Loading
English

IBEC 建築省エネ機構(一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構)

気密測定技能者養成事業

気密測定技能者養成事業とは、気密測定業務の専門家を養成することにより、住宅その他の建築物における室内環境の快適化と省エネルギー化の推進に寄与し、住生活の向上に資することを目的として一般財団法人建築環境省エネルギー機構が実施する事業です。
気密測定技能者講習は、「JIS A2201 送風機による住宅等の気密性能試験方法」に基づく測定方法やその原理を習得していただくもので、その測定結果は、気密性能を要求される住宅の工程管理やお客様への住宅の品質証明としても活用されております。

気密測定技能者となるための流れ

『気密測定技能者』となるには、気密測定技能者養成講習を受講した後、同日に行う試験に合格した後、本人及び事業所の登録を行うことが必要です。

◆注意事項◆
① すでに気密測定技能者従事事業所登録がされている場合は、気密測定技能者のみの登録手続きとなります。
② 気密測定技能者と気密測定技能者従事事業所の登録は同一時期に行います。

 

気密測定技能者養成講習・試験の開催について

講習・試験は、毎年6~7月頃、全国7~8都市程度で開催しています。
開催案内は、毎年4月頃に講習会・シンポジウムのページでご案内しています。

 

気密測定技能者従事事業所

現在、地域別気密測定技能者従事事業所一覧は下記になります。
  地域別気密測定技能者従事事業所一覧(平成28年11月30日付)

※気密測定技能者従事事業所に登録するには、次のいずれかの要件を満たすことが必要です。

  • イ 建設業法における建設業の許可を受けた事業所
  • ロ 建築士法における登録を受けた建築士事務所
  • ハ 住宅等に関連する部材を取り扱う事業所
  • 二 気密関連機器等を取り扱う事業所
  • ホ 住宅等の施工・検査・評価等を行う事業所

※登録されている「気密測定技能者従事 事業所」等に社名変更や、所在地変更等がある場合は、変更届をご提出ください。
  気密測定技能者従事 事業所登録事項変更届

 

気密測定技能者 更新手続きについて(3年毎の更新)

気密測定技能者は、3年ごとに更新登録を行う必要があります。
更新対象者には、毎年8月頃に登録先(勤務先)個人宛に、手続きのご案内・書類を更新手続きのご案内・書類をお送りいたします。

※お手元にある登録証及び登録カードをご確認ください※
例: 有効期限 2016年(平成28年)10月31日の場合、
① 2016年(平成28年)8月頃、更新手続きに関する申請書類を「勤務先住所」へ事務局から発送。
② 更新登録料をお振込み頂き、申請書類を10月31日事務局必着で提出。
③ 有効期限:2019年(平成31年)10月31日への更新登録証書、登録カードを交付。

※登録先(勤務先住所など)等変更がある方は、都度、変更届をご提出ください。
  気密測定技能者 登録事項変更届

 

失効された気密測定技能者の再登録の手続きについて

有効期限を超過し、失効された技能者は、毎年6~7月頃行われる「気密測定技能者養成講習」を受講し、再登録のお手続きが必要です。

◆注意事項◆
気密測定技能者と気密測定技能者従事事業所の登録は同一時期に行います。
既に気密測定技能者従事事業所登録がされている場合は、気密測定技能者のみの登録手続きとなります。

※転職等された方は、転職先が気密測定技能者従事 事業所登録されているかご確認ください。

 

戻るボタン