうか。
ご回答の程宜しくお願い致します。
回答者ID:03、06
2014/10/14
No.545
すみませんが、蒸気システムには未対応です。
蒸気を発生するボイラ熱源のテンプレートは用意していません。
もし蒸気を温水に置換えて計算することでよければ、真空温水ヒータ(テンプレート2012/空調/熱源_tsHS)をボイラの代替熱源として使用すると良いでしょう。
質問者ID:FAQ−170
-
2014/10/9
No.542

起動時のエラー

先日私のパソコンでアカデミックユーザー登録をし、パソコンの不具合の為、共同研究者のパソコンでもう一度登録をさせていただきました。
BEST専門版をダウンロードし、ファイル内のBEST-Pを開こうとしたら添付してあるような画面になり、立ち上がりません。何か問題があるのでしょうか。
お忙しい中申し訳ありませんが、教えていただきたいです。よろしくお願いします。















回答者ID:16
2014/10/28
No.542
添付のエラーメッセージは、BEST-Pの動作に必要なJavaがインストールされていない場合に表示されるメッセージとなります。
64bitOSをご利用の場合は、64bit版のJavaをインストールする必要がありますので
確認ください。
質問者ID:FAQ−170
-
2014/10/9
No.543
プログラムのダウンロードについてお尋ねします。昨日ユーザー登録を完了し、IDとパスワードを発行していただきました。そのIDとパスワードでダウンロードサイトにログインをするところまでは出来たのですが、BESTをダウンロードする方法がわかりません。申し訳ありませんが教えていただけないでしょうか。利用しているブラウザはGoogle Chromeです。
回答者ID:15、20
2014/10/10
No.543
(1)アカデミックユーザー登録完了のメールでご案内しております
http://www.ibec.or.jp/best/program/download.html
へアクセスしていただき、ページ中央に表示されている『→プログラムのダウンロードサイトはこちら』をクリックしてください。

(2)ダウンロードサイトへのログイン画面が表示されますので、ログインID・パスワードを入力し、「Login」ボタンをクリックしてください。
なお、Google Chromeをお使いの場合でも、アクセスには問題ありません。

(3)ログインが完了いたしましたら、メールでご案内している手順に従いプログラムをダウンロードしてください。

(4)ダウンロード後の操作につきましては、以下HPのマニュアルをご覧ください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/

(5)お問い合わせは、下記URLより行ってください。
http://www.ibec.or.jp/best/utility/contact.html
(ご使用中のプログラムに関するお問い合わせはこちら (登録ユーザー様専用))
質問者ID:FAQ−169
不明
2014/10/6
No.541
空調設備においてエネルギー使用量(電気、ガス、水道、熱量)のシミュレーションに使用したいと考えております。
また別ソフトにてシミュレーション結果と実績値を比較評価したいと考えておりますが結果をCSV出力することは可能でしょうか?
また別ソフトを作成するにあたりBESTの仕様書などの資料(pdfなど)は頂けますでしょうか?
今後自社システムで使用可能か判断材料にしたいと考えております。
回答者ID:10、15
2014/10/7
No.541
BEST専門版にて、電気、ガス、水道、熱量のCSV出力は可能です。
平成25年省エネ基準対応ツールでは、水道のCSV出力は行っておりません。
BESTの仕様書とは解説書やマニュアルで宜しいでしょうか。
専門版のマニュアルは、以下のURLよりご覧になれます。
http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/
平成25年省エネ基準対応ツールのマニュアルは、以下のURLよりご覧になれます。
http://www.ibec.or.jp/best/eco/index.html
質問者ID:FAQ−168
アカデミックユーザー
2014/9/26
No.540
お世話になってます。
BESTのセットアップについてお聞きしたいのですが、
B.BEST 共通操作マニュアルの1.5 BEST-P のセットアップ
(1) Java Runtime Environment のインストール (2) Java3D のインストールまでは完了し、(3)のセットアップ用の ZIP ファイルをLhaplus で解凍しました。
そこで、マニュアルには解凍したできた setup.exe をダブルクリックしてインストールを開始します。と書かれてますが、私が解凍してできたファイルにsetup.exeというものがありません。
何が原因か教えていただきたいです。
回答者ID:15、16
2014/10/2
No.540
BESTのB_共通操作マニュアルのP9に記載がございます通り、解凍後は、インストールをせずに、起動することができます。起動は、ファイル内にあるgui.batをダブルクリックしてください。(シェアステージのマニュアルは古かったようです、最新版は、以下よりダウンロードできます。)
http://www.ibec.or.jp/best/program/B_021_kyotsu_20140817.pdf
尚、お問い合わせは、下記URLより行ってください。
https://www.ibec.or.jp/best/contact02/contact_frm.cgi
質問者ID:FAQ−167
フルユーザー
2014/9/10
No.538
AHUテンプレートでの外気取り入れのみの稼動(夜間換気)は可能でしょうか?
「空調機制御」において冷暖房運転開始時の「外気カット」はありますが、それ以外に外気と冷暖房を独立させて運転できる方法があれば教えて頂きたく思います。
よろしくお願いいたします。
回答者ID:06
2014/9/10
No.538
外気カットについては 空調機制御モジュールで 外気カットの時間を入力すれば可能となっています。
夜間換気は、AHUを使うのではなく、 新たにファンモジュールとそれの制御モジュール(空調機制御モジュールが使えると思います)を追加してゾーンに接続し換気専用のものを考えるのが良いと思います。
ファンの空気入口には 外気モジュールの外気を接続し、出口にはゾーン(複数のゾーンへはダクト分岐モジュールを介して)に接続してください。
質問者ID:FAQ−167
フルユーザー
2014/9/10
No.539
BEST専門版に関して以下質問です。
ご回答の程よろしくお願いいたします。
(1)AHUテンプレートでは「空調機制御」のモジュールで空調時間の設定が可能なのものがいくつかありますが、設定室温に従属するのではなく稼働率を操作することはできますか?
あるいは時間帯別に設定室温を変えること(たとえば夏季早朝28℃、日中26℃など)は可能でしょうか?
空調稼動時の室負荷が急激に上がってしまって最大負荷となってしまうのでその解決策を探しています。

(2)2012年のAHUテンプレートにおける「空調機制御」のモジュールでは「このスケジュールを使用する」というチェックボックスがあります。
このチェックを外せば上位のコントローラのスケジュールに従うとのことですが、具体的にはその上位のコントローラは何を指しますか?また、それは変更可能でしょうか?
もし上位のコントローラが「年間スケジュール」や「解法設計用スケジュール」である場合、ここでの稼働率や設定室温などの制御は可能でしょうか?

(3)AHUの3系統1ゾーンのテンプレートに、ウィンドウ上でゾーンフォルダをコピーして名前を変更して組み込んで、それぞれの系統を3ゾーンに分割しようと試みましたが、自分でコピーして増やした分のゾーンには空調が効きませんでした。
また、ゾーンのフォルダをコピーしたうえで「システム接続用」モジュールをマスターからワークスペースに組み込んでも、機能しませんでした。マニュアルに書いてあるノード数の設定はゾーン数に合わせて変更済みです。
「エネ系媒体用途別」というモジュールに関しても(マニュアルの「倍率=12」という値がどのように算出された値なのか定かでありませんが)変更しましたが変化はありませんでした。
ゾーン数はデフォルトから減らすことはできても増やすことはできないということでしょうか?
テンプレート自体は系統数別のゾーン数の種類が限られているので、テンプレートを書き換えてゾーン数を増やしたいと考えておりますが、どうすればいいでしょうか?

(4)AHUでのゾーン数変更の際に、マニュアルではOA、EAの値もSAと同様にノード数に合わせていますが、OA、EAはガラリ数を表しているのでしょうか?(1台のAHUで3ゾーン供給する場合SA、RAのノードは3とし、OA=EA=1としても不具合は生じますか?OA、EAを3としたときと何が違うのでしょうか?)

全体に関して
(5)シミュレーション実行の際にゾーン別ではなく各室毎にゾーン合計の値(室温、室負荷など)を出力することは可能でしょうか?

(6)シミュレーション実行の際に、それぞれのゾーンでの内壁(あるいは外壁)毎の熱負荷を出力することは可能でしょうか?
最終的にゾーン毎の「室負荷」として合計されて出力される値の、合計前の値を見ることはできますでしょうか?
また、負荷計算書のようなものを出力は可能でしょうか?

よろしくお願いいたします。
回答者ID:06((1)〜(4))、07((5)、(6))
2014/9/10
No.539
@残念ながらAHUを稼働率で操作する方法は現在ありません。
また、時間帯別に設定室温を変えることもできません。
AHUの冷暖能力があれあるだけ、起動時にその能力を使って目標温度となるように運転します。
逆に、能力が不足していれば100%運転でも起動時には設定室温とはならないことがあります。
早朝に28℃程度となるAHU能力を探る方法が考えられます。

A「空調機制御」モジュールの swcIn ノードにつながっているモジュールからのswcOut制御信号によります。 何がつながっているかは、シーケンス接続をたどっていくことになります。
現状のswcInの接続を切断して新たな制御モジュールからの信号を接続することは自由に試していただいて問題ありません。
なお、swcInはOnOff信号ですので、容量の設定などはできません。

B空調機系統の中に 空調機テンプレートとゾーンテンプレートがあると思います。
このゾーンテンプレートは1ゾーン構成のものと思います。
ゾーンテンプレートのところで プロパティ(スペック) 画面を開き、テンプレート入替えで複数のゾーンのものに入替えるのが簡単な方法です。
例えば 「tmZAC No1tsZACz ゾーンx1VAV20120303」を5ゾーンを含む「tsZACz ゾーンx5VAV20120303」テンプレートに入替えると5ゾーンを含むものに置き換わります。
入替えの場合は、テンプレートの外部の状態は保たれます。
もとの空調ダクト等の接続は空調機テンプレートとの接続を保っていますので空調はされるはずです。  

CAHUを経ずに、単独でゾーンへのOA取入を想定したものです。
例えば、AHU以外にPACがありこれにOAが接続されている場合などへの対応です。
ゾーン側で使わないのであれば 接続を切断しても問題ありません。

D直接、計算結果として出力することはできません。
メニューバーの[結果出力(O)]→[結果の保存(E)]で、"bestBuilU.csv"bestBuilH.csv"などの結果データファイルを書き出すことができますので、表計算ソフトなどを利用して集計していただく必要があります。

E壁体毎の熱負荷、室負荷の内訳、負荷計算書、いずれも出力する機能はありません。
質問者ID:FAQ−167
-
2014/9/2
No.536
いつもお世話になっております。
BESTで非連成にて計算をした際、添付“折れ線”のような結果が出力されました。

1.1日・2日ともに休日(祭日は休日モード)ですが、休日も平日通り運転するようにしていますが、温度が低いのはなぜでしょうか?

2.仮に運転されなかったとして、3日以降「外気温」が急激に上がっているのはなぜでしょうか?

ちなみに設計用で計算しています。(設計用気象データでは1月1日〜5日までの結果しか出力されない点も気になっております。)
ご回答いただけますと幸いです。
回答者ID:07
2014/9/9
No.536
今回ご相談のグラフは、最大(ピーク)負荷計算をした時の室温変動になっています。
ご質問文に「設計用で計算しています。(設計用気象データでは1月1日〜5日までの結果しか出力されない点も気になっております。)」と書かれておりますが、設計用気象データは最大(ピーク)負荷計算に用いることになっております。

BESTで最も多く利用する拡張アメダス設計用気象データは、暖房設計用に2種類(グラフ中の1月1,2日の結果がこれに相当します。)冷房設計用に3種類(グラフ中の1月3,4,5日の結果がこれに相当します。「3日以降「外気温」が急激に上がっているのは」夏期の計算をしているからです。)の日変動パターンをもっており、これらをすべて計算した結果から最大の値をピーク負荷として採用することを標準としています。

また最大(ピーク)負荷計算では、計算結果に1月1〜5日の日付が付いていますが、これは結果データの処理用に便宜的につけられたもので、実際の1月1〜5日の気象データによる計算結果ではありません。
年間負荷計算をするのであれば、気象データは標準年データや実在年データを選択して、計算タイプは通常計算を選択する必要があります。(これだけで年間計算ができるのではなく、その他にも必要な設定はあります。)

「休日も平日通り運転するようにしていますが、温度が低いのはなぜ」という点については、お送りいただいた室温変動グラフから判断するに、空調運転時間や空調運転モード(設定温度を含む)などの設定が適切に行われていない可能性があります。
これらの状況からみて、今一度BEST専門版の正しい使用方法を確認していただくことが必要かと思います。

現在、BESTのホームページにおいて、例題のテキストやその講習ビデオが公開されていますので、それらを利用すると良いと思います。(http://www.ibec.or.jp/best/program/kosyu-items_H25.html)

参考にする例題テキストは、計算モデルは一番平易ですが操作については詳細に説明されていますので、「例題演習:2ゾーンオフィスの計算」(ホームページ内「講習会のビデオ、テキスト」中、「[専門版/建築]プログラムの使い方:初級(平成25年10月18日開催)」のプログラム2番目)が、一番好都合と思います。

また、「建築操作マニュアル」(ホームページ内「プログラムの活用」中、「(BEST-P)プログラムマニュアル」)にも、BESTの気象データと最大負荷計算の特徴に関する説明がありますので、ご覧になってください。

尚、お問い合わせは、以下のホームページから行ってください。
http://www.ibec.or.jp/best/utility/contact.html
また、問い合わせフォームをご利用になれない場合は、
以下のURLに従ってメールをお送りください。
http://www.ibec.or.jp/best/utility/contact_mail.html
質問者ID:FAQ−166
非会員
2014/9/2
No.537
> 再度、H25省エネツールで入力頂くこととなりますが、建築入力に関してはH25省エネツールでも簡単に入力可能です。

了解しました。ただ、建築図も設備図も無い状態なので、入力は難しいのではと 考えております。

そのため簡易版を使うことを検討しておりますが、簡易版マニュアルp.53では コージェネレーションシステムと蓄熱槽を組合せた計算が出来ないと記載があり ますが、現在のバージョでも不可能なのでしょうか?
度々の質問で恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。
回答者ID:10、15
2014/9/8
No.537
簡易版では行うことは出来ません。
H25省エネツールであれば計算が可能です。
質問者ID:FAQ−166
2014/9/1
No.535
関連して、一点質問させていただきたく思います。

簡易版のデータの引き継ぎが可能とのことですが、例えば建物の負荷計算までを 簡易版で行い、そのデータを引き継いで設備構成をH25省エネツールで設定し て、エネルギー消費量を算定するというような使い方は可能でしょうか?

基本計画段階で建物の詳細な設定が出来ないのですが、コージェネレーションや 蓄電池のシミュレーションがしたいと考えております。
お手数ですが、ご確認の程、よろしくお願いいたします。
回答者ID:10、15
2014/9/2
No.535
簡易版のデータをH25省エネツール(BEST平成25年省エネ基準対応ツール)へ直接引き継いで利用することは出来ません。
再度、H25省エネツールで入力頂くこととなりますが、建築入力に関してはH25省エネツールでも簡単に入力可能です。
質問者ID:FAQ−166
非会員
2014/8/26
No.534
お世話になっております。
BEST簡易版のみを利用したいのですが、どのように入手したら良いでしょうか。専門版または省エネ基準ツールの購入が必要でしょうか?
また、簡易版でも蓄電池のシミュレーションが可能でしょうか。
お手数ですが、ご確認の程よろしくお願いいたします。
回答者ID:10、15
2014/8/26
No.534
BESTには、BEST専門版、BEST簡易版、BEST平成25年省エネ基準対応ツールの3種類のツールがあります。

これらは、ライセンス形態によって利用できるツールが異なります。
@フルユーザー・・・すべてのツール(BEST専門版、BEST簡易版、BEST平成25年省エネ基準対応ツール)が利用できる。
A平成25年省エネ基準対応ツールユーザー・・・BEST平成25年省エネ基準対応ツールのみ利用できる。
Bアカデミックユーザー・・・全てのツールが利用できる。(但し、アカデミックに限る)
詳しくは、以下のURLをご覧ください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/user.html

尚、蓄電池のシミュレーションは、簡易版では行えませんが、BEST平成25年省エネ基準対応ツール及びBEST専門版では計算が可能です。
質問者ID:FAQ−179
非会員
2014/8/25
No.533
発電シミュレーターの導入を検討しております。
電気料金シミュレーションについて、正式版BESTの導入を検討しております。
導入に際し、下記ご依頼させていただければと思います。
@シミュレーション導入を検討するにあたり開発環境等のご提供はありますでしょうか?
A正式版BESTのお値段はいくらになりますでしょうか?
B導入にあたり、契約等のお手続きを教えていただいてもよいでしょうか?
何卒よろしくお願いいたします。
回答者ID:10、20
2014/8/26
No.533
@計算ロジックが分かるプログラム解説書をご提供することが出来ます。
以下のホームページからダウンロードしてください。
BEST平成25年省エネ基準対応ツール解説書_理論編_2013年10月版
http://www.ibec.or.jp/best/eco/index.html

A正式版BESTの値段は、使用開始時期、使用ライセンス本数等により金額が異なります。
詳細は、下記URLに掲載している「1.BESTユーザー登録のご案内」にてご案内しておりますのでご参照ください。
URL http://www.ibec.or.jp/best/program/user.html
B具体の契約の手続き手順につきましては、前述の「1.BESTユーザー登録のご案内」をご参照ください。
質問者ID:FAQ−105
フルユーザー
2014/8/22
No.532
人体の設定 気流速度について
デフォルトでは、0.15m/sとありますが、例えば、1.0m/sとすると、その室内の気流速度が上がるという理解でよかったでしょうか?
試しに、気流速度を上げて計算したのですが、全熱の冷房負荷が下がるような事はなさそうです。
人体の設定の気流速度とはどのような概念のものか教えて頂けないでしょうか。
お忙しいと思いますが、どうぞよろしくお願いします。
回答者ID:07
2014/8/25
No.532
「人体」の設定画面にある「気流速度」の項目は、「BEST-P 建築操作マニュアル」(2013年7月版)の「2.6.8. 人体」に書かれているように、「在室者近傍の気流速度」であり「人体発熱量及びPMVの両方の算定に用いられる」ことになっています。

上記の計算に用いる値を別個に設定しているだけで、この数値を大きくすると室内全体の気流速度が大きくなるわけではありません。

また、ご質問中の「気流速度が上がると全熱の冷房負荷が下がる」という部分については、室内より温度と湿度の低い外気が室内に流入する速度の事をお考えになっているのでしょうか。そうだとすると、この気流速度の値を大きくしても、そのような状態としてBESTが計算することはありません。
よほど換気量が大きい部屋などでなければ、この「気流速度」の値は、在室者が不快に感じない程度の気流速度(0.15m/s前後)に設定することをお薦めします。
(補足)「人体発熱量」の計算については、同じマニュアルの「3.7. 内部発熱の計算方法」の「3.7.1. 人体」に説明があります。

大まかにいうと、他の要素によって状況が異なるかもしれませんが、室内の空気温度は大概人体より低く、その時(在室者近傍の)気流速度が大きくなると、人体表面に接触することで室内空気が温められる量(=人体が室内空気によって冷やされる量)が大きくなります。これはすなわち、人体発熱量が大きくなったことに相当します。

「PMV」の計算の方は、人体周りの気流速度が計算に必要な要素の一つなので、それに用いられます。
質問者ID:FAQ−131
フルユーザー
2014/8/21
No.531
お世話になっております。
1点お伺いしたいことがあるのでご回答お願いいたします。
以前いただいた住宅のサンプルデータなのですが、シミュレーション結果が2006年2月の木造住宅1階居間の室温が35度を超えてしまうのですが、これは本当でしょうか?サンプルデータを特にいじらずにシミュレーションを行ってもこのようになります。
(テキストでも2月5日のデータはそのようになっており、また設定条件を確認したのですが、特におかしなところはないように思うのですが。)
回答者ID:07
2014/8/25
No.531
2月5日の計算結果だけでなく、その前後1週間程度の結果をグラフにしてみてください。その際、同じ期間について南面全日射量もグラフにして並べてみてください。
2月4日、5日の2日間の真昼の南面全日射量は900W/m2程度に達しており、太陽高度が低いことも相まって、夏期よりも大きな値になっています。この住宅モデルでは、日中ブラインドを下げない設定になっていますので、その影響を強く受けることになると思います。
それに対し、日射がほとんどない2月1日などは、1階居間の室温は暖房している時間こそ20℃になっていますが、暖房が止まると15℃程度にまで下がってしまいます。
このことと、室温の時間変動状況から、2月5日の日中、1階居間の室温が30℃を超えるのは日射の影響によるところが大きいといえると思います。
質問者ID:FAQ−152
フルユーザー
2014/8/20
No.530
年間負荷計算についてご質問させて頂きます。
建物外皮の性能を変更し、断熱性能を向上させて年間熱負荷計算を実施しましたが、年間負荷計算の時刻毎の結果を見ると、負荷の最大値に変化がありませんでした。
断熱性能が向上すると、年間負荷計算の最大値も低減すると思うのですが、そのようにならない原因は何なのでしょうか。
BESTでの年間負荷計算がどのような計算なのか、と合わせてご教示いただけますでしょうか?宜しくお願い致します。
回答者ID:07
2014/8/25
No.530
BESTの年間熱負荷計算では、各ゾーンの「ゾーン空調条件」で設定した装置容量(「冷房容量(顕熱)」など)の範囲内で、設定温湿度を満たすための要求熱量を算出します。もし、その要求熱量が設定した装置容量を上回る場合は、空調能力不足に相当するとして、ゾーンの温湿度が不足分に応じて設定値から上下する結果を出すようになっています。

年間の負荷の最大値を求めるのは最大負荷計算の役割で、年間負荷計算はむしろ、設定した装置容量内での(能力不足の発生具合を含む)年間の負荷変動を見たり、負荷の集計をしたりすることを主目的としていますので、このような計算をするようになっています。

今回、各ゾーンの最大負荷値は「ゾーン空調条件」で設定した装置容量で頭打ちになっているのではないでしょうか。

断熱性能を変えても、一番条件が厳しい時間における要求熱量が、設定した装置容量を下回らない場合に起こりうる状況です。

この場合は、大概のゾーンで能力不足になることが無いように、装置容量の値を過大な数値(例えば、999W/m2など)にしておけば、断熱性能に応じた最大値が出てくることと思います。

お問合せの文章だけでは起きている現象を正確に把握できませんので、原因はもしかすると他にあるのかもしれませんが、お試しください。
質問者ID:FAQ−178
フルユーザー
2014/8/1
No.529
帳票出力について
年間熱負荷計算をするために、建築用のデータを入力し、入力内容を確認しようと『ツール』→『帳票出力』→『共通データPDF出力』を選択したのですが出力に失敗しましたと表示されます。
マニュアルを確認したのですが、解決方法が分かりませんので、出力方法を教えて頂けますでしょうか。
回答者ID:16
2014/8/5
No.529
1204版ではPDF出力機能に不具合がありました。
1307版で修正しておりますが、先日アップした1406版ではお問い合わせのPDF出力機能を無くしております。
質問者ID:FAQ−177
フルユーザー
2014/7/29
No.528
「BEST-P建築操作マニュアル」の「2.8.1.各時間ステップの結果出力ファイル」→「各ゾーンの計算結果」→「・出力項目」(P.72)についての質問になります。
bestBuilU.csv内のデータで、
(1)室負荷(S、L、T)[W/m2]の構成要素は何になるのでしょか?(外皮負荷+人体負荷であり、照明負荷は含まれていないのでしょうか?)
(2)出力項目に外気負荷[W/m2]は無いのでしょうか?
(3)bestBuilU.csv内に「装置負荷(W/m2)」が存在しません。建築単独計算のときに出力される、と記載がありますが、それはどういった計算を指すのでしょうか?
(4)各室毎の空調熱負荷(外皮負荷+人体負荷+照明負荷+外気負荷等)をみたいと考えております。その場合、bestBuilU.csv内の、どのデータを参考にすればよいでしょうか?
回答者ID:07
2014/7/29
No.528
(1)「室負荷」は、窓や壁(床、天井を含む)、人体、照明、機器、隙間風等に起因する熱負荷の合計で、「装置負荷」は、その室負荷に取入れ外気負荷を加えたものです。
(2)計算結果ファイル("bestBuilU.csv"など)に「外気負荷」の項目は有りませんので、同一ゾーンの「装置負荷」から「室負荷」を差し引いて求めてください。
(3)通常、各ゾーンの「照明電力」、「コンセント電力」の項目に続いて、「装置負荷S」、「装置負荷L」、「装置負荷T」が出力されていると思います。古いバージョンのプログラムで作成したデータを、新しいバージョンのプログラムで計算すると「装置負荷」の項目が出力されないことが発生するようです。
「建築単独計算」とは、「BEST-P建築操作マニュアル」の「2.2.3.計算範囲」→「A通常計算」などに書かれているように、「設備の詳細入力をしない熱負荷計算」を意味しており、「計算範囲」入力画面において『建築計算:「する」を選択、設備計算:「しない」を選択する。』ことで、実行することが出来ます。

(4)(1)で回答した通りです。外気負荷も含めてみる場合には「装置負荷」を、外気負荷を除く場合には「室負荷」の値を参照してください。

(補足)既出の「BEST-P建築操作マニュアル」のほかにも、BESTホームページにある「よくあるご質問」や「生のお問い合せと回答」(http://www.ibec.or.jp/best/faq/index.html)にも、同様の質問に対する回答が掲載されていますので、あわせてご利用ください。
質問者ID:FAQ−176
フルユーザー
2014/7/22
No.526
週間スケジュールにおいて全て休日モードにしたスケジュールを作成し、空調スケジュールに使用して、空調なしの条件での室温計算を行いました。計算結果として、室温は出力されましたが、PMVとOTは出力されませんでした(-100と出力)。なぜでしょうか?
他に空調なしの計算方法はあるのでしょうか?
回答者ID:07
2014/7/28
No.526
PMVやOTなどの算出には、在室者の代謝量、着衣量が必要となりますので、計算モデルのゾーンについて「人体」要素(「BEST-P建築操作マニュアル」内『2.6.8. 人体』参照)の設定を行ってください。
質問者ID:FAQ−137
アカデミックユーザー申請中
2014/7/22
No.527
BESTの専門版についての質問です。
専門版を使用することによって、建物の時刻別の機器ごとのエネルギー消費割合を算出することは可能でしょうか?
回答者ID:06
2014/7/28
No.527
時刻別の機器ごとのエネルギー消費割合を算出することは可能です。
方法は、
@出力したい機器モジュールを開き、「記録を有効にする」にチェックを入れます。
A出力したい機器モジュールのシーケンス接続にて、記録(例:L2_recOut)を、最終的に、”空調記録”モジュールの”L2_recIn”と接続します。
B”計算結果の記録の指定”、モジュールを開き、記録したい項目にチェックを入れます。
C”計算結果の記録の指定”モジュールのシーケンス接続にて、”空調記録”モジュールと接続します。
尚、建物全体のテンプレートを利用する場合は、熱源本体、水搬送、給湯、照明等のエネルギーが集計がされるようにシーケンス接続が完了しています。
”tmBEza エネ系媒体観測用途別20090808”という集計モジュールにて自動的に集計され、”tmBEza グラフ1次エネ消費量用途別20100101”でグラフ表示させることができます。
質問者ID:FAQ−152
フルユーザー
2014/7/14
No.525
お世話になります。
PMVの算出についてご質問があります。BESTプログラム内での、PMVの計算方法と計算式をご教示いただけないでしょうか。
勉強不足で恐縮ですが、宜しくお願い致します。
回答者ID:07
2014/7/28
No.525
PMVの計算式やプログラムが掲載されている文献には、以下があります。
1)P. O. Fanger, Thermal Comfort, p.110、Robert E. Krieger Publishing Company, 1982
2)石野久彌:体感温度の年間シミュレーション、空気調和・衛生工学Vol.59、No.4、p.21、1985.4
3)空気調和・衛生工学会:空気調和・衛生工学便覧第14版 1基礎編、p.332、2010(以上)

また、BESTプログラムではPMVの算出に必要な各要素の設定は以下のようにしています。

室温、相対湿度:その時間における計算結果
平均放射温度:各ゾーンのAST(周囲面温度の面積加重平均値)
平均風速:入力値
在室者の着衣量、作業量:各ゾーンの「人体」要素での入力値
質問者ID:FAQ−131
takuya.urushihara@gmail.com
2014/7/9
No.524
お世話になっております。
以下の二点をお伺いしたいです。
1)スケジュール設定について
時刻変動データ内の機器や照明、人体が0〜1の範囲ではなく、300や600、4となっているのですが、これは率ではなく、ワットや人数ということでしょうか?このまま計算するとエラーは出ないのですが、古いバージョンのデータということでしたので変化させる必要はありますか?

2)負荷計算について
現在同一の空間内の壁体の構成や厚さを変え、室内の温度等の変化を調べるということを行っているのですが、最大負荷や年間熱負荷を計算する際は空調は起動しているのでしょうか?非連成計算空調運転の際など空調の設定条件の中で非空調でない室があるのですが。
回答者ID:07
2014/7/10
No.524
1)スケジュール設定について
BESTプログラムでは、各ゾーンでの発熱要素(人体、機器、照明)の発熱量として最大の値を設定し、時刻変動スケジュールで発熱量の最大値に対する比率を設定する、という入力方法を標準としていますが、プログラムの内部では「発熱量設定値」と「スケジュール設定値」の積で各時間の発熱量を求めていますので、お送りしたサンプルデータのように、「発熱量設定値」に最小単位量(人体なら1(人))を、「スケジュール設定値」に実数(人体なら4(人))と入力して計算させることも可能であるようです。
ただし、どのような場合でも不具合なく計算されることを確認しているわけではないので、標準の入力方法でお使いになることをお勧めいたします。

2)負荷計算について
部屋によっては空調されている時間があります。
先日お送りした住宅負荷計算サンプルのテキストの中にデータの入力条件について説明がされていますので、そちらをご覧になってください。(5ページ目「付録2-3 住宅負荷計算の条件と結果概要」)
空調を止めてしまいたいのであれば、以下のいずれかの設定を行ってください。
a)[共通]データの[時刻変動スケジュール]にある各ゾーンの[空調]という項目ですべてのモード(平日、休日、その他)を『24:00 0』という1行だけにする。
b)[建築]データの[非連成計算 空調運転モード]にあるすべての要素について顕熱処理と潜熱処理の内容を『無』にする。
質問者ID:FAQ−175
アカデミックユーザー
2014/7/7
No.523
お世話になってます。
BESTの昼光計算について質問があります。
建築条件の中で窓条件の、昼光計算を「なし」の状態で計算を実行すると計算処理されるのですが、昼光計算「あり」の状態で計算を実行するとエラーが表示されます。
エラーの詳細はまったく書かれていないため、何のエラーなのかわかりません。
ご教示していただけると幸いです。よろしくお願いします。
回答者ID:07
2014/7/9
No.523
ご質問の内容では、「昼光計算「あり」の状態」というのが果たして適切で十分な設定をされているのかがわかりません。
昼光利用による調光制御の効果を計算するには、以下の2か所での設定が必要ですのでご確認ください。
・[窓]の入力画面の「昼光計算」
・[照明]の入力画面の「調光情報」
また、一つのモデルに複数個所で昼光利用の設定をしていると、原因を特定するのに手間がかかりますので、一か所ずつ設定しながら計算結果を確認して、進めるようにすると良いと思います。
参考までに、調光制御を利用した計算例についてのテキストとサンプルデータがありますのでお送りいたします。ご自分で試してみて、それを参考にご自分のモデルでの入力内容を確認してみてください。
(このテキストは古いバージョンのプログラムに準拠しているため、「(3) 計算結果ファイルの確認と移動」に記述されている計算結果の在り処が現状とは異なります。結果ファイルの移動は、BESTプログラムのメニューバーから「結果出力(O)」→「結果保管(S)」をたどって行ってください。)
質問者ID:FAQ−146
1307
2014/7/2
No.522
お世話になります。
建物全体のテンプレート 建築設備 例題モデル基準ゾーンVAVターボ冷凍機+真空温水ヒータ をベースに、tmBE tmHSG テンプレート 熱源群 熱源2台(ターボ冷凍機+真空温水ヒータ)の台数制御2010111 をtmBE tmHSG 熱源群 熱源n台(ターボ冷凍機+真空温水ヒータ)の台数制御20101111 にテンプレート入れ替えして、ターボ冷凍機2台、温水ヒータ2台の構成で、シミュレーションを行って見ましたが、熱源群が全く動きませんでした。
tmHSG 熱源台数制御n台冷暖別20101111のグラフ表示にチェック入れて計算したところ、温度、熱量、質量流量とも0になっていました。一通り、シーケンス接続は全て行っています。
考えられる原因やデバッグの方法など、判りましたたら、ご教示いただけないでしょうか。
回答者ID:03、06
2014/7/2
No.522
次の原因が考えられます。

・台数制御モジュールの入力が適切かどうか台数制御する容量や水温などの設定
・台数制御モジュールからのswcOut、valOutなどの接続が適切かどうか
質問者ID:FAQ−145
2014/6/27
No.521
エアフローウィンドウの自由入力欄は、『「内蔵ブラインド無し(通風も無し)」の時の入射角30°における性能値』ということでよろしいのでしょうか。
回答者ID:02、16、23
2014/7/3
No.521
エアフローウィンドウの自由入力欄は、『「内蔵ブラインド無し(通風も無し)」の時の入射角30°における性能値』ということでよろしいです。
質問者ID:FAQ−105
1307
2014/6/26
No.519
いつもお世話になっております。

・冷房負荷の計算について
室温の設定温度を26度とした場合、通風が確保出来る計画地のため、夜間の外気温度が27度を下回る時間帯は、冷房を止める考え方で、年間冷房負荷を算出するスケジュールの設定方法は、どのようにすればよいでしょうか?

お忙しいと思いますが、どうぞよろしくお願いします。
回答者ID:07
2014/7/2
No.519
BESTの建築計算では、外気温度を条件にして空調のオン・オフを変える時間スケジュールを設定することはできませんでので、ご希望の条件に忠実に沿った計算を実行することは不可能だと思います。
本来は設備計算で、外気温度判定に基づいて冷房を運転した結果のエネルギー消費量を求めるべきと考えますが、建築計算のみ使用するのであれば、次のような方法で近い条件の計算結果を出すこともできると思います。

1)外気温度に関係なく26℃に冷房する計算を行い、その結果から、外気温度が冷房を止める設定(27℃以下)になる時間帯の負荷を控除する。

これは、外気が27℃以下であれば、冷房を行う代わりに外気による換気で設定室温(に近い状態)が確保される、と考えることにするわけです。
今回のご質問では、設定温度(26℃)よりも冷房停止基準の外気温度(27℃)の方が高いのでいくら換気しても設定温度にはなり得ませんし、湿度も成り行きとなりますので再度冷房が入った時の潜熱負荷を求めることが出来ませんが、その分を差し引いて外気換気による冷却が有効と考える前提に基づいています。

2)予め気象データの外気温度を調べて、夜間がおおよそ冷房を止める設定(27℃以下)になる期間(「期間」とは日単位の期間です。)と、それ以外の期間で、空調運転に関する時刻変動スケジュールの内容が異なる設定にして計算する。

夜間の外気温度がおおよそ冷房を止める設定になる期間は、夜間冷房を運転しない時刻変動スケジュールを設定して更にその時間帯に外気を取り入れる設定とします。それ以外の期間は、夜間冷房を運転する時刻変動スケジュールを設定するのです。
建物の種類にもよりますが、室内温度によるサーモ制御であれば一時間やそれ以下の時間単位で冷房のオン・オフを繰り返すことがあるかもしれませんが、外気温度で判断する場合には、日単位でオン・オフを決める運用も有り得るという考えに基づいています。
夜間に外気を取り入れる点については、自然換気による取入れ量は計算できませんので、一定量を時刻変動スケジュールに沿って取り入れる設定にします。具体的には、対象ゾーンに、本来の意味の「隙間風」設定に加えて、もう一つ「隙間風」の設定を追加して、換気回数で風量を入力することになります。
一度計算をしたら対象ゾーンの温度や湿度の結果を見ながら必要に応じて冷房の運転を切り替える期間を調整した後に再計算することを繰返して、計算結果がご希望の状態に近づくようにすると良いと思います。
質問者ID:FAQ−131
2014/6/26
No.520
現在住宅モデルにおいてソフトを使用しているのですが、細かい設定等分からない点が多々あります。主にビル用のソフトですのでマニュアル等は基本的にビルにおけるものが多いのですが、住宅のサンプルデータやマニュアル等はありますでしょうか?もしありましたら送っていいただけると助かります。

よろしくお願いいたします。
回答者ID:07
2014/7/2
No.520
住宅に特化した資料は基本的に有りませんので、BESTホームページ(HP)で公開している「BEST-P建築操作マニュアル(2013年7月)」(HPでは「C_建築操作マニュアル」と表示されています)を参照してくださいますようお願いいたします。

例題およびサンプルデータは、唯一、2011年のBEST講習会で戸建住宅をモデルに取り上げたものがありますので、例題テキストの抄本とその中の例題「2.12 住宅負荷計算を実行してみよう」で使用しているサンプルデータをお送りいたします。

なお、このサンプルデータは、もともと古いバージョンのプログラムで作成したデータを応急的に現行バージョンのプログラムで計算できるようにしたもので、計算の結果を精査しておりません。よって、計算するプログラムのバージョン違いによる計算結果の不一致や、予期せぬ不具合が発生する可能性がございますのでご了承ください。
また、このデータを使用するプログラムはバージョン1307であることを確認してください。バージョンが違うと正常に計算できない可能性があります。
質問者ID:FAQ−137
2014/6/24
No.518
Lhaplusで解凍を行い、BEST-P.batを開いたところ『「'java'」は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。』という表示が出てくるのですが、これはなにが原因なのでしょうか?
実際に出てきた表示を添付いたします。
回答者ID:16
2014/6/25
No.518
お問い合わせのエラーメッセージは、Javaがインストールされていない場合に表示されます。
下記URLよりJavaを取得し、インストールしてください。

なお、32bitOSの場合は「Windows オフライン (32ビット)」、64bitOSの場合は「Windows オフライン (64ビット) 」
を選択してください。
質問者ID:FAQ−145
2014/6/23
No.517
エアフローウィンドウの入力項目に分からない点がいくつかありましたので、お教え頂けたらと思います。
1.エアフローウィンドウを使用した時のガラスの熱性能値ですが、「ブラインド無」の欄は「内蔵ブラインド有り、内付けブラインド無し」として扱ってよろしいのでしょうか?それが正しいのであれば、
・ガラス番号:651
・ライブラリ名:BESTwindowDB2007
・窓タイプ:エアフローウィンドウ
・ガラス種類名:透明フロート二重
・厚さ: 6mm
の窓仕様を例に取りますと、「ブラインド無し」の射熱取得率0.709、日射透過率0.608は幾分大きいように思います。
逆に内蔵ブラインドも無しであれば、可視光透過率0.109は小さく思います。

2.また、「ブラインド無」=「内蔵ブラインド有り、内付けブラインド無し」であればブラインドを指定(例えば自動制御、明色) した場合、内蔵ブラインドにさらに内付けブラインドを付けた窓仕様になるかと思います。
この場合、「ブラインド有」の値を計算に使用するのでしょうか?
それとも「ブラインド有」の欄は無視され、「ブラインド無」の値を使用するのでしょうか。

3.ガラスの熱性能値における自由入力欄は、指定した窓仕様の入射角特性(類似窓の入射角特性)で補完され、 「内蔵ブラインド有り、内付けブラインド無し」の時の日射熱取得率等4項目を
入力すると考えてよろしいのでしょうか。
非エアフローウィンドウではブラインド無しの値を自由入力欄に
入力することになっているかと思いますが、エアフローウィンドウ特有の入力条件がございましたらお教え頂けると幸いです。
詳しく書かれた論文(空気調和衛生工学会などに投稿されている梗概)のタイトルでも結構です。
回答者ID:02、15、23
2014/6/27
No.517
窓タイプが「エアフローウィンドウ」の場合、ブラインドは、ガラス内に内蔵されたもののみを想定しており、内付けブラインドはありません。
「ブラインド無し」ではガラスのみの状態となります。現行のライブラリ「BESTwindowDB2007」では、窓タイプが「ブラインド内蔵複層ガラス」および「エアフローウィンドウ」の「ブラインドなし」および「ブラインド明色」の可視光透過率が間違っており、特に「ブラインドなし」では、ご指摘の通り、画面上に表示される可視光透過率がとても小さい値となってしまっています。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
また、この可視透過率の値を熱負荷・エネルギー計算に使用しておりませんでした。
窓画面上の可視光透過率は無視して頂き、日射透過率の値を熱のほかに光の計算にも使用しているとみてくださいますようお願いいたします。

今後リリースするバージョンでは、光の計算(照明の昼光制御)には、日射透過率ではなく、可視光透過率を使用するように修正する予定です。
質問者ID:FAQ−137
2014/6/18
No.516
解凍を行ったファイル内にBEST-P.batがないのですが、どのようにしたらよろしいでしょうか?
回答者ID:15、16
2014/6/20
No.516
解凍が正常に終わっていない可能性があります。
Lhaplus・Lhaz等はお試しいただいたでしょうか。
(Lhaplus:http://www.forest.impress.co.jp/lib/arc/archive/archiver/lhaplus.html)
(Lhaplus:http://lhaz.softonic.jp/)
上記ソフトにて、解凍できることを確認しております。
質問者ID:FAQ−131
2014/6/16
No.515
BESTアカデミックユーザーの申請後、現在BEST専門版のダウンロード、解凍まで行ったのですが、解凍後のファイル内にsetup.exeというインストールデータがないのですがどのようにすればインストールできますでしょうか?
回答者ID:15、16、20
2014/6/18
No.515
ダウンロード、解凍後にインストールの必要はありません。
解凍後のファイルにあるBEST-P.batをダブルクリックすると起動できます。
質問者ID:FAQ−152
フルユーザー
2014/6/10
No.514
専門版において建築の地下階を設定するために、地下階の床レベルの設定としてマイナス値を入力したところ、入力エラーとなりました。
地下階の入力を行うには、どのようにしたら良いのでしょうか?
ご回答いただければ幸いです。
宜しくお願い致します。
回答者ID:01、07
2014/6/9
No.514
「床面地上高」の欄には、0以上の数字しか入力できません。

「BEST-P 建築操作マニュアル」の「2.4.5.ゾーン」の項に、[ポイント14]として、『床面地上高さは、隙間風計算(外壁漏気係数法や室内外差圧を用いる場合)や隣棟の日陰計算で用いられます。』と記載されていますので、これらの要素を考慮しないのであれば、地下階でも床面地上高さは0としておけばよいと思います。

もし、地下階がドライエリアに面していたり地盤面高さの設定により外壁が存在して、前出の要素や外気温度や日射の影響を考慮しなければならない場合には、該当する階のうちで一番下にあるものの床面地上高さを0として、その上の全ての階の床面地上高さや隣棟高さを換算する方法で対処できると思います。
質問者ID:FAQ−119
フルユーザー
2014/6/9
No.512
BESTの熱負荷計算の過程について一点ご質問がございます。
基本的にBESTでは気象データを基に、1月1日から計算を開始する事となっていると思いますが、1月1日の計算開始時間の室内の温湿度条件はどのように設定されているのでしょうか?
といいますのも、現在BESTで計算をしている中で、室内の温湿度条件が計算開始の1月1日頃が最も温度が低いため、年初めに空調を行う日に熱負荷のピークが出てしまう現象が起こっております。
もし、計算開始時間帯の室内の温湿度条件を変更できるような設定があるのであれば、ご教授の程よろしくお願い致します。
回答者ID:01、02、07
2014/6/11
No.512
計算の開始日は、年間計算であれば1月1日になりますが、季節単位(冬期だけや夏期だけ、など)の期間計算をすることもありますので、それぞれの場合で異なります。
計算開始日は設定により異なるのですが、BESTでの室温初期値は0℃で固定していますので、その影響をなくすために本計算に入る前には必ず助走計算を行うようにします。助走計算日数をデフォルト設定の20日にしておけば、通常初期値の影響は無視できるようになりますので、その時の計算値はその建物の仕様に沿った室温になっているはずです。

年末年始休みに空調を止めて室内温度が下がり、休み明けに暖房の最大負荷が来ることはよくある現象です。それを回避するために、休み明けの予熱運転時間を長くとるとか、休み明けには室温が多少低くても(室使用開始時間に設定温度より2度ほど低くても)良しとする、などの対応は一般的に考えられているようです。
質問者ID:FAQ−147
非会員
2014/6/9
No.513
シミュレーションソフトのIBECで取り扱っているBESTについて教えてください。
基本的にはTRANSYS、EnagyPlus などと一緒で設備などの計算も含めて行えることが特徴になるのでしょうか?
主な用途としてはオフィスをターゲットとしている認識ですが、住宅での採用例などございますでしょうか?
建物の負荷計算としては既存のSMASH、SIM-HEATなどと同様でそれに加えて設備と連成計算できるということになるのでしょうか?
現状、省エネ計算はSimHeatが利用されていますが、計算ソフトとしてのすみわけ、今後の展望など分かればお教え頂けませんでしょうか?
シミュレーションソフトとして特別評価方法認定などの取得はされているものと理解して宜しいでしょうか?
回答者ID:01、10
2014/6/9
No.513
お見込みのとおり、BESTは建築の外皮性能と設備を連成して解くプログラムです。現在は非住宅を主な対象としていますが、住宅の試算例も発表しております。将来的には住宅版も視野に入れた開発となります。
建物の負荷計算としては、非定常熱負荷計算をSMASH、SIM-HEATよりもかなり詳細に行なっています。IEAのBESTESTによる精度検証も終了しています。
省エネ計算における計算ソフトの棲み分けは検討していません。特別評価方法認定は行なっていませんが、非住宅の省エネの届出では、特別な措置による計算方法として、国からも認知されています。
よろしくお願いします。
質問者ID:FAQ−135
フルユーザー
2014/5/28
No.511
プログラムの活用のページ(http://www.ibec.or.jp/best/program/kosyu-items_H25.html)から、平成26年2月14日開催の[BEST改正省エネ基準対応ツール] 特徴と使い方 4.例題演習:セントラル空調での計算事例(Aビル)の例題データがダウンロードできません。社内の講習会で利用したいので、ダウンロードができるようにしていただけませんでしょうか?
宜しくお願いします。
回答者ID:20
2014/5/29
No.511
ご覧頂いたページは、現在作業中のため、管理者確認用に仮アップしている段階です。
完成次第、再公開いたしますので、今しばらくお待ちください。
質問者ID:FAQ−146
1307
2014/5/27
No.509
設備モジュールにつきまして、質問させてください。
設備テンプレートおよびテンプレート内のモジュールには、先頭にアルファベッドの表記があり、最後に日付の表記があります。一方、マスター側のテンプレート以外の設備欄には、アルファベットや日付の表記がありません。
テンプレート内のモジュールと、それ以外のモジュールを比較した場合、モジュール名が同じであれば、同じモジュールと考えてよいでしょうか。
また、先頭のアルファベット表記の意味づけや表記規則などがありましたら教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。
回答者ID:03、06
2014/5/28
No.509
テンプレートについては、OSが扱える階層の合計文字数の上限の制約に対策するために、テンプレート2012で名称を短縮化しました。
この際に名称の先頭に、テンプレート(シェル)→ts と テンプレート内モジュール→tm というように記号化しました。
一部のテンプレートフォルダの名称に記号を併記しています。参考にしてください。
例 ゾーン空調_tsZAC、 空調機_tsAHU など

テンプレート内のモジュールと、それ以外のモジュールを比較した場合、モジュール名が同じであれば、同じモジュールと考えて結構です。
質問者ID:FAQ−146
1307
2014/5/27
No.510
お世話になります.

設備計算におきまして、熱源群の台数制御を2台からn台に拡張するため、
tmHSG 熱源台数制御(2台用冷暖別)20090101
tmHSG 配管分岐(1→2)バイパス入口付き20090101
tmHSG 配管集合(2→1)バイパス出口付き20090101

記3つのモジュールを以下の3つのモジュールに置き換えました。

tmHSG 熱源台数制御n台冷暖別20101111
tmHSG 配管分岐バイパス入口付台数制御用20101111
tmHSG 配管集合バイパス出口付台数制御用20101111

tmHSG 配管集合バイパス出口付台数制御用20101111の
シーケンス接続を行おうとしたところ、

L0_watOut端子の接続において、”出口の接続端子と複数接続することはできません”とメッセージが出て、1つしか端子を接続することができません。

tmHSG 配管集合(2→1)バイパス出口付き20090101では、L0_watOut端子が複数の端子と接続されています。

この現象を回避する方法はありませんでしょうか。

1.L0_watOut端子が複数接続できる設定方法。
2.推奨代替モジュールの利用
3.1つしか接続できない場合の推奨接続先。
接続できなかった端子が計算に与える影響。

などが挙げられると思います.
ご教示のほど、よろしくお願いします。

なお設備テンプレートは、”テンプレート 建築設備 例題モデル基準ゾーンVAV ターボ冷凍機+真空温水ヒータ20101111”
をベースにしています。
回答者ID:03、06
2014/5/28
No.510
上記3つのモジュールを以下の3つのモジュールに置き換えることで正しいです。

tmHSG 熱源台数制御n台冷暖別20101111
tmHSG 配管分岐バイパス入口付台数制御用20101111
tmHSG 配管集合バイパス出口付台数制御用20101111

使い方は次のようになります。

接続ノードを追加する方法
配管分岐と配管集合のそれぞれのモジュールのスペック入力画面で出口接続ノード数、入口接続ノード数を必要な数に設定するとシーケンス画面に 

配管分岐watOut[0]・・・watOut[j] 
配管集合watIn[0]・・・watIn[k]

のように現れます。

追加された接続ノードに追加熱源からの配管などを接続してください。

ノードの接続条件として
・同じ媒体記号(wat、air、ele)であること
・InとOut あるいは、InとObs、OutとObsの接続であること
などがあり、入力画面ではこれらの条件以外の時にメッセージを出すようにしています。
まず、今回のケースが上の条件にあっていることを確認してください。
接続可能な条件の時は、逆の接続手順を試してください。
(相手モジュールの接続シーケンスを開き、そちらのノードから接続指定を行ってください。)

また、配管集合のwatOutにはもともと1つの端子しか接続できません。watOutに複数接続する場合は、分岐のモジュールが適切と思います。
質問者ID:FAQ−105
1307
2014/5/16
No.508
★2014/5/12お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
結果については自己責任という点、理解しております。
大量に熱負荷計算を処理したいため、教えていただきたい事があります。
BESTを読み込むファイル形式がzipファイルになっております。
BESTで自動生成されたzipファイルを一旦解凍して、中身の変更をせず、再圧縮したzipファイルを、BESTでうまく読み込めません。
zipファイルをどのように作ると、うまく読み込めるのでしょうか?
Windows標準、Lhaplus の解凍圧縮ツールを使ったのですが、出来ませんでした。
お忙しいと思いますが、どうぞよろしくお願いします。
回答者ID:07、16
2014/5/19
No.508
Object001フォルダをzip圧縮すると再度読み込めます。

また、XMLデータを編集する際は、画面間にまたがるタグの値に不備があるとエラーとなることが考えられますので、ご注意ください。
質問者ID:FAQ−105
1307
2014/5/12
No.507
BESTで建築の情報(面積 方位等)を入力する作業が煩雑なため、拾った面積を入力してあるエクセルから、弊社で作成したプログラム(マクロ)で、xmlを書き出し、新しいBuilding.xmlファイルを入れ込んだZIPファイル(BESTの保存形式)を、ファイル>開くを選択し、計算を回すことは可能でしょうか?

または、BEST>ファイル>XMLファイルインポート という機能を使ったほうが良いのでしょうか?

たまに、バグが発生するので、xmlファイルを作成する際の、BEST特有の注意ポイントなどがあれば、教えて頂けないでしょうか。

お忙しいと思いますが、どうぞよろしくお願いします。
回答者ID:01、07
2014/5/13
No.507
XMLファイルが正しく記述されていれば、それを読み込ませて計算を実行することは可能かもしれませんが、XMLファイルの記述の仕方や、直接記述したXMLファイルを使用した計算で発生したトラブルの処理方法についてはサポートを行っておりません。

なお、質問文に記述のあった「BEST>ファイル>XMLファイルインポート」という機能は、BEST簡易版やBEST省エネ基準対応ツールで作成したモデルのデータを利用して専門版で建築計算をするためのもので、直接記述したXMLファイルを読み込むためのものではありませんので、ご了解願います。
質問者ID:FAQ−105
1307
2014/5/7
No.506
暖冷房負荷計算の結果について
専門版では、換気負荷を合計した結果が算出されていますが、改正省エネ法のように、冷房 暖房 換気負荷に分けて結果を算出することは可能でしょうか?

どうぞよろしくお願いします。
回答者ID:07
2014/5/8
No.506
BEST平成25年省エネ基準対応ツール(改正省エネ)では、空調負荷を「冷房負荷」と「暖房負荷」とに分けて表示する機能はありますが、それらに加えて「換気負荷」を別個に出力する機能はありません。

もしご質問が、BEST省エネ基準対応ツールでの「1次エネルギー消費量」の結果出力における「換気」の部分を指しているのであれば、これは「空調室の換気(=外気取入れ)に伴う空調負荷」ではなく「非空調室(WCや機械室など)の機械換気設備の運転により消費されるエネルギー量」を算出していますので、期待されている内容とは異なります。

専門版で「空調室の換気(=外気取入れ)に伴う空調負荷」を求めたいのであれば、各ゾーンの「装置負荷」の値と「室負荷」の値との差がそれに相当しますので、お手数ですが表計算ソフトなどを利用して算出してください。
質問者ID:FAQ−146
専門版1307
2014/4/25
No.504
お世話になります。
連成計算におきまして、以下の質問にご回答願えないでしょうか。
シーケンス接続方法について
新たにモジュールやテンプレートを追加した場合、シーケンス接続を行いますが、どのように接続するべきか不明なため、既に接続済みの類似のモジュールやテンプレートを参考に接続を試みます。シーケンス接続画面は1画面しか開かれないらしく、接続済みモジュール(テンプレート)画面を見ながら接続することができません。
接続情報が格納されたファイルなどは存在しないのでしょうか。
回答者ID:16
2014/4/30
No.504
接続画面は複数のデータを同時に更新するため、1画面しか開けないようになっています。
また、メニューバーの「ツール→帳票出力」で表示される画面にて「設備データ 接続情報 PDF出力」を選択し、PDFファイルを出力にて接続情報の一覧ファイルを出力することが可能です。
質問者ID:FAQ−146
専門版1307
2014/4/25
No.505
連成計算におきまして、以下の質問にご回答願えないでしょうか。

1.結果ファイルにつきまして
連成計算を行いますと、best_result.csv、best_result_U.csv と2つのファイルが作成されます.
中身を見ますと、全く同じに見えます。何が違っているのでしょうか。

2.計算間隔と解法設定につきまして
時刻変動スケジュールの計算時間間隔と解法設定用のスケジュールを変更しますと、連成計算(設備計算)の計算結果(電力値)が大きく変化します。
どのような影響を受けているのでしょうか。
連成計算において、精度を重視した場合、計算時間間隔と解法設定はどのように設定するのが望ましいのでしょうか。

3.計算結果の振れにつきまして
連成計算(設備計算)の結果ファイルから、計算単位毎の電力を時系列で確認しましたところ、ハンチングのような振れが発生しました。振れ幅も大きく、グラフ化の際は移動平均のようなスムージング処理が必要な状況です。
このような現象の原因は、何が考えられるのでしょうか。また原因の追跡方法などございましたら教えていただけないでしょうか。
回答者ID:06
2014/4/25
No.505
1. best_result.csv は設備モジュールからの生の記録です。
best_result_U.csv はbest_result.csv からメッセージを削除したものとなっています。
記録指定で「メッセージ」を指定していない場合は同じ内容となります。
2.設備側の計算ではPID制御的なフィードバック制御を行って目標値(設定室温など)になるように機器の運転容量を操作しています。 制御が安定するまでには数ステップの計算時間が必要となります。デフォルトの計算時間間隔は5分としています。計算時間間隔5分から10分程度ですと年間のエネルギー消費量を算出する目的では問題ないと考えています。

計算時間間隔を1分とすると、目標値に対して安定した制御結果となります。(←負荷に対して適切な設備容量が設定されている場合)

逆に計算時間間隔を30分とすると安定するまでに数時間必要となります。(←この間の外乱(外気や機器発熱)が大きく変動すると安定しないで1日が終わる場合もあります。)

参考資料として 空衛学会大会投稿論文 その70 (2010年) をご覧ください。

3.上記のPID制御的なフィードバック制御の結果が安定していないことが考えられます。負荷に対して設備容量が大きすぎる場合などは ハンチングする場合があります。計算時間間隔が大きい場合も安定しないことがあります。
質問者ID:FAQ−020
1307
2014/4/17
No.503
お世話になります。
BEST専門版1307をPCにインストールしたいのですが、
マニュアルを見ると、最初にJava Runtime EnvironmentとJava3Dをインストールするように記載されており、マニュアルのURLよりDLサイトに行ってもどれを選択すればよいかわかりません。
Java SE Runtime Environmentというのが見当たりません。
どうかご教授願います。
回答者ID:16
2014/4/21
No.503
・Java Runtime Environment

上記URLに移動し、無料Javaのダウンロード」ボタンをクリックしてください。

・Java3D

上記URLに移動し、64bitOSの場合は「java3d-1_5_1-windows-amd64.exe」
32bitOSの場合は「java3d-1_5_1-windows-i586.exe」をダウンロードしてください。
質問者ID:FAQ−139
1307
2014/4/9
No.502
お世話になっております。

epwを利用した計算についてご教授ください。
専門版のver1307にて、epwを利用して計算を行おうとすると、BESTが強制的に終了してしまいます。
原因をご教授頂ければと思います。

ちなみに使用したepwはBESTマニュアル 建築操作マニュアルにもあります百里基地のものです。
また、BESTに付属している気象データでは問題なく計算できました。

以上、ご回答の程よろしくお願いいたします。
回答者ID:07
2014/4/11
No.502
専門版ver1307では、一部のEPW形式の気象データの読み込みに不具合があることが判明しております。
本年公開予定の次のバージョンでは修正される予定ですが、それが公開されるまではver1307を使用して、以下の応急措置により対処してください。
EPW形式の気象データは、カンマ(,)で区切られたCSVデータ形式で、ヘッダー部(地点情報、データ期間、休日設定等)に続いて9行目からデータ部(1年間の1時間毎の気象データ)が始まります。このデータ部の最初の行(1月1日1時)の年情報を書き換えてください。
アメリカのEnergyPlusのホームページで公開されている東京の気象データ(Tokyo Hyakuri 477150 (IWEC);"JPN_Tokyo.Hyakuri.477150_IWEC.epw")では、ここが『1983』(年)になっていますので、『1986』や『1989』に書き換えてると、計算が最後まで実行されます。
なお、BESTプログラムの「計算範囲」設定画面の「本計算開始日」、「計算終了日」での西暦年指定は、上記のEPWデータ内部の年データと一致していなくても良いです。
質問者ID:FAQ−122
-
2014/4/8
No.500
I have a general inquiry as to whether any comparison has been done between BEST and Energy Plus or eQuest modelling tools which are very commonly applied outside of Japan.
Specifically I would like to know any deviations in capabilities between these tools.
回答者ID:01、10
2014/4/11
No.500
We are happy to cooperate on comparing modelling tools. Please give us a certain amount of time to prepare the information. The output image would be similar to the document distributed by the U.S. Department of Energy as linked below, with information of BEST in addition to the software listed.

http://gundog.lbl.gov/dirpubs/2005/05_compare.pdf
質問者ID:FAQ−126
1307
2014/4/8
No.501
計算を実行したら以下のメッセージが表示されましたが内容不明のため対処方法を教えてください。

***** BEST 共通・建築 エラー・警告メッセージ ***** 2014/04/04@22:37:34
(一括仕様設定:ZoneBaseConditionsParam) ** error (code:4) ** 該当する一括仕様設定条件がありません
output (outout)
(一括仕様設定:ZoneBaseConditionsParam) ** error (code:4) ** 該当する一括仕様設定条件がありません
output (outout)
回答者ID:07、16
2014/4/9
No.501
現在お使いのものよりも古いバージョンのプログラムで作成したデータで計算した場合に、今回のようなエラーメッセージが出る可能性が考えられます。

エラーが発生しているデータの各ゾーン設定の中にある「ゾーン結果出力」画面を開き、「一括仕様設定名」を正しく選択しなおして、再度計算をしてみてください。
質問者ID:FAQ−133
BEST1209
2014/4/1
No.499
以下2点ご回答いただけたらと思います。
・年間負荷計算で算出された室温について
年間負荷計算で算出された各ゾーンごとの室温は、以下のどの室温を表しているのでしょうか?
1. ゾーンでくぎられた体積の平均室温
2. ゾーンのくぎられた空間でのある1点での室温
3. 1、2のどちらでもない。

2であれば、具体的にどのポイントを指すのか、3であれば、具体的に室温がどこの温度を示しているのかご教示下さい。

・ゾーン間換気について
ゾーン間換気の入力に項目に「境界長さ」と「境界1メートルあたりの風量」とありますが、こちらの考え方についてご教示下さい。
例えば、ゾーン1からゾーン2に対してゾーン間換気を行う場合、入力値としてゾーン1で隣接ゾーン名 「ゾーン2」 境界1メートルあたりの風量 「1000CMH/M」 境界長さ「2メートル」と入力した場合、

ゾーン1とゾーン2の境界から、前後1mずつの範囲において、2000CMHの空気の入れ替えが生じるということでしょうか?また、このときゾーン1にのみ大きな機器負荷がある場合、ゾーン1とゾーン2の全体としてどのような空気の動き(室温の変化)をするようプログラムされているのでしょうか?

以上、どうぞよろしくお願いいたします。
回答者ID:07
2014/4/1
No.499
1)年間負荷計算で算出された室温について

負荷計算で算出された各ゾーンごとの室温は、「1、ゾーンでくぎられた体積の平均室温」を表しています。

BESTではゾーン内の空気をひとまとめにして扱っていますので、計算の結果としてゾーン内の任意の一点の状態を出すことは出来ません。条件入力の際に、窓の位置や発熱領域の位置などを指定していないことからもお分かりいただけると思います。

2)ゾーン間換気について
例示された条件では、「ゾーン1の空気2,000m3とゾーン2の空気2,000m3とを、毎時間強制的に入れ替えた計算をする」ということです。
前の質問に関連しますが、BESTではゾーン内の部分を取り出して計算することは出来ませんので、「境界から、前後1mずつの範囲において」というのは当てはまりません。
また、ゾーン間換気を設定した場合には、境界に接する両ゾーンに発熱などの設定条件の差があっても、それらに関係なく強制的に空気の移動をさせた計算をします。空気の比重差による自然対流などの計算は出来ませんのでご注意ください。

3) 図と共に質疑を行うことは可能なのでしょうか?
「質問内容を分かりやすく簡潔に示した図」を添えていただくことは問題ありません。
問い合わせフォームではなく通常のメールにて添付資料をお送りいただく場合は、下記のURLに記載の方法に従って送付ください。
http://www.ibec.or.jp/best/utility/contact_mail.html
質問者ID:FAQ−106
BEST1209
2014/3/14
No.498
いつもお世話になっております。
・BESTにおいて
建築単独計算で最大熱負荷、年間熱負荷を算出する場合、暖房設計用地中温度(空気調和・衛生工学便覧 第13版より)を加味した負荷計算を行うことが可能なのでしょうか?
回答者ID:07
2014/3/19
No.498
床や地中壁の設定画面にある「屋外条件」において『固定温度』を選択し、同じ画面の下方にある「固定温度」に意図する温度を入力することで設定が出来ますが、ご質問にある空気調和・衛生工学便覧の暖房設計用地中温度は、暖房時の最大熱負荷計算に使用するものですので、冷房時の最大熱負荷計算や年間熱負荷計算を行う場合には、地中温度を年間スケジュール形式にして、それを選択するなどの設定作業が必要になると思います。
質問者ID:FAQ−146
専門版1307
2014/3/13
No.497
お世話になります。設備ライブラリの中に、ターボ冷凍機のモジュールがありますが、近年のターボ冷凍機には排熱利用運転機能が備わっています。
これを利用するような設定はできないのでしょうか。

夏期の調湿用に使用するレヒートコイルを実装、計算にするにはどのようにすればよいでしょうか。

併せて、ご回答のほどよろしくお願いします。
回答者ID:03、06
2014/3/24
No.497
ターボ冷凍機モジュールに「排熱利用運転機能」というものは用意しておりません。
ターボ冷凍機モジュールからの冷却水を「排熱」ととらえるならその接続先をどうするかはユーザーの自由です。
温水熱交換器に接続、水熱源パッケージの熱源水として利用、温水の予熱に使用するなどが考えられます。ご検討ください。
質問者ID:FAQ−134
簡易版
2014/3/11
No.496
32bit版のjavaをインストールして、best簡易版を立ち上げたのですが、以前と変わらず、画面が真っ白のままです。
中のデータは入っているようで、計算結果は表示されます。
解決方法をご教示頂けますでしょうか。
ちなみに、BEST簡易版はVER1.2.5を使用しています。
回答者ID:16
2014/3/12
No.496
ZIPファイルの解凍に失敗しているか、データが破損している可能性があります。
インストールしたフォルダを削除し、下記フォルダにユーザ作成データが保存されていますのでこちらも削除したのちに、再度インストール作業を行ってください。
「$ユーザフォルダ$\AppData\Roaming\BEST-ES」
質問者ID:FAQ−146
専門版1307
2014/3/10
No.495
例題3 Aビルの蓄熱システム計算編の演習テキスト TRY BEST 2011-11 におきまして、5.1 水蓄熱システムの基本設計
(5)2次側ポンプ選定
二次側ポンプ仕様: 830L/min×25m×5.5kW×2台
とありますが、25mと5.5kWはどのように算出されるのですか。
基準階高さ24mから、全揚程25mと見積もったということですか。
また5.5kWは、流量、全揚程、ポンプ効率から見積もったということでしょうか。同様に
(6)空調機選定
冷水量Lcw=55kW×3600/(4.186×60×10℃)=79L/min
とありますが、55kWは,どのように算出されるのですか。
こちらは検討がつきませんでした。

5.2 (3)計算結果の比較(位置型槽内水温プロフィール)にて、蓄熱層内の温度分布が示されていますが、熱槽利用温度差10degであるにもかかわらず、グラフは20deg近く温度差があります。
どのように解釈すればよいですか。
反対に設計値10degに対して、計算値も10degしかない場合、
好ましい結果ではないということでしょうか。

以上、ご回答のほどよろしくお願いします。
回答者ID:21、22
2014/3/12
No.495
(5)二次側ポンプ仕様に関して、
揚程25mは、二次側は熱交換器方式(茶本標準)で選定していたかと思われます。ただ、当初は熱交換器のモジュールがなかったためか、3次側(熱交2次側)ポンプとしての仮値としたのかとおもいます。(※熱交1次側分は抜けてます)
配管長100m×0.05mAq/m×2=10m
空調機5m+熱交換器7m=12m
合計22m×1.1→25mだとおもいます。
動力5.5kWは、メーカーのカタログ選定表の値としています。

(6)空調機能力55kWに関して
また、空調機能力55kWは、例題V 実在建物(Aビル)の計算2011-11の例題2.1の冷房最大負荷計算結果を元にしています。
なお空調系統は1フロア2系統(S系+N系)ですが、簡略化のためS系とN系の空調機は同じものとしているはずです。

5.2 (3)計算結果の比較について
温度差が設計値よりも大きくなっている原因としては、空調機の能力が想定よりも高い(メーカーカタログ仕様値とBESTの中の計算の差など)、または、選定最大負荷に対して実際の負荷が小さいことが考えられます。

基本的には、設計値以上の温度差であれば問題ないと思います。また、上述のように設計値で10℃差であれば、ピーク時以外は10℃差以上となるはずです。
設計よりも温度差が小さくなることは、蓄熱システムにとっては好ましくありません。

TRY BEST 2011-11の結果は、確かに少し温度差が大きくなり過ぎてしまい、悪い例でも温度差が10℃になっているものもありますので、誤解を与えたのかもしれません。あくまでも、設定などの変更により、どのような変化を示すのかについての例として見ていただければと思います。

尚、設計方法に関するご質問は、サポートの範囲外となりますので、今後はお控え頂きますようお願い申し上げます。
質問者ID:FAQ−146
専門版1307
2014/3/4
No.494
1.例題3 Aビルの設備計算編におきまして、配管モジュールスペックのtmBE 配管分岐(1→n)のヘッダ入口最大流量が8000 l/min となっています。
この数字は、どの仕様から算出しているのでしょうか。
熱源2台分の定格流量 4050+2680=6730 l/minから、安全率を見て、8000 l/min としているのでしょうか。

2.例題3 Aビルの蓄熱システム計算編におきまして、tmTST 2次側3方弁_TST用の最大流量も,8000 l/min となっています。
これは前項の値を参照していると考えてよいですか。
もし違うなら、数値の算出方法を教えていただけないでしょうか。
tmTST 熱源側3方弁_TST用の最大流量、tmHS ヒートポンプチラーの定格冷温水量が2064 l/min となっています。
こちらの算出方法も教えていただけないでしょうか。

tmHS ヒートポンプチラーの定格消費電力が177から180kWに変更されています。
この変更理由も教えていただけないでしょうか。
回答者ID:12
2014/3/10
No.494
1.熱源2台分の定格流量 6730 l/min以上を設定すればシミュレーション上問題ないので、ご指摘のとおり安全率を見て8000 l/min としております。

2.tmTST 2次側3方弁_TST用の最大流量8000 l/minは、ご指摘のとおり前項の値を参照しております。
tmTST 熱源側3方弁_TST用の最大流量、tmHS ヒートポンプチラーの冷温水量2064 l/minにつきましては、吸収式+ヒートポンプチラーから水蓄熱+ヒートポンプチラーの熱源システムへ変更することで、負荷が平準化され、熱源容量が設備計算編よりも蓄熱システム計算編で小さくなっております。
それに伴い、定格流量も値が小さくなっています。

算出方法としては、テキスト記載の熱源容量720kWから下記のように算出できます。

720kW÷4.186kJ/kgK÷Δ5K×60s/min≒2064L/min

tmHS ヒートポンプチラーの定格消費電力が、177から180kWに変更している理由は、COP4を想定して180kWとしております。想定機器のCOPに応じて値を変更ください。
質問者ID:FAQ−146
フルユーザー
2014/2/10
No.493
Aビルのコジェネ計算例題におきまして、グラフ トレンド 一次エネルギー消費量 用途別のグラフ表示に、コージェネ発電、太陽光発電、風力発電がありますが、 ”記録を有効とする”ではかせたcsvファイルには上記三項目がありません。
これらの数値を記録するには、どうすればよいですか。

また空調熱源補機なる項目があるのですが、これは何の電力を指しているのでしょうか。
回答者ID:03、06
2014/2/13
No.493
エネルギー消費量の内訳けグラフは、建物全体テンプレートの直下にある「グラフ トレンド 一次エネルギー消費量 用途別」モジュール(集計処理モジュール)がこのモジュールに接続されたエネルギー(ele、gas、oilあるいはecu)媒体の情報をもとにユーザーがこのモジュールの入力画面で指定した消費先別の倍率を処理して一次エネルギー換算したものを表示しています。この集計処理モジュールの「記録を有効とする」にチェックすると内訳が記録できます。
消費先内訳に関しては次の点に注意してください。
建物全体テンプレートを使用した場合、子テンプレートの各エネルギー消費が 上記集計処理モジュールに接続しており建物全体のエネルギー消費先別グラフを表示できるようになっています。デフォルト状態から、新たにテンプレートやモジュールを追加した場合、追加したものから発生するエネルギー消費をグラフに取り込むには集計処理モジュールへの追加エネルギー媒体の接続を行ってください。

尚、例題で使用されている一次エネルギー消費量の結果集計モジュールが古いようです。(tmBE グラフトレンド1次エネルギー消費量 用途別20090808)
こちらのモジュールを、左側のマスター画面の”テンプレート2012のモジュール”フォルダにある、”tmBEzaグラフ1次エネ消費量用途別20100101”に入れ替えて、シーケンス接続をつなぎなおして頂ければ結果出力させることが可能です。
空調熱源補機は、熱源一次ポンプや吸収式冷温水発生器等に付随する冷却塔で使用される電力が含まれます。
質問者ID:FAQ−128
1307
2014/1/29
No.492
昼光計算について(BEST専門版)
窓の大きさによって照明電力がどの程度ことなるか確認していましたが、窓面積を変更しても照明出力結果に変化がありませんでした。
面積以外に入力項目を変更する必要があるのしょうか。また、外壁や窓には縦横のサイズを入力する項目がないですが、どのように昼光計算が行われているのでしょうか。
ご回答よろしくお願い致します。
回答者ID:07
2014/1/30
No.492
原因としましては、外部日除け、窓のサイズが入っていないことなどが考えられますが、ご質問の内容では、どのような設定をして、その結果をどのように確認されたかもわかりませんので、BESTのホームページで公開されている調光制御を利用した計算例 (窓面積を変えてみた場合の計算例もあります)を試してみてください。そちらでの内容を参考に、ご自分の作成されたデータの設定もチェックしてみてください。

テキストは下記の場所にあります。

■BESTホームページ(http://www.ibec.or.jp/best/index.html)
 >プログラムの活用
  >マニュアル
   >講習会のテキスト
    >『中級編『2.建築シミュレーションを体験しよう』(6-2.例題演習)』
     >『2.8 調光制御の効果』,『2.9 窓面積を変えてみる』

(上のテキストの説明は古いバージョンのプログラムに準拠しているため、入力画面
の詳細や、「(3) 計算結果ファイルの確認と移動」に記述されている計算結果の在り
処が現状とは異なります。結果ファイルの移動(格納)は、BESTプログラムのメ
ニューバーから「結果出力(O)」→「結果保管(S)」をたどって行ってください。)

また、BEST専門版で調光制御の設定をして計算をすると、時刻別計算結果ファイル
("bestBuilU.csv"や"bestBuilH.csv")には「照明出力率」の値も出力されますので、「照明電力」の値とともに時間単位での変化を調べてみてください。
質問者ID:FAQ−144
1307
2014/1/24
No.491
自然換気計算をする場合について2点質問があります。

@外壁の風圧係数はどこで設定するのでしょうか?
設定欄が見当たらず、教えてください。
もしくはデフォルトで設定されているなら、その値を教えていただければ幸いです。

A階段室などを換気経路に利用した場合、建物全体で20室以上接続する場合があると思いますが、どのようにゾーンを接続すればよいのでしょうか?
「ゾーン Airs換気計算用20120505」だと、対象ゾーンは、20ゾーン換気回路は、20回路がMAXのように思われます。
回答者ID:06
2014/1/28
No.491
@外壁の風圧係数はどこで設定するのでしょうか?
→ プログラム内で次の空衛学会の方式で行っています。
deltaW は計算対象の壁面に対する風向で正面からのものを=0度、背後からの風を=180度 
//風圧係数cwの計算
(以下参照:
2013 ASHRAEハンドブック Fundamentals
P16.7 DRIVING MECHANISMS FOR VENTILATION AND INFIL TRATION 式(26)及びP14.5 Fig.6 Variation of Surface-Averaged Wall Pressure Coefficients for Low-Rise Buildings)

if( deltaW <= 30.0 ){
cw = 0.75;
}else if( deltaW <= 75.0 ){
cw = 0.75 - 0.0166 * ( deltaW - 30.0 );
}else if( deltaW <= 90.0 ){
cw = -0.0267 * ( deltaW - 75.0 );
}else{
cw = -0.4;
}

A 〜〜20室以上接続〜〜
→ BESTプログラムの下層フォルダの
\sys\Files\Files_treeSystem\PartsData\空調設備\ゾーン ルーム
にある「ゾーン Airs換気計算用20120505.csv」ファイルをExcelで開き(ファイルを編集しますのでバックアップを作成しておく)換気計算する室(節点)の登録 と 換気回路の登録 に計算に必要なゾーン数の ZV*** 行と ZVS*** 行を を追加してください。

オリジナルファイルは現在 
換気計算する室(節点)の登録 は ZV000〜ZV020 の21行 
換気回路の登録 は ZVS000〜ZVS020 の21行
となっています。

「ZV020 〜〜」行 と 「ZVS020 〜〜」行 に続けて必要な数だけ それぞれの行を コピー挿入しA列とB列の 数字の部分を 連番となるように 修正しファイルを「csvファイル形式」で保存(上書き)してください。

保存後、設備のメニューの「空調・換気設備/ゾーンルーム/ゾーン Airs換気計算用」を選択すると、追加した数の 入力行が現れます。よろしくお願いいたします。
質問者ID:FAQ−132
2014/1/15
No.490
XPの終了に伴い、パソコンを購入を考えていますが、Windows8 は問題ないのでしょうか。

ご回答のほどよろしくお願いいたします。
回答者ID:15、16
2014/1/15
No.490
問題ありません。
質問者ID:FAQ−130
アカデミック
2014/1/6
No.489
以前の質問でAFWの窓内通風量を変更した場合、日射遮蔽性能や断熱性能が向上するので、それも考慮して計算されている。ということをうかがいました。

ここで入力の際に通気量を変更した場合、上記の値が変化したということが数値で見れないのでしょうか、どこかで確認できますか?

窓の仕様によっても通風量が元の2倍となったときの日射熱取得率の変動率などが違うと思いますのでどのように計算されているのでしょうか、参考文献や計算式があれば教えてください。
回答者ID:07
2014/1/14
No.489
BESTでの計算の途中におけるエアフローウインドウの性能値は出力しておりません。
また、計算方法の参考文献については、『BEST-P 建築操作マニュアル』の「3.4. 窓 の計算方法」の項で参考文献を紹介しておりますので、そちらを参照してください。
質問者ID:FAQ−123
アカデミック
2013/12/24
No.487
BEST専門板においての、コンセント電力に関する質問があります。
建築設備の連成計算の際にも建物全体のコンセント消費電力量は建築条件の機器設定と共通条件の時刻スケジュール設定に依存していると考えておりますが、間違いないでしょうか。

機器使用スケジュールを変更してみたところ、あまり建物全体のコンセント用途消費電力量が下がらなかったので質問させていただきました。
具体的には、あるモデルの時刻変動スケジュール内の機器使用率を変更させたときの一次エネルギー消費量を比較したところ(test_1コイル⇒test_1コイル_待機電力0)
機器発熱量低下による空調システムのエネルギーは削減されていたのですが、コンセント電力が変化しませんでした。
回答者ID:06
2014/1/6
No.487
ゾーンテンプレートにあるコンセント分電盤モジュールのON/OFF信号は、空調機テンプレートの空調機SAファンのON/OFF信号と同じ信号を受け取っており、空調が動いていない時間帯においては、集計ができていないようです。
ゾーンテンプレートにあるコンセント分電盤には、中央監視モジュールのMain制御modeから出ている24時間ONの信号(端子名:L1_swcOutMain)と接続することで集計が可能となります。
質問者ID:FAQ−146
2013/12/24
No.488
ゾーン設定/内壁設定におきまして、隣室タイプCの場合、内壁面積と隣接ゾーンの面積を等しくする必要があるのでしょうか。

例えば、1Fと2Fの計算対象の床面積が異なる場合、それぞれの内壁面積を入力の上、互いの隣接ゾーンを指定しても大丈夫でしょうか。

あるいは床面積を等しくして計算するか、床面積の大きい階を2ゾーンに分割し、1ゾーンは隣室タイプ@などに設定して計算する必要があるのでしょうか。

ご教示のほど、よろしくお願いいたします。
回答者ID:07
2013/12/25
No.488
内壁の面積は、その壁(もしくは床、天井)を介して両側のゾーンが重なり合う部分の面積を入力します。
ご質問では、片方のゾーンから見た内壁の面積を、もう片方のゾーンでも入力してしまうと、その内壁の一部にしか接していない場合、面積の帳尻が合わなくなることを心配されているのだと思います。
BESTプログラムでは、一つのゾーンに複数の内壁を設定することが出来ますので、各ゾーンで隣接条件が異なるものの数だけ内壁を設定し、それぞれ条件を入力してください。
質問者ID:FAQ−123
アカデミック
2013/12/23
No.486
BEST専門板での空調機ファン制御に関する質問があります。
現在、2台のAHUで8ゾーンを空調しているモデルを作成しておりますが、AHUのSAファン設定がグラフに反映されず困っております。
例えば、東側3ゾーンを空調するAHU1につきましてRAファン定格風量9200CMHで吹き出して、VAVユニットそれぞれは最大流量3000CMH*3となっております。
それに応じて、VAVファン制御の最大風量を9000、最小風量を1500とし、接続ノード数・ダクト分岐も設定致しました。
しかしグラフ出力してみますと、SAファン出口風量が3000、VAVユニットでの流量は1000で頭打ちとなってしまいます。
データを送付させていただきますので(test_1コイル)、どうか原因を教えていただけないでしょうか。

先日、SAファンの周波数を変更するためのモジュールを教えていただき、既存のAHUにテンプレート入替を行うことで反映させたのですが(test_1コイル⇒test_1コイル_AHU変更)ほぼ内容が同じにもかかわらず、SA・RAファンの風量が設定よりも低い値で頭打ちでインバータ制御されていないようなグラフになってしまいます。
シーケンス接続が正常でないのか、もしかすると前述の質問と原因が同じかもしれません。
回答者ID:03、06、15
2014/1/10
No.486
・空調機ファン制御について
グラフ表示につきましては、入力の単位は、m3/hですが、グラフ表示の単位はg/sです。m3/h×1200(g/m3)÷3600(sec)=g/sですので、正しい値が表示されているかと思われます。

・SAファンの周波数の変更について
モジュールの追加の他、機外ダクト圧損のモデルを扱う場合は、次のモジュールとの組み合わせが必要です。

/空調・換気設備/制御機器/ ファン台数制御CAV VAV(n台用)

また、ファンが1台の場合も、この台数制御モジュールが必要となります。
詳しくは、空調制御モジュールマニュアルのP71(7. ファン台数制御CAV VAV(n台用)モジュール)に記載がございますので、そちらをご覧ください。
質問者ID:FAQ−123
アカデミック
2013/12/17
No.485
BEST専門板においての、空調機ファン制御に関する質問があります。
現在、空調機の給気ファン及びレタンファンにインバータ装置を導入した事例について研究しております。
そこで、インバータ周波数の上限値・下限値を変更した制御(上限50⇒30Hzなど)を検討したいと考えているのですが、そのようなインバータ周波数設定はBEST専門板上で可能なのでしょうか。
また可能な場合、どのようなモジュールを使用するべきでしょうか。どうかご指導のほど、宜しくお願い申し上げます。
回答者ID:03、06
2013/12/18
No.485
設備のマスター画面の「テンプレート2012」⇒「空調」⇒「空調機_tsAHU」のフォルダ中の例えば上から3番目の”tsAHUvav1コイル20120303”のテンプレートの中に、SAファン及びRAファンがあります。

このモジュールを使用することで、上限周波数及び下限周波数の設定によるインバータ制御を行うことが可能です。

なお、機外ダクト圧損のモデルを扱う場合は、次のモジュールとの組み合わせが必要です。

/空調・換気設備/制御機器/ ファン台数制御CAV VAV(n台用)

このモジュールとファンを組み合わせて使ってください。
使用方法は、制御マニュアルを参照してください。
質問者ID:FAQ−149
2013/12/16
No.484
室温度設定に関して問い合わせがあって連絡させて頂きました。

室温度設定で上限温度と下限温度を設定し、上限温度以上になったら冷却、下限温度以下になったら加熱するように制御したいですが、これをどこでどうやって設定すれば宜しですか?
例)室温度が27℃以上になった冷房、20℃以下になったら暖房

回答者ID:02、07
2013/12/18
No.484
BESTでは、設定室温に幅を持たせた条件で負荷計算を行うことは出来ませんが、冷暖房期間を注意深く設定し、冷房期は冷却のみで設定室温27℃、暖房期は加熱のみで設定室温20℃と置き換える方法などが考えられます。ただし、置き換えの限界があり得るので、室温変動をチェックしてください。
質問者ID:FAQ−146
2013/12/12
No.483
以下の疑問点につきまして、ご回答いただけないでしょうか。

1.壁体構造の熱貫流率の計算について
壁体構造確定後、熱貫流率を計算できますが、この計算はどのように計算しているのでしょうか。
ポップアップ画面に表示される情報だけでは、計算値は出ないようです。
壁タイプが異なったり、中空層などが入る場合は、特に計算方法がよくわかりません。

2.地中壁の壁タイプについて
地中壁は1F床に適用するとテキストにあります。要素では、外壁、内壁、どちらになるのでしょうか。外壁の場合は、外表面を定義する必要がありますか。
その場合の方位角は、どうなるのでしょうか。要素の部位タイプは、壁、床、どちらになりますか。

3.屋根の壁タイプについて
こちらの要素定義は、外壁になると思いますが、前項同様、水平屋根の場合、外表面の方位角はどうなりますか。
要素の部位タイプは、壁、天井、どちらになりますか。
回答者ID:07
2013/12/13
No.483
1.(壁体構造の熱貫流率の計算について)
壁体の熱貫流率は熱貫流抵抗値の逆数であり、熱貫流抵抗は壁体を構成する材料それぞれの熱抵抗値を直列接続したものですので、各構成材料等の熱抵抗値の和が熱貫流抵抗値となり、その逆数が熱貫流率になります。

外壁を例にとると、以下のような計算式になります。

(1/壁体の熱貫流率)=(1/屋外側総合熱伝達率)+(外側第一層材料の熱抵抗値)+(外側第二層材料の熱抵抗値)+…+(内側第一層材料の熱抵抗値)+ (1/室内側総合熱伝達率)

構成材料の熱抵抗値は[壁体構造]入力画面の[部材構成]表中の「熱抵抗(m2/W)」の値で、非密閉中空層の場合は0.07(m2K)/Wという値を使います。
また、屋外側総合熱伝達率と室内側総合熱伝達率は、[壁体構造]入力画面の中央上部に記載されている通り、それぞれ23W/(m2K),9W/(m2K)という値を使います。

概略は以上の通りですが、この計算方法は熱負荷計算法の基礎ですので、詳しくは環境工学の教科書や熱負荷計算に関する文献をお読みになることをお勧めします。
(熱負荷計算に関する参考文献)
・空気調和・衛生工学会編:熱負荷のしくみ、オーム社
・空気調和・衛生工学会編:試して学ぶ熱負荷HASPEE〜新最大熱負荷計算法〜、丸善出版
・空気調和・衛生工学会編:空気調和設備 計画設計の実務の知識、オーム社

2.(地中壁の壁タイプについて)
外部が地面や外気に接する床であれば、要素は「内壁」ではなく「外壁」になります。
[屋外条件]は「固定温度」か「年間スケジュール」を選択してください。そうすれば(=「通常外気」を選択しなければ)[外表面名]を設定する必要は無くなり、方位も気にする必要は無くなります。
ただし、外部の温度条件を別途、[固定温度]か[年間スケジュール名]の欄で指定してやる必要があります。
要素の部位タイプは「床」になります。

3.(屋根の壁タイプについて)
傾斜角を0°(=水平屋根)と設定してあれば、方位角の入力内容は何であっても関係ありません。(BESTの講習会テキストなどでは、便宜上、0°に設定するよう指示しています。)
要素の部位タイプは、「天井」になります。

※ご参考までに
地面に接する床や屋根を持つ一室一戸建ての建物を題材にした例題が、昨年度までのBEST講習会で取り上げられていますので、BESTホームページで公開されている講習会テキストも参照してみてください。

【講習会のテキスト】の「初級編『現場事務所のエネルギー計算をしよう』(1.例題T)」
http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/
質問者ID:FAQ−146
2013/12/10
No.482
1.例題3;外部日除けの水平庇について
窓幅(X2) = 1.5mとなっていますが、図2.2-1のAビルモデルでは、17.6m(W)×2.75m(H)と大型の窓となっています。窓幅の入力値は何を指しているのでしょうか。

2.講習会の動画について
YouTubeに講習会の動画がアップされていると説明されていましたが、検索しても目的の動画にたどり着くのが大変です。
第3回の講習会動画は見つけることができませんでした。動画をアップされた時点で、そのアドレスをホームページ上、またはメールでアナウンスしていただくことはできないでしょうか。
回答者ID:07、12
2013/12/16
No.482
1.外部日除けの窓幅(X2)の値は、縦庇がある場合のピッチを表現しております。今回の例題の場合は、水平庇のみで縦庇のピッチを定義する必要はないので、X2の値は任意値で構いません。ご質問の通り、窓幅17.6m入力しても構いません。

2.今年度の講習会の動画については、10月に実施された『《BEST専門版》[建築]プログラムの使い方:初級』の内容のみ、YouTubeにて公開されています。
この動画にアクセスするためには、ウェブブラウザで「BEST 講習会 YouTube」等のキーワードで検索をかけてください。

そのほかの回の動画については、公開の準備が整い次第、ホームページ上などで告知する予定ですので、ご了解願います。
質問者ID:FAQ−142
アカデミック
2013/12/9
No.481
地上階の床を設定する際に、一般的にはどのような設定をすればよいのでしょうか?

