環境共生住宅認定制度のご案内>環境共生住宅の広報上の注意点
環境共生住宅の広報上の注意点
11.環境共生住宅の広報上の注意点

環境共生住宅の認定取得後は,下記に従い,取得した旨を広告・広報などに記すことができます。(なお,以下の「環境共生住宅」は「環境共生住宅団地」と読み替えることができます。)
1. 一般財団法人建築環境・省エネルギー機構 理事長より環境共生住宅の認定を受けた者は,「環境共生住宅の認定マーク」(以下,「マーク」という)と「環境共生住宅」の表示をすることができます。
2. 「マーク」及び「環境共生住宅」の表示は,下記に規定する範囲で使用することができます。
1) 認定された環境共生住宅の広告,カタログ,パンフレット等
2) 認定された環境共生住宅の住宅自体
3) 環境共生住宅に関与するものの封筒や名刺
3. 環境共生住宅認定を取得した旨を示すときは,前項3)を除き、次の項目を付記することとします。前項3)の場合には、マークのみの使用も認めます。
a. 一般財団法人建築環境・省エネルギー機構の認定であること
b. 環境共生住宅の名称
c. 認定を受けた全ての提案類型の類型
d. 供給型
  なお,付記の例を次に示す(環境共生住宅の名称を「ECO99」とした場合)。
「ECO99は,一般財団法人建築環境・省エネルギー機構より,「省エネルギー型」と「地域適合・環境親和型」の区分により環境共生住宅システム供給型認定を受けました。」
4. 「環境共生住宅」を表示するときは,レジスターマークを右肩に記すこと。
5. マークは,図1および図2に示すデザインとします。
6. 住宅自体に貼るマークは一般財団法人建築環境・省エネルギー機構が製作したものとします。
7. 上記以外の使い方をする場合は,予め一般財団法人建築環境・省エネルギー機構の許可を得る必要があります。

図1 環境共生住宅の認定マーク  図2 環境共生住宅団地の認定マーク