環境共生住宅認定制度のご案内>環境共生住宅とは
提案類型:個別に持つ住宅の性能等

環境共生住宅認定では、「省エネルギー」、「資源の高度有効利用」、「地域適合・環境親和」、健康快適・安全安心」の各類型について、必須要件を満たした上で、より高度でユニークと判断される「提案」を2類型以上にわたって実施していることが必要です。また、自由に発想した環境共生に資する技術や設計の工夫の提案を求めており、認定基準では、提案類型の技術について限定的な基準は設けられていません。
多くの技術は、居住者の使い方によって実際に見込まれる効果が大きく変動することが考えられます。したがって、その使い方、維持管理方法などが居住者に対し十分に理解されるよう努めるています。