現在は
拡張アメダス気象データにより地中温度を算出。
地中1mの温度を年間スケジュールで設定。
土壌1mを床の断熱材とみなして壁体構造-床に追加。
外壁-床の屋外条件で年間スケジュール温度を設定。
という具合に設定しています。
回答者ID:02、07
2013/12/13
No.481
地中温度の設定は、建物の下敷きになっている地面(土中部分)の温度について情報があまり豊富でないので難しい問題です。

お尋ねの設定方法も間違いではないと思いますし、ある程度の厚さの土壌の下部は年間通じて温度がほぼ一定であるという考え方に基づいて、一定の外部温度を与える方法もあると思います。

地面に接する床の計算では、土壌の厚さは50cm以下に留め、その深さの地中温度を年間スケジュールで与える方法が安全です。
床材に付加する土の厚さが厚すぎると、床の吸熱・貫流応答近似の誤差が大きくなる恐れがあるからです。
質問者ID:FAQ−130
2013/12/5
No.480
研究にてBestを使用しておりまして、その際疑問に思ったことを質問させていただきます。

・窓のBLを加味した場合の性能値について
BL有の場合の性能値はBL制御がどのような状態の時なのでしょうか。全閉・p67にあるように自動制御+かぶせ角(5度)制御の時なのか。

・スラット角自動制御の場合において、ブラインド有の窓の物性値はスラット角度や制御によって変化しているのか。またその場合どのように変化しているか。参考文献も併せて教えてください。
もし変更されない場合、ブラインド有の値が全閉の時の性能固定であるならブラインド自動制御にしてもブラインド全閉の値を使用するため性能が高く出てしまうというような問題が発生してしまうと思いました。
回答者ID:02、07
2013/12/13
No.480
・ブラインド有の性能値
窓画面に表示されるブラインド有の性能値は、スラット角45゜、日射入射角、プロファイル角ともに30゜のときの性能値です。

・スラット角自動制御時の性能値
可視光透過率は、スラット角変化の影響を考慮しています。
日射熱取得率と日射透過率は、現在のところ、常にスラット角45゜の性能値を使用しています。
スラットの隙間を直達日射が通り抜けしない限りは、熱性能値のスラット角の違いによる差は小さいと見なしています。
スラット角自動制御のときは調光制御も組み合わせて計算してください。
スラット角自動制御の計算は、調光制御と組み合わせたときの照明発熱負荷の低減効果を求めることを主目的にしています。

可視光透過率の計算法は、ブラインド透過率は以下の文献1)の計算法、ガラス透過率を計算するときの入射角特性は日射透過率の特性(文献2))を流用して計算しています。

(文献)
1)伊藤直明・石野久彌他:開口部の熱遮断機構に関する研究(第1報)、空気調和・衛生工学会学術論文集、pp.393-396、1982.10
2)郡公子・石野久彌:熱負荷計算のための窓性能値に関する研究(第2報)一般窓の日射遮蔽性能変動の実用的推定法、日本建築学会環境系論文集 77(672), pp.89-93, 2012.2
質問者ID:FAQ−105
2013/12/3
No.479
冷暖房負荷計算や照明負荷などのスケジュールを、過去に作ったファイルに読み込ませる または、コピーペーストすることはできるでしょうか?
マニュアルをみても見つけられず、既に掲載されていたらページだけでも教えていただけると助かります。
回答者ID:07
2013/12/3
No.479
BESTには、「他物件取込み」という機能(建築操作マニュアルには説明が記載されていません)が付いており、別モデルのデータから、要素単位や要素グループ単位で設定条件を取込むことが出来るようになっています。

以下に、別モデルのデータ("データB"とします)から、現在作業しているモデルのデータ("データA"とします)に設定条件を取込む場合の操作例を示します。

@ "データA"を作成しているBESTプログラムのメニューバー[ツール(T)]から[他物件取込(H)]を選択します。
A "データB"のデータファイルを選択します。
B 別ウィンドウで"データB"のワークスペース画面が開きますので、取込みたい対象(照明点灯率の時刻変動スケジュール、など)を右クリックして『コピー』を選択します。
C "データA"のワークスペースに、取込みたい対象がコピーされて追加されます。

上記と同じ内容の解説が、本年度のBEST講習会(既に終了した回です)で取り上げられていますので、BESTホームページで公開されている講習会テキストもご参照ください。

『第2回【《BEST専門》 [建築]プログラムの使い方:初級 ほか】』の「講習会テキスト」(3)編集上の便利な機能
http://www.ibec.or.jp/best/event/2013/06/2best.html
質問者ID:FAQ−134
簡易版
2013/12/2
No.477
best〔簡易版〕の起動時において、画面のメニューツリー、サブ画面表示に何も表示されない、不具合が出ました。
タイトルバーは物件名などが表示されています。
画面を閉じるとメッセージに「システムエラーが発生しました」と表示されます。
プログラムの復元方法をご教示ください。
回答者ID:15、16
2013/12/2
No.477
ログファイルの内容を見ますと、ライセンスキーの認識ができていないようです。
キーの認識ができない場合は、シェアステージよりライセンスキーのドライバ.zipをダウンロードし、解凍してインストールしてください。
質問者ID:FAQ−136
専門版
2013/12/2
No.478
HASP用の気象データをBEST用として使うことができますか?
もしできるようでしたら、どのような修正が必要なのか教えていただけないでしょうか。
マニュアル(頁101〜103)に書いているだけではわかりません。返事よろしくお願いします。
回答者ID:07
2013/12/3
No.478
HASPデータをBESTで利用する際には、HASPデータ内容の単位換算と、水平面全日射量のデータの追加を行い、その上で、データをEPWデータ形式に成型しなおす必要があります。

BESTで利用できる気象データのうち、ユーザーが内容を編集できるものはEPWデータ形式のものに限られています。
EPWデータはカンマ区切りのテキストデータ(通称CSVファイル)ですので、既製のEPWデータを表計算ソフトなどに読み込んで、必要箇所の数値等を置き換え、新たな気象データファイルとしてCSV形式で書き出す、という手順が実用的と思います。
BESTプログラムでは、EPWデータ形式に収録されている内容全てではなく、限られた要素のみ参照していますので、建築操作マニュアルの「5.1. EPWデータの作成方法」に収録されている「表 5-1.EPWデータ要素21とBESTで使用するデータ(灰色部)」および「(注意点)」を参考にして、データの編集を行ってください。
逆の言い方をしますと、上記「表 5-1」に灰色で記された要素はBESTプログラムが計算に使用しますので、漏れなく自分の計算に反映させたいデータに置き換えるようにしてください。空白にしたり、不適切な内容が入力されていると計算が完了しない原因となります。
既製のEPWデータは米国エネルギー省のHP(http://apps1.eere.energy.gov/buildings/energyplus/cfm/weather_data.cfm)から無償でダウンロード出来ますので、そちらから入手すると良いでしょう。

BESTでは、この要領でユーザーが作成した気象データを計算に使用することが出来るようになっていますが、出来るだけ拡張アメダスデータを利用することをお勧めしております。

計算入力のエラーについては、基本的にユーザーが作成したデータの内容のチェックはしておりませんので、エラーが発生する状況や、システムレポート("report.log"や"report(共通建築).log")の内容を添えてご相談ください。
スケジュール部分が懸念される場合には、講習会の例題で使用しているスケジュール設定を使用して計算してみるという方法もあります。
質問者ID:FAQ−146
2013/11/28
No.476
1.複数棟の計算について
複数の室グループを作成すると複数の建物について、熱負荷・エネルギー計算ができそうな気がしますが、この場合、建物間の位置関係を定義することはできるのでしょうか。
2.複数フロアー間の境界
例題3では、全てのフロアーがオフィスのため、1フロアーのみ計算していましたが、2F〜5Fがオフィス、6F〜10Fがホテルといった場合、どのような構成になるのでしょうか。例題3のように基準フロアーのみを計算する場合、オフィスとホテルの境界はどのように設定するすればよいですか。
3.時刻変動スケジュールのコピー
時刻変動スケジュールをコピーしても、スケジュールはデフォールトのままでスケジュールがコピーされません。スケジュールも含めてコピーできないのでしょうか。
回答者ID:07
2013/12/20
No.476
1.複数棟の計算について
ご指摘の通り、複数の室グループを作成することにより、複数の建物についての計算は可能です。
ご質問からは「建物間の位置関係」が具体的に何を指しているのか、そしてそれを定義する目的が読み取れませんので、適当な回答が出来ませんが、お互いが外壁に日影を落としあうことによる熱負荷への影響を考慮できるのか、ということであれば、BESTでは「外部日除け」設定画面の「隣棟間隔D1」と「隣棟高さD2」との設定項目しか無く、ここでの設定は他の建物(室グループ)の設定に影響されませんので、このために一つの案件データ内に複数の建物を入力して一緒に計算する必然性は有りません。

2.複数フロアー間の境界
階によって用途が異なる場合には、上下で隣接する部屋(=BESTでの「ゾーン」)の空調状況が異なる可能性があります。
その影響を計算に考慮するためには、「内壁」入力画面で設定する床や天井の「隣接ゾーン名」に適切な相手のゾーンを設定することになりますが、「隣接ゾーン名」に別の室グループに属するゾーンを指定することは出来ませんので、同じ室グループ内に室及びゾーンを作る必要が出てきます。
もし影響を考慮する必要が無ければ、「オフィス階(室グループ)」と「ホテル階(室グループ)」のように用途毎に室グループを分けることも可能です。その場合、異なる用途境界をはさんで隣接するゾーンの室温は、例題Vと同じように「自ゾーンと同じ条件(=室温変動)」と設定したり、隣室温度差係数を使用して自ゾーン室温と外気温度との中間的温度と設定したりする必要があります。

3.時刻変動スケジュールのコピー
一つの案件データ内でのコピーに関して、お問い合わせのような不具合は確認されておりません。他の要素(年間スケジュールや壁体構造データなど)のコピーや、別の案件データ内でのコピーでも必ず発生するかも確認していただけませんでしょうか。
類似した事象として、古いバージョンのプログラムで作成したままの案件データに含まれる時刻変動スケジュールを、最新バージョンのプログラムで作成中の別の案件データに「他物件取込」すると、設定内容がデフォルト状態のまま取込まれることがあるようです。この場合は、古いバージョンのプログラムで作成した案件データを最新バージョンのプログラムに一度読み込んだ上で上書き保存し、そのあとで他物件取込みすると問題が解消します。
質問者ID:FAQ−134
簡易版
2013/11/27
No.475
best簡易版に対する質問です。

1. セントラル方式の空調で変流量を選択したら、定水量方式より大幅にエネルギー消費量が増える結果となった。

2. 照明方式で蛍光灯90 ルーメン/w未満から、led器具に変更してもcecの値が小さくならない。

3. 屋根、外壁が断熱材なしの場合、断熱材の厚さを0とすればよろしいのでしょうか。
回答者ID:06、15
2013/11/29
No.475
1.セントラル方式の熱源容量が小さいようです。
 負荷を処理するために水搬送エネルギーが大きくなっています。

2..照明方式の光源の種類に御座います”蛍光灯”や”LED照明”は、計画照明電力の目安を示すための選択です。画面右側に示しております参考消費電力を基に、
「計画照明消費電力」の欄に消費電力をご入力ください。
計算方法につきましては、添付資料(CECL計算方法)をご参照ください。

3.断熱材なしの場合、断熱材の厚さに0をご入力いただければ結構です。
質問者ID:FAQ−138
専門版
2013/11/22
No.474
計算結果ついて教えていただきたいことがありましたの  ▼『BEST-P.bat-ショートカット』の「Error」や「null」箇所
で、メールさせていただきました。   図A計算後の『best_result』ファイル結果

計算結果について教えてください。

・ファイルの計算実行(シュミレーション実行)をした時に、「計算が終了しました。」となるのですが、『BEST-P.bat-ショートカット』の画面に「Error」や「null」の表示が多々ありました。

→エラーメッセージ(レポート)が出てはいないのですが計算結果正しいのか判断が出来ないので教えてください。
 @『BEST-P.bat-ショートカット』に「Error」や「null」があることによって、計算結果に何か問題がありますか?
 Aもし、問題があれば、具体的な問題箇所をご教示ください。

・『テンプレート熱源群 熱源2台(HPチラー)の台数制御』の一部入れ替えて、図@の様にしております。

→ 『氷蓄熱ユニット』のテンプレート内の『氷蓄熱ユニット』モジュールの「記録を有効とする」にチェックを入れて計算実行(シミュレーション実行)をしたところ、図Aの様に氷蓄熱の放熱が 「0」となりました。
 @氷蓄熱の放熱が「0」になる原因について要因は何か教えてください。
 Aもし、熱交換に関するモジュールを接続させなければならないのであれば、その場合どこにあるモジュールを使用すればよろしいでしょうか、教えてください。
     
▼図@ 『テンプレート熱源群 熱源2台(HPチラー)の台数制御』の入れ替え状況
図@『テンプレート熱源群 熱源2台(HPチラー)の台数制御』の入れ替え状況
▼図A 計算後の『best_result』ファイル結果
図A計算後の『best_result』ファイル結果

▼図B 計算後の『best_result』ファイル結果
  図B計算後の『best_result』ファイル結果

B蓄熱量の値が -(マイナス) となっていますが、これは放熱が +(プラス)、蓄熱が -(マイナス)という意味なのか、それとも、値が正常ではないからでしょうか?(図Bもご参照ください)










回答者ID:03、06
2013/11/29
No.474
→接続ノード airIn などが null という表示は、個々のモジュールを実体化し接続相手を探すときにおこっているもので、接続相手のモジュールがまだ実体化されていない場合におこります。接続相手のモジュールが実体化された時点で、相手側から接続ができますのでこの問題は解消されています。計算が正常終了した場合は、この表示は計算結果には影響ありません。

→熱源に対して負荷が発生していないので氷蓄熱の放熱が=0となっています。
主原因は、SAファンへのVAVFan制御からの指定風量のための接続がされておらず、このため→ファンが動かない→コイル負荷が=0→2次側負荷が=0→放熱=0 となっています。
ゾーンテンプレート内のVAVFan制御モジュールのL0_valOutCtrlFlowRateをそのテンプレートのL0_valTInVAVFlowRateに接続してください。これでSAファンが動きます。また、入力に次のような問題があるようです。
・VAVユニットの風量がSA風量に一致しない。
・二次ポンプの流量と台数制御モジュールの流量とが異なっている。
・熱源台数制御の流量と個々の熱源の流量とが異なっている。
これらも修正すると、正しく計算できると思われます。
質問者ID:FAQ−146
2013/11/20
No.473
★2013/11/13お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
質問2の内壁について、回答内容は理解できました。
外壁を除く、外側の境界壁は断熱壁と考えていました。
内壁が図2.2.2-3 平面図の右端のラインとすると、ペリメータ、インテリアに共通する上下の水平ラインは、どのように扱われているのでしょうか。本例題では、考慮していないのでしょうか。

またペリメータ、インテリアで定義する内壁(柱)はどの内壁を、隣室温度差係数の隣室はどこを指しているのでしょうか。

上記に関連しまして、表2.2.2-1 梁、柱の換算 にて、ペリメータ、インテリアとも内壁厚さが0.35mとなっています。
この結果から、内壁(柱)の厚さが35mmだと思うのですが、35m=350mmです。
テキストには特に記載がなかったように見えたのですが、換算時に厚さを1/10にするということでしょうか。換算した内壁厚さと内壁(柱)の厚さが無関係の場合,換算した内壁厚さは、どこで使用されているのでしょうか。

ご回答のほどよろしくお願いします。
回答者ID:07
2013/11/27
No.473
例題U(2ゾーンオフィス)の計算対象モデル(間口20mの事務室)の横方向(ご質問での「図2.2.2-3 平面図の(中略)ペリメータ、インテリアに共通する上下の水平ライン」)は、モデルと同様の空間が隣接して熱の遣り取りは相殺されていると考えますので、特に条件設定はしておりません。

「内壁(柱)」で設定している隣室温度差係数は、建物コアを想定しています。インテリアソーンの端部の柱が建物コアとの境界壁(内壁)に接していることと、インテリアゾーンとペリメータゾーンの境界部に位置する柱を2分して両ゾーンに割り振っていることから、一律にテキストに記載された設定にしております。
この柱に対する設定条件についても計算をする人によって様々な考え方が可能で、例題で示しているのはその一つであり、そのように設定しなければならない、という意味ではないことにご注意ください。

壁の厚さについては記載時の間違いで、0.35m(350mm)が正しいです。ご指摘ありがとうございます。
質問者ID:FAQ−138
専門版
2013/11/19
No.472
・クッションタンクの設定について教えてください。
・設備内のテンプレートを探したところ、クッションタンクについてのテンプレートが見つかりませんでした。

@クッションタンクに関するテンプレートがどこにあるのか教えてください。
Aもし、クッションタンクに関するテンプレートがない場合はどのようにモデル化すればよいか教えてください。
回答者ID:03、06
2013/11/19
No.472
クッションタンクのテンプレートはありません。
水温変化を緩和する目的でしたら、コージェネの配管モジュールを使用し、その配管保有水量が1計算ステップ分の流量以上となるように配管長と管径を設定してください。
質問者ID:FAQ−130
BEST専門版
2013/11/18
No.471
自分の研究している物件は発熱ガラスを採用しています。
BESTでは窓条件で発熱ガラスがないので室ゾーンを窓面に対し細長く設定し、ガラスの発熱量を室ゾーンの機器発熱による発熱として計算する事で代用は可能ですか。
回答者ID:07
2013/11/19
No.471
発熱ガラスが窓際空間に与える熱量とその影響範囲を正しく与えることが出来るのであれば、ご相談のモデルでも計算をすることは出来るかもしれませんが、BESTでは発熱ガラスを使用したモデルでの計算を想定しておりませんので、対応できないと思います。
質問者ID:FAQ−138
BEST専門版
2013/11/18
No.470
・制御の設定の方法について教えてください。      ▼『テンプレート熱源群 熱源2台(HPチラー)の台数制御』の
                               入れ替え状況
  『テンプレート熱源群 熱源2台(HPチラー)の台数制御』の入れ替え状況

・『テンプレート熱源群 熱源2台(HPチラー)の台数制御』の一部入れ替えて、下記の様にしております。

→ 『氷蓄熱ユニット』のテンプレートと『NO2テンプレート 熱源 ヒートポンプチラー』のテンプレートを同時に動作されるのではなく、『氷蓄熱ユニット』だけ主に動作し、上限を超えた場合のみ、『NO2テンプレート 熱源 ヒートポンプチラー』が増暖、減段運転するように設定するにはどうすればよろしいでしょうか?
@『テンプレート熱源群 熱源2台(HPチラー)の台数制御』内にて設定。
A『氷蓄熱ユニット』・『NO2テンプレート 熱源ヒートポンプチラー』の各テンプレートにて設定。
Bその他。








回答者ID:03、06
2013/11/19
No.470
→現在の台数制御モジュールと熱源テンプレートの構成では対応できず、2台運転時は同じ負荷率の部分負荷運転となります。
なお、台数制御は機能します。
お問い合わせの運転をするには、熱源1次ポンプおよび熱源を変流量制御とし負荷に応じた適正流量で運転させる台数制御モジュールが必要となりますが、対応できる熱源テンプレート等は用意されていません。

→(補足)容量が全負荷に対して50%のものが2台構成の熱源群においては、現在の台数制御モジュールでは次のような運転となります。

@2次側からの還り冷温水が熱源の定格出入口温度差を確保している時
 0〜50%負荷時 No1の1台運転
 50〜100%負荷時 No1とNo2 の部分負荷運転で負荷率は同じ運転
 *No1が100%残りをNo2で処理という運転はできません。
A2次側からの還り冷温水が熱源の定格出入口温度差を確保できていない時
出口温度が固定・一次ポンプが定流量運転のため、熱源1台が処理できる負荷は部分負荷となり、0〜50%負荷時でも2台同時運転となる場合があります。
質問者ID:FAQ−146
2013/11/15
No.469
例題Aビルの計算について、不明点がありますので、
ご回答いただけないでしょうか。

1.外部日除けについて
フィン出寸法とは、日除けの何処の寸法を指しているのでしょうか。
例題では0mになっています。
入力画面の平面図だけではイメージできませんでした。
またZ2、Z3とあるように左右で異なる場合もあるのでしょうか。

2.昼光計算について
昼光計算とは何を計算して、何がアウトプットされるのでしょうか。
今回、ペリメータの調光計算をチェックしなかったため、計算時にエラーがでて、実行できませんでした。
表2-4などには記載があったのですが、本文P.41には、記載がなかったものですから、昼光計算時は、必ず調光計算もしなければならないのでしょうか。
また、ここでの調光計算とは、いわゆる調光器を利用して、明るさを調整することを想定しているのでしょうか。照明を間引き点灯することを想定しているのでしょうか。

3.負荷計算結果について
この例題では,基準階のみを計算しています。
建物全体を考えた場合、得られた熱負荷×フロア数と考えてよいですか。
その際、建物のモデル化で行った南側コア部の扱いはどうなりますか。
計算対象でないため熱負荷は0、計算対象領域との熱の相互作用を考慮して隣室温度を推定するだけになるのでしょうか。

以上、よろしくお願いします。
回答者ID:12
2013/11/21
No.469
1.外部日除けについて
→外壁に縦庇を設ける場合、フィン出寸法(Z2,Z3)を入力します。Z2,Z3それぞれ別の値を設定可能ですが、左右で異なる出寸法の事例は実際には少ないと思われます。

2.昼光計算について
→昼光計算は、庇条件や作業面高さ等の昼光条件をインプットし、窓面から得られる昼光照度を計算します。また、それに応じて照明出力低減量を計算します。
昼光利用時は、必ず調光計算をする必要があります。説明不足で申し訳ありません。この調光計算は、調光器を利用して、明るさを調整することを想定しております。

3.負荷計算結果について
→得られた熱負荷×フロア数と考えて構いません。南側コア部はご指摘のとおり、計算対象でないため熱負荷は0とし、計算対象領域との熱の相互作用は隣室温度差係数による推定となります。あるいは、コア部分を新しくゾーンとして定義し、計算対象領域との熱の相互作用を解くことも可能です。
質問者ID:FAQ−132
2013/11/13
No.466
現在、吹抜ホールの建築計算をしています。
平面寸法は、55.0m×14.1m、東西方向に長く、外壁は、南面は内壁、残り3面はカーテンウオール、天井高さ 40.1m(8階吹抜け)です。
その場合、ゾーン換気は 250 CMH/m よりかなり大きくなると思いますが、どの程度見込めば良いでしょうか。
また、対流など、縦方向にも熱の移動がありますが、その扱いは可能でしょうか。
その他、このような天井の高い空間を計算するときに注意すべき点があればお教えください。
よろしくお願いいたします。

追加で、先ほどの件ですが、最大負荷は 1000 W/m2 で上限になってしまいますが、それで問題ないのでしょうか。
この場合のグラフを添付しますので、よろしくお願いいたします。
回答者ID:07
2013/11/15
No.466
BESTでは、部屋(ゾーン)内の空気全体が一様になるように空調して、それを評価することを主眼としています。
外気に隣接する吹き抜け空間では、上下で温度差が生じて温熱性状が一様になりにくい上に、空調負荷算定の対象になる個所は居住域などの一部に限られることが多いので、BESTでは正しく評価することができません。
吹き抜け空間を水平方向や垂直方向に分割してゾーンとしても、外壁伝熱、透過日射、内部発熱などの状態により、空間内部の空気移動の様態は大きく変化しますので、その量(ゾーン間換気量)を適切に与えることは容易ではありません。
別の手段にて負荷の計算を行ってください。

また、最大負荷の結果表示が1,000W/m2で上限になってしまう件については、現状のプログラムの仕様であり、実際の計算結果はそれ以上である可能性があります。
質問者ID:FAQ−146
2013/11/13
No.467
2ゾーンオフィス例題について不明点がありますので、ご回答いただけないでしょうか。

1.中空層の厚さについて
壁体構造の入力において、中空層の厚さがありません。不要なのでしょうか。
  天井の層構成をみると、
  No.1 15mm吸音板
  No.2 中空層
  No.3 245mmコンクリート
となっていますので、
No.1が天井、No.3がスラブ、No.2の中空層は天井とスラブの間の空間と思います。

外壁の中空層と比較すると厚さに、大きさ差があるように思えますが、中空層厚さには依存しないと考えるのでしょうか。

2.内壁の設定について
ペリメータとインテリアの境界として、内壁が定義されていますが、インテリア側にしかありません。ゾーン間換気と同様、どちらか一方のみ定義できていればよいのでしょうか。
一方で、FAQ-069の回答には、両方定義して層構成を反対にする旨の記述があります。どちらが正しいのでしょう。
また隣室タイプを@にしているのは何故でしょうか。
@は隣室温を自室温から計算するモードの用ですが、本例題では、ペリメータの室温も計算しているように見えます。
このような場合、隣室温は計算結果が隣室温として出力されるのでしょうか。

3.出力結果について
装置負荷と室負荷とはそれぞれどういうものでしょうか。互いに独立したものなのでしょうか。相関があるものでしょうか。
全熱負荷=装置負荷+室負荷と思ったのですが、結果表示を見ると、最大負荷は装置負荷が選択されています。
またOTとは何の略で、何を意味しているのでしょう。
回答者ID:07
2013/11/15
No.467
1.(中空層の厚さについて)
熱負荷計算で使用する「非密閉中空層」や「密閉中空層」は壁体の断面に含まれる空気層を想定していますので、殆どの場合、この厚さによらない一定値を利用します。
天井裏空間の扱いについてもいろいろな考え方が可能ですが、その一つとして非密閉中空層を使用する例を示しており、そうでなければならないという意味ではありません。

2.(内壁の設定について)
2ゾーンオフィス例題テキストの「2.2.4.3 内壁」に「(1)建物コアとの境界壁(インテリアゾーンのみ)」という項目があり、これがご質問の対象に該当すると思いますが、これはインテリアゾーンに対してペリメータゾーンと反対側に位置する「建物コア」(廊下、階段室、ELVシャフト、PSなどを含む部分)との間の壁を指しています。テキストの「図2.2.2-3 断面図と平面図(柱配置)」には表現されていませんが、断面図、立面図ともインテリアゾーンの右隣に位置している想定になります。インテリアゾーンとペリメータゾーンとの境界壁ではありませんので、ペリメータゾーンの方では設定しませんし、隣室タイプについてはインテリアゾーンと外気温度から室温を想定するタイプ@を指定しているわけです。

3.(出力結果について)
装置負荷と室負荷についてはよく訊かれる質問ですので、2ゾーンオフィス例題テキストの「2.3.2.1 数値による確認」の最後に《補足》として説明を載せております。そちらをご覧ください。
OTとは「作用温度(Operative Temperature)」のことで、PMVと同様に人体に対する温熱環境を評価する指標のひとつです。BESTにおける建築計算では、対流伝熱と放射伝熱を近似的に分離した計算を行って室内の表面温度を求め、それを利用してOTを算出しています。

4.補足
BESTでは、マニュアル(BEST−P建築操作マニュアル http://www.ibec.or.jp/best/program/C_030_BEST-P1307_A-OperationManual.pdf)に技術的な解説を掲載している他に、これまでに寄せられている質問に対する回答を集めてホームページにて公開しております。(http://www.ibec.or.jp/best/program/voice/voice_pro.html)ので、それらも合わせてご活用ください。
質問者ID:FAQ−146
2013/11/13
No.468
1.助走計算日数について
助走計算日数とは、最大負荷計算を行うにあたり、前日までの影響をなくすため、最大負荷計算日を定常状態にするための計算と考えてよろしいですか。
20日になっていますが、5ケースの計算全てにおいて、20日の助走計算を行った後、最大負荷計算を行っていますか。

2.熱負荷計算と空調設定について
熱負荷計算において空調を設定する必要があるのは、なぜですか。空調機などの設備機器能力を設定していないにも関わらず、空調機が入ると室温が設定温度に追随しています。
特に、最大負荷計算において、追随するのはなぜでしょうか。ある種の既定値みたいなものに従って計算されるのでしょうか。

3.予冷熱時間とは
予冷熱時間とは、空調のスイッチを入れてから、吹出口から所定温度の冷温風が吹き出るまでの時間と考えてよろしいですか。

4.計算間隔と気象データについて
最大負荷計算では、気象データは60分値を使用していますが、計算時間間隔の最短は5分となっています。
5分間隔で計算した場合、この間の気象データは、固定されて計算されますか。次の60分値のデータ間で補完されますか。
反対に、年間負荷計算では、気象データは1分値に対して計算時間間隔の最短は5分となっています。
計算時刻の気象データを使用した計算になりますか。計算時間間隔分の気象データの平均値などを使用しますか。

5.軒高と隙間風について
隙間風の計算に軒高情報が必要である記載がありますが、軒高と隙間風の関係がよくわかりません。
上空に行くほど、風が強くなるという現象を定量化しているということでしょうか。
例題では、軒高40mとなっている一方、ゾーンの床面地上高は12mとなっています。
本計算では12mがマッチしているように思えます。
回答者ID:07
2013/11/13
No.468
1.(助走計算日数について)
お考えの通りです。
(BEST-P建築操作マニュアル2013年7月版の「ポイント3 日周期定常計算とは」、「ポイント4 助走計算日数(計算範囲入力画面)の設定方法」、「ポイント6 最大熱負荷計算(日周期定常計算)における計算期間」を参照してください。)

2.(熱負荷計算と空調設定について)
熱負荷計算において空調(容量)を設定する必要があるのは、最大負荷計算ではなく年間負荷計算の方です。年間負荷計算では、設定した仮想の空調容量の範囲内で冷暖房シミュレーションを行い、各時間単位ごとに処理した熱負荷を算出していきます。熱負荷が仮想空調容量を上回る時間単位には、まず仮想空調容量分の負荷を処理して、処理出来なかった分は室の温湿度の設定値に対する変動(冷房時に冷やしきれずに室温が上がったりすること)という結果を出します。
室温が設定温度に追随する件ですが、空調機が入る時間(空調時間帯)に室内の温湿度を設定値にするために必要なエネルギー量が空調負荷であり、負荷計算ではそれを求めています。その中でも最大の負荷を求めるのが最大負荷計算ですので、その結果として空調時間帯は常に室の温湿度が設定値になった状態となるわけです。

3.(予冷熱時間とは)
予冷熱は、『部屋の使用開始時間までに温湿度を設定値にする』ために空調を運転することです。空調のスイッチを入れて直ぐに部屋の温湿度が設定値になるわけではありませんので、前もって空調の運転を始めておく行為を指します。(同じことを言っていると思われるかもしれませんが、『空調のスイッチを入れてから、吹出口から所定温度の冷温風が吹き出るまでの時間』は空調機器の暖気運転時間であって、吹出し口から所定温度の風が出てきても、部屋が所定の温湿度に達しているとは限らないと思います。)
BESTの最大負荷計算では、予冷熱時間終了時(=室の使用開始時間)に室が丁度設定温湿度になるように、特別な計算をしています。(BEST-P建築操作マニュアル2013年7月版の「3.10.2 (1)予冷熱計算」を参照してください。)

4.(計算間隔と気象データについて)
60分値の気象データを使用して5分間隔の計算を行った場合には、次の60分値とのデータ間で補完した値を使用します。
1分値の気象データを使用して5分間隔の計算を行った場合には、計算時間間隔分の平均値ではなく、該当する時間の値(ポイント値)を使用します。

5.(軒高と隙間風について)
BESTの隙間風計算では複数の計算法を選択できるようになっており(BEST-P建築操作マニュアル2013年7月版の「2.6.9 隙間風」を参照してください。)、選択肢の中には室内外差圧を考慮する計算法も含まれています。この時に必要な室内外差圧を求めるために、建物の高さを与える「軒高」と、建物内での計算対象室の高さ位置を与える「ゾーンの床面地上高」が必要となります。
建物の内外で温度差が有る時には、建物内の高さ位置によって室内圧が異なり、室内の方が温かい場合には空気は上昇しようとして高さが低い所は室内圧が低く、高さが高い所は室内圧が高くなります。室内の方が冷たい時には逆の現象が生じます。BESTではこの現象に応じた室内外差圧を、建物高さの中央が中性帯(室内外の差圧が0になる高さ)と仮定して求めるようになっており、その計算に使用します。
質問者ID:FAQ−124
2013/11/8
No.464
BEST-Pを以前からWindowsXPで利用しておりましたが、Windows7へパソコンの移行を行った際に、以前まで利用できていたライセンスキー用トークンがWindows7ではデバイスの認識が行われません。デバイスを認識させる方法を教えてください。
回答者ID:15、16
2013/11/8
No.464
最新のライセンスキー実行環境を上書きインストールしてみてください。
http://sentinelcustomer.safenet-inc.com/sentineldownloads/#latestDD
(Sentinel HASP/LDK Run-time Setup)
シェアステージへもアップしておりますので、そちらよりダウンロードして頂いても結構です。
質問者ID:FAQ−127
2013/11/8
No.465
BEST(簡易版)を用いて負荷シュミレーションを行っています。某氏市を対象としているため、気象データDVD購入のため気象データシステムに確認したところ、『現在販売しているバージョンでのBEST対応はできておりません。現在BEST対応に向けて作成中となっております。』との回答がありました。
回答者ID:10、15
2013/11/8
No.465
こちらでDVDの読み込み確認致しました。
現在販売しているバージョンでも拡張アメダス気象データの一部は読み込み可能です。
以下のデータをDVDにてご購入いただき、マニュアルの通りインポートしてお使いください。
・標準年EA気象データ 1991〜2000年のEA気象データに基づく標準年にて確認済み。(BEST1406版より、正式対応予定です。)
質問者ID:FAQ−129
アカデミック
2013/10/30
No.462
衛生設備操作マニュアルP57の通りフォルダのbest_schedule.csvに平日及び休日の時間帯給湯使用量を記載し、また、”グラフトレンド1次エネルギー消費量用途別”のモジュールのプロパティ(スペック)で使用するノード数をあらかじめ入力し、シーケンス接続にて、”L0_eleObsHSmain”(空調熱源)には、室外機モジュールの”L0_eleIn”等のように接続してみましたが、エラーになり出力することができません。
エラーの詳細にも何も表示がされません。
お手数をお掛けいたしまして大変申し訳ございません。
ご回答の程よろしくお願い致します。
回答者ID:03、15
2013/10/30
No.462
境界条件を与えるクラスモジュールから、out_temp2.csvを読み込んでいるようですが、このデータは正しいでしょうか。
デフォルトのファイル(out_temp2.csv)を読み込みましたが計算は行えるようです。
一次エネルギーを用途別に集計する場合は、分電盤を介さずに、エネ系媒体観測用途別モジュール等のエネルギーの用途を分けて集計できるモジュールと接続してください。
頂戴した物件の場合、グラフトレンド1次エネルギー消費量 用途別モジュールとそれぞれのゾーンの照明やコンセントとを直接つないで下さい。また、エラーログ(BestLog0.log)が、BEST-Pのフォルダ直下に出力されますので、エラーの場合はこちらも合わせてお送りください。
質問者ID:FAQ−129
アカデミック
2013/10/30
No.463
1次エネルギー消費量が用途別に出力された結果をみましたところ、空調と照明の1次エネルギーしか出力されていません。
コンセント、給湯も空調、照明と同じようにシーケンス接続を行ったのですが、なぜ出力されないのでしょうか。

「玄関他」「台所」「和室」「予備室」には空調機を設置していません。空調機を設置している部屋は「EHP室内機単線接続のテンプレート」内の「システムAir接続用20080909」の「記録を有効にする」にチェックをつければ照明、コンセントの一次エネルギーもシーケンス接続をすることによって出力することができますが、空調機がない部屋の照明、コンセントの一次エネルギーはどのようにして出力するのでしょうか。

最後に、空調機はマルチを想定しています。室外機の1次エネルギー消費量は出力することができました。室内機の1次エネルギー消費量を出力するためのシーケンス接続の方法を教えて下さ い。
回答者ID:03、15
2013/10/30
No.463
・コンセントの一次エネルギー出力について
⇒モジュールが古いようです。例えば、マスター画面の「テンプレート2012のモジュール」に御座いますtmZACz VAVシステム接続用20101111等のモジュールに入れ替えて頂けますでしょうか。
・空調機が無い室の照明/コンセントの一次エネルギー出力について
⇒tmZACz VAVシステム接続用20101111等のモジュールを新たに登録し、空調機が無い室を選択します。このモジュールと、グラフトレンド 1次エネルギー消費量 用途別20080909と接続すれば、出力可能です。(接続方法は、基本的に空調室がある室と同じ。)
・室内機の一次エネルギー消費量の出力について
⇒ グラフトレンド1次エネルギー消費量用途別20080909のスペックとして、[空調空気搬送Ele観測接続ノード数]を4にします(室内機の数)。その後、シーケンス接続として、L0_eleObsACfan[0~3]に、テンプレート EHP室内機‥のL0_eleInをそれぞれ接続すると出力できます。
(EHP室内機‥のフォルダ内のtmビル用マルチ 室内機20090702‥のモジュールの、L0_eleInがこのテンプレート EHP室内機‥テンプレートのL0_eleToutにつながっているためです。)
質問者ID:FAQ−132
2013/10/28
No.460
BEST専門版をダウンロードして開こうと思いますがうまく起動できません。ご教示のほどよろしくお願いいたします。

現在の作業状況は
パソコン:XP 空き領域1.98GB
java:java 7 Update 45
ライセンスドライバー:セットアップしています。

BEST-P の内容
lib  ファイル
sys  ファイル
BestLog0  テキストドキュメント 1KB
BEST-P_License  テキストドキュメント 1KB
BEST-P.batをクリックして起動してください
BEST_icon  48×48 アイコン
BEST-P  MS-DOS バッチファイル

hasp_windows_93094.dll
hasp_windows_x64_93094.dll
HASPJava.dll
HASPJava_x64.dll
回答者ID:15、16
2013/10/29
No.460
起動を行う場合は、「BEST-P.batをクリックして起動してください.txt」 ではなく、BEST-P (MS-DOS バッチファイル)をダブルクリックして起動してください。
送付頂きました画面では、.batが見えない表示となっていたため、分かりにくかったようです。
質問者ID:FAQ−129
アカデミック
2013/10/28
No.461
★2013/10/22お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
先日の質問に対するご回答ありがとうございました。

戸建住宅1軒の1次エネルギー消費量を出力したく、D_01_空調設備導入マニュアル.pdfのP10~とマスターメニューにございます「テンプレート2012」の建物全体のテンプレートを参考にし、電気、ガス、油などの燃料種別かつ、熱源本体や搬送などの用途別にこのモジュールにシーケンス接続を行ってみましたが、エラーになり出力をすることができません。
エラーの詳細にも何も表示がされません。
間違っている箇所を探してみたのですが、出力することができません。

お手数をお掛けいたしますが、ご回答の程よろしくお願い致します。
回答者ID:10、15
2013/10/28
No.461
まず、エラーの原因ですが、A,B,Cのスケジュールを使用するためには、マニュアルP57の通り以下のフォルダのbest_schedule.csvに、平日及び休日の時間帯給湯使用量を記載する必要があります。(頂戴した物件には、こちらの値の記載がありませんでした。)
\BEST-P(BESTのフォルダ)\work\Files_ObjectInfo\Object001\simulator
尚、オリジナルのファイルが無い場合は、添付のbest_schedule.csvを上書きしてください。
また、頂戴したデータでは、一次エネルギー算出のためのシーケンス接続が行われていないようです。
”グラフトレンド1次エネルギー消費量 用途別”のモジュールのプロパティ(スペック)で、使用するノード数をあらかじめ入力し、シーケンス接続にて、”L0_eleObsHSmain”(空調熱源)には、室外機モジュールの”L0_eleIn”等のように接続してください。
質問者ID:FAQ−121
アカデミック
2013/10/24
No.459
BEST詳細版アカデミックのinstallを試みようとしたのですが、DLしたファイルが展開できずに苦慮しております。ファイルはDLできるのですが、2度試みても「ファイルが無効だ」とWindowsの警告メッセージが出てしまいます。ブラウザはIE10.0.10とCromeいずれも同様の結果です。
ファイル名:BEST1307-academic-0809.zip
回答者ID:15、16
2013/10/24
No.459
Lhaplus・Lhaz等はお試しいただいたでしょうか。
(Lhaplus:http://www.forest.impress.co.jp/lib/arc/archive/archiver/lhaplus.html)
(Lhaplus:http://lhaz.softonic.jp/)
上記ソフトにて、解凍できることを確認しております。
質問者ID:FAQ−130
BEST専門版
2013/10/22
No.457
AFWの窓内通気量を変更した場合に窓性能が変動すると思うのですが日射熱取得率など自動的に変更されていますか?窓内通気量を変更する事で変化する項目を教えてください。
(例)日射熱取得率や熱貫流率など。室負荷や装置負荷の結果など

・自由入力の際ブラインド無しの値を入力するということですがブラインド有の場合の日射熱取得率や熱貫流率はどのような式で計算されているのでしょうか。

・AFW内に通気した空気はすべて排気されているのでしょうか。
回答者ID:02、07
2013/10/22
No.457
1.BESTでは、与えられた通風量により、エアフローウィンドウの窓熱貫流率、日射熱取得率を求めて計算しています。
なお、室負荷や装置負荷は計算された結果ですので、窓性能が変化すると当然値が変わってきます。

2.自由入力欄を使用した場合、そこに入力された諸性能値(熱貫流率、日射熱取得率、日射透過率、可視光透過率)と、その左側で選択されているガラスの入射角特性を使用して、ブラインド有りの場合の性能値を推定しています。
BEST専門版・建築操作マニュアル(2013年7月版)の「2.6.4. 窓・昼光」に説明が記載されていますので、参照してください。

3.エアフローウィンドウ内を通った空気は全て屋外排気として扱っています。エアフローウィンドウの排気を空調機に戻すケースは計算対象にしていませんが、その理由は、それほど省エネ効果があるとは言えないからです。冬でも、窓面日射があまり強くなければエアフローウィンドウの排気温度は室温より低く、屋外排気すれば暖房負荷は減ることになります。
質問者ID:FAQ−129
アカデミック
2013/10/22
No.458
★2013/10/18お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
ご回答頂きました、
・「空調記録」モジュールに、結果出力を行いたいモジュールをシーケンス接続にて接続する
・「計算結果の記録の指定」モジュールと、「空調記録」モジュールが、シーケンス接続にて接続する
の項目も確認したのですが、結果ファイルに出力できませんでしたのでデータを送付いたします。

また、新たに質問事項がありますので、質問をさせていただきます。
(1)建物の1次エネルギー消費量を出力したいのですが、テンプレートのほうには「グラフ トレンド(ZoneEnv)」が組み込まれており、設定方法がわかりません。
マニュアルを探しましたが、見つけることができませんでした。
建物の1次エネルギー消費量を出力するための設定方法を教えていただけないでしょうか。
(2)衛生設備において、ヒートポンプ式電気給湯を登録したく入力を行っているのですが、給湯のテンプレートにおける給湯使用量では「住宅」の入力項目がありません。何か方法があるのでしょうか。

お手数をお掛けいたしますが、ご回答いただけますよう宜しくお願いいたします。
回答者ID:03、06、10、15
2013/10/24
No.458
設定していただいている室内機の結果等、出力されているようです。
結果は、best_result_U.csvに出力されます。確認方法は、画面上の「結果出力」⇒「結果グラフ表示」⇒「best_result_U.csv」の読み込みです。

(1)建物の1次エネルギー消費量を出力したい場合は、エネルギー系媒体観測用途別モジュールを使用します。
設定方法につきましては、D_01_空調設備導入マニュアル.pdf(http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/よりダウンロード出来ます。)のP10〜に記載がございますが、電気、ガス、油などの燃料種別かつ、熱源本体や搬送などの用途別にこのモジュールにシーケンス接続を行うことで、エネルギー消費量を分別集計することができます。また、マスターメニューにございます「テンプレート2012」の建物全体のテンプレートをご確認頂ければ、このモジュールの設定がよりわかりやすいかと思います。

(2)日使用量が合えば、A,B,Cどの種類を利用頂いても構いません。ただし、A,B,Cはそれぞれ固定の給湯負荷パターンがありますので、いづれかの種類の給湯原単位の負荷パターンを住宅用に変更してご使用ください。負荷パターンの変更方法は、衛生設備操作マニュアル.pdf(http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/からダウンロード頂けます。)のP57に記載がございます。
質問者ID:FAQ−143
BEST専門版
2013/10/17
No.456
@BEST programのホームページに載っていたQ&Aなのですが

9.1(空調) BESTの専門版を用いて個別分散空調システムの計算を実行した際、室内機に負荷がかかっていない時間帯においても室内機のファンは定格で電力を消費しています。
A.ご指摘のとおり、室内機のファンは負荷がかからなくても定格消費電力となる仕様になっています。これは、現状では空調時間内であれば負荷がかからなくても室内機ファンは稼動するのが一般的と考えたためですが、将来的には、種々の機種に対応できるように、室内機のバリエーションを増やしていきたいと考えております。
とありましたがこれは専門版だけでなく改正省エネ基準対応ツールの方でも同じ仕様になっているのでしょうか?

A操作マニュアルには冷房は26℃以上、暖房は22℃以下の時に運転するとありますがこれは室外機の運転の設定で、室内機には関連していないのでしょうか?

BGHPを使用したサンプルや計算結果があれば送って頂けないでしょうか?

以上3点についてお忙しい中申し訳ありませんがご回答よろしくお願いします。
回答者ID:06、15
2013/10/22
No.456
@その通りです。改正省エネ基準対応ツールにおいても、空調の運転時間は定格で運転する仕様となっております。

Aご指摘の通り、冷房は26℃以上、暖房は22℃以下の時に、室温を制御するため室外機が稼働することとなります。

BGHPの例題はございませんので、EHPのモデルデータを添付いたします。
中級編『実在建物の個別空調を計算しよう』(5.例題V(Eビル))(http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/)のデータです。
EHPからGHPへは、簡単な操作で変更することが可能です。

EHPをGHPに変える方法は、D_040_空調設備(セントラル)操作マニュアル
(http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/)の例題15に記載されております。EHP室外機を”テンプレート入替”の操作でGHPに変えることで可能です。
例題15のデータも合わせて添付いたします。
※添付の物件データは、最新版ではございませんので、マニュアルに記載されている結果とは異なる場合がございますことをご了承ください。
質問者ID:FAQ−129
アカデミック
2013/10/16
No.455
現在、戸建住宅1軒のモデルに対する熱負荷の計算を行っております。
そこで、外気温や負荷率などを考慮した上でのエアコンの消費電力などを計算したいと思い、IBECのBESTホームページに掲載の「D.空調設備(パッケージ)操作マニュアル」を参照しながらシミュレーションを行ったのですが、「結果出力/結果表示」を選択しても、設備計算の結果ファイルが表示されません。
@計算結果の記録の指定が有効になっていること、A記録したいモジュールの記録は有効となっていることは確認しました。
設備計算の結果ファイルが表示されない理由を教えていただいても宜しいでしょうか。
大変申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
回答者ID:06、15
2013/10/22
No.455
その他のチェック項目としては、
・「空調記録」モジュールに、結果出力を行いたいモジュールをシーケンス接続にて接続する
・「計算結果の記録の指定」モジュールと、「空調記録」モジュールが、シーケンス接続にて接続する
があります。

参考に、ビル用マルチの例題データを添付いたします。
こちらは、シェアステージにアップしているものと同じですが、こちらを参考に入力していただければ幸いです。
”サンプルデータ20100518”
質問者ID:FAQ−106
専門版
2013/10/4
No.454
計算エラーの『report』について教えてください。モデル化の計算実行をすると、『report』が出力されました。内容が分からないため教えてください。
『report』のファイルを下記に添附しております。
もし、モデル化したファイルがないとエラー箇所が判断出来ない場合は、どういった箇所(何のテンプレート・建築・スケジュール・計算時の設定等)を確認するべきか分かる範囲で教えていただけたらと思います。
お忙しいところ申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。
回答者ID:06
2013/10/4
No.454
スケジュールの 記入箇所にフォーマットミスがあると思われます。
開始終了の日時や時刻の記入をチェックしてください。
質問者ID:FAQ−096
アカデミック
2013/9/30
No.453
1点、確認をさせていただきたいのですが、現時点で、BEST ProgramをWindows8(64bit版)で動作させる方法はあるでしょうか。 あるとすると、MACアドレス表示ツールはあるでしょうか。
回答者ID:16
2013/9/30
No.453
Windows8(64bit版)にも対応しております。
また、MACアドレス表示ツールもWindows8(64bit版)にて動作いたします。
質問者ID:FAQ−129
アカデミック
2013/9/3
No.452
建築の試算例の住宅負荷計算に使用されている、住宅のサンプルデータをダウンロードすることはできないのでしょうか。
ご回答のほどよろしくお願いいたします。
回答者ID:07
2013/9/11
No.452
現行のプログラム(BEST専門版バージョン1307)にて、「BEST-P建築操作マニュアル」に掲載されている「7.5.計算事例4(住宅)」の計算(最大熱負荷計算)が出来るデータをお送りいたします。

なお、本日お送りするデータは、もともと古いバージョンのプログラムで作成したデータを応急的に現行バージョンのプログラムで計算できるようにしたもので、計算の結果等を精査しておりません。
よって、このデータを使用するプログラムはバージョン1307であることを確認してください。(バージョンが違うと正常に計算できない可能性があります。)また、計算するプログラムのバージョン違いによる計算結果の不一致や、予期せぬ不具合が発生する可能性がございます。

「BEST-P建築操作マニュアル」にもう一つ掲載されている「7.2.計算事例2(住宅)」の計算(期間負荷計算)については、上記のデータの設定内容を通常計算(=年間負荷計算)用に変更することで実行可能になると思いますが、最大負荷計算の場合と同様の不具合が発生する可能性がありますので、予めご了承ください。
質問者ID:FAQ−105
2013/9/2
No.451
・隣棟の設定について
窓の入力関係に、庇形状と同様に、隣棟の高さと離隔距離が入力出来るようになっていますが、幅の設定が無いようになっているのは、どのような理由があるからでしょうか?
(例えば、入力の煩雑さと、結果に与える差を鑑みて、入力の手間を優先させたということでしょうか?)
また、こちらの不勉強かと思われますが、幅の影響が小さいとの結果に至った、考え方を教えて頂けないでしょうか。
なにとぞ、よろしくお願いします。
回答者ID:07
2013/9/2
No.451
BESTでは、一定の幅を持つ隣の建物により、時刻による窓への日影のでき方の違いを熱負荷計算に考慮するようになっていません。その計算をするためには、各窓とその窓に影を落とす可能性のある全ての隣棟との相対的位置条件を入力する必要がありますが、場合によっては膨大な条件の入力を必要とすることが予想されるためです。

BESTではその代わりに、別途入力するゾーンの床面の地上高さや庇に関する窓廻りの寸法を利用して、隣棟は左右に無限の長さをもっている前提(隣棟がある程度の幅で途切れている場合を考慮できません)で、簡便に隣棟による日影の影響を計算できる機能が備わっています。

ご質問にあるような、「幅の影響が小さいとの結果に至った」わけではありませんので、誤解の無いよう、よろしくお願いいたします。
質問者ID:FAQ−148
2013/8/12
No.450
BEST1307-member-0809.zip のファイル展開できません。解凍の方法を教えてください。
回答者ID:15、16
2013/8/13
No.450
ファイル展開にパスワードは不要です。
Lhaplus・Lhaz等にて解凍を試して頂けますでしょうか。
(Lhaplus:http://www.forest.impress.co.jp/lib/arc/archive/archiver/lhaplus.html)
(Lhaplus:http://lhaz.softonic.jp/)

ライセンスキー(ドングル)がPCに挿し込まれていることを確認してBEST-P.batから起動ください。
質問者ID:FAQ−106
専門版
2013/8/1
No.449
『気象』の設定について質問させて下さい。
以前、『気象』のデータの設定方法について質問をさせていただいたことがあります。
(質問15回目)
その時に、ご回答頂いた『書籍「拡張アメダス気象データ」付属DVDのデータ』を購入しようと、株式会社気象データシステムに問い合わせたところ、書籍は絶版になっていて、現在は気象データをホームページからダウンロードする形となっているとの回答を頂きました。
『書籍「拡張アメダス気象データ」付属DVDのデータ』と同等のデータについて問い合わせると、下記の回答を頂きました。
気象データそのものは同等のものを揃える事が出来ますが、あくまでも気象データであって、書籍等の資料は含みませんのでご了承ください。
なお、書籍内容でもある新版の書籍は1500円で販売していますが、ホームページからもダウンロードできますので、ご選択はお任せいたします。
  拡張アメダス気象データ1981-2000同等のデータリスト
  1.EA年別データ(10年間)1981-1990年・・・18,000円
  2.EA年別データ(10年間)1991-2000年・・・24,000円
  3.標準年EA気象データ1981-1995年のEA気象データに基づく標準年・・・15,000円
  4.標準年EA気象データ1991-2000年のEA気象データに基づく標準年・・・20,000円
  プログラム 拡張セット2・・・12,000円
  ※プログラム 拡張セット2には旧版に追加のプログラムも含む。
●広島の気象データがほしいのですが、株式会社気象データシステムより回答頂いたデータリストの内、どのデータが適しているのか分からないので、どのデータが最適で、どのように設定すればよいのか教えてください。
(「気象データのタイプ」や「気象データの名称」等の設定について)
回答者ID:02、07
2013/8/6
No.449
一般的な年間エネルギー計算には標準年気象データが使用されますので、最新データである以下をご購入ください。
「4.標準年EA気象データ1991-2000年のEA気象データに基づく標準年」
(参考まで、EA年別データは、特定の実在年についての計算用です)
以下のサイトに説明がありますが、気象データはDVDで販売されますのでそのままご利用可能なはずです。
http://www.metds.co.jp/intro/data/

気象画面の主な設定は以下になります。
気象データのタイプ:標準年データ
気象データの名称:拡張アメダス60分値
DVDドライブ:初回計算のときのみ気象データの入っているドライブを指定。2回目以降は空欄で結構です。
質問者ID:FAQ−141
専門版プロフェッショナルBEST1209 他
2013/7/10
No.448
BEST専門版 1209版
sampleデータを開こうと「ファイル→開く→ファイル選択で参照」で開こうとすると、【選択ダイアログ表示に失敗しました。】と表示されて開くことが出来ません。 本専門版を開くと同時に起動表示されているコマンドプロンプトのほうにも【選択ダイアログ表示に失敗しました。 java.lang.NullPointerException】と表示されています。
「B_020_BEST共通操作_20120515.pdf」の説明書通りのPCの仕様、JAVAランタイム、JAVA3Dソフトはインストールしております。
また、IEなど他のアプリケーションを閉じた状態でも同じ症状が発生してしまいます。

簡易版 Ver.1.2.4
他版ではどうかと思い、簡易版で「ファイル→開く→ファイル選択で参照」で開こうとすると、【エラー システムエラーが発生しました。】と表示されて保存データを開くことが出来ません。

改正省エネ基準対応1.0.6 usr では「ファイル → 開く → ファイル選択で参照」でエラーなくサンプルデータを開くことが出来ました。
回答者ID:16
2013/7/17
No.448
改正省エネ基準対応ツールはJavaを同封しており専門版と簡易版は同封していません。よって、環境の問題だと思われます。

Javaの標準機能でエラーが発生していることが考えられます。
下記URLより最新のJavaにアップデートし、再度試していただけますか。
http://java.com/ja/download/
質問者ID:FAQ−093
アカデミック
2013/6/24
No.447
設備部分に関してモジュールのシーケンス接続部分を変更したためか、BEST上で計算を回そうとすると途中ですぐに止まってしまいます。

エラーメッセージとして以下の内容がreportに示されております。
#java.lang.NullPointerException
@jp.or.ibec.best.domain.sample.air.BuillMultiIn_S20090702.outputs(BuillMultiIn_S20090702.java:667)
@jp.or.ibec.best.essentials.refference.GenericDomainController.trace(GenericDomainController.java:44)
@jp.or.ibec.best.essentials.refference.GenericDomainController.execute(GenericDomainController.java:25)
@jp.or.ibec.best.dk.test.control.GenericDomainEngine.iterate(GenericDomainEngine.java:94)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.relatedBuilding(BestEngineThread.java:198)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.run(BestEngineThread.java:88)
お忙しいところまことに恐縮ですが、お返事を頂けると幸いです。

以上よろしくお願いいたします。
回答者ID:03、06
2013/6/25
No.447
停止場所から推測しますと、冷媒配管にかかわる接続の不具合、冷媒管関連の入力値の不具合が原因と考えられます。
質問者ID:FAQ−130
アカデミック
2013/6/17
No.445
PCにBEST−Pをダウンロードをしたのですが、ファイル内にあるBEST-P.batを選択して新しくウインドウが開いても一瞬で消えてしまい、起動することができずにいます。
どのように対処すればよろしいでしょうか。
回答者ID:16
2013/6/17
No.445
インストール(解凍)に失敗している可能性があります。Lhaplus・Lhazでお試しいただけますでしょうか。
(Lhaplus:http://www.forest.impress.co.jp/lib/arc/archive/archiver/lhaplus.html)
(Lhaplus:http://lhaz.softonic.jp/)
上記ソフトにて、解凍できることを確認しております。
質問者ID:FAQ−130
アカデミック
2013/6/17
No.446
アカデミック版を利用しているものです。
省エネ基準対応の方は問題なくダウンロードが出来て使用可能な状態なのですが、専門版の方がLaplsZで解凍しBEST-Pbatを選択しても
エラー:メイン・クラスjp.or.ibec.best.client.Splashがみつからなかったかロードできませんでした
と表示され消えてしまいます。
試しに、もう一度サイトからダウンロードしてzipファイルをもう一度解凍したのですが同じ結果になってしまいました。
回答者ID:16
2013/6/24
No.446
javaはインストールされておりますでしょうか。
また、そのバージョンをお教えください。このエラーメッセージは、プログラムが読み込めない際に表示されるメッセージです。
質問者ID:FAQ−130
アカデミック
2013/6/14
No.444
私は研究の為に、BESTのアカデミック版を申請し、BESTの省エネ基準対応ツールと専門版の両方をPCにインストールしています。省エネ基準対応ツールは作動させることができたのですが、専門版を作動させようと、zipファイルを解凍し、BEST-P.batをクリックするとjavaは内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチファイルとして認識されていません。
と表示されてしまい、作動させることができませんでした。
どのように対処すればよろしいでしょうか。
回答者ID:16
2013/6/17
No.444
専門版をご利用になる場合は、javaのインストールが必要です。マニュアルを参考にインストールください。
質問者ID:FAQ−130
改正省エネと専門版
2013/5/31
No.443
研究にてBESTを用いているのですが、
今回は以下の点について質問があります。

アカデミック会員となっておりBEST専門版とBEST改正省エネ基準対応ツール両方ダウンロードをしたのですが、この2つの違いが良く分かりません。
・負荷計算をするのであれば現在の改正省エネ基準対応ツールを使う。
・新しく計算式を組み込みたい場合は専門版を使う。
という認識でよろしいのでしょうか

また改正省エネ基準対応ツールのサンプルデータの拡張子が「.best」なため開く事が出来ませんでした。どのようにひらけばよいのでしょうか
初心者な質問で大変申し訳ございませんが返答宜しくお願いします。
回答者ID:10、15
2013/6/3
No.443
専門版と改正省エネ基準対応ツールとの違いは、専門版は、新しく計算式を組み込んだり、詳細検討を行う設備設計者やモジュール開発を行う開発者向けのツールです。
一方の改正省エネ基準対応ツールは、専門版のユーザーインターフェースを改良して、より使いやすくなったプログラムです。特に、建築は平面図を見ながら入力することが可能であり、空調設備についても、図で表示しているため、システム構成を確認することが容易になっています。
ただ、入力項目についてはある程度 制限しているものもあったり、設備の専門版では計算できるモジュールが計算できないこともあります。
簡単な概要につきましては、以下のHPの、
・The BEST Program−パンフレット
・BEST改正省エネ基準対応ツールの概要
をご覧ください。
http://www.ibec.or.jp/best/about/index.html

改正省エネ基準対応ツールのサンプルデータは、プログラムを起動した後、 画面左上の「ファイル」⇒「インポート」にて、○○○.bestのファイル名を選択して読み込んでください。
質問者ID:FAQ−125
2013/5/24
No.442
【1通目】
現在、オフィス空間において同じモデルを利用し、@南面全面窓、A北面全面窓の2ケースの観点から、昼光及び調光制御を利用し、照明および空調消費量の関係性について調べております。
以下のように変更したのみです。面積の変更などはございません。

◇変更前)南面:ほぼ全面窓 北面:一部窓
◇変更後)南面:一部窓 北面:ほぼ全面窓

照明消費量の結果予想では、@<Aと考えておりました。
南面が全面窓の方が、昼光を取入れやすい環境にあるのではと考えたからです。
しかし、結果は@=Aとなり、設定がうまくいっていないようです。
空調消費量は@>Aとなりました。
モデルを添付致しますので、相違点があればアドバイス頂きたいです。
エクセルデータには結果をまとめたグラフを作成しております。

また、今回はブラインドがない場合で考えております。
その際に、「窓」設定の「昼光計算」の欄にスラット標準角とありますが、ブラインドを使用しない場合はどのように設定すればよいのでしょうか?
お忙しいところ恐れ入りますが、宜しくお願い致します。

【2通目】
お世話になっております。
昨日、同じ件名にて、質問をさせて頂きましたが、一つ訂正があり連絡させて頂きました。

空調消費量は削減したという記載がありましたが、その理由としては、南面窓を北面窓にしたため、負荷計算の段階で負荷が減少し、選定する空調の機器容量を小さくしたためです。

引き続き、昼光及び調光制御の結果について、教えて頂ければと思います。宜しくお願い致します。
回答者ID:07
2013/5/31
No.442
BEST専門版のご利用ありがとうございます。
お寄せいただいたご質問の件ですが、エクセルファイル("比較結果.xlsx")にまとめられた結果が、案件データ("標準.zip南北逆転.zip")のどこをどのように比較したものであるか判然といたしませんので、それについては言及いたしません。(そもそも、"標準.zip"と"南北逆転.zip"は、全く異なる建物ではないでしょうか?)

調光制御を利用した計算例については、ホームページにて公開しておりますので、そちらを参照してください。

■BESTホームページ(http://www.ibec.or.jp/best/index.html)
 >プログラムの活用
  >マニュアル
   >講習会のテキスト
    >『中級編『2.建築シミュレーションを体験しよう』(6-2.例題演習)』
     >『2.8 調光制御の効果』

ホームページで公開されているのはテキストだけで、実習用のデータは付いておりませんので、本メールにそれを添付いたします。ご利用ください。
また、BEST専門版で調光制御の設定をして計算をすると、時刻別計算結果ファイル("bestBuilU.csv"や"bestBuilH.csv")には「照明出力率」の値も出力されますので、「照明電力」の値とともに時間単位での変化を調べてみてください。

>ブラインドを使用しない場合はどのように設定すればよいのでしょうか?
⇒ブラインドを故意に使用しないのであれば、「時刻変動スケジュール」中にある「ブラインドスケジュール」で、設定値を「0」にしたものを作成し、それを「窓」の入力項目「ブラインド:使用率スケジュール名」に設定すれば良いです。

また、BESTでの昼光利用による調光制御では、室内に入射する際にブラインドにおける反射等による拡散成分のみを考慮する計算になっており、室内への直達成分は調光制御の対象としておりません。
従いまして、ブラインドを使用しない設定では、窓の方位による調光の差が出ないことになります。
通常は、窓からの入射光が強い場合にはブラインドを下げると思いますので、窓の設定画面におけるブラインドの操作方法を「標準」にした上で、調光の計算をすることをお勧めします。
質問者ID:FAQ−140
2013/5/22
No.441
THE BEST ウェブサイト「プログラムの活用」にて公開されている、「例題I 現場事務所の年間エネルギー計算」を解いていました。
http://www.ibec.or.jp/best/program/pdf/manual/try1_beginner_reidai1.pdf

4章「衛生・電気その他、空調、建築の連成計算」をテキスト通りに入力したのですが、シミュレーションを実行しても計算結果のグラフ(1次エネルギー消費量、水資源消費量)共に出力されませんでした。
また、ワークスペースの「システム部品データの設定」>「衛生・電気その他」の中のいくつかのモジュール(換気制御装置、雨水など)で「記録を有効とする」にチェックを入れてみましたが、計算結果のCSVファイルにそれらしき計算結果が出力されていませんでした。

テキストに書かれている事の他に操作するべき項目があるのでしょうか、ご教授いただければと思います。
回答者ID:03、06、15
2013/5/23
No.441
例題データの、”例題1空調システム”という計算順序に、給排水のモジュールが含まれておりません。
デフォルト計算順序にはすべてのモジュールが含まれておりますので、そこから適宜順番を入れ替えて計算頂けますでしょうか。
質問者ID:FAQ−096
アカデミック
2013/5/17
No.440
BESTを動作させるためのWindowsマシンの複数台導入を検討しておるところなのですが、対応OSのバージョンはどこまででしょうか。Win8上でも動くのでしょうか。
コンソーシアムWebを見ているのですが、記述が見つからなかったので恐縮ですが質問をさせていただきました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
失礼いたします。
回答者ID:16
2013/5/20
No.440
動作環境につきましては、以下の通りです。また、Windows8につきましてもご利用可能です。

OS:Windows7 / CPU:Intel(R) Core(TM)2相当以上 / メモリ:2.0GB以上
グラフィックボード:OpenGL対応(改正省エネ基準対応ツールのみ) / 空きディスク領域:150M以上
質問者ID:FAQ−140
2013/5/14
No.439
THE BEST ウェブサイト「プログラムの活用」にて公開されている、「例題I 現場事務所の年間エネルギー計算」を解いていました。
http://www.ibec.or.jp/best/program/pdf/manual/try1_beginner_reidai1.pdf
最大熱負荷計算、年間熱負荷計算については、テキスト通り問題なく計算することが出来ました。
空調建築の連成計算の手順を進めていたところ、3.4.2のシミュレーション実行を行ったのですが、3.4.3の計算結果の確認において、“best_result1M.csv”が出力されておらず、データファイルの一覧から指定できませんでした。

そこで、メインウィンドウの「結果出力(O)」>「結果集計」から結果名称を「月別集計」、集計単位を月で、「全て選択」にチェックを入れて、月ごとの集計を行い、
BEST-P\work\Files_ObjectInfo\Object001\Result フォルダ内に「月別集計.csv」が作成されているのを確認しました。 また、Excelにて開いたところ、確かに月毎のデータとなっていることも確認いたしました。

再びBESTメインウィンドウから「結果出力(O)」>「結果グラフ出力(G)」で2Dグラフの設定画面を表示させ、「他結果選択」からBEST-P\work\Files_ObjectInfo\Object001\Result フォルダ内の「月別集計.csv」を選択したのですがデータファイルの選択項目に「月別集計.csv」が出てきません。

また、“best_result_U.csv”を選択し、適当なデータを選択しY軸の項目としてグラフを表示させようとしたところ、「このデータでは文字列軸を選択できません!!!」というメッセージが表示され、グラフを出力することができませんでした。
この問題について、どのようにすれば解消でき、グラフを出力できるのか、お教え頂きたいと思います。
回答者ID:03、06、15
2013/5/23
No.439
時、日、月、年の自動集計ファイルの内容に不具合が発生していたため現バージョンではこれらのファイルの作成は行っていません。
このため例題の古いバージョンで作成できたbest_result1M.csvという結果は出力されません。
設備計算の結果は、best_result.csvとbest_result_U.csvのみです。

メインウィンドウの「結果出力(O)」>「結果集計」で作成したファイルは表形式で表示することはできますが、2Dグラフでは選択することができません。
これは、2Dグラフ表示の対象ファイル名を固定としているためです。

ファイル名を「****M.csv」(月集計)とすると選択欄に表示できるようになります。
質問者ID:FAQ−125
2013/5/8
No.438
1点ご質問がありお問い合わせさせて頂きました。
BESTの専門版を利用しているのですが、テンプレート図などの図が全く表示されません。
なにか理由があるのでしょうか?
宜しくお願い致します。
回答者ID:03、06
2013/5/9
No.438
現在、画像データにかかわる不具合のため表示ができません。「テンプレート操作マニュアル」の構成図を参照してください。
質問者ID:FAQ−043
簡易版
2013/4/24
No.437
簡易版の給湯衛生水温の算定について
係数を用い外気温度から算定しているようですが、算定式を教えていただきたくお願いします。
参照されている資料名でも構いません。
よろしくお願いいたします。
回答者ID:10、15
2013/4/24
No.437
IBECが出版しております建築物の省エネルギー基準と計算の手引きに記載がございます。地域区分表につきましても、記載がございます。
質問者ID:FAQ−043
簡易版
2013/4/11
No.436
BEST簡易版にて計算結果について
給湯使用量や給湯の二次エネルギーを算出することはできませんでしょうか。
回答者ID:10、15
2013/4/12
No.436
給湯使用量や給湯の二次エネルギーを直接算出する機能は御座いません。
給湯使用量は、別途入力した人員もしくは給湯対象面積に原単位をかけて算出してください。
給湯使用量の原単位やスケジュールにつきましては、省エネルギー計画書作成支援ツール(5,000以下)の解説書(BEST_Ver.1プログラム解説書)に記載がございます。
給湯の二次エネルギー(配管熱損失も含めた給湯負荷)は、年間給湯エネルギー消費量に熱源機器の効率をかけて概略算出をしてください。
質問者ID:FAQ−144
2013/4/10
No.435
BEST(専門版1209)インストールし、起動させようとすると 『ライセンスキーを確認できません。アプリケーションを終了します。』と表示され、プログラムが動きませんでした。
解決方法がわかりません。お手数ですが、教えてください。
回答者ID:10、15
2013/4/10
No.435
USBに差し込むライセンスキーが必要です。
ライセンスキーが認識されていない場合は、ライセンスキーのドライバーをインストールしてください。
インストール方法は、”ライセンスキーのドライバー.zip”を解凍して、”HASPUserSetup.exe”を実行してください。
ファイルは、以下のBESTコンソーシアム会員専用のシェアステージに御座います。
https://www.sharestage.net/asp/GD001?EV=GF001EV009&CURRENT_GROUP_ID=35582
質問者ID:FAQ−120
2013/3/29
No.434
XPからwindows7にPC入れ替えしたのですが、JAVAのインストール(マニュアルは32ビット版?)がうまくいきません。
windows7 x64でのJAVAはどれを利用したら宜しいでしょうか。
JRE,JAVA(3D)ともexeファイル名を教えてください。
回答者ID:16
2013/3/29
No.434
●Java
下記URLの「windowsオフライン64ビット」のファイルを取得しインストールしてください。

●Java3d
下記URLの「java3d-1_5_1-windows-amd64.exe」のファイルを取得しインストールしてください。
質問者ID:FAQ−132
2013/3/11
No.433
ZIP3年前の専門版を利用していましたが、新しく、入れなおそうと思います。

質問1
使用パソコン(ノート)
Windows7  Service Pack1 実装メモリー3.00GB

手順を忘れているので、B_020_BEST-P 共通操作マニュアルに従って最初から入力しようと思っていますが、7ページの

(2) Java3D のインストール
「java3d-1_5_1-windows-i586.exe」を下記URL からダウンロードしてください。(以下は2008/5/14 現在のダウンロード画面です。現在と必ずしも一致しません。)
https://java3d.dev.java.net/binary-builds.html

とありますが、アドレスをクリックしても、ページが出てきません。どうしたらよいでしょうか。よろしくお願い致します。

質問2
また、もう一台のパソコンは、BESTをインストールすると、下記の通り、dllの拡張子になってしまいますので、BESTは活用していませんでした。

BEST1204-member-0725[1].dll
ライセンスキーのドライバー[1].dll

使用パソコン(デスクトップ)
XP professional  Version 2002   Service Pack 3
実装メモリー2.00GB(1GB 追加)

XPのパソコンでも使えたらと思っています。よろしくお願い致します。
回答者ID:16
2013/3/13
No.433
1)Java3Dのインストーラーは、現在は下記URLとなっております。
http://www.oracle.com/technetwork/java/javasebusiness/downloads/java-archive-downloads-java-client-419417.html#java3d-1.5.1-oth-JPR

2)「BEST-P.batをクリックしてください」のファイルではなく、「BEST-P.bat」をクリックして起動してください。

よろしくお願いします。
質問者ID:FAQ−150
2013/3/6
No.432
BEST(簡易版)マニュアルV-14ページ。
全熱交換器の採用率21%とありますが、何のことかわかりません。またバイパスとは何を意味していますか。
回答者ID:15
No.432
マニュアル(P49)にも記載がございますが、
採用率は「全熱交換機処理風量÷総外気×100となります。
バイパスとは、冷房時に外気のエンタルピーが室内の空気のエンタルピーよりも小さい場合に、外気の取り入れ時に熱交換を行わない制御の方法をいいます。
質問者ID:FAQ−043
2013/3/5
No.430
★2012/3/4お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
リンク先がわかりましたが、ファイル名は何になりますでしょうか。

ファイル名は毎回(計算毎)代わりますでしょうか。
ファイル名が代わるパターンなどありましたらおしえてください。

よろしくお願い致します。
回答者ID:15、16
No.430
PDFの出力を行うと、入力条件が書かれた中間ファイル(XMLファイル)が、以下の場所に作成されます。エクセルなどで開いてご確認ください。
・簡易版「$ユーザデータ作成ディレクトリ/BEST-ES/simulation」
⇒ファイル名:input-report.xml
・専門版「$インストールディレクトリ/BEST-P/work/Pdf/xml」
⇒ファイル名:(共通データPDF出力)common-condition.xml
         (建築データ基本(壁体構造以外))batch-condition.xml
         (建築データ基本(壁体構造のみ))wall-condition.xml
         (建築データ要素)basic-condition.xml
         (建築データ一括仕様設定)建物-condition.xml
         (設備データ)parts-condition.xml
         (設備データ接続情報)connect-condition.xml
         (計算順序)デフォルト計算順序-condition.xml
質問者ID:FAQ−151
2013/3/5
No.431
空冷HPチラーのモデルにてシミュレーションした結果を確認しています。

BESTのモデル作成におけるヒートポンプチラー(1号機、2号機共)の機器設定仕様を下記の様に設定しています。
定格冷却能力:530kW
定格加熱能力:530kW
冷水出口水設定値:7℃
温水出口水設定値:45℃
定格冷水量:1500L/min
定格温水量:1500L/min
定格消費電力冷却時:177kW
定格消費電力加熱時:177kW

Best_result_Uの結果を確認したところ
例えば、1月では、
入口冷温水温度が約1.2℃
出口冷温水温度が約4.2℃
であり、温水が正常に製造出来ていないと判断できました。

同様に夏期にでは冷水が正常に製造出来ておらず、室負荷を処理出来ていない結果となってしまっています。

@正しく冷温水を製造した熱量で室負荷を処理したシミュレーションを行いたいのですが、このような結果となってしまっているのは、何が原因なのでしょうか。解決方法をご教示願います。

Aまた、冷水温水製造熱量(実処理熱量)は、デフォルトで算出されないのでしょうか。
入口出口温度差と流量から、自分で算出するしかないのでしょうか。

宜しくお願い致します。
回答者ID:06
2013/5/13
No.431
二次ポンプの前後のヘッダーが機能していないのが原因でした。

二次ポンプテンプレートの中のポンプ出口側と入口側の次の配管ヘッダーモジュールの L1_swcIn の現在の接続先を切断し、二次ポンプテンプレートのシェルのL1_swcTout に接続してください。
?tmSP 2次ポンプ 配管分岐(1→2)バイパス入口付き20090101   
?tmSP 2次ポンプ 配管集合(2→1)バイパス出口付き20090101
よろしくお願いいたします。
質問者ID:FAQ−043
2013/3/4
No.429
BEST専門版、簡易版にて入力した条件をPDFで出力することができますが、エクセル、NotePadなどで出力することはできませんでしょうか。
PDFにする前の中間ファイル、CSVファイルでも構いません。直接PDFにしているのであれば、難しいと思いますが、いかがでしょうか。
条件を比較して検討したいと思いまして、ご質問させて頂きました。
回答者ID:16
2013/3/5
No.429
申し訳ございませんが、PDF以外での出力機能はありません。
入力条件が書かれた中間ファイルのXMLファイルは、以下の場所に作成されます。
・簡易版「$ユーザデータ作成ディレクトリ/BEST-ES/simulation」
・専門版「$インストールディレクトリ/BEST-P/work/Pdf/xml」
質問者ID:FAQ−051
2013/2/4
No.427
全熱交換器を組み込んだモデルを作成したのですが、計算がかかりません。
何が要因か、またその解決方法をご教示願えないでしょうか。
回答者ID:03、06
2013/2/28
No.427
BESTのユーザーデータエリアのフォルダ「simulator」が削除されているのが原因のようです。
「¥BEST-P¥sys¥Files¥Files_system¥InitObjectFolder.zip」 ファイルを解凍して作成されたフォルダ群の中の
「¥Object001¥simulator」フォルダを、「best_schedule.csv」ファイルを含んだままユーザーのワークエリアである次の場所へコピーしてください。
「¥BEST-P¥work¥Files_ObjectInfo¥Object001¥simulator」 となるようにコピーしてください。
この作業後、計算実行できるようになります。
質問者ID:FAQ−071
2013/2/4
No.428
現在、BESTを用いて事務所ビルのシミュレーションを行っています。 シミュレーションを行っている物件概要ですが、11F階で延べ面積が16,800m2です。
事務所の標準階をAとBの二つのゾーンに分けています。
空調システムは空冷ヒートポンプパッケージエアコンとなっています。 各ゾーン(A,B)には室外機が2台づつ設置しています。
シミュレーションの最小計算時間間隔は5分と設定しています。
シミュレーションを行い、「best_result_U.csv」ファイルで結果の確認を行うと同じゾーン(B)の空調をおこなっている室外機の消費電力が算出されている室外機と消費電力が算出されていない室外機が確認されました。
また、別のゾーン(A)では、室外機の消費電力が間欠的に消費電力が算出されており、同じゾーンに設置されている室外機2台とも同じような算出結果となっています。
なぜ、出力結果がこのうように異なるのかが分かりません。
同じゾーンを空調している室外機のどちらか一方だけ動作していることや、通常では考えられない室外機の動作となっており、また、消費電力の合算を行うと、通常の事務所と比較しても、シミュレーションした結果の消費電力量が小さい値となることから、シミュレーションに問題があると考えられます。
お手数をお掛けしますが、シミュレーションが正しく動作しているのか確認していただけないでしょうか。
原因などがわかりましたら教えていただきたいと思います。
回答者ID:03、06
2013/2/26
No.428
ビル用マルチの単線接続のテンプレートを使用した場合、室外機は、室内機の名称で自分との接続を判断していますので個々の室内機の名称は違う名称とする必要があります。
(同じ名称の場合、どれか1台しか接続していない状況で室外機が計算します。その1台の負荷が、室外機の停止容量以下の場合は室外機は動きません。)
室内機を異なる名称に変更して計算してください。(参考:パッケージのマニュアルP.4)
質問者ID:FAQ−106
2013/1/28
No.426
テンプレートの入替について教えてください。

『設備』 - 『テンプレート2011』 - 『建物全体』 - 『テンプレート_建築設備 ゾーン空調AHU VAV HPチラー2台20101111』
内の
『テンプレート空調機 VAV1コイル20101010』を、テンプレートの入替で
『テンプレートFCU 1コイル20101111(カセット形200)』に入れ替えました。

空調機の状態なら計算が出来ていたのに、FCUに変更したら結果が、『異常終了』
となり「report」ファイルが出力されました。エラー内容が分からないため教えてください。

また、空調機からFCUに変更した時に、気を付けなければいけない所等あれば、教えてください。

「report」のファイルを下記に添付しております。
回答者ID:06
2013/2/28
No.426
ゾーン側のVAVユニットモジュールの送風量、VAVファン制御モジュールの風量がFCU の風量とバランスが取れているかご確認ください。

質問者ID:FAQ−106
2013/1/15
No.425
先日はこちらの質問に対し迅速、丁寧にご回答頂き、まことにありがとうございます。

物件データの送付につきまして、「設備」を設定した弊社の担当に確認したところ、もう少し、他のテンプレート等を試してみるとのことなので、また後日、データを更新した上で、ご質問をさせて頂きたく思います。

追加で質問させて下さい(『気象』の設定について)

マニュアル等で練習していた時は気にしなかったのですが、現在、モデル化をしている建築物が広島(東京以外)にあります。
「年間熱負荷計算」の設定で変更する『気象』のデータについて教えてください。
・「BEST1分値データ(東京)」で計算をした結果、地点データ(広島)がないとして、「拡張アメダス設計用気象データ」で計算をした結果、設計用で計算されているとしてそれぞれレポートが出力されました。

・他の気象データはDVD等を購入して利用するようになっていますがまだ購入はしていません。

広島(東京以外)の地点を計算する時に、DVD等のデータがない場合、どういった設定方法がありますか? (DVD等のデータがないと計算出来ませんか?)

また、「bestBuilU.csv」のファイルのように、日時別ののデータがほしい場合、どの気象データが適しているのかも教えてください。

お忙しい中申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。
回答者ID:07
2013/1/16
No.425
基本的には、書籍「拡張アメダス気象データ」の付属しているDVDのデータを使用して、「拡張アメダス標準年」を選んでください。
BESTプログラムでの入力方法としては、(気象データのタイプ)標準年データ(気象データの名称) 拡張アメダス60分値となります。
BESTプログラムに収録されている1分値データは東京のものだけしかありません。
また「拡張アメダス設計用気象データ」は最大熱負荷計算用ですので年間計算には使えません。

前出のDVDを使用しない方法は無いわけではありませんが、データ自体はユーザーが自分で手に入れなければならず、そのデータの入手先としてもっとも有力な気象庁でも実在年データしか提供していないため、その土地の平均的な気象データ(いわゆる標準年データ)を用意することは困難と思われます。

DVDを使用しない方法とは、気象データをEPWデータのフォーマットに従って整形して使用することで、最新の建築操作マニュアル(Ver.1209対応2012年10月版、12月の中級講習会でデータ配布済み、ホームページでは近日公開予定)に、その手法が記載されています。(「5.1. EPWデータの作成方法」)ただし、使用する元データの内容を信憑性や適用性でチェックしたり、フォーマ
ットを間違えずに変換するなど、色々と注意を要することが多いので、その点ご留意ください。

質問者ID:FAQ−106
2013/1/10
No.424
いつもこちらの質問に対し、丁寧にご回答頂き、まことにありがとうございます。

現在、モデル化をしている建築物の、連成計算を実行した結果、『異常終了』となり「report」ファイルが出力されました。エラー内容が分からないため教えてください。
「report」のファイルを下記に添付しております。
回答者ID:15
2013/1/10
No.424
report.logでは、エラーの直接的な原因までは判断できませんので、物件データを送付頂けますでしょうか。

質問者ID:FAQ−105
非会員
2013/1/9
No.423
気象データについて、ご質問があります。

・気象データの年
BEST P 操作マニュアル P15に『ポ イ ン ト 1 BEST の 気 象 デ ー タと最 大 熱 負 荷 計 算 の 特 徴 BEST で は 、最 大 熱 負 荷 計 算 の た め に 、国 内 842 地 点 の 拡 張 ア メダ ス設 計 用 気 象 デ ー タ を無 償 利用 で きます 』と、あります。
何年のデータのことでしょうか?

・年間負荷の計算根拠になっている気象データ
年間負荷の計算に使う気象データは、拡張アメダスからとなっています。
手元に、拡張アメダス気象データ 1981-2000 があるのですが、1990年というように、年を指定すれば、その年の気象データで、シミュレーション出来ると考えてよろしいでしょうか?

・拡張アメダスは、最新版を手に入れる事ができるのでしょうか?
ここの販売店では、2000年までとなっています。http://www.metds.co.jp/
2010年など近年のデータは、どこで手に入れられるか、教えて頂けないでしょうか?
回答者ID:01
2013/1/9
No.423
・設計用気象データの元データは何年かというご質問ですが、設計用気象データは一年の元データではございません。設計用気象データは研究者によっては一年分のデータで(一年分といっても標準年の一年ですが)作成される方のいらっしゃいますが、BESTでは20年分のデータ(母集団)を元にして設計用気象データを作成しております。長い年数にしないと設計用のピークに近いデータは得られないと判断しております。現在発表されている拡張アメダスデータの1981年から2000年までの全データを使用しております。

・その通りです。使用できます。

・2001年以降はまだ発売(発表)されていません。
正確な拡張アメダス気象データの発表予定日については、(株)気象データシステムに直接質問された方が間違いございません。

質問者ID:FAQ−090
アカデミック
2013/1/9
No.422
今現在給湯で1つのボイラーから循環式給湯と単管式給湯の2系統がありそれぞれ別々のスケジュールで動いているので、今のところはそれぞれ別にBESTを立ち上げてシミュレーションしているのですがこのやり方でも問題ないでしょうか。改善法等あればご教授下さい。
回答者ID:10
2013/1/9
No.422
その通りで結構です。

質問者ID:FAQ−090
アカデミック
2013/1/7
No.421
給湯シミュレーションで設備組み換えを行うのですが、コージェネレーションシステム・ヒートポンプ給湯・太陽熱利用等の給湯システムのテンプレートと詳しい設定方法等はありますでしょうか。あれば頂きたいです。
回答者ID:10
2013/1/7
No.421
コジェネ利用給湯の入力例題データは御座いません。
太陽熱利用を行う給湯の入力例、HP給湯機の入力例を送付いたします。

以下のホームページに、コジェネの給湯利用に関する記述がございますので、そちらをご参照ください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/
・H_080_コージェネレーションシステム操作マニュアル

質問者ID:FAQ−106
2012/12/27
No.420
計算実行の結果、『異常終了』となり「report」ファイルが出力されました。
エラー内容が分からないため教えてください。
「report」のファイルを下記に添付しております。
お忙しい中申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。
(「report」ファイルの内容)
BEST EXCEPTION LOG >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>2012/12/27@14:09:07
#java.lang.NullPointerException
@jp.or.ibec.best.domain.building.load.WindowDaylight.preOutCal(WindowDaylight.java:220)
@jp.or.ibec.best.domain.building.load.WindowDaylight.outCal(WindowDaylight.java:246)
@jp.or.ibec.best.domain.building.spaces.Space.outCalLightElectric(Space.java:263)
@jp.or.ibec.best.domain.building.spaces.MultiSpace.outCal1(MultiSpace.java:100)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.BuilDomainEngine.outputs1(BuilDomainEngine.java:82)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.BuilDomainEngine.simulate(BuilDomainEngine.java:63)
@jp.or.ibec.best.domain.building.test.control.HVACsysBuilSimulator.exec(HVACsysBuilSimulator.java:79)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.run(BestEngineThread.java:84)<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< BEST EXCEPTION LOG
回答者ID:07
2012/12/28
No.420
エラーメッセージの解読は難しいため、直接解決策を指示しているわけではありません。今回のように、問い合わせの際に引用してご利用下さい。
参考までに、今回のメッセージ中のキーワードの意味は以下の通りです。
NullPointerException:データがない
WindowDaylight:昼光計算
MultiSpace、SpaceManager、Space:建築データである室グループ、室、ゾーン
LightElectric:照明計算・電力計算
今回のようなエラーは、昼光利用による照明の調光機能を利用されている時に起こりうるものですので、以下の点をご確認下さい。
・「照明」において「調光計算あり」を選択している時に、「照明」の「調光情報」の設定項目や「窓」の「昼光計算」の設定項目が正しく入力されているか。
・「窓」における「ブラインド」の「操作方法」において「Dスラット角の自動制御」を選択している時に、「昼光計算」の設定項目が正しく入力されているか。

質問者ID:FAQ−114
2012/12/26
No.419
概要やプログラムの詳細等が分かる資料はございますでしょうか。
いただけるようでしたら、ご送付願います。
回答者ID:10
2012/12/26
No.419
下記HPの情報広場の雑誌をご覧ください。また、パンフレットを送付いたします。
http://www.ibec.or.jp/best/information/index.html

質問者ID:FAQ−060
2012/12/26
No.418
外気制御モジュールを使って外気冷房の効果をシミュレーションしたいと思っております。

@外気冷房制御モジュールの例題(BESTモデル計算がかかるもの)がありました送っていただけないでしょうか。
A外気制御モジュールは、空調機制御モジュールと同時に使用することもできるのでしょうか。
B外気制御モジュールのシーケンス接続が分かる説明資料等を送ってください。
C外気制御モジュールは、AHUと組み合わせて使用することができるのでしょうか。
D外気制御モジュールは、OAファンと組み合わせて使用することができるのでしょうか。
回答者ID:03、06
2012/12/26
No.418
@外気冷房の例題はございませんが、外気冷房を備えた空調機テンプレートがあります。
テンプレート2011の 空調/空調機の中の「テンプレート 空調機 VAV1コイル全熱交外気冷房20101010」が外気冷房できる空調機テンプレートです。
・外気冷房用の制御モジュール
・外気冷房対応のOAチャンバーモジュール
・外気冷房用のPID制御モジュール
が外気冷房のために入っています。
制御は次の通りです。
・外気が、外気冷房制御モジュールの上下限範囲内の時に外気冷房が有効です。
・PID制御モジュールがRAの空気の状態を観察して、PID制御モジュールの設定値となるように操作量をOAチャンバーと外気冷房制御モジュールへ送ります。
・OAチャンバーモジュールは、PIDモジュールからの操作量で取り込むOA量を制御するとともに、エアバランスを計算し、RA、EA風量を決め、コイルへの出口空気の状態を計算します。
・外気冷房制御モジュールで「外気冷房をコイルと連携する」が有効となっているときには、外気冷房可能な時は外気冷房制御を優先運用し、この時、コイルの二方弁制御は停止状態(閉)となります。

Aできます。

B「テンプレート 空調機 VAV1コイル全熱交外気冷房20101010」 の接続をご参照ください。

Cできます。

D現在、OAファンとの組み合わせは用意していません。
(注意)上記説明のテンプレートの中のOAファンファンは最小外気用のOAファンです。

質問者ID:FAQ−071
2012/12/14
No.417
BESTの例題モデルを用いて、熱源が冷凍機・温水器のシミュレーションを行っています。
接続設定を行いシミュレーションを実行したところ、システムエラーとなります。

システムエラー内容を添付しますので、原因と対策を教えていただきたいと思います。
ご検討よろしくお願いします。
回答者ID:03、06
2012/12/20
No.417
真空温水ヒータのプログラム改造に対する、入力画面用データの訂正漏れが原因でした。
次回バージョンにて修正致します。

質問者ID:FAQ−071
2012/12/14
No.416
BESTを用いて、水蓄熱のシミュレーションを行っています。
接続設定を行いシミュレーションを実行したところ、システムエラーとなります。

システムエラー内容を添付しますので、原因と対策を教えていただきたいと思います。
ご検討よろしくお願いします。
回答者ID:03、06
2012/12/17
No.416
水蓄熱槽のテンプレートの中の PID制御モジュールのデフォルト値に不具合がありました。
すみませんが、次の二つのモジュールの「設定値を外部から与える」のチェックを外して、設定値等をPIDモジュールのスペック入力画面上で入力した上で、計算実行してください。
「tmTST 水蓄熱 2次側3方弁 PID制御2mode自動調整(観測対象BestWater)20100909」
「tmTST 水蓄熱 熱源側3方弁 PID制御2mode自動調整(観測対象BestWater)20100909」

質問者ID:FAQ−060
2012/12/12
No.415
BEST専門版にてビルマルモデルの室外機を氷蓄熱ユニットに変更して計算したいと考えております。

モデルを作成してみたのですが、エラーが出て計算がかかりませんでした。
エラーのreport.logとモデルデーターを添付しますので、内容をご確認いただき、改善方法をご教示願えませんでしょうか。
回答者ID:03、06
2012/12/14
No.415
氷蓄熱ユニットはセントラル方式で使用する熱源です。
パッケージの室内機と接続することはできません。

質問者ID:FAQ−110
2012/12/12
No.414
★2012/11/13お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
文献を拝見させていただきました。
ダブルスキンの日射熱取得率は0.19という結果になっており、もともとの取得率0.28に比べて大幅に小さい結果となっています。
日射取得率は太陽光の透過による影響と理解しているのですが、ダブルスキンにすると日射取得率がこれほど小さくなることがあまり納得できません。
透明ガラス2枚をダブルスキンにしても透過率はかわらないのではないでしょうか。
ダブルスキンの通気により日射取得まで処理でき、取得率が低下していると考えているのでしょうか。
回答者ID:02、07
2012/12/13
No.414
日射熱取得は、以下の2つの成分に分類されます。
(1)直接ガラスを透過する成分
(2)ガラスからの再放熱による成分
上記の(1)の部分については、ご質問の中で指摘されている内容が当てはまりますが、(2)の部分は、通常、2枚のガラス間で通気させることによって減少しますので、日射熱取得の値も低下することになります。

質問者ID:FAQ−051
2012/12/10
No.413
@ビルマルモデルに一部ヒートポンプチラー+FCUというモデルを作成することを試みています。
モデルを作成してみたのですが計算がかかりません。
データを添付しますので問題点と改善方法をご教示願いまえませんでしょうか。

ABEST専門版の換気制御について教えてください。

換気ファンを下記の様に運転した計算をしたいと考えています。
09:00〜12:00は強制運転、
12:00〜15:00は強制停止
15:00〜18:00は強制運転
18:00〜09:00は強制停止
どのような手法(どこをどのように設定すればよいのか)とすれば宜しいのでしょうか。

換気装置制御→運転スケジュール→換気運転 開始時刻-終了時刻の設定を
8:00-22:00 ⇒ 8:00-12:00 15:00-18:00
に変更してもうまくいきませんでした。

換気装置制御モジュールを2個使用する方法もNGでした。
L1swcOutFANSAに2FSAファン01のL1_swcInを繋ごうとすると「接続済みの端子が複数の端子に接続されているため」接続できませんでした。

共通タブの中の時刻変動スケジュールと関連付ける方法があるのでしょうか。
回答者ID:03、06
2012/12/11
No.413
ヒートポンプチラー+FCU
・入力データには次の問題があるようです。
・テンプレートのHPチラーとFCUが登録されているが、テンプレート外部の接続(冷温水など)がされていません。
・ FCUは2方弁制御としているので、冷温水流量が変動します。熱源部分は定流量ですので、熱源周りにバイパス管など、流量調整用のルートを作る必要があります。

 建物全体テンプレートの例題などで、熱源テンプレートと空調機の接続がどのようになっているか参考にしてください。

・換気制御
 使用されている換気制御モジュールは、一日の発停は1回のみのものです。複数の発停ができる換気制御モジュールは現在ありません。
 一日に発停を繰り返したい場合は、空調機制御モジュール(テンプレート2012のmジュールフォルダの「tmBMin 空調機制御20120303」)を代用してください。

・動作について
 電気設備照明 に登録されている照明モジュールは、現在使用できません。
 すみませんが削除するか、計算順序で計算対象から外してください。

質問者ID:FAQ−051
2012/12/10
No.412
BEST専門版にて、
ヒートポンプチラー+FCUというモデルを作成しようと試みております。

テンプレート2010の空調機の中に
テンプレートFCU1コイル20090808
がありますが、
tmFCU FCU20090101のモジュール
は検証中モジュールとなっています。

FCUを使用した空調モデルは、現状BESTで計算できないのでしょうか。
もし、計算が可能でしたら、計算がかかる参考のモデルデータを頂けないでしょうか。
回答者ID:03、06
2012/12/11
No.412
画面に「検証中」と表示されますが、このモジュールを使っての計算は可能です。
テンプレート2011の空調機フォルダの中にあるFCUテンプレートの方が新しいので、こちらを使ってください。

FCUテンプレートと空調機テンプレートは入れ替え可能です。
建物全体のセントラル空調の例題をもとに、空調機部分をFCUに入れ替えるとFCUモデルが構築できます。

質問者ID:FAQ−071
2012/11/30
No.411
BESTの例題サンプルを送っていただきありがとうございました。例題サンプルを参考に冷温水熱源のモデルを作成してみました。シーケンス接続も参考とさせていただきました。

シミュレーションを開始したところ、MSDOSプロンプト画面に12月の計算開始のあとに
「(CoilModule20100909)>>Error<< COolgcoiln未収束」
とメッセージが表示されます。
冷温水発生機のグラフ表示を行っていますが、消費電力などが最初に出るだけであとは出力されないことがわかります。

また、計算終了後に結果の「best_result_U.csv」が出力されません。

解決策をお教えください。
回答者ID:06
2012/12/3
No.411
次の点の見直しが必要と思われます。
・空調機の風量・能力と接続されているゾーンの負荷とのバランスが取れていない。
現状の接続(空調機1台で複数のフロアを空調している)ならば、空調機の風量および冷温水流量、コイル能力を増やす必要があります。
現状の接続が間違いで、各階空調機のシステムならば、空調機を増やし、フロアごとに空調機とゾーンの組み合わせを入力する必要があります。

質問者ID:FAQ−113
2012/11/29
No.410
★2012/11/27お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
お世話になっております。ご回答ありがとうございました。エラーの起こる状況を説明させていただきますと、

1.ファイル「例題T 現場事務所 空調建築の連成計算データ.zip」を利用。
2.気象データを、福島県郡山市とし、標準年データで拡張アメダス60分値とする。
3.軒高を10mとする
4.床・屋根面積を2,300uとする。

ここまでは、特に問題なく計算が実行されました。その後、

5.南北の壁面積を960u、東西の外壁面積を240uとする。

この変更を加えると、エラーが発生するという状況です。
回答者ID:07
2012/11/30
No.410
当方でもエラーが発生することを確認いたしました。
お問い合わせの内容から、計算条件の変更がすべて済んでいない状態でのご質問とお見受けしますが、現時点で明らかに不足していると思われる内容は、床面積の変更が完了していないことです。

「屋根」や「床」の面積変更のほかに、「ゾーン床面積」の変更が必要になりますので、[「建築」タブのワークスペース(「建築データの設定」)]→[ゾーン設定]→[建物]→[室]→[ゾーン]、の順をたどり、[ゾーン]を右クリックしてサブメニューの中の「プロパティ(スペック)」を開いてください。例題T(現場事務所の年間エネルギー計算)テキストの図2.2.4-3(ゾーン画面)が現れると思いますので、その中の「ゾーン床面積」を修正してください。

この操作により、この時点で計算してもエラーは出なくなると思います。

なお、これ以後に空調設備の内容の変更まで作業が続くと思いますが、あるデータを修正して別の建物のエネルギー計算まで行おうとする場合には、まず負荷計算用モデルを作成して負荷計算が正しく行われることを確認してから、空調エネルギー計算に進まれることをお勧めします。
前回のご質問への回答でも申し上げましたが、建物条件から空調設備条件まで、修正を全部済ませてから一気に計算を実行すると、エラーが発生してしまった場合に、その原因が建物条件の方に有るのか、空調設備条件の方に有るのか、特定する作業が煩雑になってしまうためです。

質問者ID:FAQ−060
2012/11/29
No.409
@BESTにおける熱源台数制御は、二次側負荷に応じてどのような制御プロセスで計算されているのでしょうか。
 冷温水の往き還りの温度差(設定値)と変流量(VWVの場合)により、二次側負荷に応じて、制御されていると考えて宜しいのでしょうか。
 計算過程を教えてください。
A二次側負荷(室内空調負荷)は、気象条件、人体条件(在籍率、人体負荷等)、機器条件(機器使用率、発熱量)、照明条件(点灯率)など空調負荷に相当するものは全て影響(連成計算)してくるものと考えて宜しいのでしょうか。
B熱源台数制御モジュールに制御タイプ(熱量/流量)というものがありますが、この違いについてと計算結果にどのような差異があるのか教えてください。
Cヒートポンプチラーのモジュールの定格能力・冷温水・電気等の入力値は、メーカーカタログ値の1ユニットの各値をユニット台数分加えてシミュレーションを行うことを考えています。このような手法でも宜しいかご見解をお聞かせ願います。
D換気設備モデルのシーケンス接続について、EAファンのL0_airIn、L0_airOutは設定しなくても宜しいのでしょうか。また、SA(OA)ファンのL0_airInには、システム気象のL0_airOutOAを接続し、L0_airOutは接続無しで宜しいのでしょうか。
*室内空気を外部に排出するときや、外気を室内に給気する(排出する)場合などの接続端子は、シーケンス接続しなくても良いという考え方で正しいのでしょうか。
この考え方は水を媒体とする給排水でも同じ考え方でしょうか。ご教示願います。
回答者ID:03、06、08
2012/11/30
No.409
空調機のコイルは2方弁制御としていますので、2次側からの熱源群への還りは負荷に応じて流量が変動します。
ただ、現時点の台数制御モジュールは熱源部分は定格流量で固定という設定です。

@熱量による台数制御
2次側の空調機から熱源群への冷温水の還り(熱源群の入口)と熱源群から2次側への送り(熱源群の出口)との温度差と流量から求まる熱量により台数制御を行っています。計算した熱量を確保できる熱源台数(定格能力で判定)を運転します。

A全て空調システムの計算に反映されます。

B流量による台数制御
熱源群入口の流量を観察し、個の流量を確保できる熱源台数を運転します。
熱源運転流量>二次側還り流量 の時は、余分流量は熱源群のヘッダ間のバイパス管を流れることになります。

C空冷ヒートポンプチラーには、スクリュー式・スクロール式と圧縮機形式に加え、スライド弁・圧縮機台数制御・インバータ制御と、その制御方式に分けて機器特性が整備されています。
適切な機器を選定の上、ご指摘の方法でも計算できますし、1ユニットを必要台数入力の上、台数制御することでも計算可能です。

Dここでの換気ファンはファンの消費電力を算出することのみを目的としているため、ファンのon-off以外の情報はシーケンス接続していません。
換気ファンの動作によって、換気室の温度変化を計算したい、というような場合は、シーケンス接続を行う必要があります。

質問者ID:FAQ−090
アカデミック
2012/11/29
No.408
★2012/11/20お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
衛生設備の給水温度は外気気温に左右され、給水温度が一定にならないとのことだったのですが、自分で外気気温のデータ等を作るまたは、編集しBEST上で設定することは可能でしょうか。
回答者ID:10
2012/11/29
No.408
外気温度を固定するモジュールとして、空調換気設備/媒体 空気 水/にある。固定条件のBestAirモジュールを用います。
システム用気象(外気・・・)の衛生水温との接続を固定条件のモジュールに変えることで、外気温度が固定され、結果衛生水温が一定となります。
この他、中央監視(MEPA簡易版)モジュールを使って接続し、計算順序を設定します。

質問者ID:FAQ−071
2012/11/27
No.407
BEST専門版のインストールについてお伺いしたいことがあります。

OSはWindows7です。
JAVAとJAVA3Dのインストールを行い、BESTプログラム(最新版)を立ち上げるとMS-DOSプロンプト画面に
「‘java'は内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチファイルとして認識されていません。」
というメッセージが流れます。

JAVAのインストール先やBESTプログラムの設置場所にコツがあるのでしょうか。
回答者ID:16
2012/11/27
No.407
お使いのPCのOSが64bitOSの場合は、64bit版のJavaをインストールしてください。

