HOME
財団の紹介
● 財団概要
● 事業概要
● 組織・案内図
調査・研究
認定・評定
● 住宅の品質確保法に基づく認定等
● CASBEE評価認証
● LCCM住宅認定
● 環境共生住宅の認定
● 次世代省エネ基準適合住宅の評定
● 環境・エネルギー優良建築物マーク表示制度
住宅・建築物の表彰
● サステナブル住宅賞
● サステナブル建築賞
講習会 図書・機関誌
プログラム
● SMASH for Windows
● BEST
受講済登録者名簿 関係法令等 リンク
● 当財団の保有する個人情報について

認定・評定案内/環境・エネルギー優良建築物マーク表示制度

制度概要制度要綱審査基準対象建築物申請書類発行フロー
交付費用別記事項交付一覧

環境・エネルギー優良建築物マーク表示制度概要

  1. 目 的
  2. 室内環境水準を確保のうえ、一定水準以上の省エネルギー性能を有する建築物について、その表示を行うことにより建築物における省エネルギー対策の推進を図る。

  3. 対象建築物
  4. (1) 用途は、事務所等、物品販売業を営む店舗等、ホテル等、病院等、学校等、飲食店等、集会場等、工場等又は財団理事長がこれらに準じるものと認めるもの。
    (2) 新築建築物(竣工前可)及び既存建築物の全部又は一部とする。
    (3) 規模は問わない。
  5. 申請及び審査基準等
  6. (1) 申請者
      建築主、所有者及び管理者等
    (2) 審査内容
    省エネルギー性能等
    (3) 提出書類
    1) 申請書
    2) 次に掲げる省エネルギー性能を示す書類の―
    省エネルギー計画書
    省エネルギー対策の実績
    省エネルギー計算書
    (4) 審査基準
    レベル1: (3)の2)の1 又は3による申請にあっては、省エネルギー効果が省エネルギー基準(平成15年経済産業省・国土交通省告示第1号、以下同じ。)に定める値の概ね5%以上20%未満、同2による申請にあっては、概ね5%以上15%未満とする。
     
    レベル2: (3)の2)の1又は3による申請にあっては、省エネルギー効果が省エネルギー基準に定める値の概ね20%以上、同2による申請にあっては、概ね15%以上とする。
  7. 審査

      審査は、財団に設置した審査委員会が、審査基準に基づき行う。
  8. マークの有効期間
      マークの有効期間は、省エネルギー計画書により判定したときは、建築物の存続期間とする。
      ただし、省エネルギー対策の実績又は省エネルギー計算書により判定したときは、マーク交付の日から5年を経過した日の属する年末とする。
  9. 申請の受付
      随 時
  10. 申請・問合せ先
      建築研究部
      TEL 03-3222-6693
      FAX 03-3222-6696