IBEC 建築省エネ機構(一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構)

IBECsの講習会について

IBECsで主催している講習会やシンポジウム、セミナー等について現在募集、企画中の内容を掲載します。
タイトル部分をクリックすると、講習会等の詳細を別ページでご覧いただけます。

気密測定技能者

【2022年度 気密測定技能者養成講習・試験について】
 本年度の申込を開始しました。
 講習会はWEB配信、試験は下記会場にて実施します。

※お振込み口座名についてご注意とお願い
ATM等でのお振込みの際に、口座名が当財団の旧名称である「ザイ)ケンチクカンキョウ・ショウエネルギーキコウ」が表示される場合がございます。
その場合でも、そのままお振込みをお願いいたします。
財団名称変更直後のためお手数をおかけいたし恐縮でございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 試験会場:名古屋 2022年5月18日(水)(受付終了)
  • 試験会場:岡 山 2022年5月26日(木)(受付終了)
  • 試験会場:大 宮 2022年6月1日(水)(受付終了)
  • 試験会場:札 幌 2022年6月8日(水)(受付終了)
  • 試験会場:福 岡 2022年6月14日(火)(受付終了)
  • 試験会場:大 阪 2022年6月22日(水)(受付終了)
  • 試験会場:仙 台 2022年6月28日(火)(受付終了)
  • 試験会場:東 京 2022年7月13日(水)(受付終了)
  • 試験会場:東 京② 2022年7月14日(木)(受付終了)

※講習(WEB)は、試験前の1週間配信します。
※失効者の方は講習受講のみ、講習動画配信は7月18日(月)~31日(日)です。(申込締切日は7月8日(金))
詳細・申込はこちらをご覧ください。

CASBEE

※この講習・試験は、新規に評価員を養成するためのものです。お間違いのないようご注意願います。

建築物省エネ法・基準

  • 住宅外皮性能とエネルギー削減効果講習【具体例の演習付き】(企画中)
    内容:木造住宅の設計プランに基づきエクセルの外皮計算シート入力を行う初心者向けの演習。外皮性能の暖冷房1次エネルギーへの影響を事例で解説。
    会場(募集人数):東京にて2回開催(各20名)
    時期:未定

自立循環型住宅・建築

  • 「自立循環型住宅設計講習会 改修版(オンライン)」(開催終了)
    内容:「自立ガイドライン改修版」を使用。躯体+設備改修と省エネ効果推計に加え、改修ガイドラインを実務に活かすポイントについて解説。
    会場(募集人数):オンライン講習会(50名)
    時期:2022年3月4日(金)10:00~17:00

BEST講習会

★「BESTユーザー登録制度」にご登録頂いている方だけでなく、これからBESTの利用をご検討される方など、どなたでも無料で受講できます。
★登録ユーザー以外の方も、使用期限付きプログラムを使用して実習を体験できるようになっています。
★2022年度は、すべてオンラインで実施するリモート講習会です。
★お申し込み方法等は、各回各講習会開催の3週間前からご案内を予定しています。
★今後、日程や講習内容が変更になる可能性があります。
★建築物省エネ法の申請対応は「建築物の省エネ設計・申請向け講習会」を、戸建て住宅に関しては「住宅の環境設計向け講習会」を、
  建築・設備の設計や研究開発で行う詳細検討は「基礎から応用講習会」を受講して下さい。
★各ツールの特徴は、以下をご参照下さい。
https://www.ibec.or.jp/best/tool.html

  • BESTによる建築物の省エネ設計・申請向け講習会
    第1回:2022年6月24日(金) 10:00~16:30(受付終了)
    第2回:2022年10月21日(金) 10:00~16:30(準備中)
    第3回:2023年2月10日(金) 10:00~16:30(準備中)
    ※使用ツール:BEST省エネ基準対応ツール、BEST設計ツール
  • BESTによる基礎から応用講習会
    第1回 《建築計算その1》:2022年9月29日(木)10:00~16:30(準備中)
    ※使用ツール:BEST専門版
    第2回 《建築計算その2》:2022年9月30日(金)10:00~16:30(準備中)
    ※使用ツール:BEST専門版、エクセル利用入力支援ツール、簡易版
    第3回 《設備計算その1》:2022年12月1日(木)10:00~16:30(準備中)
    ※使用ツール:BEST専門版
    第4回 《設備計算その2》:2022年12月2日(金)10:00~16:30(準備中)
    ※使用ツール:BEST専門版、BEST設計ツール

その他 講習会、シンポジウム