質問者ID:FAQ−113
2012/11/27
No.406
工場の空調消費エネルギーを算定するため、先日参加したBEST講習会(初級者編)で利用した現場事務所のシミュレーション用データを利用して、床面積を2,300uにしたところエラーが起きて止まってしまいました。その他の条件としては、気象データを変更しただけです(気象データの変更では特に問題なく実行された)。エラーが起きる原因がわからないので、どこに問題があるかご教授願えないでしょうか。

workフォルダーのreport.log
BEST EXCEPTION LOG >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>2012/11/26@18:38:13
#java.lang.UnsupportedOperationException
@jp.or.ibec.best.domain.building.load.PmvCalculator.setPmvCondition(PmvCalculator.java:48)
@jp.or.ibec.best.domain.building.load.Human.getThermalComfort(Human.java:425)
@jp.or.ibec.best.domain.building.spaces.ThermalEnvironment.evaluate(ThermalEnvironment.java:19)
@jp.or.ibec.best.domain.building.spaces.Space.outCalLightElectric(Space.java:257)
@jp.or.ibec.best.domain.building.spaces.MultiSpace.outCal1(MultiSpace.java:100)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.BuilDomainEngine.outputs1(BuilDomainEngine.java:82)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.BuilDomainEngine.simulate(BuilDomainEngine.java:63)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.relatedBuilding(BestEngineThread.java:195)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.run(BestEngineThread.java:88)
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< BEST EXCEPTION LOG
回答者ID:07
2012/11/28
No.406
お問い合わせの内容に沿って当方にて確認したところ、講習会にて配布した例題データのゾーン床面積32.4m2を2300m2にしただけでは、最大熱負荷計算、年間負荷計算いずれにおいてもエラーは発生しませんでした。

エラーメッセージからエラーの明確な原因は分からないのですが、温度か湿度の計算が収束せずオーバーフローしているようですので、温度あるいは湿度の解がないような間違った条件や極端な条件が入力されている可能性があります。「人体発熱条件」や「照明発熱条件」をはじめとして、設定内容の再確認をしていただけますでしょうか。

例題データを下敷きにして工場のモデルを作成されたのであれば、修正を全部済ませてしまって計算するのではなく、修正しつつ計算を実行することを段階的に行うと原因が特定しやすくなると思います。

また、床面積が2300m2も有る広大な空間の計算をする場合には、建物を1ゾーンで扱うのではなく、内部を必要に応じてゾーニングをしてモデルを作成するようにしてください。
初級講習会では複数ゾーンの計算を取り上げませんでしたので、BESTのホームページに公開されている講習会テキスト(http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/)「初級編『2ゾーンオフィスの計算をしよう』(2.例題U)」や「中級編『実在建物のセントラル空調を計算しよう』(4.例題V(Aビル))」を参照されると良いと思います。

質問者ID:FAQ−110
2012/11/26
No.405
例えば、
冷房設定温度26℃
外気温24℃
このように、外気温より冷房設定温度が高い場合、BEST専門版では、「暖房負荷」として計上される、あるいは計上すべきなのでしょうか。
回答者ID:07
2012/11/26
No.405
「冷房設定温度26℃」で「外気温24℃」でも、内部発熱や蓄熱の要因により、冷房が必要になることも考えられますので、かならずしも暖房になるとは限りません。

冷房と暖房どちらになった場合でも負荷を算出させたいのであれば、その期間の「非連成計算 空調運転モード」(「BEST-P 建築操作マニュアル」の「2.3.6.非連成計算 空調運転モード」参照)で、顕熱処理の項目を『冷却・加熱』にしておいてください。『冷却』を選択すると冷房にならなかった時の負荷は算出されず、『加熱』を選択すると暖房にならなかった時の負荷は算出されません。

質問者ID:FAQ−112
2012/11/26
No.404
現在、学校の省エネルギー化をどのように図っていくかということを、BESTでシミュレーションを行っています。
建築計算にある程度慣れてきたので、今後設備と連成することを行っていきたいと考えています。
はじめに、ビルマルチの室外機1つに室内機1つといった簡単なモデルから解析を行ってみたのですが、8月の熱負荷の値が0になってしまいます。
なお、建築計算では、現在のスケジュールで8月の装置負荷はちゃんと値が出ます。
建物用途が学校を想定しているので、夏休みを考慮して、夏期休業期間を7月20日〜8月31日と設定し、その間はスケジュールをその他のモードに設定しています。
原因をご確認していただいてもよろしいでしょうか。
回答者ID:03、15
2012/12/3
No.404
空調側の運転制御モジュールにおいて特別日の扱いが祝日の扱いとなっておりこのため空調が停止となる不具合でした。
次回バージョンにて修正版を作成します。

質問者ID:FAQ−090
アカデミック
2012/11/20
No.403
★2012/11/8お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
設備システム一般的な循環ろ過システムの設定について
現状では温泉循環ろ過方式で計算できないとのことだったので、今は源泉(23℃)を単管方式で加熱し給湯するシステムとしています。
それとは別に回収槽に入った回収された湯(38℃)を加熱(43℃)し、給湯しようと思っています。
今は何となくでも計算するためシステム用気象(外気、雨水、日射、風)の値を変えて計算しましたが、給水温度が上下してしまうので正確な値にするのが難しかったため、給水温度を一定にしたいので質問しました。

また上の方法を使い約23℃→43℃は出来たのですが、約38℃→43℃給湯は正確にできませんでした。

どのように設定するのか細かく解説お願いします。
回答者ID:10
2012/11/26
No.403
外気温度が変化するので、給水温度を完全に一定にすることは出来ません。
給水温度を38℃にしたい場合には、1月であれば外気補正温度を+38℃とすれば、概ね給水温度は35〜43℃となります。
なお、給水温度は午前9:00の外気温度で補正をかけて、その後1日は一定温度となり、翌日の9:00に再び補正をかけています。
外気温度が変わる期間に応じて、外気補正温度を変えて試みて下さい。

質問者ID:FAQ−110
2012/11/19
No.402
★2012/11/13お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
文献を拝見させていただきました。

計算式をみたところ、

ダブルスキン 貫流率は大きくなる 日射取得率は小さくなる
エアーフロー 貫流率は小さくなる 日射取得率は小さくなる

と読み取れました。

ダブルスキンの貫流率が大きくなる原因としてはダブルスキン内の温度が高いこと、室外側の熱伝達率が大きくなることが寄与していると考えてよいでしょうか。
回答者ID:02、07
2012/11/22
No.402
自然換気することにより、ダブルスキン内空気温度が密閉時より外気温に近づくためです。
外気温1℃、室温0℃のとき、ダブルスキン内空気温度が、例えば、密閉時0.5℃、自然換気時には0.8℃になったとします。
室内侵入熱(熱貫流率)は、ダブルスキン内空気温度と室温の差が大きくなると増大します。
熱伝達率の条件はダブルスキン、エアフローウィンドウとも同じです。

質問者ID:FAQ−110
2012/11/19
No.401
ガラス種類にある Low−Eガラス(銀2層)とはどのようなものでしょうか。
旭板硝子ではどの商品を指すでしょうか。

よろしくお願いします。
回答者ID:07
2012/11/21
No.401
「Low−Eガラス(銀2層)」は、ガラスの表面に特殊な金属膜を2層コーティングすることにより、コーティングが1層のガラスよりすぐれた断熱性能と遮熱性能を持たせたものです。(「Low−Eガラス」は、通常空気層を挟んでもう1枚のガラスと組で使用され、これが「Low-E複層ガラス」と呼ばれています。)

BESTのガラス品種リストにある「Low-E複層ガラス(銀2層)」は旭硝子社の「サンバランスグリーン」や「サンバランスニュートラルグリーン」に相当します。

[BESTガラス品種リスト]low-ε ニュートラルグリーン(銀2層)+透明
[旭硝子社製品]    サンバランスニュートラルグリーン

[BESTガラス品種リスト]low-ε グリーン(銀2層)+透明
[旭硝子社製品]    サンバランスグリーン

質問者ID:FAQ−111
アカデミック
2012/11/16
No.400
先日、bestのアカデミック会員をダウンロードさせてもらい利用させてもらっています。
少し分からない所があるのでお尋ねしたいです。

・建築操作マニュアルの41pの外表面の設定で陸屋根の場合の方位角と傾斜角が分かりません。
・p24の時刻変動スケジュールのスケジュール値がよくわかりません。
・ゾーンの設定が難しいです。

もしよろしければ計算事例を詳しく載っている資料を送っていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。
回答者ID:07
2012/11/19
No.400
「陸屋根」は「水平屋根」のことですので、傾斜角は建築操作マニュアルに記載されている通り「0(°)」と設定します。方位角は考慮されませんが「0(°)」と入力しておいてください。
ご覧になっている「建築操作マニュアル」はリファレンスマニュアルですので、初めてBESTで計算モデルを作成する方の参考書としては、内容が多すぎてあまりお勧めできません。
BESTのホームページに、講習会のテキストとして使われている例題が公開されていますので、熱負荷計算であれば、その例題の中の「建築単独計算」の部分を一度履修されると、プログラムに対する理解が深まると思います。

例題が公開されているURLは、
http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/

になります。

「初級編『現場事務所のエネルギー計算をしよう』(1.例題T)」から始めて、「初級編『2ゾーンオフィスの計算をしよう』(2.例題U)」まで履修すればよいと思います。

質問者ID:FAQ−110
簡易版
2012/11/13
No.399
ダブルスキンの入力はどのように行えばよいのでしょうか。
LowEガラスの外側に600mmほどの空気層があり、さらにその外側にガラスを考えています。
よろしくお願いします。
回答者ID:02、10
2012/11/13
No.399
現バージョンでは、ダブルスキンの計算は行えません。ダブルスキンの遮へい係数や熱貫流率を文献調査などから推定し、その値に近い一般窓を選び代用させるのが、今のところ最も現実的な方法です。尚、ダブルスキンの開発状況及び熱性能の求め方等につきましては、以下の文献に記載しておりますので、ご参照下さい。石野久彌・村上周三他:外皮・躯体と設備・機器の総合エネルギーシミュレーションツール「BEST」の開発(その94)BESTの現状とその特徴、空気調和・衛生工学会大会学術講演梗概集、pp.1327-1330、2012.9

質問者ID:FAQ−090
アカデミック
2012/11/8
No.398
温泉やプールのような循環ろ過システムをもった給湯方式の計算はどのようにしたらよいのでしょうか。
回答者ID:10
2012/11/8
No.398
BESTでは、温泉やプールのような循環ろ過システムをもった給湯方式の計算はまだ出来ません。
将来的に浴槽のモジュールを作成して、熱交換器によって熱源や温泉源泉とつなげて計算をすることになるかと考えます。

質問者ID:FAQ−110
2012/11/7
No.397
ユーザーの声にて室負荷は「窓壁、人体、照明、機器、隙間風等」とありますが、「等」とはなんでしょうか。他になにが考えられるのでしょうか。
外皮負荷を算出する場合はどうすればよいでしょうか。
室負荷から人体負荷、照明負荷、機器負荷を引けば、外皮負荷となると考えてよいでしょうか。
回答者ID:07
2012/11/7
No.397
室負荷の要因としては、「窓壁、人体、照明、機器、隙間風」のほかに、透湿や吸放湿による負荷や、間欠空調時に影響が顕れる壁体や家具類からの蓄熱負荷が挙げられます。
BESTでは蓄熱を考慮した計算が出来るようになっておりますが、透湿や吸放湿による負荷については、特殊な場合(「室内の湿度が極端に低い」とか「壁の透湿抵抗が極端に低い」など)を除いて影響は非常に小さいので、考慮する必要はないと思います。

外皮負荷を求める方法は、大まかに考えれば、ご質問のようになると思います。「大まかに」という理由は、BESTの計算では、内部発熱のうち壁体や家具類へ蓄熱される成分や、放熱形態の指定によっては機器発熱の一部(放射成分)が、時間遅れで負荷として計上していますので、厳密には、ある時間の室負荷から人体負荷、照明負荷、機器負荷の各設定値を引いた値がその時間の外皮負荷となるわけではないからです。
その他に、室負荷から差し引く要因に隙間風負荷を入れるか否かについては議論が分かれると思います。

質問者ID:FAQ−060
2012/10/30
No.396
3点ほど確認・お願いしたいことがございます。

@シーケンス接続に関するマニュアル・解説書・手順書等を送っていただけないでしょうか。
AファンのVAV制御やポンプのVWV制御などは、BESTの計算プロセスにおいては、どの様な計算過程によりシミュレーションしているのでしょうか。
BBESTのモデル作成について
現在、BEST専門版にて「冷温水発生機2台の台数制御+2次側空調VAVシステム+FCU方式」のモデルを作成してシミュレーションしたいと考えています。

既に作成済の計算可能なBESTモデル(ビルマル方式で作成済)の空調方式を「冷温水発生機2台の台数制御+2次側空調VAVシステム+FCU方式」に変更して計算することを試みています。

BEST-P 空調設備(セントラル)テンプレート機能を使用した建物全体の計算例 操作説明書(2011年11月更新)を参考に例題のモジュールを加工して、モデルを作成しましたが、うまくエネルギー消費量が計算できません。

何卒、宜しくお願い致します。
回答者ID:03、06
2012/10/31
No.396
@マニュアル201209版のマニュアルをお送りいたします。

AVAV制御:ゾーンの環境情報(室温など)を観察し、PID制御モジュールにより送風量を制御するフィードバック制御です。
 VWV制御:ポンプ台数制御モジュールにより、流量を観察し必要運転台数を計算し、登録された各ポンプへ運転指示と運転流量及び揚程を与え、受け取ったポンプモジュールで消費電力や出口水温などを計算しています。

Bシーケンス接続に慣れていない場合は、建物全体の建築設備テンプレートから始めることをお勧めします。
 このテンプレートでは、内部のすべてのサブテンプレートおよびモジュールのエネルギー消費などが集計されるように接続されています。
 受け取ったデータでは、ゾーンなどが追加されているようですが、
 テンプレートやモジュールを追加した場合は、それらに必要なBEST媒体(air、wat、ele、gas、oil、swc、mod、・・など)を接続ノードを介して受け渡しするため、シーケンス接続も見直す必要があります。
 この作業では接続ミスがあると計算ができないあるいは正しい結果が得られないことがあります。
 手順としては、最初にゾーン数に余裕のあるゾーンテンプレートに置き換え、不要なゾーンを削除していく方法をお勧めします。
(たとえば入力データは5ゾーンテンプレートにゾーンを追加して9ゾーンとしていますが、10ゾーンテンプレートから最後の1ゾーンを削除します。なお、削除したゾーンのシーケンス接続は自動的になくなります。)

 また、設備側を計算する場合は、計算時間間隔は5分程度を推奨しています。入力データは60分となっていますが、これではPID制御が安定せず、目標室温にはなりません。

質問者ID:FAQ−110
2012/10/30
No.395
BESTのシミュレーションを行ったところエラーが出るのですが、原因は分かりますでしょうか。
回答者ID:02
2012/10/30
No.395
エラーの原因は、空調室が1室もないことです。 現在、設計用気象データを利用する計算は最大熱負荷を求めることを目的としていて、全室非空調の場合を対象としておりません。
ただ、今後は、過酷気象条件下の全室自然室温解析にも利用できるように変更する予定です。

質問者ID:FAQ−118
簡易版
2012/10/23
No.394
・拡張アメダス2007年版の頒布時期を教えていただけないでしょうか。
・BESTに予めセットされている東京のデータは、都内12地点ではなく「東京(363番)」のみということでよいでしょうか。
回答者ID:20
2012/10/23
No.394
「拡張アメダス気象データ」の新版の公開時期については不明です。
BEST専門版に収録されている気象データは以下の2種類になります。
・実在年データ/BEST1分値・・・東京(363番)のみ
・設計用データ/拡張アメダス60分値・・・全国842地点
(設計用データでは最大熱負荷計算しかできません)

それ以外の、「実在年データ/拡張アメダス60分値」、「標準年データ/拡張アメダス60分値」については、日本建築学会発行の「拡張アメダス気象データ1981-2000」に付属のDVDディスクに収録されています。
「拡張アメダスデータ」は、赤坂先生、二宮先生の「(株)気象データシステム」へ委託発行している図書の位置づ けで、 建築学会では注文を受けていないようです。
→建築学会図書のご案内ページ http://www.aij.or.jp/jpn/books/itaku.htm

質問者ID:FAQ−090
2012/10/22
No.393
★2012/10/15お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
給湯に熱交換器が使えないとのことですが、ボイラーを使っての循環給湯方式ではなく、単管式給湯配管の給湯は可能でしょうか。可能なら設定方法を教えてください
回答者ID:10
2012/10/24
No.393
単管式給湯配管のシステムは、循環給湯方式の例題・モジュール構成を使って模擬的に計算することが出来ます。
このとき以下のような設定をして下さい。
1)給湯1次配管(往還)、給湯2次配管(往還)を短く設定 (例0.5m等)
2)先どまり配管は、単管式部分の配管長さを設定して下さい。
3)給湯2次ポンプ水量も少なく設定 (例0.5L/min等)
4)給湯1次ポンプは加熱容量に相当する水量を設定します。
 例えば加熱容量が10kWの場合には、10kW×860/(60×(60-5)℃)=2.6L/minと設定します。
5)電気温水器等タンクのあるものは、その容量を貯湯槽に設定しますが、
 瞬間式のような場合でも、模擬的に上下貯湯槽を同じ容量で設定して下さい。
 例えば加熱容量が10kWの場合には、10kW×860/(60-5)℃=156L(0.156m3)

質問者ID:FAQ−110
簡易版
2012/10/17
No.392
BEST 簡易版を使用しています。
下記のようなエラーが出るのですが、どのように対応すればよいのでしょうか。
「基本情報 283 福島の気象データが存在しません。気象データ取込を行ってください。」
回答者ID:10、15
2012/10/18
No.392
東京以外の気象データを利用する場合は、拡張アメダス気象データのDVDより気象データをインポートする必要があります。尚、DVDは別途ご購入いただく必要がございます。
操作方法は、プログラムに同封されておりますマニュアル「操作マニュアル(簡易版)」に記載がございます。

質問者ID:FAQ−078
アカデミック
2012/10/17
No.391
現在シミュレーションを行っている建物について、電気設備を導入して照明などの電力消費量を計算したいのですが、マニュアルを読んでも設備の導入方法などが掲載されていないため、良くわかりません。
電気設備の導入方法について、詳細が書いてある資料があれば教えていただけないでしょうか?
お手数ですが、よろしくお願いいたします。
回答者ID:05、15
2012/10/18
No.391
照明の計算は、建築側の熱負荷入力によって行われます。電力消費量につきましてもそこから算出されるようになっております。入力の参考としましては、「BEST-P建築操作マニュアル」の照明の部分をご覧ください。

質問者ID:FAQ−108
2012/10/15
No.390
@Windows XP Professional sp3へのインストールは成功したのですが、Windows 7 Professional sp1へのインストールはうまくいきませんでした。
インストール後、BATを起動すると、
「’java’は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。」
の表示がループします。
JRE 1.7.0_07
Java 3D 1.5.1
BEST1204-member-0725.zip
インストール御教授ください。

ABEST-Pの解凍後のフォルダ名及びファイル名が長すぎて、CDにコピーできませんでした。
※社内セキュリティの都合上、他の解凍ソフトを入れられなかったので、解凍済みのファイルをCDに入れて、講習会参加用のPCにインストールしようとしていました。
もうすこし短くならないものでしょうか
回答者ID:16
2012/10/16
No.390
@「Windows 7 Professional sp1」64bit版でしょうか?
64bitOSにてBEST専門版を動作させる際は、64bit版のJavaをインストールしてください。
Aお手数ですが、USBなどを利用すれば解凍済みファイルを移動させることができます。また、ファイル名が長すぎる課題は現在対応中ですので解決されるまでお待ちください。

質問者ID:FAQ−090
アカデミック
2012/10/15
No.389
1.給湯スケジュール設定のところでは、平日と休日の人数がかなり違う時は平日の給湯スケジュールの合計を1とした場合には、平日:休日が1:2だった場合は休日の給湯スケジュールの合計が2となるように設定するだけでよいのでしょうか。

2.給湯に熱交換器をつかいたいのですが設定方法がわかりません。どの熱交換器を使えばいいのでしょうか。またどこを参考すればよいのでしょうか。

3.温泉水を熱源とした給湯ではなく、ボイラーを熱源とした熱交換器を使い水道系統と温泉系統の給湯がしたいのですが、どのようにすればよいのでしょうか。
回答者ID:10
2012/10/16
No.389
1.この比率は給湯原単位に掛けられます。給湯原単位(g/人・日)の設定が平日のものであれば、休日の給湯スケジュールの合計が2となるように設定するだけでよいです。
もし、給湯原単位(g/人・日)の設定が休日のものであれば、平日の合計を0.5、休日を1に設定します。

2.給湯では熱交換器を使えるようになっていません。ボイラーに熱交換器が含んでいるものと考えて下さい。

3.どのようなシステムでエネルギー消費量を計算されたいかが分かりませんので、想定しているシステム図等あればご提示下さい。

質問者ID:FAQ−102
簡易版
2012/10/3
No.388
★2012/10/2お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
お世話になっております。
ご回答ありがとうございました。
また計算後の入力データの確認方法についてもご教示頂きありがとうございました。

1点追加で教えて頂きたいことがあります。
BEST簡易版では最低隙間風0.1回/hを与えていてBEST専門版のデフォルトでは隙間風0.2回/hとしていますが、簡易版と専門版の設定数値の違いについて教えて頂けると助かります。

以上何度も申し訳ありませんがよろしくお願い申し上げます。
回答者ID:06、07
2012/10/16
No.388
『BEST専門版』では、計算条件の設定に迷った時のために、無難な解を得られるようにデフォルト値を提示しています。隙間風の設定で「換気回数法」を選択した場合の「0.2回/h」というのも、関連文献を参考に提示しているものです。

一方、『BEST簡易版』は、『省エネルギー計画書作成支援ツール』をもとに開発されており、省エネルギー計画書用の負荷計算においては、もともと隙間風を考慮する余地が無いことから、隙間風による影響を最小限に留めるための措置として、最低隙間風として0.1回/hと設定しております。『省エネルギー計画書作成支援ツール』や『BEST簡易版』も、BESTプログラムを用いて負荷計算を実行しているため、隙間風を無し(=ゼロ)で計算した場合には湿度異常などの計算エラーが発生してしまいますので、これを避けるためであります。

以上のような事情をご理解の上、デフォルト値をうまく利用して、計算を行う方が適切と考える値を入力するようにしてください。

補足ですが、容積の大きな空間に換気回数法を適用する場合には、換気風量が、外壁の面積ではなく室容積に比例して大きくなってしまいますので、注意するようにしてください。

質問者ID:FAQ−102
簡易版
2012/10/2
No.387
BEST簡易版の隙間風設定に関する問い合わせです。
BEST専門版ではユーザーが隙間風の設定を行なうことができデフォルトでは隙間風の計算法は「換気回数」、数値は0.2回/hとなっています。
BEST簡易版ではユーザーが隙間風の設定を行なうことができませんが@計算過程では隙間風はどのような設定がされているのでしょうか? A隙間風が設定がされているのであれば、建物用途別に設定が行なわれているのでしょうか?
まとめるとBEST簡易版における(1)隙間風の計算法(2)数値をご教示頂きたいです。
また上記2点が建物用途別に設定されているのであれば各建物用途別に上記2点をご教示頂きたいです。
回答者ID:06
2012/10/2
No.387
簡易版では、負荷計算結果からの空調機器の自動設計のために本来は空調機で処理して取り込む外気量を 各室の隙間風として与えています。よって、PALやCEC/AC計算で決まっている室用途の必要外気量を隙間風として与えています。

これ以外に各ゾーンへは、最低隙間風風量として0.1回/hの隙間風を与えています。

コンソーシアム版の簡易版では、これらの入力データを計算後に確認できます。左のツリーの結果表示の入力データの年間熱負荷係数計算、最大負荷計算(zone)に専門版と同じ入力データが項目名別に表示されています。
ゾーンの中の隙間風、最低隙間風の値を見てください。なお、この入力データは値を直接変更して、それで計算することも可能です。

質問者ID:FAQ−109
2012/10/1
No.386
BEST-Pのマニュアルで空調部分をダウンロードしたいと考えています。そこで、セントラルではなく、空調設備(パッケージ)操作マニュアルをダウンロードしたいのですが、項目が見当たりません。
ちなみに
D_040_空調設備(セントラル)操作マニュアル
D_042_空調設備テンプレート操作マニュアル
はあります。
どちらからダウンロードできるか教えていただければ幸いです。
回答者ID:03
2012/10/17
No.386
コンソ会員の方であれば、以下のファイル共用サーバ(Bizストレージ)よりダウンロード可能です。
https://www.sharestage.net/asp/GD001?EV=GD001EV016&CURRENT_FILE_ID
=2451615910&CURRENT_GROUP_ID=53403
会員以外の方への公開については現在検討中です。

質問者ID:FAQ−108
1204
2012/10/1
No.385
@ダウンロードサイトにあった「B_020_BEST共通操作_20120515.pdf」の記述によると、セットアップ用のZIPを解凍するとsetup.exeがあるので、それを使ってインストールするとありますが、解凍ソフト「7-zip」を使用して展開してもsetup.exeがありません。(添付画像参照)「解凍フォルダ内にgui.batが作成されますので、ダブルクリックで起動して下さい。 」との記述もあるのですが、gui.batも見当たりません。解凍が失敗しているのでしょうか。あるいはセットアップ用のZIPを解凍した時点でセットアップは終了しているのですか。
「※ZIP版BESTでは、インストールを行う必要はありません。」とありますが、つまり私が今回ダウンロードしたのは「ZIP版BEST」なのでしょうか。(BEST1204-member-0725.zip)その場合、毎回BEST-P.batでソフトを起動するのでしょうか。またスタート メニュー?プログラムへの追加はユーザーが自力で行うのですか。
回答者ID:15、16
2012/10/1
No.385
@BEST専門版を起動するには、BEST-P.batをダブルクリックして起動させてください。ZIP版のBESTは、解凍するのみで使用することが出来ます。
現バージョンとマニュアルに相違がありました。申し訳ありません。スタートメニュ¥プログラムの追加は自力で行ってください。
AZIP版以降は、プログラムとデータは同一の場所に配置する方針としインストール・アンインストール手順を簡略化しております。
ZIP版はどこに解凍してもよいので、作業フォルダに直接解凍してご利用いただくことをお勧めします。

質問者ID:FAQ−107
1204
2012/9/27
No.384
建築データの設定時に、壁体構造の画面が立ち上がらず、過去に作成した設定データも開けない状態になってしまいました。
別のファイルを読み込むと、気象データに関するエラーが出力されました。
念のためBEST1204を再インストールしてみたところ、起動もしなくなってしまいました。
対処方法を教えていただけませんでしょうか。
回答者ID:16
2012/10/1
No.384
添付ファイルを参照したところ、正しくファイルの解凍ができていないようです。
解凍時に、ファイル書込み先がロックされていたようです。
一度、解凍したファイルをすべて削除し、書込み先にファイルが正しく書き込める事を確認してZIPファイルを解凍してください。

質問者ID:FAQ−106
2013/1/28
No.383
テンプレートの入替について教えてください。

『設備』 - 『テンプレート2011』 - 『建物全体』 - 『テンプレート_建築設備 ゾーン空調AHU VAV HPチラー2台20101111』
内の
『テンプレート空調機 VAV1コイル20101010』を、テンプレートの入替で
『テンプレートFCU 1コイル20101111(カセット形200)』に入れ替えました。

空調機の状態なら計算が出来ていたのに、FCUに変更したら結果が、『異常終了』
となり「report」ファイルが出力されました。エラー内容が分からないため教えてください。

また、空調機からFCUに変更した時に、気を付けなければいけない所等あれば、教えてください。

「report」のファイルを下記に添付しております。
回答者ID:06
2013/2/28
No.383
ゾーン側のVAVユニットモジュールの送風量、VAVファン制御モジュールの風量がFCU の風量とバランスが取れているかご確認ください。

質問者ID:FAQ−106
2013/1/15
No.382
先日はこちらの質問に対し迅速、丁寧にご回答頂き、まことにありがとうございます。

物件データの送付につきまして、「設備」を設定した弊社の担当に確認したところ、もう少し、他のテンプレート等を試してみるとのことなので、また後日、データを更新した上で、ご質問をさせて頂きたく思います。

追加で質問させて下さい(『気象』の設定について)

マニュアル等で練習していた時は気にしなかったのですが、現在、モデル化をしている建築物が広島(東京以外)にあります。
「年間熱負荷計算」の設定で変更する『気象』のデータについて教えてください。
・「BEST1分値データ(東京)」で計算をした結果、地点データ(広島)がないとして、「拡張アメダス設計用気象データ」で計算をした結果、設計用で計算されているとしてそれぞれレポートが出力されました。

・他の気象データはDVD等を購入して利用するようになっていますがまだ購入はしていません。

広島(東京以外)の地点を計算する時に、DVD等のデータがない場合、どういった設定方法がありますか? (DVD等のデータがないと計算出来ませんか?)

また、「bestBuilU.csv」のファイルのように、日時別ののデータがほしい場合、どの気象データが適しているのかも教えてください。

お忙しい中申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。
回答者ID:07
2013/1/16
No.382
基本的には、書籍「拡張アメダス気象データ」の付属しているDVDのデータを使用して、「拡張アメダス標準年」を選んでください。
BESTプログラムでの入力方法としては、(気象データのタイプ)標準年データ(気象データの名称) 拡張アメダス60分値となります。
BESTプログラムに収録されている1分値データは東京のものだけしかありません。
また「拡張アメダス設計用気象データ」は最大熱負荷計算用ですので年間計算には使えません。

前出のDVDを使用しない方法は無いわけではありませんが、データ自体はユーザーが自分で手に入れなければならず、そのデータの入手先としてもっとも有力な気象庁でも実在年データしか提供していないため、その土地の平均的な気象データ(いわゆる標準年データ)を用意することは困難と思われます。

DVDを使用しない方法とは、気象データをEPWデータのフォーマットに従って整形して使用することで、最新の建築操作マニュアル(Ver.1209対応2012年10月版、12月の中級講習会でデータ配布済み、ホームページでは近日公開予定)に、その手法が記載されています。(「5.1. EPWデータの作成方法」)ただし、使用する元データの内容を信憑性や適用性でチェックしたり、フォーマ
ットを間違えずに変換するなど、色々と注意を要することが多いので、その点ご留意ください。

質問者ID:FAQ−106
2013/1/10
No.381
いつもこちらの質問に対し、丁寧にご回答頂き、まことにありがとうございます。

現在、モデル化をしている建築物の、連成計算を実行した結果、『異常終了』となり「report」ファイルが出力されました。エラー内容が分からないため教えてください。
「report」のファイルを下記に添付しております。
回答者ID:15
2013/1/10
No.381
report.logでは、エラーの直接的な原因までは判断できませんので、物件データを送付頂けますでしょうか。

質問者ID:FAQ−105
非会員
2013/1/9
No.380
気象データについて、ご質問があります。

・気象データの年
BEST P 操作マニュアル P15に『ポ イ ン ト 1 BEST の 気 象 デ ー タと最 大 熱 負 荷 計 算 の 特 徴 BEST で は 、最 大 熱 負 荷 計 算 の た め に 、国 内 842 地 点 の 拡 張 ア メダ ス設 計 用 気 象 デ ー タ を無 償 利用 で きます 』と、あります。
何年のデータのことでしょうか?

・年間負荷の計算根拠になっている気象データ
年間負荷の計算に使う気象データは、拡張アメダスからとなっています。
手元に、拡張アメダス気象データ 1981-2000 があるのですが、1990年というように、年を指定すれば、その年の気象データで、シミュレーション出来ると考えてよろしいでしょうか?

・拡張アメダスは、最新版を手に入れる事ができるのでしょうか?
ここの販売店では、2000年までとなっています。http://www.metds.co.jp/
2010年など近年のデータは、どこで手に入れられるか、教えて頂けないでしょうか?
回答者ID:01
2013/1/9
No.380
・設計用気象データの元データは何年かというご質問ですが、設計用気象データは一年の元データではございません。設計用気象データは研究者によっては一年分のデータで(一年分といっても標準年の一年ですが)作成される方のいらっしゃいますが、BESTでは20年分のデータ(母集団)を元にして設計用気象データを作成しております。長い年数にしないと設計用のピークに近いデータは得られないと判断しております。現在発表されている拡張アメダスデータの1981年から2000年までの全データを使用しております。

・その通りです。使用できます。

・2001年以降はまだ発売(発表)されていません。
正確な拡張アメダス気象データの発表予定日については、(株)気象データシステムに直接質問された方が間違いございません。

質問者ID:FAQ−090
アカデミック
2013/1/9
No.379
今現在給湯で1つのボイラーから循環式給湯と単管式給湯の2系統がありそれぞれ別々のスケジュールで動いているので、今のところはそれぞれ別にBESTを立ち上げてシミュレーションしているのですがこのやり方でも問題ないでしょうか。改善法等あればご教授下さい。
回答者ID:10
2013/1/9
No.379
その通りで結構です。

質問者ID:FAQ−090
アカデミック
2013/1/7
No.378
給湯シミュレーションで設備組み換えを行うのですが、コージェネレーションシステム・ヒートポンプ給湯・太陽熱利用等の給湯システムのテンプレートと詳しい設定方法等はありますでしょうか。あれば頂きたいです。
回答者ID:10
2013/1/7
No.378
コジェネ利用給湯の入力例題データは御座いません。
太陽熱利用を行う給湯の入力例、HP給湯機の入力例を送付いたします。

以下のホームページに、コジェネの給湯利用に関する記述がございますので、そちらをご参照ください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/
・H_080_コージェネレーションシステム操作マニュアル

質問者ID:FAQ−090
アカデミック
2012/7/24
No.377
結果ファイルのところで空調のように給湯設備結果の単位がないので、確認のためそれぞれどのような単位で出力されているのかが知りたいです。
回答者ID:10
2012/7/24
No.377
基本的に以下の単位表示となっています。
・質量流量:g
・温度:℃
・熱量、エネルギー消費量:W
・時間:sec(秒)

質問者ID:FAQ−090
アカデミック
2012/7/23
No.376
頂いた給湯(温水ボイラ)zipファイルについて質問します。

1.2009年 空気調和衛生工学会大会論文 その55給湯プログラムによる計算事例のモデル建物ケースと設定は同じものなのか。また図3のような共用系統と客室系統給湯使用量を表示するにはどのようにすればよいのでしょうか。

2.計算範囲を1月〜12月など計算範囲を広げると給湯循環出口温度等の値が大きくなるのですが、計算範囲は1ヶ月ごとに設定しなければいけないのでしょうか。

3.給湯使用量に関して、
・土、日曜日の使用量が0なのは、どこで設定しているものなのか。またほかの曜日を給湯しない設定はどうするのでしょうか。
・結果の給湯使用量A.B.Cは、どこに対応しているのでしょうか。
・設定をホテル以外に設定するにはどのようにすればよいのでしょうか。

4.貯湯槽容量に関して、例では上部、下部ともに30m3とあるがこれは貯湯槽容量全体で60m3ということなのでしょうか。
回答者ID:10
2012/7/24
No.376
1. 論文の建物ケースとは異なります。用途の異なる給湯負荷パターンの設定は、A,B,C3種類まで設定出来ます。詳しくは添付ファイルをご欄下さい。

2. 給湯2次ポンプの流量設定が大きすぎていました。
 200L/min⇒20L/min(一般にこの程度で十分です。)だけ変更して、計算をし直したところ正常となっています。添付に計算時間10分間隔の場合と60分間隔の場合を送付しますので、ご参考下さい。

3. 1の回答の添付ファイルをご欄下さい。また曜日は平日と休日のみ設定可能です。

4. 貯湯槽容量は30m3となります。上部、下部それぞれ同じ数値を入力して下さい。

質問者ID:FAQ−093
-
2012/7/19
No.375
シミュレーションを回そうとすると以下のようなエラーメッセージが表示され、シミュレーションを回すことができず困っています。どのような意味なのでしょうか。

以上宜しくお願い致します。 BEST EXCEPTION LOG >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>2012/06/25@15:34:08
#java.lang.NullPointerException
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.WeatherManager.openWeather(WeatherManager.java:274)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.EaWeatherManager.openNewFile(EaWeatherManager.java:119)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.EaWeatherManager.initialize(EaWeatherManager.java:86)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.WeatherManager.setParam(WeatherManager.java:36)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.CommonWeatherManager.createWeatherManager(CommonWeatherManager.java:60)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.CommonWeatherManager.(CommonWeatherManager.java:13)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.CommonWeatherManager.getInstance(CommonWeatherManager.java:21)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.CommonFactory.setCommonParam(CommonFactory.java:28)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.relatedBuilding(BestEngineThread.java:128)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.run(BestEngineThread.java:88)
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< BEST EXCEPTION LOG
回答者ID:07、16
2012/7/20
No.375
「気象」画面で拡張アメダス気象データを指定されているようですが、計算を実行するにあたり、プログラムがその気象データを見つけられないためにエラーがでていると考えられます。

「気象」画面で指定できる全ての気象データがプログラムに内蔵されているわけではなく、選択によっては「拡張アメダス気象データ1981-2000(日本建築学会)」に付属しているDVDディスクが必要となります。

気象データの設定方法については、「BEST-P 建築操作マニュアル(2012年5月)」の「2.2.2.気象」を参照してください。

質問者ID:FAQ−001
1109
2012/7/18
No.374
計算結果出力に関しての質問です。
例題VAビルの建築・空調連成計算結果で「tmBE グラフ トレンド 1次エネルギー消費量 用途別20090808_一次エネルギー消費量 累積・・・」という項目の結果がありますが、日集計の12月31日の値と月間集計の12月の値、年間集計の累積値がそれぞれ違った値になっています。累積値であれば、行の最後の値は同じ値になるはずです。日集計と月間集計は似た値になっており、四捨五入による誤差のようにも思えるのですが、年間集計に至っては月間の半分程度の値になっています。どんな集計方法になっているのでしょうか?
原単位で見ると、日集計や月間集計の方がそれらしい値になるのですが、どの値を信用すればいいのかわかりません。条件設定の段階の問題なのでしょうか?
また、時間集計と日集計を見比べた場合に、時間集計では、休日設定で機器が稼働していない日(土、日)は数値の変動がなく、「ある時間の値−1行上の値」で1時間の値を算出すると一日中0になるのですが、日集計では0であるはずの土曜日が0ではなく、稼働日の値の半分強、稼働日である月曜の値が半分弱を示します。これに関してもいったいどのような集計方法になっているのでしょうか?
ご教示願います。
回答者ID:03、06
2012/7/19
No.374
計算終了後に自動集計処理で作成される2次データには不具合があります。 メニューの結果出力→結果集計の機能を使用してください。

質問者ID:FAQ−051
-
2012/7/17
No.373
BEST-Pマニュアル(2009/06/27更新版)P.24 2.4.4窓・昼光の頁にてブラインドの使用率について下記の様に記されております。

・透過日射150W/u以上 ⇒  100%閉
・透過日射 75W/u ⇒ 50%閉
・透過日射 25W/u ⇒ 100%開

1. この使用率をBESTで採用するに至った根拠となる論文や資料を教えてください。

2. また、100%閉、50%閉、100%開とはスラット角で示すとそれぞれ何度になるのでしょうか。

お忙しいところ恐縮ではございますが、明日中にご回答いただくことは可能でしょうか。
回答者ID:01、02、07、18
2012/7/18
No.373
BEST専門版の最新版は、Ver.1204(2012年5月公開)ですので、その内容に沿って回答させていただきます。マニュアルも2012年5月版("C_030_BEST-P_建築操作マニュアル_20120516(索引あり).pdf")が公開されていますので、ShareStage(http://www.the-best-program.sharestage.com/UA001)から入手してください。

最新版のプログラムでは、お問い合わせの(「ブラインド」の「操作方法」で「(3)標準」を選択したときの)ブラインドの使用率の設定は下記のようになっております。

***************************************************
・平日の9〜18時の時間帯においては、ガラスを透過した直達日射量が10W/m2を超える場合→100%閉
・(上記の時間帯で、ガラスを透過した直達日射量が)10W/m2を超えない場合→20%閉
・その他の時間→70%閉
***************************************************

(1) 上記のような設定にするにあたっては、下記の論文を参考にしております。

『井上隆・松尾陽:日射遮蔽装置の使用実態に関する調査研究、日本建築学会計画系論文報告集、No.378、pp.10-18、1987.8』

(2) ブラインドの使用率とは、ブラインドを全閉の状態で使用している窓の比率であり、スラット角度とは直接関係ありません。

質問者ID:FAQ−090
アカデミック
2012/7/17
No.372
以前頂いた給湯ボイラー.zipでシミュレーションを行っても正しい数値がでて来ません。このzipファイルに何か加える又は接続端子を変更する必要があるものなのでしょうか。
変更する必要があるなら具体的に教えてください。
回答者ID:10
2012/7/19
No.372
ZIPファイルに加えたり、接続端子を変更する必要はありません。例題ファイルの諸数値を変えるのみしてお使い下さい。
また、正しい数値かどうかについてこちらでは判断出来ませんので、お問い合わせ内容をもう少し具体的にお示し下さい。

質問者ID:FAQ−090
アカデミック
2012/7/17
No.371
現在この前頂いた給湯ボイラー.zipを使い勉強中なのですがわからないところがあります。

1.スケジュールにしたがって制御をおこなうコントロールクラス1.2にて、スケジュールA.B.Cは何に対応しているのでしょうか。

2.1次.2次側給湯往・還配管の1.2.3.4はどこに対応しているのか。また保温仕様1.2.3はそれぞれどういう保温なのでしょうか。

3.衛生先止まり配管―先止まり配管により捨てられる給湯量の1日当たりの回数とは水栓の数と言うことなのでしょうか。

4.接続端子に関するマニュアルがあれば頂けますでしょうか。
回答者ID:10
2012/7/19
No.371
1. コントロールクラス1、2では給湯熱源や給湯2次ポンプの運転時間を変えることが出来ます。A,B,Cの3種類のスケジュールを設定することが出来、日曜:1、土曜:7、平日:10となります。
ただし、給湯負荷に応じて、給湯熱源や給湯2次ポンプが運転されるので、まずは例題どおり、各曜日とも24時間運転の設定にしておくのが良いかと考えます。

2. 1次配管では長さや保温厚さ、口径の違う2種類の配管(ゾーン)を入力することが出来ます。1次配管では4種類の配管(ゾーン)を入力することが出来ます。
 保温仕様については、「省エネ法」の告示(建築物に係るエネルギーの仕様の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準)に記載がございます。(以下)
「保温仕様1」とは、管径が40mm未満の配管にあっては、保温材の厚さが30mm以上、管径が40mm以上125mm未満の配管にあっは、保温材の厚さが40mm以上、管径が125mm以上の配管にあっては、保温材の厚さが50mm以上とした仕様をいう。
「保温仕様2」とは、管径が50mm未満の配管にあっては、保温材の厚さが20mm以上、管径が50mm以上125mm未満の配管にあっは、保温材の厚さが25mm以上、管径が125mm以上の配管にあっては、保温材の厚さが30mm以上とした仕様をいう。
「保温仕様3」とは、管径が125mm未満の配管にあっては、保温材の厚さが20mm以上、管径が125mm以上の配管にあっては、保材の厚さが25mm以上とした仕様をいう。
「保温材」とは、熱伝導率(単位 1m1度につきワット)が0.044以下の材料をいう。

3. 先どまり配管とは、給湯配管のうち往管だけの単管式の配管をいい、有効に給湯出来ない箇所を言います。つまりこの配管部分は、循環していないので、冷めた湯として捨てられるため、給湯負荷に加算される部分となります。入力では1日に何回捨てられるかを変えられますが、デフォルト値の2回のまま計算するのがよろしいかと考えます。

4. 現在ございません。お渡ししました給湯ボイラーの例題は、添付のようなシステムです。このシステムを前提にまずは各機器の仕様等を変えて計算いただくのが良いかと考えます。

質問者ID:FAQ−091
1204
2012/7/11
No.370
★2012/7/11お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
1109と1204の計算結果の相違とは別に別の問題が見つかりました。バージョンは1109です。
まずは添付のExcelファイルをご覧ください。
(See attached file: 屋根断熱材厚さによる室負荷の違い.xlsx)
先にお送りしたモデルをベースに屋根断熱材の厚さを変化させた場合の計算結果です。

1.基本:断熱材なし
2.10mm
3.50mm
4.200mm
5.50mm+空気層

小屋裏温度は断熱材の厚さが厚くなるにしたがって下がっているのですが、室負荷は逆に大きくなっています。詳細を見ると冷凍庫では小屋裏温度と逆の結果になり、冷蔵庫では季節変動があります。
本来であれば断熱材の厚さが厚くなるにしたがって室負荷が下がるものと考えられますが、全くそのようにはなっていません。モデルの作り方に問題があるのか、計算ロジックに問題があるのか判断できませんので、お手数ですが検証をお願いいたします。なお、zipデータの一部が重くなってしまいましたので、別途ファイル便でお送りいたします。
回答者ID:07
2012/7/12
No.370
まず、本サポートにおいては利用者の入力内容のチェックや計算結果の検証はしておりませんので、その点ご了解願います。

一般的に、建物の外皮(外壁や屋根など)の断熱性能を良くすると、建物の外からの熱の進入を抑制する反面、建物内から外への放熱も抑制してしまいますので、断熱性能を上げることにより必ずしも冷房負荷が小さくなるとは限りません。

負荷の値を月毎の集計値で巨視的に比較するのではなく、室温と一緒に代表日の時間変動で比較するなどして、検討対象室の性状を把握してみることをお勧めします。

質問者ID:FAQ−091
1204
2012/7/11
No.369
★2012/7/9お問い合わせの回答後の再お問い合わせ(2通目)
冷凍庫側に問題がないように見えますが、別モデルで試したところ室負荷=36.0で頭打ちになっていました。
お送りしたデータでは36.0に届いていないので問題がないように見えただけです。

ご質問に対しては以下のとおりです。

(1)モデルは1204で作成しました。1109からの移行ではありません。

(2)設定条件はいずれも同じです。

(3)データの参照先に間違いはありません。

1109と1204のデータをお送りいたします。
1109 => (See attached file: 小屋裏換気検証用model1109.zip)
1204 => (See attached file: 小屋裏換気検証用model1204.zip)(問題ありデータ)
回答者ID:02、07
2012/7/13
No.369
お送りいただきましたデータを使用して、当方で計算を実施した結果、ご指摘の現象を再現することができました。

解決方法は、各ゾーンの空調条件(「冷蔵庫空調条件」と「冷凍庫空調条件」)の入力画面において、今一度、設定したい空調容量を上書き入力して『了解』ボタンを押し、そのあとで計算を実行することです。
これにより、当方では前バージョンと同じ結果が得られることを確認いたしました。

今回、お送りいただいた計算データを調査したところ、「冷蔵庫空調条件」と「冷凍庫空調条件」の入力画面における冷房容量は、それぞれSH150W/m2/LH50W/m2、SH80W/m2/LH20W/m2、と入力されていますが、データ(xmlファイル)内部ではそれらより小さい値(冷蔵庫SH19W/m2など)が設定されていることが分かりました。
そのため、年間計算の結果においては、冷蔵庫において顕熱負荷が19W/m2以下では設定室温に保たれ、19W/m2を超えると室温が上昇する様子が得られていたことになります。

BEST開発側で、今回のような現象は、年間計算をするために空調条件(「冷蔵庫空調条件」や「冷凍庫空調条件」など)の空調容量を入力した後に、年間計算ではなく最大負荷計算を実行してしまった場合に発生することを把握しておりますが、その場合は、作業の流れ(年間計算の設定後に最大負荷計算を実行)が想定外であるという理由からプログラムとしては対応しない(仕様を修正しない)ことになっております。
今回の事例が該当するかは分かりませんが、ご理解いただければ幸いです。

(以上)

質問者ID:FAQ−092
アカデミック
2012/7/11
No.368
研究でBESTアカデミックを活用させていただいております。
BESTを使用していていくつか疑問、質問がありましたのでお聞きします。
@普段拡張アメダスの気象データを使用してBESTを回しているのですが、データが2000年までしかありません。去年や今年の新しい気象データでシミュレーションしたい場合はどうすればよいでしょうか?
A窓面の熱貫流率、及びブラインドの遮蔽係数を自分で設定できないか?
この2点です。宜しければ回答お願い致します。
回答者ID:07
2012/7/13
No.368
(1) BESTで利用できる拡張アメダスデータは、現在2000年のものまでしか公開されておりません。(2007年までの拡張アメダスデータが公開される予定ですが、具体的にいつになるかはアナウンスされておりません。)BESTで利用する拡張アメダスデータはバイナリ形式になっておりますので編集は不可能ですが、その他にBESTで利用できる「EPWデータ」(「BEST-P 建築操作マニュアル(2012年5月)」の「2.2.2.気象」を参照してください)はテキスト形式になっておりますので、この書式に従って気象データを作成すれば、BESTで利用することができます。ただし、EPWデータ・フォーマットの気象データの作成については、当方でサポートしておりませんので、ご了承願います。

(2) 窓ガラスの選択は、基本的に選択肢にあるものから利用することになっておりますので、希望する性能に一番近いものを選択して計算をすることをお勧めします。
なお、「BEST-P 建築操作マニュアル(2012年5月)」の「5.3.窓ガラスデータベース」に、独自の性能値をデータベースに追加登録する方法が記載されていますが、データベースを編集することは正式にサポートしておりませんので、この方法を行う場合には自己責任でお願いいたします。

質問者ID:FAQ−090
アカデミック
2012/7/10
No.367
現在BESTにて給湯シミュレーションを行おうと思うのですが、給湯に関するマニュアルがないようなのでお聞きしたいことがあります。

1.空調マニュアルを参考にやっているのですが、給湯シミュレーションとの違いはあるのでしょうか。(入力必要箇所、不要箇所等)

2.ゾーンわけの時ペリメータ―ゾーンを設定する必要はあるのでしょうか。
回答者ID:10
2012/7/10
No.367
空調の入力と給湯の入力は異なります。またペリメータゾーンの設定は給湯では関係ありません。
以前にご送付した給湯例題ファイルを参照しながら利用して下さい。

以上よろしくお願いします。

質問者ID:FAQ−091
1204
2012/7/9
No.366
★2012/7/6お問い合わせの回答後の再お問い合わせ(1通目)
情報が不足し、申し訳ありません。お尋ねの件、下記のとおりです。

・旧バージョンは1109です。
・年間負荷計算の結果です。
・2つの添付ファイルの「冷蔵庫_室負荷」のグラフを見比べてください。
 1109では気温の上下に呼応して上下していますが、
 1204.pdfの方は19.0で一定となっています。

(See attached file: 1109.pdf)(See attached file: 1204.pdf)
回答者ID:07
2012/7/10
No.366
お送りいただきました結果のグラフを拝見いたしました。
ご指摘通り、「冷蔵庫」の方の結果グラフには違いが出ているようですが、一方、「冷凍庫」の方の結果は変化が無く同じように見受けられます。

(1)1204版での計算は、最初からデータを入力し直したのではなく、1109版で使用したデータファイルをそのまま読み込んで計算されたものでしょうか。

(2)それぞれのバージョンで、「冷蔵庫」ゾーンの「ゾーン空調条件」の設定内容を見比べて違いはありませんでしょうか。

(3)お送りいただきました結果グラフは、BESTのグラフ出力機能を使用したのではなく、出力されたcsvファイルからExcelなどの表計算ソフトで作成したようですが、参照先などに間違いはありませんでしょうか。

上記(1)から(3)のチェック項目に該当するものがないようでしたら、当方にて動作確認を行わせていただきたいと思いますので、お手数ですが、1109版で計算に使用された入力データ(zipファイル)をお送りいただけませんでしょうか。

よろしくお願いいたします。

質問者ID:FAQ−091
1204
2012/7/6
No.365
前バージョンと計算結果が合いません。
特に、室負荷の値に上限(頭打ち)があるようです。
バグでしょうか?
回答者ID:07
2012/7/9
No.365
今回のバージョンアップ(1109版から1204版)では、計算エンジンの修正や変更を行っておりませんので、同じ条件での計算の結果は同じになると思われますが、いただいたご質問の内容だけでは、状況を把握しかねますので、以下の内容について具体的にお知らせ願えませんでしょうか。

・比較されている『前バージョン』のバージョンナンバー("1109"など)

・計算結果が合わないというのは、最大負荷計算の結果なのか、年間負荷計算の結果なのか。

・計算結果が合わないとされている箇所と、『室負荷の値に上限(頭打ち)が有るようです』とされている箇所とを、具体的にお示し頂けませんでしょうか。
BESTにはグラフ出力機能が付いておりますので、それを利用して負荷の変動グラフ(最大負荷や代表週の負荷など)を出力すると比較的容易かと思います。
よろしくお願いいたします。

質問者ID:FAQ−090
アカデミック
2012/7/5
No.364
1.吹き抜けがある場合は、どのようにすればよろしいでしょうか。

2.給湯設備計算をするときも空調データの入力は必要なのでしょうか。
回答者ID:02、10
2012/7/6
No.364
1.BESTでは、部屋内の空気全体を一様に空調して、それを評価することを主眼としています。
吹き抜け空間では、上下で温度差が生じて温熱性状が一様になりにくい上に、空調負荷算定の対象になる個所は居住域などの一部に限られることが多いので、正しく評価することができません。

2.空調データの入力は不要です。

質問者ID:FAQ−001
1109
2012/6/25
No.363
事務所建築の空調連成計算を行う際に、エラーが出力されるのですが、修正してもそれが反映されず、同じエラーが出続けます。

建築のエラーレポートなので、内容は理解できました。窓の仕様が設定されていないという内容だったのですが、そもそも確認したら設定してあり、再度入力してもエラーがでました。一度窓を削除し、再度マスター側から窓を選択して窓名称を変更して仕様を選択し設定したのですが、それでもエラーが消えず、窓名称が古い名称のままエラーが出ていました。古いログがBESTの中に残っていて、それを読みにいっているのではないかと推測しているのですが、実際のところはどんな原因が考えられるのでしょうか?また、どう対処すればよいのでしょうか?
回答者ID:16
2012/6/25
No.363
下記内容のみでは、エラーの原因の特定がわからないためエラーログと物件データを送付いただけますか?

--------------------------------------------
(データ送付頂いた後の回答6/26)

ご推測の通り、下記XMLファイル上に窓の古いデータが残っていました。
・$作業ディレクトリ$/Files_ObjectInfo/Object001/Instructed/building/2F.xml
416行目〜555行目までを削除し、計算を実行してください。

質問者ID:FAQ−090
アカデミック
2012/6/21
No.362
衛生zipのテキストまたは、衛生に関して詳しく書いてあるマニュアル等あれば、欲しいのですが。
回答者ID:10
2012/6/22
No.362
高置水槽については、衛生のマニュアルをご覧ください。また例題講習会のテキストも参考になります。給湯マニュアルについては現在整備中です。マニュアル及び例題講習会のテキストは、以下のURLにあります。
http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/

質問者ID:FAQ−090
アカデミック
2012/6/19
No.361
BEST講習会‐例題演習によるBEST体験で使われているサンプルデータの2.1.zip~7.1zipファイルをいただけませんでしょうか。

また現在、温浴施設の給湯シミュレーションを行いたいと思っているのですが、給排水・給湯設備の例題等あったらほしいのですが。
回答者ID:10、15
2012/6/20
No.361
サンプルデータの2.1.zip~7.1zipファイルを送付いたします。但し、このデータの動作バージョンがBEST1109版となっており、BEST1204版には対応できておりません。一部読み込みが出来ない物件もあると思いますがご了承ください。

衛生のサンプルデータも送付いたします。

質問者ID:FAQ−036
2012/6/18
No.360
「暖房負荷・冷房負荷の出力結果についての質問」
掲題の件で質問させていただきたくメール致しました。内容は以下の通りとなります。また、月別出力ファイルを添付させていただきます(全ゾーンの各負荷を例として、下記のご質問をさせていただいております)。

年間冷房をした場合の室負荷S・L、装置負荷S・Lは、冬期における暖房負荷がほぼ発生せず、室負荷Lのみ暖房負荷(時期問わず)が発生しています。(完全に暖房負荷ゼロでありません。)
一方、冬期のみ暖房を行い、その他の月は冷房を行うように計算すると、冬期(1〜3,12月)は暖房・冷房負荷ともに発生する結果が出力されます。

@イメージとしては、冷房(冷却・除湿)設定期間は冷房負荷のみが出力され(実際には暖房負荷が発生していても)、暖房(加熱・加湿)設定期間は暖房負荷のみ出力される形になると思っていたのですが、上記のように、冷房設定していない場合にも冷房負荷が出力されたり、逆に暖房期間でないのに暖房負荷が発生するのは、どのような設定が要因となるのでしょうか?

Aまた、年間冷房設定とした場合の冬期冷房負荷と冬期暖房(冷房なし)設定した場合に出力される冷房負荷の値が全く違うのは、どういった意味になるのでしょうか?


回答者ID:02、07
2012/6/21
No.360
@結果出力ファイルにおける室負荷は、「非連成計算空調運転モード」で設定した「顕熱処理」や「潜熱処理」の設定内容に関わらず、設定室温、設定湿度に対して算出された値が出力されるようになっています。例えば、冬期に加熱・加湿が設定されていても、室内が冷房要求であれば、導入外気による冷房効果が室冷房負荷として現れることがあります。それに対し、装置負荷の値は「顕熱処理」や「潜熱処理」の設定内容に応じたものが出力されます。「冷却」のみ設定した期間での装置負荷は、空調装置には「冷却」しか設定されていませんので冷房負荷しか出力されないことになります。(暖房負荷は、「加熱」するよう設定されていないので出力されません。)

A冬期に暖房設定をしておくと、「ゾーン空調条件」で設定した冷暖房容量の範囲内で室温を設定値にするようになっていますので、暖房設定が有る場合と無い場合とで(仮想の)冷房負荷の値に違いが出ることは、おわかりいただけると思います。月集計結果("bestBuilM.csv")だけで判断せずに、"bestBuilU.csv"の内容をグラフ化するなどして、その期間で一日の温湿度と負荷の状況がどのようになっているか確認していただければ、理解の助けになると思います。

質問者ID:FAQ−090
アカデミック
2012/6/8
No.359
現在BEST−Pでプログラムの活用から講習会のテキストで勉強している途中なのですが、中級編1から例題ZIPファイルを使っていますが、どこからダウンロードできるのでしょうか。

回答者ID:01、15
2012/6/9
No.359
例題データにつきましては、ご希望の例題データをお伝え頂ければ、その都度お送りするようにしております。

質問者ID:FAQ−069
2012/6/5
No.358
・熱損失計算 Q値
Q値は自動的に計算されないのでしょうか?
SMASHでは、自動的に計算されていて便利でした。
回答者ID:01、07
2012/6/7
No.358
BESTではQ値を算出する機能を備えていません。
Q値は、対象を住宅に限定して省エネ性能を判断するために使用される数値であり、独自の決まりにより、算出過程で「外気等の区分に応じた係数」や「壁体に含まれる熱橋」などを考慮しなければならないようですが、住宅以外の建物ではこれらの決まりが適用されることは殆どないためです。
SMASHは「住宅用熱負荷計算プログラム」とうたっているようですので、Q値を算出できるのは至極当然のことと思われます。

質問者ID:FAQ−094
2012/5/28
No.357
専門板の導入を検討しています。
行いたい事は、主に一般的な2階建て程度の住宅における、温熱環境、省エネ状況のシミュレーションです(各種仕様、気象条件における室温の推移や暖冷房負荷の変化など)。

「試算例」の「住宅負荷計算の条件と結果概要」を拝見しますと、各室の温度変化などが算出できるように見えますが、ここの示されている間取りの入力、部屋同士の熱移動なども考慮した数値を算出できるという事でしょうか(AE-CAD〜AE-Sim/Heatのような)。

実際の入力画面、条件設定、計算過程などが拝見できると一番良いのですが、そういったものを体験できる場所はございませんでしょうか(または試供板)。

回答者ID:01、15
2012/5/28
No.357
現在のところ、一般向けの講習会や体験版はございません。

間取りの入力方法等の条件設定や計算過程につきましては、BESTのホームページのプログラムの活用→講習会テキスト_中級編「2.建築シミュレーションを体験しよう」(6-2.例題演習).pdf→2.12 住宅の年間負荷計算を実行してみよう(P.36)
http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/
をご覧ください。部屋同士の熱移動を考慮した計算が可能です。

質問者ID:FAQ−095
BEST(簡易版)1.2.3
java : 6 update 32
2012/5/24
No.356
★2012/5/24お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
> 【回答】
>  予冷なし を設定する場合に 
>  運転開始時刻を設定温度到達時刻に変更すると運転時間自体が短くなり
>  エネルギー消費量が減ります。

予冷なしにて運転時間を短くした結果と、予冷ありにて運転時間を長くした結果を比較して予冷なしのほうがマイナスなら納得いくのですが、一次エネルギー消費量結果の「空調水搬送」の数値がマイナスとなってしまっています。 これは何故なのでしょうか?
回答者ID:06
2012/5/25
No.356
不具合の可能性がございますので、お手数おかけいたしますが、現行の最新バージョンBEST簡易版Ver.1.2.4をダウンロードしていただき、再度、ご入力していただけますでしょうか?

質問者ID:FAQ−095
BEST(簡易版)1.2.3
java : 6 update 32
2012/5/24
No.355
簡易版にて、空調のシステム比較を検討しています。以下を確認したいです。

・空調水搬送の数値がマイナスになってしますことについて

熱源に空冷チラーを用いたシステムにおいて、

 冷温水:変流量、空調機:定風量、予冷外気カット:あり
 全熱交:あり、外気冷房:あり

 5〜10月:冷房、12〜3月:暖房、4・11月:中間期(換気)

としてシミュレーションしています。

上記のシステムで

 @空調運転条件/空調開始時間 予冷なし
   ※運転開始時間と温度到達時間が同じ
 A空調運転条件/空調開始時間 予冷あり
   ※運転開始時間と温度到達時間がことなる(30分)

で、計算したところ

空調水搬送の一次エネルギー消費量が以下のような結果となりました。
 @夏期および中間期がマイナス結果
 Aすべてプラス結果

予冷のありなしで、水搬送のエネルギーが大きく変わる(マイナスとなる)というのが、何故だか分かりません。理由(演算上のでてしまう等)あれば、御提示願います。宜しく御願い致します。
回答者ID:06
2012/5/24
No.355
”予冷なし”を設定する場合には、運転開始時刻を設定温度到達時刻に変更すると運転時間自体が短くなり、エネルギー消費量が減ります。

 また、負荷については、空調時間を短くすると、ピーク負荷が大きくなる傾向があり、機器特性と負荷の状況によっては、運転時間の短縮にもかかわらず効率悪化により搬送動力が増加する場合も発生します。

質問者ID:FAQ−069
1109版
2012/5/21
No.354
先日、アップデートの配布が始まったとのこと、まだ適用していないので、解決済かもしれませんが、以下の質疑よろしくお願いします。

(1)外気温の設定
現在、アメダスのデータを仕様しています。冬場の気温を、平均の-1.5℃程度下がったと仮定して計算する事は可能でしょうか。

(2)空調の設定温度
滞在時と不在時に分けて、2種類の設定温度で計算をしたいのですが、今後開発のロードマップにあるでしょうか。TRANSYSでは可能なので、そちらに乗り換えるべきか検討しております。

(3)二重サッシの設定
現在、1重サッシの情報しかありませんが、今後、2重サッシは追加されるでしょうか。また、スケジュールで、滞在時:2重サッシの外側だけ閉めている、不在時:2重サッシともに閉めているといった、スケジュールを組むことは可能でしょうか。

(4)連成計算で出来る事は?
連成計算をした事が未だないのですが、連成計算によって出来ることを、簡単に教えて頂けないでしょうか。具体的な設備計画を反映出来るようなイメージがあります。ダクトの長さによる熱負荷のロスなどを計算出来るのでしょうか…。

(5)最大負荷計算後、年間負荷の計算する際、風量変えると結果も変わる。
予冷予熱時間を15分として計算しています。最大負荷計算の際、機器発熱入力画面の数字(顕熱 潜熱発熱量)はデフォルトのまま変えません。
・そのまま、年間負荷計算をした場合
・最大負荷計算の結果を受けて、機器発熱入力画面に、適切な顕熱 潜熱発熱量を入力した場合
計算結果を、bestBuilU にて見比べると、前者と後者に違いが出ます。前者は15分で予冷予熱できていて、後者は15分予冷予熱で出来ていない結果の日もあります。これは、バグなのでしょうか?そういった報告はあがっていますでしょうか?

よろしくお願いします。
回答者ID:07
2012/5/25
No.354
(1) 現在、BESTでは、ユーザーが作成した気象データを利用することはサポートされておりません。

そもそも現実には、気温のみ一定℃数だけ変動することはありえず、必ず湿度や日射量の変動も伴うはずですので、数ある気象データの中から希望の条件に近い年や期間のデータを使用して計算することをお勧めします。
また、ご希望の用途にそぐわないかも知れませんが、外気温度をシフトさせるのではなく、逆に室内の空調設定温度をシフトさせて計算することで対応できる場合もありますので、御一考ください。

(2) 先日配布を開始した最新の1204版プログラムから、室内の設定温度を時間によって変えられるようになっています。ご使用に当たっては、「BEST-P建築操作マニュアル(2012年5月)」の「2.2.9. 時刻変動スケジュール」の「F'室温設定」や、「2.3.6. 非連成計算 空調運転モード」をご参照下さい。

(3) 2重サッシをモデル化する場合には、「ゾーン設定」の「窓」において、以下のように設定してください。
・「ガラス」−「窓タイプ」:『エアフローウィンドウ』を選択する。
・「ガラス」−「ガラス種類名」:該当するもの(無ければ一番近いもの)を選択する。
・「ガラス」−「厚さ」:外側のサッシのガラス厚さを選択する。
・「エアフローウィンドウ(AFW)」−「窓通気量」:0"を入力する。
・「エアフローウィンドウ(AFW)」−「運転スケジュール名」:空白のまま。
・上記の他、「外表面名」、「窓面積」、「ブラインド」などは、他の窓と同様
に、適宜入力してください。

また、BESTでは、「時によって2重サッシの内側サッシだけ開ける」というように、時間によって窓の性状が変化する設定は出来ません。

(4) まず、ダクトの長さによる熱負荷のロスは計算できません。
設備連成計算では、設備システムの計算において、実際には種類や容量によって違いのある機器の運転特性を考慮することを含め、実際のシステム制御にしたがった場合のエネルギー消費量を算出することが可能になります。その他にも連成計算によって、熱源の部分負荷特性、水蓄熱装置、コジェネレーションシステム、太陽光発電などの効果を求めることができます。

また、BESTの連成計算の特徴としては、建築・空調・電気を横断する検討を比較的簡単な入力で行うことが出来ることが挙げられます。
例えば照明で省エネを行った場合、実際には夏場の空調のエネルギーは削減され、冬期の空調エネルギーは増大しますが、これにより、どの程度の消費エネルギーを削減できるか、ということを計算することが出来ます。

BESTのホームページに有るテキスト「中級編『2.建築シミュレーションを体験しよう』(6-2.例題演習)」の中の例題「2.11 建築単独計算と連成計算を比べてみよう」において、同じ題材について建築単独計算を行った場合と、連成計算を行った場合とで、その結果(室温変動)について比較をしていますので、参考にしてください。
(テキストの在所は下記の順に辿ってください。[BESTホームページ]→[プログラムの活用]→[マニュアル]→[講習会のテキスト])

(5) ご質問の意図が良く理解できませんが、「最初の計算条件から室内発熱量(機器発熱)を変更して計算を行うと、結果の負荷の値が変わってしまう理由が判らない」というように解釈されます。そうであれば、空調負荷の源である発熱量が変わっているのですから、負荷の値が変わるのは当然と言えると思います。

もし、当方の理解が足りないようでしたら、いま一度ご質問ください。

質問者ID:FAQ−007
2012/5/18
No.353
★2012/5/17お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
もう一点追加でお伺いしたいのですが、ダブルスキンを想定したいのですが、ゾーン分けを行い、外気に面したゾーンを外気との流出入が多い設定を施したいのですが、隙間風として与えるしか方法はないのでしょうか。
ゾーンと外気の空気流出入させる方法がありましたら、ご教授下さい。
回答者ID:07
2012/5/24
No.353
ダブルスキンのモデルを解くためには、キャビティ(2層のガラススキンにはさまれた中間層)を1つのゾーンとする必要が有り、ご指摘の通り、ここを流通する外気の流れについては、隙間風の機能や、キャビティが複数層にわたって連続している場合にはゾーン間換気の機能を使うことで模式化することもできますが、現在のBESTではキャビティ内の温度に応じて通風量を変化させて計算することができません。

また、キャビティという熱の状態が変動するゾーンを間に挟んだ2枚のガラス(アウタースキンとインナースキン)について、そこを通過して居室内に入射する日射の計算をすることができません。

以上のような事情から、ダブルスキンをゾーンに置き換える方法には限界があります。

従って、自然換気する場合のダブルスキンの遮へい係数や熱貫流率を文献調査などから推定し、その値に近い一般窓を選び代用させるのが、今のところ最も現実的な方法です。

質問者ID:FAQ−095
簡易版
2012/5/17
No.352
★2012/5/17お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
> 【回答】
> 簡易版の変風量では送風温度を固定としています。
> 温度補償はしていないため負荷が小さいときでも
> 送風量最小の外気風量について固定温度まで加熱しています。
> これが暖房側のエネルギーの増加の原因です。

定風量の場合は、温度補償により、温度が満たされたとすると熱源が停止すると考えてよいでしょうか。

ちなみに暖房にとって有利にはたらく、機器発熱を25[W/m2]から、0[W/m2]に変更したところ、暖房負荷が多くなったためか、熱源の一次エネルギー消費量が多くなっていました。
回答者ID:06、15
2012/5/18
No.352
定流量の場合は、温度が満たされ負荷が0となると熱源は停止します。また、定風量は、代表室温あるいは空調機への帰り空気の温度で制御するのが一般的です。
この時の目標温度は冷房26℃、暖房22℃などシーズンで固定とするのが普通で定風量の場合に温度補償は行いません。
機器発熱等の内部発熱を小さくすると、暖房負荷が大きくなるため、熱源や空調搬送動力等の一次エネルギー消費量は多くなります。

 

質問者ID:FAQ−007
2012/5/17
No.351
1. エアフローウインドウの計算を行いたいのですが、ガラスとガラスの間の空気が流れる部分の厚さを設定する方法は、ありますでしょうか?

2. エアフローウインドウ計算の計算法(式)を教えて頂きたいのですが?
回答者ID:07
2012/5/18
No.351
1. BESTでは、エアフローウィンドウの性能(遮蔽係数および熱貫流率)について、外ガラスと内ガラスの間の通気量による補正は行うことができますが、ガラスの間隔については考慮していません。

2. マニュアル(BEST-P建築操作マニュアル「3.4.窓の計算方法」参照)およびマニュアルに示された文献を参照してください。

質問者ID:FAQ−095
簡易版
2012/5/17
No.350
簡易版にて、空調のシステム比較を検討しています。以下を確認したいです。

・空調方式による熱源一次エネルギー消費量の変化について

熱源に空冷チラーを用いたシステムにおいて、
 (1)冷温水:定流量、空調機:定風量
 (2)冷温水:変風量、空調機:変風量
で、計算したところ
空調熱源本体の一次エネルギー消費量が以下のような結果となりました。
 (1)1,090[GJ] (冷房:1,000[GJ]、暖房: 90[GJ])
 (2)1,260[GJ] (冷房: 980[GJ]、暖房:280[GJ])

冷温水の定風量/変風量、空調機の定風量/変風量で、熱源のエネルギーが大きく変わるというのが、何故だか分かりません。※特に暖房があがっている理由(演算上のでてしまう等)あれば、御提示願います。

宜しく御願い致します。

回答者ID:06
2012/5/17
No.350
簡易版の変風量では送風温度を固定としています。温度補償はしていないため負荷が小さいときでも送風量最小の外気風量について固定温度まで加熱しています。これが暖房側のエネルギーの増加の原因です。

質問者ID:FAQ−096
アカデミック
2012/5/15
No.349
1) マニュアルにあります「JAVA 3D」は、JAVAホームページにはもうありませんでした。他のサイトからダウンロードしましたが、そもそも、必要な物でしょうか。

2) マニュアルには、BESTのインストールのプロセスが解説されていますが今回のアカデミック専門版は、インストール自体が不要の物のようで、ZIPファイルの解凍のみで使えるようになっています。(gui.batをダブルクリックして起動)その使い方で、問題ないでしょうか。解凍したフォルダは、どこにおいても(デスクトップでも)よろしいのでしょうか。

3)例えば、「管理者として実行」というような起動の仕方は特に求められていないと思いますが、それでよろしいでしょうか。(やってみてもうまくいきませんでした)
回答者ID:16
2012/5/16
No.349
1)3Dグラフ表示をする際に必要となります。こちらの機能を利用しないのであれば、インストールしなくても問題ありません。

2)お問い合わせの内容にある使い方で問題ございません。また、解凍先は書込み権限がある場所であればどこでも動作します。

3)実行の仕方は2)の通りです。管理者として実行する必要はありません。

質問者ID:FAQ−097
2012/5/7
No.348
お世話になります。
この度は、BESTに用いられている太陽熱集熱器の集熱効率の算定方法についてお尋ねしたく存じます。
1. 情報広場→学術講演論文→2010年空気調和衛生工学会大会論文→(その76)第2項に太陽熱集熱器の集熱効率の算定式・・・(1)がございますが、平板型・強制循環式のソーラーシステムを用いる場合、集熱器の特性値であるb1,b0,及び熱媒の平均温度Tcmについてはどのような考え方をされていますでしょうか?当方では、平板型・自然循環式ならばb0=0.77,b1=5という認識です。

2. なお上記@式では、日の出後、日没前等の日射量や貯水槽下層温度と外気温の差が少ない場合に数値が1を大きく超えたり、マイナスにふれる事があるかと存じますが、その点については何か補正されているのでしょうか?
以上、拙い質問ではございますが、ご教授の程、何卒宜しくお願い致します。
回答者ID:19
2012/5/8
No.348
1.空気調和・衛生工学会の論文の3ページ目図4に記載しております切片がb0、傾きがb1に相当いたします。同図に参考値も記載しておりますが、平板型の場合はb0が0.83[ー]、b1が5.3[W/m2・K]となります。この数値は集熱器固有の値ですのでご使用予定の集熱器の技術資料によってご確認ください。熱媒温度は集熱器の入口温度と集熱面日射量、熱媒流量、周囲温度によって時々刻々変化いたしますのでシミュレーションによって計算した値を用いております。
ちなみに、空気調和・衛生工学会で発表しました論文の計算法は、強制循環型を想定したものです。これは、b0やb1の特性値が流量によって変化するためです。これら特性値につきましてはJISで規格化されておりますので詳細はそちらをご確認ください。

2.当該計算モデルはあくまでも十分な集熱が得られることを前提とした計算方法となっております。よって、ご指摘のような状態とならないような制御(差温サーモの温度差を十分に取る)が行われることを前提としております。

質問者ID:FAQ−098
簡易版1.2.3
2012/4/23
No.347
お世話になっております。
BEST(簡易版)(Ver.1.2.3)操作マニュアル(2011/11/08)を拝見しており質問です。p.24、p.84に“用途区分の詳細については、別紙「プログラム解説書」の「用途区分2.3.4章」を参照してください。”とありますが、簡易版のダウンロードファイルには「プログラム解説書」が見当たりません。何を参照したらよろしいでしょうか。
お教えくださいますよう、よろしくお願いいたします。
回答者ID:10、15
2012/4/23
No.347
プログラム解説書を添付いたします。共用サーバー(Bizストレージ:http://www.the-best-program.sharestage.com/UA001)へもアップ致しますのでご活用下さい。
ご指摘ありがとうございました。

質問者ID:FAQ−099
2012/4/12
No.346
(1) 外気の取り入れ量 と 排出量について
BEST上では、外気の取り入れ量と排出量のバランスは特に問わないのでしょうか?

(2) 外気の取り入れ
BESTでは、「隙間風・ゾーン空調条件(外気取り入れ量)・外気導入スケジュール」の3つが、取り入れ量のパラメータとなっていますが、ロスナイのような温度や湿度を調整して外気を導入する設定は出来ないのでしょうか?
回答者ID:07
2012/4/13
No.346
(1) BESTプログラムの建築計算では、外気の取入れや室内空気の排出によるバランスは管理しておりません。
外気取入れやすきま風で設定した風量については、ゾーン間換気などで指定しない限り、対象ゾーンに入ってきた空気と同量の室内空気が外に排出されていると考えてください。

(2) 『ゾーン空調条件』ウィンドウの『外気取入量』に、あらかじめロスナイなどに代表される全熱交換型換気扇や全熱交換機などの処理効率に応じて減じた量を入力する(=全熱交換機効率が40%であれば、外気取入量を40%減じる)ことにより、簡易的に目的を達することが出来ると思います。
ただし、この場合には外気取入量や処理効率、スケジュールなどは変動させることができませんので、ご注意ください。本来BESTプログラムにおいて全熱交換機の効果を考慮するためには、本来は設備計算まで行う必要があります。

質問者ID:FAQ−049
2012/3/28
No.345
平成24年度から、アカデミック版から一般版へ変更を希望します。費用はどのようになりますでしょうか?

それからプログラムを使用していて気づいたことですが、

1.「外壁」や「CMH」など誤解し易かったり、一部の人にしか通じないような言葉は改訂してほしいです。

2.「結果出力」で「結果保存」する場合に、以前のデータがファイルやデスクトップに保存されずに縮小化している場合には、「結果保存」すると、「以下のファイルが既に存在します。・・・
上書きしてよろしいですか?」と表示されて、「はい」としても上書きされません。

以上、ご検討下さい。
回答者ID:10、16、20
2012/3/28
No.345
アカデミック版から一般版に切り替える場合は、平成24年度分は下記の費用が必要となります。
平成25年度からはサポート費のみになります。

初 期 費 用 \105,000 ※アカデミック版と一般版の差額分(※平成24年度からはアカデミック版は無償です。)
サポート費  \105,000
            合計 \210,000 となります。


1.ご指摘ありがとうございました。今後の改訂に参考にさせていただきます。

2.具体的にどのような動作を行われたのか、再現手順をお教えいただけますでしょうか。

質問者ID:FAQ−098
簡易版1.2.3
2012/3/27
No.344
お世話になっております。
先ほどは、デフォルメしたセンターコアの建物のインテリア面積算出の考え方についてご回答いただき、ありがとうございました。

度々の質問で恐縮ですが、今度は、デフォルメしたサイドコアの建物のインテリア面積算出の考え方についてお教えください。

フロア面積:10,287.0m2
デフォルメ後の横幅a:108.0m
デフォルメ後の縦幅a:117.0m
コアの縦幅:17.25m

ラベルに記載の床面積 ゾーン1:515.0m2
ラベルに記載の床面積 ゾーン2,4:486.25m2
ラベルに記載の床面積 ゾーン5:3,093.5m2

お教えくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
回答者ID:10、15
2012/3/27
No.344
まずゾーン5の面積ですが、この条件で入力すると7205.43m2となるかと思いますが、ご確認いただけますでしょうか。

サイドコアについてもセンターコアと同様です。
デフォルメ後の床面積よりも、基本情報タブで入力した延べ床面積が小さい場合には、延床面積に面積を合わせるようにプログラム内で補正を行います。

この場合、デフォルメ後の床面積から、増えた分の床面積を除去する必要がありますが、ペリメータゾーンを除く床面積(インテリア面積とコア面積(外周から5mの範囲を除く))から、同じ割合で床面積を除去することになります。

具体的には、延床面積とデフォルメ後の床面積の差は2349m2ですので、この差をデフォルメ後のインテリア及びコア面積(外周から5mの範囲を除く)から除去する必要があります。

デフォルメ後のコアの面積は、1863m2(17.25×108)ですが、外周から5mの範囲の面積は除くため、1200.5m2((108-5*2)×(17.25-5))

デフォルメ後のインテリアの床面積は、9285.5m2((108-5*2)×(117-17.25-5))
となっていますので、

インテリア面積から除去される面積は、
9285.5 /(1200.5 + 9285.5)×2349m2=2080.072‥m2

よって、インテリアの床面積は、
9285.5 - 2080.1716‥=7205.428‥

となります。

質問者ID:FAQ−098
簡易版1.2.3
2012/3/26
No.343
お世話になっております。
BEST簡易版でセンターコアで基準階のみの建物を計算し、熱負荷の時刻変動を把握するためファイル「bestBuilU.csv」を見ており、一行目のラベルに記載の床面積について質問です。

「フロアー0ゾーン1‥」の後に続く面積について、1〜4(ペリメータ)の面積は手計算で求めた値と合うのですが、5(インテリア)の面積が手計算で求めた値と合いません。フロア形状をデフォルメしているためか?と考えておりますが、ラベルに記載のインテリアの床面積はどのような考え方で求められておりますでしょうか?

フロア面積:1,251.1m2
デフォルメ後の横幅a:84.1m
デフォルメ後の縦幅a:21.0m
コアの横幅:26.1m
コアの縦幅:5.4m

ラベルに記載の床面積 ゾーン1,3:399.5m2
ラベルに記載の床面積 ゾーン2,4:80.0m2
ラベルに記載の床面積 ゾーン5:248.2093191019507m2

お教えくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
回答者ID:10、15
2012/3/26
No.343
デフォルメ後の床面積よりも、基本情報タブで入力した延べ床面積が小さい場合には、延床面積に面積を合わせるようにプログラム内で補正を行っています。

この場合、デフォルメ後の床面積から、増えた分の床面積を除去する必要がありますが、ペリメータゾーンを除く床面積(インテリア面積とコア面積)から、同じ割合で床面積を除去することになります。

具体的には、延床面積とデフォルメ後の床面積の差は515uですので、この差をデフォルメ後のインテリア及びコア面積から除去する必要があります。

デフォルメ後のコアの面積は、140.94m2(26.1×5.4)、
デフォルメ後のインテリアの床面積は、674.16m2((84.1-5*2)×(21.0-5*2)-140.94m2)
となっていますので、

インテリア面積から除去される面積は、
674.16 /(140.94 + 674.16)×515m2=425.9506‥m2

よって、インテリアの床面積は、
674.16 - 425.9506‥=248.2093‥

となります。
補足ですが、ゾーン1,3は、395.5m2のようです。

質問者ID:FAQ−069
2012/3/16
No.342
BESTを使って、冬の(アメダス上の)晴れの日、南面のリビングが27度くらいまで室温が上がることが分かりました。そのまま排熱するのはもったいないので、天井内にパスダクトを設け、北面の洋室にパイプファインを設け、リビングの空気を引っ張ることで、洋室の室温を押し上げ、暖房負荷の軽減をシミュレーションしたいと考えています。

LDKと洋室は廊下を介して、物理的には室として独立したものです。
シミュレーション上の、「ゾーン間換気」の入力項目を使って、パイプファンの能力分、空気が移動していると想定して計算することは問題あるでしょうか?
回答者ID:07
2012/3/16
No.342
BESTプログラムの利用者が扱う問題それぞれに対して、適不適の判断はしておりません。質問文で説明を尽くされても、利用者が想定する条件を回答者が全て勘案するすることは難しいためです。マニュアルや例題集の内容を参考にしてご利用くださいますようお願いいたします。

質問者ID:FAQ−098
簡易版1.2.3
2012/3/15
No.341
★2012/3/12お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
> 室負荷の単位W/m2で使用しているm2は、ゾーン別の床面積を示しています。

とのことですが、室負荷の出力値[W/m2]は、建物の延床面積で除した値ではなく、当該ゾーン床面積(一行目のラベルに記載の床面積)で除した値との理解であっていますでしょうか?
度々申し訳ございませんが、お教えくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
回答者ID:15
2012/3/15
No.341
その通りです。室負荷の出力値[W/m2]は、建物の延床面積で除した値ではなく、当該ゾーン床面積で除した値です。

質問者ID:FAQ−069
2012/3/14
No.340
HPにある 「例題1 現場事務所の年間エネルギー計算」について
PT-2.4-2 年間スケジュールの季節係数年間負荷計算の際、12/31 1.0 とするとしています。
(1)暖房負荷の結果がかなり有利な結果となると思うのですが、どのような意図で1.0としているのでしょうか。

(2)照明、コンセントの負荷と、装置負荷の関係性について
照明とコンセントの発熱量を入力しますが、それぞれの発熱量が、仮に10w/uの場合、単純に、暖房の装置負荷 (-10)+(-10)w/u の負担が軽減されている計算になっているのでしょうか?

(3)照明、コンセントの発熱量について
照明器具や、コンセントの発熱量を出来るだけ、実生活に近づけて入力したいのですが、冷蔵庫やテレビの消費電力量を合計して、室面積で除した数値を発熱量としていいのでしょうか?
回答者ID:07
2012/3/14
No.340
(1) BESTホームページの「例題1 現場事務所の年間エネルギー計算」をご覧になっていらっしゃるのであれば、Page T-2.4-6の「■季節係数」に説明が有りますので、そちらをご参照ください。

なお、BESTホームページの「プログラムの活用」の「ユーザーの声」にある「生のお問い合わせと回答」(http://www.ibec.or.jp/best/program/voice.html)のQuestion No.21に対する回答にて同じ内容の解説がされていますので、そちら
をご参照くださっても結構です。(『季節係数』というキーワードで検索すると見つけやすいと思います。)

(2) その通りです。照明器具やコンセントにつないだ電気製品からの発熱により、暖房負荷が軽減されるということです。

(3) 「照明」、「機器」、「人体」それぞれの発熱量は、床面積に比例する分と、床面積に依らない分を別々に入力できるようになっていますので、かならずしも室面積で除する必要はありません。入力欄の説明を良くお読みになってご利用ください。

質問者ID:FAQ−069
2012/3/13
No.339
・上下方向に区分けした、上下温度分布を含む計算について
BEST-P 建築操作マニュアル P8 (7)多数室相互の熱的影響を考慮 に、今後対応する予定とありますが、いつ頃を予定されているのでしょうか?
回答者ID:07
2012/3/14
No.339
垂直温度分布が有る空間を上下に区切った場合の相互の熱的影響を考慮した多数室計算が出来るようになる時期については、現在のところ明確なお答えは出来ません。

質問者ID:FAQ−098
簡易版1.2.3
2012/3/9
No.338
・ゾーン名に続けて床面積の記載があります。室負荷の単位はW/m2ですが、これに使用した床面積は建物の延床面積でしょうか、ゾーンの床面積でしょうか。
回答者ID:10
2012/3/12
No.338
室負荷の単位W/m2で使用しているm2は、ゾーン別の床面積を示しています。

質問者ID:FAQ−069
2012/3/10
No.337
添付ファイルのような断面 平面形状の執務空間の場合。
1階の人がいる2m以下くらいの範囲の暖冷房負荷を求めることは可能でしょうか?
廊下ゾーンと執務ゾーンの設定の方法は、BESTの例題 2ゾーンオフィスの例題で予想出来ます。
(1)上階の吹き抜けを、ゾーンとして設定する方法が1つ予想できます。
その際、吹き抜けゾーンと執務ゾーンの、「ゾーン間換気 境界1mあたりの風量」 は、どのくらいの量が妥当か、何か参考になる数字はあるのでしょうか?
(2)または、高い天井の場合、居住空間だけ暖冷房負荷を計算出来る、簡便な方法がありましたら、教えて頂けないでしょうか?

よろしくお願いします。
回答者ID:07
2012/3/13
No.337
(1) 室の内部を垂直方向に分割してゾーンとする方法はBESTでは対応しておりません。水平方向の境界面の上下にある各ゾーンでの発熱(加熱)や冷却の状態により、両ゾーン間の換気量は大きく変化し、一様な換気量を適用するのでは不十分と考えられるためです。参考値についても用意しておりません。

(2) ご要望に対する方策は、居住空間に影響を及ぼす負荷要因のみを抽出して計算することだと思いますが、BESTでは対応しておりません。

質問者ID:FAQ−098
簡易版1.2.3
2012/3/9
No.336
BEST簡易版を使用してダブルコアで基準階のみの事務所ビルを計算し、熱負荷の時刻変動を把握するためファイル「bestBuilU.csv」を見ています。
・フロアゾーンが「フロアー0ゾーン1」,「フロアー0ゾーン3」,「フロアー0ゾーン5」の3つに分けられていますが、どのような考え方でゾーンを分けて名前が振られているのでしょうか。
・また、上記の3ゾーンについてそれぞれ「-PAL」と「RPAL」とありますが、どういった意味でしょうか。
・建物全体の熱負荷を知るには、どの値を参照(集計)すればよいでしょうか。
・室負荷は外気負荷を含むものでしょうか。
回答者ID:10、15
2012/3/10
No.336
・フロアゾーンの名称の「フロアー0ゾーン1?5」の最後の数字は、方位を表しています。
 具体的には、「建物形状と方位 ‥」の画面の  PALの4方位(青:1、黄:2、赤:3、茶:4)と、インテリア(クリーム色:5)です。
 ダブルコアの奥行きが5m以上であるため、2と4が非空調域となり、出力されなかったと思われます。
 ※「建物部材 ‥」の画面で「方位別に入力する」にチェックを入れると、以下の画面に方位ごとの番号が書かれています。デフォルトでは青の1が南です。

・Rはフロアの最上階を意味し、何もついていないものは基準階(中間階)を表しています。
 ※基本情報でオプション入力を行った場合には、Rは建物全体の最上階ではなく同じ形状のフロアの最上階です。Pは、階下がピロティである階を表します。

・建物全体の熱負荷を知るには、全フロアの室負荷T若しくは装置負荷[W/m2]の結果を合計する必要があります。Sは顕熱、L は潜熱、T は全熱を表します。

・BEST建築操作マニュアルの「2.8.1.各時間ステップの結果出力ファイル」→「各ゾーンの計算結果」→「・出力項目」(P.72)に少し説明が載っていますが「室負荷」は、窓や壁(床、天井を含む)、人体、照明、機器、隙間風等に起因する熱負荷の合計で、「装置負荷」は、その室負荷に取入れ外気負荷を加えたものです。

質問者ID:FAQ−069
2012/3/7
No.335
・室内表面結露(内部結露)の計算について
BESTでは、表面結露(内部結露)の計算は出来るのでしょうか?または、計算結果より予測することは出来ますでしょうか?
OTを算出しているので、室内側の表面温度を予測することが出来そうではありますが。
回答者ID:07
2012/3/9
No.335
BESTでは、プログラム内部で壁体等の表面温度を算出していますが、外部に出力をしておりませんので、結露判定に利用することはできません。

BESTで計算するために作成しているモデルは、パーツごとに面積、体積などの物量に関する数値や、伝熱に関する物性値は持っていますが、位置や形状を考慮しておりません。同じ条件のもとにある同じ材料でできたパーツは、温湿度的に均一な状態にあるとみなしています。
一方、実際の建築物における壁体等では、中央部分は温湿度的に均一に近い状態であっても、隅角部や別の部位との接続個所では温湿度が異なっていることが多く、結露もそのようなところで発生しやすいことはご理解いただけると思います。したがいまして、このような理由からも、BESTが結露判定するために必ずしも適切な手段であるとは言えませんので、他の方法をご検討くださいますようお願いいたします。

質問者ID:FAQ−100
2012/3/5
No.334
1. BESTの中で最大熱負荷計算の結果、装置負荷は室負荷+外気負荷の値です。その外気負荷は全熱交換器を考慮して、計算した結果ですか、その効率は何%ですか?

2. 茶本により、手計算した結果とBESTにより計算した結果を比較した。冷房負荷はほぼ同じですが、暖房負荷が大分違いです。BESTで計算した結果は約手計算の2倍です。(気象データ:山形) 私今はBESTによる省エネルギー効果に関する研究をやっています、そのBESTの信頼性を伝えたい時、この暖房負荷の差をどうやって説明すればいいですか。
回答者ID:07
2012/3/6
No.334
1. BESTの建築計算における外気負荷の算出には、全熱交換器による省エネ計算はしておりませんし、考慮するために熱交換効率を入力する箇所も有りません。正式には設備計算のほうで設定する内容であるのですが、「熱交換効率」を「外気取入れ量の削減」に置き換える(例えば、「熱交換効率」が40%であるならば、外気取入れ量を(100−40=)60%にして入力する、など)ことにより、建築計算で簡易的に全熱交換器の効果を考慮した計算を行うこともできます。

2. BESTと、茶本などをはじめとする手計算とでは計算手法が異なりますので、負荷の値が大きく異なることが有ってもおかしくは無いと思います。
暖房負荷の値が大きく異なる原因として一番可能性の大きいものは、BESTをはじめとする非定常熱負荷計算では、夜間の放熱によって冷えた建物や室内を暖めなければならない分を考慮しているのに対し、手計算ではたいがいそれを考慮していないことによる違いです。BESTなど非定常熱負荷計算では、朝の空調起動時に大きな暖房負荷が発生することが多いのですが、手計算では、それほど大きな負荷は発生していないのではないかと思われます。
BESTと手計算との計算結果の比較については、これまでも同じ内容の質問が寄せれられており、すでにホームページに回答が掲載されていますので、そちらもご参照ください。

http://www.ibec.or.jp/best/program/voice.html
(質問番号No.184,193,196とそれぞれへの回答をご覧ください)

質問者ID:FAQ−069
2012/2/28
No.333
(1)年間暖冷房負荷について
設定温度到達時は、シミュレーション上はエアコンは動いているのでしょうか?

言い換えると、シミュレーション上、エアコンをOFF(暖冷房負荷0=電気代0)としているのか?
もしくは、定常状態の運転モード(室温を維持する最低限の負荷)とし、小さいながらも負荷がかかっている状態なのでしょうか?


(2)暖房の熱源について
非連成計算の予冷熱時間の計算は、ヒートポンプ式エアコン(具体的には壁掛け?)が基準になっていると思われます。
温水や電気式の床暖房や、空気式の床下チャンバー空調などの場合は、連成計算にすれば、計算出来るのでしょうか?

(3)壁面日影について
隣棟の影響で、対象の窓が影になる時間帯(春分 夏至 秋分 冬至の日)が壁面日影で、明らかになっている場合。
その条件をBESTに反映させたいのですが、スケジュール調整が出来るブラインドで、開口率を0にする以外に手段はあるでしょうか?
回答者ID:02、07
2012/2/29
No.333
(1) 各計算時間ステップの結果出力ファイル"bestBuilU.csv"の内容をご覧ください。ゾーンごとに室負荷の数値が出ていると思いますが、その数値が0以外であれば、ゾーンの温湿度を設定値に維持するための負荷が発生している、つまり空調機器を稼働させる必要があることになります。

その負荷が「ゾーン空調条件」(BEST-P建築操作マニュアル「2.5.11.ゾーン空調条件」参照)で設定した冷暖房容量以下であれば、仮想の空調機器で負荷を処理し切ってゾーンの温湿度を設定値に保持することが出来ますが、冷暖房容量を超えてしまうと負荷を処理し切れませんので、ゾーンの温湿度を設定値に保持することが出来ず、負荷の余剰分だけ温湿度が変化してしまう結果になります。

(2) 床暖房などは、部屋の空気を部分的に温めたり、放射熱を利用することにより快適感を得ようとするものであるので、部屋(ゾーン)内の空気全体を空調して、それを評価するBESTでは扱うことができません。連成計算を行っても、前述の通り室内の温熱状態の評価手法が異なりますので、対応は出来ません。

なお、質問文中の「非連成計算の予冷熱時間の計算は、ヒートポンプ式エアコン(具体的には壁掛け?)が基準になっていると思われます。」の部分についてですが、予冷熱時間を含めて非連成計算で求めているのは処理すべき熱負荷の値ですので、局所冷暖房方式ではなく全体空調方式であれば、その処理方法は特に想定しておりません。(ファンコイルでも良いのです。)

(3) BESTで「隣棟により窓が影になる割合が時間によって変化する」という条件に応じた計算をするためには、「外部日除け」(BEST-P建築操作マニュアル「2.3.4.外部日除け」参照)の入力項目の「隣棟間隔D1」、「隣棟高さD2」を利用してください。ただし、この場合の「隣棟」は左右に無限の長さをもっている前提になり、「隣棟」がある程度の幅で途切れている場合を考慮できませんので、その点に関して制限が有ることをご承知おきください。

ご質問中の、ブラインドをスケジュールで開閉させて代用する方法についてですが、BESTで用意しているブラインド(明色、中間色、暗色)はいずれもある程度の日射透過率をもっていますし、ブラインドを閉めることにより熱貫流率も変化しますので、ブラインドを全閉状態にしても、それはブラインドを閉めていない窓が全面日影になったのとは状態が異なります。また、時々刻々と動いて行く太陽による日影の出来方をスケジュールで再現することも非常に手間がかると思いますので、お勧めできません。

質問者ID:FAQ−069
2012/2/22
No.332
・年間負荷計算をした場合のシミュレーション結果について

(1)「コンセント電力」が表示されるのですが、これはどのような根拠で計算されているのでしょうか?
「照明」は、m2あたりのW数を入力し、スケジュールも組んでいるので、積算されていると想像出来ます。
(2)OT(作用温度)
これは、乾球温度と放射(輻射)温度を見込んだものと考えて良いのでしょうか?
例えば、太陽熱で温められた床や壁から発生する放射も、計算に反映されているのでしょうか?
冬であれば、空調時の室温より、OTの方がやや低くなっています。どのようにOTを体感温度と捉えても、差支えの無い範囲でしょうか?
(3)室温
空調時と、非空調時が、月別で表示されているのですが、各月の平均値と考えれば良いのでしょうか?

