環境共生住宅認定制度のご案内>環境共生住宅とは
必須要件:全ての認定住宅が満たす性能
必須要件は「環境共生住宅認定」を取得した住宅は全て満たしている性能です。以下個々の性能について紹介します。
目的 項目 性能及び基準
省エネルギー 省エネルギー性能 日本住宅性能表示基準 省エネルギー対策等級3 に適合
省資源・廃棄物の削減 耐久性能 日本住宅性能表示基準 劣化対策等級3 に適合
維持管理性能 日本住宅性能表示基準 維持管理対策等級2 に適合
節水 節水型便器(大8リットル、小6リットル以下)の採用
地域適合・環境親和 雨水の地下浸透あるいは雨水利用 雨水の地下浸透あるいは雨水利用の実施
植栽地の確保 戸建て住宅の場合は、15%の植栽地を確保。
団地の場合は、20%の緑地を確保
郷土種 戸建て住宅の場合は、郷土種を一本以上植える。
団地の場合は、郷土種を主体として緑地とする。
まちなみ景観への配慮 まちなみ景観の向上に資する工夫を、建物及び建物以外の外構で実施。
健康快適・安全安心 バリアフリー 公庫住宅等政策融資技術基準 バリアフリー構造に係る基準 に適合
室内空気質 居室の内装仕上げに用いる建材・施工材料は、F☆☆☆☆で、トルエン、キシレンは不使用