・最大負荷計算の結果について
(4)OTについて
例えば、冬 室温20度 OT16.34度 との結果がでています。
ピーク時(空調の立上り時)は、OT(体感温度)は低いと見れば良いのでしょうか?

添付ファイルも併せて、参照頂けたらと思います。よろしくお願いします。
回答者ID:02、07
2012/2/24
No.332
(1) 計算結果の出力ファイルにおける「コンセント電力」は、プログラムの「機器」で入力した内容が反映されています。
参考までに、熱負荷計算において、「コンセント(負荷・発熱)」、「機器(負荷・発熱)」、「OA(負荷・発熱)」はしばしば同義で扱われます。(ここでのOAは、事務機器類を指す方(Office Automation)で、室外空気を指す方(Outdoor Air)ではありません。)

(2) その通りです。BESTにおける建築計算では、対流伝熱と放射伝熱を近似的に分離した計算を行って室内の表面温度を求め、それを利用してOT(作用温度)を算出しています。(表面温度を計算結果として出力することはできません)またBESTでは、窓を透過した日射は、壁ではなく床面および家具面に吸収されるものとして計算しています。(「BEST-P 建築操作マニュアル(2011年9月版)」の「2.5.2. 内壁」,「3.4. 窓の計算方法」参照)
OT(作用温度)については、気流による人体の冷却効果や湿度の影響、人体側要因である着衣や活動量の影響を考慮できないという限界がある点にご注意下さい。空気温度と放射熱を総合した温熱環境評価をしたい場合に、体感温度として利用することができます。より正確に温熱感を評価したい場合にはPMVの出力結果をご利用下さい。
なお、OT(作用温度)やPMVの意味や算出方法などについては、別途、建築環境関連の参考書にてお調べください。

(3) 月別の結果ファイルに出力される「室温」は月ごとの平均と年平均(最終行の13月が年平均)の値になります。(「BEST-P 建築操作マニュアル(2011年9月版)」の「2.8.3.月別・年間値の結果出力ファイル B全ゾーン、各ゾーンの計算結果」参照)

(4) 質問に例示されている結果についていえば、ご指摘の通り「『暖房負荷の』ピーク時(空調の立上り時)は、OT(体感温度)は『室温よりも』低い」(『』内は回答者付記)ことになっています。温風暖房は空気に熱を与える暖房法であるため、一般居室では周囲面温度は空気温度より低くなり、その結果OTが低くなります。暖房負荷が大きいほど室温とOTの差は大きくなる傾向があります。
空調運転スケジュールや気象条件によっては、必ずしも「ピークが空調の立上り時になる」ことや「ピーク時にOTが室温よりも低くなる」ことが成り立つわけではないので、ご注意ください。
また、質問文中で"OT"を「体感温度」とされていますが、これは(2)の回答と同じ理由により、必ずしも正しいとは言えないのでご注意ください。


質問者ID:FAQ−020
2012/2/22
No.331
※現在、BEST専門版にてPAC方式のビルについて連成計算を行っております。
【質問-1】
 ・空調運転時間8:00-22:00
 ・上記運転時間のうち、ある時間帯だけ空調停止としたい(例えば、50分運転、10分停止、50分運転、10分停止を繰り返す)
上記のような設定は可能でしょうか?

※時刻変動スケジュールの空調スケジュール、解法設定用空調では、非空調、空調を小刻みに設定可能のようですが、PACの室内機および室外機のtmビル用マルチ制御モジュール内には、運転開始-終了時刻の設定しかありません。ということで、年間負荷計算までは、いわゆる間欠空調の計算が可能であるが、連成計算では対応不可ということでしょうか?それとも何か方法があるのでしょうか?

【質問-2】
上記質問と同じことかもしれませんが、PACの制御モジュールには、冷房と暖房の設定温度のみ入力しかありません。ということは、連成計算では中間期の設定温度を設定することはできないのでしょうか?
例えば、
冷房26℃(6/1-9/31)
暖房22℃(12/1-3/31)
中間期冷房24℃(4/1-5/31、10/1-11/31)場合、中間期の扱いは、冷房か暖房のどちらかの期間に割り振るということでしょうか?

※非連成計算 空調運転モードでは、中間期の設定温度が設定できるようですが、連成計算には反映されないということでしょうか・・
回答者ID:03、06
2012/2/27
No.331
質問1
 新しいビル用マルチのテンプレート内の空調制御モジュールでは、1日の運転スケジュールの分割が可能です。
 添付ファイルの例2を参照してください。分割数に制限はありません。

質問2
 現時点では未対応です。冷房、暖房、中間期の3モードについては対応モジュールを開発中です。
 新しいビル用マルチの室内機テンプレート内のPID制御モジュールは、3モード用に開発したものを先行して投入しています。
 同じテンプレート内の空調制御モジュールとPID制御モジュールを組合わせて、中間期の冷房条件 といったものも検討できるようになる予定です。

質問者ID:FAQ−065
2012/2/15
No.330
1. BESTの結果出力→結果集計コマンドを使用した集計方法について
結果集計から集計すると、集計単位が年や月だと出力ファイルが空となってしまいます。
集計単位が時ですと集計されますが、計算範囲の最初の1日しか集計されておらず、年間の集計ができません。
集計の方法が間違っているのでしょうか。
(選択したものは、「tmPLE 衛生器具仕様(雑用水分離)20090101_WaterLoadModule入口質量流量 #g/s#質量流量」と「tmPLE 衛生器具仕様(雑用水分離)20090101_WaterLoadModule入口2質量流量#g/s#質量流量」の2項目です。)

2. 「best_result.csv」から集計する方法について
計算時間間隔は60分です。
「best_result.csv」から2005/12/31 24時〜2006/12/31 23時の範囲を集計すると、
「tmPLE 衛生器具仕様(雑用水分離)20090101_WaterLoadModule入口質量流量 #g/s#質量流量」が5576910です。
「tmPLE 衛生器具仕様(雑用水分離)20090101_WaterLoadModule入口2質量流量#g/s#質量流量」も5576910です。
ですので、合計して11,153,820g/sなので、下記で教えて頂いた計算から、下記で宜しいでしょうか。
11,153,820 [g/sec]×60[sec/min]×60[min/h]=40,153.8[m3/年]

念のため、現在のBESTデータを宅ファイルで送付させて頂きました。
お手数ですが、集計方法を教えて下さい。
回答者ID:03、06
2012/2/16
No.330
1. オプション計算の計算順序で「空調記録」の後にモジュールが計算されており、記録のタイミングがずれ見出しが出力されていないものがあります。 このため、集計結果に不具合が発生していました。 オプション計算順序の「空調記録」は計算順序の最後に配置してください。
 *処理を瞬時値で行っていますが、瞬時値で処理した日、月、年の値は、それらの開始時の0時0分の瞬間の値を表示しているだけです。ご注意ください。
  
2.  集計方法は正しいですが、接続ミスがあります。
  ・衛生器具仕様モジュールの、上水系 watInCW は給水ポンプユニットのwatOutCWに接続してください。(?添付ファイルは修正済)
  ・雑用排水と汚水排水が 汚水排水槽ユニット へ 
   衛生器具使用モジュールから、汚水排水と雑用水排水がダイレクトに接続されています。
   配管集合モジュールを使用して、汚水と排水を合流したものを排水槽へ接続するようにしてください。

質問者ID:FAQ−020
2012/2/15
No.329
お世話になります。
BEST専門版にてPAC+ロスナイのビルの1フロアの連成計算を行っています。
3ゾーンに分け、1ゾーンに室外機1台-室内機6台といった構成です。
機器の容量としては、BEST最大負荷計算の値を満足している機器を入力しています。
空調スケジュールは、8時空調開始、22時空調停止。(始業時刻は8:30ですが、早めに来た人が空調するということで8時開始の設定としています。予冷熱30分という設定では入力していません。予冷熱を設定すると年間を通して暖房負荷が発生しない結果となったため)

[質問-1]
アドバイスいただきたいのは、以下に添付した夏期(8/1)の室温変動グラフですが、設定温度の26度に到達するのが、13:00以降となり、18:00以降には設定温度以下で推移する結果となっています。何を修正すれば、空調時間中は設定温度の26度辺りで推移できるように修正できるのでしょうか?
※実案件対応につき時間がありません。お忙しいところ大変申し訳ありませんが早急にご回答いただければ幸いです。

(See attached file: 001.png) ←温度推移グラフ
(See attached file: 標準モデル(連成計算)2012.2.14.zip)

尚、計算地域は千葉で、気象データはアメダスDVDを使用。
よって計算時間間隔は60分としています。

[質問-2]
コンセント、照明の消費電力量を試算するには、上記に添付したデータの入力だけでは出力されないのでしょうか、bestBuil.csvに照明電力、コンセント電
力の項目がありますが、これを消費電力量と置き換えても良いでしょうか?
NGであるならば、BESTでの試算方法は?
以上、宜しくお願い致します。
回答者ID:03、06
2/196
No.329
質問-1
 →システムとの連成計算の場合、計算時間間隔は5分以下を推奨しています。
  空調システム計算はPID制御(フィードバック制御)としています。
  このため、60分間隔では十分な制御性が達成できません。
  拡張アメダス気象データでもBESTは計算時間間隔5分以下の計算が可能となっています。

質問-2
 →室内機テンプレート内の「tmゾーン システムAir接続用20080909(ゾーン1:運輸部)」
 の記録を有効とするとこのモジュールから出力されます。

質問者ID:FAQ−020
2012/2/14
No.328
BEST専門版の窓入力について質問いたします。

1. ガラスの仕様を入力すると、その右横に熱貫流率、日射熱取得率、日射透過率、可視光透過率の数値が表示されますが、これは、窓単体の性能値と考えて宜しいでしょうか?(ブラインド等は考慮していない値ということでしょうか?)

2. ブラインドの効果については、標準Bを選択すれば、マニュアルにあるとおり、
・平日の9〜18時の時間帯においては、ガラスを透過した直達日射量が
 10W/uを超える場合⇒100%開
・10W/uを超えない場合⇒20%閉
・その他の時間⇒70%
が自動的に反映されるということでしょうか?
また、上記条件を変更する場合は、ブラインドスケジュールで設定すれば良いということでしょうか?

回答者ID:07
2012/2/14
No.328
1. 窓の入力画面のガラス選択欄横に表示されている「熱貫流率」、「日射熱取得率」、「日射透過率」、「可視光透過率」の数値は、同じ画面の上方でブラインドの色を「明色」、「中間色」、「暗色」のいずれかを選択している場合には、ガラス単体ではなく、ブラインドも含んだ数値になります。
実際に、ブラインドの色の選択を変えてみると、各属性値が変化するのでお分かり頂けると思います。

2. その通りです。

質問者ID:FAQ−069
2012/2/14
No.327
・内壁や天井、床の組成について
内壁、天井や床の組成は、シミュレーションする居室から見て、仕上げから隣の居室の仕上げまで入力しています。
組成の入力は壁芯やスラブ芯までの入力ので良いのでしょうか?

隣室タイプ4を選択した場合、
壁や天井を介した隣室の居室(隣接ゾーン名、隣接ゾーン側壁名)を選択することになり、シミュレーション室側と隣接ゾーンの組成がダブることになるのではないかと思いまして。

よろしくお願いします。
回答者ID:07
2012/2/14
No.327
間仕切壁をはじめ床や天井も同様ですが、マニュアルや例題に説明のある通り、当該の部屋側の表面仕上材から順に隣接する部屋の表面仕上材まで、全て入力してください。

BESTでは、隣接する部屋(隣室)との間の伝熱を計算する際には、隣室の室温度は参照しますが、隣室側で設定した壁体の材料構成までは参照していませんので、当たり前のことですが、2つの部屋の間の壁体の構成は同じ内容にしてください。ただし、壁体の内部で熱の伝わる方向は考慮されていますので、「壁体構造」の入力画面の「部材構成」欄に入力する順番は、双方の部屋で逆(=各部屋で、自室側から他室側に向かう順番)になることにご注意ください。

質問者ID:FAQ−049
2012/2/14
No.326
建築・外壁条件の中の日射吸収率についてお訊ねします。
ガラス張りカーテンウオールの日射吸収率をマニュアルにしたがって計算しますと、2.1 になりました。
これで求めた年間熱負荷と日射吸収率0.2とした場合とを比較しますと、出力結果の年間熱負荷量は全く変わりませんでした。月別数値も下二桁まで全く同じでした。
日射吸収率が計算に反映されていないように思われますが、これはどういう理由によるものでしょうか。ご回答の程、よろしくお願い致します。
ただし、外壁の仕様は以下の通りです。

1. 材料番号24(石膏ボード) 厚さ12
2. 材料番号63(非密閉中空層) 厚さ220
3. 材料番号58(吹付け硬質ウレタン) 厚さ20
4. 材料番号24(石膏ボード) 厚さ20
5. 材料番号62(密閉空気層) 厚さ50
6. 材料番号27(ガラス・熱反グレー) 厚さ12
回答者ID:07
2012/2/14
No.326
ご提示の情報では、計算対象の設定詳細(建物の規模、壁の方位、カーテンウォールの窓部分やスパンドレル部分の面積比など)や、建物のどの部分について日射吸収率の数値を変えて結果を評価しているのかが不明です。
また、年間や月別の数値で比較すると、時間単位では生じている差が相殺されてしまっている可能性もあります。

大きなモデルでの長期間の計算結果から原因を探し出すのは大変困難です。原因となりうる条件を絞り込むために、おつくりになったモデルのうちの一部分(たとえば、一部屋や、大部屋の1スパン分)について、短期間の計算(最大熱負荷計算や、数日から1,2週間の期間の非定常計算)を行って、時間単位での熱負荷値や室温の比較を行ってみてください。


質問者ID:FAQ−100
2012/2/10
No.325
空調システムシュミレーション時、下記のエラーが出てくる。
BEST EXCEPTION LOG >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>2012/02/10@10:55:14
#java.lang.NullPointerException
@jp.or.ibec.best.domain.sample.air.ZoneAirforSystemModule20080909.outputs(ZoneAirforSystemModule20080909.java:411)
@jp.or.ibec.best.essentials.refference.GenericDomainController.trace(GenericDomainController.java:44)
@jp.or.ibec.best.essentials.refference.GenericDomainController.execute(GenericDomainController.java:25)
@jp.or.ibec.best.dk.test.control.GenericDomainEngine.iterate(GenericDomainEngine.java:94)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.relatedBuilding(BestEngineThread.java:227)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.run(BestEngineThread.java:89)
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< BEST EXCEPTION LOG
回答者ID:06、15
2012/2/10
No.325
”tmゾーン システムAir接続用”モジュールのZoneNameを正しく接続していただければエラーが無くなると思われます。

質問者ID:FAQ−065
2012/2/9
No.324
★2012/2/6お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
ご回答頂き、ありがとうございます。
教えて頂いた下記の項目を集計したいと思います。単位について確認させて下さい。

下記の2項目は、g/sと項目名に入っているので、結果をcsv出力し、「2005/12/31 24時〜2006/12/31 23時」の上記2項目を合計した場合、単位はg/年でよろしいでしょうか。
集計してみると、値が「11,153」ですので、水量が少ないかと思います。

g/sですので、年変換するために、11,153×60×60×24×365=31,536,000を乗じて、351,721,008,000g/年 = 351,721,008kg/年 = 351,721,008L/年 = 351,7821m3/年
という変換が必要でしょうか。
回答者ID:10
2012/2/10
No.324
「計算時間間隔が1時間で、年集計値が11,153gであれば、 
11,153[g/sec]×60[sec/min]×60[min/h]=40.1508[m3/年]
計算時間間隔が5分で、 年集計値が11,153gであれば、
11,153[g/sec]×60[sec/min]×5[min/5min]=3.3459[m3/年] 
となります。」

質問者ID:FAQ−069
2012/2/9
No.323
BEST-P 建築操作マニュアル P83 3.4.窓の計算方法 の文中に「窓枠(サッシ)は考慮されていない、今後対応予定である。」とありますが、いつ頃対応予定なのでしょうか。

よろしくお願いします。
回答者ID:07
2012/2/10
No.323
窓の熱性能値に窓枠(サッシ)を考慮できるようになる時期については、現在のところ明確なお答えは出来ません。

現在のBESTプログラムでも、窓枠(サッシ)の伝熱性能を考慮したいのであれば、窓枠の見付け面積分を一種の外壁とみなして、「壁体構造」(「BEST-P 建築操作マニュアル(2011年9月版)」の「2.3.3.壁体構造」参照)に、その構成材料(木枠ならば「木材」、アルミサッシならば「アルミニウム」)を適宜入力してモデルに組み込めば、希望に近い計算ができるのではないかと思います。


質問者ID:FAQ−036
2012/2/8
No.322
今回は、BEST専門版で計算したいシステムがあり、その設備側の組み方で疑問があります。
添付させていただきましたpptファイルに示すシステムを組みたいと考えております。

1つのゾーンについて組めれば、残りの7ゾーンもほぼ同様にすればよいかと思っているのですが、どのようなモジュールやテンプレートを使い接続すれば、効率よくシンプルに計算できるのでしょうか。

概要としては、モデル室(北室・南室)に対して、各ゾーンで制御可能な天井放射パネル+熱源と補助機+熱源を設置し、室内顕熱負荷がその能力を上回る時点で補助機を運転させるというものです。

外部負荷や室内潜熱負荷はゼロとし、人体による顕熱負荷は、照明負荷などに置き換えようと考えております。また、放射パネルというモジュールは無いので、AHUなどの空調機の能力を想定している放射パネル相当の能力に設定しようと思っております。
あくまで、室内顕熱負荷に対して、それを処理する空調設備の単純なエネルギー計算を行いたいのです。
熱源複数台での台数制御は可能とのことですが、熱源+空調機のセットで優先運転するという方法がわかりません。また、モジュールの中で発停制御というものもあるようですが、こちらはどのように使われるのでしょうか。

回答者ID:03、06
2012/2/15
No.322
発停制御モジュールについて
発停制御2mode(BestWaterを観測)20090101を例に説明します。
 ・接続ノードL0_watObs に接続されたBestWaterの状態値を観察します。
 ・状態値は入力画面の観測対象でユーザーが指定した「温度[℃]」か「質量流量[g/s]」です。
 ・設定値の値と正逆動作の指定された動作でon/off信号をL1_swcOutOpeから発信します。

「前半の質問について、BESTによる制御は、実際の計装の仕様・アルゴリズムに近い形でシミュレーションを行います。そのためまず計装設計を行う必要がありますが、その部分についてはサポート対象外と考えます」

質問者ID:FAQ−069
2012/2/7
No.321
(1)ピットと一階居室の関係について
添付ファイルのような位置づけで良いでしょうか?

(2)ピットの天井を設定する場合
「隣接ゾーン名」及び「隣接ゾーン側壁名」は、一階居室の、代表的な部分を選択する事になるのでしょうか?
例えば、「隣接ゾーン名」は、LDK?寝室?「隣接ゾーン側壁名」は、外壁?間仕切?戸境?
回答者ID:07
2012/2/7
No.321
(1)
おつくりになられた計算モデルの構成は、必ずしも間違いとはいえず、現状では計算上の問題は発生しないと思いますが、BESTでは「室」と「ゾーン」について次のように定義しております。

「室」:閉空間あるいは閉空間に近い空間のこと
「ゾーン」:室の内部を水平方向に分割した空間のこと
(「BEST-P 建築操作マニュアル(2011年9月版)」の「2.4.1. 室グループ・室・ゾーンの定義」参照)

基本的に、物理的に壁や床で区切られた部屋は「室」として扱い、その一つの「室」中で発熱や伝熱の状況が異なる区域を「ゾーン」として分割すると考えてください。
一フロア間仕切りの無い事務室空間を、外界の影響を受けやすい窓際部分(ペリメータ)と受けにくい内部(インテリア)に分割してモデル化する際に、事務室全体は「室」とし、インテリアとペリメータをそれぞれ別ゾーンとして設定することが良く行われます。

したがってBEST本来の考え方で今回のモデルを作成すると、以下のような構成になります。

室グループ(住宅)━┳━室(LDK)━━ゾーン(LDK)
          ┣━室(Bed)━━ゾーン(Bed)
          ┣━室(水周り)━━ゾーン(水周り)
          ┗━室(ピット)━━ゾーン(ピット)

部屋の中の温熱状態に差の出にくい小規模な部屋は、1「室」−1「ゾーン」で扱うのが普通です。

なお、建物内で同じ階に属する空間は一つの室の中にまとめなければならないとか、階が異なる場合には室を分けなければならないというルールはありません。

(2)
一つのゾーンに「内壁」は複数作ることが出来ます。
今回の場合、ピットは天井を介して3つの部屋全てと接しているようですので、「内壁」を3つ作成し、隣接ゾーン名はそれぞれ『LDK』、『Bed』、『水周り』とします。隣接ゾーン側壁名については、ピットの天井を、隣接する3部屋から見た場合、いずれも床になると思いますので、3つとも『床』を選択すればよいことになります。

質問者ID:FAQ−020
2012/2/6
No.320
現在、BEST専門版にて最大負荷計算と年間負荷計算を行っています。

基準階フロアを3ゾーンに分けて計算を行っています。
最大負荷計算については、それなりの計算結果が出てくるのですが、そのデータをベースに年間負荷計算データを作成し、計算実行すると暖房負荷が全く発生しません。
何か入力設定がおかしいと思うのですが、どこが問題なのかを特定できません。お忙しいところ申し訳けありませんが、アドバイスいただけないでしょうか?
実案件の計算ということもあり、時間が無く、早急にご回答いただければ幸いです。
最大負荷計算、年間負荷計算のデータをおくりますので、ご確認願います。尚、気象条件は、千葉市で、拡張アメダスのDVDを使用しています。

(See attached file: 標準モデル(最大負荷計算)2012.2.2.zip)   (Seeattached file: 最大熱負荷計算結果.pdf)
(See attached file: 標準モデル(年間負荷計算)2012.2.6.zip)   (Seeattached file: 年間負荷計算結果(月別).pdf)

以上、宜しくお願い致します。
回答者ID:07
2012/2/7
No.320
まず、最大負荷計算に使用する設計用気象データは実在のデータを元に過酷な気象を選んで作られていますので、最大負荷計算での現象が年間負荷計算時に再現しないことは、起こりえる話です。

今回ご質問の事務所ビルのような建物の場合、ほとんどの場合、冬期に暖房負荷が発生するのは外壁近傍の部位(ペリメータ)であり、反対に内部空間(インテリア)では内部発熱しか発生しないために冬でも冷房負荷が発生することも珍しくはありません。
今回お送りいただいた建物モデルにおいては、ペリメータとインテリアが一緒にされて一つのゾーンになっており、面積的にもインテリアゾーンの方が優勢であるようですので、負荷が相殺されて見かけ上暖房負荷が発生していないように見えていると思われます。
BESTでは、簡単な操作で計算結果から室温の時間変動をグラフ化することが出来ますので、室内がどのような状態になっているか確認してみてください。ゾーン内の室温が平均化された結果、おそらく冬期でも暖房を必要とするほど室温が低くなっていないと思われます。

計算モデルにおけるゾーン分けは、負荷の発生状況の違いを考慮して行うべきであり、空調の系統分割もそれに応じて行わないと、各ゾーンで必要とされる空調能力を正確に把握できなくなりますので、ご注意ください。


質問者ID:FAQ−065
2012/2/6
No.319
★2012/2/1お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
ご回答頂き、ありがとうございます。
では、建物使用水量の低減で省エネ効果を算出したいと思います。

念のため、集計項目を確認させて頂けないでしょうか。添付したエクセル内に質問内容は記載させて頂きました。
使用水量を集計する場合の、該当する項目を教えて下さい。また、エクセルには集計結果を行と列を入れ替えて貼りつけてあります。

↓エクセルの質問内容----------------------------------------------------
建物内の使用水量を集計する場合、集計する項目はどちらになるのでしょうか。
1. 排水側を集計すると考え、黄緑色の項目を集計すれば、建物使用水量を集計できるのでしょうか。(例えば、大便器の使用水量を変更した場合の差分を集計でき、省エネ効果の算出ができるのでしょうか)

2. 上記の1.で集計する項目は、オレンジ色の3項目と同じ値なのですが、上記のように、建物使用水量を集計する際には、オレンジ色と黄緑色のいずれか一つを集計すれば宜しいのでしょうか。
------------------------------------------------------------------------
回答者ID:10
2012/2/8
No.319
建物内の使用水量を集計する場合の集計項目についてご回答します。
お問い合わせいただいている結果は、上水(洗面系統)と雑用水(大便器・小便器系統)の2種類がありますので、添付EXCELの青字部分の
「tmPLE 衛生器具仕様(雑用水分離)20090101_WaterLoadModule入口質量流量#g/s#質量流量」・・・上水系統
「tmPLE 衛生器具仕様(雑用水分離)20090101_WaterLoadModule入口2質量流量#g/s#質量流量」・・・雑用水系統
となります。
汚水や雑排水系統は見なくて結構です。

質問者ID:FAQ−100
2012/2/6
No.318
窓ガラスは透明単板ガラス(番号3)をLowーE複層ガラス(番号539)に変わると、年間冷房負荷は逆に増えてしまった。それはなぜですか。具体的な操作手順を教えてください。
回答者ID:07
2012/2/6
No.318
年間冷房負荷は逆に増えた理由は、外壁や窓ガラスの断熱性能が上がることにより、建物内部で発生した熱の放熱性が低下することが主因と思われます。

またBESTでは、窓のブラインドの操作方法をデフォルトの「標準」にしておくと、平日の9〜18時の時間帯においては、ガラスを透過した直達日射量が10W/m2を超える場合、ブラインドは100%閉(=全閉)の状態になるとして計算を行っております(「BEST-P 建築操作マニュアル(2011年9月版)」の「2.5.4. 窓・昼光」をご参照ください)ので、日射による負荷が多くなる時間帯においても、透明単板ガラスの代わりにLow-eガラスを採用することによる冷房負荷の削減効果は、結果として表れにくくなると思います。

質問の最後に記されている『具体的な操作手順を教えてください。』についてですが、何をどうする操作手順をお知りになりたいのかが不明ですので、具体的にお知らせください。

質問者ID:FAQ−069
2012/2/6
No.317
★2012/2/6お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
一点確認させて下さい。

以下のような方法でピットをBESTに組み込む方法を教えて頂けないでしょうか。

> (2)
> 別の設定方法としては、地中温度を固定にして、地下ピットもゾーンとしてBESTのモデルに組み込む方法が有ります。

マニュアルには「ゾーン」は、室の内部を水平方向に分割した空間とあるので、「室」に、【一階居室】【地下ピット】を設定すると言う事でよろしいでしょうか?
その際、断面方向の関係性はどのように、設定すれば良いでしょうか?
回答者ID:07
2012/2/7
No.317
【一階居室】と【地下ピット】とは床スラブで仕切られていると思いますので、

>マニュアルには「ゾーン」は、室の内部を水平方向に分割した空間とあるので、

これには該当いたしません。「室の内部を分割」するのではなく、別々の「室」として扱います。

【地下ピット】については、ありのまま、地下1階で【一階居室】の下にある部屋(ピットですので無人で照明や空調の無い部屋)として【一階居室】と同列にモデル化し、周囲とは接地床と接地壁で固定温度の地中に面し、上は床スラブ
(【地下ピット】から見れば天井スラブ)で【一階居室】と面しているようにすればよいのです。


質問者ID:FAQ−069
2012/2/6
No.316
(1)窓ガラスデータ
「複層ガラス 透明フロート2重 厚さ6mm」を選択すると熱貫流率が、3.53(w/m2k)と、窓条件のウィンドウ右下に表記されます。

等級4を取得する程度の 熱貫流率 4.07 の窓を作りたいのですが、どのようにすれば作れるでしょうか?
マニュアルを読むとwindowDB.xml が該当ファイルと思われるのですが、格納場所がわかりません。また、窓データ入力用のマニュアルがありましたら、頂けないでしょうか。

(2)一階居室の床に隣接している室が、地下の設備ピットの場合
設定方法を教えて頂けないでしょうか。ただし、一階居室は個別空調のため、「建築>ゾーン設定」にて平面方向の各居室リビング寝室水周り)の組み合わせを設定しています。
今のところ、ピット内の室温を12度と仮定して一階床の設定は以下のようにしています。
建築>基本>壁体構造 壁タイプ:地中壁 (床仕上げ+空気層+RCスラブ+スラブ底断熱)
建築>要素>外壁>部位タイプ:床 屋外条件:固定温度 固定温度:12度
上記以外に地下ピットに接する一階床の設定方法の考え方があれば、教えて頂けないでしょうか。

(3)年間負荷計算用の気象データについて
マニュアルでは、「実在年データ BEST1分値」で、説明されていますが、この気象データの地点は「東京」しかありません。他の地点を選択したい場合は、「標準年データ 拡張アメダス60分値」を選択すればよいでしょうか?
回答者ID:07
2012/2/6
No.316
(1)"windowDB.xml"というファイルは、"C:\Users\Public\BEST\xml\buildingDB"というフォルダーの中にあると思います。また、"windowDB.xml"ファイルについての解説は、「BEST-P 建築操作マニュアル(2011年9月版)」の「5.3. 窓ガラスデータベース」に掲載されています。
ただし、データベースであるXMLファイルを編集することは正式にサポートしておりませんので、自己責任で行ってください。

また、"windowDB.xml"の内容を編集して熱貫流率を4.07に出来たとしても、BESTでは熱貫流率以外の属性値(日射熱取得率や日射透過率など)をも計算に使用していますので、これらの数値を与える必要が有りますが、実際には難しいと思います。したがいまして、全くの仮想のガラスを想定するよりも、現実に存在するガラス(BESTの選択肢には大概の種類のガラスが用意されております)の中から、ご要望に一番近い属性をもつものを選択することをお勧めいたします。

(2)ご質問にあるように、「ピット内の室温を12度と仮定」するのであれば、ご指摘の設定でよろしいと思います。
別の設定方法としては、地中温度を固定にして、地下ピットもゾーンとしてBESTのモデルに組み込む方法が有ります。
地中温度は、文献を調べるか、日本建築学会から出版されている「拡張アメダス気象データ 1981-2000」に算出方法が説明されていますので、参考になると思います。
地中温度を固定して地下ピット部分も計算する意義は、「ピット内の室温を12度と仮定」する根拠が明示できない場合に、地中との伝熱計算の根拠が明確に出来ることです。

蛇足ですが、ご質問中の『ただし、一階居室は個別空調のため、「建築>ゾーン設定」にて平面方向の各居室リビング 寝室水周り)の組み合わせを設定しています。』の部分が意味しているところが理解できませんでしたので、回答に当たり考慮しておりませんが、ご了承願います。

(3)現在「実在年 BEST1分値」の気象データについては、東京だけしか提供されておりませんので、ご指摘の通り、その他の地域につきましては「標準年データ」もしくは「実在年データ」の「拡張アメダス60分値」を選択していただくことになりますが、そのためには、前出の日本建築学会から出版されている「拡張アメダス気象データ 1981-2000」の付録DVDが必要となります。
詳しくは、「BEST-P 建築操作マニュアル(2011年9月版)」の「2.2.2. 気象■利用可能な気象データ」をご参照ください。

質問者ID:FAQ−101
簡易版
2012/2/3
No.315
エンジンデータ編集計算を利用する際に「ゾーン」項目を編集したいのですが、階層構造のそれぞれの意味がわかりません。
例えばフロア0に対して
フロア0-P
フロア0
フロア0-R
フロア0PPAL
フロア0-PAL
フロア0RPAL
の6つの階層が同階層に現れますが編集可能なのは、
フロア0-R
フロア0RPAL
の2つだけです。これら6つの違いと、計算結果はどのように結びつくのでしょうか?
回答者ID:10、15
2012/2/6
No.315
フロアの種類が1種類の場合は、ご指摘の通り
 フロア0-P.xml
 フロア0.xml
 フロア0-R.xml
 フロア0PPAL.xml
 フロア0-PAL.xml
 フロア0RPAL.xml
の6つのファイルが出力されます。また、フロアの種類が2種類以上になると、フロア0…の、0の部分が1〜順に増えていきます。この数字は階数とは異なります。
ご質問の物件は1階建てのため、屋上階を意味するRのつく以下のファイルのみ
 フロア0-R.xml
 フロア0RPAL.xml
のデータが作成されていると考えられます。
その他、Pのつくファイルはピロティがある階、PもRもつかないファイルは中間階(基準階)を示します。
また、それぞれのファイルには、1〜4の方位と、5のインテリアの情報が含まれます。計算結果にはこの情報が受け渡されています。

質問者ID:FAQ−020
2012/2/3
No.314
1. 窓の入力について
例えば、Low-e複層ガラス(Low-e6mm+空気層6mm+FLガラス6mm)を入力した場合、まず、窓タイプで複層ガラス空気層6mmを選び、ガラス種類名を選んで、厚さを入力すると思われますが、その厚さは、今回の場合、どの厚さを入力すべきでしょうか?

2. 計算対象室の上下階が空調室である場合、通常の負荷計算では、天井、床の構造体負荷は見込みませんが(床、天井を考慮しない)BESTの場合、蓄熱負荷ということから、入力しておくべきと言うことでしょうか?その場合、入力上の注意点はありますか(蓄熱負荷のみを考慮する方法等)
回答者ID:07
2012/2/7
No.314
1. お問い合わせの内容の場合には、厚さは「6mm」を選択してください。「ガラス」の「厚さ」では、外側ガラスおよび色のついたガラスの代表厚さを指定するようになっています。(「BEST-P 建築操作マニュアル(2011年9月版)」の「2.5.4. 窓・昼光」参照)

2. 御指摘の通りです。

BESTでは、「内壁」の部位タイプとして「床」を選択すると、その室内側表面に窓透過日射熱や内部発熱放射成分が吸収されると仮定して計算がおこなわれます。(「BEST-P 建築操作マニュアル(2011年9月版)」の「2.5.2内壁」参照)従って当該のゾーンについてはもちろんですが、ほかのゾーンにおいても「内壁」の入力項目の中で「隣接ゾーン側壁名」に『隣接ゾーンで部位タイプを床に設定した内壁』を選択すると、その隣接ゾーンにおける窓透過日射熱や内部発熱放射成分の影響を受けることになります。
相手に床を選んでいますので、通常これは『内壁の』天井が対象になります。
また、室内の蓄熱対象として建築躯体や家具の設定が有りますが、これについては「BEST-P 建築操作マニュアル(2011年9月版)」の「2.5.3. 家具」、「3.2. 壁体・梁の計算方法」および「3.3. 家具の計算方法」を参照してください。

質問者ID:FAQ−065
2012/2/1
No.313
今回のシミュレーションの目的は、雨水利用設備による省エネ効果(建物消費電力量の削減効果)を算出することです。
手順としては、もともと雨水利用設備がない原設計データ(名称(1)とします)に、テンプレートを追加・シーケンス接続をした変更後のデータ(名称(2)とします)を作成しました。

(1)原設計データ ― (2)変更後のデータ = 省エネ効果
と考えておりますが、現在の状況は、(2)の方が消費電力量が大きく、省エネ効果がうまく算出できておりません。(雨水利用設備を追加したことで、エネルギーが増大してしまっている状態です)

もともとなかった設備を追加するので、エネルギー量が増えるのは当然であり、今回入力した建物の規模・雨水利用設備の規模では、省エネ効果がない、という結論になっております。

シミュレーションを工夫することで、省エネ効果をうまく出す方法を教えて頂けたらと思います。考えられる方法としては、下記が思い当りますが、他に方法がございますでしょうか。
・(2)変更後のデータを加工(雨水利用のシーケンス接続を外す)し、ポンプ等の増加する消費電力を見込んだ原設計データを新しく作成する(名称(3)とします)。
また、作業的には、衛生器具仕様(雑用水分離)と雑用水高置水槽の接続(図2と図3で選択している接続)を外すでよろしいでしょうか。

  (3)変更前 − (2)変更後 = 省エネ効果(ポンプ等の増加するエネルギーを無視し、使用水量の低減による効果のみ算出対象とする)
回答者ID:10
2012/2/2
No.313
お見込のとおり、雨水利用設備を導入することによりポンプによる電力消費量が増えます。
替わりに雨水(雑用水)利用により上水を削減することが出来ます。電力消費量の増分と上水削減量は等価には比較出来ません。
ご提案どおり、省エネ効果ではなく省資源効果として使用水量の低減による効果のみを算出対象とすることでよろしいかと考えます。

質問者ID:FAQ−102
簡易版
2012/1/30
No.312
BEST簡易版の結果表示(フロアゾーン名称)に関する質問です。現在、用途「病院」で計算しており、階別に用途区分しています。

基本情報画面で下記にように入力すると
1〜1階:非病室部
2〜4階:病室部
5〜5階:非病室部

計算結果としては
フロア0  フロア0ゾーン1〜5
フロア1    フロア1ゾーン1〜5
フロア2ーR フロア2ゾーン1−R〜5−Rという区分で計算結果が表示されると思いますが,
実際の結果では
フロア0−R フロア0ゾーン1−R〜5−R
フロア1    フロア1ゾーン1〜5
フロア1−R フロア1ゾーン1−R〜5−R
フロア2−R フロア2ゾーン1−R〜5−R
として結果が表示されています。

尚、フロア1とフロア1−Rの計算結果は同数値が表示されています。

表示の上での特性ということならよいのですが計算フロー上でも何か問題で計算結果に影響していると困るため質問させて頂きます。
回答者ID:10、15
2012/1/31
No.312
Rは建物全体の最上階ではなく各フロアの最上階の意味となります。よって、階数が1階しかない場合は、フロアXX−Rが結果として表示されます。

尚、フロア1とフロア1−Rの計算結果は同数値が表示されています。
⇒上のフロアと面積が同一の場合は、同じ計算条件となるため 計算結果が同じになります。計算上問題はありません。

質問者ID:FAQ−100
2012/1/30
No.311
断熱性と遮熱性による年間熱負荷変化について

断熱材を倍にして、まだ窓ガラスは単板熱線吸収ガラス(番号12)からLOW-E複層ガラス(番号461)に変化した場合、計算により、年間熱負荷が減るが、冷房負荷はほぼ変わらない。特にインテリア冷房負荷が逆に増える原因はなんですか。

回答者ID:07
2012/1/31
No.311
外壁の断熱性能を良くすると、建物の外からの熱の進入を抑制する反面、建物内から外への放熱も抑制してしまいます。
室内に蓄熱された内部発熱は、外気温度が下がる夜間に屋外に向けて放熱されますが、外壁や窓ガラスの断熱性能が上がると放熱量が小さくなり、翌日の日中の空調負荷として残ることがあります。

質問者ID:FAQ−071
2012/1/30
No.310
★2012/1/24お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
太陽光モジュールの発電量シミュレーションについての質疑回答ありがとうございました。
共通データの期間修正、システム用気象の追加を行い計算時に太陽電池モジュールの発電慮をグラフ表示により確認することができました。
しかし、記録を有効としても、計算結果後、結果出力の結果表示に太陽電池モジュールの発電量が反映されません。(結果が保存されていない)

申し訳ありませんが、何故結果が表示されないのか教えてください。よろしくお願いします。
シミュレーションに用いたファイルを添付します。計算順序は「test1」で行っています。

回答者ID:05、15
2012/1/30
No.310
共通タブの時刻変動スケジュール「建築計算時間間隔スケジュール」では、最小時間間隔が5分間隔となっていますので、「計算範囲」の最小計算時間間隔も5分として下さい。また、計算結果を出力するには、設備タブの「計算結果の記録の指定」で、「状態値 My」にチェックを入れてください。
尚、空調記録や計算結果の記録の指定、システム用気象等の、全体のシステムに関わるモジュールにつきましては、テンプレートの外へ出していただき、テンプレートへ直接接続して頂いた方が間違いが少なく便利かと思いますので、ご検討下さい。


質問者ID:FAQ−103
2012/1/27
No.309
ジェネリンクの冷却水変流量制御について、冷却水ポンプをインバータ化できないかと思い、二次ポンプ用のテンプレートを入れてみたのですが、うまく動かすことができませんでした。
回答者ID:06
2012/1/26
No.309
原因および対策の変更点は次の通りです。

・ポンプテンプレートの水系統が、テンプレートの内部と外部でつながっていない。
→これは、内部の接続をCH→CDに変えたためと思われます。
テンプレートShellへの内部接続を変更した場合は、外部接続も確認が必要です。
・ポンプ台数制御の観測対象が目的の冷却水となっていない。
・冷却水系統に3方弁が残っているため、戻りが定流量となる。
→3方弁をやめ、冷却塔の入口に2方弁を設置して、冷却塔出口水温で冷却水量を制御する。
→これで、ポンプ台数制御モジュールの制御が有効となります。

質問者ID:FAQ−036
2012/1/26
No.308
★2012/1/20お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
冷暖同時運転の件について、承知致しました。検討してみます。
また、流量での台数制御は上手く優先運転をする計算になりました。熱量での台数制御が、依然上手くいきません。おっしゃる通り、熱源群テンプレートを使用してほぼデフォルトのままの値としておりますので、「1_流量」から「0_熱量」と変更すれば回るかと思っていたのですが、なぜかどんなに低負荷でも2台同時に運転してしまいます。
何に問題があるのかアドバイスいただけないでしょうか。
回答者ID:06
2012/1/27
No.308
熱源の台数制御モジュールでは、熱量で台数制御する場合には送り温度が設定温度となっているかについてもチェックしています。
この設定温度は、暖房の場合、入力画面の「温水熱源出口の設定温度」の値です。受取ったデータでは45℃に達していない場合は、No2を運転するようになります。
温度の観測ポイントは、熱源群テンプレートの配管集合の出口watOutです。
計算結果の記録の指定モジュールでメッセージを出力を有効とすると熱源制御の主な指示動作がメッセージに出力されます。
"(C)出口設定温度でない No2運転”というメッセージがこの状況に該当します。

熱源群の出口温度は、熱源用一次ポンプの運転台数と負荷側の二次ポンプの流量バランスで熱源部分のバイパス流の発生や熱源の能力や出口温度の計算値の誤差などにより設定温度とならない場合があります。
今回のデータでは、設定温度45℃に対して計算結果は44.999456などというわずかな差ですがプログラムは機械的に45>44.999456 でNo2の運転を指示しているようです。

対策として、入力画面の「温水熱源出口の設定温度」「冷水熱源出口の設定温度」を45℃→44.8℃、7℃→7.2℃ などのように緩和してください。

質問者ID:FAQ−078
2012/1/26
No.307
住宅の年間熱負荷計算を行おうと考えているのですが、標準モデルに関する文献が古いため、文献の入手が難しくなっております。
標準モデルの詳細がわかる他の文献があれば、教えていただけないでしょうか?
もしくは、標準モデルの詳細がわかる資料があれば、いただけないでしょうか?
また、入力条件や計算結果の整合性を確認したいので、サンプルのデータがあれば、いただけないでしょうか?
お手数をおかけいたしますが、ご検討の程、よろしくお願いいたします。
回答者ID:10、15
2012/1/26
No.307
2012年版のTRY_BESTのテキスト及び入力データ(2.12.zip)を送付いたします。

質問者ID:FAQ−036
2012/1/20
No.306
★2012/1/20お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
熱源の台数制御を流量ではなく熱量で行いたい場合は、お送りした計算ファイルではどこを修正すれば上手くいくのでしょうか。できれば、流量・熱量のどちらでも制御できるようにしておきたいと思いまして。
また、冷暖房同時運転は不可とのことでしたが、冬期暖房より、室内負荷の影響で冬期でも冷房が必要となる日あるいは時間があると思うのですが、こういった場合の冷暖切替えができるモジュールというのはありませんでしょうか?
大変お忙しい中恐縮ですが、どうぞご回答を宜しくお願い申し上げます。
回答者ID:06
2012/1/26
No.306
熱源の台数制御を熱量で行うには熱源群テンプレートの中の「熱源台数制御(2台用冷暖別)」モジュールの制御タイプを「0_熱量」を指定してください。
また、熱源No1、No2の定格流量と定格温度差を設定して下さい。
流量と温度差から基準の冷暖能力を算定します。・・・(1)
また、設定された熱源出口設定温度と2次側からの還り温度と流量から負荷熱量を計算します。・・・(2)
(1)と(2)から運転台数を決定します。
熱源群テンプレートを使用している場合は「0_熱量」「1_流量」を切り替えるだけでそれぞれの台数制御が可能です。モジュールの追加変更や接続変更は不要です。

冬期の冷暖切替に対応するには、4管式でモデルを構築する必要があります。現在のテンプレートは全て2管式です。
熱源から空調機への配管は2管式ですので、冷水と温水を同時に流すことはできません。冷水系統と温水系統の熱源・配管系統を用意する必要があります。
また、2次側は
・空調機テンプレートに温水コイルを追加して冷水コイルとの2コイルとする
あるいは
・空調機を追加して、冷房専用と暖房専用の空調機を同じゾーンに接続する
などで冷暖の切替運転とすれば計算可能と思われます。

よろしくお願いいたします。

質問者ID:FAQ−065
2012/1/24
No.305
★2012/1/17お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
1. 具体的にどう修正すればよいのか教えて下さい。「設備シートの電気設備照明内の室照明を全て消す」という作業だけで宜しいのでしょうか。

2. 原設計のファイルは計算がかかっており、その原設計ファイルに雨水関連のテンプレートを追加したものが先日送付させて頂いたデータです。電気関連は変えていないのですが、エラーの原因は電気の室照明なのでしょうか。
回答者ID:06
2012/1/30
No.305
1. 室照明を計算オプションから削除してください。あるいは、モジュールを削除してください。前者の方法で試しましたが計算は行えました。

2. その通りです。

質問者ID:FAQ−071
2012/1/24
No.304
BESTにて、太陽光モジュールの発電量をシミュレーションを行う際に、電気設備内のテンプレートを使用して計算をかけても、結果が出力されません。
講習会テキスト等は見ているのですが、原因がわかりません。
また、現状では、計算をするとエラーが出てしまいます。
エラーレポートと入力ファイルを添付しますので、すいませんが、太陽光モジュールのシミュレーション結果出力方法を教えてください。
よろしくお願いします。
回答者ID:05、15
2012/1/24
No.304
入力データを拝見しました。
共通データの計算範囲が2005/1/1〜2005/12/31となっていましたので、BESTで用意されている東京1分間隔データ2006/1/1〜2006/12/31に修正下さい。また、日射量及び外気温との接続が行われておりませんので、システム用気象(外気、雨水、日射、風)のモジュールとテンプレートとを接続して下さい。

質問者ID:FAQ−036
2012/1/23
No.303
★2012/1/20お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
(1/20の回答)
 「熱源2台が同時に運転するのは、負荷が優先の熱源No1の容量を超えた場合です。負荷<熱源No1容量 となった場合は熱源No1の1台運転となります。」

これに関してですが、どんなに小さな負荷の場合でも2台で負荷を分割して運転してしまうという現象が起きております。設定入力に誤りがあるような気がしているのですが、何が問題なのかがわかりません。もし差し支えなければ、宅ファイル便でデータをお送りいたしますので、ご覧いただければ幸いです。
お忙しい中申し訳ございませんが、どうぞ宜しくお願い致します。
回答者ID:06
2012/1/23
No.303
データ拝見しました。
台数制御が機能しない直接の原因は次の通りです。
 ・熱源テンプレートの中にある熱源制御モジュールの設定が「このスケジュールを使用する」 が有効となっており上位の熱源群テンプレートの台数制御モジュールから各熱源へのon/off信号が無視されているため。
 対策
 ・各熱源テンプレート内の熱源制御モジュールの「このスケジュールを使用する」のチェックをはずして下さい。
 また、次の点も見直すと制御性が上がります。
 ・各空調系統の対象ゾーン数が4であるので、各ゾーンテンプレートのVAVFan制御御モジュールの VAVユニット接続数を5→4、風量を5000→6000、1000→800とする。
  ダクト分岐とダクト集合の 接続ノード数を5→4とする。
 補足事項
 ・PID制御2modeモジュールは冷暖同時には対応していません。空調機制御モジュールの設定が年間冷暖房のスケジュールとなっていますが、この場合、PID制御モジュールは冷房優先で機能します。
  従って、問題となった1〜3月は、冷温水用のPID制御が冷房モードで動作
   →室温が冷房の目標26℃以上であるので、さらに水量を増やす。
   →温水が流れるので設定温度に下がらない
   →さらに水量を増やす
   →常時、最大流量が流れていた。
   →熱源の台数制御が流量による設定なので、最大流量のため2台運転となる。
  ということになっていた。
  *冷房と暖房の期間は重複しないように設定を変更してください。
 ・VAV制御で給気温度最適化制御をする場合は、冷温水コイル用のPID制御モジュールのmode1、mode2の上下限値を設定する を有効とすると制御性がよくなります。


質問者ID:FAQ−036
2012/1/20
No.302
★2012/1/19お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
外部から上限の負荷率を設定することができない以上は、今のバージョンではNo.1の熱源を優先運転することはできない、と解釈して宜しいでしょうか?
その場合は、台数制御の現状の機能としては、負荷の増減に合わせて熱源の運転台数も増減するのでなく、その時の負荷を台数分で均等に分けて負担し、一斉に運転・停止する制御である、と考えて宜しいでしょうか?

また、今後の参考としてお聞きしたいのですが、熱源の冷温水出口目標温度を可変とする、熱源の冷温水流量を可変とするのは現在でも可能なのでしょうか?
流量可変機能としてはVWVのようなモジュールということになるのでしょうか。

回答者ID:06
2012/1/20
No.302
熱源2台の台数制御で、熱源2台が同時に運転するのは、負荷が優先の熱源No1の容量を超えた場合です。負荷<熱源No1容量 となった場合は熱源No1の1台運転となります。
外部からの出口目標温度の変更には現在対応していません。熱源部分の変流量については、熱源用ポンプをはずせば2次側の流量で検討可能です。
ただし、熱源の特性式の適用範囲には流量の上下限がありますのでその条件に抑える必要があります。熱源の入口に2方弁を設置して、熱源出口温度を観察するPID制御で熱源への流量を制御する方法が考えられます。 

質問者ID:FAQ−036
2012/1/19
No.301
★2012/1/18お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
(1)の件ですが、ご回答いただいた内容にもあります熱源2台の台数制御の熱源群テンプレート中の「tmHSG 熱源台数制御(2台用冷暖別)20090101」モジュールや、2台それぞれのチラーテンプレートフォルダ中の「tmHS ヒートポンプチラー1 20090101」,「tmHS ヒートポンプチラー2 20090101」モジュールのスペックの設定をいろいろと変更させてみているのですが、質問させていただいたように、2台同時に発停し負担する製造熱量も同じとなり、必要処理熱量を完全に1/2して運転している状態になっております。

モジュールのスペック一部を添付ファイルでお送りさせていただきました。計算中(1月〜3月のみ計算)の各チラーの水温状態を、ヒストグラム表示したものも載せさせていただきました。
お手数をお掛けし大変申し訳ございませんが、ご覧いただければ幸いです。

(2)に関しては、アドバイスいただいたように挑戦してみます。
ありがとうございます。
回答者ID:06
2012/1/19
No.301
現在の熱源2台の台数制御ではこうなります。
2台の熱源の、目標出口温度は固定で、熱源部分の冷温水は定流量ですので2台動作している場合の負荷分担は均等となります。
 2台運転中に1台を固定負荷率で運転させたい場合は、熱源部分を変流量とするか、目標出口温度を可変とするなどの制御が必要でまた、外部から負荷率を熱源へ与えることが必要となります。
残念ですが、現在は熱源への負荷率を外部から与えて運転することはできません。熱源は入口温度と目標出口温度(と流量)とから熱源自身で負荷率を計算し目標出口温度となるよう自身で容量制御しています。

なお、熱源の負荷率を外部から設定する件は、今年の開発予定となっています。

質問者ID:FAQ−020
BEST1109
2012/1/19
No.300
★2012/1/18お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
(2)の回答について、再度確認させてください。
質問-1
(2)回答に新しいビル用マルチのテンプレートとありますが、それは、どこに収納されているのでしょうか?
設備タグ¥システム部品データの設定¥テンプレート2011のモジュール¥tmビル用マルチin 室内機20101212 ということでしょうか?
質問-2
tmビル用マルチin 室内機20101212 は検証中モジュールと入力シートに記載されていますが・・・ 使用可能ということでしょうか?
また、このモジュールは冷暖フリー用ということですか?検討案件が冷暖切替の場合は、このモジュールは使えないのでしょうか?
質問-3
使用可能ということであれば、どのようにプログラムを構築すればよいのか簡単な手順を教えていただけないでしょうか?
BEST内に用意されているビル用マルチのテンプレートを使って構築したいのですが・・・
例えば、
ビル用マルチのテンプレートEHP室内機単線接続内のtmビル用マルチ 室内機20090702とtmビル用マルチin 室内機20101212を入れ替える、そのほか○○も入れ替える等、接続方法は・・(簡単なマニュアルはありませんか?)

それとも、当該モジュールについては、検証中、マニュアル準備中ということでPAC+ロスナイ方式での外気冷房検討については、機能的に準備されたが、中級レベルのBEST経験者がプログラムを構築できる段階では無い、もう少しまったほうが良いということでしょうか?
回答者ID:06
2012/1/19
No.300
>質問-1 
¥テンプレート2011¥空調¥ビル用マルチ、PAC¥の中にある室内機テンプレートです。

>質問-2
計算はできます。その結果について細部を検証中のものです。冷暖切替かフリーかは、接続する室外機テンプレートによります。

>質問-3
テンプレート機能を使用した建物全体の計算例 操作説明書 例題13に使用例がありますのでご参照ください。
なお、従来の単線接続のBM室内機、室外機テンプレートとは入替できません。

建物全体の例題の操作説明書 添付致します。ただし、例題13以降を実行するには 2011.11.10以降のZIP版プログラムが必要です。
※最新のZIPには一部不具合がありますので訂正版を作成する予定です。


質問者ID:FAQ−020
BEST1109
2012/1/18
No.299
BEST専門版について以下の2点について質問させてください。お忙しいところお手数をお掛けしますが、ご回答の程、宜しくお願い致します。具体案件で検討を行っています。早急にご回答いただければ幸いです。

(1)BEST専門版のマニュアルについて
 最新のマニュアルは、BEST専用サイト内のプログラムの活用→マニュアルのカテゴリ内に掲載されているものが最新と考えて宜しいでしょうか?

 特に空調(パッケージ)は2009.7版が掲載されていますが・・・ダウンロードサイトなど、どこかに最新版があるのでしょうか?(建築のマニュアルは、2011.9版)

(2)プログラムはBEST1109版を現在使用しています。
 PAC+ロスナイ方式において、外気冷房を検討することは可能でしょうか?可能な場合、どのような考え方となるのでしょうか?
回答者ID:06
2012/1/19
No.299
(1)マニュアルにつきましてはHP掲載のものが最新版です。但し、D 空調(セントラル)に関しましては、現状、ShareStageにのみ最新版がアップされておりますが、HPにも随時掲載する予定ですのでご了承ください。(ShareStageは、コンソーシアム会員の方限定のダウンロードサイトで、以下のアドレスにID、Password入力していただければアクセス可能です。http://www.the-best-program.sharestage.com/UA001)

(2)新しいビル用マルチのテンプレートでは、室内機に全熱交換器の設定があり、ここで”バイパス制御あり”を有効とすると室内機に設定した外気量での外気冷房効果による省エネが検討できます。

質問者ID:FAQ−036
2012/1/18
No.298
今回は、設備側の質問をさせていただきたく、メール致しました。
質問内容は以下の通りです。また、zipフォルダもお送りしたいのですが、容量オーバーのため文章のみの質問とさせてください。宜しくお願い致します。

(1)熱源2台以上の台数制御を行うテンプレートを使用しておりますが、2台ともほぼ同時に発停し、同じ熱量を作るという動きになってしまいます。
1台目を優先運転させ、それの負荷率が一定以上になったら2台目を運転させるというような制御としたいのですが、何が問題でうまくいかないのかがわかりません。

(2)a):室内顕熱負荷処理をするための空調機と、b):a)の補助とその他の負荷を処理する空調機とを分け、それら空調機の顕熱・潜熱負荷処理熱量のための、熱源機の冷温水製造量を潜熱と顕熱別々に見たいのですが、どのようにシステムを構築すべきかアドバイスいただけないでしょうか?

現状としては、以上の2点が大きな不明点となっております。
ご多忙中大変恐縮でございますが、ご助言いただけますよう何卒宜しくお願い致します。

回答者ID:06
2012/1/19
No.298
(1) 熱源2台の台数制御の熱源群テンプレートのフォルダの中にtmHSG 熱源台数制御(2台用冷暖別)20090101モジュールがあります。このモジュールの制御方式・条件 の項目を設定してください。No1が優先運転での熱源2台の台数制御ができます。
  
(2) 顕熱処理空調機系統 と その他処理の空調機系統を分けて2次側の配管をモデル化してください。複数台ある場合は、配管集合、配管分岐などのモジュールを使用することになります。混合した後での、顕熱と潜熱の分離はできません。
各系統の配管集合モジュールの出口と配管分岐モジュールの入口を熱量計BestWater用モジュールで観測接続すれば その系統の熱量が計算されます。
熱量計モジュールの使用例は熱源2台の台数制御の熱源群テンプレートのフォルダの中のtmHSG 熱量計 BestWater用20090101 モジュールで2台の熱源の熱量を計測しています。これを参考にしてください。
熱源系統も分かれている場合は、熱源の処理熱量を記録出力してご使用ください。


質問者ID:FAQ−071
2012/1/17
No.297
BESTでシミュレーション行った際にエラーとなります。エラーメッセージを添付いたしますので、エラー内容をお教えください。
設備タグ内で、室照明を削除すると計算することが可能となります。使用しているファイルは、宅ファイルにてお送りします。
また、電気設備で室照明の部材の使用方法がマニュアルからではわかりません。お手数をおかけしますが、使用方法を教えていただけないでしょうか。合わせて、「照明点滅制御」「電気 境界条件指定」も教えてください。また、サンプルプログラム(調光や昼光利用)でいただけるものがありましたらいただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

回答者ID:05
2012/1/23
No.297
お使いになられた照明モジュールは、検討限定版で使用できません。
照明及び照明制御については、「例題講習会TRY_BESTテキスト更新版(BEST110930対応+120104蓄熱差替).pdf」p2-8-1の、2.8「調光制御の効果」などをご参照ください。こちらのサンプルデータは2.8.zipです。

質問者ID:FAQ−104
2012/1/17
No.296
BESTに備えられている太陽電池モジュールの発電効率に関する性能と異なる製品のシミュレーションを行いたい場合、どのようにすればよろしいでしょうか。
回答者ID:05
2012/1/17
No.296
BESTのホームページ(http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/)の、「G.電気設備操作マニュアル」p6の「2.2.3. 太陽電池モジュール」に記載があります通り、アレイ公称出力、それぞれの補正係数、損失係数、発電力率等を入力していただくことで、多様な製品のシミュレーションを行うことが可能です。


質問者ID:FAQ−065
2012/1/17
No.295
(1) BESTについて質問させて頂きます。
データを作成し、計算をかけたのですが、エラーが発生しシミュレーションできませんでした。エラーレポートは下記ですが、原因はわかりますでしょうか。
エラーログを添付させて頂きます。お手数ですが、ご返信よろしくお願い致します。

(2) 現在、給水ポンプを高効率型にした場合、年間消費電力量がどれぐらい減るのかシミュレーションしょうとしています。
変更箇所としては、衛生の給水ポンプのテンプレート内の、下図の赤く囲った部分を原設計85%から変更後91%へ変更して比較しています。
結果は、resultフォルダの「Best_result.csv」ファイル、項目としては、「tmPLE 上水系統 給水ポンプユニット20090101_Pump消費電力#W#電力 熱搬送 空調水搬送」を確認しましたが、原設計と変更後で数値が変わりません。
力率の変更は、年間の消費電力量から見ると微小な変更である為、結果として出てこないのでしょうか。参考として、現在の原設計のデータを別途、宅ファイルで送付させて頂きました。
お手数ですが、シミュレーション結果について、ご回答お願い致します。
回答者ID:06、10
2012/1/20
No.295
(1) エラーログの内容について
report.log 
BEST EXCEPTION LOG >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>2012/01/16@13:09:51
#java.lang.NumberFormatException
@java.lang.NumberFormatException.forInputString(Unknown Source)
@java.lang.Integer.parseInt(Unknown Source)
@java.lang.Integer.parseInt(Unknown Source)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.electric.SampleSpaceLight.setProfile(SampleSpaceLight.java:132)
 〜〜省略〜〜 
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< BEST EXCEPTION LOG
エラーは、SampleSpaceLightクラス で起こっています。
これは電気設備の「室照明」モジュールです。
ユーザーの入力情報の取得する部分で、プログラムの不具合によるエラーです。

・その他の問題点
また、電気設備フォルダのモジュールで、現在のUIからの使用で、接続ができない(接続候補がでてこない)、入力情報が取得できない、などの問題が発生するものが他にもありました。申し訳ありません。
 OAコンセント200803
 室照明200803
 照明点滅制御200803
 電気 境界条件指定200803

(2) BEST給水プログラムはBEST-P衛生設備操作マニュアルP19に記載のとおり、ポンプ最高効率は規定水量に基づく関数(渦巻ポンプのB効率より作成)を用いておりますので、ユーザーから効率を変更することが出来ません。今後の開発課題としています。また、ご察しのとおり力率を変更してもポンプ電力消費量の値に差異はありません。

質問者ID:FAQ−049
BEST1109
2012/1/17
No.294
市街地で巾20mの道路が十文字に交差する場所で、東西南北それぞれの敷地に建物が道路境界いっぱいに建っている場合ですが、調査対象である南西敷地の建物が南東敷地と北西敷地に建つ建物によってどのような影響を受けるかお訊ねします。検討は例題Uをベースにしました。
まず、道路東側隣棟「東隣棟」までの距離20mと隣棟の高さを入力します。道路北側隣棟「北隣棟」の影響も同様に入力します。次に、外表面の外部日除け名の項目に、「東隣棟」と「北隣棟」を選択します。
【質問】
東側隣棟の北端は、調査対象の建物と同じ位置と見なして計算しているのでしょうか。(北側隣棟の東端についても同じでしょうか)、それとも、東側と北側に無限の長さの建物があるとみなして計算するのでしょうか。
よろしくお願い致します。


回答者ID:07
2012/1/17
No.294
東側と北側に無限の長さの建物があるとみなして計算しております。

質問者ID:FAQ−086
2012/1/5
No.293
お世話になります。
BEST専門版の購入を検討しているものですが、本プログラムを使用しての熱負荷計算についてご質問があります。
外壁の外表面における日射の成分の反射による、外壁温度の低下および室内への侵入熱(夏季)の削減効果は計算結果に反映することはできますでしょうか。例えば、外壁が(内側)石膏ボード+非密閉中空層+ALC+非密閉中空層+アルミ板(外側)という仕様の建物等で、日射反射率の高いアルミ板の外表面で日射および熱線を反射し、反射率の低い外壁仕上の場合等に比べて、夏季の外壁温度を低減するような場合です。外壁仕様については、「基本設定」の「壁体構造」や、「一括仕様設定」の「外壁条件」の設定項目があると思いますが、ここにアルミ板の情報(高放射率、低吸収率)を設定することで、上記のような外壁仕上材の日射反射による効果を計算結果に反映することはできますでしょうか。
ご回答のほど宜しくお願い申し上げます。
回答者ID:07
2012/1/10
No.293
購入のご検討ありがとうございます。
外壁での日射の反射による効果については、ご推察の通り「外壁」(「一括仕様設定」の「外壁条件」を利用しても結構です)の仕様設定において、検討したい外壁表面の『日射吸収率』の値を入力して得られた結果を比較することにより、熱負荷の削減効果を算出することが可能です。またBESTでは『日射吸収率』に加え『長波放射率』の値も入力するようになっていますので、一度吸熱して温度が上昇した外壁からの熱放射の性能を考慮できます。

『日射吸収率』や『長波放射率』の設定は、壁体構造(構成部材データ)での設定と連携しておりませんが、BESTのホームページからダウンロードできるマニュアル("http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/"の「X 付録」)に資料が掲載されていますので、参考にしていただくことが出来ます。
但し、外壁部材の温度の値については出力することができませんので、あらかじめご了承ください。
質問者ID:FAQ−085
2011/12/26
No.292
入力中に下記2点のトラブルがありました。解決策をお教えください。

@シーケンス接続を行う際に、「了解」ボタンを押しても反映されません。
事象
設備タグ
 「電気幹線」フォルダ内の「受電遮断器」のシーケンス接続ができない。
A計算順序の追加欄にすべてのシートが反映されておらず追加ができない。
 (計算順序はtest3を使用)
事象
 OAコンセント2F〜8Fのシートが表示されていない
 変圧器関連のシートも表示されていない
以上となります。
入力中のファイルは宅ファイルにてお送りさせていただきます。また、シーケンス接続の不具合画面を添付します。よろしくお願いします。
回答者ID:16
2012/1/5
No.292
内部ファイルのデータに不整合が発生しているため、接続と計算順序にて操作不能となっているようです。#現象の再現自体は確認できませんでした。

解決策としては、お手数ですが現象が発生しているファイルを削除し再度登録していただくことになります。
質問者ID:FAQ−084
2011/12/26
No.291
BESTの専門版について、質問をさせていただきます。現在、先日の講習会で配布されたAビルの数値などを変えて、マンションの負荷について計算をしているのですが、エラーが生じまして、そのエラー内容が分からないため、教えていただきたいです。「report」に出たエラーを送付致します。
勉強不足で申し訳ありませんが、ご回答のほうよろしくお願いします。できましたら、HPのほうに、エラー内容についてのご説明を載せていただけましたらありがたいです。

(「report」ファイルの内容) BEST EXCEPTION LOG >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
#java.lang.NullPointerException @jp.or.ibec.best.domain.building.load.WindowDaylight.preOutCal(WindowDaylight. java:220) @jp.or.ibec.best.domain.building.load.WindowDaylight.outCal(WindowDaylight. java:246) @jp.or.ibec.best.domain.building.spaces.Space.outCalLightElectric(Space.java: 263) @jp.or.ibec.best.domain.building.spaces.MultiSpace.outCal1(MultiSpace.java: 100) @jp.or.ibec.best.domain.building.manager.BuilDomainEngine.outputs1 (BuilDomainEngine.java:82) @jp.or.ibec.best.domain.building.manager.BuilDomainEngine.simulate (BuilDomainEngine.java:63) @jp.or.ibec.best.domain.building.test.control.HVACsysBuilSimulator.exec (HVACsysBuilSimulator.java:79) @jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.run(BestEngineThread.java:84)
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< BEST EXCEPTION LOG
回答者ID:07
2011/12/26
No.291
いつもBESTをご利用頂き、ありがとうございます。
エラーメッセージの解読は難しいため、問い合わせの際のご利用とお考え下さい。また、初めての案件について計算を行う時に、条件を全部入力(もしくは修正)してしまいますと、エラーが出た時に不具合の原因が特定しにくくなりますので、以下の例のように作業を小分けにして、それぞれのステップで問題なく適切な結果が得られるかを確認しながら、必要な全体の計算に進めて行くことをお勧めいたします。

・利用する既存データのうち、1ゾーンのみ内容を修正して計算を実行してみる。
・建築計算の中でも昼光計算などのやや高度な機能を使用せずに計算を実行してみる。
・設備計算は行わずに、建築計算のみを実行してみる。

参考まで、今回のメッセージ中のキーワードの意味は以下の通りです。
NullPointerException:データがない
WindowDaylight:昼光計算
MultiSpace、SpaceManager、Space:建築データである室グループ、室、ゾーン
LightElectric:照明計算・電力計算
今回のようなエラーは、昼光利用による照明の調光機能を利用されている時に起こりうるものですので、以下の点をご確認下さい。
・「照明」において「調光計算あり」を選択している時に、「照明」の「調光情報」の設定項目や「窓」の「昼光計算」の設定項目が正しく入力されているか。
・「窓」における「ブラインド」の「操作方法」において「Dスラット角の自動制御」を選択している時に、「昼光計算」の設定項目が正しく入力されているか。
質問者ID:FAQ−083
2011/12/22
No.290
1.PAC外気処理でのテストラン
外調機PACをゾーン空調に組み入れてみました。外調機は動いているようですがVAV信号のやり取りがないため、室内に噴出されないようです。原因をご確認いただけないでしょうか。

2.ゾーン空調テンプレート
ゾーンテンプレートを用いて計算した場合の室内温湿度の変化を見てみました。かなり低湿度で推移しています。問題がないかどうかご確認いただけないでしょうか。

データは宅ファイル便にてお送りします。
回答者ID:06
2011/12/22
No.290
1.PAC外気処理でのテストランについて
すみませんが、 おまじないで「中央監視(MEPA簡易版)20090101」を空調記録と同様に基本モジュールとして登録してください。このswcOutMain、modOutMainあるいは(swcOutM、modOutM)を「テンプレート ゾーン空調 out_inBMゾーンx5AV20101111(NW)」のswcIn、modIn に接続してください。これでswcInがON の時、ダクト、配管、盤モジュールが機能します。
 
他のトップレベルのテンプレートも同様でお願いします。テンプレート内にテンプレートを新たに追加した場合は、追加したテンプレートのswcInとmodInへも同様にお願いします。室内機(外調機)のレターンの接続ですが、部屋からの接続は切断してください。これで試していただけないでしょうか。
質問者ID:FAQ−069
2011/12/20
No.289
暖冷房負荷計算をする際、設定温度とは別に、不在時の設定温度は入力出来ないのでしょうか?エアコンのキープモード(夏期30℃以下 冬期10℃以上)ボタンを押して外出すれば、立上りも少ない負荷で済みますし、ランニングも抑える事ができます。もし、BEST上で計算出来ない場合は、そのような計算が設定出来るように、機能を追加することは出来ないでしょうか?
回答者ID:07
2011/12/26
No.289
BESTでは、空調時の設定室温を一日に一つしか入力することができません。また、現在のところ、一日に二つ以上の室温を設定できるようにする機能を新規に追加する計画もありません。ご了承願います。
質問者ID:FAQ−049
2011/12/14
No.288
住宅事業建築主の判断の基準の付録4 断熱性能等判断資料(添付)http://www.ibec.or.jp/jjk/pdf/f-04.pdfの48ページ/全48の性能別開口部仕様一覧表には、サッシ枠を含めた開口部の熱貫流率が記載されています。
例えば、
記号g 一重サッシ(材質を問わない) 単板ガラス :U=6.51 W/m2・K
記号f 一重サッシ(材質を問わない) 複層ガラス(as6):U=4.65(材質はアルミ枠の場合を想定)
また、ガラスメーカー(日本板硝子)のカタログでは、
 単板ガラス 透明フロート 5mm     :U=5.9 W/m2・K
 複層ガラス 透明フロート二重(空気層6.0):U=3.4
とかなり差がありますが、これは窓をサッシを含めた複合材の開口部としてみると、アルミ枠の熱伝導率が高いので、ガラス単体よりも、「住宅事業建築主の開口部」の方が熱貫流率が大きくなるのだろうと推察されます。
しかしながら、BESTでは
 単板ガラス      透明フロート ガラス厚5mm   :U=4.6 W/m2・K
 複層ガラス空気層6mm 透明フロート二重 ガラス厚5mm :U=2.93
となっており、ガラス単体よりも熱貫流率が小さくなっています。これは、どのような理由によるものでしょうか。ご回答の程よろしくお願い致します。
回答者ID:07
2011/12/15
No.288
お問い合わせにあるBESTでの熱貫流率は、プログラムのデフォルトで設定されている中間色のブラインド有りの場合を指しているようです。「窓」の入力画面中の「ブラインド」の「色」の部分で、「ブラインドなし」を選択すると、ガラス単体での熱貫流率等が表示されます。ちなみに、ブラインドが無いガラス単体での数値は以下のようになっております。
単板ガラス      透明フロート ガラス厚5mm   :U=6.36 W/m2・K
複層ガラス空気層6mm 透明フロート二重 ガラス厚5mm :U=3.56
あと残りの差は、表面熱伝達率の設定の違いによるものです。
ご参考までに、ブラインドがある場合の窓熱性能の算出方法につきましては、以下の論文をご参照ください。
郡・石野:熱負荷計算のための窓性能値に関する研究,日本建築学会環境系論文集No.600,pp.39-44,2006.2
質問者ID:FAQ−082
2011/12/14
No.287
★2011/12/13お問い合わせの回答後の追加お問い合わせ
BESTの修正をしましたところ冷却水の温度に変化がみられました。しかし、冷却水流量が0のままであることと温度がマイナスまで下がってしまっている問題があるため検討している段階です。
いくつか疑問点があります。
@冷却塔のシーケンス接続のL0_airOutは接続しなくていいのか
A排熱投入型冷温水機の場合では冷却塔のシーケンス接続watInCW、watOutD排熱投入型冷温水機テンプレートのシーケンス接続airTInEG、watTInD、watTOutCWは、接続していなかったが接続なしでいいのか

@は空気の入りはあるのに出るところがないという疑問点、Aは以前使用していた排熱投入型冷温水機と現在使用している温水焚き冷温水機の接続の違いです。
以上の条件の接続をつけはずししても数値には変化がみられず、冷却水流量が0のままでした。

また、以前の排熱投入型冷温水機では「冷却塔三方弁」のモジュールは入れられたなかったので、削除して接続をしなおしましたが、こちらも数値に変化が見られませんでした。
回答者ID:06
2011/12/14
No.287
お問い合わせにある「未接続」については、相手の利用先がなければ未接続でも問題ありません。
 
冷却水が流れない件、こちらでは再現できません。送っていただいたデータのままで計算すると、排熱は流れていませんが、冷水と冷却水は流れています。
排熱の流れについては2011/12/13の回答のように排熱側3方弁モジュールのswcInを同じテンプレート内の熱源制御モジュールのswcOutMainに排熱側3方弁モジュールのmodInを同じテンプレート内の熱源制御モジュールのmodOutに接続すると排熱が流れます。
ただし冷却水の温度が負の値のところがあり問題があります。これは
 @冷却塔モジュールの計算方法の(零下で動いてしまう)問題と、
 A冷却塔3方弁が制御されていない点(PID制御モジュールを追加)
 B温水焚き吸収冷凍機の計算方法の問題が原因と考えられます。

また、C太陽熱のオプション計算順序で、空調記録モジュールは最後に移動してください。
AとCに対応した訂正入力データを添付しています。これでご動作確認ください。プログラムは最新のバージョンをご使用ください。
質問者ID:FAQ−069
2011/12/13
No.286
「外気導入」の項目をいじると、暖冷房負荷の結果が、大きく変わります。*BEST上では分単位で、外気導入のスケジュールを組めます。外気導入の時間が長くなればなるほど、暖冷房負荷の負荷が上がっていく事のみ分かりました…。
どのような根拠で計算をしているのか教えて頂けないでしょうか?例えば、気積の半分を一時間で外気と交換する?などでしょうか…。「隙間風」は、計算方法が選択できるので、どのような根拠で計算されているか分かります。
回答者ID:07
2011/12/14
No.286
「外気取入」では、換気設備等により室内に取り込むように設定した外気の風量に、室内外の温湿度差を乗じることにより外気負荷を算出しています。何処にも明記されてはいませんが、取り込んだ外気の分だけ室内の空気を排出し
ている想定になっています。何度も同じことを申しあげるようですが、BESTプログラムでは、「外気負荷」と「隙間風(負荷)」を下記のように区別していますが、算出している内容は同じようなものですので、どちらで計算しなければならないという決まりはありません。

・「外気負荷」は、事務所ビルなどで室内の空気質を良好に保つために強制的に必要な量を、換気設備などにより強制的に取り入れた外気に起因する空調負荷
・「隙間風負荷」は、建物の管理者や在室者が意図しなくても、建物の外壁面や建具の隙間から自然に室内に流れ込む外気に起因する空調負荷
質問者ID:FAQ−089
2011/12/13
No.285
BEST簡易版で「年間負荷詳細・年間時刻負荷」のグラフ最上部(冷房)最下部(暖房)及び中間部に水平方向に点線があり、右端に数字が書いてありますが、これは何を示すのでしょうか?
回答者ID:06
2011/12/13
No.285
年間計算の冷房負荷、暖房負荷それぞれの最大値を100%とした場合の100%と50%を表す補助線とその負荷の値です。(ここではPAL同様顕熱負荷のみを表示しています。)
質問者ID:FAQ−082
2011/12/13
No.284
★追加のお問合わせ
・冷水の行き帰り温度が出力されるようになりましたが、その温度が上昇する一方で一定の値になりません。
・接続についてと計算順序について修正を試みましたが改善されません。
関連ファイルは宅ファイル便にてお送りするように致します。お忙しいところ申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。
回答者ID:06
2011/12/13
No.284
頂いたデータの内容を拝見したところ、温水焚きの排熱流量が0で、冷却ができない状態です。負荷が処理できないため、冷水温度が上昇しています。
排熱系を追うと、排熱側3方弁が機能していません。原因はこのモジュールのswcInとmodInが未接続のため制御動作していないことです。swcInとmodInを制御モジュールへ接続して動作させると、排熱が流れ、冷却がされ冷水温度が7℃で出るようになります。
質問者ID:FAQ−069
2011/12/12
No.283
・「外気導入」の項目があるのですが、どのような条件を計算していることになるのでしょうか?(24時間換気は、「隙間風」の項目で処理すると認識しております。)
また、集合住宅のような室内環境の場合、「外気導入」のメカニズムは計算に考慮する方が良いのでしょうか?よろしくお願いします。
回答者ID:07
2011/12/13
No.283
「外気導入」は、事務所ビルなどで室内の空気質を良好に保つために必要な量の外気を取り入れることによる空調負荷、と言えば分かりやすいかと思います。これに対し「隙間風」の方は、建物の管理者や在室者が意図しないところで、文字通り建物の隙間から室内に流れ込む外の空気(=隙間風)による空調負荷と説明することもできます。
『24時間換気は、「隙間風」の項目で処理すると認識しております。』とのことですが、そのような決まりは無く、換気設備により計画的に取り入れている外気の負荷と捉えれば、むしろ「外気導入」の項目で処理する方が適当である、と考えることも出来ると思います。結局のところ、室内外の空気の温湿度差と取り入れる(もしくは流れ込む)空気の体積の積を求めているという点では両者は同じ計算をしていることになります。
質問者ID:FAQ−080
2011/12/9
No.281
★2011/12/6お問い合わせの回答後の追加お問い合わせ
もう一点質問事項がありまして、予冷時間を変化させると、予冷時間帯の負荷だけでなく、空調時間帯(空調時間:8〜22時(予冷時間1h)と空調時間:7〜22時(予冷時間2h))の全体に差異が生じる場合があります。
予冷時間のみの条件変更なのですが、どのようなことがその後の負荷にも影響しているのでしょうか?
回答者ID:07
2011/12/12
No.281
まず、予冷熱運転時間を変化させると、予冷熱を行う「時間帯」が異なりますので、負荷の値が違ってくるのは当然のことで、これは容易にご理解いただけると思います。
次に、予冷熱運転時間後の負荷に違いが生じる件については、BESTをはじめとする非定常負荷計算では、壁体や家具などへの蓄熱や、室内各所での放射伝熱による時間遅れの負荷発生を考慮していますので、通常空調時間帯の開始時点での建物内の各部位における温湿度条件が異なれば、それが後の時間に影響を及ぼし空調時間帯の負荷の値が異なってくることも十分考えられることです。
負荷の時間変動と同時に、室内の温湿度の変動も同時に確認して、予冷熱運転終了時やその後の時間に室内の温湿度がどうなっているかをチェックしてみてください。少なくとも、手計算による負荷計算のように、時間ごとに独立して各種負荷の積算を行い、その際にそれ以前の時間の状態は考慮しない計算方法とは事情が異なりますので、ご注意ください。
質問者ID:FAQ−080
2011/12/6
No.280
年間負荷計算を行う際に、空調時間帯の計算間隔は、5分が適当であるとマニュアル等にあるのですが、変更してもかまわないでしょうか?
5分の計算間隔で計算すると、予冷時間1時間を設定していても、予冷開始直後(5〜10分)で空調室の目標温湿度に達し、立上がり負荷が以上に高くなります。これを解消するために、予冷熱時間1時間の間でのみ計算間隔を30分として計算すると、立上がり負荷が低下するのですが、データ数がかなり減少してしまうことについては、出力値として出てくるデータに問題はないでしょうか?
ちなみに、最大負荷計算は予冷熱時間を30分、空調時計算時間間隔を5分で計算しております。
回答者ID:07
2011/12/7
No.280
【回答案】
BEST建築計算では、空調スケジュールにおいて「予冷熱時間帯」(設定値=2)を設定していても、年間負荷計算(計算タイプとしては「通常計算」)時には、通常の空調時間帯と同じ計算を行います。(BEST-P建築操作マニュアルの「2.2.9.時刻変動スケジュール F空調」を参照)
その結果、空調開始時に計算時間間隔を短く設定していると、その時点で発生している処理すべき熱量を、空調開始後最初の計算時間間隔のあいだに処理するように計算を行いますので、通常、大きな熱負荷が算出され、同時にその時の負荷は処理されたものとみなしますので、その次の計算時間間隔には部屋の温湿度が目標値にほぼ達してしまう、ということが起こるわけです。これでは、計算時間間隔を短くすればするほど、いくらでも大きな負荷値が求められてしまいますので、BEST建築計算では、最大熱負荷計算をするときに、特殊な「予冷熱計算」(BEST-P建築操作マニュアルの「3.10.2.予冷熱計算法と最大熱負荷の求め方」および、その項で参考文献として挙げられている空気調和・衛生工学会の大会論文を参照)を行って合理的な最大熱負荷を算出するようにしているのです。
通常、年間熱負荷計算を行う際には、最大熱負荷計算の結果から仮想の空調機器能力を設定する(「ゾーン空調条件」の項で入力します)ことにより、(予冷熱時間帯も含め)空調運転開始時に大きな熱負荷が発生しても、しばらくはその仮想空調機器の能力でフル運転し、設計者が予冷熱運転時間帯と考えている時間の間に部屋が設定温湿度に達するようにすればよいのです。この部分に関する演習が、BESTの以下のテキストに取り上げられていますので、参考にしてください。(いずれもBESTのホームページからダウンロードできるようになっています。http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/)
*BEST講習会(初級)(1.例題T)の「2.3.2.計算結果の確認」および「2.4.年間熱負荷計算のためのデータ設定と実行」
*BEST講習会(中級)(6-2.例題演習)の「2.6 予冷熱時間と最大負荷」 なお、年間負荷計算を行う時に空調時間帯の計算時間間隔の推奨を5分程度としているのは、これまで殆どの負荷計算プログラムでは1時間間隔の算出できなかったのに対し、BESTでは1分間隔の気象データを扱うことができ、また1分間隔からの計算が可能であるので、外界(気象)条件の細かい変化や空調の起動・停止などによる状態量の時間変化を細かくとらえることが出来るからです。
ご質問中の「データ数がかなり減少してしまうことについては、出力値として出てくるデータに問題はないでしょうか?」については、得られる負荷の値は各時間でのポイント値ですので、時間間隔の大小にかかわらず、同じ時間帯の積算値はほぼ同じになるはずです。時間間隔を変えることにより、その時間帯の中での変化をどこまで細かくとらえるか、を考えて計算時間隔を設定すればよいのです。また、ご質問中の「最大負荷計算は予冷熱時間を30分、空調時計算時間間隔を5分で計算しております。」についてですが、一般に予冷熱時間帯は状態量の変化が大きいので、こちらも5分間隔程度に設定しておくことをお勧めします。
質問者ID:FAQ−075
2011/11/30
No.279
非常によいソフトウェアですね。 購入しようと考えていますが、海外から申し込み可能ですか?
1.FAXの申し込みの変わりにE-mailなどの他の手段で可能ですか?
2. インボイスなどは発行してもらえますか
・USBkey送付手数料も一緒に請求してもらえれば支払いできます。
回答者ID:20
2011/12/1
No.279
海外からのお申込みも可能です。
1.お申し込み書をメールに添付頂ければ結構です。
2.インボイスも発行いたします。
以上、よろしくお願い申し上げます。
質問者ID:FAQ−068
2011/11/30
No.278
現在、機械室年間冷房空調をビルマルチでシミュレーションするための構築をこなっていますが、「テンプレート BM 室内機20101212」内の「tmビル用マルチin PID制御3mode自動調整(観測対象ZoneEnv)20101212」がうまく動作しません。
症状:
設定値を26℃にしても計算中の設定が0℃となっている。設定を変更して同様(計算中グラフ表示およびRESULTファイルで確認)
PIDモジュールを「PID制御2mode自動調整(観測対象BestAir)20100909」を入れ替えると問題無く動作します。
○使用モジュール&テンプレート
・ゾーン システム接続用20101111
・テンプレート BM EHP室外機20101212
・テンプレート BM 室内機20101212
以上、よろしくお願いします。
回答者ID:06
2011/11/30
No.278
原因の可能性として2個のテンプレートと1モジュールのシーケンス接続の状況にどこか不都合があると思われます。
テンプレート2011/空調/ゾーン空調 の中の次のテンプレートは、ゾーンと室内機と室外機 が接続済のものです。「テンプレート ゾーン空調 out_inBMゾーンx1 VAV20101111」すみませんが、こちらで試してください。
このテンプレートは、登録して、ゾーンの関連付けだけで 計算可能です。計算できるようでしたら、機器能力、台数や室温設定条件などを調整してください。よろしくお願いします。
質問者ID:FAQ−079
2011/11/28
No.277
現在The BEST Programの給湯プログラムを作成しております。ですが、シミュレーションを実行するとエラーになり結果が算出されません。
給湯設備のプログラムの接続に関しては、参考になるものも少なく自分なりの理論で作成しております。
ファイルを添付いたしますので、問題点と対策についてご教示頂ければと思います。よろしくお願い致します。
回答者ID:10、13
2011/11/29
No.277
いただいた例題で計算した際に出てくるエラーファイルによりますと、給湯使用量のクラスで不具合があるようです。こちらでは「境界条件を与えるクラス」で定義されているCSVファイルがないため、同様の計算を再現できておりません。お問い合わせいただく際には、例題zipファイルには、含まれてこない「エラーファイル」(添付参照)を添付下さい。また、当委員会にて作成いたしました『蒸気ボイラ給湯例題』をお送りいたしますので、ご参考にしていただきますよう、宜しくお願いいたします。
質問者ID:FAQ−065
2011/11/28
No.276
★2011/11/21お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
先日ご回答頂きました、下記について追加質問させて下さい。

回答頂きましたように、衛生設備を2系統に分けてシーケンス接続もしました。今回モジュールを追加したので、test3という計算順序を作成しております。(test2と同様に、デフォルト計算順序に対し、「基本部品の計算結果の記録の指定200803」 を先頭に持ってきたものをtest3として作成しました。)そうしましたところ、計算が2日ほどで止ってしまい、「report.log」が出力されます。エラーとなっている原因がわかりますでしょうか。

念のため、BESTのデータを別途宅ファイルにて送付させて頂きます。お忙しい所恐縮ですが、ご回答よろしくお願い致します。
回答者ID:06
2011/11/28
No.276
・ビル用マルチ(単線接続タイプ)の室外機の「店舗用」の特性データが無く エラーが生じていました。(入力データの 室外機PAC-1-1 が「店舗用」を指定)すみませんが、添付の3ファイル(店舗用、寒冷地用、設備用)を¥BEST¥xml¥pacDB¥EHP フォルダへコピーして再度計算実行してください。
質問者ID:FAQ−075
2011/11/28
No.275
1. USB Keyについて
弊社では社内保安規定のためにUSB memoryの使用に制限があります。USB keyにはPCからの書込みもありますか?(書込みを行う場合は社内の手続きが複雑になります)
2.Programについて
1)文字表示など英語版はないですか? (Windows日本語版以外はサポート外だと思いますが、、、)Programで使用される文字はUNICODEを使用していますか?(UNICODEなら少なくとも文字化けすることがない)
2)出力内容など、英語に変更することは可能ですか?(単位はすのまま)
その他、外国のユーザに対して使用上、注意することがあれば教えてください。
回答者ID:10、16
2011/11/29
No.275
1.USBkeyにPCからの書込みはありません。
2.出力内容など、英語に変更することは出来ません。
ご推察の通り、Javaで実装しているのでUNICODEとなります。
質問者ID:FAQ−070
2011/11/24
No.274
BEST専門版の件ですが、OSをWindows 7 に変更しましたら起動しなくなってしまいました。何らかの原因をご存知でしたらお教えください。
どうぞ、宜しく御願い申し上げます。
回答者ID:16
2011/11/24
No.274
原因として考えられるのが
1)作業フォルダに書込権限が付与されていない。
2)64bitOSである。

1)は権限を付与すれば解決します。
2)現在は64bit対応版はございませんので、64bitOSの場合にはご利用になれません。尚、対応版につきましては近日公開予定です。
※64bitOS対応版は、現在公開しております。→BEST1109-menber-0208.zip
質問者ID:FAQ−058
2011/11/24
No.273
海外の気象データにてBESTでの計算をしたいと考えております

日本建築学会文献(第24報、2010/9)に、BEST気象データ内に世界気象データBEST-WeaDACがあるとかかれています。計算する場合のデータ取り出し等についてマニュアルに書かれている場合の該当場所を教えていただけないでしょうか。以上 よろしくお願いいたします
回答者ID:07
2011/11/24
No.273
「BEST-P 建築操作マニュアル」(最新の2011年9月版がBESTのホームページからダウンロードできます)P.13の2.2.2. 気象の項目に、WEADACに関する説明やデータ入力方法に関する記述がございますので、そちらをご覧ください。
質問者ID:FAQ−065
簡易版1.2.0
2011/11/21
No.272
★2011/11/16お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
回答頂きました下記について追加で質問させて下さい。
図面のシステムがシミュレーションできない件は了解致しました。AとBに分けて入力しようと思い、添付した図のようにテンプレートを登録しています。排水槽ユニットに関しては、給水負荷をシーケンス接続すると思いますので、AとBに振り分けています。また、中央監視盤はAに残し、分電盤と動力盤はAとBに入力し、システム毎に消費電力を集計しようとしています。
下記の3点について教えて下さい。
@A高置水槽システムについて
 高置水槽システム(受水槽+高置水槽+揚水ポンプ+給水負荷)とございますが、受水槽を入力しないと計算がうまくかからないのでしょうか。なるべく図面に近くしようと思うと、受水槽を介さず、揚水ポンプ→高置水槽→給水負荷のようなシステムとしたいです。このようなシステムはシミュレーション不可、ということでしたら、受水槽を追加致します。シミュレーションの可否を教えて下さい。
AB加圧給水システムについて
 (受水槽を高置水槽としてみなす。屋上設置のポンプを加圧給水ポンプとみなす。給水負荷を屋上加圧給水ポンプ系統2層分とする。)とございますが、実際は高置水槽→加圧ポンプ→給水負荷を、受水槽→加圧ポンプ→給水負荷として入力する、という意味で宜しいでしょうか。それとも、こちらも高置水槽でなく、受水槽テンプレートでないとシミュレーション不可ということでしょうか。
Bシーケンス接続について
 上記の結果、入力するシステムのシーケンス接続情報を教えて下さい。どのテンプレートのどのinとoutを接続するのかがわかりません。サンプルを送って頂く形で構いませんので、よろしくお願い致します。
回答者ID:10
2011/11/21
No.272
@⇒受水槽を介さないシステムは現在シミュレーション出来ません。

A⇒実際は高置水槽→加圧ポンプ→給水負荷を、受水槽→加圧ポンプ→給水負荷というモデルで入力するという意味でよろしいです。

B⇒添付にサンプルデータを送付します。
添付1-2_高置水槽あり(上水のみ)は「A高置水槽システムについて」に相当します。ご質問の給水システムの上層部以外はこれを使って下さい。 
添付2-2_高置水槽なし(上水のみ)は「B加圧給水システムについて」に相当します。ご質問の給水システムの上層部はこれを使って下さい。
質問者ID:FAQ−049
2011/11/18
No.271
先日、拡張アメダス気象データー1981-2000を購入したものです。
現在、(財)建築環境・省エネルギー機構が作成した築物総合エネルギーシミュレーションツールの「BEST−P」を操作しています。このソフトでは、標準以外の都市の気象データーを入力する場合に、拡張アメダス気象データーを入力することになっています。BESTの気象データー入力画面では、
・DVDドライブの指定
・ファイル名(EPVあるいはWEADACを選択してください)の挿入
の二項目を入力することになっていますが、入力がうまくいかず、困っています。
気象データー入力画面を添付しますので、解決方法についてご指導の程、よろしくお願い致します。
回答者ID:06
2011/11/18
No.271
添付画面の「気象データのタイプ」が「設計用データ」となっているためDVDのドライブの指定ができません。「気象データのタイプ」を「標準年データ」にするとDVDドライブの指定ができるようになります。これでドライブを指定しディスクをセットしておくとデータを取込めます。
質問者ID:FAQ−065
簡易版1.2.0
2011/11/18
No.270
★2011/11/16お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
「同じ室名のゾーンモジュールにいくつもシステムを接続している場合には、記録を有効にするものは1つのみとして下さい。」と回答がございますが、現在、各階専有部に対し、2つずつの”ビルマルチ室内機テンプレート”がある状態です。

この場合、1つの”ビルマルチ室内機テンプレート内のシステムAir接続用20080909”の「記録を有効とする」にチェックを入れれば、コンセント電力と照明電力をゾーン別(例えば2F専有部、3F専有部別)に集計させることが出来るという意味で宜しいでしょうか。この場合、動力盤等にシーケンス接続し、消費電力を集計させているものに関しては、消費電力が集計されないということはないと考えて宜しいでしょうか。お手数ですが、回答お願い致します。
回答者ID:15、06
2011/11/21
No.270
そのゾーンモジュールのコンセント電力や照明電力が出力されます。そのため、ゾーンにいくつもシステム接続がある場合でも、記録を有効にするものは1つで良いです。
「テンプレート2011」にある新しいビルマルチの室内機テンプレートに含まれるゾーンモジュールでは、複数の登録が出来ませんのでそのような出力不具合は起こりませんが、こちらの”システムAir接続用20080909”をご使用される場合には、お手数ですが、そのようにご対応ください。

モジュールの記録のチェックによるファイルへの結果記録と、モジュールのノード接続による他のモジュールへのele、air、watなどのBEST媒体の計算中の情報の伝達は、別の処理ですので影響はありません。 ただし、”システムAir接続用20080909”が室内機テンプレートの中にありますので照明用、コンセント用の分電盤を接続する場合は、ゾーンが重複しないようにしてください。
例えば、専有部(右)の室内機テンプレートには、同じゾーンが4回登場しているようです。専有部(右)のすべての室内機テンプレートからeleLightingを照明分電盤に接続すると4倍の照明電力を分電盤が集計します。ご注意ください。(あるいは正しく計算されない場合があります。)
質問者ID:FAQ−078
2011/11/17
No.269
1.BESTのバージョン0911で作成した計算条件のzipファイルを使って、1109で計算行ったところ、空調設備の消費電力量(室内機や室外機)の1時間値の計算結果が以前のものと違ったものになってしまいました。1109の方が12倍になっていたので、おそらく1109の計算結果が良くないのではないかと思われます。

2.全熱交換器ユニットをBEST内で設定するにはどのようにモジュールを加えればよいか教えてください。
zipファイルについては容量が大きいため、宅ファイル便にて送信いたします。なお、1については0911と1109の双方の計算結果も送ります。2については、zipファイルの計算条件について、現在はビルマルチの室内機の入力内で全熱交換器を設置しておりますが、これを全熱交換器を独立して設置するものと考えていただければと思います。ご確認の程、よろしくお願いいたします。
回答者ID:03、06
version_1109
2011/11/21
No.269
1.計算結果について
 *申し訳ありませんが、計算終了後に連続して行われる結果の2次処理には不具合が残っています。1109版では、 結果の2次処理の不具合の対策として、処理対象の範囲、処理方法、集計後の単位などを指定できる新たな機能を追加しました。1109版のメニューの 結果出力/結果集計 を選択すると計算結果に対して次のような集計機能を使うことができます。
  ・集計単位の指定が「時、日、月、年」から指定可能となりました。
  ・出力項目の選択指定が可能となりました。
  ・集計の処理種別の指定が「瞬時値、平均値、時間積分値」から指定可能となりました。
  ・集計処理後の「単位」の指定が可能となりました。
 すみませんが、こちらの機能をご使用ください。

2.単独の全熱交換器の設定方法
 テンプレートでは用意されていませんので個々のモジュールを登録、接続して設定することとなります。 1セットで使用するモジュール例です。
・負荷計算ゾーンとのシステムとを関連付けをするモジュール
「空調・換気設備/ゾーン ルーム/ゾーン システムAir接続用」 モジュールすでに登録してある室内機テンプレートの中のものを使用する場合は入口接続ノード数 と 出繰り接続ノード数を ともに0→1としてこれから追加する全熱交換器系統からのairの接続ノードを作成します。スペックを変えると、接続ノードL0_airInPair[0]とL0_airOutPair[0]が作成されますのでこれらに接続してください。

・全熱交換器をスケジュールコントロールするモジュール
「空調・換気設備/制御機器/空調機制御20101212」モジュールこのモジュールでシーズン、曜日別運転時間などを設定してください。このモジュールから発信するOn/Off信号の「L1_swcOutOA」ノードを以下に追加する、全熱交換器モジュール、(OAファン、EAファン)に接続し運転制御します。

・全熱交換器本体のモジュール
「空調・換気設備/空調機/全熱交換器」モジュールswc、mod信号を空調機制御モジュールに接続ゾーンへの外気給気系:airIn0を外気モジュール airOut0をゾーン システムAir接続用へゾーンからの排気系:airOut1は未接続でOK、airIn1をゾーン システムAir接続用へ

・OAファン、EAファンのモジュール
全熱交換器本体でファン動力の計算が可能です。ファンの発熱分などを考慮したい場合は、これらのファンを追加登録してください。
質問者ID:FAQ−065
2011/11/16
No.268
給水設備の入力に関しまして、質問をさせて下さい。
給水方式を変更するシミュレーションを掛けたいのですが、シーケンス接続がわかりません。給水システムとしては、添付した図のようなシステムとなっております。給水引込→揚水ポンプ(WP-1)→屋上の高置水槽→(分岐)→A.加圧ポンプ(WP-2)→高層階の衛生器具へ給水→B.水槽からの圧力で低層階の衛生器具へ給水
この場合、Bについては、器具がないため、特にモジュール登録はしなくてよいと思いますが、いかがでしょうか。(衛生器具仕様はAとB別々に入力すべきでしょうか。)モジュールとしては、図のものを入力しております。給水設備に関するシーケンスの接続先を教えて下さい。(接続するのは、赤字とした部分のみでしょうか。)
同じ給水システムのサンプルがあるようでしたらそちらを送付頂ければ、こちらでシーケンス接続を読み取ります。<<給水システム.pdf>>
回答者ID:10
2011/11/17
No.268
BEST給水プログラムでは、頂いた給水システムを直接計算することは出来ません。以下の方法であれば計算出来ると考えます。
 A)高置水槽システム(受水槽+高置水槽+揚水ポンプ+給水負荷)
 B)加圧給水システム
  (受水槽を高置水槽としてみなす。屋上設置のポンプを加圧給水ポンプとみなす。給水負荷を屋上加圧給水ポンプ系統2層分とする。)
の2種類に分け、それぞれ計算後、消費電力等の結果を合算します。なお、A)とB)では給水負荷が異なるので、人数や器具数の調整をし、それぞれのフロアで要する給水負荷設定を行って下さい。
質問者ID:FAQ−065
2011/11/16
No.267
★2011/11/15お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
下記で教えて頂いたように、“システムAir接続用20080909”の「記録を有効とする」にチェックを入れたところ、全ゾーンのコンセント・照明電力の欄は追加されました。内容を見ますと、各階の共用部(空調)は、機器発熱は入力していないので、コンセント電力はゼロ、照明発熱(電力)は出力されており、よろしいかと思います。ですが、専有部に関しましては、機器発熱と照明発熱を入力していますが、コンセント電力と照明電力がゼロとなっております。入力しているにも関わらず、出力されないということが起きていますが、原因がわかりますでしょうか。
回答者ID:06
2011/11/16
No.267
“システムAir接続用20080909”の「記録を有効とする」にチェックを入れていただきましたが、同じ室名のゾーンモジュールにいくつもシステムを接続している場合には、記録を有効にするものは1つのみとして下さい。
補足:単線接続のビルマルチ室内機テンプレートに含まれるゾーンモジュール(“システムAir接続用20080909”)は、負荷計算で定義したゾーン(例:2F共用部(空調))に対して複数登録が出来ます。ただし、マスター画面のテンプレート2011にある新しいビルマルチの室内機テンプレートに含まれるゾーンモジュールは複数の登録が出来ません。
質問者ID:FAQ−075
2011/11/15
No.266
★2011/11/14お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
>昼光利用を行う際の、ベネシアンブラインドのスラット角による効果の違い
>という理解で宜しいでしょうか?
基本的にその通りです。BEST-P 建築操作manualの中で、次のような記載があります。Manual記載の内容がページよって違うようでした。
P7,A多様な窓種類とブラインド操作に対する計算が可能
ブラインド内側、ブラインド内蔵、エアフローウィンドウ(AFW)の計算が可能であり、700 種類以上の窓特性のデータベースが整備されている。
P85,表 3-2 の式(7)を使用して、窓表面温度を求めることが可能となる。窓透過日射は、床・家具面に吸収されるものと仮定した。日射熱取得の各成分は、表 3-5 に示すように、日射熱取得率と透過率、長波放射成分係数を用いて計算する。現在、計算可能な窓は、一般窓(ブラインド内蔵複層ガラス含む)及びエアフローウィンドウ(AFW)である。これを見ると、窓の内側に別途ベネシアンブラインドを設置した場合は計算できるのか疑問に思いました。
>また、出力調節可能な照明の計算例とはどういったものを想定されていますか?
同じくP87-89 昼光利用効果あります通り、(4.1. 昼光利用効果)照明電力と空調電力の両方が計算できるのでしょうか?slat角度の違いにより計算結果の変化がわかるのでしょうか?また、太陽高度、方向は日時で自動的に調整されますか?、それとも固定でしょうか?また、追加で
P64,65の昼光条件の反射率の入力はデフォルト値を通常入れてよいのでしょうか?
いろいろとお伺いしてすいません。
回答者ID:02、07
2011/11/15
No.266
1)計算対象となる窓の種類について
お問い合わせの「窓の内側に別途ベネシアンブラインドを設置した場合」は計算できます。マニュアル内での記載内容の食い違いを指摘されていますが、「ブラインド内側、ブラインド内蔵、エアフローウィンドウ(AFW)の計算が可能」と「現在、計算可能な窓は、一般窓(ブラインド内蔵複層ガラス含む)及びエアフローウィンドウ(AFW)である。」との間では、「ブラインド内側」=「一般窓」「ブラインド内蔵」=「ブラインド内蔵複層ガラス」のように対応しますので、問題はありません。「BEST-P 建築操作マニュアル」(最新の2011年9月版がBESTのホームページからダウンロードできます)の表5-7(p.99-p.102)に、BEST専門版で適用できる窓ガラス品種のリストが掲載されており、それぞれ以下のように対応しますので、参考にしてください。
1.(a)単板ガラス(SNGL)[p.99],(b)複層ガラス中空層6ミリ(DL06)[p.100],(c)複層ガラス中空層12ミリ(DL12)[p.101]が、前述の「一般窓」に相当し、ブラインドは窓の内側に設置されることになります。
2.(d)ブラインド内蔵複層ガラス(DLBT)[p.102表左側]とエアフローウィンドウ(AFWN)[p.102表右側]とが、それぞれ前述の「ブラインド内蔵複層ガラス」と「エアフローウィンドウ(AFW)」に相当し、どちらもブラインドは窓に内蔵されることになります。
(2)ブラインドのスラット角の設定について
BESTの計算におけるブラインドのスラットの角度は、「常時閉」(基本的にスラット角は常時45゜)か、「自動設定」(室内への直射光の進入を遮るようにスラット角度を時々刻々調整)のいずれかを選択することになります。「常時閉」の状態で、昼光計算用のスラット角度を45°から変更して計算することも可能ですが、入力に注意を要するためデフォルト(45゜)のままご利用することをお勧めしています。

(3)昼光利用による調光制御の計算について
(3)-1.計算例は、BESTのホームページから、以下のものが入手できますので参考にしてください。
1.2008年 空気調和衛生工学会大会論文「その25 昼光利用照明計算について 」(http://www.ibec.or.jp/best/information/archives/conference/air2008/)2.講習会テキスト「例題演習によるBEST体験 (2.建築シミュレーションを体験しよう)〜2.8 調光制御の効果」(http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/)
(3)-2.昼光利用や調光制御は、照明器具の消費電力を削減することと、それによる熱負荷を削減することが目的であり、BESTにおいては両者の効果を算出することが出来るようになっています。
(3)-3.太陽の高度および方位は、計算建物の所在地を設定することにより、プログラム内部で時々刻々計算されるようになっています。

(4)入力項目におけるデフォルト値の使用について
データ入力の際のデフォルト値は、設定に迷った時などに無難な計算結果が得られるように用意されたものです。その趣旨を理解していただき、デフォルト値を使用するか否かはプログラムの利用者が判断するようにしてください。
質問者ID:FAQ−065
2011/11/15
No.265
★2011/11/10お問い合わせの回答後の再お問い合わせ

オプションで計算順序を作成したあとで新規に追加したモジュールは、その計算順序には反映されません。とご回答頂きましたが、
【追加質問】
 ・元のデフォルト計算順序は入力したモジュール全てが計算順序に含まれていると思いますが、やはり全ゾーンのゾーン別コンセント電力と照明電力(8Fの場合の名称は下記です)は出力されず、8Fのみ出力されます。8Fだけ計算順序に含まれている項目は見当たらないため、Test2に計算順序を追加して、計算順序を作成しようとしていますが、方法がわかりません。全ゾーンのゾーン別コンセント電力と照明電力を出力する方法を教えて下さい。
コンセント電力:建物_8F共用部(空調)_ZoneforSystem室コンセント消費電力#W#電力 照明・コンセント コンセント
照明電力:   建物_8F共用部(空調)_ZoneforSystem室照明消費電力#W#電力 照明・コンセント 照明
回答者ID:15、06
2011/11/15
No.265
ワークスペースの「設備」タブの共用部(2〜8F)のそれぞれの室内機接続テンプレート(例:テンプレート EHP室内機単線接続 PAC-2-1 2F)にある、“システムAir接続用20080909”をダブルクリックして現れる画面の「記録を有効とする」にチェックを入れてください。尚、右クリックで一覧表示を行うと、設定をより簡単に行うことが出来ます。

また、計算順序にモジュールが含まれていない場合は、ワークスペースの「計算順序」タブ画面でtest2をダブルクリックして現れる「計算順序変更」画面で、登録されていないモジュールを追加してください。登録されていないモジュールは「設定」欄の「追加」ボタンを押すと未登録のモジュールのリストが現れます。「設定」欄の挿入場所をカーソルで指定し、未登録リストから追加モジュールを指定して「追加」してください。
質問者ID:FAQ−075
2011/11/14
No.264
ブラインドの昼光利用効果の計算について
また、内側に別途ベネシアンブラインドを設置は計算することは不可能ですか?(窓ガラス内臓のブラインドのみ対応?)もし可能な場合、ブラインドのスラット角を自由に調整しての計算は不可能ですか?また、出力調節可能な照明の計算例などありますでしょうか?
回答者ID:15
2011/11/14
No.264
こちらでご質問の意図を判断できませんでした。
大変申し訳ございませんが、再度お問い合わせ内容をご確認頂けますでしょうか?ご検討の内容は、昼光利用を行う際の、ベネシアンブラインドのスラット角による効果の違いという理解で宜しいでしょうか?
また、出力調節可能な照明の計算例とはどういったものを想定されていますか?
質問者ID:FAQ−077
2011/11/11
No.263
全熱交換器と空調のスケジュールを別々にする方法を教えていただけませんでしょうか。具体的には、空調を8:00〜22:00で運転、全熱交換器は24時間運転といったように、運転スケジュールを別々にしたいということなのですが、自分の理解が浅くわかりにくいとは思いますが、わかりますでしょうか。よろしくお願いいたします。
回答者ID:03、06
version_1004
2011/11/14
No.263
空調機等の運転スケジュールは空調機制御モジュールで設定しますが、1台の空調機制御モジュールで異なる運転スケジュールで制御をすることはできません。2台の空調機制御モジュールを使用し、全熱交換器用と空調機用に専用で接続してやれば可能です。
質問者ID:FAQ−088
2011/11/10
No.262
先日、BEST簡易版の中間出力ファイルの出力場所について、OSがWindows7の場合の出力場所をお教えいただきました。
本日は、Windows2000の場合の出力場所をお教えいただきたく、メールいたします。
回答者ID:16
2011/11/10
No.262
windows2000の場合はデフォルトでは以下のフォルダに保存されます。「C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\BEST-ES」ユーザプロファイルを変更している場合は「C:\Documents and Settings\ユーザ名」が異なるので、コマンドプロンプトで「echo %USERPROFILE%」を実行して確認してください。また、Application Dataは隠し属性がついているため、フォルダオプションの設定も合わせて確認ください。「フォルダオプション」→「表示」→「詳細設定」の「すべてのファイルとフォルダを表示する」
質問者ID:FAQ−088
2011/11/10
No.261
BEST簡易版を用いて現在検討中の業務ができるかどうかの確認をしており、簡易版1.2.2に関して質問です。
今回の業務では時間ごとの一次エネルギー消費量を知りたいと考えております。BEST簡易版は1時間ごとの計算をされているようですが、1時間ごとの結果を出力することはできますでしょうか?また、計算実行画面に「中間出力ファイルを出力する」とありますが、これはどういったファイルがいつ・どこに出力できるのでしょうか?
お教えくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
回答者ID:15
2011/11/10
No.261
ご指摘の通り、「中間出力ファイルを出力する」にチェックをして計算を行うことで、時刻毎のデータが出力されます。結果は、
D:\Users\個人フォルダ名\AppData\Roaming\BEST-ES\workspace\result 
内にCSV形式で出力されます。(※Windows7の場合)具体的な中間ファイル名称及び格納場所は、以下の通りです。best_result.csvが一次エネルギーの計算結果となっています。
◆項目 ◆場所(\result) ◆CSVファイル名称
◇最大負荷計算結果 ◇peakLoadフォルダ ◇bestBuilH.csv、buildingU.csv
◇年間熱負荷計算結果 ◇Buildingフォルダ ◇buildingM.csv、bestBuilH.csv、buildingU.csv
◇一次エネルギー計算結果 ◇systemフォルダ ◇best_result.csv
質問者ID:FAQ−065
2011/11/10
No.260
★2011/11/7お問い合わせの回答後の再お問い合わせ
ご回答頂きありがとうございます。
追加質問をさせて下さい。お忙しいとは思いますが、ご回答よろしくお願い致します。

<<1109best_result(質疑用).xlsx>>
◆追加質問:行と列を入れ替えたエクセルを送付させて頂きます。
行記号UNは、対象室(この場合8F共用部(空調))のコンセントで使用する電力量のみでよろしいでしょうか。また、こちらはどの入力を基に算出しているのでしょうか。コンセント電力を入力する項目はなかったのですが、建築の機器のテンプレートの中で機器発熱を入力したのですが、そちらの熱量から電力を算出しているのでしょうか。
◆追加質問:行記号UOは、対象室(この場合8F共用部(空調))の室内の照明器具の電力量のみでよろしいでしょうか。 また、こちらはどの入力を基に算出しているのでしょうか。照明器具の電力を入力する項目はなかったのです      が、建築の照明のテンプレートの中で照明発熱を入力したのですが、そちらの熱量から電力を算出しているのでしょうか。
◆追加質問:BESTのメニューの結果出力→結果集計について教えて下さい。 果集計の画面を開くと、処理種別が瞬時値となっております。 現状は計算時間間隔がバラバラ(一部5分ピッチ、一部60分ピッチ)ですが計算をかけた場合、       集計で必要な項目(この場合、本エクセルで黄色の項目)にチェックを入れ集計すると、計算範囲(この場合1時間)の合計が出るものと考えて宜しいのでしょうか。 1年間の合計を出すには、1/1〜12/31で計算をかけて集計とすればよろしいのでしょうか。
◆追加質問:行記号UH〜UOには8F共用部(空調)の電力量が出力されていますが、他の階・ゾーンのデータが出力されておりません。全ゾーン出力させる方法は無いのでしょうか。 計算順序についてですが、現在test2というもので計算をかけています。 test2とデフォルトを比較しましたが、8F共用部(空調)部分だけ計算順序にある、ということはなく全ゾーン計算順序に入っております。 また、test2は、以前計算をかけてもbestBuilM.csvとbestBuilU.csvの2ファイルしか出力されない、と質問させて頂いた際に、 (財)建築環境・省エネルギー機構様にて作成頂いた計算順序です。 (その時のメールは、メールの一番下の部分にコピーしておきます。)再度、計算順序を作成する場合は、test2と同様に、デフォルト計算順序を基に、「基本部品」の「計算結果の記録の指定200803」を先頭に持ってくればよろしいでしょうか。
各ゾーンを計算させるために追加する項目があるようでしたら、具体名を教えて下さい。
◆追加質問:行記号UH〜UOには8F共用部(空調)の電力量が出力されていますが、他の階・ゾーンのデータが出力されておりません。全ゾーン出力させる方法は無いのでしょうか。 計算順序についてですが、現在test2というもので計算をかけています。 test2とデフォルトを比較しましたが、8F共用部(空調)部分だけ計算順序にある、ということはなく全ゾーン計算順序に入っております。 また、test2は、以前計算をかけてもbestBuilM.csvとbestBuilU.csvの2ファイルしか出力されない、と質問させて頂いた際に、 (財)建築環境・省エネルギー機構様にて作成頂いた計算順序です。 (その時のメールは、メールの一番下の部分にコピーしておきます。)再度、計算順序を作成する場合は、test2と同様に、デフォルト計算順序を基に、「基本部品」の「計算結果の記録の指定200803」を先頭に持ってくればよろしいでしょうか。
各ゾーンを計算させるために追加する項目があるようでしたら、具体名を教えて下さい。
回答者ID:06
2011/11/11
No.260
<<1109best_result(質疑用).xlsx>>

→UN列は室のコンセント消費電力量ですゾーンの負荷計算で設定した内部発熱の「機器」 をコンセント消費電力としています。UO列の室照明消費電力も同様で ゾーンの負荷計算で設定した「照明」の消費電力です。BEST-Pでは、負荷計算に使用する照明と機器(コンセント)の発熱(密度とスケジュール)と消費電力とは同じ条件で計算しています。 
→上でまとめて回答しています。
→処理種別で「瞬時値」を選択した場合は、なにも手を加えず、その時刻の値をそのまま記入しています。「平均値」を指定すると 値と計算時間間隔の時間で加重平均したものを計算し記入します。「時間積分値」を指定すると 値×計算時間間隔 の値を計算し記入します。 例 [W]×[s]=[Ws]=[J]
エネルギー消費を求めるとうい点では「時間積分値」を指定することになります。また、電力消費量を[Wh]の形で得るには、集計単位を「時」にしておき処理種別を「平均」としておけば、出力単位は[W](単位をkW、MW などへも指定可能)ですが時間出力ですので[Wh]とみなして使用できます。
→オプションで計算順序を作成したあとで
 新規に追加したモジュールは、その計算順序には反映されません。
質問者ID:FAQ−076
2011/11/9
No.259
・5,000m2以下の建物で、冷温水配管(熱源:ガス焚吸収式冷温水発生器+冷却塔)による空調設備の省エネルギー計算
・5,000m2以上の建物で、冷温水配管(熱源:ガス焚吸収式冷温水発生器+冷却塔)による空調設備の省エネルギー計算

上記二点の計算は可能でしょうか。可能であれば、使用を検討させていただきたいのですが、ご返答頂ければと思います。宜しくお願い致します。
回答者ID:03
2011/11/11
No.259
熱源として、ガス焚吸収式冷温水発生器+冷却塔は対応しています。ただし、システムの詳細仕様によっては対応していない可能性があります。なお、専門版では床面積によって対応していたり対応していなかったり、ということはありません。
質問者ID:FAQ−058
2011/11/8
No.258
添付のBEST関連論文に「人体熱負荷はtwo_nodeモデルの簡易モデルを使い算出」とかかれております

[1] 日射が直接あたっている場合の皮膚表面温度の応答計算とその出力は可能でしょうか
[2] 項[1]が不可能な場合、プログラムのコンサルティングは可能でしょうか
http://www.ibec.or.jp/best/information/pdf/air2007/no_13.pdf
本件、窓際の日射が直接あたる領域でのジリジリ感が皮膚温度の変化速度で表現できる という論文があり計算したい事が目的です
以上 よろしくお願いいたします
回答者ID:01、07
2011/11/8
No.258
[1]2 node modelの計算は、発汗とか震えの計算ができるものでGaggeらが1970年代に開発したものです。
しかし、ご質問のような直達日射があたるときには適用できません。またBESTで用いているのは、2 node modelを簡易化して利用していますので、皮膚温などを2 node modelのように求めているわけではありません。人体を65分割したモデルの計算が早稲田大学からインターネット上で公開されています。
http://news-sv.aij.or.jp/kankyo/s12/Resource/ap/65MN/65mnMan.pdf
上記をご参考下さいますでしょうか。

[2]現在は行っておりません。
質問者ID:FAQ−071
2011/11/7
No.257
BESTの電気設備の結果出力について質疑があります。
以前にシーケンスの接続方法を回答していただき、入力を行いました。しかし、「シミュレーション実行」を行い「結果出力」を確認したところ、ワークスペース内「電気電灯盤」内の盤の記録を有効にしておいても結果(有効電力)が表示されません。どのようにすれば、盤での消費電力量の確認を行えるのでしょうか。お教えてください。
作成した、BESTのファイルは、宅ファイル便にてお送りいたしました。お手数ですが、ファイルをダウンロードしていただきたいと思います。よろしくお願いします。
回答者ID:06
2011/11/8
No.257
送付いただいたデータで計算を試みました。
計算順序の デフォルト計算順序では、エラーとなり計算できませんでした。test と test2 の計算順序では、計算ができました。お問い合わせは、testあるいはtest2の計算順序でのものと推測し回答します。
testあるいはtest2の計算順序のモジュールのどちらのリストにも 「電気電灯盤」内の盤のモジュールが含まれておりません。 未登録はモジュールは計算対象外となります。
ワークスペースの「計算順序」タブ画面で testあるいはtest2をダブルクリックして現れる 「計算順序変更」画面で、登録されていないモジュールを追加してください。 登録されていないモジュールは「設定」欄の「追加」ボタンを押すと未登録のモジュールのリストが現れます。「設定」欄の挿入場所をカーソルで指定し、未登録リストから追加モジュールを指定して「追加」してください。
これで変更したtestあるいはteset2で計算すると出力がされます。
質問者ID:FAQ−065
2011/11/7
No.256
2.建物消費エネルギーの集計について
  出力結果のエクセルに色を付けましたので、建物消費エネルギーを集計する上で、該当としている項目に間違いが無いか確認頂けないでしょうか。なお、データが重かったため、一部のみとしております。
【質問内容】
・建物の消費エネルギーの集計としては、黄色に塗った項目の集計としてよろしいでしょうか。
・K列:ポンプの消費電力以外は何が含まれるのでしょうか。 BESTデータ内では、動力盤には給水ポンプと排水槽ユニットを接続しています。  給水ポンプと排水ポンプの電力量でしょうか。
・W列:電力・照明・コンセントとは、具体的にどの電力量のことでしょうか。
・AC列:分電盤には「衛生器具仕様」を接続していますので、洗浄便座とハンドドライヤーの電力量と考えてよろしいでしょうか。 AC列はAE〜AX列の合計ですので、AE〜AXは集計対象外としましたが宜しいでしょうか。(他、分電盤・動力盤共通)
・KE列:こちらは対象室(この場合8F共用部(空調))のコンセントで使用する電力量のみでよろしいでしょうか。
・KF列:こちらは対象室(この場合8F共用部(空調))の室内の照明器具の電力量のみでよろしいでしょうか。
・現在、計算間隔がバラバラです。電力量の単位はW/hだと思いますので、1時間ピッチ、365日の計算を掛ければ、全日付(1/1 0:00〜12/31 24:00まで)の集計が年間の消費エネルギーとなると考えて宜しいでしょうか。
・KE列KF列には8F共用部(空調)の電力量が出力されていますが、他の階・ゾーンのデータが出力されておりません。全ゾーン出力させる方法は無いのでしょうか。
回答者ID:06
2011/11/8
No.256
>・建物の消費エネルギーの集計としては、黄色に塗った項目の集計としてよろしいでしょうか。
 →申し訳ありませんが、手持ちのExcelでは「UV列」までしか確認できません。消費エネルギーとしては、電気、ガス、油 があります。集計対象は、基本的には電力〜油消費のある個々のモジュールの記録をもとに算出することになります。分電盤や動力盤を組み込み、電力負荷をまとめている場合は、盤の入口の電力がその盤の負荷側の合計値となっています。ダブルカウントに気を付けて集計してください。
  
>・K列:ポンプの消費電力以外は何が含まれるのでしょうか。
> BESTデータ内では、動力盤には給水ポンプと排水槽ユニットを接続しています。
> 給水ポンプと排水ポンプの電力量でしょうか。
 →給水ポンプの消費電力と排水槽ユニット(これには排水ポンプが入っています。)の消費電力です。

>・W列:電力・照明・コンセントとは、具体的にどの電力量のことでしょうか。
 →出力の見出し項目名は #文字で区切られており「モジュール名称+出力項目名 # 単位 # コード」となっています。W列は衛生器具仕様モジュールからの電気ですので 洗浄便座とハンドドライヤーの消費電力です。

>・AC列:分電盤には「衛生器具仕様」を接続していますので、洗浄便座とハンドドライヤーの電力量と考えてよろしいでしょうか。
 →よろしいです。W列と同じものです。
AC列はAE〜AX列の合計ですので、AE〜AXは集計対象外としましたが宜しいでしょうか。(他、分電盤・動力盤共通)
 →よろしいです。衛生設備などテンプレートで登録した場合、テンプレート内のモジュールの消費電力は動力盤や分電盤ばどで集計するように接続されています。

>・KE列:こちらは対象室(この場合8F共用部(空調))のコンセントで使用する電力量のみでよろしいでしょうか。
 →申し訳ありませんが、表示範囲外の列で確認できません。

>・KF列:こちらは対象室(この場合8F共用部(空調))の室内の照明器具の電力量のみでよろしいでしょうか。
 →申し訳ありませんが、表示範囲外の列で確認できません。

>・現在、計算間隔がバラバラです。電力量の単位はW/hだと思いますので、1時間ピッチ、365日の計算を掛ければ、
> 全日付(1/1 0:00〜12/31 24:00まで)の集計が年間の消費エネルギーとなると考えて宜しいでしょうか。
 →メニューの結果出力→結果集計をご利用ください。必要な項目のみ抽出し、処理後の値をファイルに出力することが可能です。

>・KE列KF列には8F共用部(空調)の電力量が出力されていますが、他の階・ゾーンのデータが出力されておりません。
> 全ゾーン出力させる方法は無いのでしょうか。
 →申し訳ありませんが、表示範囲外の列で確認できません。(デフォルト計算順序以外のオプション計算順序の場合は、計算対象から漏れている可能性があります。出ていないモジュールが計算順序の指定で計算の対象となているかご確認ください。)
質問者ID:FAQ−065
2011/11/7
No.255
1.report(共通建築).logについて
BESTにてエラー無く計算を掛けれておりますが、「report(共通建築).log」にて「隙間風の漏気性レベルの設定が不適です」という指摘がございます。(データを添付させて頂きます。なお、入力データは、11/2に宅ファイルで送付させて頂いたものです)
気密性を高い・普通・低いに変更してもこのメッセージが消えないのですが、原因はわかりますでしょうか。また、計算がかけれておりますが、このメッセージは放置した場合、計算結果に差し支えあるのでしょうか。
<>

回答者ID:02、07
2011/11/8
No.255
(本サポートにおいては、基本的に利用者の入力内容のチェックはしておりませんが、ご質問の文章だけではエラーの原因を特定することができませんでしたので、お送りいただいたデータを調べさせていただきました。)
エラーメッセージが出た原因は、ユーザインターフェースプログラムにバグがあり、一括仕様設定の外壁気密性入力値の扱いに不適切な箇所があったためでした。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。現在のプログラムにおいて外壁漏気係数法で隙間風計算を行う場合には、一括仕様設定をご利用頂かないようお願い致します。各ゾーンの隙間風の画面で、計算法として「D外壁漏気係数法」を選択したうえで、気密性の設定して下さい。この不具合については、次回バージョンアップ時に改良いたしますので、ご了承ください。また、エラーメッセージが出ることと、計算が最後まで進むことは別ですので、基本的に原因を探し出して修正を施し、エラーメッセージが出ないようにしてください。
質問者ID:FAQ−058
2011/10/31
No.254
http://ci.nii.ac.jp/naid/110007083972
上記添付論文をたまたま見つけたのですが、151頁左段最下行に、「窓ガラスの熱貫流率・日射熱取得率においてフレームを考慮する事で2〜3割値が変化する」と書かれています。BESTでは窓フレームを考慮した計算が可能でしょうか。
回答者ID:07
2011/11/2
No.254
窓を、フレーム部分とガラス部分に分解し、フレーム部分の属性を、熱伝達率や熱容量に関するものは「建築データ−基本」にある「壁体構造」に、日射熱の取得に関する物は「建築データ−要素」にある「外壁」に、それぞれ設定することで窓フレームを考慮した計算が出来ると思います。
質問者ID:FAQ−065
2011/10/31
No.253
★2011/10/21お問い合わせの回答後の再お問い合わせ

回答を頂きました件について、追加で質問させて頂きます。お忙しい所お手数ですが、回答お願い致します。尚、修正後のデータを宅ファイルにて別途送付させて頂きました。届いていない場合はご連絡下さい。

1.回答@について
全熱交換器とファンの関係は下記です。
・事務所部:全熱交換器4台設置により給排気を行う。
 ダクトはEAとOAの一次側、二次側共に分岐していないので、下記の4本のダクトが接続されています。
 (OAダクト)外気→機器、機器→室内
 (EAダクト)室内→機器、機器→室外
・機械室 :SAファンとEAファンにより給排気を行う。
上記の2室の換気設備を入力したいと考えており、全熱交換器とファンについて質疑させて頂いております。回答を受けまして、各全熱交換器に「ダクト分岐」と「ダクト集合」モジュールを追加しました。ノード数は分岐ないのため、1としております。入力に不適切な箇所がないか、確認頂けないでしょうか。

2.回答Aについて
換気装置制御は、各換気設備につき1台として追加しました。シーケンス接続についてですが、全熱交換器のシーケンス接続:教えて頂いた下記にように接続しました。
  L0_airIn0⇒L0_airOut0(ダクト分岐)
  L0_airIn1⇒L0_airOut2(ダクト集合)
L2_recOut、L1_swcIn、L1_modIN、L0_eleInの接続は現状のままで宜しいでしょうか。
ファン(EA、SA)のシーケンス接続:全熱交換器と同様に接続しました。内容をチェック頂けないでしょうか。

3.回答Bについて
現状のまま、3相と1相は分けずに、電力量を換気設備まとめて表示させるよう、動力盤に全ての換気設備を接続します。
回答者ID:06
2011/11/4
No.253
質問1,2
全熱交換器のswcInの接続相手が2個接続されています。どちらかを切断してswcInの相手は1個となるようにしてください。全熱交換器の空気側の接続が、ダクト集合あるいはダクト分岐に接続されていますが接続したダクト集合およびダクト分岐の片側の空気の接続が未完成です。未接続が入口側の場合、常に0℃で流量が0g/sの空気として状態がでんたつされます。 これは、全熱交換器の「グラフを表示する」を有効にして計算実行すると確認することができます。未接続の部分を接続する必要があります。
接続系統が不明なので推測ですが全熱交換器の給気、排気の相手が、EHP室内機単線接続テンプレートだとするとこの接続はできません。EHP室内機単線接続テンプレートには外部からの空気の接続ノードが用意されていないためです。EHP室内機単線接続テンプレートのままで、全熱交換器の省エネを検討する場合は各室内機機モジュールの入力項目の「取入れ外気量」と「全熱交換器効率」を設定して検討してください。この場合、全熱交換器の動力がある場合は 室内機の「ファン動力」に分配し加算してください。
機械室の換気のSAとEAについてはこの接続でも結構です。換気ファンの運転時間がSAとEAで一致する場合は一つの換気制御装置モジュールで
  swcOutFANSA に SAファンのswcInを接続
  swcOutFANEA に EAファンのswcInを接続
とし、2台のファンを制御することでも可能です。

質問3
動力盤と換気動力の接続はこれで結構です。
質問者ID:FAQ−074
2011/10/28
No.252
・「BESTとは」-->「BESTの特徴とその利用効果」の欄に簡易版や基本版の利用例が紹介されていますが、専門版とは別に無料で利用できる簡易版や基本版が存在しているのでしょうか?
・ユーザー登録は申込書をファックスで送った後どのような手続きになるでしょうか?
・ユーザー登録をすると「省エネ計画作成支援ツール」のコンソーシアム版を利用できるようになるのでしょうか?
回答者ID:01、10、11
2011/10/31
No.252
・無料で利用いただけるBESTのバージョンはBEST(省エネルギー計画書作成支援ツール)です。以下のURLよりダウンロードいただけます。
http://www.jsbc.or.jp/best_download/index.html
・FAXを頂きましたら、ID・パスワード、USBキー、取扱説明書、ご請求書等の書類を一週間前後でお届け致します。その後、ご請求金額をお振り込み頂ければお手続き完了となります。
・ユーザー登録いただきますと、BEST(省エネルギー計画書作成支援ツール)のコンソーシアム版のほか、簡易版、専門版をご利用いただけます。ユーザー登録費はアカデミックプライスもご用意がございます。詳細は下記のURLよりご確認くださいませ。
http://www.ibec.or.jp/best/program/pdf/user/information.pdf
なお、大学は、正確にはアカデミック価格は無料(実費のみ)にすることになりました。これまでは一般の半額でした。ただまだその手続きが未定ですので、今すぐというわけではありませんが、来年度までユーザー登録をお待ちになるのも一つの考えと思われます。
質問者ID:FAQ−073
2011/10/27
No.251
先日のBEST(初級)の講習会(2011/10/14)にて、持参したノートパソコンのBESTーPが起動しませんでした。その際、会場におられた係の方に見てもらい、起動するようにして頂きましたが「JAVAを認識していなかったようです」とのことでした。その時、JAVAはインストール済みでしたのでBEST-Pのプログラムを確認されていたようです。会社に戻り、デスクトップパソコンのBEST−Pも同じように起動できない状態です。どのような操作手順をしたらよいか、教えて頂けると助かります。どうか宜しくお願い致します。
デスクトップパソコンのOSとインストールされたJAVAのバージョン
OS:Windows XP Professional Version 2002 Service Pack2 (32bit版)
JAVA(1,7,0)
回答者ID:16
2011/11/1
No.251
当日は以下の対応をしました。
1)マイコンピューターを右クリックしプロパティを選択
2)システムのプロパティの詳細設定タブを選択
3)環境変数ボタンをクリック
4)システム環境変数の「Path」を選択し編集ボタンをクリック
5)変数値の末尾に「$javaのインストールフォルダ$\bin」を追記
ただ、正常にJavaをインストールした際は上記対応をする必要がないため、Javaのインストールに失敗、またはレジストリに異常があるなども考えられます。また、Javaは1.6系を出来る限り使用してください。
質問者ID:FAQ−065
2011/10/21
No.250
換気設備の入力に関して質問をさせて頂きます。現在、以下の換気設備を入力しようとしております。登録した部品は下記です。現状のデータは宅ファイルで送付させて頂きます。
・全熱交換器×4台
・給気(SF)ファン×1台
・排気(EF)ファン×1台
・動力盤:消費電力量を出力するため
・換気装置制御:全熱交換器、給気ファン、排気ファンのスケジュール制御用(8〜20時運転)
質問事項は下記です。

@換気設備の入力について
上記の換気設備のシミュレーションをするのに、足りない部品はありますでしょうか。換気機器を8〜20時で運転する場合、制御装置は、「換気装置制御」でよろしいでしょうか。
Aシーケンス接続について
 ・全熱交換器、給気ファン、排気ファンのシーケンス接続方法ですが、マニュアルに記載がないかと思います。接続関係がわかる資料を頂けないでしょうか。
 ・換気機器の制御用に、「換気装置制御」を追加しましたが、シーケンス接続が1つしかできません。換気機器1台につき、換気装置制御1台を入力し、シーケンス接続しなければならないのでしょうか。
B動力盤による消費電力の出力について
SFファンは3相200V、EFファンは1相100Vとなっています。動力盤にシーケンス接続して、換気設備合計消費電力を見れるようにしたいのですが、3相200 Vと1相100Vが混合する場合、3相200 V用動力盤と1相100V用動力盤の2つに分けてシーケンス接続しなければならない、ということはあるのでしょうか。
回答者ID:06
2011/11/10
No.250
@制御装置は「換気装置制御」で結構です。全熱交換器の4台とファン(EA、SA)1台の関係が不明ですが全熱交換器が並列として計画している場合は、ダクト分岐(出口風量=入口風量÷出口接続数)や、ダクト集合(混合後の出口空気の状態値を計算)のモジュールを追加して接続します。また、全熱交換器の風量が異なる場合は、入口側にそれぞれVAVユニット(CAVユニットとして使用)を接続してVAVユニットのスペックの「最大風量」にその値を設定してください。
A全熱交換器のairのノードが2組あります。内部では次のようにつながっており
  L0_airIn0⇒L0_airOut0 
  L0_airIn1⇒L0_airOut2
一方を排気系、他方を外気取入れ系として使用してください。Fanの位置は吸込み側、押込み側のどちらの可能性もあります。設計状況に合わせて、先のVAVユニットやダクト分岐・集合モジュールなどを接続してください。
接続の件、swcOutFANSA、swcOutFANEA が一つしか接続できないこと確認しました。申し訳ありません。プログラムの不具合です。対策しますが、お急ぎの場合はすみませんが制御モジュールを追加してください。
B上位の変圧器などの系統および系統負荷を考慮する必要がないのであれば、現在は、3相200 Vと1相100Vの違いで接続の可否はおこなっていませんので分けなくても計算は可能です。
質問者ID:FAQ−072
2011/10/20
No.249
会社PCで最新版2011-9-30を再インストール致しましたが、BESTフォルダ内に"simulator"フォルダ、shedule.csvが存在しないという同様の現象が起こりました。(インストールの再は、念のため共有ドキュメント内に作成されているBESTのフォルダは一旦削除致しました)対処方法をご教示下さい。
回答者ID:16
2011/11/10
No.249
操作ミスなどで破損した物件データは、アプリケーションを再インストールしても修復されないため、破損した物件データについては、お手数ですが破棄して再度物件データを作成しなおしてください。
質問者ID:FAQ−071
2011/10/19
No.248
BESTの電気設備の入力について下記質疑があります。

・空調、照明、コンセント負荷までのシーケンス接続方法
電気操作マニュアルにある「電気設備プログラムの構成(開発モジュール)」を参考にし、入力を行っています。入力する物件は、竣工した建物であり、変電設備の単線結線図、幹線系統図に基づいています。「変電遮断器」→「単相(三相)変圧器」→「電灯(動力)配電盤」→「分電盤」まで接続を行いましたが、分電盤に負荷を接続することができません。照明器具、コンセント、室内機などを接続したいのですが、どのように接続(電力量の拾い上げ)すれば宜しいのでしょうか。
現状
現在入力中のデータを添付いたします。設備タブの「電気設備」「テンプレート電気設備基幹」内の「分電盤2L-A」から「電気設備」内の「OAコンセント2F」へ接続が出来ません。また、「分電盤2L-A」から「専有部(右)」「テンプレートEHP室内機参戦接続PAC-4-1 2F」内の室内機への接続ができません。
回答者ID:06
2011/10/26
No.248
分電盤2L-Aと2L-B が「テンプレート電気設備基幹20081201」の中に登録されています。テンプレートの中のモジュールとテンプレートの外のモジュールを直接接続することはできません。分電盤2L-Aと2L-B は「テンプレート電気設備基幹20081201」の外に登録してください。これでシーケンス画面の「全フォルダ」で室内機テンプレートや動力盤が接続相手候補に表示されます。
質問者ID:FAQ−070
version_1004
2011/10/18
No.247
以前もそうでしたが、サンプルデータですので、諦めておりましたが・・・。”D-040 空調(セントラル)・・・”の圧縮ファイルのうちNo4〜No10がうまく解凍できないのですが?またサンプルデータの20100518Aと20100518Bもうまい具合に解凍できません・・・。その他の圧縮ファイルは解凍できました。
ファイル名が長すぎるのか?LZHではなくZIP形式のためなのか?
ご無理でしたら結構なのですが、対策がおありでしたらご教示下さると幸いです。お手数をお掛けいたします。どうぞ、宜しく御願い申し上げます。
回答者ID:11
2011/10/19
No.247
サンプルデータはBESTにて直接読み込むことが可能ですので、解凍せず、BESTを起動後、ファイルの読み込みで読み込みたいファイルを指定していただければそのままご利用いただけます。もしもこの方法が出来ないということでしたら、お手数ですが再度お問い合わせくださいますようお願いいたします。
質問者ID:FAQ−024
version_0911
2011/10/18
No.246
9月30日にアップされた『BEST1109』をインストールすると、 下記添付ファイルのエラーメッセージが出力されます。
対処方法をご教示願いたく、メールいたしました。 よろしくお願いいたします。
★使用環境確認(2011/10/18)
・使用OS      :Microsoft Windows XP SP3
・JAVAのバージョン:JAVA 3D 1.5.2
回答者ID:16
version_1109
2011/10/19
No.246
初期ファイルの作成エラーと表示される場合は、以下のケースが考えられます。
・管理者権限がないため、書き込めない。
・BEST(以前のバージョン)を起動した状態でインストールを実行し、ファイルを書き込めない。管理者権限を確認し、以前のBESTをアンインストールしてからインストールしてください。
質問者ID:FAQ−069
version_1004
2011/10/17
No.245
★2011/10/17のお問い合わせからの追加お問い合わせ
ご丁寧にご返答頂きありがとうございます。高価なソフトですので検討のため、最後に下記の質問をさせてください。
(1)集合住宅の場合の建物用途について
建物用途は、近い性質の「ホテル」を選択することになるのでしょうか?それとも、専門版には「集合住宅」という選択肢があるのでしょうか?
(2)集合住宅の【期間負荷計算】及び【最大負荷計算】について
「住戸単位」及び、【期間負荷計算】及び【最大負荷計算】は可能なのでしょうか?同様に、各住戸のリビングや寝室など「各室単位」での計算は可能なのでしょうか?中間住戸の場合、南北が廊下とバルコニーの場合が多いですが、上下階と東西の隣住戸を、部屋と想定して計算できるのでしょうか?また、その部屋は「空調された」部屋、または「空調されていない」空室 という設定は可能なのでしょうか?
よろしくお願い致します。
回答者ID:07
2011/10/18
No.245
(1)「専門版」には建物用途を入力するところはなく、建物用途を気にすることなくモデルを作成して計算することが出来るようになっています。『建物用途は、近い性質の「ホテル」を選択することになるのでしょうか?』というご質問は、BESTの省エネルギー計画書作成支援ツール(以下、「支援ツール」)をお使いになってお感じになったものかと思いますが、「支援ツール」では入力作業をより簡便に行えるように、内部発熱条件(在室人員,照明,機器)や空調運転条件、外気導入条件などの建物の使用パターンについて、建物用途別にデフォルトデータが用意されているために、建物用途を選択するようになっているのです。
「専門版」においても、デフォルトデータが用意されている入力項目もありますが、建物の用途を意識したものではなく、ほとんどが一般的な値ですので、データ作成時に建物用途を選ぶ必要が無いようになっております。現在、BESTのホームページに、講習会のテキストや専門版のマニュアルが公開されておりますので、それら(下記)をご参照いただければ、計算作業のイメージが掴めるのではないかと思います。
★BESTホームページ「プログラムの活用」(http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/) [講習会のテキスト]−[例題演習によるBEST体験 (2.建築シミュレーションを体験しよう)]および[BEST講習会(初級)(1.例題T)]、[BEST講習会(初級)(2.例題U)] [マニュアル]−[建築]−[C建築]
ちなみに、「支援ツール」と「専門版」とでは、データの入力方法は異なりますが、計算エンジン部分は同じプログラムを使用していますので、計算精度の点では同等であります。

(2)集合住宅の場合、BESTでは部屋ごとに計算を行うことになると思います。住戸を構成する複数の部屋を同時に計算し、その結果をまとめることで「住戸単位」の結果が得られます。【最大負荷計算】と【期間負荷計算】の両方が可能です。隣接する部屋の温度条件については、設定方法がいくつか有りますので、その中から選択することが可能です。実際に計算させた結果の温度を使用したり、固定温度にしたり、外気温度と自室温度によって一意的に決まる温度にしたり、集合住宅であれば、隣接する部屋に相当する自宅内の部屋の温度を使用したりすることも出来ます。詳しくは、HPで公開されている講習会テキストに解説がありますので、(1)と同様に、
★BESTホームページ「プログラムの活用」(http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/) [講習会のテキスト]−[BEST講習会(初級)(2.例題U)]をダウンロードし、その中の「《補足》隣室タイプの選択」(page.U-2.1-4)をご覧ください。
質問者ID:FAQ−087
2011/10/12
No.244
BEST簡易版で気象データの取り込みの記述がありますが、DVDはどこから入手できるのでしょうか?価格についても連絡頂ければ、参考にしたいと思います。以上、宜しくお願いします。
回答者ID:15
2011/10/12
No.244
簡易版で取り込む気象データとは、拡張アメダス気象データのDVDを指します。こちらにつきましては、下記のHPより内容をご確認ください。http://www.metds.co.jp/
質問者ID:FAQ−069
2011/10/11
No.243
★2011/9/30お問い合わせの回答に対する追加お問い合わせ

(1)木造住宅や、マンションなどは、無料版では計算出来ないのでしょうか?
BEST(省エネルギー計画作成支援ツール)無料ダウンロードサービスhttp://www.jsbc.or.jp/best_download/index.html のページを見ると、「住宅」用途、「木造」の評価はできません。 とあります。住宅用途、及び木造建物の評価は、無料版ではできないとうい事でしょうか?
建築の試算例(住宅負荷計算の条件と結果概要)http://www.ibec.or.jp/best/program/pdf/shisan/kenchiku_3.pdf のページを見ると、木造住宅の計算が見られます。コンソーシアム版では、住宅用途、及び木造建物の評価が出来るというこでしょうか?
(2)BESTでは今のところ外ブラインドの効果を考慮した計算には対応していない点
近いうちに、外ブラインドの対応可能性はあるのでしょうか?
(3)日射遮蔽物の種類はどの程度あるのでしょうか?ブラインド(カーテン等)と言いましても、レース状のものから、断熱性が高いもの、障子まで、様々ありますが、透過率や反射率は、手入力出来る? もしくは、標準的な数値が設定されているのでしょうか?
(4)SMASHと、BESTの違いを簡単に教えて頂けないでしょうか。以下の認識で宜しいのでしょうか?
SMASHは、時間単位の計算による暖冷房負荷計算ソフト、BESTは、分単位まで調整することで、実態に近い暖冷房負荷計算までできるものという認識です。
回答者ID:07、11
2011/10/14
No.243
(1)BEST(省エネルギー計画書作成支援ツール)では、非住宅のみが計算対象ですので、ご指摘の通り、住宅の評価は行えません。なお、BEST専門版では住宅の計算が可能ですが、申請には使えません。
(2)外ブラインドへの対応は、現在のところ予定されておりません。代替案として、現在BESTに備わっている庇の効果を考慮する機能を利用して、簡易的に計算を行うことができるかもしれません。
(3)BESTで対応している日射遮蔽の種類は、いわゆるベネシャンブラインドのみで、(明色/中間色/暗色)のうちから選択ができます。縦ブラインドやカーテン、障子などには対応しておりません。窓ガラスのデータベースに新たな材料を追加する機能が近々追加される予定ですので、属性値(熱貫流率,室内側放射熱伝達係数の割合,日射熱取得率,日射透過率,可視光透過率)を入力することで使用者が希望する窓材料を計算に使用することが出来るようになると思います。
(4)"SMASH for Windows"(以下、SMASH)の細かい点については当方では分かりかねますが、両者では計算ロジックが異なる点が大きいと思います。ただ、動的熱負荷計算(非定常熱負荷計算)を行うという点では同じ目的に用いることのできるプログラムであると言えると思います。また、SMASHは「住宅用熱負荷計算プログラム」とうたっておりますので、住宅を題材にした熱負荷計算を主眼にしているようであるのに対し、BESTは、熱負荷計算にとどまらず設備シミュレーションまで行える総合エネルギーシミュレーションツールであり、建物の熱負荷計算機能はその一部であります。したがって、そういう意味でBESTは、住宅から事務所ビルをはじめとるす業務用建物まで、より広範囲に高精度に計算することが出来る点で、SMASHより優れているといえると思います。
質問者ID:FAQ−043
version_1004
2011/10/6
No.242
ご使用のOS = Windows 7
ご使用のOSバージョン = Service Pack1
使用OS =
Javaのバージョン = バージョン6アップデート25
BESTのバージョン = 1109

建築 = 有
空調 = 無
衛生 = 無
電気 = 無
コージェネレーションシステム = 無
蓄熱システム = 無
その他 = 無

壁面からの熱負荷を計算し、室内表面温度の算出式がマニュアルにありましたが、室内表面温度の結果を出力することはできますでしょうか。
回答者ID:07
2011/10/7
No.242
BESTでは、プログラム内部で室内表面温度を求めて、PMVや作用温度(OT)の算出に使用していますが、表面温度自体を出力する機能はありません。
質問者ID:FAQ−058
2011/10/5
No.241
添付資料に「PMW制御でのBEST計算」について報告がされております。<>
勉強不足で申し訳ありませんが、PMW制御でのBEST計算の取り扱い説明があれば紹介して頂けないでしょうか

回答者ID:02、03
2011/10/11
No.241
ご覧頂いた論文の数値計算で使用している空調モジュールは、建築エンジンのテスト用モジュールのため公開されていません。
BESTに標準で添付されているモジュールでPMV制御を実現する方法について、まとまった資料はありませんが、モジュール間の接続の変更、あるいはモジュールのスペックの変更によってPMV制御を実現することは可能です。たとえば、変風量方式において、風量を調整することでPMVを制御しようとする場合、ゾーンテンプレート(VAV)の内部では、対象ゾーンの環境情報がPIDモジュールに接続されており、これにより風量を調整することでフィードバック制御を行っていますが、この「環境情報」として、デフォルトでは「室温」が選択されているところを、「PMV」に変更すればPMV制御となります。あまり参考になるかどうか分かりませんが、PIDモジュールについての資料としては、以下があります。
建築総合エネルギーシミュレーションツールBEST における空調PID制御モジュールのパラメータの調整に関する研究,二宮博史,長井達夫,菰田英晴,菅長正光,野原文男,石野久彌,村上周三,空気調和・衛生工学会論文集, No.171, pp.31-40, 2011.6
質問者ID:FAQ−069
2011/9/30
No.240
(1)住宅や集合住宅の冷暖房負荷の計算を考えているのですが、どのライセンスが該当しますでしょうか?
(2)冷房負荷の計算をする際に、何分後に設定温度・湿度になるようにするという設定は、何分単位でできますでしょうか?
(3)冷房負荷を計算する際、2kwのエアコンの場合、何分後に設定温度になるか?という計算は出来ますでしょうか?
(4)外ブラインドや照明など、帰宅後に開放したり、スイッチをONOFFする設定は、実際の生活のように、分単位や時間単位で設定出来るのでしょうか?
(5)IBECで開発されているSMASHは開発が完了しているもので、BESTは後継のシミレーションソフトと考えて良いのでしょうか?
(6)省エネ法など、各種申請に、冷暖房負荷計算の根拠として提出できるソフトウェアと考えて良いのでしょうか?
回答者ID:07、10、11
2011/10/7
No.240
(1)BEST専門版で計算が出来ます。
(2)BESTでは、時刻毎の変動スケジュールを1分単位で設定することが出来ます。ただし、1分間隔を単位にスケジュールを組むと、少なくともその設定時刻の前後は1分ごとに計算を行わなければならないので、設定するスケジュールの管理や出力されたデータの処理が煩雑になり、結果の評価も容易でなくなることが予想されます。したがいまして、短くても5分程度の間隔でスケジュールを組むことをお勧めしています。
(3)計算結果をご覧いただければ何分後に設定温度に達しているかご確認いただけます。
(4)(2)でお答えしたように、時刻毎の変動スケジュールを最小1分単位で設定することは出来ますので、実際の使用状況に近い設定をすることは可能であると思います。ただし、細かすぎるスケジュールを設定した場合に予想される結果も(1)でお答えした通りですし、さらにBESTでは、1日の時間スケジュールパターンは3つ(平日、休日、その他)までしか設定できませんので、日によって次々に時間スケジュールパターンを変えて計算をするのには制限があります。BESTのホームページに住宅を題材にスケジュールに応じた計算の例が公開されています(http://www.ibec.or.jp/best/program/shisan/)ので、参考にしてください。また、BESTでは今のところ外ブラインドの効果を考慮した計算には対応しておりませんので、ご了承ください。
(5)SMASH、BESTは全く異なるプログラムです。計算目的にあわせて使い分けるものと考えており、SMASHの後継がBESTではありません。
(6)BEST(省エネルギー計画書作成支援ツール)が申請に対応するバージョンになります。
質問者ID:FAQ−065
version_0911
2011/9/29
No.239
★2011/9/27お問い合わせ回答に対する追加お問い合わせ

ご回答頂きましてありがとうございます。給湯に関し、局所方式の入力が出来ない旨は了解しました。
また、衛生設備の入力がうまくいってなかった件ですが、衛生設備のシーケンス接続を頂いた参考ファイルのように接続しました。ですが、シミュレーションをかけると、下記の2ファイルしか出力されなくなり、ポンプの消費電力等が確認できません。
bestBuilM.csv
bestBuilU.csv
下記の6ファイルが出力されない原因はわかりますでしょうか。衛生以外の部分は、空調の室内機の名称を変えたのみです。現時点のデータを添付させて頂きます。
・best_result.csv
・best_result1.D.csv
・best_result1.H.csv
・best_result1.M.csv
・best_result1.Y.csv
・best_result1.U.csv
度々お手数をお掛けしますが、ご回答よろしくお願い致します。
回答者ID:10
2011/10/4
No.239
best_result.csvが出力されなかった原因として、計算順序の設定が挙げられます。計算順序の最後を空調記録としたものケースとして「test2」で作成したところ、出力されています。添付入力ファイルにてご確認下さい。
質問者ID:FAQ−058
version_1004
2011/9/29
No.238
一般的に壁の薄い工場建築物に対し、ビルは鉄筋コンクリート等で厚く蓄熱しやすくなっていると思います。このような壁の蓄熱効果は、BESTでは壁断面構造を詳細に定義している事で表現され計算で再現されている、という解釈で正しいでしょうか

回答者ID:07
2011/9/29
No.238
お問い合わせの後半部分については、ご指摘の通りです。
BESTでは壁体構造を入力する際に構成部材の種類と厚さを指定するようになっていますが、この時、部材別に熱伝導率、比熱、密度のデータを持たせていますので、部材での蓄放熱効果を考慮した計算を行えるようになっているのです。(なお、お問い合わせの前半部分に関して、建物の用途と壁の厚さは必ずしも連動しているわけではありませんのでご注意ください。)
質問者ID:FAQ−061
2011/9/28
No.237
★2011/9/13お問い合わせの回答後、再お問い合わせ

マニュアルに沿って設定を行いシミュレーションを行ったところ、
#java.lang.NullPointerException
@jp.or.ibec.best.domain.building.shell.ResponseConverter.convertResponse(ResponseConverter.java:56)
@jp.or.ibec.best.domain.building.spaces.Room.initialize(Room.java:197)@jp.or.ibec.best.domain.building.spaces.MultiSpace.initialize(MultiSpace.java:77)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.BuilDomainEngine.buildModel(BuilDomainEngine.java:48)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.relatedBuilding(BestEngineThread.java:160)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.run(BestEngineThread.java:89)
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< BEST EXCEPTION LOG
というlogが出力されました。
エラーの原因が何か読み取れなかったので教えて頂けますでしょうか。
また、このエラーの文章が何を表わしているのか、一覧表みたいなものはありますでしょうか。
回答者ID:03、06
2011/10/7
No.237
まず、建築単独の計算が問題なく実行できるか確認し、その後、連成計算に進んでください。動作する状態から少しずつ入力データを変えていき動作しなくなる箇所を特定することをお勧めします。
なお、添付いただいたログだけでは直接の原因は特定できません。このログは、Javaのランタイムエラーの表示で、BEST開発側ではJavaのランタイムエラーの一覧表のご用意はございませんので、Java言語の解説書をご参照ください。
質問者ID:FAQ−058
2011/9/28
No.236
BEST計算結果出力についてご教示下さい。

室負荷S_暖房、室負荷S_冷房、室負荷L_暖房、室負荷L_冷房、室負荷T_暖房、室負荷T_冷房
における S L Tの意味を教えて頂けないでしょうか

回答者ID:07
2011/9/29
No.236
BEST-P建築操作マニュアルの、『「2.7.1.各時間ステップの結果出力ファイル」−(3)各ゾーンの計算結果−・補足』ならびに、『「2.7.3.月別・年間値の結果出力ファイル」−(3)全ゾーン、各ゾーンの計算結果−・補足』に書かれている通り、
Sは顕熱、Lは潜熱、Tは全熱
を表していますので、例えば、「室負荷S_暖房」というのは「室の暖房顕熱負荷」を意味していることになります。
質問者ID:FAQ−065
2011/9/27
No.235
添付頂いた、「@○○ビル(元データ・建物消費エネ・衛生sample.zip」と9/15に送付させて頂いた、「A○○ビル(元データ・建物消費エネルギー・衛生追加).zip」を見比べますと、消費エネルギーが算出できるように、動力盤等が追加されていますが、衛生設備の入力内容について変わりがないかと思います。
Aのデータは加圧給水ポンプが動作していないとご指摘頂きましたが、@のデータでは、具体的に、どのように修正したのでしょうか。
下記の点以外に修正した箇所を教えて下さい。(Aのデータで動作していなかったポンプを作動させる方法を教えて下さい)
・「設備 基本モジュール」フォルダに、Stop and Run等をまとめた。
・「設備 基本モジュール」フォルダに、分電盤と動力盤を作成した。
 →シーケンス接続は、各フォルダ(専有部(右)等)の分電盤を接続した。
また、もう1点質問させて頂きます。
マスターの衛生設備の給湯設備のテンプレート(「テンプレート 衛生設備 給湯」)につきまして、貯湯槽、循環ポンプ等があり、セントラル方式を想定したテンプレートのように見受けられますが、事務所等の局所方式の建物で、潜熱回収給湯器を使用した場合等のシミュレーションを行ないたいのですが、テンプレートから余分な設備を削除していった場合、正常にシミュレーションはできるのでしょうか。

お忙しい所、恐縮ですがご回答お願い致します。
回答者ID:10
2011/9/29
No.235
「@○○ビル(元データ・建物消費エネ・衛生sample.zip」について再度確認をしました。
加圧給水方式の計算を行うには、モジュールを削除するだけでなく、各モジュールのシーケンス接続を再度行う必要があります。添付のサンプルファイル「衛生2-2_高置水槽なし(上水のみ)」のモジュールのシーケンス接続のとおりに行ってみて下さい。例えば、@のファイルでは、加圧給水ポンプのモジュールで、L0_watOutCWが衛生器具(給水負荷)モジュールに接続されていません。
また、給湯についてはセントラル給湯システムでのテンプレートですので、局所式給湯方式の計算は現在のところ出来ません。
質問者ID:FAQ−068
簡易版1.2.0
2011/9/26
No.234
社用PCで、BEST-P1003は起動しますが、BEST-P1004、BEST-P1109が起動しません。状況は9月22日お問い合わせ内容と全く同じです。弊社のPCもデータ暗号化ソフトがインストールされており、それが原因ではないかと推測しております。その他、社内システムを管理している部門が管理するソフトウエアがインストールしてあるようですので、そのあたりの可能性もあります。
--------------------------------
社用PC仕様
・Windows XP(32bit) SP3
・ウイルス対策ソフト: Symantec AntiVirus
・データ暗号化ソフト: ハミングヘッズ Sep(Security Platform)
・JAVA: バージョン6 Update 27(古いバージョンを使用しているPCもありますが、同様に起動しません。)
・BEST: BEST-P1109(2011-9-21版)
※システム管理部門の管理機能ついては、システム管理部門に確認してみないと解らない状況です。
--------------------------------

回答者ID:17
2011/9/28
No.234
2011年9月22日お問い合わせの独自解決案の回答内容をいくつかのPcで試した結果、解決することが確認できました。

質問者ID:FAQ−067
2011/9/22
No.233
BESTの専門版が起動しません。ver.1004から起動しないのですが、ver.1003は問題なく動作していました。Ver.1109,ver.1004ともにデフォルトフォルダへのインストールは問題ないですが、BESTを起動すると途中で「システムエラー発生」のメッセージが出て、先には進めません。詳細は添付資料に纏めました。(システムエラーが出るまでのコマンドラインの表示内容は、ver.1109,ver.1004で同じです。)以下に、問題が発生するPC(以下PC-A)の環境概要を記します。
*PC-A
使用OS = Windows Vista Business(32bit)
OSのバージョン = Service Pack1
JAVAのバージョン = 6 Update 27 + 3D 1.5.2
BESTのバージョン = 1109 および 1004
社員支給用以外で会社に有るいわゆる共用PCの中には、1004,1109が起動して使えるもの(以下PC-B,PC-C)もあり、それぞれ以下のような構成です。
*PC-B
使用OS = Windows 7 Professional(64bit)
OSのバージョン = −
JAVAのバージョン = 6 Update 27(64bit)+ 3D 1.5.2
*PC-C
使用OS = Windows XP Professional(32bit)
OSのバージョン = Version 2002 Service Pack2
JAVAのバージョン = 6 Update 5 (3D無し)
特に明確な差異は見られないのですが、上記の他で原因と思われるのが、ハードディスクのデータ暗号化ソフトの存在です。支給されるPCには標準的にこれがインストールされ、繋がっているハードディスクはことごとく暗号化するのが標準です。PC-AのHDDは「秘文」により暗号化されており、PC-BとPC-Cは、されておりません。PC-Aの他にもBESTver.1004以降が立ち上がらないPCは暗号化されており、ただしVer.1003は起動するという共通点があります。
回答者ID:07、16
2011/9/26
No.233
独自調査解決:既存のフォルダー(プログラムフォルダーと作業フォルダー)を全消去して、改めてデフォルト設定にてインストールを行うことで解決します。他のPCでも同じかは確認が必要です。

●2011/9/29 詳細調査による回答
[原因]
インストール時に作業フォルダにファイルをコピーする際に、ファイルが既に存在する場合に、既存ファイル内容にそのまま上書きする指定となっていた。
[現象]
上書き前のファイルサイズが上書き後のファイルサイズより大きいと上書き前のファイル内容がファイル末尾に残ってしまう。
(例) 上書き前のファイル内容:1234567890
    上書き後のファイル内容:aaaaaaa
    インストール後のファイル内容:aaaaaaa890
[対応]
上書き前のファイル内容は破棄してから、ファイルをコピーする。
質問者ID:FAQ−058
2011/9/16
No.232
外壁面に2種類の窓ガラス種を持つ建築物でのBEST計算をしておりますが添付のエラーが出ました。
状態・対策に関しサポートをお願いできないでしょうか。

2011/9/19追加連絡
上記エラー関連で、パラメーター変更後saveする時、以前に比べsaveに必要な時間が数分の1と短いのですが、何らかの原因究明に役立つでしょうか
回答者ID:07
2011/9/20
No.232
お送りいただきました"report(共通建築).log"に、日本語で「(窓:Window) ** warning (code:11) ** 面積がゼロあるいはマイナスです。マイナスの場合はゼロに置き換えます  室グループ(北) - ゾーン(北) 窓 area:0.0」
というように書かれてありますので、『室グループ(北)』の『ゾーン(北)』,『ゾーン(東2)』,『ゾーン(西2)』について、まず窓の面積が正しく入力されているか確認して、再度計算を実行してみてください。
質問者ID:FAQ−065
2011/9/15
No.231
BESTについて質問させて頂きます。

2011/9/14に質問した際のBESTデータ(9/14 送付メール、○○ビル(元データ).zip)では、室内機等の消費電力を出力した「best_result1.H.csv」等が計算をかけると出力され、消費電力量の確認ができました。そのデータに衛生の仕様を追加したところ、「best_result1.H.csv」等が出力されなくなりました。衛生の設定がうまくできていないのでしょうか。また、空調機と衛生機器の消費電力は合計して表示できないのでしょうか。衛生のテンプレートで作業した内容は下記、データは添付したものになっております。
・衛生のテンプレート追加
・受水槽+加圧給水システムのため、高置水槽を削除
・雨水利用はないため、雨水関連と雑排水利用関連を削除(雑排水槽の容量を指定するものは残してます)
・各種の「記録を有効とする」にチェック
<<○○ビル(元データ・建物消費エネルギー・衛生追加).zip>>
衛生の入力ができているか、衛生と空調の消費電力を計算・出力できるのか教えて頂けないでしょうか。お手数ですが、よろしくお願い致します。
回答者ID:06、10
2011/9/26
No.231
消費電力が出力できないのは、前回のお問い合わせと同様の理由によります。
参考までに動力盤などを追加し、出力可能なものを送付します。
参考例では、「設備 基本モジュール」フォルダの「空調衛生 分電盤20090101」、「空調衛生 動力盤20090101」モジュールに空調と衛生の1相電力と3相電力を集約しています。
実際の電気側の設計をもとに、動力盤、分電盤を組みさらに変圧器や遮断器なども組み込むと良いでしょう。それらのモジュールの電力入口ノードの記録を読み取ることで、そのモジュールに接続された下流側の合計電力がわかります。
添付の元データでは、加圧給水ポンプが動作されていないようです。添付にて加圧給水方式(上水給水のみ)の場合のサンプルデータを送付しますので、ご参考下さい。
質問者ID:FAQ−065
2011/9/14
No.230
★追加ご質問
本日質問を送付させて頂きましたが、追加質問させて頂きます。先ほどのメール時点では設備シートのPAC4-1 2Fの室内機のみでしたが、今回、設備シートにあります、全ての室内機と室外機について、「tmグラフ トレンド(ZoneEnv)20080826」以外のもので、「記録を有効とする」にチェックを入れ、計算を行なったところ、先ほどは表示されていた、フロア毎の室内機消費エネルギーが表示されなくなりました。添付したエクセルの図の青ライン下側の「室照明消費電力#W#電力 照明・コンセント コンセント(W・h)」に、名称の表示がないだけで、室内機と室外機の消費電力量は含まれているのでしょうか。
回答者ID:06
2011/9/20
No.230
個々の室内機の記録が出ない原因は、室内機の名称がすべて同じ「tmビル用マルチ 室内機20090702」で登録されているためです。室外機についても同様で「tmビル用マルチ 室外機20090702」という同一名称で登録されているようです。
記録は名称が同じだと上書きされています。個々の室内機、室外機モジュールからはデータがあがっているのですが記録側で上書きされたため結果として、室内機1台、室外機1台のデータしか残っていないということが起こっています。お手数かけすみませんが、室内機および室外機の名称を区別できるよう変更してください。
また、「空調記録」と「計算結果の記録の指定200803」「Stop and Run」モジュールは各1個のみの登録としてください。(各4個登録されていました。)連成計算でシミュレーションを行う場合の気象データは「設計用データ」ではなく「標準年データ」または「実在年データ」を使用してください。
参考までに個々の室内機・室外機の出力が必要なく合計だけ知りたい場合は動力盤モジュールを追加して、これに室内機の電力を接続し動力盤モジュールで消費電力の集計をさせて記録する方法があります。
参考データを添付します。なお、参考データは、専有部(右)系統のみ動力盤を追加接続しています。
質問者ID:FAQ−065
2011/9/14
No.229
★2011/8/22お問い合わせの回答に対する追加お問い合わせ

先日回答頂きました件について、追加質問させて頂きます。
@回答1の方法について
添付しましたBESTデータにて、設備シートのPAC4-1 2Fの室内機について,「tmグラフ トレンド(ZoneEnv)20080826」以外のもので、記録を有効とするにチェックを入れました。計算を行ない、グラフ出力を行なったところ、添付したエクセルの図1の項目が出てきましたが、こちらで作業を間違いないでしょうか。また、残りの室内機と室外機に同様の作業を行うことで、建物内の消費電力量を算出し、合計することで建物消費エネルギーを算出するという考えでよろしいでしょうか。
Aグラフの軸について
上記の結果から、室内消費電力のグラフを表示させたものが、エクセルの図2です。横軸は時刻とありますが、「4-1」は4:10のことでしょうか。
Bファイルの違い
下記の違いを簡単に教えて下さい。また、年間計算の結果ですので、月単位や季節単位の集計をしたい場合、csv出力結果から手作業で数値を拾おうと考えているのですが、下記のどのファイルを用いるのが良いのでしょうか。
・best_result.csv
・best_result1.D.csv →1日毎の集計でしょうか?
・best_result1.H.csv
・best_result1.M.csv
・best_result1.Y.csv
・best_result1.U.csv
C空調シミュレーションを体験しようのマニュアルの3.4にて、
エクセルの図3のような、月別消費電力量のグラフがあります。私が表示させたいグラフはこちらなのですが、回答1の方法で修正したところ、このようなグラフは見当たらなかったです。具体的な表示方法を教えて頂けないでしょうか。
回答者ID:06
2011/9/20
No.229
@回答1の方法の手続きは、これで合っています。
・・・室内機消費電力・・・ を読み取って算出することになります。ただ、読み取るファイルは「best_result.csv」が基本です。これは、計算時間間隔毎に出力されたファイルです。図1は「best_result1D.csv」ファイルを読込んでいますので「best_result.csv」を日処理したデータです。
    〜H は時間処理
    〜D は日処理
    〜M は月処理
    〜Y は年処理
    〜U は「best_result.csv」からコメント列を除いたデータファイル
処理は、データによって、合計、平均、積算処理などを行っていますが一部、申し訳ありませんが処理後の単位表示などに不具合があります。
A@の日処理ファイルのデータをグラフ表示したと思われますので「4-1」は1月4日 を表しています。グラフ全体は1月1日から4月15日の日処理データを表示しているようです。
Bファイルの説明に関しては、以下のURLのNo.139に記載がありますので、こちらでご確認下さい。(http://www.ibec.or.jp/best/program/voice/voice20110812.html)
集計については@の回答で説明しました。集計処理される場合は、計算時間間隔毎の出力データの「best_result.csv」あるいは「best_resultU.csv」のデータをご使用ください。
Cマニュアル3.4のグラフは月処理した「best_result1M.csv」から作成したグラフです。
質問者ID:FAQ−061
2011/9/13
No.228
現在、住宅1軒のモデルに対する熱負荷の計算を行っております。

そこで、外気温や負荷率などを考慮した上でのエアコンの消費電力などを計算したいと思っているのですが、設備設定のテンプレートがビル用となっていて、マニュアルを読んでも設定方法がわかりませんでした。
住宅のエアコンを設置する際の設備設定の方法を教えていただきたいと思います。
回答者ID:03
2011/9/26
No.228
住宅用と業務用とでは、機器特性が異なる可能性はありますが、データの入力方法は業務用と変わりません。IBECのBECSのホームページに掲載の、「D.空調設備(パッケージ)操作マニュアル」のp.1からp.13をご参照ください。
質問者ID:FAQ−064
2011/9/5
No.227
専門版にてAFWの検討をしています。そこで、AFWの運転方法について次のA〜Dのどれなのかを教えてください。
A:夏期も冬期も空調機に還気している。
B:夏期も冬期も排気している
C:夏期は排気して、冬期は空調機へ還気している
D:その他
というのも、現在次のスケジュールにて検討しています。
@空調スケジュールに沿わせてAFWを運転した場合(冬期と夏期の8:00〜20:00に運転している)と、
A夏期はAFWを運転(8:00〜20:00)して、冬期はAFWを止めた場合
の2ケースについてです。
このスケジュール条件で計算すると、Aの暖房期にAFWを止めた場合よりも、@の空調スケジュールに合わせてAFWを運転した場合のほうが装置負荷が少なくなる結果となりました。このことから考えると、暖房期においてAFWを運転させると、AFW内を通過した空気が空調機に還気していると考えられます。そのため、AFWの運転方法について知りたく、質問させていただきました。よろしくお願い致します。
回答者ID:07
2011/9/6
No.227
BESTにおいては、AFW(エアーフローウィンドウ)から排出される空気(以下「AFW排気」と呼びます)は、冷房時、暖房時に関わらず全て屋外に排気されるものとして計算しています。したがってAFW排気による負荷は計算結果の装置負荷には算入されていません。窓面日射があまり強くなければAFW排気の温度は室温より低くなるので、AFW排気を空調機に還さずに屋外排気すれば暖房負荷は小さくなります。
BESTを使って、AFW排気を空調機に還すことによる影響を考慮した計算を行うためには、設備との連成計算を行う必要が有りますが、AFWを組み込んだモジュールは用意されておらず、当面作成される予定もありませんので、現状では難しいと言わざるを得ません。
質問者ID:FAQ−061
2011/9/2
No.226
★2011/8/31お問い合わせの回答後の追加お問い合わせ
初歩的なミスで申し訳ございません。熱負荷計算の流れはつかめたと思いますので、色々と試してみます。

最後の質問ですが、BESTに入力データを外部から読み込ませる(エクセルのマクロなどから)事は可能でしょうか?また、将来的にそのような使用にする予定はございますでしょうか。
回答者ID:10
2011/9/5
No.226
現在はデータの外部からの読み込み機能はありませんが、XMLデータの外部読み込み機能は開発予定です。
質問者ID:FAQ−061
2011/8/31
No.225
マニュアルに沿って設定してみたのですが、計算が始まる前にエラーが出て停止してしましました。この際以下のようなメッセージがreport.logに出力されました。原因が何にあるのかわからないのでよろしくお願いいたします。

BEST EXCEPTION LOG >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>2011/08/31@14:53:01
#java.lang.NumberFormatException
@sun.misc.FloatingDecimal.readJavaFormatString(Unknown Source)
@java.lang.Double.parseDouble(Unknown Source)
@jp.or.ibec.best.domain.building.schedule.AnnualSchedule.convertMode(AnnualSchedule.java:194)
@jp.or.ibec.best.domain.building.schedule.AnnualSchedule.getModeDouble(AnnualSchedule.java:149)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.AnnualScheduleManager.getAnnualScheduleModeDouble(AnnualScheduleManager.java:206)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.AnnualScheduleManager.getAnnualScheduleModeDouble(AnnualScheduleManager.java:194)
@jp.or.ibec.best.domain.building.load.Equipment.calHg(Equipment.java:267)
@jp.or.ibec.best.domain.building.load.Equipment.outCalElectric(Equipment.java:233)
@jp.or.ibec.best.domain.building.spaces.Space.outCalLightElectric(Space.java:274)
'@jp.or.ibec.best.domain.building.spaces.MultiSpace.outCal1(MultiSpace.java:100)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.BuilDomainEngine.outputs1(BuilDomainEngine.java:80)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.BuilDomainEngine.simulate(BuilDomainEngine.java:62)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.relatedBuilding(BestEngineThread.java:225)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.run(BestEngineThread.java:89)
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< BEST EXCEPTION LOG

入力ファイルを添付しますのでこちらをチェックして頂ければと思います。なお、試しに計算が回るかどうかをチェックしているため、詳細な条件は適当に入力してある部分が多々ありますが、ご了承ください。
回答者ID:07
2011/9/1
No.225
まず、本サポートにおいては利用者の入力内容のチェックや計算結果の検証はしておりませんので、その点ご了解願います。
お送りいただきました"report.log"の内容には建築計算のみ実行した場合には出力されないと思われる項目("Equipment"など)が見受けられます。前回の回答で説明いたしました「建築プログラムだけで、空調機を運転させた上での期間負荷計算を簡易的に行う」方法においては、設備計算は行わないようにしておかなければなりませんので、BESTプログラムの「共通」タブにある「計算範囲」の画面を開いて、「設備計算」の項目が「する」になっていないか確認してください。
また、建築計算に関するエラーの原因を探る手掛かりとしては、前出の"report.log"のほかに、BEST-Pの作業フォルダーの下(Windows XPの場合、デフォルトでは"C:\Documents and Settings\All Users\Documents\BEST\BEST\Files_ObjectInfo\Object001\Result"になります)に"report(共通建築).log"が出力されることがあります。(BEST-P建築操作マニュアル「2.7.計算出力ファイル」(P.60)を参照してください。)このファイルが出力された場合には、その旨を知らせるメッセージ画面が出ますので、その内容を確認して、エラー解消の手掛かりとしてください。
質問者ID:FAQ−061
2011/8/24
No.224
現在、住宅モデルにて複数室間の熱のやりとりを考慮した熱付加計算を行おうとしております。その際に、特定の部屋にクーラーを導入しスケジュールに従っって動くという状況を作り出すには、何を設定すれば良いのでしょうか?
ビル用のマニュアルでは、ビル用マルチテンプレートを設定し、モジュールを接続を行っておりますが、同じような手順を踏めば良いのでしょうか。
また、「6.計算事例/6.2.計算事例2(住宅),6.5.計算事例5(住宅最大負荷)」で示されている、入力データのZIPファイルなどありましたら、それを参考にしたいと思うのですが提供して頂く事は可能でしょうか。
回答者ID:01、02、07
2011/8/29
No.224
ビル用マルチテンプレートを設定してモジュール接続を行わなくとも、建築プログラムだけで、空調機を運転させた上での期間負荷計算を簡易的に行うことが出来ます。(もし、クーラーをその時々の空調室の温湿度状態に応じて細かくフィードバックさせながら、その機器の特性に従って運転させた場合の計算が行いたいということであれば、設備プログラムと連成させて計算をする必要があります。)
概略を説明しますと、クーラーを導入する部屋(BESTでは「ゾーン」と呼びます)に設定している「ゾーン空調条件」(BEST-P建築操作マニュアルの「2.4.11.ゾーン空調条件」(P.49)参照)に、想定するクーラーの冷暖房容量を入力し、気象データとして「実在年データ」か「標準年データ」を使用し(BEST-P建築操作マニュアルの「2.1.1.気象」(P.10)参照)、「通常計算」(BEST-P建築操作マニュアルの「2.1.2.計算範囲」(P.13)を参照)を行えばよいのです。
上記の他にも設定しなければならない項目はありますが、ここで全てを説明することはできませんので、BESTのホームページからダウンロードできる『例題演習によるBEST体験 (2.建築シミュレーションを体験しよう)』(http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/)の中の「2.7 年間負荷計算を実行してみよう」に手順が比較的詳しく書かれていますので、ご覧になってください。現状では一番参考になるのではないかと思います。ただし、このテキストで使用されているBESTプログラムは現行のものよりもバージョンが古いので、その点にご注意ください。
なお、入力データに関しましてはバージョン違いの問題等があるため、ご提供には1ヶ月程度を頂戴したく思います。また、一例であり模範入力ではございませんので、計算されたい条件に合わせた入力値を十分ご検討いただきますようお願い申し上げます。

BEST1109版対応の住宅サンプルデータをご用意いたしました。サンプルは、最大負荷計算、年間負荷計算の2種あり、ともに建築単独計算で設備との連成は行いません。年間負荷計算サンプルの方は、マニュアルに掲載した例題に対して計算条件を変更いたしましたので、pdfの説明資料を添付いたしました。計算条件に関しては、標準的とは限りませんのであくまでもサンプルとしてお考え下さい。
質問者ID:FAQ−066
2011/8/24
No.223
BESTの専門版を使用しているのですが、換気機器で全熱交換器を設定する項目はあるのでしょうか。
よろしくお願いいたします。
回答者ID:03
2011/8/29
No.223
空調機用の全熱交換器モジュール登録・接続することによって、全熱交換器に対応しています。
質問者ID:FAQ−061
2011/8/23
No.222
ご使用のOS = Windows Vista
ご使用のOSバージョン = Service Pack2
使用OS =
Javaのバージョン = 1.6.0_26
BESTのバージョン = BEST-P

建築 = 有
空調 = 有
衛生 = 無
電気 = 有
コージェネレーションシステム = 無
蓄熱システム = 無
その他 = 無

住宅モデルの熱負荷計算を行うとしているのですが、マニュアルではビル用のものを説明しているので、設備の部分の設定方法がいまいちよく理解できません。住宅用のマニュアルなどありましたら教えていただきたいと思います。
回答者ID:07
2011/4/24
No.222
BESTをご利用いただきありがとうございます。
住宅の場合もビルと同様に設定していただければ計算できるようになっておりますので、ご不明の点がございましたら具体的にお問い合わせいただければお答えできるかと思います。
なお、住宅用のマニュアルというものは用意しておりませんが、住宅を対象にした計算例がいくつかありますので参考にしていただければ幸いです。
・The BEST Program サイト
 「試算例/建築の試算例(住宅負荷計算の条件と結果概要)」
 http://www.ibec.or.jp/best/program/pdf/shisan/kenchiku_3.pdf
・BEST-P 建築操作マニュアル
 「6.計算事例/6.2.計算事例2(住宅),6.5.計算事例5(住宅最大負荷)」
質問者ID:FAQ−065
2011/8/22
No.221
建物情報を入力し、連成計算を行ない、建物消費エネルギー量を出力したいのですが、設定方法がわかりません。マニュアルを探しましたが、見つかりませんでした。
建物消費エネルギー量を出力させるには、どういった設定が必要なのでしょうか。お手数ですが、ご回答よろしくお願い致します。
回答者ID:06
2011/8/23
No.221
次の方法があります。
1.エネルギーを消費するすべてのモジュールの「記録を有効とする」にチェックを入れ計算結果を出力記録し、計算結果ファイルからエネルギー消費の項目を拾い集計処理して求める。
2.システムモデルを電力やガスの引き込みから末端のエネルギー消費機器まで構築し引き込み部分のモジュール(電力遮断器モジュールやガス分岐管など)の「記録を有効とする」にチェックを入れてこれらのモジュールからの計算結果を出力記録し、計算結果ファイルからモジュール上流側のエネルギー消費の項目を拾い集計して求める。

なお、システムモデルを「建物全体テンプレート」をベースとして組立てた場合、「tmBE グラフ トレンド 1次エネルギー消費量 用途別20090808」モジュールからエネルギー種類と消費先別に集計した結果が出力されるように接続されています。このモジュールの「記録を有効とする」にチェックを入れ結果を見てください。ただし、基準階の階数や電力やガス媒体の接続を変更した場合はいくつかの調整が発生します。
*BESTホームページ(マニュアル)の例題演習によるBEST体験(3.空調システムシミュレーションを体験しよう)などを参考にしてください。
質問者ID:FAQ−063
2011/8/12
No.220
以下の計算を行っています。
 ・対象建物:店舗を想定
 ・床面積:1000u(50m×20m)、5000u(50m×100m) いずれも平屋建て
 ・1000uと5000uでは面積が異なるのみで、他の条件はすべて同じ
 ・1つのゾーンとして入力してあります(これに無理があるかもしれませんが)
 ・添付ファイルは、それぞれのピーク、年間計算のデータです。

計算を実行しますと、1000uではそれなりの結果が出ますが、5000uでは暖房負荷が大きく、冷房負荷が小さくなります。床面の影響が大きいと考え、土壌5m、固定温度17℃としたことにより、若干の改善はみられましたが、1000uと5000uでの結果が大きく異なります。5000uで床面積のみ1000uとして計算すると、かなり冷房負荷が増大し、暖房負荷が減少しますので、やはり床面の影響が大きいと思われます。平屋建てで床面積を大きくすると、床面の寄与率が増大することは分かるのですが、少し結果が極端すぎる感じはします。
5000uを一つのゾーンとして計算することに無理があるのでしょうか?もし、原因として考えられることがあれば教えてください。
回答者ID:07
2011/8/24
No.220
まず本サポートにおいては、利用者の計算結果の検証はしておりませんので、その点ご了解願います。また、結果が極端すぎると申し出られる場合には、ご指摘の部分がどこか分かるように明示していただければ幸いです。
質問の中で説明していただいた設定内容の範囲では、データが正しく入力されていれば、極端に異なる結果は出ないように思われます。最初に申し上げました通り、利用者の入力内容のチェックなどは本来行いませんが、念のため面積設定のみチェックさせていただきましたところ、以下の点が見つかりました。
・"床面積5000u(ピーク計算).zip"のゾーンにおいて、ゾーン自体のプロパティ(スペック)にある「床面積」が1,000m2になっているのに対し、そのゾーンに属す「屋根」と「床」それぞれの面積は5,000m2となっている。
この点に対して、"床面積5000u(ピーク計算).zip"のゾーン自体のプロパティ(スペック)にある「床面積」を5,000m2に修正して、当方にて計算を実行したところ、最大負荷計算の結果は、"床面積1000u(ピーク計算).zip"の計算結果と近い値が得られましたことを報告させていただきます。
質問者ID:FAQ−050
2011/8/3
No.219
★2011/8/3 1通目のお問い合わせ回答後のお問い合わせ

コピーの仕方を教えて下さい。試みましたが、うまくいきません
回答者ID:11
2011/8/3
No.219
BEST-P 共通操作マニュアルの4.6(4)室グループ、室、ゾーンのコピー方法をご確認下さい。
質問者ID:FAQ−050
2011/8/3
No.218
★2011/8/2 1通目のお問い合わせの追加お問い合わせ

窓面積を0にすると通常のパターンの結果はでるようになります。
くりかえしになりますが、このあたりに何かヒントがないでしょうか
回答者ID:11
2011/8/3
No.218
北側は窓面積「0」としなくてもきちんと計算された結果となっていると思います。それとも、北側は「0」とし、南側は「0」としない計算結果をご送付いただいたのでしょうか。
回答差し上げましたとおり、見比べるても全く同じデータが入っているということでしたら、北側データをコピーして利用しても同じようにおかしな結果が出力されるかご確認いただけますでしょうか。
質問者ID:FAQ−050
2011/8/2
No.217
BEST計算してエラーが発生しました。
ファイルを添付いたします。問題点と対策についてご教示頂ければと思います

回答者ID:02、07
2011/8/3
No.217
お送りいただきました"report(共通建築).log"の内容を拝見いたしますと、数か所の窓の面積が正しく入力されていないようです。対策についてはいくつか考えられます。適当と思われるものをお試しください。
1.エラーが発生している窓と、発生していない窓とで入力内容を比較し、異なっている部分をチェックする。
2.エラーが発生している窓の入力内容を、発生していない窓の入力内容にそっくり置き換えて、エラーの発生状況を確認しながら、元の設定内容に戻していく。
3.(2.と似ていますが)エラーが発生している窓の入力内容を、単純な内容に置き換えて(エラーが発生している窓の設定内容を控えた上で、それを削除し、新たに窓の設定をしても良いと思います)、エラーの発生状況を確認しながら、元の設定内容に戻していく。
※「単純な内容」というのは、窓名(適宜)、外表面名(適宜選択)、窓面積(1m2など)以外はデフォルト値の状態(=新規入力時のまま)を意味しています。
上記の検討でもエラーが解消しない場合、窓以外の部分に極端な条件設定がされている可能性があります。計算条件と入力データを改めてご確認下さい。
質問者ID:FAQ−050
2011/8/2
No.216
計算結果を確認すると、計算値がなく??の物理量があります
モデルファイルが重くて送付できないのですが、どうしたらよいでしょうか
回答者ID:07
2011/8/2
No.216
お送りいただいた計算結果ファイル"bestBuilM.csv"の内容を拝見いたしますと、おつくりになった建物モデルのうち、「室グループ(南)」の方は、ご質問の通り過大な値が出力されている月があったり、"?"の文字のみ出力されている月があったりしているようですが、もう一方の「室グループ(北)」の方は一見して正常な計算結果が出ているようにも見受けられます。おつくりになったモデルの各「室グループ」に含まれているゾーンの名称や床面積から推察するに、南北で対称に近い建物のようですので、「室グループ(南)」での入力内容と、「室グループ(北)」での入力内容を見比べて原因探しをしてみてはいかがでしょうか。

または、正常に計算できていると思われる「室グループ(北)」をコピーした後に必要部分を修正することにより、改めて「室グループ(南)」を作成する(既存の「室グループ(南)」は削除します)と言う方法も有効かと思います。いずれの場合にせよ、時間はかかりますが、不具合の原因が特定できるよう、ゾーンごとや条件ごとに修正しながら計算を繰り返すようにすると良いと思います。
質問者ID:FAQ−064
2011/8/1
No.215
エアフローウィンドウを取り付けた場合の検討をしています。
そこで、@AFW内を通過する通気量の値について、BESTに入力する単位が[l/m2・sec]なのですが、このm2あたりの単位は、何に対しての面積でしょうか?窓面積でしょうか?それとも空気が通過する面の面積なのでしょうか?
回答者ID:07
2011/8/1
No.215
窓面積です。
入力欄に「空気が通過する面の面積」を求めるための入力欄が無いことからもご理解いただけることと思います。
質問者ID:FAQ−063
2011/7/27
No.214
ご使用のOS = Windows 7
ご使用のOSバージョン = オリジナル
使用OS =
Javaのバージョン = 6
BESTのバージョン = BEST1106

建築 = 有
空調 = 無
衛生 = 無
電気 = 無
コージェネレーションシステム = 無
蓄熱システム = 無
その他 = 無

予冷熱と外気導入に関する質問です。
@マニュアルを見ますと、予冷熱は最大負荷計算時のみ有効とも読めますが、年間計算の場合には、予冷熱時間も通常の空調時間と同じ扱いになるのいでしょうか?
A予冷熱時には外気カットをすることも多いと思いますが、外気導入スケジュールで予冷熱時間帯も外気導入の設定にしている場合には、自動的に外気カットはされないのでしょうか。外気カットをする場合には、外気導入スケジュールを変更しておく必要があるのでしょうか。
以上、よろしくお願い致します。
回答者ID:07
2011/8/2
No.214
@その通りです。
最大熱負荷計算はその計算結果により空調の装置容量を決定することが主目的であり、また、予冷熱とは正規の空調時間帯の前に部屋の温湿度を設定値に出来るだけ近づけておくことが目的ですので、BESTでは予冷熱終了時点で室内の温湿度が設定値に達するような最小の装置容量を求める計算を行い、その装置容量を予冷熱時間帯の負荷としています。(BEST-P建築操作マニュアルの「3.10.2.予冷熱計算法と最大熱負荷の求め方」(1)予冷熱計算(P.73)を参照)その一方、年間熱負荷計算では、あらかじめ設定した容量の空調設備を負荷に応じて運転することにより、各時間におけるエネルギー消費量や室内の温湿度条件を求めることが目的となりますので、予冷熱時間帯も空調時間帯も同じ計算をすればよく、あえて別扱いをする必要がないわけです。
Aその通りです。
予冷熱運転設定と外気導入設定が、プログラム側で勝手に連動することはありません。
質問者ID:FAQ−050
2011/7/26
No.213
前にもお聞きしたかもしれません
添付(bestBuilM,csv)はBESTの計算結果ですが、外気温度含め結果は月毎に数値1つですが、24時間×31日のデータの算術平均でしょうか
回答者ID:11
2011/7/26
No.213
建築操作マニュアルの「2.7.3. 月別・年間値の結果出力ファイル」をご参照下さい。
質問者ID:FAQ−061
2011/7/21
No.212
★2011/7/21 1通目のお問い合わせ後の追加お問い合わせ

Javaを再インストールしたところ、認識されるようにはなりましたが、BEST-Pを起動させようとすると添付ファイルのような画面が出て直ぐに消えてしまい、起動しませんでした。
対処法よろしくお願い致します。
回答者ID:11、16
2011/7/25
No.212
頂いたエラーの内容を拝見したところ、ご使用のPCは64bit版のようにお見受けしました。64bit版への対応については検討中でございます。推奨している動作環境をご確認の上(http://www.ibec.or.jp/best/faq/index.html)、対応OSを利用したPCにて動作確認下さいますようお願い申し上げます。
質問者ID:FAQ−061
2011/7/21
No.211
★2011/7/20お問い合わせの回答後の追加お問い合わせ

ライセンスキーの問題は解決いたしました。そのため、簡易版に関して正常に起動する事が出来るようになりました。
しかし、専門版に関しては
「’java’は内部コマンドまたは、外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチファイルとして認識されていません」
というメッセージが出てしまいます。
公式サイトでチェックした所、推奨バージョンの Java がインストールされています(Version 6 Update 26).と出ましたが、コマンドプロンプトでは認識されていませんでした。
繰り返しとなり申し訳ありませんが、以上よろしくお願い致します。
回答者ID:16
2011/7/21
No.211
javaコマンドが認識されていないということは正常にインストールされていない可能性があります。(簡易版はjavawコマンドで起動するため簡易版のみ起動していると考えられます)
javaを再インストールしてください。
質問者ID:FAQ−062
2011/7/21
No.210
弊社、空調機器の機器設計、及び仕様策定のため、御社のツール利用を検討しております。ドキュメントや関連学会発表資料等から、御社ツールは十分に弊社利用目的に適うツールと考えておりますが、ユーザーインターフェースやカスタマイズ性等、導入前に確認しておきたい点がございます。
試用版等を期間限定で利用させて頂くこと可能でしょうか?
御社WEB上からは、制限付きプログラムがダウンロード(現在準備中)できないため、お返事頂ければ幸いです。なお、本ツールは、弊社他場所で空調機器本体モデルの評価を実施中で、これら評価結果を元にツール導入を判断したいと考えております。
よろしくお願い致します。
回答者ID:11
2011/7/21
No.210
現在BESTでは、期間限定等の試用版のご用意がありません。なお、今後につきましても試用版の提供については未定です。
すでにご覧いただいているプログラムのマニュアルや試算例、学会発表論文等をご参考の上、導入をご検討いただきたく思います。マニュアル等の中で判断できないものについては、お問い合わせいただけましたら幸いです。
質問者ID:FAQ−061
2011/7/20
No.209
BESTを起動させようとした際に問題が発生いたしましたので、対応策に関しての問い合わせです。
BEST(専門版)インストールし、起動させようとしますと’java’は内部コマンドまたは、外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチファイルとして認識されていません、と表示されます。
また、BEST(簡易版)を起動させたところ、ライセンスキーを確認できません。アプリケーションを終了します。と表示され、プログラムが動きませんでした。
マリュアルの通り、jre-6u24-windows-i586 java3d-1_5_1-windows-i586の2つはインストール致しました。またOSは、Windows Vista Business Service Pack2を使用しております。
正常に起動させるためにはどのようにすればよろしいでしょうか。
以上よろしくお願いいたします。
回答者ID:16
2011/7/21
No.209
「’java’は内部コマンドまたは、外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチファイルとして認識されていません」とメッセージが表示されるのは、Javaが正しくインストールされていないことを表しています。以下の方法にてインストール確認を行ってください。
 1)公式サイト
 2)コマンドプロンプトを立ち上げ、「java -version」と入力する
「ライセンスキーを確認できません。」
とメッセージが表示されるので、ライセンスキーの確認ができないことを表しています。BEST専門版・簡易版を起動させるためには、ライセンスキーをUSBポートに差しておく必要があります。ライセンスキーを差して起動しているか確認を行ってください。
質問者ID:FAQ−050
2011/7/14
No.208
費用が発生しても、費用次第になりますがコンサル及び情況によりますがソフト制作委託等ができないかと考えております
対応いただく方法等あるでしょうか
情況わからず、又説明も不十分だと思うのでご迷惑をおかけしていると思いますが、よろしく検討お願いいたします。
回答者ID:01、10
2011/7/15
No.208
BESTプログラムに関する問い合わせの回答は、BESTプログラム開発委員会で検討してお答えしています。サポート外であると思われる内容に関しては、お応えしにくい状況です。
ご質問内容をまとめていただいた上で、BESTプログラム開発委員会に参加いただき、その場で委員の方々から疑問点にお応えするという方法が考えられます。ご検討をお願いします。
質問者ID:FAQ−060
2011/7/11
No.207
ブラインド制御について質問します。
BESTでのブラインド制御は、@常時閉、A常時開、B標準、Cスケジュール、Dスラット角の自動制御の5種類の操作方法が用意されていいます。
また、マニュアルではブラインド使用時の計算は、日射遮蔽係数法ではなく、スラット隙間を通り抜ける日射成分を考慮する計算法を採用しているとあります。
たとえば、B標準の制御内容は、曜日・時間帯・透過日射量の強さでブラインド使用率を決定する。と入力画面で補足説明があります。BESTの計算では、曜日・時間帯・透過日射量がそれぞれどの様な時に、ブラインドの使用状況(開or閉orスラット角度?)がどのようなっているのか、夏季(冷房時期)と冬季(暖房時期)で制御方法が異なるのか、透過日射量がいくつ以上であるとブラインド閉となるのか、透過日射量がいくつ以下のときブラインド開となるのか、など、マニュアルを拝見する限り分かりませんでしたので御教示願います。
宜しくお願い致します。お忙しいところ申し訳ございませんが、13日中までにご回答願いますこと重ねてお願い致します。
回答者ID:07
2011/7/12
No.207
「BEST-P 建築操作マニュアル」の「2.4.4.窓・昼光」(P.42)に以下のような記載が有り、これをそのまま回答とさせていただきます。
『「ブラインド」の「操作方法」は、一般的には「B標準」(曜日時間帯透過日射の強さにて自動開閉)を選択すればよい。このときのブラインド使用率の決定は以下の通り。
・平日の9〜18時の時間帯においては、ガラスを透過した直達日射量が10W/uを超える場合→100%閉
・10W/uを超えない場合→20%閉
・その他の時間→70%閉』
また、「窓」の入力画面にある「使用率スケジュール名」で選択する「ブラインドスケジュール」での設定内容により、曜日(「週間スケジュール名」を併用してください)や時間ごとにブラインド開度の設定を変えることができます。
一度の計算の中で、意図的に冷房時と暖房時とでブラインドの制御方法を変えることはできません。
質問者ID:FAQ−050
2011/7/8
No.206
[1] (その13)論文 P.2019 右段1行目に-窓面からの熱取得には窓通過日射は含めない- とありますが、何故含めないのでしょうか
[2] 窓面からの熱取得がサポート頂いた式含めこのように時間応答(インパルス応答との畳込み)を計算しなくて良いのは遅れが無いから という解釈は正しいでしょうか
[3] 空調電力低減量を算出する為には、熱負荷を計算する必要があり、その為には原理的には遅れによる時間応答が必要だと思いますが最大熱負荷を求めるのでなく、総量を求める問題なので 必要ない という解釈で良いでしょうか
回答者ID:10
2011/7/12
No.206
建築操作マニュアルの「2.7.3. 月別・年間値の結果出力ファイル」に説明がありますように、結果出力ファイル"bestBuilU.csv"の各時間ステップの負荷の値を積算した結果が、"bestBuilM.csv"の値となるのですが、ご質問の例の場合、計算時間間隔が30分ですので、負荷値[W/u]×1800secを積算することになります。
Wは1秒当たりの熱量なので、従来1時間間隔の計算が普通で、Wを単純積算してWhで評価するのに慣れていると、間違えやすいと思います。
質問者ID:FAQ−059
2011/7/6
No.205
一般人として質問させてください。出来れば本日中に回答を頂きたいです。よくわからないので未ダウンロード、未登録です。
質問1.
BESTには今までにどのような版が出ているのかが気になりました。大分類でいうと、下記の種類くらいでしょうか。(ホームページを見ていると結局どのバージョンがどのような機能をしているのかがわかりづらかった)
・BEST省エネルギー計画書作成支援ツール 
・BEST簡易版 
・BEST専門版
質問2.
質問1の回答と一緒でも構わないのですがhttp://www.jsbc.or.jp/best_download/users_voice/users_voice20110520.htmlによると
----
質問No.210 2011/2/15 簡易版でデフォルメの出し方及びデフォルメ後幅の出し方 宜しくお願いします。
回答No.210 2011/2/15 省エネルギー計画書作成支援ツールのプログラムに添付されている、「BEST_Ver.1 デフォルメの方法」に具体例が記載されていますのでご欄下さい。尚、簡易版では省エネルギー計画書の届出はできません。
----
と書かれていますが、ダウンロード版で出力したものは役所には出せないのでしょうか?利用料を払う専門版しか役所には出せないのでほうか?いまいちわかりませんでしたので教えてください。
回答者ID:11、16
2011/7/6
No.205
1.現在BESTでご用意しているバージョンはご指摘の通り大きくは以下の3バージョンです。なお、AとBについてはコンソーシアムメンバーに参加(有償)頂くことで利用可能です。
@BEST省エネルギー計画書作成支援ツール 
ABEST簡易版 
BBEST専門版
2.BEST簡易版(コンソーシアム会員向け:有料)はBEST省エネルギー計画書作成支援ツール(省エネ措置の届出用:無料)の機能拡張版とお考え下さい。BEST簡易版とBEST省エネルギー計画書作成支援ツールの使い勝手にはいくつかの共通点があるため、掲示させていただいたような回答が存在します。BEST省エネルギー計画書作成支援ツールのみ届出に利用いただくことが可能です。BEST簡易版、BEST専門版は届出には利用いただけません。 
質問者ID:FAQ−050
2011/7/5
No.204
IBEC殿HPのBEST関連論文群でのその13論文の表5式(1)〜(5)[窓からの熱負荷]計算の件です

BEST専門版又は簡易版での計算で上記"表5式(1)〜(5)[窓からの熱負荷]計算"部分のみ、結果を取り出す事ができるのでしょうか。
回答者ID:02
2011/7/6
No.204
BESTをご利用頂き、ありがとうございます。
現在、窓部分の計算結果のみを取り出すことはできません。
質問者ID:FAQ−050
2011/7/4
No.203
先日来お伺いしている
IBEC殿HPのBEST関連論文群でのその13論文の表5式(1)〜(5)[窓からの熱負荷]をEA気象データを引用するプログラムの外部委託での製作の可能性について判断したのですが
⇒プログラム受託開発して頂ける会社をご存知ないでしょうか
回答者ID:02
2011/7/4
No.203
いつもBESTをご利用頂き、ありがとうございます。
あいにく、会社のご紹介はしておりません。
質問者ID:FAQ−050
2011/6/30
No.202
★2011/6/27お問い合わせの回答に対する追加お問い合わせ

先日サポート頂いた、以下の計算についてお伺いします
  HG=U(θO−RN/hto−θR)+ηI
   U:熱貫流率[W/uK]
   η:日射熱取得率[-]
   θO、θR:外気温、室温[℃]
   RN:窓面夜間放射量(簡単に考える場合は無視も可能)[W/u]
   I:窓面全日射量[W/u]
   hto:屋外側総合熱伝達率(=23)[W/uK]
[U] と[η] は日射遮蔽フィルム付窓ガラスの光学物性として持っています。[θO]は拡張アメダス気象データから得られると思います。
[1] 東西南北各外壁面での[I]は拡張アメダス気象データの全天日射量から計算するのでしょうか、その計算方法は
[2] [RN]はEA気象データで得られる夜間放射量に対しなんらかの計算をして得るものでしょうか。水平面夜間放射量 等、いろいろな量があるので混乱しております。
[3] [hto]はEA気象デー及びそこからの計算で得られるのでしょうか
[4] 先日サポート頂いたおり窓透過後に床などの室内面に吸収されてから放熱する成分が含まれていないとの事でηを追加され、RI(I-U/ht)+HG(SR,C+LR)小文字を削除されました。このあたりの事情をもう少し詳しくお聞かせ願えないでしょうか
[5] BEST-Pでは今回提示された数式でけいさんされているのでしょうか

1歩1歩という段階で計算技術の習得を試みております
本件、サポート範囲でしょうか
回答者ID:06
2011/7/1
No.202
お問い合わせ頂いています内容が、途中からBEST-Pを使用する計算ではなくなり、サポート範囲内とは言い難くなっております。そのため、回答では1つの方向性をお示ししてはおりますが、ご検討目的に対して、本当に適するかどうかは定かでありません。ご質問を続けることがよいかどうかはご注意下さい。先日ご提示いたしました参考図書にて勉強いただければ[3]まではご理解いただけるかと思いますので、詳しくはそちらをご覧下さい。
[1]拡張アメダス気象データの水平面全天日射量から計算します。窓に対する日射の入射角を考慮する必要があります。拡張アメダス気象データを利用するBESTの計算結果ファイルbestBuilU.csv、bestBuilH.csvには鉛直面4方位の全日射量も出力されますので、それをご利用頂くことも考えられます。
[2]鉛直面に補正して利用する必要があります。
[3]htoは計算でも求められますが、一般的に23[W/uK]が用いられます。
[4]日射遮蔽フィルムの有無による差分を比較したいとのお問い合わせに合わせた式をご提示させていただきました。
[5]BEST-Pでは、発表論文通り(マニュアル通り)の計算をしておりますので、今回ご提示させていただいた式は用いておりません。
質問者ID:FAQ−050
2011/6/29
No.201
2011/6/27(1通目)のつづき
サポート有難う御座います

まだ[2][4]について理解できていないので、1つづつお聞きします
[4]ですが 1つのゾーンに複数窓を定義する時
  窓定義の方法を教えてください
以上 よろしくお願いします

昨日、大学図書館で「空気調和・衛生工学便覧」をみてきました
詳細に知りたい事項が理論的にあつかわれており、早速購入する事にします
回答者ID:07
2011/6/29
No.201
1枚目の窓を登録した手順を繰り返せばよいのです。
外壁などは、一つのゾーンに対して方位別に複数の条件を設定(登録)されていることと思いますが、窓についても複数の条件を設定(登録)することが出来るようになっています。
具体的には、設定(登録)する対象のゾーンを選択した状態で、「建築」マスターの「要素」の中にある「窓」をダブルクリックして、開いたダイアログボックスに所定の内容を入力し、[了解]ボタンを押すと、新たな「窓」条件が追加されるようになっています。条件を複数設定(登録)する場合には、判別できるように異なる条件名称をつけておくことをお勧めします。
質問者ID:FAQ−050
2011/6/28
No.200
★2011/6/27お問い合わせの回答に対する追加お問い合わせ

サポート頂いた数理で計算してみようと考えておりますがHGには室伝達関数w(s)を駆けて熱負荷が計算されます
問い合わせ事項
 w(s)はBEST開発特有の物理的概念なのでしょうか
(netで調べてもヒットしません。先日紹介して頂いた書籍をこれからみようと思います)
回答者ID:02
2011/6/29
No.200
BEST特有の概念ではありません。
w(s)は、室内に侵入した長波放射熱が、時間遅れを伴い対流放熱して室空気に移動する現象を考慮するものですが、今回のように熱負荷の差を簡易に求めようとする場合には無視して差し支えありません。
すなわち、w(s)=1と扱って下さい。
質問者ID:FAQ−050
2011/6/27
No.199
下記についてサポートお願いできないでしょうか
本件、BESTに関するサポートを逸脱しているかもしれません.

窓に日射遮蔽フィルム貼る事により空調エネルギ低減量を計算したい場合、以下の[1]の計算でもCOPの定数暫定設定の誤差が入りますがそこそこの結果が得られるのでしょうか。(もうしあげたいのは、窓日射遮蔽フィルムの作用は建築物の中の窓性能を局所的にかえるだけなので、全体系(連成計算)までは原理的に必要ない という解釈は正しいでしょうか)
[1] 論文(その13)の表5の窓面からの熱負荷HGの差を計算し空調COP(定数で暫定設定)で割り電力低減量を算出
[2] 建築・空調の連成計算
回答者ID:02
2011/6/28
No.199
熱負荷の補正のみでよいと考えて頂くので結構だと思います。
表5の式(1)で表されるHGは、窓表面から室内側へ放熱する成分のみで、窓透過後に床などの室内面に吸収されてから放熱する成分が含まれていません。式(1)の代わりに以下の熱取得の式を使って差を算出して下さい。ただし、庇など外部日除けの影響は無視されます。

HG=U(θO−RN/hto−θR)+ηI
 U:熱貫流率[W/uK]
 η:日射熱取得率[-]
 θO、θR:外気温、室温[℃]
 RN:窓面夜間放射量(簡単に考える場合は無視も可能)[W/u]
 I:窓面全日射量[W/u]
 hto:屋外側総合熱伝達率(=23)[W/uK]
(式(1)のRIの項は今回の修正では不要ですので省略しました。)
質問者ID:FAQ−058
2011/6/27
No.198
[1] 拡張アメダス気象データについて
BEST計算時、建築学会「拡張アメダス気象データ1981〜2000」のDVDより気象データを読み込んでいますが、標準年データは1995版 か2000版のどちらを読んでいるのでしょうか
[2] ワークスペース 建築 基本 外部日除け のX1 X2 X3についてですが、連窓でなく 外壁-窓-外壁-窓-- の場合、どのような数値を入力すればよいでしょうか
[3] 項[2]関連で Y1 Y2 Y3についてですが、  同一階で上から外壁-窓-外壁-窓-腰壁 の場合の数値の入力のしかた
[4] 同一害壁面でで異なる窓ガラス種を定義(入力)する事がかのうでしょうか
[5] 講習会textの2-7-3の[5]Aで、最大負荷計算用に設定された予冷熱時間を、年間負荷計算用として1時間に変更する、とはどのような意味でしょうか
[6] 2-7-3[6]Aで内部発熱の割引・割増をなくす、とはどのような意味でしょうか
[7] 2-7-4[7]Aについて、最大負荷計算が空調と非連成で解く為、空調容量の定義が必要ないことはわかるのですが年間負荷計算には、なぜ空調負荷容量を定義するのでしょうか(連成計算するのでしょうか)
回答者ID:06
2011/6/28、2011/06/30
No.198
[1]2000年版です。(BEST-P建築操作マニュアルの「3.10.1.拡張アメダス設計用気象データの概要」(P.72)を参照してください。)
[2]ガラス窓に対してフィン(垂直庇)がどのように影を落とすか計算するための寸法ですので、それぞれの窓について「外部日除け条件」を設定するようにしてください。例えば、6m間隔で設けられた一対のフィン(垂直庇)の間に、壁a(幅0.5m)、窓A(幅2m)、壁b(幅1m)、窓B(幅2m)、壁c(幅0.5m)と並んでいるとすると、窓Aの方の外部日除け条件は、X1=0.5m(壁aの幅)、X2=2m(窓Aの幅)、X3=3.5m(壁b,窓B,壁cの幅の合計)、窓Bの方の外部日除け条件は、X1=3.5m(壁a,窓A,壁bの幅の合計)、X2=2m(窓Bの幅)、X3=0.5m(壁cの幅)、というように設定します。
[3]ご質問の内容では、どこに庇が付いているのか分かりませんので、[2]の考え方に倣って設定するようにしてください。
[4]窓は一つのゾーンに複数設定することが出来るようになっていますので、属性(方位、日除け、ガラス材質、など)が異なる窓ごとに設定するようにしてください。ちなみに、BESTプログラムの窓には、どの外壁に取り付けられている、という属性はありません。
[5]ご質問いただいたテキストは、"例題を演習する"ことを主旨として作成したものです。2-7の年間計算については「テキストに示すように変更できる項目が揃えられている」と解釈いただきたいと思います。ご察しの通り、年間負荷計算を行うにあたって、予冷熱時間はユーザーが適宜想定し、決定いただくものですので、1時間に変更しなければならないわけではありません。予冷熱時間を多くすると、室の開始時間から設定温度に限りなく近くなるかわりに年間負荷が増えていきます。逆に予冷熱時間を少なくすると、年間負荷が少なくなるかわりに室の開始時間から設定温度にならなくなる可能性もあります。それは(7)の画面で設定する装置容量に左右されます。今回は、例題の作成ベースとしていた最大負荷計算において予冷熱時間が30分に設定されていたことから、例題作成者の判断で、仮に1時間へ変更する例をお示しいたしました。
[6]最大熱負荷計算では、季節係数による内部発熱の割引・割増を与え、標準的な内部発熱変動よりも厳しい条件を想定しています。一方、年間負荷計算ではピーク値ではなく、年間の熱負荷を求めるのが目的のため、割引・割増は行わず、標準的な内部発熱変動条件での負荷計算を行います。
[7]年間負荷計算は、以下の2種類が計算可能です。
@建築単独で計算する方法(連成計算ではない方法)
A連成計算の方法
空調負荷容量を定義するのは、@の建築単独で計算する場合のみです。このときは(3)の画面で示すように、建築計算「する」、設備計算「しない」とします。Aの連成計算を行いたい場合、(3)の画面にて建築計算「する」、設備計算「する」とします。(7)の画面で示すように、仮に装置容量が入力されていても、連成計算をする場合には計算に反映されないようになっています。単純に年間の負荷変動を調べたいのか、連成を行うことでエネルギー消費量等を把握したいのか、目的別に使い分けていただきたいと思います。
質問者ID:FAQ−057
簡易版1.2.0
2011/6/24
No.197
★2011/6/23お問い合わせの回答後の追加お問い合わせ

先日は質問に回答して頂きありがとうございました。
質問1
時間ごとの暖房負荷、冷房負荷(McalまたはMJ)のデータを必要としています。月ごとの暖房負荷、冷房負荷のデータは、buildingフォルダのbestBuilM.csvに「室負荷S_暖房」「室負荷S_冷房」といったカラムがあったので取得できましたが、時間ごとのbestBuilH.csvには「室負荷S」のようなカラムしかなく取得できませんでした。時間ごとの暖房負荷、冷房負荷のデータを出力しているファイルがあるならファイル名とカラム名を、また他のカラムから算出する方法があるなら計算方法を教えて下さい。
質問2
同様に、時間ごとの給湯負荷(McalまたはMJ)のデータを必要としています。simulationフォルダのbest_result.csvには「〜累積電力 給湯熱源#MJ#-」といったカラムはありましたが、給湯負荷を出力しているファイルやカラムは見つけられませんでした。時間ごとの給湯負荷のデータを出力しているファイルがあるならファイル名とカラム名を、また他のカラムから算出する方法があるなら計算方法を教えて下さい。
回答者ID:06
簡易版1.2.0
2011/6/27
No.197
質問1
・時間ごとの冷房、暖房負荷について
bestBuilH.csvの「室負荷S」「室負荷L」「室負荷T」「装置負荷S」「装置負荷L」「装置負荷T」に負荷が出力されています。単位はすべて「W/m2」です。冷房、暖房で仕分けした1時間負荷はありません。それぞれ混在となっており、負の値が「暖房負荷」、正の値が「冷房負荷」です。
S:顕熱、L:潜熱、T:全熱、装置負荷には導入外気負荷が含まれます。

質問2
・現在、給湯負荷の1時間ごとの出力値はありません。
給湯計算が有効であると「¥system\best_result.csv」ファイルの右端に給湯関連で次の項目が出力されます。
〜〜〜,,,,,,給湯使用量_累積仮想給湯使用量#g#負荷,給湯使用量_累積仮想給湯負荷#J#負荷,給湯使用量_累積給湯使用量#g#負荷
ここで、給湯使用量_累積仮想給湯負荷:CEC/HWの基準給湯負荷 を計算開始から累積したもの出力は、月末の最後の計算ステップ時のみに限定しています。
質問者ID:FAQ−028
2011/6/23
No.196
現在、国交省(茶本)の手計算による計算とBESTでの計算結果を比較しております。

手計算とBESTの結果を比較すると、夏は0.9倍(BESTの方が少ない)の負荷ですが、冬が1.9倍(BESTの方が大きい)となっています。冬の最大負荷は、朝の空調立ち上がり時です。BESTで冬の負荷が大きくなるのは、夜間の放熱による影響が大きいためでしょうか。現在は、予冷熱を行なっておりません。最大熱負荷計算をする際は、通常は予冷熱を設定するのでしょうか。学会の論文を見ますと、30分の予冷熱を行なっているのですが、根拠はあるのでしょうか。
回答者ID:07
2011/6/28
No.196
BESTなどの非定常熱負荷計算において予冷熱を行わなければ、空調開始前に室内に蓄積、もしくは室内から放出された熱を、空調開始直後の最初の計算時間間隔の間に処理しなければならず、その後の空調時間帯よりも格段に大きな負荷が発生することが有ります。これが所謂「空調の立ち上がり負荷」というものですが、これをそのまま空調設備容量にする必要は無く、 その後の空調時間帯の負荷に見合うだけの容量の空調設備でも、少し前の時間から運転(=予冷熱)させておけば、対象室の使用開始時間には設定の温湿度にすることが出来るわけです。
予冷熱をするか否か、それから予冷熱時間の長さについては、計算を行う方が必要に応じて選択するようにしてください。
学会の論文等で予冷熱時間を30分に設定している件については、BEST-P建築操作マニュアルの「3.10.3.計算上の注意事項」を参照してください。検証例については、「BEST講習会 例題演習によるBEST体験」(BESTホームページ「プログラムの活用」の「マニュアル」(http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/)にてダウンロードできる『例題演習によるBEST体験 (2.建築シミュレーションを体験しよう)』)の中の「2.6予冷熱時間と最大負荷」に詳しく書かれていますので参照してください。
質問者ID:FAQ−057
簡易版1.2.0
2011/6/23
No.195
ご使用のOS = Windows XP Professional
ご使用のOSバージョン = Service Pack3
使用OS =
Javaのバージョン = 6.0.24
BESTのバージョン = 簡易版1.2.0
建築 = 有
空調 = 有
衛生 = 無
電気 = 有
コージェネレーションシステム = 無
蓄熱システム = 無
その他 = 有

計算出力時に「中間出力ファイルを出力する」によって出力したbestBuilM.csv等のデータと、簡易版から表示できる「月別年間負荷」のグラフを比較してみましたが、値が一致する項目は確認できませんでした。「月別年間負荷」のグラフは、中間出力ファイルのどの項目のどのような計算によって算出しているのでしょうか?
回答者ID:06
簡易版1.2.0
2011/6/23
No.195
「月別年間負荷」のグラフは、\BEST-ES\workspace\物件番号\result\計算番号\buildingフォルダの中の「bestBuilM.csv」の値を用いて作成しています。
質問者ID:FAQ−056
2011/6/21
No.194
事務所建物で施主からLow-Eと単板ガラスでは空調の差がどの程度あるかとの質問を受け、早速BESTを利用して算出しました。結果としては単板ガラス仕様のPAL値232.8(MJ/年・u)、Low-E仕様のPAL値194.4(MJ/年・u)という結果でした。そこで、空調設備の月別一次エネルギー消費量を集計し確認すると、単板ガラス仕様105371.4(MJ/年)、Low-E仕様105201.5(MJ/年)となり、差が169.9(MJ/年)という結果が出ました。BESTの結果ではわずか、0.16%程度しか効果が無かったのですが、LowーEガラスは空調の省エネにはあまり貢献はしていないのでしょうか?
回答者ID:10
2011/6/23
No.194
窓ガラスの仕様を変えたときの空調エネルギー消費の影響は、 建物形状方位、窓 面積率、内部発熱条件等によって変わります。下記のお問い合わせ内容では、一 般的な結果として、判断することは出来ません。
質問者ID:FAQ−055
2011/6/21
No.193
最大熱負荷計算の出力結果について、追加で質疑致します。現在、国交省(茶本)の手計算による計算とBESTでの計算結果とを比較することを試みております。

現状の計算結果ですが
 国交省 冷房負荷 31.9kW (157.9W/u)
       暖房負荷 19.5kW (96.5w/u)
BEST 冷房負荷 24.4kW(120.6W/u)
  暖房負荷 21.6kW(106.9W/u)
BESTの結果が冷房では約23%小さく、暖房では約10%程大きい結果が算出されています。

入力条件は、合わせるようにしています。気象条件も東京で共通です。(最大熱負荷発生時刻もほぼ同時刻です)
考えられることはそれぞれ計算プロセスが違うこと、BEST入力条件がそもそも間違っていることなどが考えられますが、手計算の結果はそれなりに妥当であると考えております。
そこで、改めて確認したいことですが、一般的に同条件にて計算した時、国交省とBESTの算出結果ではどの様な傾向が見られるのでしょうか。また、手計算の算出方法と根本的に異なること、算出結果に影響を与えるであろうこと(計算プロセス、アルゴリズムの違い等)など、本件について御見識をお持ちでありましたら、御助言頂けないでしょうか。

Zipデータも添付いたします。
回答者ID:07
2011/6/21
No.193
まず本サポートにおいては、利用者の計算結果の検証はしておりませんので、その点ご了承願います。
BESTプログラムでは非定常熱負荷計算を行っておりますので、手計算による最大熱負荷計算(一般に定常熱負荷計算と呼ばれています)とは計算手法が異なり、結果が合わないことがあってもおかしいことではありません。
例えば、非定常計算における暖房負荷は、一般的に空調立ち上がり時にピーク値が表れることが特徴的なので、外気との温度差による伝熱負荷に主眼を置いた定常負荷計算と結果が異なることは十分考えられます。(「最大熱負荷発生時刻もほぼ同時刻です」とのことですが、手計算での暖房負荷に夜間放熱分を考慮して時間別に計算していらっしゃいますでしょうか?)
計算に使用している単位量(発熱量、日射熱取得量、有効温度差など)がそれぞれどのような根拠のもとに提示されているかを理解した上で、それらの数値の調整を究めれば、2つの計算法によるピーク負荷値の差を数%にまで追い込むこともできますが、一般的にどのくらい違いが出るか、ということは一概に言うことはできません。計算対象や設定内容の違いにより、BESTプログラムと手計算とで両者の計算結果の大小が逆転することもあり得ると思います。
両者の計算結果の違いの原因を究明したいのであれば、まずピークのあらわれる時間(手計算の暖房負荷はどういう状態を計算しているかを考察してください)を比較し、そのピーク値の構成を調べ(BESTでは負荷計算値の内容を分解することはできませんが、その時間の各要素の設定値を調べることで類推できると思います)て、どの要素(日射、伝熱、内部発熱、など)がどれほど影響しているか、また影響度の大きい要素の値を導き出す原因となった設定値(日射量、外気温湿度、内部発熱密度、発熱の時間変動スケジュール、など)はどういう値を使用しているか、等について細かく比較してみる必要が有ります。(「気象条件も東京で共通です。」とのことですが、各時間の外気温度や日射量の値まで比較して、同じ値を使用していらっしゃいますでしょうか?)
質問者ID:FAQ−050
2011/6/21
No.192
窓幅と高さが東西南北で異なる場合、建築_基本_外部日除_水平ルーバでは1仕様しか定義できませんが、どのようにすればよいでしょうか
回答者ID:07
2011/6/21
No.192
「外部日除け」に限らず、入力画面の先頭に「名称」を記入する欄がある項目は、複数登録できるようになっていますので、東西南北で異なる内容を、例えば「水平ルーバー(北窓)」,「水平ルーバー(西窓)」などのように異なる名称をつけて必要な数だけ登録し、各方位の「外表面」条件の入力画面で適切なものを選択するようにしてください。
質問者ID:FAQ−050
2011/6/20
No.191
★2011年6月20日お問い合わせの回答に対する追加お問い合わせ

1つ基本的な事をお聞かせ下さい

非連成で空調負荷⇒空調消費エネルギが計算と連成計算での空調エネルギ消費計算での違いはどこにあるのでしょうか
  ⇒連成計算と非連成計算の目的の違い はなんでしょうか
回答者ID:10
2011/6/22
No.191
BESTプログラムでは、
@設備システムとの平衡状態を詳細に解くエネルギー消費量計算(連成計算)と
A各ゾーン空調条件を入力するだけの熱負荷計算(建築単独計算)
の両方が出来るのが特徴です。
一般に空調設備設計者は、建築熱負荷計算を行った後に空調設備容量を決定し、設備の運転状態条件を設定して、エネルギー消費量を算出します。詳しくは前回ご紹介した参考書をご欄下さい。
BESTでは、熱負荷計算だけをを行いたい場合にはAを、エネルギー消費計算まで一緒に行いたい場合には@を選択します。
質問者ID:FAQ−058
2011/6/20
No.190
先日、修正して頂きました講習会テキストのサンプルファイルを用い、テキストを読み進めています。(空調サンプルファイルの修正もよろしくお願いいたします)
下記について教えてください
付録2-1についてですが
[1] (左上)季節による割り引き・割り増し定数
 [a] 内部発熱の季節変動を定義するとの事ですが、内部発熱の定義(人・家具等対象は何か)とそれぞれどこで定義される設定に対し作用するのでしょうか
 [b] 1.3、0.3が標準の係数とのことですが、実験検証されたすうちでしょうか
 [c] IBEC殿HPに掲載されているBEST関連論文群の中にそのあたりの記述があるものがありますでしょうか
[2] (右上)ペリメータ、インテリアの
  夏季;冷房・除湿
  冬季;・・・・・
  はどこで定義(設定)する事になるのでしょうか
[3] このように1点1点質問させて頂いてかまわないでしょうか
[4] 講習会は計画されないのでしょうか
[5] 上記も含めHPでのBEST関連論文群を詳細に読めば書かれていると思いますが、[熱負荷計算][エネル計算]の構造的・論理的な内容が書かれた解説書籍等紹介いただけたらと考えます。
 
回答者ID:14
2011/6/27
No.190
[2] 下記の方法で設定が可能です。
 @共通タブのマスター画面中の時刻変動スケジュールフォルダ内にある「空調スケジュール」、「外気導入スケジュール」を選択し、平日・休日・その他モードそれぞれの空調運転時間、外気導入時間を入力し、ワークスペースに登録。
 A建築タブのマスター画面中の基本フォルダ内にある「非連成計算 空調運転モード」を選択し、@で登録した空調・外気スケジュール名をタブから選択、各季節の顕熱・潜熱処理、設定温湿度を入力しワークスペースに登録。
 B共通タブのマスター画面中の年間スケジュールフォルダ内にある「年間スケジュール」を選択し、Aで作成した空調運転モードが適用される期間を登録。その際、スケジュールモード名は、Aで作成したデータ名と同様とする。
 C建築タブのマスター画面中の要素フォルダ内にある「ゾーン空調条件」を選択し、空調運転モード年間スケジュール名欄のタブからBで登録した年間スケジュールを選択。各ゾーンフォルダ内に登録。以上で非連成計算時の空調方法が定義されます。
[3] プログラムの内容に関してでしたらかまいませんが、多数ございます場合には、BEST開発委員会にご参加のうえ、ご提示いただきたく思います。なお、負荷計算、エネルギー計算に関する基礎的な内容については、これまでご紹介差し上げました文献にて勉強いただきたく、どうぞよろしくお願い申し上げます。
[4] 講習会の開催の予定は未定です。
[5] 6月20日の1通目のお問い合わせの回答でも差し上げました。6月8日のお問い合わせ時に回答差し上げたものが最適な教科書かと思いますが、そのほか、追加でご紹介差し上げたものもご参考になるかと思います。
質問者ID:FAQ−050
2011/6/20
No.189
勉強不足な段階でお聞きするのもご迷惑と考えますが、下記について教えて頂きたいと考えております

BEST専門版、及びBEST簡易版にて
 □建物単独計算(空調等との非連成) にて熱負荷の計算
 □連成計算でのエネルギ計算
ができるとありますが
[1] 建物単独計算(空調等との非連成)にて熱負荷の計算 について
 [a] 空調等と非連成とは空調を全く考慮せず、計算もしない という意味でしょうか
 [b] その時に計算される熱負荷の意味が良く解りません。何か説明資料等ないでしょうか
 [c]建物単独計算で計算される熱負荷から空調(電気)の消費エネルギを計算できるのでしょうか(c.o.pで割るとか)。
回答者ID:11
2011/6/20
No.189
[a] 空調等と非連成とは、空調を考慮せず計算もしないということです。設備が無い状態での負荷計算を行います。消費エネルギーは計算しません。
[b]その時に計算される熱負荷とは、空調設備を計画、設計するための基礎となる冷房負荷、暖房負荷のことです。室内を一定の温度に保つために空調を運転しますが、そのために必要な冷却、過熱の熱量のことを指します。説明資料はBESTではご用意はございません。6月8日に頂いたお問い合わせの回答でも文献をご紹介いたしましたが、いくつか追加して参考文献をご紹介いたします。これらを用いて勉強いただければと思います。
・空気調和・衛生工学会編:熱負荷のしくみ、オーム社(6月8日のお問い合わせ時にご紹介)
・小原淳平編:100万人の空気調和、オーム社
・空気調和・衛生工学会編:空気調和設備 計画設計の実務の知識、オーム社
[c]空調の消費エネルギーは一般的には建物単独で計算される熱負荷と空調設備の機器特性から算出可能ですが、BESTでは、連成計算を行わない限りエネルギー消費量は計算しません。
質問者ID:FAQ−050
2011/6/17
No.188
BEST計算では、標準オフィスファイルをベースに変数を再定義し計算モデルを作成しています
添付資料に
 標準オフィス寸法
 ケースA寸法
 ケースB寸法を記しました
ケースA・Bは標準オフィスの縦横比から大きく(?)ずれていますが
[1]このような縦横比にモデルを定義する事で問題が生じるでしょうか
[2]縦横比に限界があるのでしょうか
[3]その他、標準モデルを用いる場合の注意事項等あれば教えていただきたく
回答者ID:07
2011/6/21
No.188
まず、BESTの講習会テキストやBESTに関する学術論文では『標準オフィス』(日本建築学会環境工学委員会の「標準モデルの提案(住宅用標準問題,オフィス用標準問題)」による)を題材として使用しておりますが、計算例を提示しているだけであり、その設定内容や得られた計算結果について何ら保証しているわけではないことをご理解ください。したがいまして、以下の回答は『標準オフィスモデル』に限らずBESTプログラムを使用する際の一般的な内容になります。
[1]ケースA,Bについては、縦横比がどうであれ、それぞれの建物モデルを対象に計算しようとしている目的に応じて、条件が適切に設定されていれば問題は生じないと思います。BESTは結局のところ計算プログラムに過ぎませんので、使用者が盛り込まない条件についてプログラムの方で勝手に判断してより望ましい答えを出してくれる、というようなものではないことだけは最低限ご承知おきください。
[2]縦横比が100や1000もある建物について計算することもできますが、実際にそのような建物はまず有りえませんので、縦横比にこだわる必要はないと思います。
[3]前にも述べましたように、『標準オフィスモデル』は特別な存在ではありませんので、使用者が計算したい内容に則した建物モデルを構築して計算するようにしてください。もし設定項目の中に、内容をどう設定したら良いのか決めかねるものがある場合には、通常デフォルト設定のままお使いになることをお勧めします。ただし、その内容が想定しているものと大きく異なるようであれば、適宜修正してお使いください。
質問者ID:FAQ−050
2011/6/16
No.187
@BESTに直接関連しないかもしれません。その場合はもうしわけありません
経済産業省電力需要抑制目標15[%]にたいし、このような国家目標時には共通のエネルギ計算手法が準備されていないかと考えています
もしおわかりでしたら、リンク先だけでも教えていただけたらと思います

A添付資料の建築物の各外表面の定義角度は正しいでしょうか
回答者ID:07、10
2011/6/16
No.187
@共通のエネルギー計算手法は準備されていませんが、下記サイトに計算結果の事例が公表されています。
http://www.jsbc.or.jp/decc/saveelec/index.html

Aお送りいただきました配置図には北の方位と建物の対称軸とのなす角度が明記されていませんが、それが45°であるならば、ご指定の角度で問題ないと思います。(BEST-P 建築操作マニュアルの「2.2.5 外表面」(P.31)をご参照ください。)
先日も他の方から、酷似した建物について同じご質問をいただきましたが、推し量るに、どちらの場合も実際には「南西」を向いている外壁を「南面」と称していることで混乱しているのではないかと思われます。BEST-Pでは、壁を何と呼ぼうと、南を向いていれば角度は0°、北を向いていれば角度は180°(もしくは−180°)になります。
以下に例として、16方位の角度表示を挙げておきますので、ご活用ください。
南=0°
南南西(南からの方向角度22.5°)=22.5°または-337.5°
南西(南からの方向角度45°)=45°または-315°
西南西(南からの方向角度67.5°)=67.5°または-292.5°
西(南からの方向角度90°)=90°または-270°
西北西(南からの方向角度112.5°)=112.5°または-247.5°
北西(南からの方向角度135°)=135°または-225°
北北西(南からの方向角度157.5°)=157.5°または-202.5°
北(南からの方向角度180°)=180°または-180°
北北東(南からの方向角度202.5°)=202.5°または-157.5°
北東(南からの方向角度225°)=225°または-135°
東北東(南からの方向角度247.5°)=247.5°または-112.5°
東(南からの方向角度270°)=270°または-90°
東南東(南からの方向角度292.5°)=292.5°または-67.5°
南東(南からの方向角度315°)=315°または-45°
南南東(南からの方向角度337.5°)=337.5°または-22.5°
質問者ID:FAQ−055
2011/6/16
No.186
度々の質疑回答有難うございます。追加で確認したいことがございます。

最大熱負荷計算の出力結果についてですが、計算結果には、室負荷S・L、装置負荷S・Lなどの項目が算出されます。
@室負荷Sと室負荷Lの内訳は確認できないのでしょうか?(内訳例:天井床壁ガラスからの伝達負荷、ガラス窓日射負荷、室内発熱負荷(照明・人体・機器)、隙間風の負荷など)
Aまた、外気負荷は、確認できなのでしょうか?
同様に
B装置負荷の内訳は確認できないのでしょうか?装置負荷はBESTの計算結果項目で言う「室負荷」と「何の負荷」を合計したものなのかを確認したいのです。
また、
C照明電力という項目は、照明器具発熱負荷を表しているものと考えて宜しいでしょうか?
Dコンセント電力という項目は、OA機器等の発熱負荷を表しているものと考えて宜しいでしょうか?

お忙しいところ恐縮ではございますが、明日中にご回答頂けますと助かります。
ご回答の程、宜しくお願い致します。
回答者ID:07
"2011/6/16
No.186
BESTホームページの「プログラムの活用」の「ユーザーの声」にある「Version_1004への声」(http://www.ibec.or.jp/best/program/voice/voice20110405.html)のQuestion No.21,No.137に同様の内容の質問があり、その回答にて解説されていますので、そちらをご参照ください。(『内訳』というキーワードで検索すると見つけやすいと思います。)合わせて、「BEST-P 建築操作マニュアル」の「3.熱負荷計算法」をお読みにあることをお勧めします。

個々のご質問に対する回答は以下のようになります。
@室負荷Sと室負荷Lの内訳は確認できないのでしょうか?
Ans.1 出来ません。
Aまた、外気負荷は、確認できなのでしょうか?
Ans.2 装置負荷と室負荷の差が外気負荷になります。
B装置負荷の内訳は確認できないのでしょうか?
Ans.3 外気負荷については、Ans.2の方法で確認することが出来ますが、それ以外についてはできません。
C照明電力という項目は、照明器具発熱負荷を表しているものと考えて宜しいでしょうか?
Ans.4 照明電力全量がいずれ発熱負荷になるという言い方をすれば、その通りですが、照明器具からの発熱のうち放射放熱分は躯体等に温度変化を与え、時間遅れで熱負荷となって表れてきますので、ある時間の照明電力全量が即時に負荷になっているとは限りません。
Dコンセント電力という項目は、OA機器等の発熱負荷を表しているものと考えて宜しいでしょうか?
Ans.5 回答はAns.4と同様です。
質問者ID:FAQ−036
2011/6/16
No.185
BEST-Pについてご質問させていただきたく、メールさせていただいております。
質問内容は、以下のようになります。

@最大負荷計算を行う際、計算時間間隔(1min, 5min, 15min, 30min, 1hなど)の設定により、出力結果(最大負荷)が変化するのはなぜでしょうか?また、計算時間間隔に推奨値はありますでしょうか?
A年間負荷計算においても、@と同様に計算時間間隔によって負荷値(特に、予冷熱開始時の室負荷・装置負荷)が変化するのはなぜでしょうか?差の大きいところでは5~10倍程度も差異が生じます。
どのうような計算の違いが出ているのでしょうか。
回答者ID:07
2011/6/17
No.185
@負荷計算の結果の値は、設定した時間間隔の平均値ではなく、計算を行うポイントでの値です。したがって、計算時間間隔を短くしていくと負荷値の変動を細かくとらえることが出来るようになり、計算時間間隔が長い場合には結果として表れなかった真のピーク値を得られる場合が有ります。
計算時間間隔は、非空調時は1時間間隔、空調時は5分間隔を基本にしてよいと考えますが、入力の際には注意事項が有りますので、BEST-P建築操作マニュアルの「2.1.8.時刻変動スケジュール @建築計算時間間隔スケジュール」(P.20)を参照してください。また、BESTホームページの「プログラムの活用」の「ユーザーの声」にある「Version_1004への声」(http://www.ibec.or.jp/best/program/voice/voice20110405.html)のQuestion No.80,No.100に実例に沿った設定について解説されていますので、そちらもご覧ください。(『計算時間間隔』というキーワードで検索すると見つけやすいと思います。)

ABESTプログラムでは、最大負荷計算の時に予冷熱運転設定を行うと、その時間帯の間に室内の温湿度が設定値に達するような負荷値を計算するようになっていますが、年間負荷計算の時には、予冷熱運転設定を行っても、通常の空調運転として計算を行います。
したがって、年間負荷計算において計算時間間隔を短く指定した場合、空調の立ち上がりでは、それまで蓄放熱された分を短時間で処理しようとする計算を行うため、負荷の値としては大きくなります。(上限は、「ゾーン空調条件」の「冷暖房容量」で設定した値になります。)反面、計算時間間隔を長くしておくと、同じ蓄放熱分の処理時間が長く稼げるわけですから、負荷の値としては小さくなるわけです。
質問者ID:FAQ−028
2011/6/10
No.184
BESTの最大熱負荷計算はインプリシット法により算出しているようですが、従来の最大熱負荷計算(内部負荷・外皮負荷・ガラス日射負荷等の顕熱と潜熱を積み上げて算出する方法)と比較すると、どのような特徴があるのでしょうか。
手計算で最大熱負荷を算出した値と、BESTで最大熱負荷計算を算出した値が大きく異なっております。(内部発熱・室内負荷を比較すると差が出ております。外気負荷は同程度です。)
従来の最大負荷計算とBESTでは算出値にどのくらい差が出るのが通常でしょうか。入力ミスの可能性を探っていますが、まだ見つけられないので、BESTの特徴を教えて頂ければと思います。
お手数ですが、よろしくお願い致します。
回答者ID:07
2011/6/14
No.184
お問い合わせの件に関しては、そもそもインプリシット法云々という前に、BESTプログラムでは非定常熱負荷計算を行っておりますので、手計算による最大熱負荷計算(一般に定常熱負荷計算と呼ばれています)とは計算手法が異なり、結果が合わないことがあってもおかしいことではありません。
例えば、非定常熱負荷計算法では、非空調時の蓄放熱に起因する空調立ち上がり負荷や、躯体や家具類への蓄熱により時間遅れで現れるピーク負荷を求めることが出来るという特徴が有りますが、定常熱負荷計算では普通これらの現象を再現した結果を出すことは容易ではありません。
計算に使用している単位量(発熱量、日射熱取得量、有効温度差など)がそれぞれどのような根拠のもとに提示されているかを理解した上で、それらの数値の調整を究めれば、2つの計算法によるピーク負荷値の差を数%にまで追い込むこともできますが、何%ならば問題ない、ということは一概に言うことはできません。ただ、両者の結果が倍、半分と違うようでは、計算条件の設定に適切でないところが有ると考えるのが普通ではないかと思いますので、負荷の要素ごとにどのような設定で計算しているか再確認されてはいかがでしょうか。
なお、定常熱負荷計算法や非定常熱負荷計算法については、教科書や文献にてお調べくださいますようお願いいたします。BESTでの負荷計算の詳細や、インプリシット法については、BEST-P建築操作マニュアルの「3.熱負荷計算法」(P.64)を参照するか、BESTプログラムの概要をお知りになりたければ、空気調和・衛生工学会の学会誌のバックナンバー(2008年11月号)にBESTプログラムの特集が有りますので、そちらをご参照ください。(学会の会員専用サイトにログインするとダウンロードすることが出来ます。)
質問者ID:FAQ−031
2011/6/9
No.183
ご使用のOS = Windows 7
ご使用のOSバージョン = オリジナル
Javaのバージョン = java 6
BESTのバージョン = BEST(簡易版)-Ver.1.2.0、BEST1004
建築 = 無
空調 = 無
衛生 = 無
電気 = 無
コージェネレーションシステム = 無
蓄熱システム = 無
その他 = 有

需要家のサンプルデータとしてよく利用されている建物用途別のエネルギー負荷データ(出典「都市ガスによるコージェネレーションシステム計画・設計と評価」 (社)空気調和・衛生工学会、「天然ガスコージェネレーション計画・設計マニュアル2008」 pp.64-69)と同じような項目をBESTで出力するためにはどこの数値を見ればよろしいのでしょうか?
具体的には、以下の項目です。
・単位面積当たりの電力負荷の時系列データ(kWh/m2)
・単位面積当たりの暖房負荷の時系列データ(Mcal/m2)
・単位面積当たりの冷房負荷の時系列データ(Mcal/m2)
・単位面積当たりの給湯負荷の時系列データ(Mcal/m2)
また、空気調和・衛生工学会のデータと同様の結果を出力するための建物設定データ・設定方法など御座いましたら教えて頂きたいです。
時系列データを「BEST簡易版」でcsvとして出力する方法があれば、併せて教えてください。(グラフとしてはいくつかのデータが時系列で表示されているようですが、csvファイルとしてはエネルギーの月別積算量を出力する方法しかわかっていません。)
回答者ID:06
2011/6/13
No.183
・専門版
専門版では、基本的にエネルギーの自動集計や自動出力機能はありません。構築した機器モジュールや部品モジュールの出力有無の指定や各モジュールから記録モジュールへのrec媒体の接続をすることにより記録が可能となります。消費先の分類についてもユーザーが行う必要があります。
「建物全体のテンプレート」をベースにシステムを構築した場合は、エネルギー消費量を消費先別に集計する「グラフ トレンド 〜〜」モジュールへエネルギー関連の媒体が接続済で、各種エネルギーの消費量の情報が集まるようになっています。「グラフ トレンド 〜〜」モジュールの「記録を有効とする」にすればこのモジュールが消費先別に統計処理をしたものを記録することが可能です。
空調負荷については、「bestBuilH.csv」に1時間データが出力されます。こちらのファイルデータをご使用ください。

・簡易版
計算実行で現れる計算方法を設定する画面に「中間出力ファイルを出力する」チェックボックスがあります。これにチェックを入れて計算すると、専門版と同様の計算結果のファイルが残せます。ファイルの保管場所はユーザーのPC環境によって異なりますが、例えば次のようなフォルダになります。
「 〜〜\Documents\〜〜\Application Data\BEST-ES\simulation 」→最後の計算結果
「 〜〜\Documents\〜〜\Application Data\BEST-ES\workspace\1\result\1\system 」 →物件、計算ケース別の結果
このフォルダの「best_result.csv」がシステム側の出力となります。ただし、このファイルの中の項目以外の出力はできません。「グラフ トレンド 〜〜」で始まる項目が消費先別一次エネルギー消費量の10分データです。単位面積当たりにするには、ユーザー自身で単位換算し求める必要があります。
負荷については「bestBuilH.csv」が1時間データです。出力項目については専門版のマニュアルをご覧ください。
質問者ID:FAQ−055
2011/6/9
No.182
先日の質疑に関するご回答有難うございました。

前々回の質疑にて、窓ガラスの光学性能を任意で入力したければ、XMLファイルを編集する方法を教えて頂きました。
あいにく、XMLに関する知識を有しておらず、代替案を検討しています。そこで、既存データーベースで類似する性能を有するガラスを選定しようと考えました。
BESTで収録されている全ての窓の熱・光性能値の一覧表(エクセルベース)の出力は可能でしょうか。また、これらの数値(貫流・伝達熱特性値や直達日射に対する特性値など)を算出するに至る計算式を参照することは可能なのでしょうか。
可能で有りましたら、その確認方法を御教示願います。不可能でありましたら、それに代わる資料や論文がありましたらご紹介願います。
回答者ID:07
2011/6/14
No.182
BESTプログラムに収録されている全ての窓の熱・光性能値を一覧表形式で出力する機能は現在ありませんが、下記の論文にデータベースの一部について性能値をまとめた表が掲載されており、この論文はBESTホームページの「情報広場」にて参照できるようになっております。
・芝原・村上・石野・郡・一ノ瀬・木下:建築エネルギー・環境シミュレーションツールBEST の開発 第5報 窓の熱・光性能値の提案、日本建築学会大会学術講演梗概集(中国)、2008年9月
BESTプログラムに収録されている窓のデーターベースから、類似する性能を有するガラスを選定する場合には、「窓」の入力画面(BEST建築操作マニュアルの中の「2.4.4.窓・昼光」をご参照ください。)に表示されている数値のうち、熱貫流率と日射熱取得率の2つの値が近いものに置き換えるのが現実的です。具体的な手順は以下のようになります。
@窓の画面を開き、ブラインドの「色」として「ブラインドなし」を選ぶ
Aガラスの「窓タイプ」として該当するものを選ぶ
B「ガラス種類名」、「厚さ」を適当に変化させ、そのとき表示される熱貫流率と日射熱取得率の値が対象ガラスに近いものを置換可能と判断する
質問者ID:FAQ−050
2011/6/8
No.181
BESTの計算理論体系での物理量の定義に関してお聞きしたいと考えています

BEST関連文献・ネット等自分なりに調べたのですが、定義が既知として先の議論が多く、(物理的)意味、つまり何なのかがわからない概念があります
[1] 最大熱負荷
[2] 最大負荷([1]と違うようですね)
[3] 日周期定常
[4] 熱負荷とエネルギ計算との違い

上記概念の定義がかかれている資料等、紹介頂ければ幸いです
回答者ID:02
2011/6/13
No.181
参考になる資料については、添付のBEST用語集や次の書籍があります。
 ・空気調和・衛生工学会編:熱負荷のしくみ、オーム社

お問い合わせで挙げられた用語について補足致します。
 @最大熱負荷と最大負荷は同じ意味です。
 A[1]〜[3]については、添付のBEST用語集をご参照下さい。
 B[4]については、熱負荷が冷暖房・換気のために設備に要求される処理熱量であるのに対して、エネルギーは設備が消費する電気・ガス・重油などの消費量に相当するものです。
質問者ID:FAQ−050
2011/6/8
No.180
IBEC殿HPの文献群を読まさせて頂き
 簡易版 建築基準法仕様規定
 基本版 建築基準法許容応力度設計(←論文にかかれていました)
 専門版 建築基準法時刻歴解析
のようなイメージと解釈できました

今私どもは特に、標準年EA気象データを用い、専門版で空調エネルギー年間総量を計算しています
疑問事項
[1] 簡易版、基本版でも空調エネルギー年間総量を計算できるでしょうか
[2] 空調エネルギー年間総量は[室負荷T_冷房]で見れば良いでしょうか。
[3] インストール時、[簡易版][基本版]をインストールしてあるかを確認したいのですが、方法を教えてください
回答者ID:04、10、11
2011/6/10
No.180
「基本版」に関してはリリースされていませんので、「専門版」「簡易版」について回答します。
[1]専門版と同じように簡易版でも空調による一次エネルギー消費量が計算されます。
[2][室負荷T_冷房]は冷房全熱室負荷で、エネルギー消費量ではありません。空調のエネルギー消費量を算出するには、空調関連の機器モジュールのエネルギー消費量を出力し集計して求めます。建物全体テンプレートをベースとしてデータを作成している場合は、「グラフ トレンド 1次エネルギー消費量 用途別」モジュールがこのモジュールに集まる情報を消費先別に集計しており、出力ができます。
[3]PCにインストールすると、スタートメニューのプログラム一覧に登録されるようになっています。プログラム一覧の中に「BEST(簡易版)」のように表示される場合には、インストールされています。
質問者ID:FAQ−055
2011/6/8
No.179
BESTの入力方法に関して、追加で質疑させて頂きます。

非連成計算 空調運転モードの入力 で潜熱処理という項目があります。除湿/加湿/除湿・加湿/無の入力する際の基準を教えてください。この設定方法によって、装置負荷(T)がかなり変わってきます。国交省の茶本による手計算の結果とも比較したいと思っております。その際の適切な入力方法を御教示願います。
回答者ID:07
2011/6/9
No.179
「潜熱処理」は、選択肢を見ればお分かりいただけると思いますが、湿度制御モードの選択になりますので、通常は、冷房時には「除湿」、暖房時には「加湿」、中間期は外気の状態により除湿になる時と加湿になる時が出てきますので「除湿・加湿」、というようにに選択することになると思います。中間期において湿度は成り行きでよいと言う場合に、制御を行わないということで「無」を選択することもあり得ると思います。
質問者ID:FAQ−050
2011/6/7
No.178
★2011/6/6の計算実行時間に関するお問い合わせの回答に対するお問い合わせ

下記の修正はxml editorで実施したのですが

該当ファイルまで進入できません。
pc操作でbestとは直接関係無いのですが、修正方法を教えて頂けないでしょうか
回答者ID:16
2011/6/8
No.178
添付にてサンプルデータを送付いたします。
ご確認の程宜しくお願い申し上げます。
質問者ID:FAQ−050
2011/6/6
No.177
[1] windouDB.xmlのxml editorを使ってのウインドウデータの追加がうまくできません
XML Notepadを使って編集しています。
756番目のウインドウ(下記ファイル添付)で計算を走らせると下記excelのエラーがでます。
対処方法をお願いします。

→2011/06/08 追加情報提供依頼
 サンプルデータ20100518Aのパラメタを少し変更したモデルでエラーがでます。
 既に登録されているウインドウを選択するとエラーはでません。
回答者ID:02
2011/6/13
No.177
窓データベースの編集は、不可能ではありませんがお勧めしておりません。現時点では、完全なデータを用意することは難しく、不正確なデータを設定しますと、異常終了したり、異常終了しなくても妥当な計算結果が得られるとは限りません。約750ある窓種類から性能の近いものを選びそれに置き換えて頂くのが安全です。今回のケースでは、例えば熱反クリア単板ガラス12mmに置き換えることが考えられます。
置き換えるガラス種は、以下の要領で探すことができます。
@窓の画面を開き、ブラインドの「色」として「ブラインドなし」を選ぶ
Aガラスの「窓タイプ」として該当するものを選ぶ
B「ガラス種類名」、「厚さ」を適当に変化させ、そのとき表示される熱貫流率と日射熱取得率の値が対象ガラスに近いものを置換可能と判断する

なお、今後、比較的簡単な入力で窓性能値データベースにデータを追加できるツールを開発することを検討しております。
質問者ID:FAQ−054
2011/6/7
No.176
先日は質疑回答有難うございました。

今回は、BESTの入力方法に関して3点ほど質疑させて頂きます。
@外表面の方位の入力方法について
BESTでは、マニュアルに記載されていますように方位角は、南=0°,西=90°,東=270°,北=180°と定義されております。
現在検討している対象建物は、時計回りに45°傾いた建物配置となっております。
その際にBESTで入力する方位角は下記の通りで宜しいのでしょうか。ご教示願います。
南=45°,西=135°,東=315°,北=225°(別紙、PDF資料、zipデータ参照願います)
ABESTを用いて、下記のシミュレーションを検討しています。
(a)既存窓ガラス(FL6o)にインナーサッシ(例えば、3mm+A12mm+3mmの複層ガ
ラス)を後付けし、内ブラインドとした場合の空調負荷削減効果の検証
(b)既存窓ガラス(FL6o)+内ブラインド(明色) ⇒ 外ブラインド(明色)
+既存窓ガラス(FL6o) に変更した場合の空調負荷削減効果の検証
(c)既存窓ガラス(FL6o)に日射遮熱フィルムorコーティングを付加(内張り
or内塗り)した場合の空調負荷削減効果の検証

上記のシミュレーションを行う場合、それぞれBESTで入力する方法(考え方)
を教えてください。
(具体的な入力事例がありましたら、データを頂けないでしょうか。)

B窓条件の入力について
 通常、窓ガラス等の入力は、窓タイプ/ガラス種類名/厚さを選択して、熱
貫流率、日射熱取得率、日射透過率、可視光透過率
が自動計算で算出されてくるかと思います。
この熱貫流率、日射熱取得率、日射透過率、可視光透過率等を任意の数値を入
力することはできないのでしょうか。
同様に日射遮蔽係数をBEST入力の条件として与えることはできないのでしょうか。
回答者ID:02、07
2011/6/7
No.176
(1)
同送していただいた資料を拝見しますと、ご検討中の建物の外壁の方向は、実際には南西、北西、北東、南東のようですので、それぞれの方位角は、45°(または−315°)、135°(−225°)、225°(−135°)、315°(−45°)で結構です。
(2)
窓ガラスの選択は、基本的に選択肢で選ぶことのできるものしか利用することができません。XMLの知識をお持ちであれば、マニュアルを参考にして、ご自分で窓ガラスの光熱性能値のデータベースであるXMLファイルを開いてデータを追加することも可能ですが、この方法についてはサポートしておりませんので、あくまで自己責任でということになります。将来的には、BESTのデータベースにない窓ガラス品種の光熱性能値(熱貫流率、日射熱取得率、透過率、反射率など)をユーザーデータベースとして登録する機能を開発視野に入れています。なお、「外部日除け」の設定を利用して、疑似的に外ブラインドの効果を検討することもできると思います(例えば、スラット1枚を水平庇に、2枚のスラットの間に挟まれたガラスの部分を窓に見立てるなど)ので、参考にしてください。

(3)
(2)でもお答えしましたように、窓ガラスの選択は、基本的に選択肢で選ぶことのできるものしか利用することができず、ユーザーが任意の数値を入力して使用する機能も現在は備わっておりません。日射遮蔽係数につきましては、BESTでは透過日射の放射成分を分離してそれらが吸収される壁面などから時間遅れで発生する熱負荷も計算できるようにしているため、遮蔽係数を放射遮蔽係数と対流遮蔽係数に分離する必要があり、日射遮蔽係数のみを与えるだけでは不十分ということになります。窓ガラスのデータベースに必要な属性値については、建築操作マニュアルの「5.3.窓ガラスデータベース」を参照してください。
質問者ID:FAQ−050
2011/6/6
No.175
お世話になります。
先日頂いた下記方法で計算を進めましたが
添付資料の計算実行画面が数十分以上続き終了しません。
そちらの計算では、どのくらい時間がかかったでしょうか。
回答者ID:16
2011/6/6
No.175
お送りいたしました例題のデータは、基本的には、以前のバージョンでの対応としております。
確認したところ、現在のバージョンでは添付のデータは以下の個所を手動で修正しないと計算ができないことがわかりました。

・修正ファイル
「$ユーザ物件保存フォルダ$\Files_ObjectInfo\Object001\Instructed\FileInfo.xml」
・修正箇所
下記タグの値が空白の場合はXMLが読み込めないため
適当な値を入力する。

 
  
 

お手数ですが、以上、よろしくお願い申し上げます。
質問者ID:FAQ−050
2011/6/2
No.174
下記について教えて頂けないでしょうか
[1] プログラム検証ツールとして BESTTEST ANSI/ASHRAE Standard 140_2007 を使われ検証された論文を出されていますが、どのようなものか(実測値があるのか、計算精度をどのように判断できるか)について、日本語で書かれた資料がありましたら紹介頂けないでしょうか。
回答者ID:11
2011/6/3
No.174
以下のURLにBESTESTの内容について翻訳された資料がございます。ご参考ください。
http://www.hvacsimulator.net/images/BESTEST%E9%82%A6%E8%A8%B3.pdf#search='BESTEST'
質問者ID:FAQ−050
2011/6/1
No.173
頂いた講習会サンプルデータで 2.建築シミュレーションを実施したところ2-1-1頁 (2)@の計算実行で添付のエラーがでます。
対処方法あれば教えて頂きたいのですが

★2011/6/3追加連絡
先日、お伺いしたエラーの件ですが、エラーメッセージ全文は以下となります
 
 [警告 !Roomデータ 室グループ(北)/室(北) - 旧バージョンのデータフォーマットの可能性があります。対象画面を開いてデータ確認後、了解ボタンを押してください。]

[1] 対象画面の開き方
[2] 対処の仕方
を教えていただけないでしょうか。
回答者ID:16
2011/6/3
No.173
対応方法についてご連絡いたします。

[1] 対象画面の開き方
建築のタブをクリックすると階層化されたフォルダが表示されます。
その中から順に、「基準階」→「室グループ(北)」と展開すると「室(北)」が表示されるので、選択しダブルクリックまたは右クリックメニューのプロパティ(スペック)を選択して画面を表示してください。

[2] 対処の仕方
上記操作で画面を表示した後に、画面下部の「了解ボタン」をクリックします。
クリック後、対象画面のデータが正常なデータに更新され、警告が表示されなくなります。
質問者ID:FAQ−050
2011/5/26
No.172
講習会資料で使い方を学んでおり以下について教えて頂けないでしょうか
[1] サンプルデータとして
    2.1.zip
2.2.zip
等の表現がありますが、最新バージョンではそのような表現はありません。
以下との対応があればお教え願います
<<...OLE_Obj...>>
回答者ID:01、11
2011/5/30
No.172
最新版でご用意しているサンプルデータには、ご指摘の通り、講習会資料で用いているものはご用意がございません。ご覧頂いている講習会資料で使っているサンプルデータをご送付いたしますので、パソコンのわかりやすい場所に保管の上、ご使用下さい。
質問者ID:FAQ−053
2011/5/25
No.171
資料請求したいのですが、何か資料等を送って頂けませんか。
回答者ID:11
2011/5/27
No.171
お求めになりたい資料はどのようなものになりますでしょうか。BESTHP(http://www.ibec.or.jp/best/)には、BESTプログラムの概要や、活用例、学会発表資料、ご入会案内等をアップさせていただいております。具体的にお求めになりたい情報等をご教示いただけますと、最適な資料をご送付できると思います。
質問者ID:FAQ−050
2011/5/25
No.170
★2011/05/23お問い合わせの回答後の追加お問い合わせ

[1] 紹介頂きました文献を読まさせて頂きました 有難う御座いました
[2] 上記文献の結論で実測値に対する計算誤差が3.9[%]とあり、すばらしい結果だと思います。

私どもでも窓ガラス遮熱フィルムの客先への設計提案にBESTを使わさせて頂いており運用上の観点で以下をお聞きしたいと考えております
[3] 電力低減国家方針15[%]であり事から、BESTの計算値有効性の判断には複数の実績値との検証結果の統計解析が必要と感じます。実測値との検証に関する他の文献等ないでしょうか
[4] BEST計算値の有効性(結果の捕らえ方等)についてのお考えをお聞きできればと考えております

以上 お忙しい中対応いただければ幸いに存じます。
回答者ID:01、10
2011/5/27
No.170
[3] について
現在BESTユーザーが持つそれぞれの物件で計算値と実績値との比較が行われていることと思います。今後学会論文等で公表して行ければと思います。

[4]について
BESTの計算結果は、BESTESTと呼ばれる計算結果の検証を行っており、計算結果については精度の高いものとなっております。計算結果の有効性や活用方法については、ユーザーに委ねれていると考えます。入力の仕方によって計算結果は大きく異なることがあります。 ご自分が焦点を合わせていらっしゃる箇所の入力の精度を高めることが肝要であり、すべての入力を精度高く行うことは現在のプログラム(BESTのような大型で高精度のプロうグラム)では不可能とされています。
質問者ID:FAQ−052
2011/5/25
No.169
ベストで扱われているプログラムで、既存の建物の空調温度を調整、管理する事によってどの程度の電力の節減が出来るかどうかの概算は可能でしょうか?
回答者ID:11
2011/5/26
No.169
BESTは利用目的に応じて使用できるように、いくつかのバージョンをご用意しております。既存建物の運用時の評価をされたい場合には、BEST専門版をご使用いただくことでご対応いただけるのではないかと思います。建築外皮詳細設計検討、各設備システムの詳細設計検討を行うことが可能で、建築物の運用時は、建築物や建築設備システムの詳細データ、運用状況と実エネルギーデータを把握したうえで、ハード・ソフトに亘る各種改善手法導入による省エネルギー効果を 的確に把握し、運用改善と建築・設備の省エネルギー改修計画を立案することができます。
BESTのHPにある「プログラムの活用」ページ(http://www.ibec.or.jp/best/program/introduce.html)に、試算例や専門版のご紹介ページがございますにので、ご参考ください。
質問者ID:FAQ−051
2011/5/23
No.168
現在、ある物件の最大負荷計算を行いと思っております。
共通データと建築データのみを入力し、シュミレーションを実行したのですが、計算エラーが生じてしまいます。

エラー原因のreportをみてみると隙間風に関する設定の不適合と読み取れるのですが、隙間風の設定を色々と変更してみてもエラーが解消されません。(漏気レベルを変更してもエラー解消されません)
本件に関して原因はどこにあるのかお調べいただけないでしょうか。また、正しい入力方法を御教示願えませんでしょうか。
また、マニュアルのP48に「実物件における現象に近い計算結果を得るには、隙間風量及び、外気取入量を適宜入力する必要がある。」とあります。通常、どんな数値をどの様に入力しておくことが望ましいのか合わせてご教示願います。

何卒、宜しくお願い致します。
回答者ID:02
2011/5/26
No.168
BESTをご利用頂き、ありがとうございます。
エラーの原因について調べましたところ、ユーザインターフェースプログラムにバグがあり、一括仕様設定の外壁気密性入力値の扱いに不適切な箇所がありました。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

外壁漏気係数法で隙間風計算を行う場合、一括仕様設定をご利用頂かないようお願い致します。各ゾーンの隙間風の画面で、計算法として「D外壁漏気係数法」を選択したうえで、気密性の設定して下さい。
注意点としては、外壁漏気係数法は外壁・窓の面積に応じて隙間風を計算するので、外壁か窓のあるゾーンに対してご利用下さい。一番シンプルな隙間風計算法は「@換気回数法」で、換気回数の設定値に迷う場合は、デフォルトの0.2回/hのご利用をお勧めします。
また、昼光調光の入力データに適用範囲外の設定となっているところがあります。昼光計算を指定できる窓は各ゾーン1つであるため、主要な窓1つに絞り、照明の画面では、その窓名を指定して下さい。
質問者ID:FAQ−050
2011/5/23
No.167
いつもお世話になります

エネルギシミュレーションツールBESTについてお聞きします
HPにあります情報広場に掲載されている論文等見させて頂きました。

実測値との検証について知りたいのですが
上記文献群には該当する報告を見つけられませんでした。
(見落としたかもしれません)

実測値との検証に関する文献・資料等あれば紹介を
お願いしたいのですが

以上 よろしくお願いします。
回答者ID:10
2011/5/24
No.167
実測値との検証に関する文献として、
空気調和・衛生工学会大会の学術論文を添付いたします。

"実オフィスへの適用と実測値との比較による精度検証"(2009.9)

以上、ご査収いただきますようお願い申し上げます。
質問者ID:FAQ−028
version_1004
2011/5/19
No.166
BESTに関しまして、2点質問をさせて頂きます。
@内壁条件について
 建築シートの内壁条件を設定する際の、隣室タイプの選択(下図の設定)に関しまして、タイプが@〜Cまでありますが、使い分けの基準を教えて下さい。また、事務所ビルの廊下に面する内壁の場合は、どれを使うのが一般的でしょうか。なお、最大負荷計算と通常計算で、タイプを変えるのが一般的でしょうか。
A空調運転スケジュールの予熱について
 共通シートの時刻変動スケジュール、空調スケジュールにて、予熱・空調・非空調のスケジュール設定ができますが、予熱を設定した場合の熱負荷計算はどのように行なっているのでしょうか。設定した空調条件の50%運転、もしくは空調は行なわず、外気導入のみするような計算でしょうか。また、予熱時の空調や換気の運転については、任意に設定ができるのでしょうか。(空調機を30%で運転させる等)
御回答よろしくお願い致します。

回答者ID:07
version_1004
2011/5/20
No.166
@隣室タイプの選択については、BESTホームページの「プログラムの活用」の「ユーザーの声」にある「Version_1004への声」(http://www.ibec.or.jp/best/program/voice/voice20110405.html)のQuestion No.145に同様の内容の質問があり、それに対する回答がありますので、そちらをご参照ください。
なお、「最大負荷計算と通常計算で、タイプを変えるのが一般的か」という点については、通常最大負荷計算の結果から通常計算(年間熱負荷計算)で使用する空調容量を決定しますので、特に理由がなければ変える必要はないと考えます。
ABESTにおいて予冷熱というモードが使われるのは最大負荷計算の時に限られます。(BEST-P建築操作マニュアルの「2.6.2.最大負荷計算」(4)共通−時刻変動スケジュール(P.59)を参照)
最大負荷計算における予冷熱時間帯では、予冷熱終了時点で室内の温湿度が設定値になるような最小の装置容量を求めることにより、その装置容量を予冷熱時間帯の負荷としています。(BEST-P建築操作マニュアルの「3.10.2.予冷熱計算法と最大熱負荷の求め方」(1)予冷熱計算(P.73)を参照)
最大熱負荷計算は空調の装置容量を決定することが主目的ですから、あらかじめ装置容量は設定されておりません。(BEST-P建築操作マニュアルの「2.6.2.最大負荷計算」(5)建築−要素−ゾーン空調条件(P.59)を参照)したがって「予熱時には空調能力の○%運転」という設定自体が有りえないことになります。
「空調能力の○%運転」をすることにより求めるのは、熱負荷ではなくむしろ空調エネルギー消費量になると思われますので、BESTでは設備との連成計算を行う必要があります。
外気導入の設定については、上記の問題とは別に、取入れ量を『ゾーン空調条件』(BEST-P建築操作マニュアルの「2.6.11.ゾーン空調条件」(P.49)を参照)、取入れスケジュールを『時刻変動スケジュール』(BEST-P建築操作マニュアルの「2.1.8.時刻変動スケジュール」G外気導入(P.27)を参照)で設定することが出来ます。
なお、予冷熱時間の検討方法については、「BEST講習会 例題演習によるBEST体験」(BESTホームページ「プログラムの活用」の「マニュアル」(http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/)にてダウンロードできる『例題演習によるBEST体験 (2.建築シミュレーションを体験しよう)』)の中の「2.6予冷熱時間と最大負荷」に詳しく書かれていますので参照してください。
質問者ID:FAQ−001
version_0911
2011/5/13
No.165
11日(水)に質疑をさせていただきましたが、さらに追加で疑問点がでてきましたので、ご回答をお願いします。
室内機と室外機が1対1のパッケージ空調が1室当たり2台設置されている倉庫が2室ある建物について、「1から学ぶBEST実践講習会」の例題Tのデータを基に、案件の仕様に合わせて修正変更して空調連成計算を行ったのですが、計算実行すると、すぐに計算終了のメッセージがでて、計算されている雰囲気がありません。しかし、エラーメッセージがでるわけではなく、集計も無事終了はするのですが、いざ計算結果を確認しようと結果グラフ出力ボタンを押すと、エラーメッセージ「ERROR該当するCSVファイルがありません」がでて、計算結果のフォルダを見てみると0kBのCSVファイルが作られているだけの状態になります。
設備のシーケンス接続は何度見返しても間違いは見当たりません。「記録を有効にする」にもチェックは入っています。なにか別の原因があるのでしょうか。
建築単独計算はできるのですが、連成計算だけができません。設定にミスがあるのは間違いないと思うのですが、それが何なのかが不明です。
ご回答をよろしくお願いします。
回答者ID:03
version_0911
2011/5/20
No.165
残念ながら、いただいた情報からは原因が特定できません。
「1から学ぶBEST実践講習会」の例題Tから変更を加えたられたとのことですが、変更のどの段階で異常となるのか特定する必要があるかと思います。
例題Iの連成計算が問題なく実行できることを前提として、
・例題Iで室内機1台+室外機1台の組み合わせをもう1セット追加したとき
・さらに上記の室をもう1室増やしたとき
...といったように徐々に修正を加え、そのたびに実行すると原因が特定しやすくなるかと思います。
なお、建築単独の計算から連成計算にする場合の留意点について、前記「1から学ぶBEST実践講習会」のT-2.5-1 ページをご参照ください。
質問者ID:FAQ−001
version_0911
2011/5/11
No.164
先ほど質疑を上げさせていただきましたが、下記についても追加でご回答願います。
旧バージョンで計算を行っていたのですが、計算実行の際、エラーメッセージが出て、異常終了してしまいました。エラーレポートを見てもよくわかりません。何が原因なのでしょうか?また、どうすれば原因を把握できるのでしょうか?
(See attached file: エラーレポート.xlsx)

回答者ID:02
version_0911
2011/5/16
No.164
BEST0911までのバージョンでは、調光計算で不具合の発生があり得ることがわかっております。調光計算の設定をされている場合には、照明発熱としてkWの単位の入力は避け、W/uの単位で入力して下さいますようお願いいたします。BEST1004がご使用可能になりましたら、そちらをご利用いただきたく、どうぞよろしくお願いいたします。

また、調光計算を行っていない場合は、極端な計算条件が設定されていないかご確認をお願いいたします。本エラーメッセージは、非現実的な室内温湿度が計算された場合に出力される傾向があります。例えば、自然室内温湿度計算をする場合に、在室者などの水分発生源があるのに対して、隙間風を無視すると、室内湿度は際限なく上昇します。多数ゾーン計算の場合は、エラーの原因を特定するのが困難になりがちです。簡単な1ゾーン計算でチェックを行い答えが出るようになってから、少しずつゾーンを増やしたり計算条件を複雑にしてゆくと、スムーズに答えを出せます。
質問者ID:FAQ−001
version_1004
2011/5/11
No.163
BESTのライセンスキーについて質疑があり、ご連絡させていただきました。
BESTのライセンスキーをご送付いただいて以降、最近になってBEST1004に更新したのですが、お送りいただいたライセンスキーの取り扱い説明書にしたがい、デバイスドライバーソフトのダウンロードを試みたところ、エラー画面に以降しダウンロードができませんでした。何か他のステップが必要なのでしょうか?それともこちらのPCの問題なのでしょうか?
ご回答をお願いします。
回答者ID:16
version_1004
2011/5/13
No.163
デバイスドライバーソフトのダウンロードを試しましたが問題なく行うことができました。
特別に認証などを行う必要もないためおそらくPC環境の問題であると考えられます。
デバイスドライバーソフトは再配布可能ですのでShareStageのGroupDisk/BEST専門版にUPいたしました。
そちらからダウンロードしていただきますようお願い申し上げます。
質問者ID:FAQ−044
2011/5/10
No.162
BESTプログラムのパソコンの使用環境について質問させてください。
マニュアルに対応OS-WindowsXPとありますが、Windows7での使用は可能でしょうか。また、64bit版のパソコンでの使用は可能でしょうか。
回答者ID:06、11
2011/5/10
No.162
最新版(BEST1004)については、Windows7でのご利用が可能です。64bit版のPCを利用される場合には、64bit版のJavaのランタイムをセットしてご利用下さい。
(今後、64bit用の新たなインストーラを作成するか、若しくは64bitを自動判定できるインストーラを用意する予定です。)
質問者ID:FAQ−048
2011/5/9
No.161
★4月26日お問い合わせの回答後の追加お問い合わせ

早速のご回答、ありがとうございました。
『BEST(省エネルギー計画書)は告示に即した入力で性能基準の計算が出来ます。対応できる建物は、延床面積300m2以上5000m2以下の非住宅の建物です。』
上記記載していただいたご回答の件ですが、
1.5000m2以上の建物に対応したいのですが、現在御社開発ソフトでは、省エネルギ−措置の届出はできないのでしょうか。
2.BECS/CEC/AC(空調の省エネ計画書用エネルギ-シュミレ−ション)を使用して5000m2以上の建物の省エネルギ−措置の届出(CEC/AC)を行っている所が現在でもあると聞いたことがあるのですが、使用して宜しいのでしょうか?
3.上記質疑項目の1が不可能な場合で、2が可能であれば、1の開発ソフトができる期間、BECS/CEC/AC(空調の省エネ計画書用エネルギ-シュミレ−ション)を使用させていただくことは可能でしょうか。
回答者ID:10、11
2011/5/9
No.161
建築操作マニュアルの「2.7.3. 月別・年間値の結果出力ファイル」に説明がありますように、結果出力ファイル"bestBuilU.csv"の各時間ステップの負荷の値
を積算した結果が、"bestBuilM.csv"の値となるのですが、ご質問の例の場合、計算時間間隔が30分ですので、負荷値[W/u]×1800secを積算することになりま
す。
Wは1秒当たりの熱量なので、従来1時間間隔の計算が普通で、Wを単純積算してWhで評価するのに慣れていると、間違えやすいと思います。
質問者ID:FAQ−049
version_1004
2011/5/8
No.160
BESTの初期操作についてお尋ねします。
(1)共通操作マニュアル9p(3)BEST-Pのインストール作業で、BEST(setup.exe.zip)が見つかりません。
(2)それで、「setupBEST1004_(2010-4-26)」をインストールして解凍すると、デスクトップにアイコン(BEST-P)が作成されましたが、それで良いのでしょうか。この場合、15Pの「sample.zip」が検索できませんが、どうすればよいのでしょうか。
(3)別のサンプルをインストールして少し進めると、18Pの「2Dグラフの設定」の画面で、マニュアルと私のパソコン画面と異なります。つまり、マニュアルの画面では、中央下画面の項目欄が、項目指標、統合指標、演算符号の3行になっていますが、私の画面では、項目指標の1行だけで、統合指標、演算符号の行がありません。どちらが正しいのでしょうか。
(4)キーとともに送られた「ハードウエアーライセンスキ−について2010.4(1)」の文について、7行目に会員様専用サイト「ShreStageASP」とありますが、「ShareStageASP」ではないでしょうか。
以上4点、至急ご回答をよろしくお願いいたします。
回答者ID:11
version_1004
2011/5/9
No.160
BESTをご利用頂きありがとうございます。お問い合わせについて回答させていただきます。
(1)マニュアルが古く申し訳ありません。セットアップが保管されている圧縮ファイルは「setupBEST1004_(2010-4-26)_member.zip」となっております。
(2)インストールは、「setupBEST1004_(2010-4-26)_member.zip」を解凍して出来た「Setup.exe」をダブルクリックしてインストール下さい。また、サンプルプログラムは、シェアステージのBEST専門版フォルダにある「サンプルデータ」フォルダにあるものをご使用下さい。マニュアルが対応しておらず申し訳ありません。
(3)画面で確認されたものが正しい画面です。マニュアルが最新版の画面に対応しておりません。
(4)ご指摘の通り「ShareStageASP」が正しいサイト名です。ご指摘ありがとうございました。

マニュアルの更新については適宜対応していく予定でございます。ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
なお、BESTに関するお問い合わせは、お手数でも以下のURLよりお願い申し上げます。
http://www.ibec.or.jp/best/utility/contact.html

以上、よろしくお願い申し上げます。
質問者ID:FAQ−027
2011/4/27
No.159
質問内容は添付させて頂きましたwordファイルに簡単に説明させておりますが、
冷却塔の出入り口温度が低すぎる点と、太陽熱をメインで利用したいので温水炊きの冷温水機を利用したいのですが、そのテンプレートなどないのでしょうか。
回答者ID:06
2011/4/27
No.159
冷却塔に接続している 「外気モジュール」へ「システム用気象モジュール」からの情報がつながっていないようです。
排熱利用冷暖房テンプレートのairInOAノードとシステム用気象モジュールのairOutOAノードを接続してください。
未接続だと冷却塔への外気が0℃で固定となります。
外気が冬の状態で冷却していたので能力が出すぎたと考えられます。
質問者ID:FAQ−048
2011/4/26
No.158
1.BEST(専用版)についての質問です。
BECS/CEC/AC(空調の省エネ計画書用エネルギ-シュミレ−ション)が現在、新規ユ−ザ−登録をしていなく、それに変わるソフトだと聞きユ−ザ−登録しました。省エネルギ−措置の届出 CEC/AC計算に使用したいのですが、どの計算書を添付したらいいのでしょうか。又、CEC/AC以外の届出にも計算書を添付・計算結果数値を盛り込むことで省エネルギ−措置の届出を認めていただくことが出来るのでしょうか。

2.BEST(専用版)のデ−タ変換についての質問です。
IBEC ホ-ムペ-ジの『The BEST Program/DownLoadサイト』の『参考資料』の『BESTの基本的な枠組み.PDF』のP.19にBEST専用版のデ−タを”省エネ計画書用のデ−タ変換”と記載してありますが、BEST基本版を使用して省エネ計画書を作成することができるのでしょうか。(別添資料を参照してください)
又、BEST基本版をどこからダウンロ−ドすればよいのか分らないので、教えて下さい。

3.BEST(基本版)についての質問です。
計算方法は性能基準・仕様基準どちらの計算になりますか。対応できる延べ床面積は何m2ですか。全て用途に対応可能ですか。
回答者ID:11
2011/4/27
No.158
1.BEST専門版は、省エネルギー措置の届出には対応しておりません。省エネルギー措置の届出対応には、BEST(省エネルギー計画書作成支援ツール)をご使用ください。以下のURLよりダウンロード可能です。(http://www.jsbc.or.jp/best_download/index.html)
届出には、この計算結果と入力データを提出して下さい。BEST(省エネルギー計画書作成支援ツール)とBEST専門版では利用目的が異なりますので、使い分けてご使用ください。

2.「基本版」は今後開発予定です。現在BESTでご用意しておりますバージョンは、BEST(省エネルギー計画書作成支援ツール)、BEST(省エネルギー計画書作成支援ツールコンソーシアムメンバー専用)、BEST専門版、BEST簡易版になります。
最初のご質問で回答させていただきましたとおり、省エネルギー計画書を作成できるのは、BEST(省エネルギー計画書作成支援ツール)になります。なお、バージョン間のデータ変換は、現在のところご用意は整っておりません。

3.BEST(基本版)は上述の通り、今後の開発予定です。BEST(省エネルギー計画書)は告示に即した入力で性能基準の計算が出来ます。対応できる建物は、延床面積300m2以上5000m2以下の非住宅の建物です。なお、HPにQ&A等も掲載しておりますのでご活用ください。ご参考までにQ&Aのページをご紹介いたします。
・BEST全般、専門版に関するQ&A:http://www.ibec.or.jp/best/program/voice/voice20110405.html
・BEST(省エネルギー計画書作成支援ツール)に関するQ&A:http://www.jsbc.or.jp/best_download/faq.html
質問者ID:FAQ−047
version_0911
2011/4/22
No.157
BESTを実務に使用しきれずに(難しくて)継続を躊躇しています。
つきましては、下記お応えいただきますようお願い申しあげます。
@BESTの専門版の活用実績をお知らせください。検証、設計等の分類でお願い致します。
A公表可能な設計物件の使用実績事例を借用できないでしょうか。
B今後の総合的な(改正・行政関連他)見通しをお聞かせくださいませ。
回答者ID:10
version_0911
2011/4/26
No.157
@、ABEST専門版の活用事例で公表されているものは、毎年建築学会及び空衛学会の大会論文にて公表されています。詳しくはホームページの情報広場をご覧下さい。(http://www.ibec.or.jp/best/information/index.html)
BBEST(省エネルギー計画書作成支援ツール)は既に約8600件ものダウンロードがあり、利用されています。今後の省エネ法改正においてもBESTツールが申請用として活用されるよう、開発を行っています。また参考までに、コンソーシアム向けに支援ツールの入力の簡便さを活かし、各種入力や出力項目を追加した「簡易版」がリリースされていますので合わせてご利用下さい。
質問者ID:FAQ−024
version_1004
2011/4/19
No.156
ご使用のOS = Windows XP Professional
ご使用のOSバージョン = Service Pack3
使用OS =
Javaのバージョン = 1.5.2
BESTのバージョン = BEST1004

建築 = 有
空調 = 有
衛生 = 有
電気 = 有
コージェネレーションシステム = 無
蓄熱システム = 無
その他 = 無

Q.設備連成計算において
省エネ効果の試算として、EHPの運転時間を昼休み時間帯停止させた場合のシミュレーションを行うために以下のような設定変更をしたいのですが、設定方法が分かりません。
「tmビル用マルチ 制御20080909」のモジュールのスペック入力値
 現 状 : 7:00-20:00
 変更後 : 7:00-12:00、13:00-20:00
同じモジュールをコピーして時間帯が異なる入力を行ってもシーケンス接続が1対1対応にならないので不可となります。
それとも、テンプレートごとすべてコピーして時間帯をずらすしかないのでしょうか?
ご指導の程、宜しくお願いいたします。
回答者ID:03
version_1004
2011/4/21
No.156
建築操作マニュアルの「2.7.3. 月別・年間値の結果出力ファイル」に説明があ
りますように、結果出力ファイル"bestBuilU.csv"の各時間ステップの負荷の値
を積算した結果が、"bestBuilM.csv"の値となるのですが、ご質問の例の場合、
計算時間間隔が30分ですので、負荷値[W/u]×1800secを積算することになりま
す。
Wは1秒当たりの熱量なので、従来1時間間隔の計算が普通で、Wを単純積算してWh
で評価するのに慣れていると、間違えやすいと思います。
質問者ID:FAQ−046
2011/4/14
No.155
シェアステージより問い合わせ

The best programの簡易版について、ダウンロードなどすべて有料になるのでしょうか?FAXにて申し込むのでしょうか?ダウンロードサイトが見当たりません。
回答者ID:11
2011/4/14
No.155
The best programの簡易版は、BESTコンソーシアムユーザーにご登録いただきますと、ダウンロードしてご使用いただけます。コンソーシアムユーザー登録は有償になります。ご登録手続きと費用に関しましては、以下のURLよりご確認ください。
http://www.ibec.or.jp/best/program/user.html
なお、無償でご利用いただけるBEST(省エネルギー計画書作成支援ツール)もございます。以下のURLをご参考ください。
http://www.jsbc.or.jp/best_download/index.html
質問者ID:FAQ−045
2011/4/7
No.154
コジェネ,太陽光発電,水利用などの連携を考えた水,電気,熱のエネルギ試算を行いたいのですがこのソフトではできるのでしょうか?
また,デモ版等はございませんでしょうか?

BESTプログラムの1ライセンス分の見積書の送付をお願いいたします.

回答者ID:10
2011/4/8
No.154
BESTでは、種々の設備システム(コジェネ、太陽光発電等)を含めた建物全体のエネルギー消費量の計算が可能です。水に関しては雨水利用等の計算が可能です。なおデモ版はございませんが、下記BESTのホームページをご欄いただくとマニュアルや試算例を掲載されていますので、ご参考下さい。http://www.ibec.or.jp/best/program/index.html
プログラムの取得については、下記よくあるご質問のQ5をご覧下さい。http://www.ibec.or.jp/best/faq/index.html
なお省エネ計画書作成支援ツールは無料ですが、専門版プログラムは、1ライセンスの場合、初期費用210,000円+サポート費105,000円=合計315,000円となり、これが最低額となります。なお、初期費用は初回のみ、サポート費は年額です。
但し、アカデミック版の場合、費用は全て半額となりますので、
専門版プログラムは、1ライセンスの場合、初期費用105,000円+サポート費52,500円=合計157,500円となります。
質問者ID:FAQ−036
2011/4/5
No.153
最大負荷計算の結果について質問させていただきたく、ご連絡いたしました。
最大負荷計算結果で出力されるCSVファイル中の、「室負荷」と「装置負荷」の定義についてです。
「室負荷」は躯体負荷で、「室負荷」はその他のコンセントや照明電力の負荷も考慮された負荷を表しているのかと思っておりました。また、躯体蓄熱などによる負荷の時間差が生じているのかと思うようなデータもあるのですが、計算によっては、「室負荷」と「装置負荷」のデータが共に、立上がりから目標値に到達するまでの予冷熱時間中全く同じ数値であったり、「室負荷」と「装置負荷」の双方データが全く同じ数値であったりすることがあります。
これは、どのように解釈すべきなのでしょうか?まず、「室負荷」と「装置負荷」のそれぞれの定義をはっきりと理解しておりません。マニュアル等を見てもなかなかその違いについての記述を見つけられませんでした。
回答者ID:07
2011/4/6
No.153
室負荷と装置負荷については、BEST建築操作マニュアルの「2.7.1.各時間ステップの結果出力ファイル」→「(3)各ゾーンの計算結果」→「・出力項目」(P.61)に少し説明が載っていますが、『室負荷』は、窓や壁(床、天井を含む)、人体、照明、機器、隙間風等に起因する熱負荷の合計で、『装置負荷』は、その室負荷に取入れ外気負荷を加えたものです。
「室負荷」と「装置負荷」のデータが共に全く同じ数値であるということは、上記の説明から、取入れ外気負荷が0であるということになりますので、外気取入れの設定がされていないことが原因と考えられます。
外気取入れの設定が必要であれば、以下の場所に関係する設定項目が有りますので、内容を確認して適切な内容を設定してください。
・「非連成計算 空調運転モード」(「建築データの設定(=「建築」タブ)」の中の「基本」の配下にあります)の中の「外気導入スケジュール名」と、その設定内容(「共通データの設定(=「共通」タブ)」の中の「時刻変動スケジュール」にあります)
・「ゾーン空調条件」(「建築データの設定(=「建築」タブ)」の中の「ゾーン設定」の配下にある各ゾーンにあります)の中の「外気取入量」
質問者ID:FAQ−031
簡易版1.2.0
2011/4/4
No.152
・BEST簡易版で予め用意されている「建物用途」には一般住居がないようですが、簡易版で一般住居をシミュレーションする方法はありますか?
・BEST簡易版で1時間毎の時系列結果を出す方法はありますか?
・BEST簡易版で作成した建物データをBEST専門版に転用することはできますか?また、その方法があれば教えて頂きたいです。
・BEST簡易版に使用されている内部データ(天候データ、在室スケジュール、照明スケジュール等)を入手する方法はありますか?
回答者ID:06
簡易版1.2.0
2011/4/5
No.152
・簡易版は支援ツールをベースとして開発されており基本的に一般住居は対象外です。(住居の室の使用状況から、ホテル用途の客室と低発熱部を組合わせて計算することは考えられます)
 補足:現在、簡易版のバージョンアップ版Ver1.2.0を開発し検証中ですがこの版は、発熱量やその日変動パターンをユーザーが設定変更可能です。これを用いると住宅に近い条件を設定することが可能と思われます。
・出力については操作マニュアルの「計算メニューの計算実行機能」の部分で説明しています。熱負荷については年間の1時間出力のCSVファイルがあります。
・簡易版のデータを専門版で読み込む機能あるいはツールはございません。
・気象データは「拡張アメダス気象データ」を使用しています。在室スケジュールと照明スケジュールについては、開発検証中である簡易版のバージョンアップ版Ver1.2.0 で画面で確認したり設定変更できるようになります。
質問者ID:FAQ−044
version1004
2011/3/3
No.151
昨年末よりBEST専門版を使わせていただいております。いつも質問に丁寧にご回答いただきありがとうございます。
この度、BESTを利用してみた結果として、いくつか入出力機能についての改善要望を別紙にまとめさせていただきました。よろしくご検討いただけますようお願い申し上げます。
1 建築単独 結果出力 各室の最大負荷の抽出が集計表の形で出力出来る様にして欲しい。(室数が多い場合、1室ごとにグラフやCSVファイルから最大値を抽出するのは困難である為。)
2 建築単独 結果出力 熱源容量の選定用として、ゾーン毎・建物全体のピーク負荷の集計機能が欲しい。
3 建築単独 グラフ出力 PNGデータ(画像)保存ではデータの加工が出来ないので、EXCEL形式などでの保存が可能に出来ないか。
4 設備連成 マニュアル テンプレート入力の時に表示されるテンプレート図が文字がつぶれて分かりづらい。テンプレートのイメージ図、テンプレート内モジュール、モジュール接続先の分かるマニュアルが欲しい。
5 設備連成 マニュアル 設備機器のモジュールの接続が難しい。一般利用者でも簡単に機器接続が出来る様、もう少し接続方法を簡易化するか、モジュール接続用の詳細マニュアルが欲しい。
6 設備連成 テンプレート作成 テンプレートの作成・登録がユーザー側で出来る様にならないか。
7 設備連成 テンプレート 熱源群テンプレートについて標準が2台となっているが、台数を増やしたテンプレートを作成して欲しい。(台数の追加よりも削除する方が簡単である為。)8 設備連成 テンプレート 建物全体テンプレートで空調機・ゾーニングが2系統となっているが、もっと多い(10系統・20系統)のテンプレートが欲しい。(系統の追加よりも削除する方が簡単である為。)
9 設備連成 テンプレート 建物全体テンプレートにビルマルの例題モデルも入れて欲しい。
10 設備連成 テンプレート 建物全体テンプレートに、共用部電力やガス利用、給湯テンプレートなどを追加して欲しい。(建物一棟分のエネルギー計算がテンプレートのモジュール接続の追加がなく、削除のみで計算出来る様になると良い)
11 設備連成 テンプレート 空調機や熱源など容量選定でスペック入力が可能なものが一部あるが、その他の機器についても、容量選定のみでスペック(出来れば部分負荷特性含めたメーカースペック)の自動入力が出来る様にして欲しい。
12 設備連成 計算エラー 計算エラーが出たときに何が間違っているのか分かりづらい。エラーNOの出力機能が欲しい。
13 設備連成 データ集計不具合 集計(時間・日・月・年)CSVデータの集計方法・単位に不具合あり。(12月にサポートへ報告済)不具合の修整時期・方法についてお知らせください。
回答者ID:02、07、03
version1004
2011/3/3
No.151
BESTをご利用頂き、ご指摘等下さいましてありがとうございます。頂いたファイルに回答を纏めましたので、ご送付致します。
1 各ゾーンの最大負荷(顕熱・潜熱・全熱別)集計結果のファイル出力機能は、次回バージョンアップ版からご利用頂けます。入力指定の追加はなく、bestBuilU.csv、bestBuilH.csvのどちらかを出力指定していれば、最大負荷の集計結果ファイルBestBuilPeak.csvが自動的に出力されます。また、現在改訂中ですが、最大負荷計算と年間負荷計算の入力データの共有化も進めています。年間計算の入力データである装置容量に、最大負荷計算結果を自動設定できる機能をつける予定です。エンジン改訂は終了し、これからUI改訂に着手しようとしております。
2 ゾーン毎のピーク負荷集計は、1の回答のように可能になります。ただし、建物全体(計算した全ゾーンの合計負荷)のピーク負荷の集計は行われません。今後、全ゾーン合計のピーク負荷集計も追加する方向で、検討したいと思います。
3 グラフ出力は計算結果のCSVファイルを元にグラフを描画しております。このCSVファイルをEXCEL等の表計算ソフトで読込めば、データを加工して表計算ソフトでグラフ出力することもできますので、現状では考えておりません。しかし、今後のBEST発展の中で、出力グラフの加工と保存方法、技術的な可能性と実現性について1度検討を加えたい考えております。4 現在、テンプレートのマニュアル整備を実施中です。今しばらくお待ちください。
5 テンプレート間の接続については、4のとおり、マニュアル整備を実施中です。今しばらくお待ちください。
6 テンプレートの作成・登録をユーザー側で出来るようなマニュアル整備について検討中です。今しばらくお待ちください。
7 検討させていただきます。
8 ゾーン数を増やしたテンプレートの整備について現在検討中です。今しばらくお待ちください。
9 検討させていただきます。
10 検討させていただきます。
11 検討させていただきます。
12 検討させていただきます。
13 次回リリース時に修正予定ですが、リリース時期については検討中です。
質問者ID:FAQ−020
version1004
2011/3/2
No.150
年間熱負荷計算の計算結果(装置負荷)についてですが、計算時間間隔を30分で計算し、(1):時刻別計算結果(bestBuilU.csv)を月別に集計し、W/uをMJ/uに換算して算出した値と、(2):月別計算結果(bestBuilM.csv)の値を比較すると、(1)=(2)×2となります。
(1)、(2)のどちらの値が正しいのでしょうか?
それとも、例えば、bestBuilU.csvの計算結果は、時間間隔を30分に設定した場合は計算結果×1/2(30分/60分)ということになるのでしょうか?

bestBuilU.csvの0と30分欄に計上されている数値は、それぞれ30分間に発生する装置負荷の値なのでしょうか? それとも間違ってそれぞれに1時間分の値が計上されているのでしょう
回答者ID:02、07
version1004
2011/3/4
No.150
建築操作マニュアルの「2.7.3. 月別・年間値の結果出力ファイル」に説明がありますように、結果出力ファイル「bestBuilU.csv」の各時間ステップの負荷の値を積算した結果が、「bestBuilM.csv」の値となるのですが、ご質問の例の場合、計算時間間隔が30分ですので、負荷値[W/u]×1800secを積算することになります。
Wは1秒当たりの熱量なので、従来1時間間隔の計算が普通で、Wを単純積算してWhで評価するのに慣れていると、間違えやすいと思います。
質問者ID:FAQ−043
version1004
2011/3/2
No.149
ご使用のOS = Windows XP Professional
ご使用のOSバージョン = Service Pack3
使用OS =
Javaのバージョン = バージョン6アップデート21
BESTのバージョン = BEST1004

建築 = 有
空調 = 無
衛生 = 無
電気 = 無
コージェネレーションシステム = 無
蓄熱システム = 無
その他 = 無

BESTの専門版についてご質問がございます。
外壁や屋上面に「遮熱塗料」を塗ったときの効果を計算したいのですが、できますでしょうか。
その場合、入力操作どこの部分を操作すればよろしいでしょうか。

よろしくお願いします。
回答者ID:02、07
version1004
2011/3/4
No.149
BESTでは、「遮熱塗料」に対して正確に計算できるわけではありませんが、大雑把に効果を把握するために、便宜的に調整できるパラメータとして、日射吸収率、長波放射率があります。
これらの数値については材料の製造元に問い合わせるのが一番確実ですが、「遮熱塗料」では、近赤外域の日射反射率が高いことを考慮して、日射吸収率を小さくして下さい。
長波放射率は通常高くなります。(波長域別の日射吸収率の違い、長波放射率が高くなることによる屋外側総合熱伝達率の増加などは、考慮できません)
また、これらの数値の設定は、BESTの「建築−ゾーン要素−外壁」、「建築−一括仕様設定−外壁条件」の画面で行います。
質問者ID:FAQ−042
BEST1004
2011/2/21
No.148
"BEST利用を考えている講義は「環境設備演習」という講義です。シラバスを添付します。
BESTの導入は2〜4回目の熱負荷計算と、8〜12回目の設備の省エネルギー性能評価で検討しています。
ご確認の程、よろしくお願いいたします。
回答者ID:01
version1004
2011/2/28
No.148
"シラバスのご送付、ありがとうございました。先日もご回答させていただきました通り、 BESTの授業利用に関してはBEST開発委員の大学関係者内でも導入方法について検討中です。
是非ご利用いただきたいと思いますが、有効な授業とするための使い方など、 いくつかの整理が必要だと考えております。つきましては、お打合せをお願いしたいです。
授業利用は、2011年4月からのご利用をお考えでしょうか?お急ぎでなければ本年の建築学会大会、 空衛学会大会等でお打合せさせて頂きたいのですが、お急ぎでしたら東京にお越しのご予定に合わせてお打合せさせて頂きたく思います。
お打合せのご予定についてご教示くださいませ。
<ご質問者からの返信>
BEST利用についてですが、「環境設備演習」は10月からの開講科目です。
従って急ぎではないので、今後東京出張の機会があるときにでも打ち合わせをお願いできればと思います。
東京出張の予定がありましたら再度連絡いたします。ご対応ありがとうございます。
質問者ID:FAQ−042
BEST1004
2011/2/10
No.147
"大学の講義の演習でBESTを使用したいと考えています。
ただ、学生全員分のライセンスを購入するのは予算的に厳しいので、ライセンスの期間を短くすることや、機能を限定して、 ライセンスの費用を安くしていただくことなどをご検討いただけないでしょうか?"
回答者ID:01、10
version1004
2011/2/18
No.147
"BESTを授業で使用していただきありがとうございます。
大学講義では「BEST(省エネルギー計画書作成支援ツール)」ではなく「BEST専門版」を使用するということでしょうか?
これまで、BEST開発委員会に参加されている大学関係者でもBESTを教材にする件について議論をしましたが、 BEST利用を考えられているシラバス等を拝見させていただいた上で、対応方法について検討させていただきたいと考えます。
質問者ID:FAQ−036
version1004
2011/2/4
No.146
1.最大負荷計算のスケジュール設定について
最大負荷計算をする際、休日設定はしないで行うべきだろうか(正解・不正解があるのか、もしくはケースバイケースとなるのか)?マニュアル等には特記は無かったように思うが、石野先生方の文献からは、休日設定しない代わりに予冷熱時間を短くする(30分程度)とあった。
2.出力CSVファイルでの、エネルギー単位に関して
1分データ:W ⇒ 1時間データ:J ⇒ 1日データ:J  ・・・
 ※1 W ⇒ J の変換計算はどのようにしているのだろうか?それとも、すべて単位は[W]と考えてよいのだろうか?
 ※2 2/1のデータでみると、8:00の1分データと1時間データは瞬時値で一致しているが、9:00や10:00などその他の時間帯に関しては、全く一致が見られない。どのような集計がなされているのだろうか。
 ※3 ビルマル処理熱量に関して、excelファイル「2-1 エネルギー関連1時間単位(best_result_H)」シートで赤文字で示した2項目の意味はどう違うのだろうか。「tmビル用マルチ 室外機20090702_室外機実処理熱量/現状#W#熱量」の方が、室内機処理熱量の合計値と一致している。(具体例は添付excelファイルをご参照ください。)
3.放射空調を想定したBESTでのシミュレーションについて
天井送水放射式空調をBESTでシミュレーションしたいが、設備のマスタツリーには放射空調テンプレートは無いようで、反映させることはできるのだろうか。また、放射空調を想定した場合の最大負荷(機器容量として使う)はBEST結果を用いてよいのだろうか。(文献では放射空調をBESTでしている事例があった。)
4.システム接続用モジュール内について
・Air入口・出口接続ノード数の設定がわからない(入口・出口側のダクト系統数?)。AHUなどで空調する場合はダクトが出てきそうに思うが、いつも例題等も「0(ゼロ)」に設定されているのはなぜだろうか。
5.ビル用マルチ室内・外機 シーケンス接続について(記号の意味等)
以下の記号等の意味がわからない。
・ T(exm."recTIn"):テンプレートのT? しかしテンプレート直下接続端子でもTが付かないものもある。
・ D(exm."watOutD"):水関係?ドレンのD?
・ CW(exm."watTOutCW"):冷水(冷媒)のこと?
・ val,Line(exm.valOutLine"):どのような意味?
・ double値:valとセットで出てくる。Java関係?気にしないべき?
・冷媒の流れを表現しているものがどれかわからない。室内機から室外機へ送られる流れはあるが、室外機から室内機への流れが見つけられず、BESTビルマル中での熱の流れがわからない。

以上となります。特に優先して解決したい項目は1、2,3です。
大変お忙しい中誠に申し訳ございませんが、御回答いただけますよう何卒宜しくお願い申し上げます。
回答者ID:06、07
version1004
2011/2/7
No.146
1.→BESTにおける最大負荷計算は、一日分の気象データについて、特徴が異なる
5つのパターン(暖房設計用2パターン、冷房設計用3パターン)の周期定常計
算を行うことになっておりますので、休日設定を考慮する必要は有りません。
休日明けの蓄熱による負荷増大に対する考え方についても説明してありますので、
BEST-P建築操作マニュアルの「3.10.最大負荷の計算方法」(P.72)を参照して
ください。


2.→ 出力ファイルとして 時間、日、月、年用に二次処理したファイルを
   作成することができますが、この処理にご指摘のような不具合が発生しております。
   申し訳ありませんが、「best_result.csv」の出力ファイルの値を正として
   ご使用下さるようお願いいたします。

3.→ 現在、放射空調は計算できません。

4.→ 「システム接続用モジュール」には通常1組の給排気ダクトを接続をするための
     airIn、airOut とは別に、FCUやビルマルチの室内機などのSAとRAを接続するための
    接続ノードを追加できるように出入り口の接続ノード数を入力できるようにしています。
    こちらで増やしたノード名は airInPair[0]、airInPair[1]・・・
     airOutpair[0]、airOutpair[1]・・・ のノード名で自動発生します。
    必要に応じて、追加して使用してください。
    なお、この追加機能を使用する場合、入口と出口の数は同じ値としてください。
5.→ 操作マニュアル 「 D.空調設備(パッケージ)操作マニュアル」P75〜をご覧ください。
以下、補足説明をします。
テンプレートの「シーケンス接続」を選択して表示されるノードは、
テンプレートの「インターフェース」のノードです。
ここで「インターフェース」とは、テンプレート全体から、テンプレート内部のモジュールを
差し引いたもので、「D.空調設備(セントラル)操作マニュアル」p.1に示す黄色い帯の部分に
相当します(この図はセントラルの空調機テンプレートですがマルチでも同様です)。
「T」はテンプレートのインターフェースのノードのうち、テンプレート内部に包含されたモジュールと
接続されるべきノードを示し、「T」が付いていないノードは、テンプレート外部のノードと
接続されるべきノードを表わしています。
また、valOutLineは、室外機との情報のやりとりのためのノードで、冷媒の往還や、
室内外機間の通信に相当するものが全て含まれています(従ってこれを「単線接続」と称しています)。
「D.空調設備(パッケージ)操作マニュアル」p.54-55をご覧ください。

質問者ID:FAQ−037
version1004
2011/2/1
No.145
ご使用のOS = Windows XP Professional
ご使用のOSバージョン = Service Pack3
使用OS =
Javaのバージョン = 6.0.220
BESTのバージョン = 1004

建築 = 有
空調 = 有
衛生 = 有
電気 = 有
コージェネレーションシステム = 無
蓄熱システム = 無
その他 = 無

サンプルデータのオフィスでは、室グループ・ゾーンともに空調室のみが設定されているようですが、共用部廊下などの非空調ゾーン(室)の設定はどのようにすればよいのでしょうか?(両者の関係の設定の仕方)
空調のある室の設定をしたときに、非空調室との関係について、内壁を通じた熱のやりとりがあるとすればいいと考えるのですが、非空調室の扱いについて、根本的にわかりません。
不勉強で申し訳ありませんが、ご指導いただければ幸いです。
回答者ID:07
version1004
2011/2/1
No.145
BESTをご利用いただき、ありがとうございます。
計算結果を求めない非空調室などについては、その室温をある条件に基づいて設定することにより、データの入力や計算の労力を省く方法がとられており、その設定を行うのが「内壁」条件入力画面にある「隣室タイプ」と「隣室温度差係数」になります。(BEST-P建築操作マニュアルの「2.4.2.内壁」(P.40)をご参照ください。)
通常、隣接ゾーンが空調ゾーンでデータを入力していれば、「隣室タイプ」で「タイプ(4)」を選択し、その下にある「隣接ゾーン名」や「隣接ゾーン側壁名」を入力します。(もちろん、隣接ゾーンが非空調ゾーンであっても、適切な諸データを入力して「タイプ(4)」を選んでも良いのです。)
隣接する非空調ゾーンの諸データを入力せずに、室温だけを設定する際には、「隣接タイプ」を(1),(2),(3)のうちから選択してください。「隣室タイプ」の選択による違いは以下の通りになります。
「タイプ(1)」では、隣接ゾーンの室温を、当該ゾーンの室温(入力画面下部の注釈では「自室温」と表現されています)と外気温度との間の任意の値(f=0.5とすると中間値になります)に設定されます。「タイプ(2)」では、隣接ゾーンの室温を、外気温度に一定の温度を加減した値に設定されます。「タイプ(3)」では、隣接ゾーンの室温を、当該ゾーンの室温とある一定の温度との間の任意の値に設定されます。
例えば、ご指摘のサンプルデータのオフィスでは、各ゾーンの「内壁」条件として、「隣室タイプ」で「タイプ(1)」を選択し「隣室温度差係数」で「f=0.3」と入力されていますので、隣接する非空調のコア部分の温度を、空調されている居室ゾーンの温度と外気温度の中間より少し空調室寄りの温度(試算:外気32℃、空調ゾーン26℃とすると、0.3×32+(1−0.3)×26=27.8より、コア部分の温度は27.8℃)であるという設定になります。
この隣室温度差係数fの設定については、BESTのホームページ(http://www.ibec.or.jp/best/index.html)上の資料(HOME→プログラムの活用→マニュアル→建築→X付録)に記載されていますので、合わせてご覧ください。
部屋の用途により「隣室タイプ」はこれ、という決まりはありません。BESTは使用する人によって異なる種々の設定方法に対応できるようになっておりますので、上記の説明や資料をご理解いただいた上で、最適と思われる方法を選ぶようにしてください
質問者ID:FAQ−031
version1004
2011/1/31
No.144
★2011/1/14問い合わせの回答後の追加お問い合わせ

回答していた頂いた内容から、"BESTの計算エンジンを外部から操作する仕組みはあるが、そのやり方は現在公開していない。"ということは理解しました。

そこで、質問なのですが、
・現在公開していないとのことでしたが、今後公開する予定はございますでしょうか?また、公開するとしたらいつ頃になりますでしょうか?
・差し支えなければ、公開していない理由を伺ってもよろしいでしょうか?
回答者ID:10、06
version1004
2011/2/1
No.144
公開予定は現状ではございません。
理由は、
 ・公開するための情報がまだ整理されていない
 ・サードパーティによるUI開発の規定が整っていない
ということからです。
なお、外部プログラムからのエンジン起動に関する情報開示に向け、委員会へ参画いただけるのであればご検討下さい。(委員会参加は無償になります
質問者ID:FAQ−036
version1004
2011/1/31
No.143
★2011/1/25お問い合わせの回答後のお問い合わせ

御回答ありがとうございました。
とりあえず、空調のみで検討したいと思い、インテリアとペリメータにビルマル(パッケージ)を設定し計算したところうまく回すことができました。
ただ大変初心者な上に所内にBEST使用経験者がいないことから、根本的な部分が未だ理解できずにおります。パターンを変えるたびに疑問点が多数出る現状でして、大変恐縮でございますが、そちらへ実際の計算事例をお持ちして御質問させていただければ誠に幸いです。御検討願えませんでしょうか。
大変御多忙中に誠に申し訳ございませんが、御検討いただけますよう何卒お願い申し上げます。
回答者ID:03
version1004
2011/2/2
No.143
ご要望にお答え出来ず申し訳ありませんが、お問い合わせはメールにてお願いしております。お手間を頂戴いたしますが、どうぞよろしくお願い申し上げ

質問者ID:FAQ−036
version1004
2011/1/25
No.142
ご使用のOS = Windows XP Professional
ご使用のOSバージョン = Service Pack3
使用OS = Microsoft Office 2007
Javaのバージョン = JAVA 3D, VERSION 1.5.2.
BESTのバージョン = BEST1004
建築 = 有
空調 = 有
衛生 = 有
電気 = 有
コージェネレーションシステム = 無
蓄熱システム = 無
その他 = 有

今回BEST専門版を使用させていただくことになり、マニュアルを一通り読んだのですが、わからない点が多々ございまして、メールにてご質問させていただきます。
現在、建物の一室について、建物計算と設備との連成計算をしてみようと単純に組み込んでみました。室もゾーンも一つに設定しています。設備側は「テンプレート 建築設備 例題モデル基準ゾーン HPチラー+例温水発生機20090303」を登録し、ゾーンを建築側に合わせて5つから1つに減らす作業をしてみました。とりあえず計算をデフォルト計算順序で回してみたのですが、以下のようなシステムエラーが出てしまいました。report.log の中にあったエラー内容を添付させていただきました。
接続の要領や接続ノードなどの捉え方など基本的なことから理解をしていない状態で申し訳ないのですが、どのようにしたら解決できますでしょうか?最終的には、放射空調を行う一室とそうでない場合との省エネ性の比較計算を行いたいと考えているのですが・・・。
宜しくお願い申し上げます。


■「report.log―メモ帳」記載のエラー内容
「BEST EXCEPTION LOG −−−−−−−−−−−−−−2011/01/25@13:52:03
【EXCEPTION】#java.lang.NullPointerException
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.SpaceManager.getISpace(SpaceManager.java:134)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.air.ZoneforSystemModule20090101.setProfile(ZoneforSystemModule20090101.java:289)
@jp.or.ibec.best.essentials.AbstractDomainFactory.setSpec(AbstractDomainFactory.java:211)
@jp.or.ibec.best.essentials.refference.GenericDomainFactory.getModuleInstance(GenericDomainFactory.java:70)
@jp.or.ibec.best.dk.test.control.GenericDomainEngine.getController(GenericDomainEngine.java:66)
@jp.or.ibec.best.dk.test.control.GenericDomainEngine.buildEngine(GenericDomainEngine.java:156)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.relatedBuilding(BestEngineThread.java:171)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.run(BestEngineThread.java:89)
−−−−−−−−−−−−−− BEST EXCEPTION LOG」


回答者ID:06、07
version1004
2011/1/31
No.142
まずは、建築計算のみを実行して問題なく適切な結果が得られることをご確認の上、設備との連成計算を行うことをお勧めします。最初から連成計算を行うと、不具合の原因が特定しづらくなります。
report.log中の、2行目、3行目の
 【EXCEPTION】#java.lang.NullPointerException
 @jp.or.ibec.best.domain.building.manager.SpaceManager.getISpace(SpaceManager.java:134)
については、建築計算に関するログで、以下のような意味です。
 NullPointerException:データがない
 SpaceManager:建築データである(室グループ、室、ゾーンのうち)室
つきましては、空(データを入力していない)室がないか、ご確認をお願いいたします。
また、システム側においては、ゾーン接続モジュールにおいて「室グループ/室/ゾーン」の項目が入力されていないと考えられますので、データのご確認をお願いいたします。,

質問者ID:FAQ−028
version1004
2011/1/20
No.141
★2011/1/19問い合わせの回答後の追加お問い合わせ

度々ですが、質問させて頂きます。
本日ご回答頂きましたように、外気取入量をゾーン空調条件で入力し、計算をかけました。装置負荷=室負荷+外気負荷、でしたので、外気負荷=装置負荷−室負荷として算出してみると、外気負荷は潜熱・顕熱共にゼロでした。最大熱負荷計算をする場合、冬季は、内部発熱(照明・人体等)をゼロとするのが一般的かと思います。そのため、冬季期間の季節係数をゼロに設定し、夏季は算入・冬季はカットするように設定しましたが、こちらにより、外気負荷までカットされたのでしょうか。内部発熱はゼロにし、外気負荷は算入したい場合は、どのような設定をすれば宜しいでしょうか。
御回答お願い致します。
回答者ID:07
version1004
2011/1/20
No.141
先日ご質問の際にお送りいただいたデータ(1月17日 "4○Aビル 2〜8F建築+2〜8F設備(入力完了).zip"、以下サンプルデータと呼びます)を使用して当方で計算を行った結果と、お送りいただいた計算結果のグラフ化画像(1月19日"ole0.bmp")においては、室負荷の値と装置負荷の値に差が出ている(=外気負荷が出ている)ようです。
また、お送りいただいたサンプルデータの中身を拝見すると、外気導入関係の設定は以下の通りになっております。
◆導入量:各ゾーンのゾーン空調条件(『空調』という名称になっています)に『4CMH/m2』と入力されています。
◆導入時間スケジュール:時刻変動スケジュールに『外気導入』という名称で登録され、平日モードのみ、8:30〜20:00の間導入する設定になっております。
◆導入週間スケジュール:週間スケジュールに『就業日』という名称で登録され、祭日、特別日を除く月曜日から金曜日が平日モードに指定されています。
◆導入年間スケジュール:年間スケジュールに『空調運転モード』という名称で登録されている内容に使用されているスケジュールモード(「非連成計算_空調運転モード」の中にある『冬期暖房』、『中間期暖房』、『中間期冷房』、『冷房』)のいずれにおいても、外気導入スケジュールは前出の『外気導入』が選択されています。
以上よりサンプルデータでは、年間を通じて、祭日、特別日を除く月曜日から金曜日の8:30〜20:00の間、外気が導入される設定になっていますので、上記の説明を参照して、今回ご質問されるきっかけとなったデータの内容をいま一度ご確認ください。もし、サンプルデータを改変して作成したデータであれば、その改変内容を再確認してください。なお「年間スケジュール」で設定する「季節係数」は、内部発熱量の調整をするためのもので、外気導入量には関与しません。
冬期のみ内部発熱をゼロにしたい場合には、「年間スケジュール」の「季節係数の期間変動」(サンプルデータでは『季節係数』という名称になっています)において、下記のように入力します。(1/1〜2/28,12/1〜31を冬期とした場合)
  2/28 0.0
 11/30 1.0
 12/31 0.
質問者ID:FAQ−028
version1004
2011/1/19
No.140
1・室負荷と装置負荷について
計算結果に関してですが、最大熱負荷計算をか? $B$1!"室負荷と装置負荷が下図のようになりました。室負荷は対象室の熱負荷だと思いますが、装置負?? Yとはどういったものでしょうか。対象室に設置する空調機の能力のことでしょう? $B$+!#。御回答お願い致します。

2.外気取入量について
最大熱負荷計算をする場合、外気取入量は建築シートの要素フォルダ、ゾーン空調条件で入力するかと思いますが、熱交換50%の外気を入力する場合は、どちらで入力するのでしょうか。御回答お願い致します。
回答者ID:07
version1004
2011/1/19
No.140
1.室負荷と装置負荷については、「2.7.1.各時間ステップの結果出力ファイル」→「(3)各ゾーンの計算結果」→「・出力項目」(P.61)を参照してください。
室負荷は、窓や壁(床、天井を含む)、人体、照明、機器、隙間風等に起因する熱負荷の合計で、装置負荷は、その室負荷に取入れ外気負荷を加えたものです。

2.ご質問の中の「どちらで」の意味がよくわかりませんが、ご指摘の通り、BESTの、「マスター」の「建築」タブ内に表示されている「要素」の中にある「ゾーン空調条件」入力画面において、『外気取入量』の欄に、実際に取り入れる風量の半分を入力することでよろしいと思います。
質問者ID:FAQ−028
version1004
2011/1/17
No.139
BESTの入力・計算をかけまして、結果ファイルをテーブル表示すると、
(1)bestBuilM.csv
(2)bestBuilU.csv
の二つのデータが表示されました。

つきましては、下記の質問に御返答頂けないでしょうか。

1.(1)と(2)のデータの違いを教えて下さい。
(2)のデータは分刻みのデータ、(1)のデータは、(2)のデータの月毎の平均値でしょうか。

2.(1)の結果の中で、日・時・分・曜日が「99」となっていますが、入力を間違えているのでしょうか。

3.出力される結果に、室負荷_暖房があり、単位が「MJ/u」ですが、「MJ/u・年」と考えて宜しいでしょうか。

4.マニュアルのP.17を見ますと、下記9ファイルが存在しますが、今回私の方で入力・計算したデータには、(1)と(2)のみでした。
  下記9ファイルは毎回出力されるのでしょうか。
  また、下記各ファイルの内容を簡単に教えて頂けないでしょうか。(例 (1)は月平均のデータ。)

(1)bestBuilH.csv
(2)bestBuilM.csv
(3)bestBuilU.csv
(4)best_result.csv
(5)best_result1 D
(6)best_result1 H
(7)best_result1 M
(8)best_result1 Y
(9)best_result_U.csv

参考として、現在のデータを添付させて頂きます。お手数ですが、回答よろしくお願い致します。
回答者ID:07、03
version1004
2011/1/19
No.139
1.建築計算の結果出力ファイルについては、BEST建築操作マニュアルの「2.7.計算出力ファイル」(P.60,61)に説明が載っていますので参照してください。

2.BEST建築操作マニュアルの「2.7.3.月別・年間値の結果出力ファイル」→「(1)時間情報」→「【日、時、分、曜日】」(P.62)を参照してください。

3.計算結果ファイルにおける熱負荷の値は、ファイルの種類によって内容が異なり、それぞれ以下のようになっております。
・"bestBuilU.csv"では、ユーザーが設定した計算時間間隔の間の負荷値
・"bestBuilH.csv"では、1時間の負荷値
・"bestBuilM.csv"では、月間および年間の負荷値(『13月』として表記されている行の値が年間の結果です。)

4.(1)〜(3)については、「建築データの設定」(ワークスペースの「建築」タブ)の「ゾーン設定」のツリーの最下層に計算対象建物のゾーンごとの設定が並んでいますが、その中に「ゾーン結果出力」という項目があります。ここで結果出力の内容を選択できますので、"bestBuilH.csv"を出力したい場合には「1時間間隔の結果出力」のチェックボックスにチェックを入れてください。(BEST建築操作マニュアルの「2.4.10.ゾーン結果出力」(P.49)参照)
(4)から(9)については、設備モジュール(例えば室外機テンプレートの中にある室外機モジュール)のスペック入力で「記録を有効とする」をチェックすると出力されるようになります。(この他、「空調記録」モジュールに接続をする、「計算結果の記録の指定」で必要な出力項目をチェックしておくことが必要です)また、(4)〜(9)の意味は、
(4)best_result.csv 設備出力(各時刻ステップごと、on-offやモード、メッセージ等の出力付き)
(5)best_result1 D 設備出力(日単位)
(6)best_result1 H 設備出力(時間単位)
(7)best_result1 M 設備出力(月単位)
(8)best_result1 Y 設備出力(年単位)
(9)best_result_U.csv 設備出力(各時刻ステップごと)
なお、(5)〜(8)については単位の間違いがあります。申し訳ありませんが、(4)または(9)を使って集計をお願いします。
質問者ID:FAQ−031
version1004
2011/1/14
No.138
現在、他のプログラムとBESTを連携させることを考えています。具体的には、外部のプログラムから設定情報などをBESTに渡し、結果をプログラムで受け取ることをやりたいと考えています。

そこで、質問なのですが、
・このような利用方法を実現するための仕組みはBESTに用意されていますでしょうか?
・BEST を外部プログラムから操作するためにAPIなどは公開されてはいますでしょうか?

質問は以上です。よろしくお願い致します。
回答者ID:06
version1004
2011/1/17
No.138
・BEST(省エネルギー計画書作成支援ツール)では、「外部のプログラム(=支援ツール)から設定情報などをBEST(=専門版の計算エンジン)に渡し、結果をプログラム(=支援ツール)で受け取る」ということを実現しています。
・BESTの専門版の計算エンジンをBESTを外部プログラムから操作するための情報は、現在公開しておりません。
質問者ID:FAQ−035
version1004
2011/1/13
No.137
ご使用のOS = Windows Vista
ご使用のOSバージョン = Service Pack1
使用OS =
Javaのバージョン = java6.0.220
BESTのバージョン = BEST1004

建築 = 有
空調 = 無
衛生 = 無
電気 = 無
コージェネレーションシステム = 無
蓄熱システム = 無
その他 = 無

bestの計算結果の出力について
出力される負荷の内訳(外気潜熱、外気顕熱、照明、人体顕熱、人体潜熱、機器、外壁毎、内壁毎、床毎、天井毎)を知りたいのですが、手段はあるでしょうか?
回答者ID:02、07
version1004
2011/1/14
No.137
BESTをご利用いただき、ありがとうございます。
出力される負荷の内訳を知りたいとのお申し出でございますが、BESTではそれらを出力する機能を備えておりません。BESTでは、手計算による定常負荷計算などのように熱負荷の各要素ごとの値を積み上げて行く方法とは異なり、室内構成材での蓄熱なども考慮した多数室間の熱平衡式を連立させて解く方法をとるため、それぞれの要素が負荷としてどのくらい影響しているかを明示することが出来ないためです。

なお、参考までに、BESTでの出力結果ファイル("bestBuilH.csv" や "bestBuilU.csv"など)には、計算モデル各ゾーンの『照明電力(W/m2)』と『コンセント電力(W/m2)』が出力されています。また、建築単独計算の場合は、装置負荷と室負荷が、顕熱、潜熱別々に出力されますので、その差から外気顕熱、潜熱負荷を知ることもできます。
質問者ID:FAQ−018
version1004
2011/1/6
No.136
★2011/1/5お問い合わせの回答に対する追加お問い合わせ

早速のご回答ありがとうございます。
確かに、ご指摘の通りの状態になっておりました。
FCUのゾーン側でダクトを介して各ゾーンの合計した空気状態をFCUの機器側に伝達する際、FCUファンが停止している場合に質量流量が0であるため出口温湿度が0で受け渡されていることが原因のようです。
ダクトに関してですが、入口の質量流量が0である場合に、各ゾーンからの温湿度を平均して出口に受け渡すような変更は可能でしょうか?
回答者ID:06
version1004
2011/1/6
No.136
可能ですが、対策の考え方が間違っていると思います。

プログラムですので、入口温度の単純平均として出口温度を変化させることは可能です。けれど、これではシミュレーションをする意味がありません。
省エネ化として、FCUの流量が=0の時にファン停止制御を考えたが今の制御システムでは再送風に問題があることが分かった。
これはシミュレーションを行った成果です。
問題解決には、プログラムでいきなり小細工するのではなくまずは、制御の考え方(問題のある今の計装)自体を見直すべきと考えます。(今のBESTが、小細工しているところが無いわけではありませんが・・)
実際に今の計装で施工されると同様の問題が発生し失敗するはずです。風が流れていなければ平均温度にもなりません。
質問者ID:FAQ−018
version1004
2011/1/5
No.135
★2010/12/28お問い合わせの回答に対する追加お問い合わせ

さて、回答いただいた件ですが確認いたしましたので報告いたします。

(1)制御弁およびPID制御モジュールのswcIn信号がonになっているか
 ⇒なっていました。(ファン停止制御有効時、無効時いずれも)
(2)PID制御モジュールからの制御量が0となる場合があるか
 ⇒ファン停止制御を有効にした場合、ありませんでした。ただし、ファン停止制御を無効にした場合、正常に機能しておりました。
(3)空気側の接続の不具合
 ⇒ファン停止制御を無効にした場合、正常に空調されるので接続の不具合はないと思います。
(4)FCUのmodIn信号を氷蓄熱制御用モジュールから受け取っている
 ⇒どのようにして判断すればよろしいでしょうか?また、氷蓄熱層を利用したことはなく、FCU制御はFCUのテンプレートをそのまま使っているので、氷蓄熱制御用モジュールを使用している可能性は低いかと思います。

以上、まとめますとファン停止制御を有効にした場合にのみ問題が発生しております。ですので、FCUファン停止制御に不具合があるのではないかと考えております。現状では水量=0の時FCUが停止となる制御にされているようですが、水量=0の時にファン動力のみ0に変更し、風量は通常通り流れるような制御に変更して頂くことは可能でしょうか?
お忙しい中誠に申し訳ありませんが、ご検討の程どうぞよろしくお願いいたします。
回答者ID:06
version1004
2011/1/5
No.135
お手数掛けてすみませんが次のような状態となっていないかを確認していただきたくお願いします。

・PID制御モジュールの観測点がFCUの送風が停止した時に温度変化が起こらない場所となっていないか?
  →この場合、次の連鎖でFCUのファンが動かないこととなります。
   (1)PID制御モジュールは観測点が設定値の範囲内と判断し
    制御量を0とする
     ↓
   (2)2方弁が流量を0とする
     ↓
   (3)FCUが流量=0なのでFCUの送風を停止する
     ↓
   (4)FCUの送風が停止したので
    観測点の温度が停止時のままとなる 即ち、設定値の範囲内のままとなる
     ↓
    (1)に戻る

現状では水量=0の時FCUが停止となる制御にされているようですが、水量=0の時にファン動力のみ0に変更し、風量は通常通り流れるような制御に変更して頂くことは可能でしょうか?
すみませんが上の対応は、搬送系を圧力等を考慮して解くように改良する時になると思われます。現在版は、送風系がゾーンとループを構成していると、風が止まらなくなる場合が考えられるため、対応は見送らせてください。
質問者ID:FAQ−018
version1004
2010/12/28
No.134
★2010/12/27お問い合わせの回答に対する追加お問い合わせ

ご指摘の件ですが、冷温水入口流量は0のままです。
また、入口空気流量・温度も初期値の0となったままになっています。どうも「ファンを停止する」を指定した場合は一度も起動していないようです。
また、「ファンを停止する」を指定した場合、上記のように一度も起動しないものと、通常通り冷温水流量が0でもファンが動いてしまうものの2パターン存在するのですが、これはモジュールのバージョンが異なるからでしょうか?
回答者ID:06
version1004
2010/12/27
No.134
原因の可能性を以下に考えましたのでご検討お願いします。
FCUの冷温水の入口流量は、上流側に設置する2方弁あるいは3方弁モジュールによって決まり、この流量はそれらの制御弁用のPID制御モジュールが設定します。入口流量が=0のままということは、制御弁、あるいはPID制御モジュールが適切に機能していないことが考えられます。これらのモジュールへのswcIn信号がonとなっていることを確認してください。PID制御モジュールからの制御量が0となる場合があることを確認してください。
空気側の温度が=0℃とのことですが、計算開始時から=0℃ではないでしょうか?
この場合
  1.空気側の接続の不具合 か 
  2.FCUのmodIn信号を氷蓄熱制御用モジュールから受け取っている
場合が考えられます。
ご検討のシステムのモジュール構成が、2.の場合でしたらすみませんが、氷蓄熱制御用ではない制御モジュールでFCUの運転を制御してください。(氷蓄熱用の制御信号が悪さをしている可能性があります)
お手数かけますがよろしくお願いします。
質問者ID:FAQ−018
version1004
2010/12/27
No.133
★2010/12/6お問い合わせの回答後の追加お問い合わせ


FCUのファン停止機能についてお伺いしたいことがあります。
ファンが一度停止してしまうと、対象エリア温度が再度設定温度を超えてもファンが起動しません。
出力結果から考察したところ、ファンが停止している間に対象エリア温度の受け渡しがなくなってしまうことが原因のように思います。
これを解決する方法をご存じであれば、ご教示頂ければ非常に助かります。
年末のお忙しい中誠に申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします
回答者ID:06
version1004
2010/12/27
No.133
FCUのファンの停止について
次の条件の時にとめるようにしています。画面入力として「ファンを停止する」の指定がある場合かつFCUの冷温水入口流量が=0の時
再起動しないということですがその時の冷温水入口の流量は0となっているでしょうか?
ご確認おねがい
質問者ID:FAQ−025
version1004
2010/12/24
No.132
空調を26℃に設定していますが26℃で安定した結果が得られないため、空調機のテンプレートのあたりを中心に接続や数値など見てきましたがいまだに落ち着かない状況です。
接続をみてはいますが、正直なところ接続に自信はないので重点的に見て頂けると嬉しいです。
回答者ID:06
version1004
2010/12/24
No.132
1. 計算時間間隔
 建築側の設定を確認したところ、昼間60分間隔でしかゾーンの熱収支計算(室温計算)をしないこととなります。PIDをいくら調整しても、空調送風の結果が60分後にしか室温に現れません。
 →【対策】 連成計算用のスケジュールを作成して適用する。
 連成計算用として「平日」「休日」「その他」すべてのモードを常時「5分」で計算するスケジュールを作成してこれを使用するようにしてください。太陽熱のシステムは、平日、休日に関係なく計算すべきです。気象データの取得は上記の建築計算時間間隔スケジュールによりますので(もらった設定では気象データを昼間60分間隔で扱っています)、常時5分間隔の計算でよいと思います。
2. モジュールの計算順序
 →画面ハードコピーにて解説
3. PIDモジュールの比例ゲインの調整
 比例ゲインを調整してください。
質問者ID:FAQ−040
version1004
2010/12/21
No.131
建物の年間熱負荷計算を行う際、中間期の熱負荷はその時期の気象データ(設計用)を用いて算出していくのでしょうか。それとも簡易的に最大熱負荷から各月の負荷率を用いて算出していくのでしょうか。
回答者ID:07
version1004
2010/12/22
No.131
BESTでの年間熱負荷計算においては、年間気象データに基づいて逐次計算を行っており、代表日データや月別の負荷率などを使用した簡略計算は出来ない仕様になっております。
BESTでの年間熱負荷計算に使用できる国内の気象データは、実在年データ(日本の842地点における1981年から2000年までの20年分のデータ。1時間間隔。2006年の東京のみ1分間隔データあり。)や、標準年データ(実在年データをもとに空気調和・衛生工学会の方式に準じて作成された平均的な1年間のデータ。1時間間隔。)などが有ります。
質問者ID:FAQ−028
version1004
2010/12/20
No.130
先ほど、建築・設備シート内のコピーについて伺いましたが、建築・設備共に、2Fのデータを作成して、コピーで3〜7Fまで作成しました。
こちらのデータで計算をかけますと、エラーが出てしまいますが、原因はわかりますでしょうか。
2Fをコピーして他階を作成するのは、エラーが出てしまうのでしょうか。
回答者ID:06
version1004
2010/12/24
No.130
設備の室内機テンプレートの中の「tmゾーン システムAir接続用20080909」モジュールで建物の負荷計算との関連付けを行っていますが、そこの入力項目「ZoneName」の入力値が負荷計算のゾーン名称と一致せずエラーとなっていました。(例 2F専有部 ⇔ 2F など)
また、プログラム側の問題で、「入口ノード数」と「出口ノード数」の入力情報の受け渡しに不具合が見つかりました。こちらは、この二つの入力値を全部=0とすることで回避できます。
訂正し動作した入力データファイルを添付しますのでご確認ください。
質問者ID:FAQ−028
version1004
2010/12/20
No.129
BESTに関しまして、質問をさせて頂きます。

現在、2Fの建築情報を入力し終わりまして、次に3〜7Fを2Fをコピーして作成しようとしております。
建築シート→ゾーン設定→建物 を右クリックして3〜7Fを追加した後に、2F専用部を各フォルダへコピーしようと考えておりますが、
設備シートにて、建築と同様に2〜7Fのフォルダを作成しようとしたところ、
設備シートでは、右クリックしても室追加が選択できず、「ゾーン設定→建物→各階」のような階層にうまくなりません。
また、建築のシートに同じようなフォルダが出現してしまいました。
作業目的としては、「2Fの建築データを複製して、3〜7Fを作成し、同様に設備データも2Fを作成し、複製して3〜7Fを作成」を行いたいです。
先に建築を入力しなければならない等の手順があるのでしょうか。
階層を建築に合わせる方法等教えていたければと思います。
また、他に簡易な入力方法があれば御教示頂けないでしょうか。
回答者ID:06
version1004
2010/12/24
No.129
設備のモジュール用の追加フォルダ(ポップアップメニューの「追加」で作成できるフォルダ)はワークスペースの「設備」タブ画面の登録部品ツリーの最上位である「システム部品データの設定」フォルダの直下に1階層目にだけ作成できます。
2層目、3層目に追加フォルダを作成することはできません。次のような構成でご検討お願いします。
2F〜7Fをフォルダで分ける場合の参考例を以下に示します。
  ?システム部品データの設定
  ├?ゾーン設定
  ├?2F
  ├?3F
  ├?4F
  ├?5F
  ├?6F
  └?7F 
なお、ワークスペースの設備タブ画面で追加したフォルダは自動的に建築タブ画面に表示されるようになっています。
質問者ID:FAQ−039
version1004
2010/12/20
No.128
★12月15日、16日のお問い合わせの回答に対する追加お問い合わせ

質問1,2について、データを確認したのですが、熱源・衛生基幹共にシーケンスの接続先は間違っていないようです。
たとえば、先日の講習会コース2でいただいた「1.8建物全体の連成計算のデータ」を見ると、 冷温水発生機の補機として冷却塔や冷却水ポンプが接続されているのに、一次エネルギートレンドグラフでは冬場の冷温水発生機運転時に補機の電力が出力されていません。機器側のモジュール接続の問題ではなく、グラフ出力側の接続の問題ではないかと思うですが、いかがでしょうか。

質問3〜5については了解いたしました。
しかし、best result UのデータはEXELでは読み込めないほど膨大で、とても集計に使えるものではありません。不具合の修整の方、よろしくお願いします。

以上お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
回答者ID:06
version1004
2010/12/24
No.128
データを確認したところ、冬季は暖房モードで運転する設定となっているようです。
従って、冷温水発生機の暖房運転に冷却塔と冷却水ポンプは不要ですので停止状態となり
補機動力には計上されておりません。
質問者ID:FAQ−039
version1004
2010/12/16
No.127
1通目
何度も申し訳ありません。昨日送付させていただいた内容に引続き、質問させてください。

【質問4】一次エネルギーアウトプットデータについて
用途別一次エネルギー消費量のデータを出力した結果、累積量でアウトプットされています。(添付データ参照)これはどの様な値でしょうか?(1月のエネルギー量が多く、月ごとに少しづつ大きくなっています。)用途別月別エネルギー消費量を算出したい場合、どの様にしたら良いでしょうか。

【質問5】熱源のガス消費量の単位について
冷温水発生機のガス消費量を出力したいのですが、ガス消費量の入力がKWなのに対し、出力結果がg/sとなっています。(添付データ参照)内部計算で使用しているガスの換算係数(発熱量・比重など?)を教えてください。



2通目
何度も本当に申し訳ありません。
熱源の電気消費量についても単位を確認いただけますでしょうか。
熱源の消費電力のデータ出力結果から一次エネルギー量を計算すると、建物全体の一次エネルギー量よりも大きい計算になってしまうのですが。。。(添付データをご確認ください)
回答者ID:06
version1004
2010/12/20
No.127
申し訳ございませんが、前回のご質問と同じく、月データファイルの作成時の不具合が原因です。「best_result.csv」あるいは「best_result_U.csv」の1次出力データをご使用くださるようお願いします。
冷温水発生機のガス消費については、単位表示が間違っておりました。「W」が正しい単位です。値は「W」で出力されています。(「best_result.csv」) 
用途別一次エネルギー消費量については計算開始時からの、累積値を出力しています。→添付の「グラフ1」参照。各月の最終時刻の差分をとると、その月のエネルギー消費量となります。
「グラフ トレンド一次エネルギー用途別」 のグラフモジュールで「月積算のみ記録する」にチェックを入れるとグラフ2のような出力となります。(ここでは助走計算無しで2ヶ月計算)
出力ファイルのサイズが大きくて、Excelで一括読み込みができない場合月累積値の取り出し方法として、次のコピー、貼り付け を参考としてください。
「結果出力」→「結果表示」で表形式で結果を表示し、
   (1)月の最終時刻の行を選択しておく
   (2)「Ctrl」キー+「C」キー を同時に押す(コピー)
   (3)Excelなどのシートへ「Ctrl」キー+「V」キー を同時に押す(貼り付け)
   *(1)で複数行を選択しておけば、同時に複数行のコピー&貼り付けが可能です
お手数掛けますが、よろしくお願いいたします。
質問者ID:FAQ−018
version1004
2010/12/16
No.126
現在ライセンスキーを一つのみ所持しているのですが、一つのライセンスキーで複数のシミュレーションを同時に行うことは可能でしょうか?もし可能であれば、その方法についてご教示頂ければ非常に助かります。
よろしくお願いいたします。
回答者ID:14
version1004
2010/12/17
No.126
BEST専門版のご利用ありがとうございます。
複数シミュレーションの同時実行はできません。
シミュレーションを複数同時に実行した場合は、計算結果を保証することができないため,お手数でも、物件単位にシミュレーションを実行して頂けますようお願い致します。

質問者ID:FAQ−039
version1004
2010/12/15
No.125
★2010/11/24お問い合わせ後の追加お問い合わせ

先日質問させていただいた物件について、現在BESTでの入力をおこなっています。つきましては新たにまた質問事項がありますので、メールさせていただきます。
お手数をおかけしますがよろしくご回答いただけますようお願いいたします。

現在テンプレート 建築設備 例題モデル基準ゾーンVAV HPチラー+冷温水発生機20090808のデータを利用してモデルを作成しています。(熱源はHPチラー→ターボ冷凍機、冷温水発生機1台→冷温水発生機2台の台数制御に入れ替えています。モジュールの接続はテンプレートから変えていません)

【質問1】 トレンド 1次エネルギー消費量グラフ(熱源)について
冬場の冷温水発生機運転時に、空調熱源本体(ガス)のみが発生し、空調熱源補機(電気)や空調水搬送(電気)が発生しません。冷却塔やポンプの電力は熱源本体(ガス)に全て入っているのでしょうか。
同じく夏期のターボ+冷温水発生機運転時には、空調熱源本体(電気)と空調熱源補機)が発生していますが、これはどの分が計算されているのでしょうか?
冷温水発生機本体のガス分、電気分、補機の電気、ポンプ電気ターボ本体の電気分、補機の電気、ポンプ電気ごとに集計したいのですがどの様にしたら良いでしょうか。


【質問2】 トレンド 1次エネルギー消費量グラフ(給排水)について
給排水ポンプの容量を修整すると、給排水(電気)のグラフが出てこず、その他(電気)のグラフが変わります。テンプレートの修整はどの様にしたら良いのでしょうか。

【質問3】建物全体の総熱量を出したく、熱量計の値をOUTPUTしたのですが、単位が分かりません。(添付データ参照)
 熱量計J  8月冷房 740MJ?
 熱量計W  8月冷房 22400000KW(80640000MJ)?
ちなみに建築計算の年間負荷計算結果は 8月冷房 5800000MJです。
グラフの単位を確認願います。

建物全体テンプレートの【建築設備 例題モデル基準ゾーンVAV HPチラー+冷温水発生機20090808】のデータを、HPチラー→ターボに変えて計算すると、再現できますのでご確認ください。

以上よろしくお願いします。
回答者ID:06
version1004
2010/12/20
No.125
【質問1】
熱源テンプレートの中に「tmHS エネルギー系媒体観測 用途別20090808」モジュールがあります。このモジュールがテンプレート単位で消費先の仕分けを行っています。このモジュールの接続ノードとグラフの分類の関係は次のとおりです。
 記録出口    L2_recOut                上位からのswc  L1_swcIn
 熱源本体電気  L0_eleObsHSmain[]         熱源本体ガス  L0_gasObsHSmain[]
 熱源本体油   L0_oilObsHSmain[]          熱源補機電気  L0_eleObsHSsub[]
 空調水搬送   L0_eleObsACpump[]         空調空気搬送  L0_eleObsACfan[]
 給湯熱源電気  L0_eleObsHWHS[]          給湯熱源ガス  L0_gasObsHWHS[]
 給湯熱源油   L0_oilObsHWHS[]           照明      L0_eleObsLighting[]
 コンセント   L0_eleObsConcent[]          換気      L0_eleObsVentilation[]
 衛生給排水   L0_eleObsWaterSupplyDrain[]   昇降機     L0_eleObsEV[]
 その他     L0_eleObsOther[] コージェネ発電 L0_eleObsGenCGS[]
 太陽電池発電  L0_eleObsGenSOL[] 風力発電    L0_eleObsGenWIN[]
 ECU入口     L0_ecuIn[] ECU出口     L0_ecuOut
実際の接続状況は、このモジュールでシーケンス接続を見れば分かります。テンプレートの接続定義ファイルでは次のように接続しています。
■冷温水発生機「tmHS エネルギー系媒体観測 用途別20090808」
 tmHS エネルギー系媒体観測 用途別20090808 L0_eleObsHSmain[0]⇔tmHS 冷温水発生機320080909 L0_eleIn
 tmHS エネルギー系媒体観測 用途別20090808 L0_gasObsHSmain[0]⇔tmHS 冷温水発生機320080909 L0_gasIn
 tmHS エネルギー系媒体観測 用途別20090808 L0_oilObsHSmain[0]⇔接続なし
 tmHS エネルギー系媒体観測 用途別20090808 L0_eleObsHSsub[0]⇔tmHS 冷却塔吸収式用20090101 L0_eleIn
 tmHS エネルギー系媒体観測 用途別20090808 L0_eleObsHSsub[1]⇔tmHS CD ポンプ20090101 L0_eleIn
 tmHS エネルギー系媒体観測 用途別20090808 L0_eleObsACpump[0]⇔tmHS CH ポンプ20090101 L0_eleIn
 tmHS エネルギー系媒体観測 用途別20090808 L0_eleObsACfan[0]⇔接続なし
 tmHS エネルギー系媒体観測 用途別20090808 L0_eleObsHWHS[0]⇔接続なし
 tmHS エネルギー系媒体観測 用途別20090808 L0_gasObsHWHS[0]⇔接続なし
 tmHS エネルギー系媒体観測 用途別20090808 L0_oilObsHWHS[0]⇔接続なし
 tmHS エネルギー系媒体観測 用途別20090808 L0_eleObsLighting[0]⇔接続なし
 tmHS エネルギー系媒体観測 用途別20090808 L0_eleObsConcent[0]⇔接続なし
 tmHS エネルギー系媒体観測 用途別20090808 L0_eleObsVentilation[0]⇔接続なし
 tmHS エネルギー系媒体観測 用途別20090808 L0_eleObsWaterSupplyDrain[0]⇔接続なし
 tmHS エネルギー系媒体観測 用途別20090808 L0_eleObsEV[0]⇔接続なし
 tmHS エネルギー系媒体観測 用途別20090808 L0_eleObsOther[0]⇔接続なし
 tmHS エネルギー系媒体観測 用途別20090808 L0_ecuIn[0]⇔接続なし
 tmHS エネルギー系媒体観測 用途別20090808 L0_rcuIn[0]⇔接続なし

質問者ID:FAQ−018
version1004
2010/12/13
No.124
BESTプログラムの計算でエラーが発生した際、レポートの解読が難しく問題解決につなげるのが難しいのですが、何か解読するための方法(どの単語がどの部位を指しているかなど)をご教示頂けませんでしょうか?

ちなみに、現在起こっているエラーのレポートは下記になります。
BEST EXCEPTION LOG −−−−−−−−−−2010/12/10@20:54:46
【EXCEPTION】#java.lang.NullPointerException
@jp.or.ibec.best.domain.building.spaces.MultiSpace.getISpace(MultiSpace.java:160)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.SpaceManager.getISpace(SpaceManager.java:130)
@jp.or.ibec.best.domain.building.load.ZoneAir.initialize(ZoneAir.java:180)
@jp.or.ibec.best.domain.building.spaces.Space.initialize(Space.java:214)
@jp.or.ibec.best.domain.building.spaces.MultiSpace.initialize(MultiSpace.java:80)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.BuilDomainEngine.buildModel(BuilDomainEngine.java:48)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.relatedBuilding(BestEngineThread.java:160)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.run(BestEngineThread.java:89)
−−−−−−−−−−BEST EXCEPTION LOG

以上、どうぞよろしくお願いいたします。
回答者ID:02
version1004
2010/12/14
No.124
いつもBESTをご利用頂き、ありがとうございます。
メッセージの解読は難しいため、問い合わせの際のご利用とお考え下さい。
参考まで、今回のメッセージは、
 NullPointerException:データがない
 MultiSpace、SpaceManager、Space:建築データである室グループ、室、ゾーン
 ZoneAir:ゾーン間換気
です。

以下の点をご確認下さい。
・空の室グループや室、ゾーンがないか
・ゾーン間換気のデータ設定が正しいか
それでも原因不明の場合は、お手数ですが、入力データをお送り下さいますようお願いいたします。

質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/12/6
No.123
先週の金曜日から、上書保存したところ、下記に示すエラーメッセージが出て上書き保存が出来なくなりました。「データ保存処理で、エラーが発生しました。」原因が分かりません。

また、名前を付けて保存した後、違うファイルを開こうとしたら、「データ出力処理中にエラーが起きました」と出て、開けなくなりました。それで、一度BESTを閉じて、その違うファイルを開くと、ワークスペース画面が開かない状況になりました。そのファイルを別便で送りますので、確認ください。
回答者ID:14
version1004
2010/12/7
No.123
BEST専門版ご利用ありがとうございます。この度は、ご不便をおかけし大変申し訳ありません。下記に回答させて頂きます。

1.【データ保存処理で、エラーが発生しました】について。
■原因:
ファイル名に半角英数字のカンマ”,”が指定され、BEST内でファイル名を記憶するファイルに、フルパスのファイル名をセーブ出来なかったため。
※ファイル名がカンマの位置で2個に分断された。(A)
■リカバリ方法
(1)エクスプローラー等を利用してファイルの半角カンマを全角カンマ等に変更する。
 ☆変更前
 建築単独年間負荷(テーピ興産test(2)-B’’,諏訪,空調運転モード変更,換気Sch有).zip
 ☆変更後                        ↓
 建築単独年間負荷(テーピ興産test(2)-B’’,諏訪,空調運転モード変更,換気Sch有).zip
(2)ファイル:ファイル名を指定してファイルを開く。
(3)ファイル:建物名称変更を選択して、作成者名などを入力し登録ボタンを押す。
(4)ファイル:上書き保存する。
  ※(3)の操作は、必ずしも必要ではありませんが、BEST内部でゴミとして残ったファイル名(片割れファイル名=(A))を消すことができるため、「建物名称変更」ダイヤログを更新して頂けるようお願い致します。


2.【ワークスペース画面が開かない状況になりました】について。
おそらく、1.のファイル名による影響と考えられますが、原因の特定ができません。ただし、下記のような状況下では、同様な現象が発生する場合があります。
■発生状況:
・Object001フォルダ配下のCSVファイルをエクセル等で開いている状態で、物件ファイルを読み込んだ場合など同様の現象が発生致します。
・エラーメッセージ
 【データ出力処理】
『リストア処理でエラーが発生しました。」
■リカバリ方法
CSVファイルを閉じて、物件データを読込むことで、
正常にワークスペース画面側のデータ開くことができます。
※今後、頻繁に同様の現象が発生する場合は、お手数でも、再度ご連絡頂きたくお願い致します。

3.今後対応について。
物件ファイル名の半角カンマの取扱について検討し、その後、ご不便をおかけしないような対応をさせて頂きます。

質問者ID:FAQ−018
version1004
2010/12/6
No.122
★2010/11/30お問い合わせの回答後の追加お問い合わせ

計算順序に反映させるようにします。ご忠告ありがとうございました。

また、全熱交換器の電力消費量の件なのですが、どちらのモジュールを使用すれば表示されるようになっていますでしょうか?
現在私が用いているのは20090505版です。
回答者ID:06
version1004
2010/12/6
No.122
全熱交換機の消費電力については、不具合を訂正していませんでした。
訂正したモジュールを含む差分ファイルを送ります。そちらで試してください。
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/12/2
No.121
1通目
以下のスケジュールの設定方法や他の設定について、回答ください。
(1)解法設定用空調スケジュールは、HASPでの室使用開始時刻〜運転終了時刻を入力し、また、空調スケジュールは、予冷・余熱を含めた装置運転開始時刻から運転終了時刻を入力するという理解でよいでしょうか。
(2)講習会サンプルプログラムでは、非練成計算の運転モードの「外気導入スケジュール名」が「換気運転」となっているが、以下のように
理解して良いでしょうか。
・中間期の冷房・暖房において、空調機をまったく運転せずに、外気のみでまかなう場合に設定し、「換気運転」で設定した時間を参照する。従って、中間期も空調機を運転する場合には、外気導入スケジュール名を「外気導入」として、換気スケジュールの設定は不要とする。

2通目
年間熱負荷計算の出力結果が月別結果のみだが、時刻別結果を出力することはできますか。設定可能な場合、設定場所・設定方法を教えてください。
回答者ID:12、07
version1004
2010/12/3、13
No.121
1通目
(1)予冷、予熱も空調していることになりますので、「解法設定用空調スケジュール」では、エクスプリシット法で計算することとし、設定値は「1」としてください。「空調スケジュール」の方は、建築操作マニュアルの「2.1.8.時刻変動スケジュール (7)空調」(P.26)に書かれている通り、空調時間帯の設定値は「1」または「2」(「2」を使用するのは、最大負荷計算時の予冷熱時間帯)、非空調時時間帯の設定値は「0」としてください。講習会マニュアル「例題T 現場事務所の年間エネルギー計算」の「2.2.1.7 時刻変動スケジュール」を参考にしていただければ理解しやすいと思います。ただし、この例題ではゾーンが一つしかないので「解法設定用空調スケジュール」と「空調スケジュール」の設定内容がほぼ同じになっておりますが、「解法設定用空調スケジュール」は計算対象建物に対して1つしか存在しませんので、計算モデル内にゾーンが複数ある場合には、1つでも空調しているゾーンがある時間帯はエクスプリシット法で計算することとし、設定値は「1」としなければならないことに注意してください。(建築操作マニュアルの「2.1.8.時刻変動スケジュール (2)解法設定用空調スケジュール」(P.21)参照)

(2)「外気導入スケジュール名」で設定する名称は、任意で構いません。ご自身が理解しやすい名前を設定して頂ければと思います。
また、外気導入スケジュールの設定は換気を行う場合、必ず設定が必要となります。
換気が必要な居室内では、夏季、冬季、中間期に関わらず、また空調を行うか否かに関わらず、外気導入スケジュールの設定をお願い致します。



2通目
「建築データの設定」(ワークスペースの「建築」タブ)の「ゾーン設定」のツリーの最下層に計算対象建物のゾーンごとの設定が並んでいますが、その中に「ゾーン結果出力」という項目があります。ここで結果出力の内容を選択できますので、時刻別結果を出力したい場合には「1時間間隔の結果出力」のチェックボックスにチェックを入れてください。(建築操作マニュアルの「2.4.10.ゾーン結果出力」(P.49)参照
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/12/1
No.120
昨夕の質問の続きですが、「換気運転スケジュール」を削除すると、暖房負荷が冷房負荷よりも値が小さくなるのは、
どういうことなのでしょうか。
ゾーンの設定条件として、隙間風による負荷は無としています。

念の為、各々のZipファイルを添付します。
回答者ID:12
version1004
2010/12/13
No.120
下記にて回答

質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/30
No.119
現在、老人保健施設の一室について、BESTを使って年間熱負荷計算をしているのですが、 各種条件の設定に当り、講習用サンプルモデルを利用していました。その中の時刻変動スケジュール内に、「換気運転」のスケジュールがあるが、一室の場合には、不要と考えて良いのでしょうか。また、換気運転スケジュールを設定する場合には、どのような時に必要で、どのように設定するのかを参考例を用いて教えてください。なお、ゾーン換気の条件を見たが、換気運転スケジュールとの関連が分かりませんでした。
回答者ID:12
version1004
2010/12/13
No.119
建築単独計算の場合、1室の場合も換気運転を設定する必要があります。
「換気運転」は「ゾーン換気」とは別もので換気の有無を設定するものです。一方ゾーン換気は隣室間の空気の流れを設定するものだとお考え下さい。
居室のように一定の時間帯(例えば8時〜20時など)で換気を行う場合、必ず「換気運転」の設定を行います。ただし、廊下などの非居室で換気が不要な箇所については、「換気運転」の設定は不要となります。
ご指摘頂いた、暖房負荷が冷房負荷よりも値が小さくなる現象は、「換気運転スケジュール」を削除することで、冬季の外気負荷がゼロとなったためと予測されます。
質問者ID:FAQ−018
version1004
2010/11/30
No.118
★2011/12/29お問い合わせの回答後の追加お問い合わせ

早速のご回答ありがとうございます。
積分時間は固定で調整されているのですね。
また補足についてですが、計算順序を正さなくとも
VAV方式の場合はあまり影響がないと考えてよろしいでしょうか?
回答者ID:06
version1004
2010/11/30
No.118
VAV方式の場合、室温の制御の点では結果は安定しているようです。
ただ、ゾーンへの媒体の流れが1ステップ遅れて計算されることとなります。この点は注意してください。
質問者ID:FAQ−018
version1004
2010/11/29
No.117
・PID制御2mode自動調整について
自動調整後のP値に該当するものは、出力ファイルの「PropGainNow」なのでしょうか?
また調整後のI値に該当するものは、出力されていますでしょうか?
お忙しいところ申し訳ありませんが、ご教示頂ければ助かります。よろしくお願いいたします。
回答者ID:06
version1004
2010/11/29
No.117
比例ゲインの調整値で 冷房が「PropGainNow0」暖房が「PropGainNow1」です。また、積分時間は 計算時間間隔の半分、微分時間は=0としています。こちらは出力していません。

補足
一部モジュールの計算順序の間違いがありました。
既にデータを作り終えた場合は、VAVユニット用のPID制御モジュールとVAVユニットモジュールを 各ゾーンへの吹出し接続のための分岐ダクトモジュールの後に移動して計算してください。
この操作により CAV方式の制御結果が安定します。
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/29
No.116
(1)先日、空調運転時間の差異について、以下の質問をしました・・・
「長野県の諏訪の気象データの1分間値がないため、拡張アメダス60分値を使用し計算したところ、空調運転合計時間が 5856時間 で、HASPでの 5840時間と16時間も誤差が生じてしまう。どうして、拡張アメダス60分値では空調時間数が多くなるか、教えてください。 」
今回、HASPで2000年の諏訪の気象データを使用して、BESTの気象データと整合してみたが、やはり、5856h(BEST)と5840h(HASP)と差があります。理由がわからないので教えてください。

(2)拡張アメダスの気象データの年を変えて計算させたら、DVDを入れるようにメモログが出ました。一度、DVDを読み込ませたら、BESTに自動的に取り込まれ、DVDが不要と書いてあるにもかかわらず、どうして必要になるのでしょうか。2000年に変更しても、同じメモログが出ました。
回答者ID:07
version1004
2010/11/29
No.116
(1)お使いのHASPがどのように計算を行っているかについては当方ではわかりませんが、時刻別の結果出力ファイルなどで、原因である可能性が一番高い2月29日についての計算がどうなっているか調べることで分かるのではないでしょうか。もし2月29日の計算が行われている状態で年間の計算時間が5840時間というのであれば、他の日時について調査してみればよいと思います。
BESTでは2000年(うるう年)の実在年データを使用して計算を行うと2月29日の計算が行われますし、1999年の実在年データを使用しますと2月29日の計算は行われません。

(2)「建築操作マニュアル」の「2.1.1.気象」(P.11)に「DVDからある地点のある年の気象データを読み込むと、読み込んだデータに対応する気象作業ファイルが、BESTフォルダー内の気象専用フォルダーの中に作成される。この作業ファイルが存在すれば、DVDからの読み込みは行わないので、2回目以降DVDをセットする必要はない。」と言う記述がありますが、『ある地点のある年の気象データ』とあるとおり、全ての年のすべての地点のデータが読み込まれるわけではありません。年や地点が違うデータで計算を行う場合には、あらためてDVDをセットする必要があります。また、一度使用した年と地点が同じデータを使用する場合でも、DVDをドライブから抜き取った状態で、「気象」の入力画面(「建築操作マニュアル」の図 2-2)の中の「DVDドライブ」の選択を、DVDをセットしていたドライブのままにすると、「気象データのDVDが挿入されていないか、間違ったDVDが挿入されています。」というメッセージが出て計算を実行することができません。 この場合には、もう一度DVDをセットし直すか、DVDはセットせずに「DVDドライブ」の選択を空白(ドロップダウンメニューの一番上にあります)にすることで、計算が出来るようになります。
質問者ID:FAQ−033
version1004
2010/11/26
No.115
”ライセンスキーを確認できません。”の表示にて、プログラム(コンソーシアム版)が起動しません。
ここしばらく、使っていなかったのですが、何か変わったのでしょうか。お知らせいただけたら助かります。
回答者ID:11
version1004
2010/11/26
No.115
利用バージョン等について再確認の結果、再インストールを試みる旨、ご連絡あり。

質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/26
No.114
前に、ヒートブリッジを考慮する場合には、その部分の影響を考慮するために仕様を追加設定する必要があるとの回答を
もらいました。
その中で、「ヒートブリッジを考慮する部分と考慮しない部分を別個に入力する必要があると思います。」というだけでは、
理解できません。具体的に、外表面の方位角・傾斜角をどう設定し、面積はどの範囲を算定するかを教えてください。

なお、外壁にバルコニーが設けられている範囲のヒートブリッジ分(断熱し切れない分)をHASPで年間熱負荷計算をする際に、非空調の外壁(被日射)として仕様を作成し、面積を「梁幅×外壁周長」で算定していました。
回答者ID:07
version1004
2010/11/29
No.114
BESTもHASPと同じ計算プログラムですので、計算モデルの組み方は設計者の考え方次第です。例に挙げておられたようにHASPで『非空調(回答者注:「非空調」とは「断熱なし」のことでしょうか?)の外壁(被日射)として仕様を作成し、面積を「梁幅×外壁周長」で算定していました』ということであれば、BESTでもそのようにモデルを作ればよろしいと思います。BESTでも一つのゾーンに外壁を複数作ることが出来るようになっておりますので、伝熱の様態が異なる数だけそれぞれの面積で外壁を作ってモデル化すればよいと思います。

質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/25
No.113
(4)外壁仕様が一種類であれば、外壁仕様は一つであれば良いとのことだが、外表面との関連付けはどうなっているのでしょうか。
分かりやすく説明ください。
なお、HASPの場合は、方位別の外壁仕様を指定して、その方位にある外壁面積がいくらかを記入することで関連付けが明快です。
回答者ID:07
version1004
2010/11/26
No.113
「外壁仕様」と「外表面」との関連づけについてのご質問ですが、まずBEST専門版の中で使用している用語に「外壁仕様」というものは無く、本件の回答においても「壁体構造」という用語を使用していることにご注意ください。用語を曖昧に使用していますと、それが何を指し示すかが曖昧になり、その結果、説明の意味も分かりにくくなってしまいます。
いま一度、「壁体構造」と「外表面」と「外壁」の関係について説明します。「外壁」(建築操作マニュアルの「2.4.1.外壁」参照)の特性を設定する際には、方位情報や壁を構成する材料情報や面積情報が必要になることはご理解いただけると思います。これらの中で方位情報を司るものが「外表面」(建築操作マニュアルの「2.2.5.外表面」参照)で、壁を構成する材料情報を司るものが「壁体構造」(建築操作マニュアルの「2.2.3.壁体構造」参照)であるわけです。「外表面」と「壁体構造」は、「外壁」の入力画面においてドロップダウンメニューの中から選べるようになっていますので、もしその建物における外壁の構成材料情報が一通りであれば、「壁体構造」は一つだけ作っておけばよく、その建物の全ての「外壁」入力画面において、その一つの「壁体構造」設定を選択すればよいことになります。方位が違う外壁を設定したければ「壁体構造」は同じものを選択したまま、「外表面」の方で違うもの作っておいて、その中から該当するものを選択すればよいのです。質問者の方が、方位ごとに作らなければならないとお思いになっているものは、BESTでは「壁体構造」ではなく、「外表面」と「外壁」の方になります。

サンプルデータの「オフィス8ゾーン(建築単独)最大負荷計算データ.zip」(もしくは「オフィス8ゾーン(建築単独)年間計算データ.zip」)がお手元にあると思いますので、テキスト「例題によるBEST体験」の付録2-1に掲載されている基準階平面図を見ながら、データの構成をご覧ください。このサンプルデータでは、「外壁」は(西と東の外壁がコアで分断されているので)全部で6つ(外壁(北)、外壁(東1)、外壁(東2)、外壁(南)、外壁(西1)、外壁(西2))有りますが、「外表面」は4つ(外表面(北)、外表面(南)、外表面(東)、外表面(西))、壁体構造の「外壁」は1つしかありません。内容が同じものを重複して登録しておく必要が無く、4つの「外表面」と1つの「壁体構造」を組み合わせて使うことにより6つの「外壁」を設定しているわけです。『HASPの場合は、方位別の外壁仕様を指定して、その方位にある外壁面積がいくらかを記入することで関連付けが明快です。』とのことですが、BESTでも、「外壁」の入力画面を開けば、方位を「外表面名」で選択し、(質問者が言うところの)外壁仕様を「壁体構造名」で選択し、面積を「外壁面積」に入力すればよいので明快です。慣れの問題だと思います。

質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/25
No.112
(3)´(24日の質問の補足)
「熱貫流率計算をする/しない」とは、外壁・内壁・天井の仕様構成を設定後に「熱貫流率計算ボタンを押す/押さない」という意味です。
その結果を比較しても、熱負荷計算の結果が同じ値であったので、質問した次第です。
回答者ID:07
version1004
2010/11/26
No.112
(3)「壁体構造」の入力画面の中にある「熱貫流率計算」ボタンは、入力した部材構成での熱貫流率をその場で計算して、その数値が妥当であるか確認するためのもので、熱負荷計算自体の結果には影響を及ぼしません。平易に言えば、入力の際に「熱貫流率計算」ボタンを押さなくても正しく熱負荷計算はできる、ということです。
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/25
No.111
ゾーン設定で、屋根の壁タイプを誤って、「壁」と指定してたので、「天井」に変更して年間熱負荷計算したが、結果が同じになります。
結果が異なるべきではないでしょうか。
回答者ID:07
version1004
2010/11/29
No.111
(1)「外壁」と「内壁」の入力項目の中の「部位タイプ」の役割には以下のものが有ります。
第一に、BESTにおける壁体に関する入力対象は「外壁」と「内壁」しかありませんので、設計者がその壁体の建築的役割(床、壁、天井、など)を判別するための目印であります。
第二に、部位タイプとして「床」を選択すると、その室内側表面に窓透過日射熱や内部発熱放射成分が吸収されると仮定して計算がおこなわれます。(「建築操作マニュアル」の「2.4.2内壁」参照)従って当該のゾーンについてはもちろんですが、ほかのゾーンにおいても「内壁」の入力項目の中で「隣接ゾーン側壁名」に『隣接ゾーンで部位タイプを床に設定した内壁』を選択すると、その隣接ゾーンにおける窓透過日射熱や内部発熱放射成分の影響を受けることになります。
相手に床を選んでいますので、通常これは『内壁の』天井が対象になります。

今回お試しになった、屋根(BESTでは「外壁」扱い)の壁タイプを「壁」と「天井」とで入れ替えたのは、幸い上記の第二の例に当てはまらなかったので、計算結果に違いが出なかったということになると思います。
質問者ID:FAQ−039
version1004
2010/11/24
No.110
BESTのテンプレートについてお聞きします。

現在、82000uの事務所ビルについてBESTにてエネルギー試算をしたいと思っています。

空調熱源システムは冷温水発生機3台+ターボ冷凍機2台(冷水蓄熱槽あり)です。

BEST入力初心者の為、出来れば建物全体テンプレートを活用して入力をしたいのですが、
現在ある建物全体テンプレートを活用して今回のシステムを入力する方法はありますでしょうか。
入力方法についてアドバイスいただければと思います。
回答者ID:03
version1004
2010/11/29
No.110
熱源5台に対応した熱源群テンプレートの用意はありません。
熱源群テンプレート内の「台数制御モジュール」が2台までの対応となっているためです。
熱源群テンプレートの熱源2台の台数制御テンプレートを組合わせて(熱源群の中のひとつの熱源テンプレートをさらに熱源群テンプレートに置き換えるなどの方法)構築する方法が考えられます。
あるいは、冷温水発生機3台分を1台の熱源に置き換え、またターボ冷凍機2台を1台に置き換えて入力する方法も考えられます。
例題として用意されている建物全体テンプレートにおいて、熱源群テンプレートの中の熱源テンプレートを、そっくり他のテンプレートに置き換えた後、テンプレート内の仕様(Spec)を確認、必要に応じて修正してください。
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/24
No.109
基本的な質問です。

(1)年間熱負荷計算後、「bestBuilM.csv」中の、室負荷T が外気負荷を含まない熱負荷(全熱)で、装置負荷T が外気負荷込みの熱負荷(全熱負荷)と
  解釈していいでしょうか。

(2)壁体構造を作成する際に、マスター画面の方で、方位別の外壁や内壁などを作成して、仕様構成をワークスペース画面で作成していたのですが、
この方法でも良かったのでしょうか。
(3)年間熱負荷計算の際、外壁・内壁(窓以外)などの熱貫流率計算をしなかった時と熱貫流率計算をさせた時の結果が同一になる。
  これは、HASPと同様に、温度励振によって壁体などの蓄放熱の繰り返しによる温度変化を時刻毎に算定しているので、熱貫流率の
左右されないという解釈でいいのでしょうか。間違っていれば、正しい解説をお願いします。
回答者ID:07
version1004
2010/11/24
No.109
(1)室負荷は、窓や壁(床、天井を含む)、人体、照明、機器、隙間風等に起因する熱負荷の合計で、装置負荷は、その室負荷に取入れ外気負荷を加えたものです。"T"は「全熱」を意味しますので、その通りで問題ありません。
(2)ご質問の意図がよく理解できませんが、以下の説明を参考にしていただけますでしょうか。
「壁体構造」は方位情報を含みませんので方位別に作成する必要はありません。方位が違っても内容が同じならば一つだけ作ればよいのです。それでは方位情報はどこで指定するかというと、それは「外表面」の中になります。「壁体構造」と「外表面」はともに(“マスター”側、“ワークシート”側に関係なく)「建築データの設定」の「基本」の中に含まれる、同じレベルの設定情報です。次にこれらを「建築データの設定」の「要素」の中に含まれる「外壁」(「内壁」は「方位」情報を必要としません)の中で組み合わせて指定することで、方位別や壁体構造別の「外壁」情報が出来上がります。したがいまして「外壁」は方位や壁体構造が異なるならば(「内壁」は壁体構造が異なるならば)個別に作成する必要があります。もちろん、方位、壁体構造以外にも違うところがあれば、組合せが異なる数だけ個別に作成する必要がありま
す。

(3)質問の文章の一部が欠けているようですので、もう一度確認の上質問をしていただけますと幸いです。ちなみに「熱貫流計算をする/しない」というのは具体的にどのような操作をしているのか説明を加えていただけませんでしょうか。
質問者ID:FAQ−025
version1004
2010/11/22
No.108
(11/16の続き)
回答の中にありましたシステムフロー図を送ります。
求められていたものでなかった場合は申し訳ありません。
再びご連絡お願い致します。

システムフロー図の中の蓄熱槽と冷温水器の間の青く塗られた4箇所の温度変化がほぼないため
原因がどこにあるのか教えて頂きたいです。
また、この部分に限らず日によって温度変化がない部分や室温が極端に高くなってしまっていることなどの
原因の全てが冷温水器が動いていないことにあるのではないかと考えています。
熱媒ポンプがうごいているのに温度変化がないことからも、どこか問題があるのではと思います。
何度も同じような質問をしてしまい申し訳ありませんがよろしくお願い致します。

また上の件以外にもお聞きしたいことがあります。
以下の3点です。

1. シミュレーションに使われている気象情報のもとになっているものは何になっているのでしょうか。

2. 排熱投入型吸収冷温水器のスペックの中の「排熱単独運転負荷率」というのはどのような意味でしょうか。

3. シミュレーション後の結果に「集熱面入射日射量」とありますが、
この結果は集熱器の水平面のものでしょうか、入射面のものでしょうか。
設置傾斜角の設定を変えることで結果が変わってくるものなのでしょうか。


BESTのファイルは以下に載せます。
http://firestorage.jp/download/537325cca1f5938ec95b0cca9e62db580dba303d
計算順序は「太陽熱」です。

よろしくお願致します。
回答者ID:13
version1004
2010/11/22
No.108
1. シミュレーションに使われている気象情報のもとになっているものは何になっているのでしょうか。
→建築操作マニュアルはお持ちでないでしょうか。添付いたします。10ページ前後を参照ください。

2. 排熱投入型吸収冷温水器のスペックの中の「排熱単独運転負荷率」というのはどのような意味でしょうか。
→文献:外皮・躯体と設備・機器の総合エネルギーシミュレーションツール「BEST」の開発(その56) コージェネレーションシステムプログラムの特徴を参照ください。図5です。「意味」としては、排熱利用だけで運転するときの2次側の負荷率になります。入力を30%とするとき、空調側の負荷が30%まではガスを使用せずに排熱だけで運転でき、30%を超えるとガスが追掛けで増えていきます。排熱投入型吸収冷温水器の一般的なカタログも参照してください。

3. シミュレーション後の結果に「集熱面入射日射量」とありますが、この結果は集熱器の水平面のものでしょうか、入射面のものでしょうか。 設置傾斜角の設定を変えることで結果が変わってくるものなのでしょうか。
→「集熱面入射日射量」は集熱面に対して垂直に入射する日射量です。熱入射として有効となる日射量です。従って、傾斜角の設定を変えることで結果は変わります。
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/19
No.107
BESTでは、ヒートブリッジ対応をするために、外表面条件・外壁条件をどう設定することを推奨しているか、教えてください。
回答者ID:07
version1004
2010/11/22
No.107
BESTではヒートブリッジを考慮するための特別な機能を備えていません。どうしてもヒートブリッジを考慮した計算をしたい場合には、壁や床などについて、ヒートブリッジを形成する部分とそうでない部分を別個に条件入力する必要があると思います。
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/19
No.106
(1)プロジェクトは共通であるが、フロアが異なる部屋を負荷計算する場合は、別プロジェクトとして、ZIPファイルを作成する必要があるのでしょうか。 それとも、ワークスペースの建築の方に枝を増やして作成する方法でも良いのでしょうか。

(2)建築マニュアル(P40)の隣接タイプ(1)〜(4)の式(入力画面内)の意味と文章の下から5行目以降の意味が分からないので、教えてください。
回答者ID:07
version1004
2010/11/22
No.106
(1)建築操作マニュアルの「2.3.1.室グループ・室・ゾーンの定義」(P..35)の中の「室グループ」の説明にある通り、相互に熱的影響のある室はかならず同一室グループに属する必要があります。したがって、フロアが異なる部屋同士の熱的影響を考慮したい場合には、同じ室
グループの中に両方の「室」と「ゾーン」を作ってデータを入力する必要があります。

(2)「隣接タイプ(1)〜(4)の式(入力画面内)の意味」については、11月8日のご質問(「3)マスター画面の「内壁」を開くと、隣室(1)〜(4)を設定するようになってるが、注釈の解説が理解できません。・・・(以下略)」)に対して回答済みです。
以前のご質問の中でHASPをご利用になっていると書かれてありましたが、HASPの内壁条件(IWAL)の中に隣室条件αという、BESTでのfと同じような役割をする係数が使われていると思いますので、理解しやすいのではないかと思います。
「下から5行目以降の意味」については以下の通りです。この件は基準階での計算に限りませんが、特に基準階は通常熱負荷計算において上下に重なり合った部屋同士の温度は同じと考えられることが多いため、マニュアルの説明にあるように、お互い相手の部屋の温度は自室と同じ(タイプ(1)で「隣室温度差係数f=0」(こうすると隣室タイプ(1)の計算式より、隣室温=自室温、となる)と指定するだけで済ませたり、隣室タイプ(4)を選択しても隣接する壁が相手の部屋のどの部位に相当するか指定しないで済ませることもできますが、BESTでは透過日射や内部発熱の放射成分を分離してそれらが吸収される壁面などから時間遅れで発生する熱負荷も計算できるようにしているため、その負荷が発生する部位を明確にするためにも、隣室タイプ(4)で隣接する壁や床天井が相手の部屋のどの部位に相当するか指定することを勧めているわけです。詳しくは建築操作マニュアルの「3.2.壁体・梁の計算方法」(P..66)の説明をご覧ください。
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/18
No.105
昨日送付の回答一覧で、空調運転時間が小数点表記されるという質問をしましたが、再チェックしたところ、
空調時間帯の設定方法がおかしいところ分かり、修正しました。
再計算した結果、整数表示され、HASPの空調運転時間との整合がとれましたので報告します。

しかし、以下のような不具合が生じたので、その理由を教えてください。

長野県の諏訪の気象データの1分間値がないため、拡張アメダス60分値を使用し計算したところ、空調運転合計時間が 5856時間 で、
HASPでの 5840時間 と 16時間も誤差が生じてしまう。次に、東京の1分間値を使用すると、HASPとの整合がとれた。
どうして、拡張アメダス60分値では空調時間数が多くなるか、教えてください。
なお、空調運転時間は、6:00〜22:00です。
回答者ID:07
version1004
2010/11/18
No.105
空調運転時間が6:00〜22:00であれば、1日16時間運転ということになります。HASPでの計算結果の空調時間数が5840時間であれば、5840÷16=365、より365日稼働ということですね。拡張アメダス60分値を使用した計算結果の空調時間が5856時間ということですの
で、これを16時間で割ると、5856÷16=366、となります。ご使用の拡張アメダス60分値が、実在年データでうるう年のものを使用していないかご確認ください。
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/18
No.104
(上記11/17(4)に対する追加質問)
(1)窓ガラスの仕様変更で、データベースを編集することで、ガラス仕様を追加できるとのことですが、
 何処にそのファイルがあって、何処を編集し保存すれば計算されるのか教えてください。 
(2)上記質問に関連して、登録済の窓仕様でブラインド種別を変化させると、可視光透過率・日射透過率も変化する。 日射熱取得率が変化するのは理解できますが、可視光透過率・日射透過率も変える必要がある理由がわかりません。 どうしてか教えてください。なお、HASPでは、熱貫流率・遮蔽係数のみで計算しています。
回答者ID:07
version1004
2010/11/18
No.104
(1)データベースであるXMLファイルを編集することは正式にサポートしておりま せんので、建築操作マニュアルの「5.壁体材料・窓ガラスの物性値データと入力 データXML構成」を参考に自己責任で行ってください。 なお、窓ガラスの光熱性能値を編集するための対象ファイルは、下記のパスにあ る"windowDB.xml"になります。
C:\Documents and Settings\All Users\Documents\BEST\XML\buildingDB\windowDB.xml
前回の回答でも申し上げたように、XMLファイルをユーザーが直接編集することは、BESTプログラム本来の使い方ではありませんので、マニュアル等をご覧になっても操作がわからないということでしたら、この方法はお勧めできません。この操作によってBESTプログラムの動作が不安定になっても、当方では責任を取りかねますので、その旨ご承知おき願います。

(2)BESTでは昼光調光計算や日射熱の対流・放射成分を区別した計算が出来るようになっており、可視光透過率・日射透過率はそのために使用する数値です。建築操作マニュアルの「3.4.窓の計算方法」(P.70)や「4.昼光の計算法」(P.74)を参照してください。
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/17
No.103
(1)BESTでは、設定した条件の帳票出力が4種類ありますが、設定した条件が2枚程度で一覧で出力できないのでしょうか。

(2)天井の設定について
  講習会用のモデルで、壁体構造を天井として、天井の仕様が設定されており、ワークスペース画面の天井の隣室タイプが「(4)」で固定され
内壁のようにタイプを選択できないようになっていますが、選択できないようにしている理由は何故ですか。
また、天井であっても、マスター画面側において内壁で登録し、壁体構造で天井を登録しなければならなったのでしょうか。(マニュアル(P40))

(3)年間熱負荷計算の気象設定で、選択地域が「実在年データ - 気象データ1分値」を持たない場合の代替方法は、気象データ名称を「気象アメダス60分値」
  とすればいいのでしょうか。それとも、「気象データ1分値」を持つ、同等又は近い地域を選択しなければならないのでしょうか。

                                                                          
(4)窓仕様の変更についての回答はどうなりましたでしょうか。
回答者ID:14、12、07
version1004
2010/11/17
No.103
(1)現在のBEST専門版は、帳票レイアウトが固定になっているため複数枚の帳票になります。
ご指摘のように「帳票の見やすさ」や「帳票枚数を減らす」については、今後の検討課題とさせて頂きます。貴重なご意見をありがとうございました。

(2)天井の設定について
一括仕様設定フォルダ内で天井の隣室タイプを(4)としているため、固定となっています。各々の天井で設定を変更する場合は、一括仕様設定フォルダ内の天井を削除する必要があります。また、C_030_BEST-P 建築操作マニュアル内の2.4.2. 内壁の欄に記載されていますように「隣室タイプ(4)、隣室名=自ゾーンと同じ条件、隣接側壁名=床」を選択して計算することで、天井面にあたる放射熱の影響を考慮できるため、最も正確な計算が可能です。
天井を設定する場合は、マスター画面側の内壁を選択し、名称を「天井」とし、ワークスペース内に登録下さい。

(3)現在BESTで利用できる「実在年データ−BEST1分値」は、東京の2006年に限られ
ておりますので、それ以外の実在年データをご利用になりたい場合には、「実在
年データ−拡張アメダス60分値」を選択し、ご希望の年(1981〜2000年)と地点
(国内842地点)をプルダウンメニューから選択してください。なお、この操作
の際には「拡張アメダスデータ 1981-2000」のDVDが必要になります。

(4)11月11日のご質問(「2.窓ガラス仕様の変更は、建築マニュアルでは仕様登録されたものしか選択できないように記載されているが、メーカー仕様のものは設定できないのですか。(例:AGCでは、Low-eガラスのプレミアムクールという仕様)」)に対して回答済みです。
質問者ID:FAQ−025
version1004
2010/11/16
No.102
★2010/11/11問い合わせの回答後、再お問い合わせ。

頂いた回答をもとに結果を検討し、教えて頂きたい点が3点挙がりました。以下の3点についての回答をお願いします。

1. 蓄熱槽と冷温水器の間での温度変化
蓄熱槽と冷温水器の間のそれぞれの出入口に温度変化がありませんでした。
添付しました「結果」というエクセルファイルの「冷温水器蓄熱槽」
というタブを見て頂けたらと思います。
どこに問題があるのか教えて頂きたいです。

2. 空調の温度設定について
BESTを見てみた限り、空調の温度設定をするモジュールや項目がなかったかと思います。
温度設定を行うにはどうしたらよいでしょうか。

3. シミュレーションを行う際、「記録を有効とする」という項目にチェックを行いますが
チェックをした量などによって出てくる結果の量に差があります。
どのような基準で変化するのかがわかりましたら教えて頂きたいです。
回答者ID:13
version1004
2010/11/18
No.102
以下に回答いたします。

1. 蓄熱槽と冷温水器の間での温度変化
いただいた計算データと出力結果だけでは、熱源システムが把握が難しいため、
接続条件や機器スペックをまとめたシステムフロー図をお送りいただけますでしょうか。

2. 空調の温度設定について
「テンプレート 空調機CAVコイル1」の中の、冷温水コイルPID制御2modeというモジュールです。
温度設定がないとシミュレーションできません。Mode1設定値が温度設定になっています。

3. シミュレーションを行う際、「記録を有効とする」という項目にチェックを行いますが
チェックをした量などによって出てくる結果の量に差があります。
どのような基準で変化するのかがわかりましたら教えて頂きたいです。
(1)まず「計算結果の記録の指定」というモジュールがあり、これにチェックした項目が出力されることになります。このモジュールは出力結果の一般設定事項と認識下さい。すべてチェックなしだと、何も出力されないことになります。
(2)次にどのモジュールの結果を出力するかを決めますが、それは各モジュール入力画面の下部にある、「記録を有効とする」の欄にチェックを入れることで結果が得られます。
(3)一番気にされているであろう、結果の出力順番ですが、これは計算順序に依存します。あるモジュールの結果を増やそうとすると、CSVファイルの中間に追加されることもあります。
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/16
No.101
2通目
年間熱負荷計算のCSV出力結果で、空調時間数が小数点表記されました。なぜ、そのようになるのか理由が分からないので教えてください。なお、空調スケジュールは、次の通り

(1)空調時間帯:9:00〜20:00
(2)土・日・祝日は運転しない。また、特別休日(12/31,1/1,1/2)も運転しない。

宜しくお願いします。
回答者ID:07
version1004
2010/11/17
No.101
2通目
空調スケジュール設定が意図通りに行われていない可能性が有ります。該当ゾーンの「建築計算時間スケジュール」、「解法設定用空調スケジュール」、「空調スケジュール」(それぞれ、BEST建築操作マニュアルの「2.1.8.時刻変動スケジュール」内の、(1)建築計算時間スケジュール、(2)解法設定用空調スケジュール、(7)空調)で設定した内容(変動タイプと時刻ごとの設定値)をお知らせください。入力画面の画面キャプチャーでは、スケジュールがすべて表示されない可能性が有りますので、その際にはお手数ですが表形式に書き出して添えていただければ助かります。
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/16
No.100
過去に行われた講習用マニュアルを送付くださり有難うございます。本マニュアルで事務所用途での細かい設定手順まで載っているので、助かります。ただ、別の用途や各要素の設定方法でいくつか質問があるので、回答願います。

1.学校の用途では、春休み・夏休み・冬休みの期間は空調しないので、空調運転モードの画面で設定することになると思いますが、空調しない期間はどの画面で・どのように設定すれば良いのでしょうか。弊社のHASPプログラムでは、特別休日で空調しない期間を設定できるようになっています。
2.照明・人体・機器発熱のスケジュールと稼働率の設定画面で、その他設定はどのような時に設定するのでしょうか。例題で示してください。
3.建築計算時間間隔(建築単独用)の設定画面において、スケジュール値と時刻の設定例は、空調時間帯が7:30〜20:00の場合とみなし、空調時間帯に応じて変化させれば良いと考えていいのでしょうか。そうだとすれば、11/5に回答を頂いたもの(別紙)と異なるようですが・・・?
4.窓仕様の設定は、ガラスメーカーの仕様を任意入力することは可能でしょうか。(数日前に質問済み)
回答者ID:07
version1004
2010/11/18
No.100
1.BESTにも「共通データの設定」の中に「特別休日」の設定があり、HASPにおける特別休日と同じような使い方が出来るようになっています。BEST建築操作マニュアルの「2.1.3.特別休日」に説明が有りますので、ご覧ください。

2.「その他モード」は、「平日モード」と「休日モード」で負荷変動パターンを表現しきれない場合(24時間稼働や、昼までの半日稼働など)に使用します。必要が無ければ、デフォルト設定のままにしておけば問題はありません。

3:講習会マニュアル「例題T 現場事務所の年間エネルギー計算」の表2.1.1-1
(P.T-2.1-5)の中の「時刻変動スケジュール/空調」の項目に記載されている
ように、平日の空調スケジュールは、7:30〜8:00が予冷熱、8:00〜20:00が空調、
という設定になっております。
これに従い、11月1日のご質問に対して5日に回答しました通りに計算時間間隔を
設定すればよいわけですが、ご質問の講習会マニュアルでは以下の理由で設定を
変えております。
(1)マニュアルの後の方(p.T-2.3-3)で、適切な予冷熱時間を得るために予冷
熱時間を30分から90分の間で変動させるケーススタディを行うことになっており
ます。そのために短かい計算時間間隔(ここでは5分)を、あらかじめ30分間で
はなく90分間にわたり設定しています。
短い計算時間間隔にする理由は、予冷熱中の室内環境変動を正確にチェックする
ためです。
(2)マニュアルの例題では、図2.1.1-1(p.T-2.1-5)に示されているように内部
発熱のスケジュールを30分間隔で設定しているところが有ります。この影響を反
映した結果を得るために空調時間帯の計算時間間隔を60分ではなく30分に設定し
てます。
内部発熱スケジュールを60分間隔で与えている場合は、計算時間間隔も60分で十
分です。

(以上)

4: 4. 11月11日のご質問(「2.窓ガラス仕様の変更は、建築マニュアルでは仕様登録されたものしか選択できないように記載されているが、メーカー仕様のものは設定できないのですか。(例:AGCでは、Low-eガラスのプレミアムクールという仕様)」)に対して回答済みです。
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/15
No.099
1.今、「BEST」である事務室(一室)の年間負荷計算をしたところ、以下のようなメモログが出て、計算されませんでした。どこを、どのように設定すれば計算されるのかが分からないので、解説をお願います。
***** BEST 共通・建築 エラー・警告メッセージ ***** 2010/11/15@16:07:32
    (ゾーン空調スケジュール:OperatingModeScheduler) ** warning (code:1)
** 年間スケジュールで指定された空調運転モードの内容が定義されていません。           
    「非連成計算 空調運転モード」のデータが不足しています
   annualScheduleName:空調年間スケジュール operatingMode:冬期運転モード
    (ゾーン空調スケジュール:OperatingModeScheduler) ** warning (code:1)
** 年間スケジュールで指定された空調運転モードの内容が定義されていません。   
    「非連成計算 空調運転モード」のデータが不足しています
    annualScheduleName:空調年間スケジュール operatingMode:中間期運転モード
    (ゾーン空調スケジュール:OperatingModeScheduler) ** warning (code:1)
** 年間スケジュールで指定された空調運転モードの内容が定義されていません。 
    「非連成計算 空調運転モード」のデータが不足しています
   annualScheduleName:空調年間スケジュール operatingMode:夏期運転モード

    なお、ワークスペース画面での設定では、以下のように対応しています。
    (1)「共通」の年間スケジュールは、講習テキストの年間スケジュール(2種類の出力期間・季節係数・空調年間スケジュール)をそのまま使用した。
    (2)「建築」の各設定は、今回事務室(一室)なので、講習会用モデルの計8区画内、7区画を削除した。
    (3)計算用モデルは外壁方位が西北西なので、残りの一区画のデータを修正した。(ペリメータとインテリアの区分けは無し)

2.窓仕様の変更を、ワークスペース画面の「一括仕様設定」で対応したが、室グループのゾーンで設定してある窓仕様の方に反映されません。  どうすれば、反映されますか。解説をお願いいたします。
回答者ID:12
version1004
2010/11/17
No.099
1.エラー内容について
エラーメッセージから推測するに、「建築」での非連成計算 空調運転モードの設定が未了と思われます。「共通」の年間スケジュールで設定した空調運転モードと同じ名前で、「建築」内に非連成計算 空調運転モードを設定下さい。より詳しい設定方法については、C_030_BEST-P 建築操作マニュアル内の「2.2.6. 非連成計算 空調運転モード」にも記載されておりますので、ご確認下さい。
2.ガラス仕様変更について
15日にご送付差し上げました.昨年度に開講した講習会テキストpI-2.2-13〜I-2.2-19をご参照下さい。

質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/11
No.098
以下の質問に回答をお願いします。
1.BESTは、HASPと同様に、16方位の設定は可能なのでしょうか。また、傾斜角と方位角の設定値は、HASPと同一と考えていいのでしょうか。

2.窓ガラス仕様の変更は、建築マニュアルでは仕様登録されたものしか選択できないように記載されているが、メーカー仕様のものは設定できないのですか。(例:AGCでは、Low-eガラスのプレミアムクールという仕様)

3.特定のゾーンのガラスを仕様変更する場合は、以下のフローでいいでしょうか。
(1)ワークスペース画面で変更したいゾーンを指定する。
(2)マスター画面の「要素-窓」のおいて、新規窓名で、変更したい窓仕様を登録する。
(3)ワークスペース画面の変更したいゾーンの「窓」に、(2)で新規登録した窓名のものを登録する。
(4)そのゾーンに対して、最初に登録した窓を、全て新規窓に置換する場合には、最初に登録した窓は削除する。

4.逆に、全ゾーンの窓仕様を一括変更する場合には、
(1)マスター画面のの「一括変更-窓条件」において、新規窓名で、変更したい窓仕様を登録する。
(2)ワークスペース画面の「一括変更-窓条件」で、変更したい窓仕様に変更する。
なお、この方法で変更する場合には、各ゾーンの最初に設定した窓仕様は消さなくても置換されると考えていいのでしょうか。(窓以外も含む)
回答者ID:01、12、07
version1004
2010/11/15
No.098
1.BEST建築操作マニュアルの「2.2.5.外表面」に説明が有るとおり、壁体の方位角、傾斜角とも数字で入力するようになっています。角度の設定基準はHASPと同じですが、マニュアルや、図2-21.に示す入力画面に説明が明記されていますので、それらをよく読んでご質問くださいますよう、お願い申し上げます。

2.BESTの窓ガラスデータベースに登録されている窓ガラス種の光熱性能値は、「窓」の入力画面(BEST建築操作マニュアルの中の「2.4.4.窓・昼光」をご参照ください。)に表示されていますし、一般に流通している品種ばかりですので、教科書、便覧、メーカのデータなどで調べることも出来ますので、御希望の材料に近いものを設定するようにしてください。
もしくは、ご自分で窓ガラスの光熱性能値のデータベースであるXMLファイルを開いてデータを追加すればすぐに利用可能で(BEST建築操作マニュアルの中の「5.3.窓ガラスデータベース」をご参照ください)、XML編集に便利なライセンスフリーのソフト("XML Notepad"など)もありますが、XMLファイルをユーザーが直接編集することは、BESTプログラム本来の使い方ではありませんので、マニュアル等をご覧になってもどのようにすればよいか操作に自信が無いということでしたら、この方法はお勧めできませんし、この操作によってBESTプログラムの動作が不安定になっても、当方では責任を取りかねますので、その旨ご承知おき願います。
なお現在、BESTのデータベースにない窓ガラス品種の光熱性能値(熱貫流率、日射熱取得率、透過率、反射率など)をユーザーデータベースとして登録する機能を開発視野に入れています。

3.お問い合わせの手順は、対象ゾーンに新たな「窓」要素を登録したのち既存の「窓」要素を削除する、ということでよろしいでしょうか。
そのようにしなくとも、対象ゾーンに登録された既存の「窓」要素の入力画面を開き、ガラス番号を入力し直すか、窓タイプ、ガラス種類名、厚さの3つをプルダウンメニューから選び直すことで、ガラスの仕様変更は完了します。


4.用語の違いだけかもしれませんが、お問い合わせの操作を行う手順は以下のようになります。
(1)マスターの「一括仕様設定」の「窓条件」にて、変更後の仕様を入力し、新たな条件名で登録する。
(2)(ワークスペース側の)各ゾーンに登録されている全ての「窓」要素の入力画面を順次開き、「一括仕様設定名」の欄で、(1)で指定した条件名を選択する。(以上)
もし全ての「窓」要素の設定において一括仕様設定を使用しているのであれば、ワークスペース側の「一括仕様設定」の中の「窓条件」の中に登録されている条件のうち採用されているものに対して、上記質問3.への回答に書かれた手順を行えば、全ゾーンの全「窓」要素の入力画面を開いて作業するという手間が省けますのでお試しください。
「窓」要素に限らず、手順(2)で選択しなおした「一括仕様設定名」で、変更前に選択していた条件については削除しなくても選択肢のストックの中に残されるだけで問題はありません。

質問者ID:FAQ−025
version1004
2010/11/11
No.097
★11月2日お問い合わせの回答に対する再お問い合わせ。

先日は問い合わせに回答して頂きありがとうございました。修正して頂いたものを確認したところ,添付をした「太陽熱1101」というファイルの中身とは設定内容のことなるものが送られてきていました。恐らく、1か月ほど前に問い合わせたときに添付をしたファイルではないかと思います。「太陽熱1101」ではご指摘頂いた点はチェックがついていましたしバッファ槽の入力も行っていました。 もう一度、添付しましたファイルで前回問い合わせた内容で見ていただきたいです。

以下が前回の問い合わせ内容です。

先日大学院生の岡から問い合わせをした内容で回答頂いた通りに
計算順序や排熱回収の入力を行いシミュレーションを行いましたが結果には変化がありませんでした。
結果のデータを基に検討してみたところ、排熱投入型吸収冷温水器と冷却塔の間で温度変化がないことや、排熱の出入口の温度が同じことなどから、排熱投入型吸収冷温水器がシステム内で機能していないのではと考えました。ここが機能していれば室温が高くなりすぎることもなくなるのではと思います。

そこで排熱投入型吸収冷温水器周りや排熱利用のテンプレートの使い方、接続などで足りないことや間違っていることなどがあるのかどうか見て頂きたいです。

計算順序は「1025」を使って下さい。 よろしくお願致し
回答者ID:13
version1004
2010/11/15
No.097
事務手続き上で不備があったこと、大変失礼いたしました。いただいたデータにて計算を行い、再度確認をしましたので、回答いたします。

まず、いただいたデータでは、吸収式も冷却塔も出力結果が出されていなかったので、ご指摘いただいた「排熱投入型吸収冷温水器と冷却塔の間で温度変化がない」というのは、確認できませんでした。出力できるように変更したデータを送付します。

入力データでの誤りがありました。排熱投入型吸収冷温水器にて、定格ガス消費量がゼロにて入力されておりました。排熱温度条件によっては排熱回収をしませんので、回収無しの場合も入力する必要があります。排熱投入型吸収冷温水器のカタログを見て、入力いただくようお願いいたします。
今回の変更では、仮に以下のようにスペックを変更し、動作確認を行いました。
・定格冷房ガス消費量(排熱回収無)0kW→20kW
・定格暖房ガス消費量0kW→20kW

その結果の出力では、(1)83℃以上であれば排熱回収している、(2)冷却塔はONOFFを繰り返しているが運転している、(3)冷温水は能力不足等ありそうであるが入口温度に対して出口温度は低くなっているため冷却を行えている、以上3点が確認されます。

負荷に対して適正な機器スペックを入力し、再度計算を行っていただければ、適正な出力が得られます。

追伸:計算順序「1025」がございませんでしたので、「太陽熱」を使用いたしました。
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/11
No.096
以下の質問について、分かりやすく解説ください。

(1)講習会用サンプルモデルの基準階オフィスで、ワークスペース画面の出力期間スケジュールの期間とon-offの関係は、 1年間空調するが計算時にはアウトプットするかどうかを表しているのか。それとも、空調をするか又はしない期間を表しているのいでしょうか。
(2)季節係数スケジュールの 「12/31 1」は、どういう意味なのでしょうか。
回答者ID:01、12、07
version1004
2010/11/15
No.096
(1)11月9日のご質問(「(1)図2-6の画面が意味が、(1)を読んでも理解できませんので、わかりやすく解説をお願いします。」)に対する回答の通り、「出力期間スケジュール」はデータ出力期間を設定するスケジュールです。ここでは出力機能の“on-off”という意味で使っていますので、表現に惑わされないようにしてください。
空調するかしないかのスケジュールは、建築単独計算の場合、「非連成計算 空調運転モード」と「非連成計算 空調運転モード年間スケジュール」の組合せで設定することになります。BEST建築操作マニュアルでは「2.2.6. 非連成計算 空調運転モード」と「2.2.7. 非連成計算 空調運転モード年間スケジュール」、講習会マニュアル「例題T 現場事務所の年間エネルギー計算」では「2.2.1.4 年間スケジュール−(3)空調運転モード」と「2.2.2.5非連成計算空調運転モード」に説明が有りますので、ご覧ください。
(2)設定の仕方については、講習会マニュアル「例題T 現場事務所の年間エネルギー計算」のP.T-2.2-2にも例が示されていますので、ご覧ください。「12/31 1」というのは、1月1日から12月31日まで一年中設定値が『1』ということです。季節係数については、以前回答でご紹介したBESTのホームページ上の資料(HOME→プログラムの活用→マニュアル→建築→X付録)に説明が有りますので、ご覧ください。
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/10
No.095
以下の質問に関して、分かり易く回答をお願いします。前に質問した内容と重複する内容もあると思いますが、お願いします。
(1)2-7-4の装置負荷入力に当り、HASPの場合には「装置容量」に入力する数値として、該当するゾーンの熱負荷を十分にまかなえる分の装置容量を入力することで年間熱負荷が算出されるのですが、BESTでも同様の入力をすれば良いと考えて計算しました。その結果、同じ結果が得られたので、そのように対応でも良いと理解していいでしょうか。
(2)計算結果のCSV出力について、講習用テキスト「2-1-2」の最下段の枠内に書かれたようには保存できないので、画面のメニューバーの「結果出力-結果保管」より、新規フォルダを作成し、保管しました。そのような対応でも良かったでしょうか。
(3)「(2)」の方法でCSV出力した計算結果「bestBuilM.csv」を見ると、あるセルに装置負荷が各月毎に算出されていますが、トータルの熱負荷(冷房・暖房)を算出するには、全ての月を合計しなければいけないのでしょうか。手間を省くために、年合計の熱負荷は表示されないのでしょうか。
(4)「結果グラフ出力」画面で、取得期間がありますが、これは気象データの取得期間という意味でしょうか。また、熱負荷計算後に、取得期間が「1月99日99時99分〜13月99日99時99分」となるので、「1月1日00時00分〜12月31日24時00分」とするべきではないでしょうか。
回答者ID:01、12、07
version1004
2010/11/15
No.095
回答については質問者が理解しやすいように心がけておりますが、建築設備や、負荷計算についての基本的な事項については言及しないこともありますのでご了承願います。また以前と同じ内容の質問に対しては、「○月○日のご質問に対する回答と同じ」という旨の回答をさせていただくこともありますので、こちらについてもご了承願います。
(1)「装置容量」に対するご理解はその通りで結構です。ただしHASPとBESTでは計算ロジックなどが異なりますので、両者で同様の入力をしても、必ずしも同じ結果が得られるとは限らないことを申し添えておきます。
(2)講習用テキスト「例題演習によるBEST体験TRY BEST 2009-7.1」は、表紙の裏の「ご使用に当たって」に記載されております通り、2009年7月当時のバージョンのプログラムを元に製作されており、その後のプログラムのバージョンアップに伴い、内容の食い違い等が発生することがあります。計算結果の保存先につきましては任意のフォルダーを指定することが出来ます。先日より話題になっている”・・・\Result”というフォルダーは、BESTプログラムに呼び出して計算実行した際のデータ一時保管場所であり、作業終了後にデータを保存する場所とは異なることにご注意ください。
(3)BEST建築操作マニュアル(「2.7.3.月別・年間値の結果出力ファイル」内「(1)時間情報」)に説明が有るとおり、「bestBuilM.csv」の中には、データが13行分あり、『13月』と表記される行に年間の合計値(温湿度などは平均値)が示されています。
(4)グラフを作成しようとするデータファイルが「bestBuilM.csv」であれば、「取得データ」の「期間」の表示は自動的に『1月99日99時99分〜13月99日99時99分』のようになります。『13月』となっているのは、(3)でお答えした通りです。また、「bestBuilM.csv」には日付や時間情報は含まれていませんので、そのまま作業を続けてください。
「グラフ種別」にて、『棒グラフ』を選択すれば、「X軸設定」は自動的に『文字軸(12ヶ月文字列)』に固定され、『13月』として出力された年間合計の結果はグラフに表示されません。年間合計の結果を1〜12月と一緒にグラフ表示したい場合には、「グラフ種別」を『折線グラフ』、「X軸設定」を『時間軸(月)』に設定します。
講習用テキスト「例題演習によるBEST体験TRY BEST 2009-7.1」のP.2-7-6にある「(9)月積算の棒グラフを描いてみよう」も参考にしてください。

質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/9
No.094
(5)建築操作マニュアルの「時間変動スケジュール」について
 (1)P22〜24の照明〜人体の設定の画面のスケジュール値は、照明を例にとれば・・・時刻毎の稼動率と考えていいのでしょうか。また、午前0時〜翌日午前0時までを指定しているが、なぜそうしなければいけないのか分からないので、解りやすく説明ください。
 (2)P25の「ブラインドの設定」の画面で、9時で70%の使用率という理解でいいのでしょうか。そうだとすれば、18時の 2 と午前0時の 0.7 の意味がが分かりません。解りやすく説明ください。
(3)P20〜P27の画面例で、週間スケジュール名が「週間スケジュール(土日祭)となっていますが、事務所の場合はこの設定とするという理解でいいのでしょうか。また、他の用途の場合はどのように設定すれば良いのでしょうか。解りやすく説明ください。
回答者ID:01、12、07
version1004
2010/11/15
No.094
(1)スケジュール値については、11月1日のご質問(「同様に、P22〜27の図2-11〜2-15の入力画面のスケジュール値の意味が分からないので、教えてください。」)に対する回答の通りです。稼働率と考えることもできると思います。時刻指定については、BEST建築操作マニュアル(「2.1.8.時刻変動スケジュール」内「◆時刻変動スケジュール入力における注意事項」)に説明が有るとおり、P.22〜P.24の「(3)照明」、「(4)機器」、「(5)人体」の設定において「変動タイプ」として『折線状補間』をしているために、0:00と24:00の入力が必要になります。
(2)以前回答でご紹介したBESTのホームページ上の資料(HOME→プログラムの活用→マニュアル→建築→X付録)に、内部発熱スケジュールの設定とそれに対応する変動グラフが記載されておりますので参考にしてください。
BEST建築操作マニュアルP.25の「(6)ブラインド」での平日モードの設定例では、
 09:00 0.7
 18:00 2
 24:00 0.7
となっておりますが、これは、
 0:00〜9:00・・・(ブラインド使用率)0.7
 9:00〜18:00・・・2(=その時のガラス透過日射量によりブラインドの使用率を決定する)
 18:00〜24:00・・・(ブラインド使用率)0.7
という意味になります。境界時間(9:00や18:00)は前の計算時間の設定のままで、その次の計算時間に設定が変わります。『2』の意味は、BEST建築操作マニュアルP.25の説明文および入力画面(図2-14)の真ん中程に書かれている記述のとおり、ガラス透過日射量により状態を決める設定です。これについては、建築操作マニュアル(「2.4.4.窓・昼光」内「ブラインド」の「操作方法」は、・・・)にも説明がありますので、ご覧ください。
(3)BEST建築操作マニュアルP.20〜P.27の画面例における週間スケジュール名として設定している『週間スケジュール(土日祭...』の内容は、同じBEST建築操作マニュアルP.18の図2-8.のようになっています。
建物用途による設定方法については、11月1日のご質問(「(5)図2-9〜2-15の週間スケジュール名を「週間スケジュール(土日祭)」としていますが、P18の図2-8のスケジュール名との関係が全くわかりません。教えてください。」)に対する回答の通りです。同じことを申しますが、事務所の場合はこう、病院はこう、という決まりはありません。通常はデフォルト設定のままで問題ないと考えますが、BESTは使用する人によって異なる種々の設定方法に対応できるようになっておりますので、上記の説明や資料の内容をご理解いただいた上で、最適と思われる設定にしてください。

質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/9
No.093
(1)11/1に回答を頂いた件について、根本的なことを確認しますが・・・
1.【解答】
  (1)講習会テキスト「2-7-4 (7)各ゾーンの装置容量の入力」ついて
  →参照先は「室(北)インテリア2」の装置負荷(S,L)で正しいです。
   数値が違うのはバージョンの違いによるものと考えられます。
   また数値の確認方法は2種類あります。
    1.グラフ化による確認方法
    2.csv出力による確認方法
     通常のインストールであれば「C:\BEST\Files\Files_ObjectInfo\Object001\Result」に
     保存されている「bestBuilU.csv」を開いて確認できます。
     「室(北)インテリア2」の装置負荷(S,L)」であれば、CF、CG列の最大値(冷房)、
     最小値(暖房)を参照します。
    簡単に把握できるのは1だと思いますので、1の方法をおすすめします。

の、2の解説で、「通常のインストールであれば「C:\BEST\Files\Files_ObjectInfo\Object001\Result」に
     保存されている「bestBuilU.csv」を開いて確認できます。」

とあるが、この「BEST」を使用するにあたり、既にセットアップ用のものを他ユーザ(自分と同様にユーザ登録済)がダウンロードしてあり、それを元に、セットアップして「BEST」を使えるようにしたが、その場合には「C:\BEST\Files\Files_ObjectInfo\Object001\Result」は、作成されないということでしょうか。なお、今ダウンロードしている「BEST」のバージョンは、「Professional Edition BEST1004」です。
回答者ID:01、12、07
version1004
2010/11/15
No.093
いつもお問い合わせありがとうございます。最近戴いておりますご質問の内容から推察して、昨年度に開講した講習会テキストが参考になると思い、その一部を抽出してご送付させていただきます。添付資料を11月9日から11日のお問い合わせの一部の回答とさせていただきたく、一度内容をご確認下さいますようお願いいたします。なお、ご送付差し上げる資料は、現在は公開しておりませんので、その点お含みおき下さると幸いです。添付テキストでは不充分と思われるご質問については追って回答させていただきます。ただし、多少回答にお時間頂くことをご了承頂ければ幸いです。

11月16日回答送付(11月9日〜10日のお問い合わせ分)
(1) 11月8日のご質問に対して回答しました通り、以前に、結果のCSVファイルの在所が「C:\BEST\Files\Files_ObjectInfo\Object001\Result」
であるとお答えしましたが、これはBESTの以前のバージョンの場合であり、現在のバージョン(BEST1004)でのCSVファイルの出力先は、
「C:\Documents and Settings\All Users\Documents\BEST\Files_ObjectInfo\Object001\Result」
になります。今後、BEST1004をお使いになられる場合には、結果ファイルの出力先などについての、「C:\BEST\Files\Files_ObjectInfo\Object001\Result」という記述は「C:\Documents and Settings\All Users\Documents\BEST\Files_ObjectInfo\Object001\Result」に置き換えてご利用ください。
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/9
No.092
(4)建築操作マニュアル(P16)の年間スケジュールの設定について
(1)図2-6の画面が意味が、(1)を読んでも理解できませんので、わかりやすく解説をお願いします。

(2)新規のモデルで、仮に事務室(基準階)の場合には、年間スケジュールはどのように設定すれば良いのでしょうか。出力期間を指定する意味が分からないので、その点も含めて教えてください。
回答者ID:01、12、07
version1004
No.092
(1)(2)BEST建築操作マニュアルの「2.1.5.年間スケジュール」の図2-6.に示されている内容は、「年間スケジュール」の一つである「(1)建築計算結果の出力期間」に関するスケジュールのデフォルト設定で、建築計算結果をデータとして出力するか否かを設定するものです。
出力期間を指定しないと計算は行われても、その結果を見ることができません。したがって結果を見たい期間を指定すればよいということになります。
BEST建築操作マニュアル(P16) 図2-6では、冷房期(6月1日〜9月30日)と暖房期(1月1日〜3月31日、12月1日〜12月31日)のみ出力し、それ以外の期間の結果は出力しない設定になっています。
事務所の場合はこう、病院はこう、という決まりはありません。通常はデフォルト設定のままで問題ないと考えますが、BESTは使用する人によって異なる種々の設定方法に対応できるようになっておりますので、上記の説明や資料の内容をご理解いただいた上で、最適と思われる設定にしてください。
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/9
No.091
(2)新規にモデルを作成して、年間熱負荷計算をする場合も、講習会テキストにあるように最大熱負荷計算をする必要があるのでしょうか。その場合には、講習会テキスト「2-1-1(2)」のシミュレーション実行画面の通り設定すれば良いのでしょうか。また、グラフ出力での取得データの期間設定は、どのようにするのか教えてください。

(3)年間熱負荷計算で使用する気象データとして、「拡張アメダス気象データ(日本建築学会)」の標準年気象データを活用したい場合には、DVDを挿入した後に、どのように操作すれば良いのでしょうか。計算の際、その気象データの指定方法のフローを教えてください。また、グラフ出力時の年間取得データの最新年はいつなのでしょうか。
回答者ID:01、12、07
version1004
2010/11/15
No.091
(2)年間負荷計算の際に入力する「冷房容量(顕熱/潜熱)」や「暖房容量(顕熱/潜熱)」(ともに「ゾーン空調条件」で入力)を決定するために、最大熱負荷計算を行うことがありますが、それらを別途設定できるのであれば、必ず最大負荷計算をやらなければならないということはありません。テキストでは、効率よくプログラムの使い方を学べるように、まず最大負荷計算の場合のデータ設定方法を示した後、年間負荷計算の場合に設定方法が異なる個所について説明を付け足しているので、両方の説明を合わせて読めば、年間熱負荷計算から始めることも可能です。グラフ出力での取得データの期間設定は、通常デフォルト設定のままで良いと考えます。設計用データ(拡張アメダス60分値)を使用して最大熱負荷計算を行った場合には、期間設定が自動的に「1/1〜1/5」となりますので、そのまま作業を進めれば、以前にもご説明した暖房2種(t-x基準データ、t-Jh基準データ)、冷房3種(h-t基準データ、Jc-t基準データ、Js-t基準データ)、それぞれの気象データでの負荷計算結果が表示されると思います。また、年間計算を行った場合には、計算を行った期間がそのまま自動的に設定されますので、グラフ化したい範囲が異なる場合には適宜修正すればよいことになります。
(3)拡張アメダスデータの利用方法は、BEST建築操作マニュアル(「2.1.1.気象」内「■気象データ入力欄」参照)や、BESTホームページの「よくあるご質問」の「Q8.10(一般) 任意の地点の拡張アメダス気象データを使うときはどうすればいいのですか?DVDは毎回利用することになるのですか? 」(http://www.ibec.or.jp/best/faq/operate/)に書かれていますので、そちらをご参照ください。
また、標準年気象データを使用した計算結果をグラフ出力する場合、年の指定は自動的に設定される『2006』のままで結構です。標準気象データは製作年により内容の違うものが存在しますが、現在日本建築学会から発行されている「拡張アメダス気象データ 1981-2000」に収録されているものは、1981年から2000年までのデータを基に作成された2000年版になります。2000年といっても実際の2000年のデータと直接関係はなく、また、内部に複数年のデータを収録しているわけでもないので、最新年というものはありません。

質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/8
No.090
1)内壁・外壁・ガラスの構成を設定する場合、複数の仕様を設定する場合には、どうすれば良いのでしょうか。マスター画面で一種類作ったら、追加できないようですが・・・。

2)外壁や窓ガラスの方位設定をする場合は、どの画面で・どのような順序で行えば良いのでしょうか。マニュアルの該当ページにないので教えてください。

3)マスター画面の「内壁」を開くと、隣室(1)〜(4)を設定するようになってるが、注釈の解説が理解できません。空調室との境界壁は(1)〜(4)のどれを使って、非空調室(倉庫や階段室など)は(1)〜(4)のどれを使う というように、分かりやすく解説いただけると助かります。

4)以下に質問について、回答を頂けてないので、宜しくお願いします。

 (1)前に、建築モデルを作成しないと負荷計算はできないということは理解できましたが、

 建築マニュアルの「2.3建築 要素」から読んでも理解できません。
 実際のCAD図がないと作成できないということでしょうか。
 また、CAD図があれば良いのであれば、DXF変換さえれたものであれば、どのようなCADソフトでも可能なのでしょうか。

 (2)CAD図がなくても大丈夫であるならば、「2.3建築 要素」の室グループ・室・ゾーンの定義から対応ができません。
   11/2夜に質問したことと関係するので、方法を教えてください。
   できれば、サンプルモデルである「オフィス8ゾーン(建築単独)最大負荷.zip、年間熱負荷.zip」の新規モデル作成から負荷計算(最大・年間)ができるまでの
  マニュアルに代替してもらえると助かります。

(3)11/1に回答をもらった内容について・・・
「2.csv出力による確認方法
   通常のインストールであれば「C:\BEST\Files\Files_ObjectInfo\Object001\Result」に

  保存されているとあるが、
   そのようなフォルダは見つかりせん。そのため、「オフィス8ゾーン(建築単独)最大負荷.zip」を解凍し、「Result」フォルダに
   保存しましたが、2006.1.1〜1.6迄の出力値しかでないので、判断し兼ねます。
   CF、CG列の最大値(冷房)、最小値(暖房)の値で、−符号の数値(冷房)及び+符号の数値(暖房)を見ると推定しても、
   理解し難いので、教えてください。
回答者ID:12、07
version1004
2010/11/10
No.090
1)ご質問の内容は、「一つのゾーンに複数の内壁(もしくは外壁、ガラスなど)を設定する方法がわからない」ということでよろしいでしょうか。その場合ですと、あるゾーンに内壁を一つ設定した後、同じゾーンを選択したままマスターの内壁をクリックして二つ目の要素の入力を行って[了解]ボタンを押すと、二つ目の内壁要素が対象のゾーンに登録されると思います。なお、内壁要素の名称は一つ目と二つ目で違うものにしておく必要が有ります。
2)外壁や窓ガラスの方位設定は、それぞれの要素の入力項目(建築操作マニュアルP.39の図2-32、P.43の図2-35)の中の「外表面名」で行うことになります。外表面の設定は、「マスター」の「建築」タブ内に表示されている「基本」の中で行います。建築操作マニュアルのP31に説明が有りますので、そちらもご覧ください。
3)隣接ゾーンの温度は、そのゾーンも諸条件を入力して計算していればその結果から分かりますが、そうしますと非空調室を含め建物内の部屋を全部入力しなければならなくなります。そこで非空調室などの室温をある条件に基づいて設定することにより計算の労力を省く工夫が考えられました。その設定のための選択肢が(1)、(2)、(3)になります。(1)では隣接ゾーンの室温を当該ゾーンの室温(注釈では「自室温」と表現されています)と外気温度との間の任意の値(f=0.5とすると中間値になります)、(2)では外気温度に一定の温度を加減した値、(3)では当該ゾーンの室温とある一定の温度との間の任意の値、というように設定するようになっています。例えば、空調室に隣接する廊下の温度を、その空調室の温度と外気温度の中間よりやや空調室よりの温度に設定したい場合などには、(1)を選択し隣室温度差係数f=0.4と設定することになります。この隣室温度差係数fの設定については、先日ご紹介したBESTのホームページ上の資料(HOME→プログラムの活用→マニュアル→建築→X付録)に記載されていますので、そちらも参考にしてください。
隣接ゾーンが(空調室、非空調室に関係無く)計算対象になっているのであれば、隣室タイプは(4)を選択し必要な事項を入力してください。
空調室だからこれ、非空調室の廊下だからこれ、という決まりはありません。BESTは使用する人によって異なる種々の設定方法に対応できるようになっておりますので、上記の説明や資料をご理解いただいた上で、最適と思われる方法を選ぶようにしてください。



4)−(1)建築モデルというのは、図化されたモデルではなく、数々の属性値で表現される数値モデルを意味します。現在BESTにおいては、CAD図から寸法を読み取ったり室名を抽出したりする機能は全く備えておらず、全て使用者が入力するようになっておりますし、建築計算での入力に図の類は一切使用しません。
4)−(2)熱負荷計算のための建物のゾーン分けについての詳しい説明は、本来ここで行う話ではありませんので、別途『設計用最大熱負荷計算法』(空気調和・衛生工学会発行)などの文献でお調べください。
サンプルモデルの「オフィス8ゾーン」では、建築操作マニュアルP.35の「2.3.1.室グループ・室・ゾーンの定義」での説明に従い以下のようにモデル化を行っています。
・「室グループ」(相互に熱的影響のある室は必ず同一室グループに属する必要がある)→コアを挟んで北側全体と南側全体をそれぞれ『室グループ(北)』、『室グループ(南)』と名付けられた室グループとしています。
・「室」(閉空間あるいは閉空間に近い空間)→『室グループ(北)』、『室グループ(南)』の中はどちらも仕切りの無い一つの空間になっておりますので、それぞれ『室(北)』、『室(南)』と名付けられた室としています。この「オフィス8ゾーン」では「室グループ」の中に閉じた空間(いわゆる部屋)が一つしかありませんが、もしこの中が壁で仕切られた2つの部屋になっていれば、「室グループ」の下に「室」が二つ属すようになります。
「ゾーン」(室の内部を水平方向に分割した空間)→『室(北)』、『室(南)』の中は実在の壁で仕切られておりませんが、それぞれを熱負荷の発生状況の違いにより仮想の境界で4分割し、分割されたものを『ゾーン(インテリア1)』などと名付けられた「ゾーン」としています。
「サンプルモデルである「オフィス8ゾーン」の新規モデル作成から負荷計算ができるまでのマニュアル」を御所望ですが、現在ございません。10月26日のご質問への回答にありますように、昨年度開催された講習会にて、簡易な一室モデルの入力から計算までと、オフィスモデルにおける入力から計算までを行った時のテキストをコンソーシアムメンバー向けに公表する準備をしておりますので、いましばらくお待ちください。



4)−(3)以前に、結果のCSVファイルの在所が「C:\BEST\Files\Files_ObjectInfo\Object001\Result」であるとお答えしましたが、これはBESTの以前のバージョンの場合でした。申し訳ございません。
現在のバージョン(BEST1004)でのCSVファイルの出力先は、「C:\Documents and Settings\All Users\Documents\BEST\Files_ObjectInfo\Object001\Result」になりますので、こちらをご確認下さい。また、「「オフィス8ゾーン(建築単独)最大負荷.zip」を解凍し、(中略)保存しましたが、2006.1.1〜1.6迄の出力値しかでない」とのことですが、これは9月24日のご質問への回答にありますように、実際の日付ではなく、順に、暖房2種(t-x基準データ、t-Jh基準データ)、冷房3種(h-t基準データ、Jc-t基準データ、Js-t基準データ)、それぞれの気象データでの負荷計算結果となっております。建築操作マニュアルP.72の「3.10.1.拡張アメダス用設計用気象データの概要」に説明が有りますので、それぞれの気象データの特性をご理解いただいた上で、+符号数値の最大値が冷房、−符号数値の最小値が暖房の最大負荷の値となりますので、各ゾーンの最大装置負荷を求めてください。

質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/8
No.089
5)外気負荷の設定は、どのようにすれば良いのでしょうか。

6)隙間風の設定ですが、基準階の事務室の場合には、デフォルト値のままで良いのでしょうか。
 
7)年間熱負荷計算、最大熱負荷計算を計算する場合は、ゾーン空調条件の冷房・暖房容量をどのように設定すれば良いのでしょうか。

分かり易く解説の方をお願い致します。
回答者ID:07
version1004
2010/11/10
No.089
5)「マスター」の「建築」タブ内に表示されている「要素」の中の「ゾーン空調条件」の入力項目の中に「外気取入量」の設定欄がありますので、ここに入力してください。ここで設定された一定の風量が空調時間帯の計算に考慮されます。
6)特に要求の無い場合にはデフォルト値をお使いいただくことで問題ないと考えます。
7)最大熱負荷計算の場合は、建築操作マニュアルの「2.4.1.1.ゾーン空調条件」(P.49)の説明にあります通り、冷暖房容量の欄の入力は不要です。また、年間熱負荷計算の場合は、10月28日のご質問(講習会「例題演習によるBEST体験」テキストの「2.7 年間負荷計算を実行してみよう」の「(7)各ゾーンの装置容量を入力する」に関するもの)への回答にありますように、最大負荷計算で得られた装置負荷の値を入力してく
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/5
No.088
★2010/11/2のお問い合わせの回答後の追加お問い合わせ

基準階フォルダの作成方法は分かりました。有難うございました。次の質疑です。

(1)室毎に外壁等を設定するときに、マスター画面とワークスペース画面に両方に入力画面がありますが、入力の順序が分かりません。簡単な入力例でかまいませんので、手順も含めて教えてください。

(2)庇の入力方法で、カーテンWL部にサイドフィンが連続して設けられているものは、1ブロック分だけを入力すればいいのでしょうか。つまり、サイドフィンの出が0.3mで、窓ガラス1.5mピッチで設けてある場合は、その1ブロック分のみを入力するということですが。また、水平庇やボックス庇の場合はどのように入力するのでしょうか。
回答者ID:07
version1004
2010/11/8
No.088
(1)ゾーンに外壁を設定する手順については、建築操作マニュアルの「2.4.ゾーン要素」(P.38)を参照してください。説明を補足しますと、「マスター」の「建築」タブ内に表示されている「要素」(外壁など)の項目を選択・編集する前に、右側の「ワークスペース」内でその「要素」を割り当てる「ゾーン」を選択しておく必要が有りますのでご注意ください。なお、「ワークスペース」の「一括仕様設定」の配下に表示されている「外壁条件」は、「ゾーン」に直接設定するためのものではありません。「一括仕様設定」については建築操作マニュアルの「2.5.一括仕様設定」(P.50,51)に説明がありますので、よく理解した上でご利用ください。

(2)庇など外部日除けの入力については、建築操作マニュアルの「2.2.4.外部日除け」(P.30)を参照してください。ご質問の例ですと、フィンの出寸法とフィンの設置間隔が一定であれば、窓の面積に対する直接日射の当たる部分の面積の比率は一定であると考えられますので、1ブロック分を入力すればよいことになります。水平庇やボックス庇の場合は、入力画面中に示された図を参照して適切な箇所に必要な寸法を入力するようにしてください。水平庇の場合は、庇の出寸法をZ1、庇と窓の上端との距離をY1、窓の高さをY2、窓の下端から下の水平庇までの距離をY3、それぞれに入力することになります。ボックス庇の場合は、水平庇での入力に袖壁、窓幅、袖庇の寸法の入力が加わります。
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/5
No.087
★2010/11/2のお問い合わせの回答後の追加お問い合わせ

基準階フォルダの作成方法は分かりました。有難うございました。次の質疑です。

(1)室毎に外壁等を設定するときに、マスター画面とワークスペース画面に両方に入力画面がありますが、入力の順序が分かりません。簡単な入力例でかまいませんので、手順も含めて教えてください。

(2)庇の入力方法で、カーテンWL部にサイドフィンが連続して設けられているものは、1ブロック分だけを入力すればいいのでしょうか。つまり、サイドフィンの出が0.3mで、窓ガラス1.5mピッチで設けてある場合は、その1ブロック分のみを入力するということですが。また、水平庇やボックス庇の場合はどのように入力するのでしょうか。
回答者ID:07
version1004
2010/11/8
No.087
(1)ゾーンに外壁を設定する手順については、建築操作マニュアルの「2.4.ゾーン要素」(P.38)を参照してください。説明を補足しますと、「マスター」の「建築」タブ内に表示されている「要素」(外壁など)の項目を選択・編集する前に、右側の「ワークスペース」内でその「要素」を割り当てる「ゾーン」を選択しておく必要が有りますのでご注意ください。なお、「ワークスペース」の「一括仕様設定」の配下に表示されている「外壁条件」は、「ゾーン」に直接設定するためのものではありません。「一括仕様設定」については建築操作マニュアルの「2.5.一括仕様設定」(P.50,51)に説明がありますので、よく理解した上でご利用ください。

(2)庇など外部日除けの入力については、建築操作マニュアルの「2.2.4.外部日除け」(P.30)を参照してください。ご質問の例ですと、フィンの出寸法とフィンの設置間隔が一定であれば、窓の面積に対する直接日射の当たる部分の面積の比率は一定であると考えられますので、1ブロック分を入力すればよいことになります。水平庇やボックス庇の場合は、入力画面中に示された図を参照して適切な箇所に必要な寸法を入力するようにしてください。水平庇の場合は、庇の出寸法をZ1、庇と窓の上端との距離をY1、窓の高さをY2、窓の下端から下の水平庇までの距離をY3、それぞれに入力することになります。ボックス庇の場合は、水平庇での入力に袖壁、窓幅、袖庇の寸法の入力が加わります。
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/2
No.086
★2010/10/28お問い合わせの回答後の追加お問い合わせ

基準階フォルダの作成方法で、「建築データの作成」を右クリックしても、何も反応しないが、 どうしてなのでしょうか。
回答者ID:11
version1004
2010/11/3
No.086
画面右側のワークスペース内にある、「建築データの設定」欄を選択し、紺色になっていることをお確かめの上、右クリックをもう一度行ってみてください。「追加」という項目が表示されますので、「追加」を選択します。表示された画面のフォルダ名称の欄に「基準階」と入力→「了解」ボタンをクリックすると、基準階というフォルダが作成されます。
質問者ID:FAQ−028
version1004
2010/11/2
No.085
★2010・10・26お問い合わせの回答後の追加問い合わせ

先日回答を頂きまして、修正してみましたが、シミュレーションを実行すると、まだエラーが出てしまいます。
お忙しい中、大変恐縮ですが、現在作成中のデータを送付させて頂きますので、設定に不具合があるところを御指摘頂けないでしょうか。

BESTを初めて使用しておりまして、マニュアルを御社のHPからダウンロードし、その通りに設定したつもりです。お手数をお掛け致しますが、御指摘頂ければ大変助かります。
申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。
回答者ID:02
version1004
2010/11/5
No.085
入力データを確認しましたところ、「共用部」という室のフォルダーが空になっていたことが原因でした。「共用部」のフォルダーを削除して頂ければ、異常終了せず、最後まで計算実行できます。
質問者ID:FAQ−028
version1004
2010/11/2
No.084
★2010・10・26お問い合わせの回答後の追加問い合わせ

先日回答を頂きまして、修正してみましたが、シミュレーションを実行すると、まだエラーが出てしまいます。
お忙しい中、大変恐縮ですが、現在作成中のデータを送付させて頂きますので、設定に不具合があるところを御指摘頂けないでしょうか。

BESTを初めて使用しておりまして、マニュアルを御社のHPからダウンロードし、その通りに設定したつもりです。お手数をお掛け致しますが、御指摘頂ければ大変助かります。
申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。
回答者ID:02、07
version1004
2010/11/5
No.084
入力データを確認しましたところ、「共用部」という室のフォルダーが空になっていたことが原因でした。
「共用部」のフォルダーを削除して頂ければ、異常終了せず、最後まで計算実行で
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/2
No.083
★2010/10/28お問い合わせの回答後の追加お問い合わせ

基準階フォルダの作成方法で、「建築データの作成」を右クリックしても、何も反応しないが、 どうしてなのでしょうか。
回答者ID:11
version1004
2010/11/3
No.083
画面右側のワークスペース内にある、「建築データの設定」欄を選択し、紺色になっていることをお確かめの上、右クリックをもう一度行ってみてください。「追加」という項目が表示されますので、「追加」を選択します。表示された画面のフォルダ名称の欄に「基準階」と入力→「了解」ボタンをクリックすると、基準階というフォルダが作成さ
質問者ID:FAQ−025
version1004
2010/11/2
No.082
★2010/10/18お問い合わせの回答後の追加お問い合わせ

先日大学院生の岡から問い合わせをした内容で回答頂いた通りに計算順序や排熱回収の入力を行いシミュレーションを行いましたが結果には変化がありませんでした。

結果のデータを基に検討してみたところ、排熱投入型吸収冷温水器と冷却塔の間で温度変化がないことや、排熱の出入口の温度が同じことなどから、排熱投入型吸収冷温水器がシステム内で機能していないのではと考えました。ここが機能していれば室温が高くなりすぎることもなくなるのではと思います。

そこで排熱投入型吸収冷温水器周りや排熱利用のテンプレートの使い方、接続などで足りないことや間違っていることなどがあるのかどうか見て頂きたいです。

現在のデータファイルを添付します。
回答者ID:13
version1004
2010/11/5
No.082
■お問い合わせに回答する前に、数点お願いがございます。
(1)お送りいただいたデータで計算したところ、蓄熱槽の計算部分で、「NAN」という計算できないことを表示する出力がありました。これはありましたでしょうか。計算結果の精査に入る前に、すべての項目が計算できていることをご確認していただきますよう、お願いいたします。
上記のNANで計算できていない原因は、水蓄熱槽の入力にありました。バッファ槽を0m3で入力すると、計算できないことになっていますので、上部接続バッファ槽と下部接続バッファ槽をそれぞれ1m3と仮に入力して計算すると、NANはなくなります。詳細については、蓄熱に関するマニュアルをご覧下さい。
(2)計算順序が複数ありますので、どれを使っているのか、明示してくださいますよう、お願いします。
■さて、左記のご質問の回答に移りますが、冷温水発生機のスケジュールモジュールにて、チェック項目が入っていなかったのが原因です。
追伸:今後仮に質問をいただく場合は、計算結果例も添付していただきますよう、宜しくお願いいたします。
質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/1
No.080
(1)建築操作マニュアルのP20,21の図2-9の入力画面で、スケジュール値の設定値の意味が分からないので、教えてください。また、事務所の場合で、空調時間帯が8時〜20時で、21時〜翌朝8時までは空調しないとする場合は、どのように空調すれば良いのでしょうか。
(2)P21のインプリシット法とエクスプリシット法とは、どういう意味でしょうか。分かり易く説明ください。
(3)P21の図2-10のスケジュール値の設定値の意味が分からないので教えてください。
(4)同様に、P22〜27の図2-11〜2-15の入力画面のスケジュール値の意味が分からないので、教えてください。
(5)図2-9〜2-15の週間スケジュール名を「週間スケジュール(土日祭)」としていますが、P18の図2-8のスケジュール名との関係が全くわかりません。教えてください。
回答者ID:02、11、07
version1004
2010/11/5
No.080
建築操作マニュアル(2010年7月版)に掲載された入力画面の図は、基本的に、デフォルト値が入力されたマスター画面が示されています。P.26に記述されておりますように、平日の空調時間帯8:00〜22:00がデフォルト条件です。

(1)計算時間間隔については、P.20の説明にあるとおり、非空調時は1時間間隔、空調時は5分間隔で計算することになっています。
ただし空調開始時や終了時には、外乱や空調供給に対する室温応答を詳細に把握するために計算時間間隔を細かくとることが有効です(P.64の説明をご参照ください)ので、空調時間外になってしまう22時から30分間は、5分間隔で計算するようにします。さらに、P.20の説明に「正時は必ず計算するように時間間隔スケジュールを設定する」とありますので、22時30分から23時までは30分間隔で計算するようにしています。以上の内容をスケジュール値に変換したものが、 08:00 60、 22:30  5、 23:00 30、 24:00 60  となります。
ご要望の「空調時間帯が8時〜20時で、21時〜翌朝8時までは空調しないとする場合」では、20時〜21時の間を空調時間とみなしますと、上の例にならって下記のような設定になります。
  08:00 60、 20:30  5、 21:00 30、 24:00 60
(2)インプリシット法とエクスプリシット法については建築操作マニュアルのP64,65に説明が有りますので、そちらをご覧になってください。
(3)解法設定については、P.21の説明にあるとおり、非空調時はインプリシット法でスケジュール値は「0」、空調時はエクスプリシット法でスケジュール値は「1」と入力することになっております。したがいまして、空調時間帯が8:00〜22:00ですと、図2-10にあるとおり、下記のような設定になります。  08:00 0、 22:00 1、 24:00 0
ご要望の「空調時間帯が8時〜20時で、21時〜翌朝8時までは空調しないとする場合」では、20時〜21時の間を空調時間とみなしますと、下記のような設定になります。  08:00 0、 21:00 1、 24:00 0

(4)照明(P.22)、機器(P.23)、人体(P.24)については、1日の中での発熱量の変動を設定することが出来ます。それぞれ、「2.4.6.照明・調光」(P.45)、「2.4.8.人体」(P.47)、「2.4.7.機器」(P.46)で設定した発熱量を100%として、それに対する比率でスケジュールを設定するようになっています。事務所での設定例を記載した資料がBESTのホームページからダウンロードできるようになっておりますので、そちらも参考になさってください(HOME→プログラムの活用→マニュアル→建築→X付録)。ブラインド(P.25)、空調(P.26)、外気導入(P.27)については、1日の中での動作、運転状態の変動を設定することが出来ます。それぞれの設定値についてはマニュアルの説明文や図に示したダイアログボックス内の説明に書かれてありますので、よくお読みになってください。
(5)図2-8には、週間スケジュールにスケジュール名が入力されていない状態が示されておりますが、このままダイアログボックス下部の「了解」ボタンを押すと、「(スケジュール名は)必須入力です。」と警告されてしまいますので、必ずスケジュール名を入力するようにしてください。この週間スケジュールでの設定内容は、各曜日や祭日、特別休日(「2.1.3.特別休日」(P.14)で設定します)において、「平日モード」、「休日モード」、「その他モード」のいずれを選択するかを設定します。「平日モード」、「休日モード」、「その他モード」が何かというと、前出の各種時間変動スケジュール(P.19〜P.27)のダイアログボックス下部に並んでいる「平日モード」、「休日モード」、「その他モード」で、同じダイアログボックス内で指定する「週間スケジュール名」と組みになっているわけです。通常、事務所ビルでは休日や祭日は在室者も無く非空調の状態であることが多いですが、物販などでは稼働日として空調することもありますから、週間スケジュールの方で日曜日や祭日を「平日モード」に設定したり、もしくは、日曜日、祭日は「休日モード」のままで、時間変動スケジュールの方の「休日モード」の内容を「平日モード」と同じ設定にして対応することが出来るわけです。


スケジュール設定は、いくつもの階層(年、季節(期間)、週、時間)や種類(空調時間、発熱量、状態設定)が絡み合って理解しにくいかも知れませんが、マニュアルP.15の説明を参考にしながら、シミュレーションを行う期間の中の各時間に建物の中の状態がどのように設定されているか思いめぐらせながら把握するようにしてください。

質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/11/1
No.079
★2010/10/28お問い合わせの回答後の追加お問い合わせ

本日、送付してもらった回答で、
・2.csv出力による確認方法
  通常のインストールであれば「C:\BEST\Files\Files_ObjectInfo\Object001\Result」に保存されているとあるが、そのフォルダは見つかりせん。そのため、「オフィス8ゾーン(建築単独)最大負荷.zip」を回答し、「Result」フォルダに保存しましたが、2006.1.1〜1.6迄の出力値しかでないので、判断し兼ねます。
CF、CG列の最大値(冷房)、最小値(暖房)の値で、−符号の数値(冷房)及び+符号の数値(暖房)を見ると推定しても、解せないので、教えてください
回答者ID:12
version1004
No.079
2010/11/8再お問い合わせにて回答

質問者ID:FAQ−030
version1004
2010/10/29
No.078
建築操作マニュアルのP16,17の年間スケジュール、季節スケジュールの設定について

(1)「建築計算結果の出力期間」で、文章の内容と図2-6の画面を見比べてみましたが、 日付とon-offの理解ができません。どう解釈すれば良いのか分からないので教えてください。

(2)「季節係数の期間変動」は、年間負荷計算の場合には、記入欄がないので不要と理解して良いか。最大負荷計算で利用するとあるが、1.2 や 0.5 と入力する意味は、夏期の照明・機器負荷の余裕率として 1.2、冬期の照明・機器負荷の低減率 0.5 ということでしょ
回答者ID:12
version1004
2010/11/1
No.078
建築操作マニュアルのP16,17の年間スケジュール、季節スケジュールの設定について

(1)(on-off)使い分けは、出力しないでもよい期間がある場合に「off」を入力し、出力したい期間がある場合は「on」とします。基本的には下記のような設定をし、全期間出力で問題ないと思います。
(日付)マニュアル上の「3/31 on」とは1/1〜3/31までの期間の計算結果を出力するという意味です。必ず1/1〜スタートし、期間を指定します。
(2)ご質問のとおり、季節係数は主に最大負荷計算の場合に使用し、夏期は余裕率、冬期は低減率とお考え下さい。年間負荷計算の場合は設定せずに計算できます。
質問者ID:FAQ−026
version1004
2010/10/28
No.077
(1)講習会テキスト「2-7-4 (7)各ゾーンの装置容量の入力」ついて
※の「最大負荷計算結果である装置負荷(多分、装置負荷であろう)を入力している」とあるが、テキストの「室(北)インテリア2」の装置負荷(S,L)をグラフ化(元データは、オフィス8ゾーン(建築単独)最大負荷.zipによる)したが、テキストに明示されている、顕熱・潜熱容量の数値ではありません。どの数値を参照しているのか教えてください。もし、CSVからの確認が早ければ、その確認方法を教えてください。(全ゾーン共通)

(2)新規に建築モデルを作成した場合でも、「2.1 最大負荷計算」の実行後、装置負荷(S,L)の結果を見て、その数値をそのまま使用すると理解して良いですか。

(3)共通操作マニュアルのP30「ゾーン準備と設定」の画面イメージで、ワークスペース側に「基準階フォルダ」がありますが、新規に建築モデルを作成する場合にはありません。基準階というフォルダが作成されるための必要な作業を教えてください。PS:建築操作マニュアルのP35以降を読んでも載っていません。

(4)建築操作マニュアルのP19より各種スケジュールの設定方法がありますが、建物の主用途(例:事務所・店舗・ホテル)の参考データ用意されているのでしょうか。それとも、用途毎の新規に入力するという理解で良いでしょ
回答者ID:12
version1004
2010/11/1
No.077
(1)講習会テキスト「2-7-4 (7)各ゾーンの装置容量の入力」ついて
→参照先は「室(北)インテリア2」の装置負荷(S,L)で正しいです。数値が違うのはバージョンの違いによるものと考えられます。
また数値の確認方法は2種類あります。
(1)グラフ化による確認方法
ご承知かと思いますが、グラフ化した図の最大・最小値付近にカーソルを合わせると数値が確認できます。
(2)csv出力による確認方法
通常のインストールであれば「C:\BEST\Files\Files_ObjectInfo\Object001\Result」に保存されている「bestBuilU.csv」を開いて確認できます。
「室(北)インテリア2」の装置負荷(S,L)」であれば、CF、CG列の最大値(冷房)、最小値(暖房)を参照します。
簡単に把握できるのは(1)だと思いますので、(1)の方法をおすすめします。
(2)新規モデル作成時の空調条件入力について
→ご質問のとおり、年間負荷計算をする場合は、最大負荷計算で得られた「装置負荷(S,L)」の結果を使用して下さい。
(3)ワークスペース「基準階フォルダ」作成方法について
→「建築データの設定」を右クリック→追加を選択→フォルダ名称(基準階、など)を入力すれば、フォルダが作成されます。
(4)建物の用途別スケジュールについて
→現在、初期設定で用意されているのは、事務所を想定したスケジュールのみです。その他の用途については、各ユーザーによる設定となります。
質問者ID:FAQ−028
version1004
2010/10/26
No.076
先日、質問させて頂いたものに対し、下記の回答を頂いたのですが、追加で質疑させて頂けないでしょうか。

(共通建築)のレポートファイルで添付1のように記載がございましたので、添付2のように修正しましたが、シミュレーションを実行すると、同じエラーメッセージが出てしまい、(共通建築)レポートファイルも同じエラーメッセージとなっていました。修正する箇所が異なるのでしょうか。お分かりになるようでしたら、具体的に修正箇所を教えて頂けないでしょうか。

お手数ですが、よろしくお願い致します。
回答者ID:02
version1004
2010/10/28
No.076
空調運転モード年間スケジュール名欄の指定が不適切になっています。
次の手順でデータを作成して、空調運転モード年間スケジュール名を設定して下さい。

サンプルデータとしてShareStageにアップしてあります「オフィス8ゾーン(建築単独)年間計算.zip」を添付いたしました。ご参考にして下さい。
(1)建築データの設定−基本−非連成計算空調運転モード
 期間別に空調運転モードを設定する
(2)共通データの設定−年間スケジュール
 空調運転モードの年間スケジュールを設定する
(3)建築データの設定−要素−ゾーン空調条件
 空調運転モード年間スケジュール名欄に該当する空調運転モードの年間スケジュール名を選択する。
質問者ID:FAQ−029
version1004
2010/10/26
No.075
御連絡ありがとうございます。
御教授頂いた内容を行ったところ、建築の結果(bestBuilH.csv、bestBuilM.csv、bestBuilU.csv)は算出されましたが、設備の結果(best_result_U.csv等)が算出されませんでした。

共通タブ>計算範囲の「設備計算」は「する」になっており、建築タブ>基本>計算時間間隔>建築計算時間間隔スケジュールも連成用のものに設定しております。
回答者ID:06
version1004
2010/10/28
No.075
モジュールの記録の指定、記録ノードrecOutの接続状況をご確認ください。
マニュアル「D 空調(パッケージ)」のP.29を参照してください。
質問者ID:FAQ−026
version1004
2010/10/26
No.074
2通目
(1)P28〜34で、最初にマスター画面のところで作業しないと、ワークスペースの方には反映されないので、その順序で宜しいのでしょうか。
(2)建築操作マニュアル(P.36)の「2.3.2.室グループ・室・ゾーンの設定」で、ワークスペースの「ゾーン設定」を押しても、何も反応しないのですが、 まず、マスター画面で要素設定をすることが前提なのでしょうか。
(3)要素設定で、まず外壁設定をしようとしたところ、登録をクリックすると「ゾーンを選択してください」とメッセージがでます。室やゾーンの設定ができないと進めません。上記質問(2)にもからんできますが、どうしたらよいのでしょうか。

3通目
(4)講習会テキストの「2-7-4 (7)各ゾーンの装置容量」が各ゾーン毎に異なることは理解できましたが、その数値を使って年間熱負荷計算をする場合、「2.7(変更).Zip」ではエラーになる。
計算するには、「オフィス8ゾーン(建築単独)年間計算.zip」の各ゾーンの装置負荷に記入すれば良いと解釈して良いですか。
(5)外気温度・水平面全日射量は、年間熱負荷計算の場合も最大負荷計算と同様に、暖房用2種・冷房用3種で グラフ化されるのでしょうか。
(6)CSV出力する場合には、どうすれば良いのでしょうか。
回答者ID:12
version1004
2010/10/28
No.074
2通目
(1)作業順序について
ご質問のとおり、まずマスター画面で設定を行い、ワークスペースに反映します。その後はワークススペースの編集が可能となります。
(2).室グループ・室・ゾーンの設定について
ワークスペース内の「基準階」という名のフォルダを右クリック→「追加」を選択することで、「室グループ」、「室」、「ゾーン」を順番に追加することができます。
(3)要素設定について
まずは.室グループ・室・ゾーンの設定を設定し、その後、外壁等の要素を登録下さい。

3通目
(4)装置負荷について
「2.7(変更).zip」で計算エラーになるのはバージョンの違いが影響していると思われます。「オフィス8ゾーン(建築単独)年間計算.zip」の各ゾーンの装置負荷を記入して頂いて構いません。
(5)外気温度・水平面全日射量のグラフについて
年間熱負荷計算の場合は、設定された計算期間内の結果が時系列でグラフ化されます。
(6)CSV出力について
建築関連の結果は計算が完了した後、自動的にCSV出力が行われます。
初期設定どおりインストールされていれば、「C:\BEST\Files\Files_ObjectInfo\Object001\Result」内にcsvファイルが出力されていると思います。
年間計算をした場合、csvファイルは3種類あり、bestBuilH.csv(1時間間隔の計算結果)、bestBuilM.csv(1ヶ月間隔の計算結果)、bestBuilU.csv(ユーザー設定の時間間隔の計算結果)が出力されます。
質問者ID:FAQ−026
version1004
2010/10/26
No.073
(1)建築操作マニュアルのP28の「計算時間間隔」の画面イメージが、実際のプログラム上で新規モデルをファイル作成したときに、空白のままです。作業行程上不備があれば、教えてください。私の理解では、マスター側の方で設定可能と考えて対応してみたのですが、変わりません。

(2)IBECでは、建築モデルを新規に作成して、最大負荷計算や年間負荷計算する演習講習はやっていないのでしょうか。あると有り難いのですが・・・・。
回答者ID:01、12
version1004
2010/10/28
No.073
(1)「計算時間間隔」の設定について
計算時間間隔を設定するには、ワークスペース内の共通で「建築計算時間間隔スケジュール」と「解法設定用空調スケジュール」を事前に設定する必要があります。
設定後、ワークスペース内の建築で「計算時間間隔」を開くと建築計算時間間隔スケジュール名、解法設定用空調スケジュール名、それぞれで選択が可能となります。


(2)ご質問の内容の建物モデルを作成して、最大負荷、年間負荷を計算させる演習は、昨年度に講習会を開催しました。その時は現場小屋のような簡易な一室モデルの入力から計算までと、オフィスモデルにおける入力から計算までを行いました。今計画しているのは、その時のテキストをコンソーシアムメンバー向けに公表することであり、そのためのテキストの部分修正を行っています。また、講習については、このような要求が多いようであれば再び開催することも考えていきたいと思います。
質問者ID:FAQ−018
version1004
2010/10/25
No.072
FCUの風量設定について質問があります。
BESTプログラムでは常に定格風量が流れるようになっているようですが、これを例えば定格の75%や50%の風量が流れるように設定できるのでしょうか?
もし可能であれば、その設定方法をご教示頂ければ非常に助かります。
回答者ID:06
version1004
2010/10/26
No.072
現在のFCUは定格風量のみです。風量の変更はできません。

質問者ID:FAQ−029
version1004
2010/10/25
No.071
BESTに関して先日のものとは別件で質問があり、再度御連絡させて頂きました。

BEST上で、ビルマルを再現しようとしましたが、先日と同じく、エラーメッセージが出て計算されませんでした。レポートには以下のような記載がありました。

BEST EXCEPTION LOG −−−−−−−−−−2010/10/25@17:36:39
【EXCEPTION】#java.lang.IndexOutOfBoundsException
@java.util.ArrayList.RangeCheck(Unknown Source)
@java.util.ArrayList.get(Unknown Source)
@jp.or.ibec.best.domain.building.schedule.DailySchedule2.getCurrentValue(DailySchedule2.java:93)
@jp.or.ibec.best.domain.building.schedule.DailySchedule2.getScheduleVal(DailySchedule2.java:86)
@jp.or.ibec.best.domain.building.schedule.DailyAnnualSchedule.getSchedule(DailyAnnualSchedule.java:177)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.DailyScheduleManager.getSchedule(DailyScheduleManager.java:221)
@jp.or.ibec.best.domain.building.schedule.BuilTimeStep.getForwardTimeStep(BuilTimeStep.java:179)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.BuilTimeManager.setDateTime(BuilTimeManager.java:171)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.air.SystemWeatherModule20080909.weatherUpdate(SystemWeatherModule20080909.java:340)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.air.SystemWeatherModule20080909.outputs(SystemWeatherModule20080909.java:203)
@jp.or.ibec.best.essentials.refference.GenericDomainController.trace(GenericDomainController.java:44)
@jp.or.ibec.best.essentials.refference.GenericDomainController.execute(GenericDomainController.java:25)
@jp.or.ibec.best.dk.test.control.GenericDomainEngine.iterate(GenericDomainEngine.java:94)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.relatedBuilding(BestEngineThread.java:227)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.run(BestEngineThread.java:89)
−−−−−−−−−−BEST EXCEPTION LOGOn Fri, 22 Oct 2010 17:04:23 +0900

お手数ですが、解決策を御教授頂けますでしょうか。
先週金曜に質問させて頂いた件と合わせて、御連絡、よろしくお願い致します。
回答者ID:06
version1004
2010/10/26
No.071
スケジュールでエラーが起こっているようです。時刻変動スケジュールをチェックしてください。
原因として次のことが予想されます。
階段状補間の場合は必ず24:00の情報が必要です。
スケジュールの最後が24:00で終わっていることを確認して下さい。
質問者ID:FAQ−026
version1004
2010/10/25
No.070
先日、表に回答をまとめてくださった中で、建物モデルがないと負荷計算できないとの回答をもらいましたが、以下の点について教えてください。


(1)AUTOCADで作成した平面図を読み込むことはできるのでしょうか。あるいは、どのようなCADソフトで作成したものであれば、BESTで読み込めるのでしょうか。
(2)建物モデルの入力方法は、どのマニュアルの何処を読めばよいのでしょうか。
回答者ID:12
version1004
2010/10/26
No.070
(1)AUTOCAD図面の読み込みについて
申し訳ありませんが、現在はAUTOCAD図面を読み込む機能は付いておりません。
(2)建物モデル入力方法のマニュアル
コンソーシアムメンバー向けサイトからダウンロード可能な「C_030_BEST-P 建築操作マニュアル.pdf」に入力方法が詳しく記載されております。
(URL:http://www.the-best-program.sharestage.com/UA001)
IDとパスワードを入力し、ログイン後、BEST専門版内の「マニュアル」を開くと上記マニュアルデータがアップされています。
質問者ID:FAQ−029
version1004
2010/10/22
No.069
★2010/10/21お問い合わせの回答後の追加お問い合わせ

早速の御回答、ありがとうございます。

御参照頂いたマニュアルを拝読し、
・「室グループ/室/ゾーン」の欄の内容確認
・建築計算の指定のところで連成計算用に指定しなおしているか確認
・使用していないゾーンの削除
を行いましたところ、計算はされるようになり、計算中にグラフが表示されるようになりました。

しかし、結果グラフ出力を行いますと、「ERROR 該当するCSVファイルがありません」と表示されてしまい、計算結果をみることができません。
お忙しいところ、お手数おかけしますが、再度御教授いただけますでしょうか。
回答者ID:06
version1004
2010/10/26
No.069
計算中に表示しているグラフの数が多い場合、一つのグラフの中の同時表示ステップ数が大きい場合メモリ不足で計算が途中で止まる場合があります。この場合の対策は、計算中に表示しているグラフの数やステップ数を減らすことで解消する場合があります。
質問者ID:FAQ−028
version1004
2010/10/22
No.068
BESTに関しまして、質問をさせて頂ければと思います。

BESTによるシミュレーションのため、共通・建築シートを入力しました。設備を入力する前に、建築単独計算をかけるこ とが推奨されてましたので、建築単独計算をかけるために、シミュレーションを実行したのですが、添付(ole0.bmp)のエラーが出てしまいました。
Reportファイルを見ても、どこがエラーなのかわかりません。入力内容のチェック、もしくはエラーを探す・・ J方法等、御教示頂けるのでしょうか。
お手数ですが、ご回答お願い致します。参考として、reportファイルを添付させて頂きます。
回答者ID:02
version1004
2010/10/25
No.068
BESTをご利用頂き、ありがとうございます。
壁体類の入力に原因するエラーです。
レポートファイルがもう1つ出力されておりますので、以下のファイルの内容をご確認下さい。
C:\Users\Public\BEST\Files_ObjectInfo\Object001\Result\report(共通建築).log
質問者ID:FAQ−026
version1004
2010/10/22
No.067
エクセル表に纏めていただき有難うございます。その内、いくつか質問です。

(1)時刻表記について、「2Dグラフの設定」で、時間軸(分)を選択しても、X軸は時刻表記となりません。 何故でしょうか。
(2)「2.7.Zip(変更後)」は、どこからダウンロードすれば良いのでしょうか。

2通目
(3)講習会テキスト「2-7-4 各ゾーンの装置容量の入力」で、「※ここでは、最大負荷計算の結果である装置負荷を使用」とあるが、「オフィス8ゾーン(建築単独)最大負荷.zip」を使用して、最大負荷計算をしたあとに、装置容量の入力画面を開いたが、容量の数値が「0」となっている。どうしてでしょうか。
回答者ID:12
version1004
2010/10/26
No.067
(1)時刻表記について
画面にて時刻軸表記が可能となります。ご自身の入力データの差異を確認頂ければ幸いです。不明な場合、再度ご連絡下さい。
(2)「2.7.Zip(変更後)」のデータについて
2009年8月に開催された「例題演習によるBEST体験」という講習会にて配布されたデータとなります。
テキストをお持ちであれば講習会に参加された方と思われますので、配布データご確認下さい。
もし、配布時のデータを自身のPCに保存し忘れたなどの場合は、ご連絡頂ければデータ再配布させていただきます。
(3)装置容量の入力画面について
最大負荷計算をしただけでは、装置容量の入力画面上は「0」のままです。最大負荷計算結果の値を出力ファイル、グラフから確認し、
自身で装置負荷の値を入力する必要があります。
質問者ID:FAQ−029
version1004
2010/10/21
No.066
ご使用のOS = Windows Vista
ご使用のOSバージョン = Service Pack1
使用OS =
Javaのバージョン = Version 6 Update21
BESTのバージョン = Professional Edition BEST 1004

建築 = 有
空調 = 有
衛生 = 無
電気 = 無
コージェネレーションシステム = 無
蓄熱システム = 無
その他 = 無

BESTに関して質問があり、御連絡させて頂きました。
建築のみの計算はうまくまわるのですが、空調との連成計算を行うと、以下のメッセージが表示され、計算が行われません。
「システム異常が発生しました。システムレポートが出力されました。以下のファイルを参照してください。」
上記で指示されたファイルを開くと以下のようなレポートが表示されました。
BEST EXCEPTION LOG −−−−−−−−−−2010/10/21@10:30:24
【EXCEPTION】#java.lang.NullPointerException
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.SpaceManager.getISpace(SpaceManager.java:134)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.air.ZoneforSystemModule20090505.setProfile(ZoneforSystemModule20090505.java:323)
@jp.or.ibec.best.essentials.AbstractDomainFactory.setSpec(AbstractDomainFactory.java:211)
@jp.or.ibec.best.essentials.refference.GenericDomainFactory.getModuleInstance(GenericDomainFactory.java:70)
@jp.or.ibec.best.dk.test.control.GenericDomainEngine.getController(GenericDomainEngine.java:66)
@jp.or.ibec.best.dk.test.control.GenericDomainEngine.buildEngine(GenericDomainEngine.java:156)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.relatedBuilding(BestEngineThread.java:171)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.run(BestEngineThread.java:89)
−−−−−−−−−−BEST EXCEPTION LOG

具体的な原因が特定できずにおります。御教授いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。 
回答者ID:03
version1004
2010/10/22
No.066
室と接続するモジュールの指定に問題のある可能性があります。
空調(セントラル)のマニュアル(以下よりダウンロード可)http://www.ibec.or.jp/best/program/manual/のp.13〜15を参照の上、対応する室接続モジュール(「tm ゾーン ゾーン1 システム接続用20090101」などと表示)を右クリック --> プロパティ(スペック) を選択の上、「室グループ/室/ゾーン」の欄が正しく表示されているか確認してください。
この他、建築計算の指定のところで、連成計算用に指定しなおしているかどうか確認してください。
質問者ID:FAQ−027
version1004
2010/10/21
No.065
度重なり質問をしてしまい申し訳ありません。

現在太陽熱を利用した、排熱利用冷暖房システムを考えていますが、システムがうまく組めていないのか、期待した数値が取り出せずにおり大変困っています。以下の質問に御回答いただけたら幸いです。

1.現在使用しているシステムで足りないモジュールがあればご指摘いただきたいです。
2.シミュレーションを実行して出した結果で集熱量がマイナスの値をとってしまいます。なぜマイナスとなってしまうのでしょうか。
3.また、集熱効率もマイナスが多くなってしまいます。しかし、集熱効率は集熱量/日射量で計算されると思うのですが、こちらで計算すると結果ででてきた集熱効率とは違った値となります。どういった計算がなされているのでしょうか。
4.「bestBilH.csv」で室温を見ますと最大で90℃近くとなってしまっています。この原因はどこによるものなのでしょうか。
5.添付いたしましたシステムの排熱利用冷温水機からテンプレートの水蓄熱槽にいく、出入り口温度が全く同じ値となってしまい、冷温水機での運転がされてないことになってしまっていると思われるのですが、どのようにすれば冷温水機が動くことになるのでしょうか。
6.上記と同じような質問となってしまいますが、冷温水機から冷却塔へとつながっている温度が0℃の時間が多くなってしまっているのですが、どういった原因となるのでしょうか。

現在利用しているファイルを添付いたします。(2010/10/22ファイル受領)
お忙しい中大変申し訳ありませんが、何卒よろしくお願い致します。
回答者ID:13
version1004
2010/10/22
No.065
まずは確認させていただきたいのですが、計算順序に関して、「new」というもので計算されているのでしょうか。そうだとすると、計算順序に問題があります。
BESTでは、デフォルトで準備している「テンプレート」ではほぼ手をつけずに計算結果を得ることができます。しかし、岡様がご検討されているような複雑なシステムの場合、ユーザー自らが計算順序を再構築する必要が出てきます。

例えば、以下にあげる点の見直しからご検討なされるのがいいと思われます。
1.発停制御1modo〜〜のモジュールが計算順序に「追加」されていない
2.固定条件のBestWater〜〜のモジュールが計算順序に「追加」されていない
 →追加されていないと、モジュールがないと認識されてしまいます
 →意図しようとする計算順序になっているかどうか、ご確認されるといいと思います

試しに、上記2点を解決した計算データを送ります。ご指摘の通り、集熱効率はマイナスになる頻度が多いです。これは、集熱器に入る水温が80〜90度と高く、集熱するよりも放熱する計算になっているといえます。また入力に関して、一点修正すべき点があります。計算データを見ると、排熱投入型冷温水発生機を使われているにも関わらず、排熱回収の入力がありません。全くのゼロではなく、ごくわずかな数値でもよいので、入力していただくことをお勧めします。
他のご質問事項も、上記の計算順序が原因となっている可能性がありますので、ご確認いただければと思います。
質問者ID:FAQ−025
version1004
2010/10/21
No.064
★2010/10/9お問い合わせの回答後の追加お問い合わせ

先日は質問に回答して頂きありがとうございました。
回答して頂いた内容に対してお聞きしたいことがあります。

1.  お教えいただいた「best_spec.csv」ファイルはこちらの「Object001¥simulator」に既にあったのですが、なにか反応しない原因があったのでしょうか。また、質問させていただくときは私が作成したZIPファイル以外にも添付すべきデータなどはあるのでしょうか。
2. 新たにリリースされた太陽熱テンプレートとありましたが、私の現在使っているBESTには太陽熱テンプレートは存在しません。
   テンプレートを頂くことやどのようなモジュールでどのような接続をしているのかなどを教えて頂くことはできますでしょうか。
お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願い致します。
回答者ID:13
version1004
2010/10/22
No.064
10/22付けでいただいたデータでは、Object001¥simulatorがありました。10/22付けの質問回答により、本質問の回答と変えさせていただきたく存じます。

太陽熱テンプレートにつきましては、次回のリリースまでしばしお待ちください。
質問者ID:FAQ−028
version1004
2010/10/20
No.063
★2010/10/19お問い合わせ回答後のお問い合わせ

尚、もう1点質問させて頂きたいです。
建築シートの壁体構造の設定において、外壁・内壁等の部材を入力するかと思いますが、
空衛学会の便覧等に登録されていない材料を使用したいのですが、
オリジナルの材料を入力することはできないのでしょうか。
ご回答よろしくお願い致します。
回答者ID:07
version1004
2010/10/21
No.063
リストに収録されていない材料を使用する方法は、BESTホームページの「よくあるご質問」の「Q8.1(建築) 壁体構成の入力画面で、データベースにない材料を入力することはできますか? 」(http://www.ibec.or.jp/best/faq/operate/)に書かれていますので、そちらをご参照ください。
質問者ID:FAQ−028
version1004
2010/10/19
No.062
BESTのマニュアルに関しまして、質問をさせて頂ければと思います。
P.26に「各設定項目の詳細は、BEST-P_建物操作マニュアル.pdf 参照」と記載がございますが、建物操作マニュアルはどちらからダウンロードするのでしょうか。
登録ユーザー用のページに共通操作マニュアル等アップされておりますが、建物操作マニュアルは見当たりません。
ダウンロードする場所を教えて頂けないでしょうか。お手数ですが、よろしくお願い致します。
回答者ID:11
version1004
2010/10/20
No.062
登録ユーザー用のページに共通操作マニュアル等アップされている場所に一緒にアップされております。
「C_030_BEST-P 建築操作マニュア... 」と表示されているものが該当するものです。ご指摘の共通操作マニュアルの次の行に保管されております。メモを添付させていただきますので場所をご確認ください。
質問者ID:FAQ−026
version1004
2010/10/19
No.061
(1)10/6に、問い合わせた件について、まだ回答を頂いていませんが、どうなっていますでしょうか。

(2)講習会テキストの 「年間負荷計算を実行してみよう」 について
 (1) 講習会テキストの2-7-2、2-7-3頁、「(4)建築計算時間間隔」 「(5)予冷熱時間(30分→1時間」の変更」は、テキスト通りに数値を置き換えれば良いのか。
 (2) 講習会テキストの2-7-4頁 、「(7)各ゾーン装置容量」の入力値は、全8ゾーン共同じ数値で良いか。
 (3) 2-7-6頁、、「(9)月積算の棒グラフを描いてみよう」 で、2Dグラフの設定 の画面で、X軸名称を月とインプットしても、「12ヶ月文字列」が明示されません。どうしてでしょうか。

(3)年間負荷計算全般について、BESTでは建物モデルなくても、年間負荷計算を実行できるのでしょうか。可能な場合は、どのマニュアルの何処を読めば良いのでしょうか。


2通目
(4)2-7-6頁、、「(9)月積算の棒グラフを描いてみよう」 で、2Dグラフの設定 の画面で、データ取得を指示すると、「取得データの見直し→デフォルト値に戻します」とメッセージが出ました。そのあとの対応はどうすればよいでしょうか。
回答者ID:12
version1004
2010/10/20
No.061
(1)10/6に、問い合わせた件について
回答が遅れ、大変申し訳ありませんでした。別途回答させて頂きました。
(2)講習会テキストの 「年間負荷計算を実行してみよう」 について
(1)講習会テキスト2-7-2、2-7-3頁、数値変更について
テキストどおりの数値をいれて頂ければ、計算時間間隔、予冷熱時間ともに変更されたこととなります。
(2)講習会テキスト2-7-4頁 、「(7)各ゾーン装置容量」の入力値について
テキストでは各ゾーンごとの最大熱負荷計算の結果を装置容量として入力しており、8ゾーンで違う値を入力しています。
具体的な数値は配布データ中の2.7.zip(変更後)を開き、ご確認下さい。
(3)2-7-6頁(9)2Dグラフの設定インプットしても、「12ヶ月文字列」が明示されません。どうしてでしょうか。
データを頂ければ確認いたしますが、以下の点をまずはご確認下さい。
・読み込みデータファイルはbestBuilM.csvとなっているか?
・X軸設定で「文字軸」、「12ヶ月文字列」が選択されているか?
(3)年間負荷計算全般について
負荷計算を行うためには、建物モデルを作成する必要があり、建物モデルを作成しないで負荷計算を行うことはできません。申し訳ありません。
(4)2-7-6頁、「取得データの見直し→デフォルト値に戻します」のメッセージ対応
取得データ期間の欄が「13月」となっていると思われます。そこを「12月」に変更すればエラーは解消されます。
ただし、13月のままグラフを描いても問題はありませんので、了解ボタンを押してそのまま進んで頂いても結構です。
質問者ID:FAQ−027
version1004
2010/10/18
No.060
お忙しい中申し訳ありません。
現在学部生の諸橋からも質問をさせていただき、ご検討いただいてるかと思われますが、再度お聞きしたいことができましたのでご質問させていただきます。

BESTについてですが、現在太陽熱を利用した空調システムを考えているのですが、ソーラーコレクターの部分での計算方法について教えて頂けないでしょか。

また、シミュレーションを回して結果をだしたのですが、集熱効率について、効率は集熱量/入射面日射量であらわせると思いますが、そちらで計算しますと、表示された集熱効率とは異なった値となるのですが、どういった計算になっているのでしょうか。こちらも含めた計算方法をお教え下さい。

よろしくお願い致します。
回答者ID:13
version1004
2010/10/22
No.060
(1)ソーラーコレクターの計算方法につきましては、添付「太陽熱集熱器計算の考え方.doc」にてまとめさせていただきましたので、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

(2)太陽熱集熱器では、集熱効率×集熱面入射日射量=集熱量 という関係式があります。
「best_result_U(太陽熱集熱器出力例).xls」を添付いたしましたので、結果をご確認ください。
また、この計算ファイルもお送りいたします。ただし旧バージョンのデータになりますので、接続情報の確認と、計算順序の確認にお役立てください。
質問者ID:FAQ−025
version1004
2010/10/9
No.059
BESTについてお聞きしたく連絡させて頂きます。

以前にも連絡させて頂いたことがあるのですが、現在、BESTを用いて太陽熱を利用した水蓄熱槽を用いた空調システムのシミュレーションを行おうとしている中で疑問点などが以下の3点あがりましたのでご指導頂きたく思います。

1. 集熱量や集熱効率がマイナスの値を示していることに対する対策として、
日射量で太陽熱集熱器ポンプの発停制御をすることはできるのかどうか
2. 発停制御1modeのmode設定値に記入する温度差はどこの温度をみるべきなのか
3. 実験室内の室温を測りたいのですがそのようなモジュールなどはあるのでしょうか

現段階でのファイルを添付致します。
回答者ID:13
version1004
2010/10/18
No.059
お問い合わせいただきました件、回答が遅くなり申し訳ありません。なお、ご送付いただいた例題ファイルは、「Object001¥simulator」フォルダとその中の「best_spec.csv」ファイルがないため、計算することができませんでした。

1. 可能です。水平面全天日射量で発停制御を行うモジュールが登録されています。衛生設備フォルダ内の「発停制御1mode(BestSunを観測)」というモジュールです。
「〜〜(BestAirBestWaterを観測)」モジュールと異なるのは、L0_sunObsというノードと、システム用気象モジュールのL0_sunOutを接続する点です。あとはスペック入力にて、いくら以上の日射量で発停させるのかをmode設定値で入力することになります。

2. 新たにリリースされた太陽熱テンプレートでは、太陽熱集熱器の入口水温(太陽熱集熱器L0_watIn)、および太陽熱集熱器での温度(太陽熱集熱器L0_airOutSAT)を温度差として認識させるため、ノードを接続しております。

3. 室温などの結果は、BEST画面内の出力結果/結果表示にある、BestBuilH.csvに出力されます。モジュールはありませんので、出力ファイルをご確認ください。ちなみに出力ファイルは以下のものがあります。
BestBuilH.csv:一時間間隔ごとの出力結果
BestBuilM.csv:月ごとの出力結果
BestBuilU.csv:最短の計算時間ごとの出力結果
質問者ID:FAQ−026
version1004
2010/10/6
No.058
1通目
講習会のテキストで、「2-3-2 計算結果の比較」したところ、以下のような不具合又は理解不足な点があるので、教えてください。
(1) 室温の結果で、ゾーン換気を考慮した場合の結果が、テキスト通りの結果が表示されません。その時の条件は、気象データは東京、他はテキスト通りとしています。
→解決の連絡あり。(2通目)
  →その後、以下の問い合わせに修正(3通目)
   装置負荷Tの結果で、ゾーン換気を考慮した場合の結果が、テキスト通りの結果が表示されません。その時の条件は、気象データは東京、他はテキスト通りとしています。
(2)  X軸を、時刻表記にするには、どうすれば良いのですか。
(3)  今年のある期間で、結果比較をする場合には、どうすれば良いのでしょうか。


4通目
続いて質問です。
(4) 「2.4 窓ガラスの性能比較」で、(3)計算結果のグラフ例で、Y軸に二つの指標が載っていますが、そのようなことが可能なのですか。「2Dグラフの設定」で、絞り込みの際に、一項目づつしかできないのではないしょうか。
(5) また、グラフ例では、具体的に日付が載っていますが、そのような設定が可能なのでしょうか。
(6) ゾーン別の結果では、4種のガラスの比較がされていますが、どうすれば、そのような表示が可能なのでしょうか。

5通目
(7) 根本的なことですが、講習会資料の 2.1〜2.4 まで読み進めてみると、開くファイルが違っていますが、 「オフィス8ゾーン(建築単独)最大負荷計.zip」で、全て統一されていると考えて良いでしょうか。
回答者ID:12
version1004
2010/10/20
No.058
お問い合わせいただきました件、回答が遅くなり大変申し訳ありません。
(1)装置負荷Tの結果について
データを頂ければこちらで入力を確認させていただきます。ここでは、考えられる要因を列挙させていただきます。ご確認頂ければ幸いです。
・BESTのバージョンはテキストと同じVer.0.2.9c2か?
・読み込みデータはテキストと同じべbestBuilU.csvか?
・ゾーン間換気の隣接ゾーン名はテキストと同じか?
・グラフ出力対象ゾーンはテキストと同じインテリア1、西1となっているか?
(2) X軸の時刻表記について
「2Dグラフの設定」内でX軸設定で時間軸(分)を選択すれば時刻表記となります
(3)今年のある期間で結果比較
今年(2010年)の気象データは現時点(2010年10月時点)ではBESTに組み込まれていないため、今年の気象条件下での計算は未対応です。申し訳ありません。
今後の対応となります。
(4) 、(5)「2.4 窓ガラスの性能比較」で、(3)計算結果のグラフ例について
テキスト内のグラフはBESTの出力ファイルをエクセルで編集したものであり、BEST内でY軸を2つにすることは出来ません。
「2Dグラフの設定」は1項目ずつの絞込みとなります。(AND,OR検索には未対応)テキスト内グラフの日付についても出力ファイルをエクセルで編集しているものです。
(6)4種のガラスの比較表示について
BEST内ではガラスの仕様を変更してそれぞれ計算を行うことになります。こちらも同様に出力ファイルをエクセルで編集したものとなります。
(7)講習会資料2.1〜2.4ファイルについて
説明の都合上、別のファイルとしていますが、同じデータと考えて頂いて構いません。
質問者ID:FAQ−026
version1004
2010/9/30
No.057
★20100924のお問い合わせの回答に対するお問い合わせ


質問があります。
過日に質問した内容の回答で、

(1)暖房2種(t-x基準データ、t-Jh基準データ)、冷房3種(h-t基準データ、Jc-t基準データ、Js-t基準データ)
とありましたが、5種のものがどのような意味をなすものか、マニュアルの何処をみれば良いのか、
教えてください。建築編のマニュアルには、説明が載っていなかったようなので・・・・

(2)ゾーン間換気を考慮する場合とは、一般的にどのような場合なのですか。マニュアルには、設定方法しか記載されていません。
 計算法に応じてとあるが、どいうことなのでしょうか。

(3)「2Dグラフの設定」の画面で、データファイルが U、Hの2種類ありますが、Hはどのような検証に使用するのでしょうか
回答者ID:07
version1004
2010/10/1
No.057
(1)暖房2種冷房3種の設計用気象データについては、BEST建築操作マニュアルの「3.10.1.拡張アメダス設計用気象データの概要」に説明が載っていますのでご参照ください。

(2)「ゾーン間換気」とは、2つのゾーンの境界に開口部が有る場合や、1つの空間を仮想的に2つのゾーンに分割した場合(例:ペリメータゾーンとインテリアゾーン)などに、そのゾーン間境界部での空気の移動に起因する熱的影響を考慮するためのものです。ゾーン間の境界部では、給排気バランスにより一定方向の気流が発生することもありますし、乱流のような状態で流れの方向や風量が一定しない場合もあると思います。前者の場合には、通過風量を境界面長さで割った値を「境界1mあたりの風量」に、気流方向を「方向識別指標」に入力します。後者の場合には、天井高さが3m前後の場合でしたら、空調時、非空調時を問わず、通過風量はデフォルト値の250CMH/mを使用し、気流方向は『(1)自室⇔隣室』としてください。

(3)計算結果出力ファイル"bestBuilU.csvbestBuilH.csv"についての説明は、BEST建築操作マニュアルの「2.7.計算出力ファイル」に説明が載っていますのでご参照ください。これまでの熱負荷計算プログラムでは1時間間隔の計算がほとんどでしたが、BESTにおいては1分以上の任意の時間間隔で計算ができるようになりましたので、その指定した時間間隔通りに結果を出力したものが"bestBuilU.csv"になります。"bestBuilH.csv"は1時間間隔で結果を出力したものですので、グラフ化する時などには便利ですが、その結果の値は1時間の平均値ではなく毎正時(毎時0分)のポイントの値ですので、計算時間間隔を1時間より短く設定している場合には、正時以外で発生した真のピーク負荷を把握できないという欠点があります。
質問者ID:FAQ−027
version1004
2010/9/28
No.056
★28日1件目のお問い合わせ回答後追加お問い合わせ

御指導頂いた通り開くことができましたので、追記いたしました。

また、
5. 「参考データ20100927.zip」を読み込むというのは、プログラムを起動して「ファイル」から「開く」でこのファイルを参照すればいいのでしょうか。またこちらを参照し、実行すると「物件ファイルの読込でエラーが発生しました」と表示され開けないのですが、どのようにして読み込みをすればいいのでしょうか。「参考データ20100927.zip」の中身が「add秋元研究室.jar」と「秋元研究室gui.bat」かと思いますので、またプログラムフォルダの直下にいれるべきなのでしょうか。
たびたび申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。
回答者ID:06
version1004
2010/9/28
No.056
参考データの送付にて対応

質問者ID:FAQ−027
version1004
2010/9/28
No.055
★2010/9/21の諸橋さんからのお問い合わせの回答に対するお問い合わせ

諸橋の質問に御回答頂きありがとうございます。
御回答頂いた内容の
3. 「秋元研究室gui.bat」を参考にして、
  「gui.bat」のjavaで始まる12行目と18行目の各行の同じ場所に
  「add秋元研究室.jar」の文字列を追記して保存する
この部分ですが、
まず、拡張子の「x」を削除して、「秋元研究室gui.bat」をjavaで開いて見たのですが、開いてすぐに自動終了してしまうのですがどのようにして12行目と18行目を把握すればよろしいでしょうか。また、追記するものは「add秋元研究室.jar」という文字を入力すればよろしいのでしょうか。
回答者ID:06
version1004
2010/9/28
No.055
>まず、拡張子の「x」を削除して、「秋元研究室gui.bat」をjavaで開いて見たのですが、
>開いてすぐに自動終了してしまうのですがどのようにして12行目と18行目を把握すればよろしいでしょうか。

 バッチファイルが実行されているものと思われます。
 エクスプローラで右クリック「編集」で表示してください。
 あるいは、「x」を残したままで、メモ帳などのテキストエディタで表示してください。

>また、追記するものは「add秋元研究室.jar」という文字を入力すればよろしいのでしょうか。

 「add秋元研究室.jar」 をコピー&ペーストで同じ場所へ挿入してください。

質問者ID:FAQ−041
version1004
2010/9/27
No.054
ご使用のOS = Windows Vista
ご使用のOSバージョン = Service Pack1
使用OS =
Javaのバージョン = Version 6 Update 21
BESTのバージョン = Professional Edition
建築 = 有
空調 = 無
衛生 = 無
電気 = 無
コージェネレーションシステム = 無
蓄熱システム = 無
その他 = 無

質問(1)
計算をすると、途中で以下のようなメッセージが出ます。
システム異常が発生しました。・システムレポートが出力されました。以下のファイルを参照してください。C:¥Users¥Public¥BEST¥report.log

レポートログをみると以下の内容が記入されていますが、理解できません。こちらの解決方法を教えてください。
BEST EXCEPTION LOG −−−−−−−−−−−−−−2010/09/27@14:01:57
【EXCEPTION】#java.lang.NumberFormatException
@sun.misc.FloatingDecimal.readJavaFormatString(Unknown Source)
@java.lang.Double.parseDouble(Unknown Source)
@jp.or.ibec.best.domain.building.schedule.AnnualSchedule.convertMode(AnnualSchedule.java:194)
@jp.or.ibec.best.domain.building.schedule.AnnualSchedule.getModeDouble(AnnualSchedule.java:149)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.AnnualScheduleManager.getAnnualScheduleModeDouble(AnnualScheduleManager.java:206)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.AnnualScheduleManager.getAnnualScheduleModeDouble(AnnualScheduleManager.java:194)
@jp.or.ibec.best.domain.building.load.Lighting.outCalElectric(Lighting.java:184)
@jp.or.ibec.best.domain.building.spaces.Space.outCalLightElectric(Space.java:274)
@jp.or.ibec.best.domain.building.spaces.MultiSpace.outCal1(MultiSpace.java:100)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.BuilDomainEngine.outputs1(BuilDomainEngine.java:80)
@jp.or.ibec.best.domain.building.manager.BuilDomainEngine.simulate(BuilDomainEngine.java:62)
@jp.or.ibec.best.domain.building.test.control.HVACsysBuilSimulator.exec(HVACsysBuilSimulator.java:97)
@jp.or.ibec.best.domain.sample.BestEngineThread.run(BestEngineThread.java:85)
−−−−−−−−−−−−−− BEST EXCEPTION LOG

質問(2)
拡張アメダスのデータを入手し、年間計算を行いたいのですが、どのようにして計算にいれるか教えてもらえないでしょうか。
回答者ID:02、07
version1004
2010/9/27
No.054
(1)BESTをご利用いただき、ありがとうございます。
人体、照明、機器の入力項目のなかの季節係数スケジュール名として、不適切なものを設定した可能性があります。
季節係数スケジュールとしては、期間別に季節係数(実数)を設定した年間スケジュールを指定してください。


(2)拡張アメダスデータの利用方法は、BEST建築操作マニュアル(「2.1.1.気象」内「■気象データ入力欄」参照)や、BESTホームページの「よくあるご質問」の「Q8.10(一般) 任意の地点の拡張アメダス気象データを使うときはどうすればいいのですか?DVDは毎回利用することになるのですか? 」(http://www.ibec.or.jp/best/faq/operate/)に書かれていますので、そちらをご参照ください。
なお念のため、BEST専門版で使用できる拡張アメダスデータは原則として、日本建築学会編の『拡張アメダス気象データ1981-2000』(2005年発行)に付属のDVDに限られますので、それ以外の旧版(2000年発行)に付属のCD-ROMなどをお使いの場合はご注意ください。

質問者ID:FAQ−026
version1004
2010/9/24
No.053
標準年気象データにした場合に、シミュレーション実行をかけても、 「設計用気象データが設定されません」とメッセージが表示されて、それ以降、動きません。何かが不足しているのでしょうか。
回答者ID:07
2010/9/27
No.053
標準年気象データでは最大負荷計算を行うことはできません。 最大負荷計算を行うのであれば、設計用気象データを選択してください。 もし、標準年気象データを使用して年間負荷計算(通常計算)を行いたいのであれば、入力データの修正が必要になります。 ここでは詳しく説明できませんので、お使いのマニュアル「2.7 年間負荷計算を実行してみよう」をご参照ください。
質問者ID:FAQ−026
version1004
2010/9/24
No.052
★2010/9/21お問い合わせの回答後の追加お問い合わせ

回答の通り、ホームページの指定の場所から最新データをダウンロードして、対応したところ、2-1-1 〜 2-1-3 の(4)の装置負荷のグラフ表示までは対応できました。
他の項目の表示として、外気温度と水平面全日射量を表示させようとしたところ、以下のような不具合がでます。

(1)外気温度
・外気温度なのに、X軸が日付表示されない。
・冬期なのに、外気温度が零下の温度域があるべきはずなのに、すべてプラスの気温表示となる上、30℃以上の表示がある。
(2)水平面全日射量
・指標に、水平面全日射量 を選択し、データ取得すると、指標が空欄となる。

取り急ぎ、今動かし始めている時点での、不具合ですので、回答の方お願いします。
回答者ID:07
2010/9/27
No.052
最大負荷計算を行った場合、BEST建築操作マニュアル(「2.7.1.各時間ステップの結果出力ファイル」内「(1)時間情報」参照)や、お使いのテキスト2-1-3ページに記載されているように、グラフでの日付は、計算上の暦ではなく、1/1から連続する日付で表示されるようになっています。また、5日分の結果が表示されているグラフも、左から順に、暖房2種(t-x基準データ、t-Jh基準データ)、冷房3種(h-t基準データ、Jc-t基準データ、Js-t基準データ)、それぞれの気象データの結果となっており、暖房計算結果と冷房計算結果が混在しています。したがいまして外気温度を表示させた場合も、左二つは暖房期、右3つは冷房期のものになります。水平面全日射量の件は当方で不具合状況を再現することができません。
「2Dグラフの設定」ウィンドウにて、中央最下部の「データ取得」ボタンを押すと、右下の「項目指標」の欄が空白になるということでしたら、 そのような仕様になっておりますので、いま一度プルダウンボックスから「水平面全日射量」を選択し直してください。
質問者ID:FAQ−026
version1004
2010/9/24
No.051
標準年気象データにした場合に、シミュレーション実行をかけても、「設計用気象データが設定されません」とメッセージが表示されて、それ以降、動きません。何かが不足しているのでしょうか。
回答者ID:07
version1004
2010/9/27
No.051
標準年気象データでは最大負荷計算を行うことはできません。最大負荷計算を行うのであれば、設計用気象データを選択してください。もし、標準年気象データを使用して年間負荷計算(通常計算)を行いたいのであれば、入力データの修正が必要になります。ここでは詳しく説明できませんので、お使いのマニュアル「2.7 年間負荷計算を実行してみよう」をご参照ください。
質問者ID:FAQ−026
version1004
2010/9/24
No.050
★2010/9/21お問い合わせの回答後の追加お問い合わせ

回答の通り、ホームページの指定の場所から最新データをダウンロードして、対応したところ、2-1-1 〜 2-1-3 の(4)の装置負荷のグラフ表示までは対応できました。
他の項目の表示として、外気温度と水平面全日射量を表示させようとしたところ、以下のような不具合がでます。

(1)外気温度
・外気温度なのに、X軸が日付表示されない。
・冬期なのに、外気温度が零下の温度域があるべきはずなのに、すべてプラスの気温表示となる上、30℃以上の表示がある。
(2)水平面全日射量
・指標に、水平面全日射量 を選択し、データ取得すると、指標が空欄となる。

取り急ぎ、今動かし始めている時点での、不具合ですので、回答の方お願いします。
回答者ID:07
version1004
2010/9/27
No.050
最大負荷計算を行った場合、BEST建築操作マニュアル(「2.7.1.各時間ステップの結果出力ファイル」内「(1)時間情報」参照)や、お使いのテキスト2-1-3ページに記載されているように、グラフでの日付は、計算上の暦ではなく、1/1から連続する日付で表示されるようになっています。また、5日分の結果が表示されているグラフも、左から順に、暖房2種(t-x基準データ、t-Jh基準データ)、冷房3種(h-t基準データ、Jc-t基準データ、Js-t基準データ)、それぞれの気象データの結果となっており、暖房計算結果と冷房計算結果が混在しています。したがいまして外気温度を表示させた場合も、左二つは暖房期、右3つは冷房期のものになります。水平面全日射量の件は当方で不具合状況を再現することができません。
「2Dグラフの設定」ウィンドウにて、中央最下部の「データ取得」ボタンを押すと、右下の「項目指標」の欄が空白になるということでしたら、そのような仕様になっておりますので、いま一度プルダウンボックスから「水平面全日射量」を選択し直してください。
質問者ID:FAQ−026
version1004
2010/9/21
No.049
サンプルデータによる最大負荷計算を実行してみよう思い、 ホームページに掲示されているマニュアルに従い試そうしたのですが、最初の 2-1-1,2-1-2ページの通りしているのですが、 エラーが発生してしましまい、計算できません。どうして、そのようなことになるのか分かりませんので、教えてください。
回答者ID:07
2010/9/24
No.049
BESTをご利用頂き、ありがとうございます。
お問い合わせ頂きました件、BESTプログラムのバージョンをご確認いただき、最新のサンプルデータを使用してください。
BESTプログラムを起動後、メニューバーの「ヘルプ(H)」を開くと「バージョン情報(V)」という項目が有りますので、 これを選択してバージョンを確認することが出来ます。開いた「バージョン情報」ウィンドウの中程に『BEST1004』と表示されていれば最新版です。 もし最新版でなければ、BESTコンソーシアムメンバーに開放されているDownLoadサイト (http://www.the-best-program.sharestage.com/UA101?MENUID=ST018&CURRENT_FILE_ID=2286293710)にアクセスして、 " HOME / GroupDisk / BEST専門版 "にある"setupBEST1004_(2010-4-26)_member.zip"(更新日2010/05/12,サイズ41,159kB, コメント:BEST1004のセットアップ)をダウンロードして再セットアップしてください。
また、サンプルデータにつきましては、前出のDownLoadサイト (http://www.the-best-program.sharestage.com/UA101?MENUID=ST018&CURRENT_FILE_ID=2606986110)にアクセスして、 " HOME / GroupDisk / BEST専門版 / サンプルデータ "にある"オフィス8ゾーン(建築単独)最大負荷計.zip" (更新日2010/07/27,サイズ329kB)をダウンロードしてご利用ください。
過去の講習会の際に配布した古いデータなどですと、データフォーマットが違うことにより計算が出来ない場合が有りますが、 上記の組み合わせですと計算が完了することが確認されております。 もし、それでもエラーが発生するようでしたら、その状況を詳しくお知らせいただければ幸いです。
質問者ID:FAQ−025
version1004
2010/9/21
No.048
現在、BESTを用いて太陽熱を利用した水蓄熱槽を用いた空調システムのシミュレーションを行おうとしているのですが、集熱効率や集熱量などに何も反応がないため苦戦しています。以前ご指導頂いていた方から水が流れていないことが原因ではないかとお聞きし、ポンプ周りを主に接続などの確認をしていますが何も変化のない状況です。

設備のシステムや制御に関して無知なためシステムに足りていない部分があるのではないかと思いご相談した